世界で一番簡単な豆の水煮の作り方

世界で一番って言うのは、私が勝手に思っているだけでギネスに認定されてるわけでも何でもないんですけどね。(当たり前です!笑)
前にalteaさんのブログで見て、この簡単手間なし加減はすごすぎる~~と感動して試してみたもの。
感動した割にはお尻が重いもので、試すまでに時間かかっているのはご愛嬌…。(^^ゞ

f0043911_15501614.jpg
用意するものは、お好きなお豆さんと、こちら。
ステンレスの水筒。
夫が独身時代から持っているもの(律儀なヤツなので、住所(独身寮)・氏名記入済みのシールの名札が貼ってある…)をゴソゴソと取り出してきた。
これにお湯と共に豆を入れておくだけで勝手に水煮が出来ると言うもの。
事前に水に浸す手間もいらない!!

f0043911_15503916.jpg
用意したお豆さんは、青大豆。
新豆。

f0043911_15505837.jpg
ささっと青大豆を洗いまして、その青大豆をステンレスの水筒に入れます。
ステンレスの水筒は、念のため先に沸騰したお湯を入れ、ステンレス部を暖めてから使用。(少々昔の水筒ゆえもしや保温力が今のものより劣るかなぁ…と思ったため)

青大豆を入れた水筒に塩ひとつまみを加えた後、沸騰したお湯を満タンまで入れます。
煮えると豆は膨らむので、水筒の1/3までの分量が良いようです。
お湯を入れたら蓋をギュッと締め、そのまま24時間放置しておくと大豆の水煮の出来上がり♪
すごいでしょ~、簡単でしょ~。
alteaさんは少し固めの仕上がりと言っていたので、試しに夜に豆とお湯を入れて蓋をしたものを、翌朝一度お湯を捨て、再度沸騰したお湯を入れなおして、その日の晩まで24時間置く方法にしてみました。

f0043911_15514155.jpg
さて、そうして水筒の中に入っていた青大豆の24時間後。
こーんなにふっくらツヤツヤに炊けてる!!
一粒食べてみると、ちょうど良い具合の柔らかさ。
あーまたまた感動♪♪

f0043911_15515755.jpg
そうなるといろいろ試さずにはいられない性分につき、取り出しましたのは白いんげん豆。
こちらも新豆。

大豆の時同様、ステンレスを暖めてから、さっと洗ったいんげん豆を入れ、塩ひとつまみと月桂樹の葉っぱ一枚を加えてから沸騰したお湯を満タン。
ギュッと蓋を締めて12時間、途中で沸騰したお湯を入れ替えて全部で24時間。

f0043911_15521710.jpg
ひゃ~~~、白いんげん豆でも出来た~~~♪
つまんでみると、ちょっと柔らかすぎくらい。
小ぶりのいんげん豆だったし、こういう中身ホクホク系のお豆さんには24時間必要ないかも。

ってわけで、今度は同じ白いんげん豆を15時間くらい、お湯も取り替えずに水筒に入れっぱなし。

f0043911_15523790.jpg
少々時間短めで引き上げた白いんげんはこんな感じ。
食べるとホクホクしてますが、もう少し煮ても良いかなって感じ。
この後の調理で更に煮る予定だったので、このくらいでも下処理段階としては全く問題ナッシング~♪
いんげん系は24時間未満でOK。

f0043911_15531458.jpg
じゃあ今度はもう少し大きいお豆さんをと取り出してきた、ライマビーン。
年末のみかん狩りの際に、ふみえさんから頂きました♪
こちらの記事にも載せましたが、世界で一番おいしいとも言われているお豆さん。

f0043911_15564187.jpg
花豆くらいの大きさと模様なんですが、厚みがなくてうすっぺたいお豆です。

こちらもステンレスを暖めてから豆を入れ、塩ひとつまみと月桂樹の葉一枚を入れて沸騰したお湯を入れ、お湯を取り替えずに確か20時間くらい。

f0043911_15571735.jpg
こちらもこんな風に水煮の出来上がり。
もう少しふっくら煮てもよいかしらんと言う感じに見えますが、中はホクホク、これでなかなか柔らかく煮えてます。
この後調理に使うのだったらやはりこのくらいで良いでしょうと言った、問題なしの仕上がりです。

