赤紫蘇梅酢作りと梅酢の漬物2種

f0043911_11554016.jpg
この時期、梅と同時に店頭に並ぶ赤紫蘇。
我が家の梅干しは紫蘇を入れない白梅干しなので、梅干し用には赤紫蘇は必要ないのですが、赤梅酢を作りたいがために赤紫蘇を購入します。

f0043911_11575038.jpg
赤紫蘇はね、葉っぱがチリチリで表と裏が出来るだけ同じ色のものが良いのですって。
今はパックに入って売られているのが多いのでチリチリ度がイマイチわかりにくいけど、出来るだけそんなものを♪

f0043911_11581258.jpg
赤梅酢を作るに辺り、買ってきた赤紫蘇はまずは茎から葉っぱを外して良く洗い、水気を切っておきます。
梅1キロ漬け用の1パックの紫蘇は大きなざる一杯ありました。
次に水気を切った赤紫蘇に塩大さじ1~2を加えてボールの中で手でモミモミ。
なんだか魔女の秘薬みたいに鮮やかな紫色のアクがいっぱい出てくるのでとにかくモミモミして、一度ギュッと絞ってアクを捨ててから、もう一度塩を加えてモミモミして再度ギュッと絞ります。
素手でやると手も秘薬色に染まってしまうのでゴムかビニールの手袋はめてやるのがよいですよ~。
ざるいっぱいあった赤紫蘇は、こんなに小さくなってしまいました。(もみ紫蘇が入っているのは200mlと少しの容量の小さなボール)

f0043911_11584818.jpg
そして取り出しましたるは、昨年漬けた梅干しから取れた梅酢。
昨年はこちらの記事の写真を見ると、梅酢は大瓶を含み3本あったはずなのに、我が家は梅酢の消費量がものすごくて、ケチケチ大事に使ったにも関わらず残っていたのは500ml入りのペットボトル一本にも満たなかった…。
悲しい…。

まぁそこは気分を取り直しまして、ある分だけの赤梅酢作り。
煮沸消毒した瓶に先ほどモミモミして絞っておいた赤紫蘇を入れ、そこに梅酢を加え、赤紫蘇がほぐれるように少々箸でほぐしてかき混ぜて出来上がり。

f0043911_11595565.jpg
あっという間に白かった梅酢が赤紫色に変わります。
少し漬け込んでおいたほうが香りも移るし、我が家は梅干しの土用干しの時にここに入っている赤紫蘇も干してゆかりを作るので、それまで冷蔵庫の中でお眠りいただきましょう♪

それにしてもホントにどーしてあんなにあった梅酢がこんなにちょっとしかなくなってしまったのか…。
しかも、我が家の梅酢だけでは足りなくて、2月にみなべに梅の花見に行ったときに売店で500ml入りのみなべの梅の手作り梅酢を買い、更にこちらに来てから和歌山産南高梅の梅酢と愛知の赤紫蘇だけでできてる赤梅酢と言うのも買ったというのに…。

f0043911_1212090.jpg
で、購入した赤梅酢を使ってみて思ったのは、すごくしょっぱいということ。
我が家の梅干しは塩分12%で漬けているので、多分世間一般に売っている梅干しよりは減塩気味。
だから梅酢もそんなにしょっぱくなくて酸味が際立っていてすごーーーーくおいしいんですよ。(手作り自慢にて失礼!(^^ゞ)

さて、梅酢、梅酢ってそんなにいっぱい何に使うのさ~と言うと、我が家はもっぱら漬け込み専用!

f0043911_1223962.jpg
昨年より何はなくともこれだけは毎日食べてる、新生姜の赤梅酢漬け。
手作り紅生姜。

これね、こちらの記事にも書いたんですが、成分から考えるに花粉症の症状軽減に効果がありそうなんですよ~。
そんなことは知らずにただただ味が気に入って紅生姜中毒のように毎日食べていた私なんですが、今年の花粉症の時期になっても症状がなかなか出なかったのです。
で、調べてみたところ、生姜、赤葡萄、アザミの成分が合わさると花粉症の元凶と言われている「免疫ブログリンE」を50%に抑える効果が有るそうで、なぜ赤葡萄かと言うと含まれるアントシアニンが効くのだとか。
アントシアニンと言えば赤紫蘇にもいっぱい含まれているでしょ~。
だから生姜とそれが合わさってなんだか良かったのではないかと思っているのです。
もちろんこれは薬ではないし、私が仕入れた情報から考えているだけで必ず効くかどうかはわかりませんが、実際に症状が出るのが明らかに遅かったし、とにかく私はこれが好きだからいいんです♪
毎日、毎日、食べたいの♪♪

