2014年末~2015年始記録

年末年始の記録を今後のために記録しておくことにしました。
働いていると、なかなか出来ることには限りがあり、また、のほほ~んと自分のやりたいようにやりたいことだけやっていた若い頃とは事情も少し変ってきていますし、バタバタしながらもやっぱりやっておきたいこともあるしね。
出来れば効率的に、出来るだけ疲れずに、そしてたくさんのことをやれたらいいなぁと思う、欲張りな私。

今年の年末に行ったことと日付は…。

12月中旬    数の子等日持ちするものの購入
12月20日頃  スモークサーモン等冷凍できるもの購入
          この頃より日本酒等重めのものを何回かに分けて購入
12月21日   ベランダ掃除
12月22日   黒豆購入
12月23日   黒豆煮始め
        カーテン洗濯、年賀状宛先チェック
12月27日   年賀状書き、かまぼこ等日持ちしないもの購入
12月28日   大掃除
12月29日   松前漬け仕込み
12月30日   菊花蕪仕込み、数の子塩抜き、煮豚作り
12月31日  数の子漬け込み
       刺身購入

お料理関係トピックス。

■黒豆
f0043911_14435277.jpg


今年のお節の黒豆はちょっとこだわりの黒豆でした。
f0043911_14442022.jpg

タイ料理教室の橋本先生からお声かけいただき、黒豆の本場丹波でも特においしいといわれている波部黒地区の単一畑で採れた大粒の黒豆。
お料理教室でご一緒させていただいたこともあるOさんからの紹介で、Oさんは現地に出向き、なんと収穫もされたのだとか。
ほーんとにふっくら大粒のお豆さん。

我が家は一昨年から、年末に忙しくなる前に炊いて、小瓶に分けて冷凍しておく有元葉子さん方式なので、早めに来るかしら~と楽しみにしていました。
そろそろ欲しいわ~と言う頃に、「もう少しで乾燥終了だそうです」と連絡を頂き、12月22日の朝、通勤途上の小田急線内にて橋本先生と待ち合わせして(笑)、黒豆を受け取りました。

それを23日のお休みの日の朝に熱い漬け汁に漬け、その日の夜から煮始めました。
我が家の黒豆はルクの鍋にて少し煮ては鍋セーターで保温し、半日ほど経ったらまた煮るを繰り返す保温調理。
これだと時間はかかりますが、煮る時間が少ないのでエコですし、ずっと付っきりになる必要もなく、また煮こぼれる心配も減りますので、なかなか重宝。

レシピは富沢商店の無料レシピをアレンジしてます。

◆材料◆
丹波の黒豆(大粒) 600g
砂糖  300g(きび砂糖と黒砂糖を半々で)
水 1.5リットル
醤油 大さじ1.5
塩 小さ1.5
◆作り方◆
①鍋に水、砂糖、醤油、塩を火にかけて溶かし、砂糖が完全に溶けたら火を止め、やさしく洗って水きりをした黒豆を鍋に入れ一晩浸水させる。(熱い調味液に黒豆を入れるということ)
②一晩置いた①を強火にかけ、煮立ったらアクをすくい、オーブンペーパーを押し蓋にしてまめが踊らないように静かに20~30分ほど煮る。
③②の鍋に鍋セーターを着せて保温した状態で一晩おく。
④一晩置いた③の鍋を火にかけ、煮立ってから10分ほどしたら火を止めて、また鍋セーターを着せて半日。
⑤半日後、また④と同じく煮、指でつぶれるくらいになっていたら出来上がり。
⑥煮沸消毒した瓶に黒豆煮を瓶の8分目くらいまで入れて、冷めたら蓋をして冷凍庫でお正月まで冷凍保存。

こうして最初から熱い調味液に漬けると、豆の皮がはがれることもなく、ふっくらつやつや、皺なしの黒豆が炊けます。
お節の黒豆は「皺が寄るまでまめまめしく働けますように」との願いがこめられているようですが、私は皺が寄らないつやつやのお肌でいたいので(笑)、ふっくらつやつやの黒豆を作ります♪

