「ほっ」と。キャンペーン

おうちで作れる!!自家製カラスミ♪

f0043911_12195345.jpg
↓の記事では、ベランダに干された野菜でマンションなのにまるで農家のようになっていた我が家ですが(笑)、野菜以外にも何かと干してます。(爆)
あっ勿論食べ物以外にも洗濯物も干してますよ~~~。^_^;

うふふ、今回何を作っていたかと言うと、それはカラスミ!
ウニ、コノワタと並び日本の三大珍味と呼ばれているもののひとつで、長崎のそれが有名な、ボラの卵から作られる高級な酒肴。
イタリアではボッタルガと呼ばれ、台湾では烏魚子と呼ばれ、同じように食べられているもの。
スライスしたカラスミをチビチビと食べながら飲むのは最高だし、すりおろしてパスタに入れて食べるのもそりゃーおいしい!!
しかし、如何せんお値段も高いし、そうそう気軽に食べられるものじゃなし…。
と思っていたところ、何とduckbillさんがカラスミを作られているではないですか~~~。
しかもなんとなんと秋~春の時期にかけていろいろな魚の卵でカラスミを作られ、それを長期保存、長期熟成させて一年間いつでもカラスミが食べられるというのですからもうびっくり&作りたいモード炸裂~!
と言うわけで、しつこいくらいにduckbillさんにいろいろ聞いて(汗)アドバイスを受けながら、カラスミ作りに初挑戦しました!

今回のカラスミ作りに使うのは、助惣鱈の卵です。
「えっカラスミと言うとボラの卵で作ったものを言うんじゃないの~?」って思われる方もいらっしゃるでしょう♪
日本では確かにボラのカラスミが一般的かもしれませんが、イタリアをはじめ日本以外の国ではボラに限らずタラやマグロなどいろいろな魚の卵巣で作られているカラスミ。
詳しくはduckbillさんのこちらの記事を読んでみてください♪
ボラ以外のカラスミを食べたくなっちゃうこと必至ですから♪

f0043911_12252237.jpg
毎度お世話になります角上「生鱈子」と書かれている助惣鱈の卵を3腹購入!
同じ鱈でも真鱈の卵はもう少しサイズが大きいものが多く、又皮の色ももっと黒っぽくてグロテスクなので見れば違いがわかると思います。

f0043911_12254767.jpg
お値段は助惣鱈>真鱈ですね。
これを買った日は、後から値段を見比べてみたらグラム当たりの単価がとても高い日だったのですけど、その前の週に行ったときには真鱈の子はあるも助惣鱈の子は売っておらず、がんばっても週末しか買いに行けないと言うこともあり、私の場合とにかく見つけたらゲットが基本。

作り方はduckbillさんの作り方そのままに、まずは薄い塩水の中で鱈子の表面の血管の血を抜いていきます。
これは楊枝などで血管に穴を開けてしごくような感じで血を出していきます。
おほほ、しかし血管全部の血を抜くのはこれはとても面倒で、しかもあんまりしごきすぎたり穴を開けすぎたりすると皮が破れて中の卵が出てきそうになるし…。(-_-;)
と言うわけでテキトーな私はものすごく大きな血管の血を抜くのみで後は見ないふりをすることにしました!!(爆)

f0043911_1227258.jpg
血を抜いたらキッチンペーパーでよく水分をふき取って、リードクッキングペーパーの上に鱈子をのせ、塩で覆います。
この写真の塩の量は実はちょっと少なすぎました。
もっとどーんと鱈子が隠れるくらいに塩するのが正しい量。

f0043911_1228738.jpg
塩をしたらリードクッキングペーパーで包んで、その上から普通のキッチンペーパーで包んで、それをビニールの袋に入れて、念のためジップロックに入れてそのまま冷蔵庫へ。
夕方にこの塩漬け作業をすると、夜寝る前くらいにはかなり水が出てきているのでクッキングペーパーとキッチンペーパーを取り替えて、更に翌朝ペーパーを取り替えます。
2日目は夜帰ってきてからペーパーを取替え、その後は一日一回の取替えにしました。
とにかく早いうちに水分を出して塩分濃度をあげるというのが重要なのだそうです。

最初の塩が少なすぎましたと言ったのは、実は2日目くらいになったら鱈子に溶けて塩が見えなくなっていたのです。
ここでduckbillさんにSOSを出して「途中で塩は足すものなのか」とお聞きしたところ、最初に適量の塩をまぶしてあれば鱈子の周りとキッチンペーパーに塩が残っているはずなので足さないけれど、塩がなくなっているのであれば量が足らないので足すようにとの指示を受け(実際にはduckbillさんは最初に多く塩しているので足したことはないそうですが)、私は途中で塩を足しつつ塩漬けしました。

f0043911_122972.jpg
そして塩漬けすること4日。
次の日本酒漬け過程に移ります。
塩漬けしていた鱈子をさっと水で洗って周りの塩を落としてからペーパーで水分を拭き取り、それをビニールの袋に入れ、そこに日本酒を注ぎ鱈子が漬かるようにしてクリップなどでしっかりと止めます。
これは塩抜きのためなのですが、カラスミの作り方で検索すると塩抜きはちょろちょろの流水か水を溜めて塩抜きすると書かれているものが多いんですよね。
duckbillさんの日本酒漬け方式は、水で塩抜きをするよりも浸透圧の関係で抜けやすいとのこと。
実際にやってみて、このビニールに入れて封をする日本酒漬け方式だと冷蔵庫に入れておくだけで良いので手間もかからないし、出来上がりのカラスミに日本酒のうまみも加わり、また水で抜くよりもその後の衛生面で安全のような気がして、これはかなり良い方法だと思ってます。

