久しぶりにシードル作りました♪

とぉ~~~っても久しぶりに作ったもの。
それは自家製フルーツ酵母液で作るシードル。(ってタイトル見ればすぐ分かるけど…(^^ゞ)
シードル、サイダーなどなど呼び名はあるけれど、まぁりんごの発酵アルコール飲料です。
常に冷蔵庫に元気なコボちゃん(酵母液)を常駐させていた頃に、度々仕込んでは楽しんでいたシードル。
そんな頃の記事はこちら
あっでもね、日本では一応お酒を自分で作るのは禁止されているらしいから、あくまでもフィクションと言うことで。(笑)

f0043911_1817519.jpg
本格的なシードル作りとは多分違うと思うけど、おうちで作るシードルは材料もシンプルでとっても簡単♪
準備するものは、りんごジュースとフルーツなどの酵母液。
もちろん専用の市販の専用の酵母があればそれを使うにこしたことはないし、パンを焼くときのイーストを使用してもできるらしい。(ただしイースト使用だと少々イースト臭が鼻につく場合もあるらしい)
りんごジュースはホントは透明のヤツがそれっぽく仕上がっていいけれど、市販の国産りんご果汁100%のりんごジュースは大抵濁っているタイプなので、今回もそれを使用。

f0043911_18183346.jpg
さてこの二つが準備できましたら、りんごジュース1リットルの中に100ミリリットルのフルーツ酵母を注ぎます。
今回は金柑酵母。
これまた久々にフォカッチャとピザを作った(記事はこちら)あまりの酵母。
フォカッチャなどを焼いてからさらに冷蔵庫で10日ほど寝かせてしまったので、発酵のピークは越えていると思われる酵母液でした。
シードルを仕込む瓶には口のギリギリまで液体が来ないように、少し余裕を持って大きめの瓶を使うか、または2瓶に分けるなどして、発酵した時にこぼれないようにします。
瓶の蓋は軽く閉めるか、または口の部分をラップでくるんで輪ゴムで止めておきます。
口の部分から多少の空気が入るようにしておいて発酵しやすくするのです。
このまま常温保存。
時々思いついたときに瓶を振ってあげるなどすると尚よろし。
忘れちゃったらそれでもよろし。(笑)

f0043911_18202199.jpg
早いものだと翌日からぶくぶくと泡が立ち目で見て発酵してきているのがわかりますが、今回はやっぱり酵母が割りと落ち着いてるタイプの子だったので、少々ぶくぶくまで時間がかかりました。
こちらは3日目の状態。
随分泡だって来ているのが見えるかな。

f0043911_18203414.jpg
こちらはさらに2日後。
かなりの泡立ち加減で、瓶の口に近い方まで泡が進出!
発酵カスみたいなのもいっぱいついてます。

一般的にはりんごジュースがシードルになるまでの発酵には、10日から2週間ほどかかるようで、大体そのあたりでぶくぶく泡が出ているのが落ち着いてくる感じ。
今までも大体その間で第一次発酵を終了させていましたが、今回はちょうど仕事始めたのと同時期にシードル仕込んじゃったので、その生活に慣れるまでなんだかいろんなことやるのが面倒で、ほぼ見て見ぬ振りで瓶を振ることもあまりせずの放置プレイなのはもちろんのこと、第一次発酵を20日近くもしてました…。(汗)
このあと大したことをするわけでもないんだけれどね。
さすがに最後の方では「もしやシードル飛び越えてりんご酢になっちゃっていたらどうしよう…」と思いましたが、コボちゃん発酵モノは意外と懐深くて、20日経っても酸っぱくはならず、りんごジュースとはまた違う濃厚な香りのアルコールのままでいてくれました。(^^ゞ

f0043911_18214331.jpg
20日経った瓶の底には酵母がこんなにいっぱい溜まっています。

f0043911_18233495.jpg
で、この発酵が落ち着いてきた状態の泡泡ではないシードルを、瓶から、綺麗に洗ってさらにアルコール消毒した、炭酸飲料が入っていたペットボトルに移します。
このときにさらしやキッチンペーパーなどで酵母カスを漉しながら詰め替えるようにします。
なぜ炭酸飲料の入っていたペットボトルかと言うと、このあと二次発酵をさせるのですが、その時には蓋をキッチリと閉めるので、爆発しにくい形状の(もちろん今まで爆発したことはないけど)炭酸飲料のペットボトルと言うのが良いらしく、また、瓶よりぺこぺこのペットボトルの方がこのあとの発酵具合を蓋を開けずとも知ることが出来るので便利なんです。

