銀座散策~中国薬膳料理とリトグラフ展~

f0043911_2274432.jpg
この週末の土曜日、夫と二人で銀座に行って来ました♪
「銀座」って、東京ににぎやかなところは沢山あれど、他のどことも違う雰囲気を持っていますよね。
人が多くても他と比べてそんなにごちゃごちゃしてなくて、ぶらぶらと歩いていても気持ちがいい街だと思いませんか~?

週末はなかなか早起きできない私たち夫婦。
ゆっくり起きて遅めの朝ごはんだったにも関わらず、ちょうど行ってみたい気になるお店があったので、着いて早々にランチタイムとなりました!

そのお店とは、銀座星福(シンフウウ)本店」。
中国薬膳料理のお店で、前にタイ料理教室の橋本先生が行ってこられてとってもおいしかったよ~とおっしゃっていたお店です。
ここの総支配人の方は、日本に薬膳料理を広めた第一人者の方なんですって。

f0043911_22111084.jpg家を出る時に電話で予約を入れておいたので、すぐに席に通してもらい、ビールを注文して飲みはじめるとすぐにお料理が出てきました。
頼んだのはお昼の薬膳コース=星=7品です。
う~ん、今気づきましたが、お料理が書かれてあるものを見ても6品なんですが、7品と言うのはお茶も含めてということだったのかな。


f0043911_22113889.jpgまずは、四種薬膳前菜の盛り合わせ
ちょっとわかりにくいのですが、紫蘇の後ろに隠れている麺みたいな形状の干し豆腐を千切りにしたものがとーってもおいしかった!
味もしっかりついているんだけどくどくなく、干し豆腐と言ってもとっても柔らかくてクリーミー。
手前の白木耳もプリプリしておいしかった~♪


f0043911_22121970.jpg薬膳アドバイザー謝敏琪お奨め薬膳蒸しスープ
今回のコースの中でいちおしです!!
スープの中には大根、くわい、大豆、蓮の実、クコの実、名前を忘れてしまった茸、白木耳、骨つき豚ばら肉が入っていました。
お肉はとろとろで、スープは大根の香りがふんわりとして、その大根にはお肉はもちろん、入っている薬膳の香りと味が沁みてて、もうなんとも言えません!
時間をかけて丁寧に作っているのがとてもよくわかるお味でした。
そして、薬膳が入っているからと言うこともあるのだと思いますが、やたらと体が暖まってきて、夫など暑いとパーカーを脱いだほどです…。(^^ゞ


f0043911_22132687.jpg白きくらげと白身魚の黒酢炒め
白身魚はおひょうだそうです。
薄く衣をつけて一度揚げてから炒めてあるので、ぷりっぷり♪
黒酢を使ってあるのでほんのり酸っぱいのですが、もちろんツンツンとくる酢の風味は全くありません!
写真がボケボケなのと、お店の方が1人分ずつにすぐに取り分けてしまったので、出てきた時の写真がないのが残念!


f0043911_22152962.jpg海鮮苦瓜の春雨鍋
海鮮は、烏賊や海老の他、サザエも入ってました。
そして嬉しかったのは、金針菜!!
緑色の細いものがそうですが、コレ、今年になって初めて食べてかなりはまっているんですよね~。(今回食べるの三度目♪)
野草のユリ、カンゾウのつぼみらしいです。
青い豆にも似た香りがして食感もしっかりとしていて好きだわ~~~。
海鮮や茸から出たダシをた~っぷりと吸った春雨も、言うまでもなくおいしかったです。


f0043911_2222861.jpg茯苓入りのお粥
お粥、もうとろとろですね~。(*^_^*)
これまたお味は薄味ですが、それでもなんとも言えずおいしいんです。
この茯苓と言うのが読めなくて、「何と読むんですか」と聞いたら「ぶくりょう」と読むのだそうで、さるのこしかけだと言われました。


f0043911_2224354.jpgf0043911_22241878.jpg

へ~~~っと思って食べてたら、別のお店の方が「コレがぶくりょうですよ」と言ってこちらを持ってきてくれました。
さるのこしかけと言ってもそのものではなくて、その大元となる菌なんですね。
写真ぼけぼけですが、見たところただの薄っぺらい板が割れてるみたいな形状です。
クンクンしてもそんなに香りはありませんでした。


f0043911_22245248.jpgデザートは杏仁豆腐
春雨鍋、お粥で温まった体にひんやりとした杏仁豆腐がとてもおいしかった~。
上にのってるのはランプータン。


f0043911_22255293.jpgそして、このお茶。
香りにとても特徴があっておいしいのだけれど、何のお茶だか飲んだだけではわからず、聞いてみると、プアール茶に菊の葉をブレンドしてあるのですって。
スーッとする何となく嗅いだことがある香りは菊だったんだ~。
結構強い香りだけれどとてもおいしくて飲みやすかったです。


