2017年の筍料理

今年、東京近辺ではあまり筍出回らなかったですよねー。
早いうちから九州方面の筍はちらちらと見たものの、4月に入り本当だったら筍堀り本番となっている頃でも見かけても少しで、しかもとっても高かった!
今年は裏年だったのかな。

f0043911_15252802.jpg
そんな中、4月に島根に行った時に父の実家の近くで父と親戚で筍堀りをして、食べきれないほどわんさか筍が掘れたからと、しっかりといとこのHさんがしっかりと下処理をしてジップロックに入れて、山菜とともに筍を送ってくれました。

その量、ジップロック大にたっぷり2袋!!
すごい!!
これ、一体何本分の筍なのか~~~。
これだけ茹でるのもきっと大変だっただろうに、感謝、感謝です。

早速あれこれ調理してみました。
送られてきてから一週間は、まさに筍週間!

f0043911_15255107.jpg
まずは、焼き筍。

筍の穂先の方を薄切りにして、小さなスキレットに並べて塩胡椒してオリーブオイルをたっぷり垂らしてから、スキレットごと魚焼きグリルに入れて焼きます。
今まではこの焼き筍を作るときにはオーブンに突っ込んでいたのだけど、魚焼きグリルの方が早く焼けて部屋も暑くならないので便利。
あらかた焼けたところで、すりおろしたパルミジャーノレッジャーノをたっぷりかけて少々焼き、グリルから出して木の芽を散らして出来上がり。

焼いた筍からは甘い香りがしておいしいよー。
いつもはなかなか木の芽がなく、ディルやら他のハーブで代用していたのだけれど、今年は木の芽もたっぷり送っていただいたのがあるので使いたい放題!

あー私はやっぱり煮たのより焼いた筍が好きだなぁ。
ホントおいしくて、白ワインがくいくい進んでしまう!!

f0043911_15261137.jpg
そして筍と言えばやっぱり外せない、筍ご飯。
これは橋本先生の「にほんの食ごよみ」にのっている筍ご飯のレシピで作りました。
先に筍をしっかりと味を漬けて煮ておいて、その筍と煮汁を加えて炊くレシピ。

あーやっぱりおいしい~♪
しっかりと味が沁みているので安定のおいしさ。
いつもはケチって入れていた筍も、大きめに切りごろごろと多めに入れたので、食べ応えも満点!
もちろんこちらにも木の芽を散らします。
あーちゃんと合うものは同じ時期に収穫できるようになっているのねー。
すばらしい!

f0043911_15262977.jpg
ご飯もいいけどパスタもね♪ってことで、筍とこごみのパスタ。

パスタをアルデンテで茹でて、途中、最後の方でこごみも加えて一緒に茹でてお湯を切り、オリーブオイルをひいたフライパンで予め筍を唐辛子と一緒に炒めて強めに塩胡椒しておき、そこに麺とこごみを加えてざっくりと混ぜ合わせお醤油を最後にほんの少しと、削ったパルミジャーノレッジャーノを加えてさらに混ぜ合わせて、器に盛り付け木の芽を散らして出来上がり。

もうこれまた文句ないおいしさ♪
筍にこごみ、そして木の芽とチーズ。
いろんな香りと食感が相まって、春が口の中に広がります!!

f0043911_15264476.jpg
こちらは筍のバター醤油焼き。

筍の固いほうを食べやすい大きさに切り、バターをたっぷりと溶かしたフライパンにその筍を並べて、少々焦げ目がつくまでじっくりと焼き、焦げ目がついてきたところで醤油をじゅっと回しかけて絡めて器に盛り、木の芽を散らして出来上がり。
この筍とバターと醤油の組み合わせ、ほんとに好きなんだよねー。
これは断然下の方の少々固めのコリッとしたので作るのがおいしいの。
バターと醤油の香ばしさに筍が負けないんだよね。
すごいのよ、筍。

f0043911_15270732.jpg
こちらはわたしにしては珍しく筍の煮物。
ひとりご飯で、翌日から家を留守にする予定だったので、残った分を贅沢に独り占め。
贅沢ついでに富山の白えびの白だしで筍煮てみました。
一緒に煮るのはわかめでも良かったけど、在庫整理の都合上、さやえんどうで。
そしてお決まりのごとく、木の芽をトッピング。

焼いた筍が好きだー!と言いつつ、でもまぁこうして煮たのもやさしい味わいでおいしいです。

うふふ、でもこれで全部食べきっちゃったわけではないのだー!

f0043911_15273744.jpg
何しろたっぷりあったので、筍の水煮の瓶詰めが大瓶4本、小瓶1本作ることが出来ました。
いつも大抵、水煮瓶は1,2本しか作れないのに、今年はなんと言う贅沢三昧!