さて、このように日本酒に漬けて一日半たったところでいよいよ干し作業に入ることにしました。
日本酒の中で塩抜きをするのは大体1~2日だそうです。
ところがここでまず第一の問題が…。
塩漬け後の鱈子の重量は水分が抜けた分だけ最初の重量よりも軽くなっているのですけど、日本酒に漬けておくと塩分が抜けるのと同時に多少の日本酒を鱈子が吸いますので重量が重くなります。
でも重くなると言っても最初の鱈子の重量よりは軽くなるはずなのに、なんと私の鱈子ちゃんは最初よりもおデブちゃんになっちゃったんですよ~~~~。(汗)
なんか触ってもプルプルのゆるゆるで、デブはデブでもこんなにゆるいデブは嫌だわって言うデブ!(大汗)

そして第二の問題!
外に干せない…。(泣)
その日は休みだったので朝のうちに外に干してみたのですけど、昼くらいからいきなり大雨降ってきたので乾かせません…。
そのようなときにはキッチンペーパーで包んでビニールに入れずに冷蔵庫に入れて、冷蔵庫の乾燥した空気を利用して乾かすとのことでしたので、そのようにして冷蔵庫へ。

f0043911_1231209.jpg
と思ったのですけれど、あまりのおデブ具合に、もしかしてピチットシートに包んだほうが水分が抜けて旨みだけ残っていいかしらと思ったもので、その日はピチットに包んでラップして冷蔵庫へ。
しかし、翌日も、翌々日も雨…。(大泣)
ピチットを毎日交換してたらもったいないので、もう翌日からはピチットは止めてただのキッチンペーパーで包んで冷蔵庫に入れておきました。
後からduckbillさんにその話をしたら、ピチットだと表面が乾かないのでこの場合はキッチンペーパー包みで乾燥させるのが良いのだとか。
あ~もったいないって思っておいてよかったです。^_^;

f0043911_1234831.jpg
やっと晴れたので、3日目にお日様のもとへ!!
かなりおデブな鱈子になっちゃってて冷蔵庫ではなかなか思うほどダイエットできなかったのですが、この快晴の一日でかなり見た目もカラスミらしくなってきました。
ちなみに干している網は、梅干し時に引き続きキャンプの時に使う食器乾かし用の網。^_^;

これはいいぞーとやる気モードが出てきたのですが、このあとまたずーーーーーーーっと雨模様のお天気。
天日干しで大体10日と言うのが干す目安のようですが、結局10日間のうちで私が干せたのは2日のみ。
比較的私が買った鱈子は大きなサイズのものだったし、とにかく冷蔵庫ダイエットなので10日以上は乾燥させないと駄目だろうと思いつつ、乾燥終了の目安がイマイチわからず…。
市販のカラスミと同じくらいの固さになればいいのかなぁと思うも、何しろ前にカラスミ食べたのなんてこの時が最後なので(そうそう買えるものでもないので最後に食べた日をしっかり覚えてますっ!!爆)、固さなんてよく覚えてないし…。
鱈子の端っこの方はかなり固めだけれど、何となく真ん中あたりはもう少し固くても良いような…。

そして重量を計ってみたら最初の鱈子の62~66%。
duckbillさんのブログで確認したら、乾燥終了時のカラスミは大体最初の重さの50%くらいだったのでちょっとまだ早いかな~とまた相談したら、やはりもう少し乾燥させて、いいかなって思ったところで端っこ切って食べてみるといいよと聞き、そのあと更に2日乾燥させて(もちろん冷蔵庫です・泣)、端っこ食べてみたらねっとりとしてあのカラスミの風味だったので50%以上あったけど終了としました。
(あっでもその後時間がなくて保存処理に移れず、冷蔵庫に放って2日経っちゃいましたが…^_^;)

f0043911_12373427.jpg
そして週末、待望のカラスミ試食ターーーーーーイム♪
ワインも開けて、おつまみセットをいそいそとテーブルに並べてみました。
左上のオレンジのが自家製鱈のカラスミ、時計回りにゴルゴンゾーラ、一つ前の記事に載せた紫キャベツのピクルス、モロッコインゲンのマリネ。
夫も鼻息荒い!!!(爆)

f0043911_12452056.jpg
おほほ~~~、こちら人生初の自家製カラスミです~♪
ねっとり感もあのカラスミ独特の熟成したような臭いもしてすんごくおいすぃ~~~♡
心配していた塩分濃度も意外と高い!!
これはちょうど真ん中あたりを切ったので日本のカラスミ程度の結構柔らかめの仕上がり。
おデブになっちゃったり外に干せなかったりして「ホントに出来るのか…」と心配しましたが、予想以上の仕上がりに大満足♪

