2013年7月のタイ料理教室

6月のタイ料理教室は体調不良により欠席してしまったので、2ヵ月ぶりのお教室。
と言っても、これを書いてる現在は既に10月の半ばも越えているんですけれど。(汗)
ホントに追いつくのか~~~。(^^ゞ

f0043911_15263423.jpg
スップ グラチアップ クン(タイ風オクラと海老のスープ)。

スップはスープ、グラチアップはオクラ、クンは海老。
オクラってすごくいろんな国で食べられていますよね~。
日本でだって元々は沖縄とか九州とか南の方の地域で作られていたものだから、タイでも良く育つのかもしれませんよね。
まるで日本語のように定着している「オクラ」は実は英語で、いろんな国で「オクラ」と呼ばれているこの野菜だけれど、タイではちゃんとタイ語で「グラチアップ」と言う名前があると言う事に驚き!!

作り方は、鍋に粗く刻んだトマトとルートパクチー(パクチーの根っこ)、軽く叩いたプリッキーヌ(タイの辛くて小さな唐辛子)、葉脈を取ったパイマックルー(こぶみかんの葉)、水を入れ、トマトを潰しながら弱火にかけて一煮立ち。
そこに鶏がらスープの素、切ったオクラ、しめじを入れ、更に海老を加えてタマリンドペーストと砂糖、ナムプラーで味を整えて出来上がり。

トマトとタマリンドの酸味が夏らしいさっぱりとしたお味。
オクラで程好くとろみが付いて、それがまた良い感じです。
ちょうど熱い頃だったので、私自身も料理をするのも億劫だったこの頃。
一緒に習った生徒さんの中には「最近暑くて冷たいものばかり食べていたので、こういう熱いスープが体に沁みる~!」とおっしゃっていました。
夏こそ熱いものを…とは良く言いますが、実際には調理するのも食べるのもちょっと辛かったりする最近の日本の夏。
こうしたすぐに煮える材料ばかりで酸味のあるスープだったら(4人分でプリッキーヌ5本入っているので辛味もあります!)、熱いもので元気を出そう♪って思えますよね。

f0043911_15273190.jpg
ムー ヤーン カティアム。

ムーは豚肉、ヤーンは焼く、カティアムはニンニクの意味。

豚肉は筋切りをしてから軽く叩いて、両面に軽く塩胡椒。
小鍋にニンニクとタマネギの粗微塵切り、バイマックルーの糸切り、ブリッキーヌポン(粉唐辛子)、シーズニングソース、砂糖、胡椒を入れて人に立ちさせておき、塩胡椒をしておいた豚肉に軽く小麦粉を塗し、サラダ油を熱したフライパンでじっくり焼いて器に盛り付け、ソースをかけて出来上がり。トッピングにはパクチー。

ソースがね、かなり好みです。
なんと言っても私の好きなシーズニングソースがベースだから。
プリッキーヌポンは4人分で大さじ1/2なのでそんなに量は入っていないけど、粉状なので結構効くよ~。
唐辛子って大きいままよりどんどん小さくしたほうが、どんどん辛さが増しますよね。
豚のソテーと言うと塩胡椒で焼いて、最後にバルサミコビネガーを少々加えて焼き汁と一緒に肉に絡ませるのが我が家の定番ですが、このタイ風もレパートリーに加えよう♪
豚肉を面倒くさがらずにちゃんと筋きりすることが縮まずに美味しく焼ける秘訣だそうです。

f0043911_15282544.jpg
ヤム ママー トムヤム(トムヤム味のラーメンサラダ)。

ヤムは和える、ママートムヤムはママーと言うブランドのインスタントラーメンのシリーズがあるのです。
f0043911_15285027.jpg

日本でママーと言えばスパゲッティだけど、タイでママーと言えばインスタントラーメン。(笑)

ラーメンは茹でてからざるにあげて水気を切り、少しの油で和えてくっ付かないようにしておきます。
刺身用のイカは一口大に切り、ざるに載せてさっと熱湯をかけておき、セロリは筋を取ってから斜め切り、赤タマネギは繊維に沿って薄切り、万能ねぎを3センチの長さに切っておきます。
全ての材料をボールに入れて、ラーメンの調味料(袋に入っているもの)、レモンの絞り汁、ナムプラー、砂糖、プリッキーヌポンを混ぜ合わせたタレで和えて出来上がり。

あ~このなんともチープな感じのお味がいいんですよね~。
タイの屋台で良くあるメニューで、ラーメンは必ずママーらしい!!
これね、5月の頃だったかな~、美味しいと評判の浅草のタイ料理屋さん「MONTEE」に行ったときに食べてすごく美味しくて、橋本先生曰くタイの屋台料理の定番とのことで、作り方知りたい~~~とリクエストしていたもの。
このトムヤム味だけでもそこそこ辛いんだけど、プリッキーヌポンも入っているから更に辛くて、食べると汗がいっぱい出てきます。
ラーメンだからすぐ食べないといけないのかしらんと思うけど、意外とこれが時間が経っても麺がそんなに伸びることもなく美味しいんだよね。
私はお持ち帰りまでさせていただきました♪


f0043911_15293482.jpg
カオポット ピアック(とうもろこしのココナッツ汁粉)。

カオポットはとうもろこし、ピアックはお汁粉みたいな液体のこと。

とうもろこしは茹でて芯から身を落としておきます。
小鍋にココナッツパウダー、水を入れて火にかけてパウダーを溶かし、砂糖を入れてとけたら火からおろして塩を入れ、ボウルに移して粗熱が取れたらとうもろこしと共に冷蔵庫で冷やして出来上がり。
あればタピオカを加えても♪