ふう~、お味は大満足!!!
ここのお料理は中華にしては珍しく化学調味料を全く使わずに作られているのだそうですよ。

ただ、残念だったのは、お料理の説明などを全くしてもらえないこと。
ビール飲んでたら突然コースの料理が書かれてある紙がテーブルに置かれ、いきなり前菜が出てきて、「えっもう始まっちゃったの?」と思った時には運んできてくれた人はいなかった…。
その後のお料理も全部同じような感じで説明もなく置かれてしまい、一応コースで頼んでいるのにこういうことって珍しいよな~とびっくり!
前菜の干し豆腐のことも、黒酢炒めの白身魚がおひょうであることも、おいしいお茶が何のお茶であるかと言うことも、ぜーんぶ聞かないと教えてもらえなかったことです。
ひとつひとつ吟味された材料使ってお料理しているのだろうし、こちらから聞けばどの方もとっても親切に答えてくれるのに、なんだかもったいないですよね。
ホントにおいしかったので、きっとおいしいものが何だったかみんな知りたいと思うんだけどな~。

f0043911_22275788.jpgさて、お腹もいっぱいになり、銀座の歩行者天国をぶらぶら。
広いところを歩くと言うのは気持ちがいい~♪
夫もニンマリ♡


f0043911_22281127.jpg銀座と言えば、やはりここ、和光の時計台ですよね。
何となく高級そうな気がして和光って足を踏み入れないんですが、ここってまだ夕方4時くらいには店を閉めちゃったりしてるんでしょうか。


f0043911_22285140.jpgそしてうわさの不二家も営業再開。
結構人が入ってましたよ。(*^_^*)


f0043911_22291262.jpgさぁ、いよいよ今回の目的地、ギャラリー・オカベ
ここで久我通世さんの個展-アンダルシアの光の中で-が開かれているのです。


久我通世さんは旦那様とご一緒に世界各国を回ってスケッチをしては、それをリトグラフの作品にされている作家さんで、子供の絵本の挿絵なども描かれています。
その旦那様はと言うとプロの写真家で、ちょうど去年の今頃に同じ銀座でエーゲ海で撮影された写真の個展を開かれ、その個展に行ったときのことをこちらの記事にも載せています。
その久我さんご夫妻と私たちとは、沖縄の阿嘉島というところにあるダイビングサービス(今は民宿のみの営業となっています)、ウエストコーストでご一緒させていただいたご縁です。

ギャラリーの前で、あれこれとデジカメをあわてて操作していたら、久我さんの旦那様が気づかれて笑われてしまいました~。(^^ゞ

f0043911_22321737.jpg中に入ると、明るい色の洪水です。
スペインのアンダルシア地方の土というのは実際にとっても赤いそうで、その土の色が描かれている絵も多く、色合いがパーッと明るいものが多いですね~。

全部で何枚のリトグラフがあったかしら。
どのくらいの時間をかけてこれだけの作品を作られたのですかと尋ねると、アンダルシア地方は大好きで何度も訪れているそうで、このアンダルシアをテーマに作品展をしようと決めてから、一番古いものは20何年も前に行ったときのスケッチをも引っ張りだしてきて、沢山のスケッチから選びに選んで、2年間かけてリトグラフの作品にしたそうです。

そう、前述にもある通り久我耕一さんはカメラマンなので、その撮影旅行に同行しては通世さんはその先々でスケッチをしているんですよね。
手作りのキャンピングカーでヨーロッパ各国を回ったこともあったそうで、その時は現地に行って中古のバンを買い、自分たちで改造して寝泊りできるようにしたんだそうです。
すっすごい!!!(゜o゜)
昔はお金もなかったので行ったら一年くらいは行きっぱなしで帰ってこなかったのよ~と笑って話してくださいました。
そんな先々で書き貯めたスケッチが、長い月日を経てこんなにステキな作品になるんですね~。
ものすごーく平凡なゲージュツのかけらも持ち合わせない私たち夫婦から見ると、旅をしてそこの風景、人、空気、匂い…などをこうやって形に表わせることが出来るって、それも夫婦で違う方法でお互いに出来るというのはなんてステキなことなんだろうと思ってしまいます!