このカラスミ、今回は我慢できずに出来上がったものをすぐに食べてますが、冷蔵庫で数ヶ月寝かせると更に熟成しておいしくなるとか。
でも冷蔵庫の中と言うのはカラスミを乾燥するのに適していたことからもわかる通り、かなり乾燥しています。
なのでカラスミがカラッカラにならずに熟成させるためには真空状態にして保存することが必要。

f0043911_12461924.jpg
と言うわけで、こちらを買っちゃいました~♪
真空パック機、フードシーラー
アヤナーさんのところでフードセーバーを見てからと言うものずっと気になっていて、その間いろいろな方がこのキュイ~~~ンを楽しんでおられるのを横目で見つつ、「うちはキッチン狭いし置き場所ないしなぁ…」と我慢していたんですよね。
でもカラスミ長期熟成保存に必要とあればこれは買うしかない!!
大体において保存食好きであるので、買っちゃえばまぁいろいろと使うでしょう♪
ポメマルさんにコストコに行った時に買ってきてもらえないでしょうかとお願いして、お忙しい中買ってきて送っていただきました。
フードシーラーの前に置いてあるのは36センチの物差し。
意外と大きいと聞いてましたが、このフードシーラーは前に出ているシールをする部分を上に折り曲げて立てておくことが出来るので、多少場所もとらずにすむかもしれません。

f0043911_1250166.jpg
蓋を開けて、黒いゴムみたいなのに囲まれた部分に専用のシートの端を入れるとキュイーーーーンと一瞬にして脱気され、手前の金属部分にてシールされるようになっています。
シールだけだったら、開封した袋菓子の食べかけを再度シールしたりすることも出来るし、柔らかいものを保存する場合には、吸引を手動にして脱気する空気の量を調整したりも出来るみたいです。(まだいろいろ試せてないの…笑)
専用の筒型のタッパーみたいな容器も付属でついていたので、これは乾燥豆などを入れてキュイーンと真空状態にして保存しておいたりするのもいいかなぁ。

f0043911_125049100.jpg
そのフードシーラーで早速カラスミを真空状態にパック。
短い時間で食べ切りできるように半分に切ったカラスミをそれぞれパックにしました。

f0043911_1251494.jpg
これでちゃんとラベルを作ってつけておけばカンペキ~なんですが、面倒くさがりなので手書きで出来上がった日にちのみ記入し貼り付けました。

昨日、毎月通っているタイ料理教室があり、おいしいもの好きな皆様に食べていただこうと出来上がったカラスミのこのパックを持って行って試食していただいたのですが、みんなにおいしい~って言っていただいてまたまた嬉しくなりました♪
橋本先生の小学生の娘ちゃんEちゃん(なかなか大人~な食べ物が好きなので将来絶対お酒が好きになるでしょう・笑)もおいしいとかなり気に入って食べてたし~~~。

第一弾仕込みで3腹仕込んで、只今第二段仕込みが乾燥過程にあります。
来月くらいになると鱈の卵よりもおいしく出来ると言われているブリの卵が出回ってくるそうで、できれば私もあと1,2回仕込みたいな~。
duckbillさんには「最初に長期な天候崩れという修羅場を経験したから、これで今後は大抵の場合でもう大丈夫でしょう。」とのお墨付きを頂いたので、ガンガン仕込みたいのよ~~~。
実は、第二弾仕込みも塩漬けは上手くいったと思うのだけれど、その後の日本酒漬けでまたまた重量オーバーしてしまってて…。
今回の原因は多分、漬けようと思ったら何と日本酒の量が足らなくて、なんだかケチケチの量の日本酒に漬けて塩抜きしたので卵の塩分が日本酒に溶け込めば溶け込むほど浸透圧の関係で余計に塩が抜けやすくなっていたのでは…。
まぁ仕込んでいる本人が本人ですから、やたらと酒飲みの卵に当たるということでしょうかね~。(笑)
でも確かに前回よりは外に干している日数も多いし、色もよく仕上がってきているので期待してます。(*^_^*)

最後に今回の一回目仕込みの3腹分の重量の変化を書きとめておきます。
私も作ってみたいな~って方は、上記の私の失敗をもとに、下記重量変化表の塩漬け終了時の重量がもう少し軽くなり、日本酒漬け終了時の重量が仕込み時の重量を超えないことが基本と思っていただけると良いかと思います。

仕込時  →   塩漬(4日)終了時→日本酒漬(1.5日)終了時→乾燥後(14日)完成時     

191g(100%) 156g(82%)    224g(117%)        113g(59%)

