2014年仕込み味噌できました♪

f0043911_23423073.jpg
今年、味噌を仕込んだのは3月15、16日
早いもので今年は味噌を仕込んで9年目。
年々特別感はなくなり、年とともに段々腰が重くなり、寒仕込みがよいとされている味噌の仕込み時期が遅くなる、遅くなる…。
いよいよ昨年は桜の花も散ってしまってからの仕込みとなったのですが、今年は何とか桜が咲く前に仕込む!とそれだけは死守したのだったなぁ。

そんなもうすぐ春が来ちゃうよ~と言う頃に仕込んだ今年の味噌を、先日12月8日、解禁しました♪

f0043911_2343072.jpg
玄関近くに置いてあった味噌樽をよっこいしょとリビングに持ってきて、蓋を開けると飛び出しましたる本の重し。
あはは~、今年は漢和辞典なんぞを重石にしていたのだわ。
果たして頭の良い味噌が出来上がったか!

f0043911_2343202.jpg
重石を除けてみると、カピカピと内蓋周りに塩の結晶がついている。
今年の夏は意外と短く、振り返ると馬鹿みたいな暑さの日もそんなになかったものの、日中閉めきりの暑いマンションでプクプクと発酵し、勢い余ってしっかりと口を縛っておいたビニールから飛び出してきたヤツがいたのね~。
なぜだかわからないけど、じりじりと飛び出してきたというより、飛んできたとしか思えない位置にいるヤツもいるし。

ビニール袋の口を開け、いよいよお味噌の様子を見てみました。

f0043911_2344667.jpg
わーん、エライ!!
今年もまったくカビなし。
昨年もそうでしたが、カビが現れやすいヘリの部分にもまったくカビが見当たらない。
えらいぞー、我が家の味噌♪
多分ね、手をかけないのがいいのです。
途中で天地返しなんかをしちゃうと、やっぱり空気に触れる機会が増えてしまうし、天地返しの後にはまた表面に塩蓋をしなくてはならないでしょうから塩分も多くなるしね。
このくらいの量の仕込みでしたら天地返しなし、重しは解禁まで一切避けず、出来るだけ不要な空気と遮断するのがよいのではないかと。

f0043911_23443568.jpg
ここまでくれば、もうほぼカビもでないので、天地返しと言うかお味噌をよーく樽の中で混ぜ合わせ、使う分だけ、いつも使っている野田琺瑯の味噌入れにお味噌を入れました。
お味噌が二色なのは、袋一つ分だけ残っていた昨年の味噌と一緒に入れたから。
境界線に昆布を入れて保存します。
斜めになっているのは特に意味はなく、昆布の長さがちょうどこうするとぴったりだったから。

f0043911_23445690.jpg
こちらができたてピカピカの今年の味噌。
色白で粒の具合もみずみずしい!!

f0043911_23451237.jpg
こちらは昨年の、熟成味噌。
あんたは豆味噌?って思うほどのこげ茶色で、粒の具合もねっとりとまったりとしています。
お味もね、甘さだけではなく、コクのある酸味と旨味が加わり、これぞ熟年の強みって感じなのです。

f0043911_23453993.jpg
それぞれに良さがありますからね~、こうして一つの容器に二種類入れておくと、お味噌汁の具によりブレンドを変えたり出来て、便利で楽しいです。

f0043911_2346939.jpg
出来立てほやほやの新味噌で作った初お味噌汁。
あ~、昨日までのこげ茶色から一気に若々しい薄茶色のお味噌汁に。
この若々しいお味、やっぱりおいしい♪
通常、出来立ての味噌はツンツンしていてとんがったお味なんですが、出来立てからとっても甘くてまったくツンツン感なし。
初期の頃は、「やっぱりこのツンツンが取れるまでは前の年の味噌のほうがおいしいよね~」と思っていましたが、ここにきて、このやさしい甘み、いいんじゃない♪と思うようになってきました。
仕込み時に昨年の味噌とりんご酵母を混ぜたものを仕込む味噌に練りこみ、上手く発酵するスターターのようにしていることとか、昨年より麹の塩きりをするときに、じっくりと時間をかけてしっとりしてくるまでよーく混ぜ合わせるようにしているのが功を奏しているのかもしれません。
ほんとにやさしい甘みがおいしいの♪(手前味噌にて失礼!)
あー幸せ。

f0043911_23463530.jpg
少しずつ容器に小分けし、ちょうど会う予定のしていた友人におすそ分け。
友人宅でもおいしいお味噌汁になってくれ~♪と母は願う!!