ペットボトルに移したら、500ミリリットルのペットボトル1本分に対して(これも口ギリギリまでは入れずに少し余裕を持たせます)、小さじ1程度のグラニュー糖を加えて少々ボトルを振って混ぜ合わせ、そのままギュッと蓋をして常温で2日ほど。
密閉させた中で再び発酵を促し、発泡性にすると言うわけ。
不思議なことに、と言うか、当然のごとく、発酵が落ち着いていたところに発酵のえさとなる砂糖が加えられたので、密閉された中で盛んに発酵し、ぺこぺこだったペットボトルがカチカチな感じになります。
炭酸飲料のペットボトルって蓋開ける前はガスがパンパンで固いでしょ。
そんな感じ。

f0043911_18242839.jpg
しかし…。
今回のシードル、すごかった…。
一時発酵で発酵落ち着きまくりだったので、翌日ペットボトルの固さ加減を触ってみたときに、ぺこぺこではないけれどカチカチ一歩手前って感じだったので、もう一度グラニュー糖追加してみたんですよ~。
この二つのペットボトルを見てもらいたいんですが、左側の泡が立っていないのは前の日にグラニュー糖小さじ1を入れたままの状態のもので、右側のは再度グラニュー糖小さじ1を追加した直後のもの。
グラニュー糖入れた瞬間に速攻でシュワッと泡が立ち、その勢いとスピードと言ったら、まるで餌をばら撒いたときに口をパクパクさせて集まる貪欲な池の鯉状態!!(笑)
これ、慌てて蓋を閉めましたが、このままにしておいたらあっと言う間に口から泡が溢れ出る勢いでした。
ほーんと、酵母って糖分を餌に生きてるのね~って実感した瞬間。
まぁね、よく考えればあれほど重たげな捏ねた状態のパン生地さえも膨らませるのだから、それに比べると粉がない分軽そうな液体をブクブクさせることなんて簡単なことなのかもしれません。
この餌に食らいつく加減からして、今回はかなりの辛口シードルが出来上がることが予想されます。

で、翌日、かなりのカチカチ加減になっていたので、ペットボトルを冷蔵庫に移し、さらに翌日、久々の自家製シードル飲んじゃいました♪

f0043911_18253383.jpg
ちょっとこの写真だとわかりにくいですが、泡がシュワシュワたっているのがわかりますか~。
ペットボトルの蓋を開封したときにもプシュッといい泡立ちますが、グラスに注いでからも空気に触れることでどんどん発酵するみたいで、どんどん泡が下から立ち上ってくるのが面白い♪

f0043911_18255084.jpg
こーんな感じ。
色が不透明なのが何となく惜しい感じですが、でもしっかりとしたシードルの味。
そして予想通り、やっぱりキリリ、キリリの辛口です。

すごいよね~、コボちゃん。
久々に仕込むとやっぱり楽しい♪♪
そしてやっぱりおいしい♪♪♪

実は金柑酵母、またまた発酵のピークは越えていると思われますが、もう一瓶冷蔵庫に眠っているんですよ~。
ちょうど気候的にも良いし、パンを焼こうと思っていたんですけど、未だ気力がわかず、というか只今超面倒くさがりモードなので使えず…。(^^ゞ
でもまぁ冷蔵庫保存なので駄目になってはいないはずなので、連休もありますし、またちょっくら酵母で遊んでみたいと思います。
今日くらい暑くなってくるとシードルもさらにおいしく感じるしねー。
またまたりんごジュース買ってこよう♪♪

ってか、実はこのほかにももう一つ、作業途中のお酒があったのだわ…。(汗)
そっちもいい加減何とかしないと。(爆)
そちらの方も出来上がりましたらまた記事にしたいと思います♪