208g(100%) 170g(82%)      225g(108%)           120g(57%)
  
238g(100%)  193g(81%)    246g(103%)          134g(56%)

今回のカラスミ作りでは何から何までお世話になりましたduckbillさん、そしてフードシーラーを買いにコストコまで行って下さったポメマルさん、ありがとうございます。
カラスミ作りの全貌(!)についてはduckbillさんのブログの自家製カラスミのカテゴリをじっくりご覧になることをお薦めします♪


こちらのブログ村に参加しています。
えーーーっカラスミがおうちで作れるなんてすごい!作ってみたい~♪って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by duckbill at 2009-03-22 13:59 x
素晴らしい Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!
出来上がりの断面の色の具合もとてもいいですね。
またゴルゴンゾーラとこれが合うんですよねー!!

フードシーラーが手に入ったようですから、ぜひ3ケ月は熟成させてみてください。そのくらいでグンと旨みが増す筈です。
料理でパウダー使いをする場合はこの熟成品でのパウダーが超お奨めです。
日本の高~~~い本カラスミは熟成させませんので、はっきり言って自家製熟成品の方が数段美味しいです。
これから5月半ば位まではボラ卵が入手できます。大きいですから作り甲斐がありますヨ。
ボラ卵は色も透明感のあるあめ色できれいに仕上がります。見つけてトライしてください。
そしてカラスミレシピをどんどん開発して教えてくださいネ。
Commented by シカ at 2009-03-22 14:18 x
からすみを作りたいな~って思ってたら
なんと ブログにアップしてるじゃないですか^^
とても 親切なレシピありがとさん。
なので 応援ポチです。
Commented by salahi at 2009-03-22 14:34 x
わ~、すごい!とっても美味しそう!!!
私が昔作ってみた時は、こんな綺麗な色にはならなかったんですよ...。
日本酒使うの良さそうですね。この方法で再チャレンジしてみたいです♪
Commented by Laurus-nobilis at 2009-03-22 16:16
フードシーラーまで買っちゃったんですか!
いいなぁ。私も欲しい~~。
ベーコンをこまこまとラップするの面倒ですもん・・・。
色々燻製情報をチェックしてたら、ロースハムだけでなく、ベーコンもボイルにかける人がいて、すごい人はこのフードシーラーでパックして水が中に入らないようにしてからゆでてましたわ。

からすみ。成功してよかったですね~♪
そいや私、からすみって食べたことないかも(爆
魚はこちらでも新鮮なものが手に入るから、作ってみて試すかなぁ。

Commented by くまのみ しのさん at 2009-03-22 18:16 x
すっげーなー!

カラスミなんて10年以上食ってない

沖縄では作れそうもないか
Commented by おいしいスプーン at 2009-03-22 19:43 x
本当に美味しかった!
あの後、おやつ代わりに(!?)にEが楽子さんのタラコ切ってくれ!と、せがみ、むしゃむしゃと頂いていました!末恐ろしい・・・。
Commented by duckbill at 2009-03-22 20:29 x
最初のコメントでボラ卵と書いたのはブリ卵の書き間違いで~~す。m(_ _)mスマンデス~
次はブリ卵で頑張って下さい。
Commented by syo-kunin at 2009-03-22 20:35
楽子さん、こんばんわ。。。

カラスミ、自宅で作れるんですね~!!
あっ!!
でも、作ったら昼から日本酒飲まないといけないので(笑)
Commented by ぴかまま at 2009-03-23 09:07 x
お〜っ、すばらしい!
さすがは楽ちゃん、トライしちゃったのね〜!
私もduckbillさんところでみて面白そうとは思っていたけれど、挑戦するには至ってない〜。
Commented by たま at 2009-03-23 09:32 x
こんにちは!ここにもカラスミを作られた方が!!
実は私もつい先日、作ったばかりだったのです~(笑)
といっても、超簡単バージョンで。
実家からとても大きなタラコをたくさん持たされたので、1個くらいは実験しちゃおうと。
「これはもう下処理も塩漬けも済んでいる、という事で」と、最初はピチットシートにくるんで3日ほど水分を抜き、その後に冬の冷たい空気で数日乾かしました。
ちゃんとカラスミ風になったので、大喜びして、定番の大根スライスにのせてお酒のおつまみに~。
塩気が甘い大根でマイルドになって、すごく美味しかった!
そして、フードシーラーまで買われたのですね。
保存食好きの私としては、以前からとても気になっては、購入を迷い→見送り、を繰り返しておりましたが、こんなのを拝見すると、本当に欲しくなっちゃいます!
Commented by アヤナー at 2009-03-23 12:56 x
ヒャーとうとうからすみまで到達してしまったのですね。私もいつかは作りたいと思っているのですが、まずは新鮮なお魚の卵を手に入れなきゃいけない訳で、でもやっぱ作りたいなあ、NY
じゃ絶対に外に干せないので、これ参考にさせて下さい。
やっぱ楽子さんには是非フードシーラーを買っていただきたかったです。これからが楽しみ!!!!
Commented by yokocan21 at 2009-03-23 18:04
楽子さ~ん、素晴らし過ぎますーーー!
自家製のカラスミだなんて、凄いです!なんと、美味しそうな色をしてるんでしょう。朝からお酒飲みたくなっちゃいましたよ。
フードシーラーも買われて、益々本格的ですねぇ。
いつも思うんですけど、お仕事されてる上に、保存食たっぷり作ってらっしゃって、凄い手間かかってますよね。しかも、研究熱心だし、もう、感心感心です。
Commented by poronliha at 2009-03-23 18:34
すごいですね。カラスミなんて高級品が食べ放題ですね!
ここまでやるとこういった保存食品はすべて手作りです、が近いのでは?!