f0043911_22395039.jpgそんな沢山のリトグラフの中で私が一番気に入ったもの。
アンダルシアの大地を描かれているものとは少し違いますが、明るい色合いとか生活に使われているものが沢山描かれているところだとか(手前の井戸のところに見えるのは洗濯板!)、窓辺にいーっぱいの花が楽しそうに描かれているのが好き♪
もっと大きな絵の、家が沢山描かれているものも、よーく見るとその家々に洗濯物が干してあったりするのがいいな~と思ってそんな感想を伝えると、「そうでしょ~、私もそういうのが好きなのよ。ホントはこんなに洗濯ものが大きいはずないんだけどね。描いちゃうの。」と笑っておっしゃってました!


f0043911_22403537.jpg夫はふむふむ言いながら、この二つの絵の前で止まっています。
「路地」と言う意味のスペイン語の名前がついてるシリーズの絵の前です。
その中の、こちらは坂道になってる路地の傍らのイスに座っているおばあさんとその傍らにいる猫、そして奥の一枚は似てるんだけど違う路地におじいさんと犬が描かれているものです。
屋根のオレンジ色と空の明るいブルーグリーンの色の対比がとてもキレイ。
しばらく眺めていましたが、決めた!!!とお買い上げしてました~♪
もちろんセットで!
実はおばあさんの方が人気があったようでお買い求めの印のピンが何本か刺さっていたのですが、おじいさんにはなぜかなかったのですよ。
おじいさんの絵の横にも1本ピンが刺さりました♪
そのうち送られてくるようですので、どこに飾るか決めるのが楽しみ。(*^_^*)


f0043911_22412135.jpg記念にと通世さんと作品も入れて写真を撮っていただきました。
カメラマンは耕一さん。
通世さんと一緒に撮ってもらうだけでも貴重なのに、しかもカメラマンはプロ!
とっても得した気分です!!
ありがとうございました♪


f0043911_22414930.jpgそんなステキな時間の後、せっかく銀座まで来たので買って帰りたいものがあり、向かったのは銀座松屋の地下1階。
2月に日本初上陸の「ラ・メール・プラール」。
フランスのモン・サン・ミッシェルにある宿泊施設も備えるレストランで、なんでもオムレツが有名らしく、そのオムレツに見立てたケーキがあると聞き、行ってみました。


f0043911_2242677.jpgこれがその「塩キャラメルのオムレツケーキ」。
かなりの大きさです。
塩キャラメルのクリームの塩はゲラントの塩を使用しているってところがこだわりらしい!
同じオムレツケーキではもう一種類、カマンベールチーズのオムレツケーキと言うのもありました。


f0043911_22423064.jpg切ってみると、ホワイトチョコのムースとベージュのキャラメルクリームが層になってます。
キャラメルクリームを舐めてみると、確かにしょっぱ甘い感じです。
う~ん、一言で言うと全体的に甘いです…。
ムースだからもったりしてるし、その甘いムースと一緒に食べちゃうと塩キャラメルと言ってもあんまり塩の味は感じられなかったな~。
あんまり甘党じゃない私はもうリピートしないと思うわ…。(笑)


f0043911_22424490.jpgそうそう、銀座の街中にもちょっとだけどお花見ポイントがあるんですよ~。
ちょうど満開で風が吹くと花びらがヒラヒラ舞ってとてもキレイでした。
たまには夫婦二人でぶらぶらするのも良いものです♡


こちらのブログ村に参加しています。
とってもステキな一日を過ごしたのねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 グルメブログへ
[PR]
Commented by melocoton1 at 2007-04-02 23:23
中華薬膳、おいしそうですね。 でも説明してくれないというのはちょっと困りますね。 何を食べてるのか、どう体にいいのか、知りたいことが多いのに^^。  私も銀座の超高級ホテルでビジネスディナーがあったときに、すばらしいフランス料理なのにかかわらず、ウェイターさんが料理の説明をしてくれなくて、文句を言う羽目になったことがあります(汗)。 

コラーゲンがたっぷりなメニューっぽいので、お肌プルンプルンになりましたか^^?

Commented by kapacyan at 2007-04-03 02:04 x
銀座でデートなんて素敵~!