こちらのブログ村に参加しています。
シードル作りっておもしろそう!!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by senbeis at 2012-04-27 21:02
こんばんわ~☆
なんでもつくれちゃうんですね^^
暑い季節これ!すっきり美味しそうですね。
見てて作りたいレシピどんどん増えていきます。
まず、どぶちゃんからと思ってますが・・(*^^*)v
Commented by ninuckey2 at 2012-04-27 22:30
牛津に来てからすっかりシードルファンになってしまったワタクシですがが、自家製で作れちゃうとは知らなんだ!素晴らしいわー♪
シュワシュワ立っている美しい泡、見えますとも!
しかもキリリ、キリリの辛口だなんてー❤
Commented by tigerbutter at 2012-04-27 23:43
いつかはやってみたいと思ってたシードル作り。
コチラで発見!!!
わ〜めっちゃステキ〜!

しかもほんと
しゅわしゅわしたものが美味しい季節ですよね〜。
今風呂上がりで、ちょうどこれ飲みたいな〜〜〜

Commented by etigoya13-2 at 2012-04-27 23:59
シードルも良さげ〜。
私は干しぶどうワインに砂糖添加中です♪
毎晩晩酌してるし最近。笑
Commented by salahi at 2012-04-28 02:48 x
楽子さんのシードル、やっぱり美味しそう♪
確か私が前にやってみた時は失敗だった気がするんですが(すごく不味かったような…)また挑戦してみたくなりました^^
Commented by サスピ at 2012-04-28 16:36 x
シードルはシドレリーア(サイダーハウス)に飲みに行くものだと思ってました^^
自分で作ってしまうなんて凄い!
ミントの生葉で初挑戦した酵母作りが見事撃沈したばかりで現在へこみ中なのでシードル作りなど夢のまた夢…
でもいつか試してみたいです。
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:08
senbeisさん、意外とお酒系って手間なく作れるモノなんですよね~。(と言っても家庭で作るレベルと量のもので、酒蔵で仕込むみたいなのとはまた別モノですが)
こういうシュワシュワ泡もの系は暑くなればなるほど美味しく感じますよね。
それでも発酵モノはあんまり暑くなりすぎるとこれまた神経使うので、今の時期辺りは一番作りやすいと思います。
どぶちゃん(どぶろくですよね~)、上手く出来ることを祈ってまーす!
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:09
にぬさん、そちらはシードルの本場ですものね~。
多分日本とは比べ物にならないほど種類も多く、おいしいものも多く、また価格も安いのでしょうから、あまり手作りする意味はないのかもしれませんが、実験みたいで結構楽しいんですよ、これ♪
甘かったジュースがキリリ、キリリの辛口になるのがまた面白い!
あーでもいつかそちらで美味しいシードルをがぶがぶ飲んでみたい~。(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:11
とらばたーさん、シードル、酵母さえキッチリ起せていれば、ほぼ失敗なしでいけると思います。
時間もそんなにかからないし、結構お手軽♪
ほーんと、これからの季節、シュワシュワものは美味しいですものね。
是非是非お試しくださーい!
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:13
越後屋さん、毎日晩酌と言うことは体調復活して来たのですね~。
よかった、よかった♪
実は、冷蔵庫の片隅に賞味期限が切れてる有機栽培のレーズンがあるので(笑)、この金柑酵母使い終えたらそれで酵母起すかアルコールにしてみようかな~なんて思っているところ。
最後にシュワシュワにしたら、スパークリングワインみたいになるかなぁ。
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:16
salahiさん、以前作った時に不味かったと言うことは、酵母の匂いがきつかったのかなぁ。
パンの時もそうだけれど、酵母の材料にもよりますが、たまに寝かせすぎのヤツ使うと野趣強すぎ~みたいな酵母臭プンプンになるときがあるから、そんな感じだったのかしらん。
比較的りんごとか柑橘系は私の経験上ですがあまりそうならないような気がします。
salahiさんだったら美味しいパンにも使えるしまた酵母起こしにチャレンジしてみてくださーい!
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-28 17:20
サスピさん、シードルを飲む専用の、シドレリーアなんてものがそちらにはあるんですね~。
それだけ愛されている飲み物なのね、シードル♪
酵母は、一回成功するとそのあとはその成功した酵母液を少々加えて次を仕込めるので、すごーく簡単でハードル低くなるんですけど、最初の一瓶がね。
確かに失敗すると凹むかも…。
どちらかと言えば野菜やハーブは最初の一瓶目には難しいので、りんごとか柑橘で試すと成功率が上がって良いかもしれません♪
それと、瓶に仕込んで3日くらい冷蔵庫に入れてから(その間蓋も開けない)常温に出してやると、冷温状態で雑菌が死んで、乳酸菌だけが生きてる状態から仕込むことが出来るので、成功率もアップするし元気な酵母が出来ますよ~。
Commented by 19675y at 2012-04-29 06:20
凄いねェ~~でも炭酸の爆発加減はとってもわかる。
楽子さんのあわてた顔が想像できます(^^♪
これって、マジお酒なんですか?炭酸のジュースじゃなくてアルコールなの?
あまりにも手間がかかりそうなので、チャレンジはできないけど
ね。
Commented by ヴィオレ at 2012-04-29 12:30 x
いや~ん美味しそう☆
シードルはマッコリ、シャンパンと並び、私の3大好きなお酒なのです^^
伊藤武さんの「身体にやさしいインド」を読んでから家で作りたいな~って思っていたんです♪
けっこう簡単にできるらしいですよね。
お店でシードルを頼むと一杯700円くらいしちゃう><
Commented by tuguki3964 at 2012-04-29 15:43
酵母が、酵母が、酵母が~~~!
アテクシには難関なの~~!
わたし、本当に...この手の育て物がだめなのよ~~~!