実は、毎年300グラムの黒豆で作っていたのですが、600グラムだと勘違いして購入したため、今年は大量の黒豆煮が出来上がりました♪

f0043911_1446503.jpg
どのくらいかと言うと、大瓶小瓶含めて10瓶!!
瓶詰めは、飲んで帰った日にほろ酔い作業!
夫には「飲んで帰ってきてよくそんなことをする気になるな」と呆れられました…。
黒豆は大好きですが、いくらなんでもこれは二人家庭には多すぎだと、大瓶3瓶のうち、1瓶はお節の黒豆煮は購入すると言う職場の同僚に無理やりおすそ分け、もう1瓶は年末にソーニャさんと深谷ネギと物々交換、残り巨大瓶1瓶を冷凍のまま実家にもって行き自然解凍の後、元日より食べました♪
と言うことは、小瓶7瓶が我が家の冷凍庫に眠っているということ。
これから一年かけて、ゆっくりと食べていくわ~。
いつでもふっくらの黒豆煮が食べられるって幸せ♪♪

■松前漬け
f0043911_14475723.jpg


こちらも大元は富沢商店の無料レシピ。
毎年同じように作っているつもりなのですが、昨年はなぜかとってもしょっぱく感じたので、今年は少し調味料の配合を変えました。

◆材料◆
にんじん  2本
するめ 100グラム
松前漬け用昆布 50グラム
みりん 75ミリリットル
日本酒 250ミリリットル
醤油 75ミリリットル

◆作り方◆
①にんじんを細切りにする。
②醤油、みりん、日本酒を書く分量混ぜあわせ漬け液を作り、火を通し冷ましておく。
③ビニール袋に漬け込む材料を入れ、漬け液を流し入れ、材料とよく混ぜ合わせ、空気を抜くようにしてから袋の口を結び、冷蔵庫で1週間ほど寝かせて出来上がり。

醤油を少なくし、その分日本酒を増やしたのだけれど、今年のお味は良かったです。
この作り方だとお水を入れないので、漬け時間は少々長くしないとおいしくならないですが、昆布が糸を引くほどネバネバになって、お味、香り共に濃厚になり、また日持ちもします。
お好みで食べるときに数の子を加えてもgood。
昆布とするめは松前漬け用のものを富沢商店にて購入。
お正月三が日に食べて、少し残ったのを実家と我が家で分けてと、量もちょうど良かったです。

■菊花蕪
f0043911_14481292.jpg


昨年、あやめ蕪で作ったものを冷蔵庫に入れっぱなしで、実家にもって行くのを忘れたのですよね~。
ただ大きな蕪だとあまり菊の花のように開きにくいので、今年はラディッシュで作成してみました。
赤いのしか買えなかったのだけど、白いのもあるときれいだよなぁ。

f0043911_1456484.jpg
お刺身やかまぼこなどの片隅に載せて、華やかにしてみました。
ホントは真ん中にのせたかったのだけど、今年は柚子皮を持っていくのを忘れ、代わりにいくらの醤油漬けをのせました。(笑)
来年はもう少したくさん作りたい♪

■数の子
f0043911_1449031.jpg


塩数の子、確か500グラム入りを購入。
我が家は数の子好きなので、人数にしては割と多目かも。

◆材料◆
塩数の子 500グラム
漬け汁
 だし カップ3
 日本酒 カップ1/2
 醤油 大さじ2
 塩少々
削り節 大きく一掴み

◆作り方◆
①塩数の子を8時間くらい塩抜きする。
②塩抜きした数の子の薄皮を剥く。
③漬け汁の材料を入れて混ぜ合わせ、蓋つきのバットに塩抜きした数の子を並べて漬け汁をひたひたに注ぎ、丈夫なタイプのキッチンペーパーを広げてのせ、その上に削り鰹を載せて追い鰹し、冷蔵庫で1日以上寝せて味を含ませ出来上がり。

f0043911_14492576.jpg
有元葉子さんのレシピが元ですが、塩抜き加減にもよるかと思うけど、この配合だとお味もちょうどよいのです。
追い鰹するって言うのがなんとなくプロっぽくて(笑)お気に入り。
こうしておくと盛り付けるときに削り節いらずです。