すごいよね~。
まぁ24時間近くの時間はかかるけれど、ただ入れておくだけでできてしまうってかなり楽チンです。
普通だったら水に浸して戻すのに一晩くらいかかるでしょ~。
それがないってだけでも気分的になんだかとんでもなく敷居が低くなった感じ。

お豆は好きですが、やっぱり浸して煮て、更に味を付けて等々、時間も手間もかかるので、大抵多めに戻して煮て、すぐに使わない分は冷凍保存したりしていたのですが、これだったら使いたい分だけ前日にでも水筒に入れておけばいいだけなのでマメに豆料理が出来ます。
乾燥のお豆って意外と戸棚の隅にしまい込んで、あぁ…古い豆になってしまったわ…ってことも多々あるので、デットストックなくすにも有効かと!

大豆はこの方法でまず全く問題なくおいしい水煮が出来るでしょ。
いんげんや花豆系は少しふっくら加減が足りないか、またはそれを越えて柔らかすぎになってしまう可能性もあるのだけれど、ふっくら甘く煮含めたお豆オンリーの料理をする以外だったら、少し固めで抑えておいて本調理の際に更に煮るなりして仕上げたらとっても美味しいお豆料理になります。
我が家はあんまり甘く煮た豆は好きではないのでちょうどよい!
水筒に入れる沸騰したお湯の量がお鍋でコトコト炊くときよりは少なめになると思うので、ひとつまみの塩はホントにちょこっとひとつまみの量がいいみたい。
ちょっと多く入れてしまうと塩味がかなりしっかり付いてしまうと思うわ。

ってわけで、近頃我が家は豆の使用頻度がかなり上がっている状況。
そんな、世界で一番簡単な方法の豆の水煮を使ったお料理などは次の記事で♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
水筒と豆、出してこよう♪♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by タヌ子 at 2012-02-08 18:37 x
私は前日から用意しなければならない料理がすごく苦手で、ずっと棚の奥にしまい込まれた豆が何種類あることか!
それにしてもこれ、便利ですね。
使ってないステンレスの水筒、2つもある!
これは早速試すしかない。
まずはキドニービーンズから行ってみようかな。
豆料理がぐ~んと身近になりそう。
世界一美味しいライマビーンも探してみよう。
Commented by massangea2 at 2012-02-08 21:32
すごいすごい~~~~~これは感動です
でも、残念ながら大き目のステン水筒、
北海道でて来るときに捨てちゃいました(涙)
こういうときに限って今日仕込みたい!

これ、煮豆つくっても、勿論水筒として使えますよね?
Commented by etigoya13-2 at 2012-02-09 02:20
そうそう、この方法でほとんど加熱済み後は味つけだけっていうのが便利ですよねー。
日本にいた時は大きいステンレスの水筒有ったからよく作っていたけれど、こちらに来てすっかりやらなくなっていました。
でも先日出張者の方も含めて散歩へ行ったとき、古い古い1.5ℓ容量のステンレス水筒使ってみて大丈夫だったから、今度はこれで下処理しようー。
コンロが塞がらないのが凄く良いですよね。
早速今から一つ久しぶりにやってみます!!!
Commented by melocoton1 at 2012-02-09 04:43
同じようなことをたまにこちらの粒オーツでやってます(寝る前に熱湯と粒オーツを魔法瓶に入れておくと朝にはポリッジができてる)。

でもお豆でできるってすっごく便利!!!
でもこれ、新豆じゃなきゃ駄目? 
早速今夜ひよこ豆入れてほうっておこうかな???

