2007年9月のタイ料理教室

8月がお休みだったので、2ヵ月ぶりのタイ料理教室です。
家でもちょこちょことタイ料理は作ってるけれど、やはり本格的にそして新しいメニューを習うのは楽しい♪
今月も楽しく作っておいしく頂いてきましたよ~。(*^_^*)

f0043911_0403027.jpg
こちらは「パット ペット ヘッド(きのこの辛味炒め)」です。
パットが炒める、ペットが辛い、ヘッドがきのこの意味ですが、なんだか早口言葉みたい!
今回使ったきのこは、しめじ、舞茸、しいたけ、えのき。
う~ん、秋の味覚ですね~。
そのきのこたちのほかに豚バラ肉も入っているのでボリュームも満点!
味付けは、タイの辛い唐辛子プリッキーヌとナムプリックパオ(チリインオイル)、砂糖、ナンプラー。
かなり辛いけれどナムプリックパオの旨味がきのこにとっても合っていて、タイ料理でありながら日本のご飯にもかけて食べてしまいたいようなそんなお味でもありました。

私、日本の秋の味覚を味わえて、とても簡単に作れてすごーくおいしいこのお料理がとっても気に入ってしまいまして、実は今週末、友人が泊まりにきていた折りに早速作りました~。
ちょっと夫には辛かったようですが、友人には好評でした!!

f0043911_0414023.jpg
お次は「ヤム マムアンワーン(マンゴーのヤム)」
ヤムはよく出てきますが和えるという意味で、マムアンがマンゴー、ワーンが甘いと言う意味。
ワーンの言葉どおり、グリーンマンゴーではなく、普通に熟したアップルマンゴーを使って作ります。
甘いマンゴーをデザートではなくお料理で使うのってちょっと新鮮ですよね。

これも作り方はとっても簡単♪
茹でて半分に切った海老とスライスしたマンゴーをレモン汁とナムプラー、砂糖を混ぜたソースで和えるだけ。
器に盛り付けてからローズペッパーを散らしてあるので、彩りもとっても素敵で、辛いお料理のアクセントになる一品です。
このローズペッパー、私も好きで良く使いますが、少し鍋で炒ってから使うと格段に香りがよくなるのだそうです。
今まで多少古くなってもそのまま使っていたので、今度はしっかり炒ってから使います!
女性が集まるパーティーなどで出したらパッと一目を引いて、人気になりそうなお料理です。

f0043911_0423212.jpg
こちらは「プラー ヤーン(タイ風魚の香草焼き)」
プラーが魚、ヤーンが焼くという意味です。

今回のお魚は鯵。
本当はもう少し淡白なお味のいさきを使って作りたかったのだそうですが、いさきが手に入らなかったので鯵にしたそうです。
私が先生のおうちに着いたときにちょうど自転車で帰ってきた先生の旦那様と一緒になったのですが、どうやら最後の最後までいさきを探しにあちこちへ行ってくださっていたようです~!

f0043911_0494633.jpgさてこの鯵に切れ目を入れてそこにペーストを入れ、更にあまったものを表面に塗ってから焼いていますが、このペーストがまたまた私好みのお味♪
なぜかと言うとシーズニングソースが入っているから~。(あの味大好き♡)
シーズニングソースの他にはルートパクチー(パクチーの根)、ニンニク、黒胡椒、砂糖と香りの良いものばかり。
これをグリルで焦げ目がつくまで焼いたときのその香りと言ったら、これまたご飯が進んでしまいそうな危険な香りでした!


f0043911_04467.jpg
デザートは「抹茶のムース」
角が立つまで泡立てた卵白と抹茶を甘くしてゼラチンを溶かしたもの、生クリームを泡立てたものを混ぜあわせて、冷蔵庫で冷やし固めたムース。
黒蜜をかけていただきます♪
甘さ控えめで抹茶のほろ苦さも感じられるムースに黒蜜の組み合わせはこれはもう誰でもがおいしいと思うに違いないお味。
最近日本のデザートだけでなくフレンチなどでも注目されているという抹茶。
辛いタイ料理の後のデザートにもぴったりですよ~。