と言うわけで作り方ですが、それはいたって簡単♪

f0043911_1242413.jpg
まずは新生姜を購入してきまして、包丁の背でゴリゴリと皮を削ぎます。

f0043911_1245082.jpg
そして、少々厚めの薄切り(まぁこの辺りは好みもあります)にして、ざるに並べて半日から一日天日干し。

f0043911_1251137.jpg
そんなにチリチリではなく、表面がちょっと乾いてきているなーくらいが私の好み。
薄めの薄切りにするとチリチリ乾きやすく厚めだとその反対。
出来上がりの紅生姜の食感は、薄めの薄切りにしてしっかり乾いたものは、売ってる紅生姜みたいにちょっとクニュッとした食感で、厚めの薄切りの半乾き状のものはカリッとして生姜の辛味も感じられる生っぽい食感。
多分日持ちはしっかり乾きの方が良いと思うけど、でも冷蔵庫保存だったら半乾きでも数ヶ月は余裕でもちます。

f0043911_126590.jpg
天日干しした薄切り生姜を煮沸消毒した瓶に詰め、そこに赤梅酢を生姜がかぶるまで注いで、一日経ったら出来上がり。

f0043911_1263334.jpg
新生姜にしっかりと色も香りもお味もついて、カリカリ、カリカリ、ほんとに美味しいです。
だけど市販の梅酢だとちょっとしょっぱいのであまり量が食べられないのが悲しい~~~!!

新生姜は今の時期にいっぱい出回っているので、出来るだけ多く仕込みたいと思っていますが、新生姜がない時期に昨年「八郎生姜」と言うのを見つけ、これが肉厚でジューシーで比較的新生姜に近いので似たような感じに作ることができます。
「八郎生姜」は生駒の近鉄百貨店でしか見かけずいつもそこで買っていたのだけれど、こっちに引越してきてJR名古屋高島屋の食品売り場を覗いたら、入っている八百屋さんが近鉄と同じ八百屋さんで、見ると「八郎生姜」が売っていたのよ~。
うーん、名古屋駅まで行くのが面倒だけど、新生姜がなくなったらこれで仕込みます…。(我が夫よ、もしももしもデパート営業時間内に仕事が終わった時に寄って買ってきてくれる気はない??笑)

f0043911_1274076.jpg
もう一つの赤梅酢を使った漬物は、夏野菜のしば漬け風。
今回のこれはかりもりのしば漬け風です。

f0043911_1281598.jpg
かりもりと言うのは、こんな感じの瓜で、愛知の伝統野菜
関西だと似たようなのが白瓜として良く売られていますが、そういえば関東って瓜って西ほど売っていないような気がする…。
あまり見かけないので、旅行やキャンプなどで産直に行ったときに喜び勇んで買い求めていたような。
漬物にはきゅうりでもいいけど瓜の方がコリコリして美味しいんだよね。

f0043911_129475.jpg
このかりもりを太さによって縦半分か1/4に切って、種の部分を取り除いてから輪切りにし、一緒に漬ける生姜と茗荷を千切りにし、ビニールに入れて全部の重さを測ったらその量の3%の塩もビニールに入れて、ざっくり混ぜてからモミモミして、出来るだけ空気が入らないようにギュッと口を縛ってそのまま冷蔵庫で半日から一日漬けます。

f0043911_1293771.jpg
漬けておくと野菜から水分が出てくるので、半日か一日経ったらギュッとその水分を絞って、またまた新しいビニール袋に絞った野菜を入れ、そこに赤梅酢を適宜注いでモミモミ。
塩漬け同様、空気が入らないようにしてギュッと口を縛って冷蔵庫に入れておくと、数時間後から美味しいしば漬け風漬物がいただけます。
我が家はとにかく梅酢が貴重なので、↑の紅生姜の梅酢の残りを再利用することが多いですが、美味しく漬かります。

このしば漬け風、特に暑い時期には大活躍なんですよ~。
梅酢の風味がさっぱりとしておいしくて、疲れもとれるし、ご飯にこれがあれば食欲も増す!!(いや、私は食欲増す必要まったくなく、どちらかと言えば減らしたいくらいですが…汗)
簡単なのにすごく美味しい!
我が家の夏の漬物の定番。
瓜以外には、きゅうりや茄子で作ってもとっても美味しいです。

と言うわけで、暑い夏を乗り切るのには梅酢頼みの我が家。
あー今年漬けた梅干しからもいっぱい、いっぱい梅酢がとれることを心の底より願ってます♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
我が家も今年は梅酢で夏を乗り切るかー!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by わらび at 2011-07-07 14:20 x
楽子さん新生姜の梅酢漬けとても美味しそうですね。

かりもりとゆうキュウリは始めてみました、加賀太キュウリツルツルバージョンと言った感じでしょうか、守口漬けにも入っているやつですね(私は奈良漬けや守口漬けが嫌いです 笑)、面白い野菜ですね。

長野では似た様なウリでシマウリとわうウリが是から沢山並びます。
ウリ類は地方色豊かですね。
Commented by massangea2 at 2011-07-07 16:58
毎回毎回本当に、楽子さんの梅干作りとか梅酢のお話とか、
生姜の話とかそのほかも勿論そうだけど尊敬ですよ。
ちょっと・・・とか、適当に・・・とかで絶対作れない。
好きじゃないと無理なんですよね。
私生姜がいつも大量に手に入るので、つけようかと思うけどこの梅酢が欲しい!
でお、梅干作る元気ないです~~~

今年は義実家の小梅で簡単にサワーと酢と酒を作りました。(私の母が 笑)

