ルーツを巡る旅、島根 3

さて、出雲大社を十分楽しんだ後は、一畑電車に乗って宍道湖まで移動。
この一畑電車と言うのが確か2両くらいの小さな電車なんですが、とってもローカルな感じで周りの景色もとても素敵でした。
地方のローカル線に乗るのって楽しいですよね。

そしてたどり着いたが今宵のお宿、宍道湖畔に建つなにわ一水。なにわ一水
f0043911_15511046.jpg
ここ、すごく良いお部屋でした!!
お部屋には露天風呂付。

f0043911_15501619.jpg
もちろん露天風呂から宍道湖を見渡すことが出来るんですが、その露天風呂のスペースの奥にはバーカウンターがあり、一杯やりながらここからも夕日を見ることが出来る!
素敵だー。

f0043911_15512551.jpg
早速露天風呂を楽しむ夫。
ほんとにこりゃーいい♪
夕日にだんだん染まっていく宍道湖を見ながら、今日一日の疲れを癒せるなんて。
出雲大社ではかなり歩いたからね。
お風呂に浸かるとほっとします。

f0043911_15513945.jpg
徐々に松江市街側の湖畔からオレンジ色に染まってきました。
前日は父の実家に泊まり、二日目は勝手に好きな宿でもとって二人で泊まれと言われたので(まぁ二泊目も実家に泊まるのは実家もなかなか大変だろうし初めて行った夫も気を使うと父なりに思ったのでしょう)、どうせ泊まるなら宍道湖が見える温泉と思ってここにした甲斐があります。
前夜、実家でも「明日はどこに泊まるの?」と聞かれ、ここだと言うと、「宍道湖の夕日が良く見えるから、それはいいね。絶対に夕日を見るようにね。」と言われていたので、気分もわくわく盛り上がります。

f0043911_15514479.jpg
で、夕日が沈みましたーーー!
真っ赤に染まる空は見えましたが、ここからだと沈む夕日までは見えませんでした。(笑)
方向的に、松江市街側から見ないと沈むところは見られません。
少し残念ですが、でも暮れ行く景色をこれだけのんびりと眺められたのですから、良いでしょう。

そしてお楽しみの夕食。

f0043911_15531620.jpg
前菜です。
もう何がいいって、とにかく美しいこと。
やっぱり旅館のお食事、好き♪♪
中央の器には笹の葉巻き。
こちらでは笹の葉巻きって良く頂くものなのかも。
島根から送られてきた笹の葉巻きを実家からおすそ分けで頂くもの。
その横の紫色の器は、筍の木の芽餡。
わーい♪筍♪♪
ガラスの器は貝の甘酢餡で、ワインは島根わいんのロゼ。
ちょうど行ってきた出雲大社のすぐ近くにあるワイナリーで、今回は時間がなかったので寄ることが出来なかったけど、行きたいね~って言っていたところ。
少し甘めの優しい味わい。

f0043911_15533444.jpg
お造り。
どれもこれも新鮮ですごーくおいしい!
島根は山あり海ありですものね、そして忘れちゃならない湖もだ!!
豊かな土地だなぁ。

f0043911_15541775.jpg
あぁ…時が経つということは哀しいことなり…。
この椀は何だったか…、日々寄せ来る年端に記憶が奪われる…。
漆の椀の蓋の内側に描かれている模様に心奪われました。

f0043911_15543281.jpg
のどぐろの煮付け。
出ました、のどぐろ!!
島根と言えばのどぐろですよねー。
骨がしっかりとしているのどぐろは、こうして煮付けると旨味も増してホントにおいしい!
出雲大社で寄り道した小道で、のどぐろの干物の焼いたのに心惹かれもう少しで食べちゃうところだったけど、我慢してよかった!

f0043911_15545013.jpg
そして、こんな素敵な錫の器が温められたということは、アレですね。

f0043911_15550926.jpg
牛のしゃぶしゃぶ。
あーこのさしがたまりません!!!
甘くてとろとろ~。

f0043911_15552267.jpg
あまりに何でもおいしいので、追加した日本酒は、こんな素敵な錫のちろりに入れられてきました。
あー、これがお食事をとるお部屋へ続く途中に、氷と流れる水の中に冷やされて飾られており、それがとっても素敵だったのよね。(写真を撮り忘れたのが悔やまれる…)
ちろりと言うとアルミのぺこぺこのが思い出されるのだけれど、あれはあれでいいけどさ、やっぱり錫のは素敵だなぁ。
f0043911_15560306.jpg
こちらは焼き物。
お野菜や海老やら、あーあとこのお魚はなんだったか…。
添えてある味噌がまたおいしい!

f0043911_15562488.jpg
空豆豆腐。
むふふ、豆豆しくて香りがまたたまりません!!