でっ、でも...。
すっきり辛口シードルのためには、また、ちょっとだけがんばってみようかなって気にもなってます。
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-29 19:27
マリリンさん、これね、マジでお酒なのよ~。
りんごジュースに酵母入れて、シュワシュワしてきてすぐに飲めば、それはもちろんスパークリングりんごジュースなのだけど、その後も発酵されるとお酒になっちゃう!
そしてそのまま放っておくと酢になっちゃうの。(笑)
手間は大してかからないのだけれど、酵母起こしと言うのが久々だったりはじめてだったりするとやっぱりちょっと面倒に思うかも~。
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-29 19:33
ヴィオレさん、なんとシードルは三大好きなお酒でしたか~。(*^_^*)
自分で作ると、お店で一杯分のお値段出せば、好きなだけ飲めます。(笑)
酵母さえ起せてしまえばあとは意外と簡単、手間なしです。
伊藤武さんと言う方も、「体に優しいインド」と言う本も知りませんでした。
読んでみたいわ~。
Commented by rakurakurakuko at 2012-04-29 19:36
tuguさん、そうなのよね~、このシードル作りの中では酵母仕込が一番の難所かも!
一度出来てしまえばなんてことないのだけれど、私も今年はお味噌作りに使用するために久々に酵母を起し、一度目は常温に出してから数日間蓋を開けるのを忘れてしまい、駄目にしました…。
面倒くさがりの私にできるので多分誰にでも出来るとは思うのだけれど、なんとなくね、はじめるまでがハードル高いのよね…。
でも粉も一杯あることだし、シードルも飲めるし、今が起こし時?(笑)
Commented by kitahara at 2012-11-23 22:31 x
はじめまして、楽子さま
シードルづくり参考させていただきました。

わたしのは、ちょっと手を抜いてワイン用のドライイーストこぼちゃん
でしたが、こちらのブログがなかったらこんな楽しい経験はできなっかったでしょう。感謝です!!

こんどは天然酵母にチャレンジです!

Commented by rakurakurakuko at 2012-11-26 00:09
kataharaさま、はじめまして♪
ワイン用のドライイースト使用だなんて、本格的ですね!!
楽しい経験と言うことは、美味しいシードルが出来たということですよね。
素人実験のようなものですが、少しでも役に立てたのならば私としてもとっても嬉しいです。
自家製酵母も起し始めると楽しいですよ~。
Commented by 8 at 2016-06-11 09:27 x
捕まりませんか?
Commented by rakurakurakuko at 2016-06-13 14:57
8さま、大丈夫です!
by rakurakurakuko | 2012-04-27 18:29 | 酵母生活 | Comments(22)