■煮豚

レシピはこちら
ただし、焼き鳥屋さんの秘伝のタレのごとく、煮汁は継ぎ足し継ぎ足し、数年ものなので、調味料の配合は少し変わってきているかも。
でもおいしい♪
今年は500グラム強の豚ロース塊肉2本にて作成。

今回良かったなぁと思ったこと。
いつもどおりですが、黒豆を少し早めに作成できたこと。
数の子などを早めに購入できたこと。(いつもより安く買えたような気がする)
12月半ば頃より会社帰りにデパ地下をうろつき、冷凍保存できる魚介類やら、昆布巻きやら、日本酒やらを少しずつ買い足していたこと。
比較的余裕のある週末何回かに分けて全部のカーテンの洗濯、ベランダの掃除をしたこと。
f0043911_1452418.jpg
写真は、ごめんよ~、12月に入ってからの爆弾低気圧のときに室内に非難させたかったのだけど、ベランダに出る勇気がなく、ずーっと冬篭りさせてもらえず、やっと年末のベランダ掃除時に非難させてもらえたガジュマルの木。(右側)
南国育ちなのに無事で何よりだったよぉ。
今度の冬はもっと早くに引き上げてあげる(つもり)!

次回への課題は。
年賀状作成準備が遅くなった。(夫よ、もう少し早くエンジン全開になってくれ~)
カーテンの洗濯同様、キッチンの掃除も11月後半くらいの余裕のある週末に少しずつやっておきたい。
31日移動当日のお刺身盛り合わせ購入は売り切れの可能性があり、その場合、ツマなどを別購入する必要あり。(今年のお刺身はそれがなく華やかではなかった~!)
お節はこんなもんでもいいけれど、何しろ野菜が足りない。おいしくて日持ちする野菜メニューが必要。

まっこんなところです。
やってもやっても切りないけど、まぁ改善できる部分は改善できるに越したことはない!
また一年後、あれこれ楽しんで試行錯誤してみましょう♪
あー、ただね、カレンダー見たら、今度の年末年始はあまりお休みが続かないのね…。
今の職場は基本、年末30日まで仕事、年始は4日から営業なので、土日がくっつかないと更にタイトなスケジュールに!!
いかにして楽して多くをこなせるか、働く主婦力の見せ所でございます。(笑)


こちらのブログ村に参加しています。
何はともあれ、そこそこがんばったじゃない♪とエールを送ってくださる方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by tukimi-kai at 2015-01-12 15:34
楽子さん、いつも素敵な東京での写真や景色やお料理等々
見せていただいてありがとうございます!!
『年末年始の記録』もいいですね~♫
1年経つと忘れてしまいそうだし、去年の自分を褒め、時間を有効に使えそうだし、
また今年やる気スイッチが入って励みに頑張れそうですし…。
できるかどうかはわかりませんが…お正月料理のレシピも助かります~♡
忙しい中でも充実して色々頑張っている楽子さん、
コメントはなかなかできませんが、私も見習い頑張ります!
今年も東京の生活や楽子さんの頑張り楽しみにしていますが、マイペースであまりご無理されませんように♪
Commented by petapeta_adeliae at 2015-01-12 22:25
年末年始の覚え書き、いいですねぇ。
今まで、母に聞いたことのなかったのですが、
「必ず作るおせち料理の中に黒豆が入っているけど、
うちは何で作らないの?」すると母は「面倒くさいから」
楽子さんの黒豆食べながら「黒豆って美味しいね」だって。
ソーニャ、美味しいモノ食べ損なってると思う。

