ほぼ30年記念、熱海旅行!

去年の秋の話に遡ります…。


f0043911_00133543.jpg
11月のことですが、友人5人で熱海に行ってきました!

その友人たちとは、新卒で就職した会社の同僚で、それぞれ微妙に入社年度や年齢が違うのですが、圧倒的に男性の多い職場で数年に渡り続けて同じ職場に配属されたのです。

同じ職場に勤めていたときにも仲良しで、一緒に旅行に行ったりしていましたが、それぞれ子供が出来たからとか、旦那が転勤したからとか、ダイビングインストラクターになるため沖縄に行くとか(私です…笑)、いろんな理由でその職場を辞めた後も結構連絡を取り合っていて、年に数回は飲み会と称して集まっていたりする、そんな友人たち。

タイトルにほぼ30年記念と言うのは付き合いの長さ。

そんなほぼ30年記念の旅は現地集合!

みんなそれぞれの場所から電車で熱海駅へ。

その日は金曜日だったので、それぞれ有休を取り現地へ向かったのだけれど、またそれがほーんとにみんなそれぞれで面白い!!

浜松のIちゃんは、嬉しくて早く起きてしまい準備も早く出来ちゃったからと、なんと東海道線の鈍行で熱海に乗り込み、Mちゃんはなんと前日まで熱海行きの日付を間違って記憶していて、踊り子号で一緒に行くTちゃんからのLINEで「えーっ明日?来週かと思ってた~~~!!」と言うツワモノ。(笑)

私は同じ路線のKちゃんと待ち合わせして、のんびりO急線使用で熱海に向かいました。

熱海に着くと、そろそろお昼の時間。

荷物をコインロッカーに預けて、めぼしいお店を見つけ、早速ランチタイム。

みやまと言う、海鮮類がおいしいとあるお店。

f0043911_00141979.jpg
なぜかいきなり板わさを頼む!

いちおー年はとっても女子5人なのになんだか渋すぎ。(笑)

f0043911_00145350.jpg
で、迷わずビール!

昼からビールは旅行の醍醐味だからね~。

f0043911_00151153.jpg
私は豪華海鮮丼!

新鮮な海の幸た~っぷりでおいしかったー!!


Mちゃんが頼んだ特大エビフライを少々分けてもらったり。

それにしてもこのエビフライ、ホントに大きかったなぁ。

f0043911_00160099.jpg
お腹が満たされたところで、ホテルへ行く前に少しは観光しようよーと熱海梅園 へ。

日本一遅い紅葉で有名な熱海梅園ですが、盛りには少し前ですが紅葉が始まっており、とってもきれい♪

お天気もよく暖かかったので、のんびりと梅園散歩。

ここ、市が運営しているらしくなんと無料で入れるんですよ~。

とってもきれいに整えられており、川あり滝あり、途中に足湯もあったりして、すばらしい施設。

f0043911_00161909.jpg
せっかくなのでほぼ30年記念の記念撮影!

大抵こうして写真を撮ると「私たちってさ~、全然変わってないよね~」などとずうずうしく言う私たちなんですが、5人のうち3人は職場結婚で、私たちのことをよーく知っている旦那たちは必ず「いや、ずいぶん変わっているよ」と言うそうです。(笑)

とにかく会うと喋りまくっている5人で、ランチでもしゃべり、梅園でもしゃべっていたら、なんだかもう夕方に!(汗)

ホントは他の場所も行きたい候補にあったのだけれど、とりあえず駅まで戻り、ホテル行きのバスに乗ることにしました。

f0043911_00171358.jpg
今夜の宿は、星野リゾート、リゾナーレ熱海

ほぼ30年記念ですから、ちょっと奮発しました!!

熱海の山の上に建つこのホテルからは、熱海の町が一望できます。

フロントで友人がチェックインしている間(人任せです!)、気分も盛り上がる~!

f0043911_00174186.jpg
お部屋も広~い!

まずは浴衣に着替え、なにやら作戦会議中。

早速温泉に入り(露天風呂からも熱海の町が一望できるのだけれど、めがねのない私にはほとんど見えず…汗)、いよいよ楽しみな夕食。

夕食のプランはいくつかあるようですが、私たちは和懐石のプランを頼み、通されたのは広々として落ち着いた雰囲気の個室。


f0043911_00181696.jpg
まずは先付け、さざえの翡翠和え。

何がいいって、すべてが美しい♪

さざえの入っている器はきれいなブルーのさざえだし、添えられている小さな花、そして紅葉。

ちょうど梅の紅葉を見てきたばかりなので、またここで紅葉を見ることが出来るなんて素敵。


f0043911_00183609.jpg
八寸。

からすみ白玉、鶏と干し葡萄の松風、胡桃豆腐の茶巾揚げ、鮭の幽庵焼き、柿の白和え、花びら大根茸の挟み、甘海老の老酒漬け酢橘釜。

もうどれもこれもちょっと気が効いていて、もちろん美しくて、目と舌で楽しめます。

器も素敵。


f0043911_00185900.jpg
お椀。

甘鯛と海老と茸の土瓶蒸し。

さすがに時期も時期ですし鱧ではなかったけれど、甘鯛の出汁が優しい土瓶蒸し。

手放しに土瓶蒸し好き!!


f0043911_00193000.jpg
お造り。

「花火」流と称し、野菜と海の幸がちりばめられているお造りは、和のようでもあり、洋のようでもあり。

ここ、リゾナーレ熱海からは熱海の花火が見えるそうで、花火流と言うのはそこから来ていると思われます。

ソースも数種散りばめられていて、どれもおいしくホントに凝っていますね。


f0043911_00195238.jpg
揚げ物。

茸の天麩羅。抹茶塩、レモン。

茸と言うのが秋ですよね~。

塩で頂く天麩羅大好き♪


f0043911_00201577.jpg
蓋物。

穴子けんちん蒸し巻き湯葉、炙り穴子、ほうれん草、抜き人参。

蓋を開けたときに目に入ってくる彩りもご馳走。


f0043911_00203070.jpg
台の物。

金目鯛の煮付け。

これは3つの中から選べたのだけど、私は迷わず金目の煮付け!