ふふふ。
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-09 15:25
タヌ子さん、前日からしっかり準備しないと出来ない料理、私も苦手…。(^^ゞ
丁寧に戻して炊くのとは多少ふっくら加減が違うかもしれませんけど、例えばスープに入れるとか、他のものと一緒に更に煮込むとかそういう場合のお豆さんには全く問題なく使えると思います。
ステンレスの水筒、二つもあると言うことは、これは試すしかないと言うこと!(笑)
キドニービーンズ、どんな感じに炊けるのか私まで楽しみ♪
ライマビーン、多分そちらの方が手に入りやすいと思うので、是非おいしいお豆ですし探してみてくださーい!
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-09 15:29
良子さん、これ、いいでしょ~~~。
乾燥のを戻すって言う手間がないだけでもなんだかすっごく嬉しいのよ。
あー、水筒、北海道でさよならしちゃいましたか~~~。
豆煮てももちろんその後ちゃんと洗えば普通に飲み物入れてつかえるので、是非水筒買って試してみて~~~。
これからてっとくんも多分水筒使うこと増えるんじゃない?
買って損はさせません!!(爆)
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-09 15:32
越後屋さん、さすがもうお試し済みでしたか~!
私は恐る恐る初めて試しましたが、なんだか拍子抜けするほど簡単に柔らかくなってて感動しました。
そうそう、コンロがふさがらないのもいいし、ふきこぼれないかな~とか水なくなってないかな~とか気にしなくていいのもいいし、何より何も気にしてなくても勝手に出来るのが良い!(笑)
1.5リットル容量の水筒だったらすごくいっぱい出来るね。
我が家ももう少し大きい水筒欲しくなりました。(^^ゞ
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-09 15:34
meloさん、ポリッジ作るときにも使えるのですね~。
ってことは、夜に蕎麦の実なんか入れちゃっておけば朝蕎麦粥なんて食べられたりしちゃうよねぇ~。
やってみよう♪
お豆、新豆じゃなくてももちろんいけると思うよ。
ただお豆さんの状態や種類によって適正時間などは変わってくると思うので、一応目安として「新豆」ってあえて書いてみました。
ヒヨコマメ、私もやりたいのよ~~~。
今在庫ないので買ってこなきゃ♪
Commented by tuguki3964 at 2012-02-09 15:35
お~~っ。
やたらと豆の在庫が多い我が家には...なんと嬉しい情報でしょう。
たしか...ステンレスボトルがどこかに眠ってるはずなんで...発掘しだい、眠りを覚ますキスをしてあげよう~~!
Commented by ninuckey2 at 2012-02-09 16:00
>多めに戻して煮て、すぐに使わない分は冷凍保存