f0043911_15564364.jpg
そして〆のご飯。
えぇ、もちろんお味噌汁は宍道湖の蜆。
昨晩も今朝も実家で頂いたけどね、いくらでも食べたい!
宍道湖の蜆ラブ。

f0043911_15565891.jpg
そしてデザート。
これまたラブリー。
このちょっとずついろんな種類って言うのがいいんだよね。

あー何泊でもして何食でも食べたい旅館ご飯。

f0043911_15571891.jpg
そして翌朝ーーー!
本日も快晴なり!!

f0043911_15573828.jpg
朝風呂にもしっかり浸かり、しばし宍道湖を眺めるゆったりとした朝。
この日は月曜日で平日だったので、松江市街に続くこの宍道湖畔の道は、結構交通量も多く渋滞も見られました。
それにしても毎日こんな景色を見ながら通勤できるっていいよね。

f0043911_15575196.jpg
そしてね、これがなんと言うか桃源郷のようでしたが、宍道湖には蜆捕り船がぽつりぽつりと浮かんでいて、それはそれは夢のように美しい光景。
こうして毎日蜆をとっているんだね~。

そんな光景を見て夢うつつになりながらの朝ごはん。

f0043911_15580811.jpg
いや~ん、昨晩に負けず劣らずの豪華版。
そしてもちろん美しい!

f0043911_15582302.jpg
向かって左側にはこんな塗りの棚がありまして。
f0043911_15584231.jpg
そこから出て来ましたるのは、島根名物のあごの野焼きとお煮しめ。
このあごの野焼きはね、それこそたくさんのメーカー(?)があり、地元の人もそれぞれごひいきの店があるらしい。
私もこれ、大好きなんだよねー。
だから前日の実家でも出していただいたのをいっぱい食べた!
普通の蒲鉾よりかなり大きなサイズで、ちくわみたいに丸い形で真ん中が空いているの。
ただ、普通の蒲鉾と違うのは、食感がしっかりとしていて魚(あご=トビウオ)の味が濃いこと。
ホントにおいしいんです!!

f0043911_15592467.jpg
で、素敵な和紙の引き出しから出てきたのは、これまた島根名産の板わかめ。
これがねー、またまたご飯泥棒なのよーーー。
わかめと言う名前ですが、お味と旨味の濃さは昆布のよう。
これを手で裂いて細かくしてごはんにぱらぱらっとかけてちょろっと醤油を垂らして食べようものなら、思わず唸るよ!
ここではそのまま頂きましたが、うちでは少し火で炙ってから食べてました。
もちろんこれも買って帰らねば!

f0043911_16000022.jpg
朝食の定番、鮭も陶板で焼くとまたおいしさも気分も増しますよね。

夕食も良かったけど朝食も大満足!

f0043911_16002003.jpg
そんな素敵な一夜の宿なにわ一水もチェックアウトのときを迎えました。
フロント脇には舩木窯の焼き物が壁一面に飾られていて、心をわしづかみにされました。
この色、そしてこのなんとも愛らしい絵付け。
あー今回は舩木窯はルートに入っていないんだよな~。
ものすごく行ってみたくなり、でもそれはものすごく危険なような…。
やっぱりもう一度しっかりと軍資金を貯めて、その貯めた軍資金を握り締めて窯元巡りの旅をしたいと言う夢が出来ました。
そして、このなにわ一水のお土産コーナーがかなりツボの面白さ。

f0043911_16014469.jpg
出雲の神社をエールするらしい、なんともおやじギャグな、出雲生姜ジンジャエール。
そうそう、島根の出西生姜っておいしいらしいですよね。
まだ食べたことないんだけどすごく食べてみたい!

f0043911_16021315.jpg
こちらのトイレットペーパーがまたいとおかし。
切って流して良縁、切って流してハッピーって!!(爆)
そりゃー300円で縁が切れてハッピーになれるんだったらお安いよね。

なかなかおちゃめなセレクトのなにわ一水。

f0043911_16025215.jpg
そんななにわ一水を含む、宍道湖温泉のホテルや旅館に行く際に使うのが、松江しんじ湖温泉駅。
駅舎もきれいで、なんとすぐ隣には足湯もあるよ。

f0043911_16030899.jpg
宍道湖温泉から宍道湖畔の遊歩道をぶらぶらと歩いて松江市街地に向かいます。
やはりここでも八重桜が満開♪

f0043911_16033260.jpg
ぶらぶらしていると、おおっ酒蔵が見えるではないですか!!
酒蔵のある街って好きーー!

f0043911_16035468.jpg
そしてちょろりと酒蔵を見学させてもらおうと表に向かうと、あぁ、なんと!!
堀川沿いのこの景色の美しきこと!!
めちゃくちゃ好み。
何枚でも写真撮りたい!!
もう最終日なんですが、ここでまたテンションすごーく上がってしまいました。

さてさて、また長くなってしまいましたね。(笑)
この続きはまた今度♪

いつもしつこいくらいに長い記事にお付き合いいただきありがとうございます。


こちらのブログ村に参加しています。
あぁ宍道湖畔の夕日も、朝日を背にした蜆捕り船も素敵♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by rakurakurakuko | 2017-07-21 20:00 | 小さな旅 | Comments(0)