でも何よりキュイ~ンがうらやましい・・・
夫も真空状態で調理するってことに興味があるし、私も保存用にほしい、と二人ともほしい状態なんですが、いいものがなかなかなくて。eBayとかで探すしかなさそうです。
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 00:43
duckbillさん、ちょっと柔らかめかなぁなんて思いつつ試食しましたが、こんなもんで良いでしょうか~。
出来上がりの色は、これは表面だけ見てるとちょっと黒っぽ過ぎるくらいの余りきれいな色ではないものだったのですが、切ったらちょうど良い感じでした♪
ゴルゴンゾーラとは臭いものコンビで滅茶苦茶合いますよね~。
今日もこの記事を夫が見て「カラスミまた食べたい!!」と言うので(笑)オリーブと一緒につまんだら、もうワインが進む、進む…。^_^;
一腹なんてあっという間になくなっちゃうのが怖いです…。(+_+)
3ヶ月以上熟成のためには、やはりもっともっと仕込まなくては~~~。
昨日はものすごーい風のため買い物断念しちゃったので、今度の週末に出来ればブリの卵見つけられると良いのだけれど。
ボラの卵でも作って見たい気がしないでもないけど、でも今回の助惣鱈でもこれだけおいしくてしかもお値段も庶民の味方となると、ボラ以外のカラスミに燃えてしまいそう!!(爆)
本当にいろいろと教えていただきありがとうございました。
あー早く「もうこれだけあれば安心」ってくらいまで卵干したい…。"^_^"


Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 00:46
シカさん(改名(!)されたのですね~)、カラスミは思っていたよりもとても手間もかからず出来たので、是非是非作られてみてください♪
シカさんのお住まいのあたりでしたら、新鮮な魚卵を手に入れられる確率高そうですものね。
うふふ、ポチもありがとうございます。
ご成功を祈ってまーす!!
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 00:50
salahiさん、なんと以前に作られたことがあるということが凄い!!
今回は本当にお天気に恵まれず泣きたい気分だったのですが、たった一日天日に干しただけで卵の色が格段に良くなったのにはびっくりでした。
事前に日本酒をたっぷり吸っているので照りが出ると言うこともあるのかも!
そちらはカラスミの発祥の地と言った感じですものね~。
是非日本酒漬けにてやってみて下さい♪
あーあまりのおいしさに、着々とお腹の中に消えていき、一体どれだけ作れば足りるのかしら…と悩む日々です。(笑)
Commented by ポメマル at 2009-03-24 00:52 x
おめでとう!とうとうカラスミが完成したのね。色といい本物にそっくりだわ。
鱈子でもいいのなら気軽(でもないわね)に作れますね。
生鱈子でも普通の生鱈子として売られてる(煮物にするやつ)ものより大きいわね。
フードシーラーちゃんと使えましたね。壊れてなかったか心配でした。
あのタイプは立てて収納できるのは優れものね。
カラスミの保存には真空が一番ね。お役にたてて良かったです。
私もきっと作ってみたくなりますね。
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 00:58
えへへ、カイエさん、フードシーラー買っちゃったのよ~。
私は食べ物に関しては食べちゃえば消えてなくなるからと買うことにあまり迷いはないのだけれど、こういう消えてなくならないものの場合はもういい加減嫌になっちゃうほど買うか買わないか迷っちゃうの。(笑)
ベーコンもこれでキュイーンってして冷凍しておいたらおいしさも長持ちするよね~。
パッキングの手間はラップでもこれでも大して違いはないような気がするけど、おいしさ長持ち度は格段に違うと思うよ。
これでキュイーンをしてボイル、これはいいよね~。
前に鶏ハムをよく作ってたときにラップだとどうしても少々茹でてる水が入ってきちゃっていたのでその頃これがあればなぁなどと思っていたのでした♪
カイエさんちの辺りだったら魚も新鮮なのが手に入るからおいしいカラスミが出来そうじゃない♪
ましてや初めてのカラスミが自家製だなんて最高だよ~~~。
是非是非、と言うか、きっとカイエさんは仕込むに違いないって確信してます!(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 01:02
しのやん、カラスミ凄いでしょ~~~。(えへん、ちょっと自慢!!)
沖縄でも魚卵さえ手に入れば作れると思うけど、魚卵売ってる??
あまりに暑い日だったら冷蔵庫で乾燥させれば良いしね~。
お店で出したら最高じゃない♪
10年ぶりのカラスミ、いかが?
10年前、多分私はカラスミ食べたことなかったと思う!!(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 01:04
橋本先生、なんとなんとあの後もEちゃん、カラスミ召し上がったのですか~~~。
やっぱりこれは飲兵衛確定だわね!(笑)
また良い魚卵が手に入ったら仕込んで見たいなって思っているので、また上手く出来たら持っていきます♪
あはは~でもその前に先生もフードシーラー買って作ってそうな気が…。(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 01:06
duckbillさん、もう狙いはブリタマ!!
それしか見えてませんですっ!!(爆)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 01:07
赤飯番長さん、そうなんですよ~、おうちでカラスミが作れるのは嬉しいんですけど、お酒も進みすぎちゃうんですよ~~~。^_^;
しかも私が仕込む魚卵はそいつ自身もお酒吸いすぎちゃうんです~~~。
危険な食べ物です。(爆)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-24 01:10
ぴかまま、もう見た瞬間から作りたくて作りたくてうずうずしてたの!(笑)
だって買ったカラスミだとどうも値段が気になっちゃって私なんてどーしてもチビチビ、ケチケチ食べるようになっちゃうんだけど、自分で作れば食べ放題じゃない~♪
何でも愛知産の魚卵がこちらでも出回っているとか!
ぴかままも忙しさが一段落したら是非いかが?(*^_^*)
Commented by melocoton1 at 2009-03-24 02:25
ぎゃーっ!!!!
ちょっと留守してたら、こんなことやってるぅ~(爆)。