薬膳料理の数々、やっぱり日本の中華は繊細です。
ケーキも凝ってて、素晴らしい。
こっちのケーキのレベルは低く、そんなもの売ってないからさ~(涙)

通世さん、お元気そう。ご主人様もお元気でしたか?
通世さんの絵って、とっても暖かくて素敵な雰囲気で、私も好きです。
以前、”ひなの”で旅した時の個展で、南の島の絵を買いました。
一緒に行ったお友達も何枚か買ってて、通世さんの絵は惹かれる何かがあるよね。

銀座と言えば、ダイビングの帰りにビーサンのミッキーを月島まで歩かせた苦い思い出が・・・(苦笑)
Commented by mocataro at 2007-04-03 06:43 x
夫婦で銀座を散策だなんて、うらやまし~~♪
人ごみが苦手&買い物が大の苦手なうちのだんなには例え東京に住んでいたとしても無理なコースだわ。

薬膳、とっても気になります。
よく考え抜かれた食材の組み合わせで、体にも良くてしかもおいしいなんて!
お昼で忙しかったのかしら?でも薬膳で説明なしはちょっと物足りないですね…(さるのこしかけは持って来てくれたのに?)
おうちに絵を飾る、って憧れです。
うちはなぜか壁に穴あけ厳禁なのでカレンダーさえ両面テープで止めてるんですよ!
で、時々それが「バサーッ」って落ちてきて心臓止まりそうになる(爆)
Commented at 2007-04-03 14:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ポプラ at 2007-04-03 16:48 x
薬膳料理に興味津々です!料理の説明は聞かなければ、してくれないのですね。でも、楽子さんはちゃんとたずねてみたんですね。私そういう時なんとなく聞けなくて終わってしまうことが多いです^^;
菊入りのお茶いいですね~。今にきびで悩んでいるんです。香港人が昔、菊入のお茶はにきびに聞くんだよーといっていたのを思い出しました。
「路地」シリーズの絵、すごく素敵~。届くのが楽しみですね!うちもいつかお金ためて←ここ重要(笑)素敵な絵を購入したいです。
ラ・メール・プラール、日本にも進出したのですか~。そういえば昨年モン・サン・ミシェルにいったとき、日本人の観光客でラ・メール・プラールは混み合っていました。オムレツがあまり好きではないので(さらにココの店のは異常に巨大だし・爆)、私たちは素通りしましたが、缶入りガレットは結構フランス全国で手に入ったりします。可愛い缶は現地の方がたくさんありますけど・・・。
FUJIYA、復活なんですか?あー懐かしくて行きたくなりました(また、ないものねだり~・笑)。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-04 00:30
melocotonさん、ここの薬膳、食べやすくてとてもおいしかったです!
おいしかっただけに、この説明なしと言うのが納得できなくてね~。
薬膳こそしっかり説明してもらって食べたいじゃないですか~。
melocotonさんの高級ホテルのフランス料理のコースで説明なしって言うのもかなりのものだと思うけど…。(笑)

実はこの日帰ってきてから風邪が悪化してきてしまい、お肌がプルプルになったかどうか気にする余裕がなかった~~~。
むむむ、とりあえず今日の時点ではあまり変化がないような…。(爆)
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-04 00:36
kapacyan、そう言えばあれは八丈の帰りだったかしら~。
もんじゃ食べに行ったよね。(*^_^*)
確かプリクラも撮らなかった???

ここの薬膳中華はホントに時間をかけて丁寧に作っているんだな~って感じだったよ。
だから尚更説明欲しかったんだけどさ~。
ケーキは私の中ではものすごーく期待してたのよ。
なのでちょっと甘すぎのお味にむむむ…って感じでした…。

通世さんもご主人も元気でしたよ~。
この個展の間中、ご主人は浜離宮そばに停泊したそのヨットひなのに寝泊りしてそこから銀座に通ってきてるんだって。
やっぱりおもしろい方よね!
kapacyanも通世さんの絵持ってるんだ~!
南の島の絵、これまたステキでしょうね~。



Commented by rakurakurakuko at 2007-04-04 00:47
mocaちゃんの旦那様も人ごみ、買い物苦手なの?????
実はうちのミッキーも大の人ごみ嫌い、買い物嫌いよ~。
今回はたまたま個展があったから出かけたようなもので、歩行者天国になってるからそんなに人口密度(笑)高くないのと、そんなに長時間歩かないことと、買い物はデパ地下オンリー、食べ物オンリーだったのがよかったみたい!
これが洋服だなんてことになったらもうお手上げです~~~。
でも、あれだけ旅行なんかも行っていろいろなところを歩いているから、mocaちゃんの旦那様が人ごみ嫌いっていうのは意外でした~!

そーなの、さるのこしかけはなぜか頼んでもいないのに持ってきてくれたのよ…。(爆)
なのに聞かないと説明なしってどーいうことかしらね~。
おいしかっただけにとても惜しい気がします!!