そうそう、そうですよね!
それに比べると、思い立ったときに使いきりの分量だけ・・・てのは、たいそう魅力的です。

ステンレスの水筒、実家に2本もあるのに・・・取りに帰るには遠すぎるやん(/_;)
Commented by jun-go-chan at 2012-02-09 23:31
こんばんは。金時豆の煮豆が大好きなんです。
でも、下拵えというか、どれくらい水につけておくといいか、
考えると、手に取った豆をそっと置いて、去っていきます。
ステンレス水筒で水煮ができるって、便利ですね~。
手順通りすればいいだけじゃ~ん。……って、冬の時季、使っているし。
春になったら、やってみようっと。目から鱗でした。
Commented by etigoya13-2 at 2012-02-09 23:57
今夜の一品にヒヨコ豆でおひたし作りましたよ〜。
いやいや、日本に置いて来たお粥が炊ける保温ポットが村に欲しくなっちゃいました。あれだと今使ってみた水筒より口がずっと広いのに。
トラックバックさせて頂きました♪
Commented by 19675y at 2012-02-10 05:00
おおっ!楽しそう!!
今ね、金時豆を煮たいなぁ~~なんて思ってタたんだけど、
少し時間短めで仕上げればよさそうですね。
それにしても、なんか不思議!皆さんよくこういう方法を思いつくもんです。
素晴らしい!!
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-10 15:34
tuguさん、やっぱり豆の在庫たくさんありますか~。(予想通り!笑)
是非是非ステンレスボトル見つけて、目覚めのキスを!!
かえるにならない程度にね♪
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-10 15:37
ninuさん、やっぱり豆を煮るって、なんとな~く気合入れないと出来ない気がして、だったらまとめて…と思いますよね。(笑)
これだと使いたいだけ使いたいときに出来、特に私は水に浸して戻さなくてもいいって事が気に入りました♪
あ~奈良だったら私が取りに帰って(?)あげたのになぁ。(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-10 15:40
jun-go-chanさん、そうなんですよね~、やってしまえば大した手間でもないのかもしれませんが、何となく豆を戻して煮て…って敷居が高いというか面倒と言うか…。
是非春になったらこれ、やってみてください♪
冬の間は毎日使っているということは、お弁当持っていったりしているのかしらん。
早く春になりますよーに♪(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-10 15:42
越後屋さん、早~~~い!!(爆)
ひよこ豆でもできたのですね~。
で、ひよこ豆でお浸しって浸し豆ひよこちゃんバージョンみたいなものかな。
TBありがとうございます♪
早速ブログに伺わなくては♪♪
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-10 15:44
マリリンさん、金時豆、ぜひぜひ試してみてください♪
多分ホクホク系だから短め時間で出来ると思います。
ほーんと、こういう方法を最初に考えた方ってすごいですよね!!
なんか実験みたいで楽しいし、ハマリますよ~~~。(*^_^*)
Commented by duckbill at 2012-02-10 23:34 x
我が家も、私が独身時代(と言うより大学の頃)から使っているキッチン用具が結構あるのですよ~(笑)。
でも、さすがに名札は付いてないけど(爆)。
豆の保温調理、楽でいいですねぇ。
ひょっとしたらお節の黒豆も、水筒に入れて、沸騰水を入れて、蓋して24時間で、皺無しふっくらツヤツヤになったりして♪
Commented by sakako0121 at 2012-02-11 09:02
これ素敵!!目からうろこです。
今から、子供の古くなった水筒で仕込んでみます♪

もちろん、名札つきです(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-11 13:13
duckbillさん家のキッチン用具、それはそれは大切に使い込まれていることでしょうね~。
それにしても大学時代からと言うのはすごい!!
豆の保温調理、思いのほかいろんなお豆に使えて便利です。
あー黒豆、そうですよね~。
あれも最初に熱い予め調味料の入った汁をかけて煮たのだもの、もしかしてこの方法でふっくらいけるかもしれません!
今度黒豆でも是非試してみます♪
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-11 13:14
サカ子さん、これ、いいでしょ~♪
おっかなびっくり試してみたのですが、思いのほかどんな豆でもちゃーんと煮えるのにびっくりです。
是非名札つき(!)の水筒でお試しください~。
Commented by melocoton1 at 2012-02-11 19:59
ひよこはかなり固めの仕上がりでした。
お塩を入れずに重曹一つまみ入れて再挑戦の予定!!!
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-12 17:02
meloさん、やっぱりひよこは固いのね…。
結構大粒だし、中もいんげんみたいにホクホク系ではないものね。
重曹、それは良いアイディアかも♪♪
上手くいけてるといいなー。
Commented by きぬえ at 2012-02-16 09:34 x
をを~!、
わたしもこれ、よくやりまする~、(*^。^*)
こどもの幼稚園の時の水筒で、、、(^_-)-☆
Commented by rakurakurakuko at 2012-02-16 16:47
きぬえさんも、水筒で豆の水煮、やりますか~!!
これ、ホントに手軽に出来ていいですよね♪
息子さんの幼稚園の時の水筒とは、我が夫の独身時代からの水筒と良い勝負かもしれませんね。(笑)
by rakurakurakuko | 2012-02-08 16:03 | 海草・豆のお料理アイディア | Comments(26)