えーっといつも鹿児島出身の知り合いの方に手作りカラスミをいただくんですが、その方は焼酎使用、家の中で陰干しだとおっしゃってました。

それにしても美しいベッコウ色♪
食べたい(ううう、マジで 涙)。

私もフードシーラー注文しちゃったぁー^^。

カラスミっていうとこの曲(http://www.youtube.com/watch?v=stFg26Qr7Tg)思い出す私ですが、知ってる?
Commented by vruocculu at 2009-03-24 13:50
!!!!!カラスミ!!!!
私、参考にさせてもらい是非とも作りたいです!!!!
rakukoさんって。。。。素晴しすぎる〜♡♡
うわ〜〜〜ぃ♪
Commented by くみくみ at 2009-03-24 20:25 x
先日は橋本先生のお教室でご馳走様でした。 楽子さん凄いっす!!!
刺激うけまくりです~。 尊敬してます~!!!
私も、カラスミ作ってみます!!!
私は、パンしか得意な分野がないので色々とチャレンジされてる楽子さん
大好きです!!! キャハ! 恋の告白しちゃいました~! 
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 15:48
たまさん、タラコからカラスミ!!!
そりゃまた素晴らしい~~~♪
確かにね、塩漬けはしてあるのでしょうし、それで似たようなお味のものが出来るとあれば万々歳ですよね!!
そしてなんと言っても大きなタラコを沢山持たせてくれる実家…。
私も欲しいです。(爆)
フードシーラー、迷われていたのであれば是非是非いかが~?
たまさんもあれこれご自分で作られるし、買ったら絶対に使いこなせるでしょう~!
私はなんだかここのところ体調がイマイチでやる気もイマイチなもんでまだカラスミにしか使ってないのですけど、いろいろ試してキュイ~ンレシピを増やしたいと思います♪

Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 15:54
アヤナーさん、やはりカラスミ作ってみたいって思われてましたか!!
この手のものは絶対にアヤナーさん好きだろうなぁと思っておりました♪
魚卵さえ手に入れば、今回の私の失敗からもわかる通り、少々のことには動じないカラスミですので、何とかなるのではないかと。
良い魚卵がそちらでも見つかると良いな~と私も祈ってます!!
フードシーラー、あれからいく年月…。
迷い迷ってやっと購入できました!!!(意外と優柔不断です…笑)
まだ全然使いこなせてないのですが、とりあえず昨日アヤナーさんのところで見てまた作りたくなった鶏ハムを仕込んでみたので、それを茹でるときに使ってみます♪
上手く出来たらまたブログに載せますね~。


Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 15:59
yokocanさん、カラスミ、おいしいです~~~。
ホント、これを目の前にしたら朝からだってお酒飲んじゃおっかな~ってくらい!(爆)
フードシーラーはもう迷いに迷ってと言うか、とにかく日本のマンションの台所なので置き場がなくて買えずにいたのですが、やっと決心がつきました!
買ったからにはいろいろ使ってみようと思ってます♪
いろいろ作ってみるのは好きなんですが、私が作るのは時間はかかっても余り手はかかっていないもの専門で…。
干してるうちに勝手に出来るとか、漬けてるうちに勝手に出来るとか、勝手に何かになってくれるものが好きなんです。^_^;
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 16:05
poronlihaさん、そう、高級カラスミ食べ放題~♪(笑)
買ったカラスミ1個分で魚卵がいくつ買えるとか、そんなことを考えては1人ニヤニヤしています。^_^;
保存食全て手作りは出来たら素晴らしい~と思いつつ、なーんか単純なヤツにしかチャレンジできない私…。
手順がいっぱいあってしかも微妙なさじ加減が必要だったりすると一瞬にしてめげるのです。(笑)
キュイ~ン!旦那様も興味があると言うことであればこれは購入間違いなし!ですね。
うちの夫はカラスミには目がいってましたがキュイーンには全く興味を示さず、感動を共有できずちょっと淋しい思いです。(笑)
ネットで手に入るといいですね!!
おもしろいよ~♪
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 16:13
ポメさん、例のカラスミ、何とか完成しましたよ~。
近々第二弾もキュイ~ンするので(こっちはちょっと硬めになっちゃいました)、合わせて試食用にお送りしますね。
うふふ、でもポメさんも作りたくなったでしょ♪
鱈の卵、角上で売ってる中でも大きめで形が良さそうなのを選んできました。
まだ鱈の卵もなくなってはいないようですが、これからはブリがお薦めとのことですので是非是非!!
フードシーラー、ホントにありがとうございました。
なんだか花粉症で疲れちゃって(実は今日も有休余っているのを良いことにお疲れ休み取ってます…^_^;)、まだカラスミ以外に使ってないので早くキュイ~ン生活をもっと楽しみたい~!
これからキュイ~ンを置いておく用のラック、注文予定です♪
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 16:22
meloさん、サイダーの泡におぼれている間にこんなものを仕込んでいたのだよ。(爆)
>えーっといつも鹿児島出身の知り合いの方に手作りカラスミをいただくんですが
なんだかそれのほうがよっぽどうらやましいんですが~~~!!!
ネットで作り方を見たときに焼酎に漬けるって言うやり方も結構出てきました!
焼酎に漬けるとまた風味も違ってお味比べも楽しそう♪
フードシーラー、meloさんも買ったのね~。
あのぴかぴかの素晴らしいキッチンに置かれるキュイ~ンって素敵♡
うちの場合狭いところに無理やり置かねばならず、これからレンジ上に置けるラックを注文します。(笑)
そしてYoutubeまで聞きに行っちゃった~~~!!
この曲はあいにく知らなかったのだけど、グレープってだけで懐かしくフサフサ髪のさだまさしに完全ノックアウトォ~~~。(笑)
カラスミを煮られたら、もうこれは悲しすぎてこれまたノックアウトで立ち上がれませんね。
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 16:31
vruocculuさん、カラスミ、是非是非作ってみてください~。
そちらでしたら新鮮な魚卵については間違いなく入手可能ですものね!!
それさえ手に入れば時間は少々かかるけどやることは単純ですから♪
出来上がった暁には、是非どんなイタリアンのお料理に使われるのか、是非是非教えてくださいっ!!
楽しみ~。(*^_^*)
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-25 16:35
くみくみさん、先日はお世話になりました~。(*^_^*)
いやぁ~何でもやってみたくなるというのは本当なんですが、でも私の場合特に得意分野があるわけでもなく、とりあえず好きってだけの「いろいろ作りたがりやの主婦」なので…。^_^;
私としては何かのエキスパートに憧れているので、あんなにおいしいパンが焼けるくみくみさんを尊敬しちゃいます!
うふっでも嬉しいので恋の告白はいつでも大歓迎~。(爆)
Commented by duckbill at 2009-03-29 22:08 x
私の方の記事の中でこのページにリンクを張らさせて頂きますね。
もし都合が悪ければ言ってください。
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-30 01:40
duckbillさん、リンク張っていただけるなんてありがとうございます♪
嬉しいことはあれ、都合の悪いことなんて全くもってございませんよ~。(笑)
それにしてもduckbillさんのところには魚卵の女神様が降りてきましたね~。
私、法則を見つけちゃったんですけど、duckbillさんに女神様が降りてくると私は魚卵に見放されてしまうみたいです~。(笑)
昨日またまた仕込むぞーと気合を入れて角上に行ったのですが、ただのひとつも、魚卵がありませんでした…。(泣)
duckbillさんが魚卵買えない…って言ってたときには、よりどりみどりの選びたい放題だったのに~~~。
罪な魚卵の法則だわ…。(-_-;)
Commented by ポメマル at 2009-03-30 01:58 x
いただいたカラスミを記事にしました。おいしかったです。
TBも送っておきますね。
Commented by duckbill at 2009-03-30 12:47 x
私の方も無理矢理冷凍物で調達なので、女神はいらっしゃいません。
きっと長崎県と愛知県(岡崎市)に鎮座してると思いま~す(爆)
トラバもさせて頂きました。
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-30 23:58
ポメさん、TBありがとうございます。(*^_^*)
早速ブログにうかがいます♪
Commented by rakurakurakuko at 2009-03-31 00:00
duckbillさん、女神様は岡崎と長崎でしたか~。(笑)
でも冷凍モノをゲットされたのですから、女神様の後ろ髪1本くらいはつかめたのでは?(*^_^*)
TBありがとうございます♪
あー今度の週末は花見より魚卵が気になる私です。^_^;
Commented by melocoton1 at 2009-04-09 17:20
カラスミでTB出来ないのが超くやしいけどっ!