楽子さん、保存食の本とか出しましょうよ。
簡単にできる楽子のなんちゃらとかにして!
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-07 18:08
わらびさん、新生姜の梅酢漬け、なんだかもう私の場合中毒なんです…。(^^ゞ
梅酢漬けを作る前には新生姜のガリがすごくおいしいって思っていたのですけど、今は甘くなく生姜の風味がより感じられるこちらにハマってます。
かりもりってこの辺り以外では聞いたこともないですよね。
守口漬けにも入っているというのはリンクを貼ったページを見て初めて知りましたが、守口漬けは守口大根を漬けるというところに意味があるようで、要は奈良漬とまったく同じもののようなので、売り物には守口大根以外は加えられていないような気がします。
我が家もどちらかと言えば酒粕が苦手なのですが、おいしい奈良漬に限りいただきます。
そうそう、シマウリは奈良でも良く作られているようで、私もよく買ってましたよ~。
瓜はコリコリしてお漬物には最適ですね♪
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-07 18:18
良子さん、いえいえ、私、結構適当…、ちょっとこんな感じでいっかーみたいなの連発です…。(^^ゞ
ただ以前より少々変わってきたな~と思うのは、以前はもう何でもかんでもとりあえず作りたかったのが、今は気に入ったものを作り続けるということかしら。
新生姜が大量に手に入るなんてホントにうらやましい!!
乾かし具合を半乾きから生乾きくらいの軽めにしたら、漬けた後も生姜から水分が出てきて梅酢が薄まるから、市販の梅酢でもそんなにしょっぱくなく漬かるかも。
その分保存には気を使わなきゃならないかもしれないけど。
でも赤ちゃんがいるのだもの、あれもこれもは大変ですよ~。
私からすればちゃんと子供を育てている良子さんのほうが素晴らしいと尊敬です♪(私は夫くらいしか育ててないし・笑)
簡単にかけては自信があるので(笑)、気が向いたら出来そうなものから無理せず作って楽しんでみてね。



Commented by melocoton1 at 2011-07-07 21:40
今赤紫蘇地獄なの~~~(笑)。
ブログに乗せてる鉢植え以外にもうひとつ大きな鉢があるから赤紫蘇梅酢作ります!

梅酢はいろんな梅干が漬かってるのを集めよう(笑)。

生姜も瓜もおいしそう!
東京だとあまり瓜って見ないですね。

イギリスだとマロウってのがあるけど、あれでできるんだろうか? 
ふふふ。 実験しちゃう。
Commented by etigoya13 at 2011-07-08 08:12
私が楽子さんの梅仕事を日本でも絶対やる〜って思った一番最初のきっかけが梅酢の利用でした。
ああ、またも梅酢欲しくなってしまった(涙)
でもまあ、こちら全然暑くならないのでさっぱりよりこってり暖かい物を求めるからだ…これはこれでかなり悲しい夏なのに。
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-08 17:12
meloさん、赤紫蘇地獄だったら是非赤梅酢作ってみてください♪
それにしても海外で赤紫蘇地獄ってめちゃくちゃ贅沢な話なんじゃない~?(笑)
私的にはいろんな梅干しってのが気になります!!
マロウってなた瓜ですよね~。
あれって固いのかな。
同じ瓜だし漬けたらおいしくなりそう♪♪
実験結果が楽しみです。
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-08 17:14
越後屋さん、梅酢、いっぱいあったら是非差し上げたいくらいなんだけど、何しろ気づいたらちょっとしかなくなっちゃってたので、今はあげられないわ~。(笑)
あんなに暑かったのに今は寒いんですか。
名古屋は本日も馬鹿みたいに暑くて、用事があり名古屋駅まで行ってましたがフーフー言いながら帰ってきました…。
どこまでこの暑さが続くのか、まだ梅雨も明けてないのに早くもげんなりです…。(-_-;)
Commented by syo-kunin at 2011-07-10 07:32
楽子さん、こんにちわ。。。

手間暇掛けた物は、美味しいですね!!
真似、出来ません(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-10 18:37
赤飯番長さん、手間暇かけたものは確かにおいしい!!
でも私は手間暇かけてない美味しいものも大好き~♪
だってこんなに簡単なのに美味しいって、すごく得した気分でしょ。
暑い毎日ですが、赤飯番長さんも夏バテしないようにがんばってくださいね~。
Commented by melocoton1 at 2011-08-04 15:18
楽子さん、赤プラム酢、うまくいきました!
アイデアありがとうございました~。
リンクとTBいただいていきますね。

しばらくストーカーのようにこちらにリンクいただくかも(次は蒸し茄子^^)。

いつもごちそうさまです!
Commented by rakurakurakuko at 2011-08-04 17:21
meloさん、赤プラム酢、うまくできたんですね~。
なんだか爽やかそうで美味しそう♪♪
後ほどブログに伺います!TBありがとうございます。
うふふ、ストーカーのように…、楽しみにしてまーす。(*^_^*)
by rakurakurakuko | 2011-07-07 12:18 | 保存食作り | Comments(12)