簡単にできてさっぱりとしたデザート。
とうもろこし入りと言うのがこれまた夏らしく、何だかヘルシーでいいですよね。
とうもろこしは缶詰などでも一年中食べられるけど、やっぱり夏のプリプリのとうもろこしを自分で茹でたり蒸したりしたものはおいしいもの♪
そう言えばそうして蒸して冷凍しておいたとうもろこしがまだ一本あるのだわ。
今晩はグリーンカレーの予定なので、デザートに作ろうかしらん。

そしてそして、この日はデザートが更に2品!

f0043911_15295329.jpg
こちらはAさんが持ってきてくださったセ・ジュールのロールケーキ。
桃入り!!!
セジュールのロールケーキはどれもホントにおいしくて、季節のものを巻き込んであるものがその時期限定で出るのですって。

f0043911_15305139.jpg
そしてこちら橋本先生のタイ土産のルークチュップ。

これね~、原材料は緑豆なんですよ~。
緑豆の餡で出来ている野菜や果物のミニチュア。
なんと言うか味は、ひよこのお菓子の中の餡をもう少し柔らかく水分多めにした甘さ控えめな感じで、その表面を寒天みたいなものでコーティングしてプリッと艶やかにしてあるの。
どうやらこのいろんな色も天然の着色料を使用しているらしいよ。

このお菓子のファンは多く、タイで買って帰ることを試みるも、生菓子でしかも原料は豆で、表面には寒天コーティングと言うのがネックになっていて、すぐに悪くなってしまい持ち込み困難…。
そもそもこのお菓子自体を売っているところが昨今は少なくなっているそうで、市場などに行かないと買えなかったりするそうです。
昔はもう少しポピュラーなお菓子だったようですが、やっぱり手間がかかるからかな。
先生は空港で(一箇所だけ売っている店があるらしい)飛行機に乗るギリギリの時間に買って、家に帰ってから即冷凍しているのだとか。
いつもこれを頂くと「ホントに可愛いよね~」とガン見しちゃう私。
だってよく見てよ、マンゴーだとかマンゴスチンだとかトマトとかナスなんて紫色のと黄緑色のと2色あったりするんだよ。
とうもろこしなんかはちゃんと粒々まで筋で描かれていて、そのリアルさと可愛さと言ったらため息モノ♪
みんなで分けてと言っていただき、いろんな野菜や果物ミニチュアを頂いて帰りました。

実はね~、これ、こうして苦労して持ち帰るしかないお菓子だったのですけれど、なんと池袋のタイ菓子屋さん「バーン・カノム・タイ」では手作りのものが売られているんですって。
日本にいながらにして食べられるんですね。
いつもあるのかどうかは分からないけど、同じ経営者がやっているらしいこのお菓子屋さんの近くのタイ料理屋さんと共に行ってみたいお店の一つです。

こんな具合に美味しく楽しんだ7月のタイ料理教室。
と言いたいところなんですが、前月の体調不良に加えて、この日もなぜかとうもろこしの粒々を外していた頃から気分が悪くなってしまった私。(-_-;)
料理が出来上がる頃まで少し休ませていただき、料理が出来上がったら少し元気になってきたのでテーブルについたものの、またまた駄目で…。
先生のお昼寝クッションまで借りて横にならせていただいた不届きものです…。(>_<)
なのでお料理を全部は食べられず、ママーラーメンのヤムやムーヤーン、デザートなどをお持ち帰りさせていただいたお陰で、うちの夫はこの日随分とタイ料理を楽しめました♪
ママーラーメンは美味しい♪と言っていたので、大久保のアジアンスーパーで買ってきたんだけどね。
こちらもそろそろ作ってみたいものだと思います。

タイ料理教室の橋本先生のHPはこちらブログはこちらです。



こちらのブログ村に参加しています。
インスタントラーメンのサラダっておもしい~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by salahi at 2013-10-21 16:04 x
タイ料理教室レポート、いつも楽しみにしています♪

ヤム・ママー、夏によく作ってました!
タイのインスタントラーメンって量が少なくて「おやつ」って感じですが、ヤムにすると野菜も摂れるしボリュームも出ていいですよね。

オクラって他のアジアの国ではどんな料理にするんだろう?って思ってましたが、このスープ美味しそうですね。
ちなみにギリシャ語でオクラはバミエスです^^
Commented by rakurakurakuko at 2013-10-27 23:08
salahiさん、ありがとうございます♪
ヤム・ママー、salahiさんも作られていたのですね~。(*^_^*)
ギリシャでもタイのインスタントラーメン買えるのね♪
そうそう、タイの人って小食なのかしらといつも思いますが、タイのインスタントラーメンは決まってサイズが小さいですよね。
で、麺がなんとなくつるんとしてる!
そうそう、ヤムにすると野菜もいっぱい食べられて良い感じです。
オクラはギリシャでもたくさん食べられていそうですよね。
アジアだとやっぱりスープにすることが多いのかな~。
モルディブやスリランカ辺りでも良く出てくるけれど、オイル煮やトマト煮、スパイス煮、後はカレーなどなど、煮てあることが多かったです。
by rakurakurakuko | 2013-10-20 15:36 | タイ料理教室 | Comments(2)