フードシーラーのヨーロッパ版アップしたのでTBいただいていきます!
Commented by rakurakurakuko at 2009-04-10 00:30
meloさん、おほほ、TBカラスミではないのか~~~。(爆)
ワタクシも最近めっきり魚卵に出会わずくやしい思いをしておりましたが、今週に入りやっと鯛の卵を見つけ今日も一腹仕込みました♪
助惣鱈もおいしかったけどこの鯛の卵と言うのがもっちりしてて脂がのっててもしかすると鱈よりもおいしいカラスミになるのではと言う予感!(えぇあおってます・爆)
フードシーラー、さっきチラッとみたら滅茶苦茶カッコいいーーーー!!
ヨーロッパの香りがしたっ!!!(笑)
TBありがとうございます♪
ブログにも再度ヨーロッパの香りを嗅ぎに伺います。(*^_^*)
Commented by kago-fp at 2010-04-08 18:19
楽子さん、ごぶさたしてまーす。今年はほぼあきらめ状態だったカラスミ作りですが、なんとか魚卵を発見しましたので、作ることができました。ありがとうございます^^
今年もまた、楽子さんのこのすてきな記事を見ていただこうと、私のブログでご紹介させていただきました。自分で作り方ものせずにごめんなさい。楽子さんのを見ていただくのがいいかなあと思いまして^^ TBもいただきます。どうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by rakurakurakuko at 2010-04-12 00:40
レイコさん、こちらこそご無沙汰にて失礼してます…。^_^;
今年もカラスミ作られたのですね~。
実は実は、こちらに来てから魚介類が豊富なので魚卵もいくらでも手に入るわ~なんて思っていた私なんですが、これが鱈の時期には全く魚卵が手に入らず…。
私も今年はあきらめ状態だったのですが、レイコさんに同じくここに来て鯛とブリの卵が手に入り、只今仕込み終了のものから塩抜き中のものまで4~5回ほど仕込むことが出来、ホクホクしております♪
ブログでも紹介して頂きありがとうございます~。
後ほど伺わせていただきまーす!
Commented by サスピ at 2010-05-10 06:12 x
楽子さん、はじめまして。
このブログの記事を参考に見よう見まねでカラスミを作ってみたら、びっくりするほど美味しく出来たので感激です!
さっそく最近始めた拙いブログで紹介させていただきました。
あと、勝手ながらお気に入りブログのほうにも加えさせてください〜
とりあえず、ご報告まで。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by rakurakurakuko at 2010-05-15 17:32
サスビさん、はじめまして!
カラスミ作られたんですね~。
私も最初はホントに自分で作れるのかと半信半疑だったのですけれど、予想以上に美味しく、そして簡単にできて笑いが止まらなくなるくらい!
ブログでご紹介ありがとうございます。
私も後ほど伺わせてくださいね~。
こちらこそよろしくお願いいたします♪
Commented by makirin212 at 2011-02-22 17:01
はじめまして。からすみから辿り着きました。
同じエキサイトで嬉しいです。
トラックバックさせていただきます~♪
リンクもさせていただきます~~
Commented by at 2012-02-01 13:31 x
はじめまして。
からすみからたどり着きました。私も毎年からすみを作るのですが、残念ながら今年はぼらの卵が手に入らなかったので、助宗鱈の真子で作ることにしました。加熱用の物が使えるか調べていたのですが、鱈は寄生虫が十中八九いるとか・・・。一度冷凍すれば問題ないとのことだったので、チャレンジしてみます!

我が家では、半生をあぶるのがお決まりの食べ方となっていて、なかなか熟成するだけの量が残りません・・・。
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-01 14:36
玲さん、はじめまして♪
からすみからたどり着いていただき嬉しいです。
私は今までボラの卵は近くのスーパーなどでは目にしたことがなく、ここのところ毎年、スケソウダラ、ブリ、タイの卵などでカラスミ作ってます。
それぞれに少しずつお味が違うのも、楽しいです。
そもそも生食用の鱈の卵なんていうものは売っておらず、寄生虫はいるにはいると思いますが、塩漬けの際にかなりの塩分濃度になることと、その後日本酒漬けにするのでそこでほとんど死んでしまうのではないかな~と思っているのですが。
もちろんご心配でしたら一度冷凍してからのほうが確実かもしれませんが。
我が家は生のままスライスしてつまむか、削ったものをパスタに使ったりしています。
卵を見ると反射的に買っているので、そこそこの量のカラスミが出来、在庫量が多くなり最近は長期保存可となってます♪
by rakurakurakuko | 2009-03-22 13:13 | 保存食作り | Comments(49)