お刺身、うな重は捕まえてから作る父の仕事だったんです。
Commented by etigoya13-2 at 2015-01-13 13:28
菊花ラディッシュ一緒ですね〜。
我が家白は皮を剥いたもので、剥いた皮は赤の色出しに皮を剥かないものに追加するとより濃く染まるので一緒に入れています。
大きさがつまみやすいですよね。
黒豆、今年は煮豆にしか出来ずピンクに染まる黒豆ご飯が作れず少量日本で買ってくる予定。
梅干しと黒豆の炊込みご飯がさっぱりしていて綺麗な色で好きなんです。
私も黒豆は皺無くぷっくりが好き〜。

年賀状制作エンジンがかかるの遅かったの私も一緒です。
Commented by tuguki2964 at 2015-01-14 14:26
菊花ラディッシュ、我が家も、来年のおせちにはぜひ取り入れさせていただきます。
あっ、そうそう。
塩抜きしたまま食べきれなかった数の子を冷凍してあるんで、松前漬け作って入れちゃおう~~!
前回作ったのが夫にイマイチ不評だったんで、こちらのレシピ試させていただきます。
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-15 11:50
kimiさん、いえいえ、なかなか記事アップもなく失礼してます…。(汗)
年末年始の記録、意外と便利そうでしょ。
私なんて昨日食べたものなんかも忘れてしまうダメダメ子ちゃんなので、そういう意味でも記録できるブログは便利です。(笑)
相変わらずやりたいことはたくさんあるんですが、なかなか追いつかず…。
アドバイスいただいたとおり、マイペースでがんばります♪
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-15 11:52
そーにゃさん、お母様が面倒だとおっしゃる黒豆は、確かに時間はかかるけど、手間はあまりかからずです。
私の場合保温調理と言うこともあり、少し煮ては放置を繰り返すだけだし。
きれいに飾り切りしたりするほかのお節のほうが私には難関です…。
いえいえ、ソーニャさんはおいしいもの食べ損なってることってないと思います!(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-15 11:54
越後屋さん、菊花ラディッシュおそろいでしたか~!
海外だとラディッシュのほうが蕪より手に入りやすいでしょうし、大きさもちょうどよいですよね。
日本で売ってるラディッシュは赤が多くて、白を見つけるのが難しいです。
黒豆ご飯、きれいなピンク色になるんですね!
是非試してみたいけど、今回購入の黒豆は全部煮てしまったわ~。(汗)
今度買ったらやってみます♪
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-15 11:56
tuguさん、菊花ラディッシュ、来年は是非tugu家の立派なおせち料理に仲間入りさせてあげてください♪
さすがtuguさんちの冷凍庫、数の子もあるんですね!!
松前漬けの調味液の配合はいろいろあるかと思いますが、日本酒いっぱい入れるとおいしいです!!
Commented by Abi at 2015-01-15 13:39 x
黒豆、去年も瓶詰めでした、、rakukoさんの所に瓶を預けておきたい!
お正月らしいものは何もしないのに、黒豆すら失敗の連続、連れ合いが「硬いの、シワシワ、水くさいの色々食べさせて貰ったから、、」と瓶詰めになりました。
今日ダイダイ10kgゲット、ポン酢頑張ります。
Commented by rakurakurakuko at 2015-01-18 01:35
Abiさん、あーほんと近くだったら無理やり黒豆煮の瓶詰め押し付けちゃうのに~。
黒豆、最初から熱い調味液に漬けて煮る方式だと失敗なしだと思うけどなぁ。
でも買ったら買ったで楽ちんだから、それもいいよね!!
ダイダイ10キロってすごいっ!!
たくさんポン酢が出来て、たくさん鍋が出来るねー。
関西のときはダイダイが売られているのを良く見ましたが、こちらだとあんまり売ってないの。
近所の八百屋さんで去年の年末近くにあったのだけれど、気力が追いつかず、今年は作れませんでした…。
by rakurakurakuko | 2015-01-12 14:57 | 年末年始 | Comments(10)