水煮の瓶詰めは、煮沸消毒した瓶に下処理済みの筍を入れて、ギリギリのところまで水を入れて軽く蓋を締め、お湯をはった鍋に瓶を並べて20分くらい瓶ごと煮て、鍋から出したらしっかりと蓋を締め、覚めるまで瓶をさかさまにして脱気します。
瓶のふたがぺこっとへこんでいるのが脱気成功の証♪
こうしておけば1年くらいは軽く常温保存が出来るので、いつでも大好きな筍を食べることが出来てほんとに便利♪

f0043911_15280897.jpg
そんな瓶詰めの筍を使って作った、筍入り肉団子スープ。

f0043911_15282228.jpg
肉団子には小さく切った筍の他、千切りにしたこぶみかんの葉を加えてます♪

豚挽肉にそれらを混ぜて塩胡椒して丸めてお団子を作り、鶏ガラスープの鍋の中にぽとぽとと落とし、肉団子が煮えたところでナムプラーでスープの味を整え、フェンネルを加えて出来上がり。
これがなんともアジアーンな香りでおいしいのですよー。
とっても好みのお味です♪

f0043911_15283857.jpg
そして、アジアンついでに、こちらは筍入りレッドカレー。
具材は、筍の他、鶏肉とパプリカ、そしてタイのグリーンピースほどの小ささのマクアプワンと言う茄子。
鶏肉に火が通れば後はそのままでも食べられる食材ばかりなので、あっという間に出来ますよー。

グリーンカレーと迷ったのだけれど、筍にはやっぱりレッドかなぁと久しぶりのレッドカレーとなりました。
色合いも良くて、食べると筍はコリコリと、マクアプワンがプチプチとしておいしいです!!

筍、何にでも合ってほんと優秀な食材だなぁ~。

まだ3瓶ほど残っているので、今年はまだ何回も筍食べられる予定♪
幸せだー!


こちらのブログ村に参加しています。
筍、どれもおいしいそうだよーって思ってくださった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
Commented by lucy0416 at 2017-06-04 20:00
筍いいですね〜♪
タイ料理にも欠かせませんよね🤤
Commented by etigoya13-3 at 2017-06-05 00:17
筍焼いても煮ても揚げても美味しい本当にありがたい素材ですよね。
そうそう、意外にいろいろな国の料理にも合うのを私もロシアで知りました。
ロシアの調味料ともすごい相性良くてそれだけは保存食として私も作ってあります。
しかし楽子さんの料理はどれも美味しそうです。
淡竹がではじめたからそれで肉団子作ってみたい。
Commented by salahi at 2017-06-05 16:28 x
おーいーしーそ~っ!!!
筍大好きですが、前回食べたのはいつだったか……なかなか筍の時期に帰国できないし(涙)
肉団子スープ、ハーブ使いがいいですね~。これはぜひ試してみたいです。
Commented by rakurakurakuko at 2017-06-10 18:05
lucyさん、筍、和食以外にもいろんな国のお料理使ってもおいしいですよね。
なんて万能なんでしょう♪
タイ料理、これからの季節は益々おいしく感じますよねー。
Commented by rakurakurakuko at 2017-06-10 18:07
越後屋さん、筍はどんな風に調理してもおいしい♪
下処理が多少面倒ではありますが、やっただけの価値ありです!(って今回は自分でやってないけど…汗)
筍のロシア料理食べてみたい~!
どんなのでしょう。
もう少しで淡竹も出てきますよね。
是非肉団子を!!
Commented by rakurakurakuko at 2017-06-10 18:08
salahiさん、筍は時期限定だからなかなか難しいですよねぇ。
京都の筍は特別だし、是非今度はこの時期の帰国を♪
肉団子スープ、いろんな香りがぷんぷんでおいしかったです!
by rakurakurakuko | 2017-06-04 15:30 | 野菜のお料理アイディア | Comments(6)