お昼を頂いたところにも金目の煮付けがあり、そこでもちょっと心動いていたからね~。

たっぷりと脂ののった金目大好きです。


f0043911_00204839.jpg
この後ご飯が出まして(写真撮り忘れてました…)、最後に甘味。

こちらも3点の中から選ぶことが出来、私はほうじ茶のクリームブリュレ。

パリッパリでほうじ茶の香り高く、見た目は地味ですが、とてもおいしかったです。


あーやっぱり和食いいですよね~。

大満足♪♪


f0043911_00211449.jpg
お食事の後は、是非行ってみてくださいと言われていた、ソラノビーチbooks&cafeへ。

ここ、面白いんですよ~。

とても広い空間なんですが、ウッドデッキの通路があって、そのデッキ以外のところは全部真っ白なサンドカーペットになっているのです。

そこにデッキチェアーやら、ゆらゆらのブランコなどが置かれてあり、ウッドデッキ沿いに並べられている素敵な本たちを読むことも出来ます。

砂に足を埋めるとひんやりとして気持ちがいい♪

思わずはしゃぐ○代の私たち。

かなり浴衣の裾がはだけてますけど…。(笑)


f0043911_00215304.jpg
ソラノビーチを満喫した後は、お部屋に戻って二次会。

かなり飲んで食べてますけど、また飲んで食べます。(爆)

話が尽きることがないんだよねー。


f0043911_00221595.jpg
そんなお部屋から見えた、熱海の町とお月様。

夜は更けていきますが、まだまだ続く弾丸トーク。


f0043911_00224202.jpg
そして朝ー!

朝食はブッフェ形式。

星野リゾートって野菜がおいしいの?

野菜料理がとても多く、絞りたての野菜ジュースもとってもおいしくて、おかわりしちゃいました!


前日のお天気から打って変わり、天気予報通りにこの日は雨。

二日目も観光しようかなと思っていましたが、この天気ならばゆっくりとホテルで過ごす方がいいねと、12時のチェックアウト近くまでのんびりとしてました。

こういうとき、チェックアウトが遅いといいですよね。


f0043911_00310358.jpg
ホテルのバスで駅まで送ってもらい、駅前のアーケード商店街をぶらぶら。

お土産のお目当ては干物。

お店屋さんがいっぱいあるからねー、目移りします…!


f0043911_00233195.jpg
お昼はこんな感じのあられ丼。

昨日は平日金曜日だったので比較的すんなりと入れたお店も、土曜日となるとどこもいっぱいで入れません!

観光客の数に対してお店屋さんの数が少ないというか、どこも小さなお店が多いので、すぐにいっぱいになっちゃうんですよね。

熱海での食べ物屋さん探しはなかなか大変。


金、土曜日の一泊二日の熱海の旅。

とってもリラックスできておいしいものもたくさん食べられて大満足♪

毎年こんな風に近場で一泊旅行したいねーと言いつつ、熱海駅で解散。

ほぼ30年記念の楽しい思い出が出来ました♪



こちらのブログ村に参加しています。

そうそう、こういう旅は夜更けまでおしゃべりが楽しいのよねー♪って思った方、

↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)



<a href="http://www.blogmura.com/in/040375.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue_2.gif" width="80" height="15" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>




[PR]
Commented by Abi at 2017-02-19 09:51 x
知らなかった、、、1歳から働いていたのね?
でも、こんな旅行一番楽しいと思います。私の場合
同じマンション(と言うにはおこがましい、団地)に住んでた頃の3人であちこち、何の予定も立てず泊まるとこだけ決めて行き当たりバッタリ、、、足と口だけは元気!
Commented by tuguki1964 at 2017-02-20 17:06
いやっ、まあっ、ここだけの話なんだけど...。
っと、キーボード打つ手の声をひそませて(?)...。
気心の知れた女友達との温泉旅行ほど楽しいものはない!
Commented by etigoya13 at 2017-02-20 22:04
楽しそうなのが伝わってきますね〜。
私も今年こそ働いていた時の仲間との食事会か旅行を企画したいのだけれど、温泉旅行もいいなと思い始めました。
調べてみよう。
気兼ねなくエンドレスで話が進む仲間との旅行は最高ですね。
Commented by rakurakurakuko at 2017-03-02 00:08
Abiさん、1歳からなんて働き者でしょ~。(爆)
以前住んでいた同じマンションの方たちとお泊りだなんて、すごーく気の合う仲良しさんだったんですね~。
やっぱり気の合う女同士の旅は楽しいですよね!!
Commented by rakurakurakuko at 2017-03-02 00:09
tuguさん、私も声を潜ませて言っちゃうけど、やっぱり気心知れた女友達との旅が一番ですよ~。
特においしいものを食べるなんてときにはね~♪
Commented by rakurakurakuko at 2017-03-02 00:10
越後屋さん、そうですよね、せっかく戻られたのだもの、温泉旅行是非企画してください♪
お泊りとなると時間も気にせず、酔っ払っても気にせずにすむので(笑)安心です。
by rakurakurakuko | 2017-02-19 00:32 | Comments(6)