ダメダメだった、今年の冬の編み物

唐突に季節外れの冬糸での編み物記事…。(^^ゞ

編み物の楽しさにハマり、去年の冬はあんなにいろいろ編んだのに、今年の冬はもうさっぱり。
まぁここのところ怠け者モード全開バリバリなので、編み物に限らず、気持ちばっかり先行していて全く手付かずのものばかりなんですけどね。(汗)

f0043911_024080.jpg
数少ない完成品。
アームウォーマー。

パターン:Ravelryよりtoast

使用糸:リッチモア ハーコセットM COL.NO.31
使用針:輪針4号(US)

しかし、数少ない完成品がこんなに単純、簡単なものとは…。(^^ゞ
でもね、こういうアームウォーマーが欲しかったのよ~。
と言うのも、私、半端丈と言うものが好きで、パンツでもそうだけど、セーターでも七分袖のものが好きなんです。
だけど、若い頃はそんなに感じなかったけど、やっぱり年とともに手首なんか出してると結構寒いわけですよ。
で、そういうのを着るときに重宝しそうなのでロング丈のアームウォーマーで、しかもシンプルなのが欲しかったんです。

f0043911_053475.jpg
昨シーズンに編んだロング丈の指なし手袋が、同じような理由で結構今年も重宝したんですが、あれは親指部分があるのでやっぱり手袋は手袋。
今度は指を作らないタダの筒状のものにしてみました。
こういうのだったら室内で付けててもそんなに浮かないし!

ravelryの無料パターンtoastのサイズと、毛糸のラベルの標準ゲージを参考に、周囲7インチ、長さ11インチになるように作るだけ。
40目を輪にしてぐるぐると、ただただメリヤス編みを編んで11インチになったらお終い。
編み始めも編み終わりもそのまま止めているだけなので、くるっと丸く丸まってそれが唯一のアクセント。
猿でも編める簡単具合♪♪(爆)

f0043911_055295.jpg
色もかなり地味~~~ですが、グレーのオーバーコートに合わせるとちょうど袖口に濃淡ができ、これはこれで渋くていいんです。
それにこの手首部分がこうしてキッチリと覆われているというのは何より暖かい♪
最近は、とっても軽くて暖かいダウンコートが全盛で、こうしたウールのオーバーコートってあまり着なくなっちゃったけど、こうしてちょっと袖口覆うだけで随分暖かいし、何よりやっぱりウールの質感っていいですね~。
これのお陰で今年はこの昔のオーバーコートも活躍させることが出来ました。

f0043911_061841.jpg
でも、ホントにあわせたかったのはこちら。
七分袖の短めダウン。
秋口に買ったこれに合わせて身につけたかったので編み始めたんですが、なぜか編み始めてからしばらく放りっぱなしとなり、冬真っ盛りになってから仕上がったの。
冬真っ盛りにはこのダウンでは寒くて、少々暖かくなり始めてからやっとこの組み合わせを身につけることが出来ました。(笑)
ユニクロのダウンもこうして着ればちょっとはオリジナリティ出るでしょ。

このユニクロダウンとの組み合わせだけじゃなく、実はこのアームウォーマーが一番重宝したのがこの春先。
急に夏日になってあっという間に桜が花開いたかと思うと、翌日は一気に真冬の気温になったりしたこの春。
春物コートで出勤しちゃったけど帰りが寒い…なんて時、バッグの中に忍ばせておいたこのアームウォーマーが随分役に立ちました。
綿のコートから覗かせても薄手なのでそんなにヘンじゃないし、何よりホントに暖かい♪
来年はもう少し可愛い色や模様を入れて編みたいな。

f0043911_025970.jpg
これを編んだリッチモアの毛糸は、実家になぜか山ほどあった毛糸だま満載のダンボールを引き取ってきたもの。
この糸は、若かりし頃プレゼント用セーターを編んだ残り糸だと思う。
4,5玉余っていたのだけれど、そんなに多めに買ったのか、はたまたゲージが随分違ってしまったか何かで予想以上に余ってしまったのか。
リッチモアの糸って結構高いので、編み物復活してからは買ったことなかったけれど、編んでみるとやっぱり艶もあるし編みやすいし、良い糸なのね~。
これからはちょっと気にして見てみよう♪と思っていたら、先日廃盤色がセールになっていたリッチモアの夏糸を見つけ、思わず買ってしまいました。
ニットの季節である冬だってほとんど編み物できなかったのに、これから夏にかけてホントに編むのか~、私。(^^ゞ