また一年、じっくりと成長を楽しみながら味わっていくわー。
こういう変化を味わえるのも自家製の強み。

年が明けたらまた、2015年味噌仕込みの計画でも立てよう♪
さて、今度こそ寒仕込できるかな。
とりあえず、お正月に実家に帰ったら、近所の大型ホームセンターで漬物袋やら足りないものを調達してこようと思います。

*********************

ちなみに、お味噌作り初年度から今までの味噌仕込みと出来上がり記録記事は下記です。
2006年仕込み出来上がり
2007年仕込み出来上がり
2008年仕込み出来上がり
2009年仕込み出来上がり
2010年仕込み出来上がり
2011年仕込み出来上がり
2012年仕込み出来上がり
2013年仕込み出来上がり
2014年仕込み

こちらのブログ村に参加しています。
今年もおいしそうな味噌が出来てよかったね~って思って下さった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by タヌ子 at 2014-12-24 16:27 x
艶々、ピカピカの新味噌、美味しそう。
昨年の味噌との色の違いにびっくり。
昆布の旨味も染みだして、それぞれ更に美味しくなりそうですね。
私も味噌を作ってみたいけど、どこから来ているのかよく分からないような変な大豆で作っても美味しくならない気がする。
来年の秋に日本から大豆を持ち帰って作ってみようかな。
Commented by melocoton1 at 2014-12-25 18:18
あ、お味噌忘れ去ってたw。
うちは消費が追いつかなくて来年は一年お休みする予定。

↓有川浩さんじゃなくて坂木司さんでしたね(^^;)。

他にもワーキングホリデーとウィンターホリデーがすごくお勧めです。
Commented by rakurakurakuko at 2014-12-28 23:17
タヌ子さん、我が家は味噌容器に入れてすぐに使う分以外は常温保存しているからと言うこともあり、一年でかなり色が黒くなります~。
このまったりしたのがいいわ~と思っていましたが、なんだか最近出来たてのもいいな~と。
味噌はどちらかと言えば大豆より麹によって味が左右されるように思うけど、でもどこから来ているのかよくわからないような大豆で作るのは嫌ですよね…。
Commented by rakurakurakuko at 2014-12-28 23:19
meloさん、海外だとそんなに味噌使わないでしょうから、余るよね~。
我が家はほぼ毎日味噌汁飲んでいるので、このくらい作って少しおすそ分けなんかするとほぼ一年で使い切ります♪
坂木司さん、ワーキングホリデーとウインターホリデーね!
ぜひ読んでみます♪
Commented by etigoya13-2 at 2014-12-31 03:47
ピカピカの味噌若々しいですね〜。
我が家の古味噌も豆味噌か!っていう色になっています。
このところ全然味噌使わないもので、仕込んでいないけれど、来年は仕込みたいなとこの写真を見て思っているところ。
何時作れるだろうか?
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-05 00:45
越後屋さん、やはりそちらでも豆味噌色になってますか!!
熟成した方がおいしいからと常温保存しているので我が家のは余計にそうなのかなーと思っていましたが、手作り味噌ってみんなそうなのかもしれませんね。
今年は是非仕込みの写真、見せてほしい~!
Commented by サチコ at 2015-02-20 21:38 x
実家の近所の方が毎年味噌を作ってるみたいで今年,私も欲しくて作ってもらうんですが,自宅が市営住宅で発酵するまでどこに保存しようか迷ってるんです。バァちゃんは日陰日に当たらない場所って言ってました。私の家は風呂がないので風呂場に置こうかなと思ってますが大丈夫でしょうか?量は20キロです
Commented by rakurakurakuko at 2015-02-22 19:43
サチコさん、今年味噌作り初挑戦でしょうか。
おいしく出来るといいですね♪
で、置き場所ですが、風呂がないけど風呂場と言うのが良くわからないのですが、風呂桶がないと言うこと?又はお風呂場は使わないということですか。
使わないお風呂場なのであれば涼しそうだしいいかなとも思いますが、使うのであればやはり湿度も高くなるしあまりお勧めではありません。
我が家もマンションで、密閉住宅ですからあまり冷暗所と言うものがないのですけど、玄関とか玄関から続く廊下などに置いています。
仕込んでから出来上がるまでずっと同じところに置きっぱなしです。
暖房などの影響のない場所がよいかと思いますよ~。
Commented by サチコ at 2015-02-22 21:26 x
コメ返ありがとうございます。風呂場はあるんですが越してきたばかりで浴槽がないんです。だから風呂場は何もない状態です。ただ洗濯水が流れるくらいですね。今は台所から風呂場に行く廊下の端に置いています。30キロの量でした(*_*)
Commented by rakurakurakuko at 2015-02-25 23:39
サチコさん、お水が流れるのであれば、お風呂場に味噌保存はやめたほうが良いように思います。
廊下がいいのではないかなー。
by rakurakurakuko | 2014-12-23 23:50 | お味噌作り記録 | Comments(10)