賃貸だからうちもホントは壁にピンは駄目なんだよね…。
大きな絵は突っ張り棒などを利用して飾ってるけど、あとはまっいっかーと石膏ボード用のピンで画鋲サイズの穴開いちゃってるわ…。
引越しするときが恐いよ~~~。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-04 00:53
2007-04-03 14:22の鍵コメさん、なんと、なんと~~~!!!
びっくりしたけど嬉しいよ~~~。
さっそくブログに伺います!!!

色を選んでその体調に合わせたお料理が出てくるなんて、出てくるまでワクワクしちゃいそうですね~。
どの色を選ぶかでその時のその人の健康状態がわかるのかな。
中華街ってうちからだとそんなに近くないのであんまり行ったことがないんだけど、またじっくりと食材の買出しなどをしに行ってみたくなりました!
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-04 01:02
ポプラさん、いくら体に良いとわかっていても、あまりに薬くさかったりするのは苦手なんだけど、ここの薬膳はおいしかったですよ~。
説明なしは、私もあまりのことにボーッとしてしまっていたのですが、おいしかったものが何だったかどーしても気になったので(干し豆腐です)、それを聞いたら勢いづいて次から次へと質問してしまいました!

にきびが出来るってことは若いって証拠ではないですか~。(*^_^*)
菊の花のお茶がにきびに効くというのは私も初めて知りましたが、油分を取り除く効果があったりするのかな。

ラ・メール・プラールってそんなに日本人観光客が多いんだ~!
私など今回日本初上陸っていうことではじめてその存在を知ったのに…。(爆)
そうそう、ガレットのパッケージがとてもステキでした。(でももちろん一種類でしたよ~)
そっちを買えばよかった…ってこのオムレツケーキ食べてから思ったんです!
不二家はこの先どうなるのかな~。
Commented by japolska at 2007-04-05 11:00
素敵な銀座での1日でよかったですね。
こんな薬膳料理なら、私、食べ過ぎてお腹壊してもいいなぁ(笑)。なんちて★
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-05 12:31
japolskaさん、銀座と言うより休みの日の繁華街(?)に行くことさえ少ないわが夫婦なので、貴重な街中外出を楽しくすごせてよかったです~!
薬膳だからなのか結構食べた割にはそんなにお腹がパンパンになった感じがなかったんですよね。
これが薬膳の威力だったとしたらすごいわ~。
ダイエットにも効きそうですよね!
Commented by さんまるいち(けいこ) at 2007-04-05 15:05 x
いつも感心してるんですが、写真がハッキリで良いですね。
私のカメラじゃこうは撮れないんです。
・・・にしても、美味しそう!!
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-06 13:16
けいこさん、実はデジカメを新しくしてまだそんなに経っていないので、まだ慣れてなくてボケボケになってしまうこともあります…。(汗)
レストランだと比較的明るければ何とか写真になりますが、暗いとなかなかピントも合わないですよね。
カメラ、いつもオートで撮っていらしたら、一度マニュアルに変えて「ホワイトバランス」って言うところ(電球の光とか蛍光灯とか晴れの日とかのマークが付いている部分です)をいろいろ変えて撮ってみると意外と上手くいくかもしれませんよ~。
試してみてくださいね♪
Commented by mi-mam at 2007-04-07 09:08
楽ちゃん、横浜名中華街のお店を記憶を頼りに検索したら萬珍楼だったのだけど、その中の薬粥舗(よっちょっぽ)と言うお店だったの。
ところがもう無くて、その代わり萬珍楼点心舗になっていた。
うーん、点心のお店になったのねー。カラーで選ぶ薬膳のお粥、なくなっちゃったー。ごめんね。
でもまた何か情報があったらご連絡します!
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:20
mi-mamさん、わざわざ調べてくれたなんて感激です~!!!
なくなってしまったのは残念だったけど、点心もいいね。(*^_^*)
ここからだと横浜までは気持ち的に意外と遠いような気がして(首都高空いてれば意外とそうでもないんだけどね)、行きたいんだけど行って年に一度くらいなのよ~。
おいしいお店も沢山知りたいし、今度は珍しい食材なんかをGETしに是非行きたいんだけどな~。
なのでまたまた情報ありましたら、よろしくお願いします♪

ロタウィルスの具合どう?
早く回復するといいな~。
by rakurakurakuko | 2007-04-02 23:00 | こんなところに行って来ました | Comments(16)