f0043911_018228.jpg
こちらは昨年アホほど編んだニットのサボ。
通算№6。
今年も飽きずに編みました。

パターン:おうちばき(きゆなはれる著)より おうちばき基本形
使用糸:スキーへアリィツイード 2本取り
純毛並太 オフホワイト
使用針:かぎ針10号(7mm)

f0043911_019268.jpg
編地はこんな感じ。
モヘアが入っている糸なので、ちょっと固いけどサボの形はしっかりと出ます。
靴下をちゃんと履いてから履かないと、ちょっとチクチクするかなぁ。

f0043911_026650.jpg
縁は白にして、ピコットつけてみました。
本体の色がブルーで渋めなので、縁だけ少しラブリーに。

f0043911_021533.jpg
本体を編んだスキー毛糸も、この縁を編んだ並太の糸も、実家の毛糸箱から救済してきた毛糸なんだけど、これは両方とも私は全く覚えがないので、多分母が何か編んだものの残りかと思われます。
ラベルからも年期が入っているのが伺えます。
でね、昔の毛糸って何グラムって言う重量の表示しかなかったのね~。
今の毛糸には重量のほか何メートルって長さが入っているでしょ。
同じ並太でもそれぞれ少しずつ太さも違ったりするからね。
今は何メートルって言うのを参考にその違いを知ることが出来るけど、昔はせいぜい標準ゲージくらいからしか読み取ることが出来なかったんだなぁ。
時代を感じる~~~!

こちらのサボは、沖縄のお友達のところにお嫁に行きました♪
沖縄にこんな毛糸のもの?って思わないでもないですが、暖房消した頃の沖縄って結構寒いと聞いたので、暖房つけるほどではないけど肌寒いときなどに履いてもらえたらいいかな~と。

この冬の編み物成果はたったこれだけ!
今年の冬はとっても寒くて、手編みのニットを身につけるにはとっても向いていたのにねぇ。
残念!!
いろいろ編もうと毛糸も買っちゃったんだけどね~。
買って眺めて満足しただけでした。(笑)
来年の冬こそは、買い置いてある毛糸だま、いっぱい消費できるといいなぁ。

f0043911_034598.jpg
こちらは今の編みかけ。
極細メリヤス修行、しかも増減もなく、ただただ表編みと裏編みを繰り返していくだけ。
意外とこういう単純な修行が好きだったりするのです。(^^ゞ
暑くて編み物なんてしたくなーい!とならないうちに、形になればいいな~と思っています。
細く長く、楽しみつつがんばるぅ~~~!!


こちらのブログ村に参加しています。
アームウォーマーが重宝してよかったね!って思って下さった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by etigoya13-2 at 2013-04-16 01:04
アームウォーマーや首に巻くものが鞄に忍ばせてあると、急な気温変化に対応出来ますよね。
こちらは足、首、手、頭って出すと「風邪をひく!」って怒られるんですよ。

おお,サボ。
ただいま大活躍中ですよこちらで。
村もはまだ暖房付いているけれど、切れる春先(日本の初夏?)まで大活躍です。本当に有り難う御座いました。

私も実は忙しくて連れ合いように編んだセーターの直しが未だです。汗
Commented by senbeis at 2013-04-30 22:03
こんばんわ~☆
私は一度草木染めしたいなと、、買いこんだ生なり糸が眠っています(^_^;)(^_^;)
蕨の灰汁出しした時のあの緑色が染めれたら、、と夢持っています。でも未だ草木染めの仕方もまだ知らなくて、、これから調べて、、何時出来上がるのかは未定です^^
毛糸だけ準備してます(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2013-05-07 00:49
越後屋さん、そうそう「首」は大事!!
何でも三首(首、手首、足首)を保温すると寒さ対策はバッチリと、節電大好きおじさんが以前テレビで言ってました。
サボ、履いていてくれるなんて嬉しい~♪
来年、もう少し編み物がんばれたら、また第二弾作るね~!
Commented by rakurakurakuko at 2013-05-07 00:52
senbeisさん、草木染、いいですね~。
私も一度やってみたいと思いつつ、なかなか…な一人です。(^^ゞ
蕨の灰汁出しの緑色、私も何かに使えたらいいのに~って思ってました。
ほんとにきれいな色ですよね。
染めるのはそのものの色ももちろん、触媒(って言うんでしたっけ?)に何を使うかでも随分変わってくるそうなので、それもまた面白そうですよね。
うふふ、準備は大切!!
いつかきれいな翡翠色の毛糸が出来上がりますように♪
by rakurakurakuko | 2013-04-16 00:33 | 編み物 | Comments(4)