そして今回はまだまだ出てくるデザート。(*^_^*)

f0043911_0445397.jpgこちらはタイのお土産に頂いたキャラメル。
色とりどりで、それぞれ違う野菜で作られているんです。
ちょっぴりグミみたいな食感で、甘さも香りも自然な感じでおいしいです!
去年頂いたこちらと似てますよね~。
どちらも手作りの素朴な感じがよいわ~。


f0043911_0473559.jpgこちらは先日行ったモルディブのお土産のお菓子。
ココナッツとヤシの砂糖だけで出来ているこれまた手作りの素朴なお菓子です。

f0043911_048027.jpgこんな風にバナナの皮で包まれて売っているものを市場で買ったのですが、空港のお土産屋さんでも売っていたので、これと言った地元産の食べ物がないモルディブでは数少ない地元の材料で作っているお菓子なのかもしれません。



こちらのブログ村に参加しています。
とっても秋っぽくておいしそうなお料理ね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by emilia2005 at 2007-09-26 03:38
私もマンゴーのヤムに惹かれました~!
アジアのお料理は、甘い果物を炒め物や和え物に
ふんだんにつかいますね。酢豚にパイナップル…とか。
私はこういうのが大好きなのだけれど、頭の固~いイタリア人には
中々受けいれてもらえない組み合わせのお料理です(涙)
Commented by あかまる at 2007-09-26 13:52 x
よくはわかりませんが・・きっと、美味しいに違いない。
Commented by まつしま at 2007-09-26 22:27 x
先日はお教室でご一緒できてうれしかったです!
ブログ、これからもたのしみに拝見させていただきますね。
Commented by みかみか at 2007-09-27 03:03 x
きのこの辛味炒め、すっごく美味しそうです~♪
きのこ大好きなんですよ~、とってもタイムリーです(笑)
最近スーパーでシメジ、平茸、シイタケなど見つけたのでこちらでも手に入るきのこで作ってみようかなと思います。
Commented by Rakurakurakuko at 2007-09-27 11:39
エミリアさん、イタリア人って頭が固いんですか~?
なんだか意外な気がします。
お料理にフルーツって好き嫌いが分かれますよね。
マンゴーは大丈夫だけど、実は私酢豚にパイナップル、ニンジンサラダにレーズンというのがちょっぴり苦手だったりして…。
他のものに入っているのは好きなんですけどね!
Commented by Rakurakurakuko at 2007-09-27 11:40
あかまるさん、いらっしゃいませ~♪
よくわからないけどおいしい…!
そう、最初はそこから始まりますよね。(笑)
Commented by Rakurakurakuko at 2007-09-27 11:44
まつしまさん、先日はありがとうございました!!!
お土産のキャラメル、可愛くて素朴な味がおいしくて、なかなか行けそうで行けないタイなので嬉しかったです。(*^_^*)

先日のお教室の時にはその後の予定があり、なんだか最後にみなさんを急かしてしまったような気がして恐縮しております。
バタバタとすみませんでした。
第三土曜日のクラスでは私だけが比較的新参者なので、まだ習っていないオーソドックスなタイ料理などもあるんです。
今度そんなメニューのときにまつしまさんのクラスに乱入してしまうかもしれませんので、そのときにはまたどうぞよろしくお願いします♪
Commented by Rakurakurakuko at 2007-09-27 11:47
みかみかさん、ブログで見ました~♪
日本のきのこのパック、ゲットされたんですよね。(なんだか時間がなくて読み逃げにて失礼してました…^_^;)
日本の素材が手に入ることは嬉しいことですよね。
辛味炒め、最初にニンニクを油で炒めて香りを出したところに肉をいれきのこを入れてから調味料で味付けるだけなのでとっても簡単です。
確かナムブリックパオは4人分で大匙1くらい、プリッキーヌは8本入れました♪
Commented by ラニカイ at 2007-09-27 14:22 x
パペットマペット???って思っちゃった(^^ゞ
そして、早口言葉で頑張ってみたけど・・・言えなかったです。

ほんと、日本のご飯にも合いそうなおかずですね。

マンゴーがまたキレイ~
甘いマンゴーでも、おかずになってしまうのですね。

タイ料理の料理名も『焼く』『甘い』とかストレートにつけるんですね。

Commented by Rakurakurakuko at 2007-09-28 10:23
ラニちゃん、パペットマペット、似てる、似てる~~~。(*^_^*)

あの甘いマンゴーがおかずになるなんて、一瞬びっくりでしょ。
色合いもきれいだし、こういうのが一品あるとテーブルが華やいでよいですよね。

タイ料理の名前はそのまんま食材と調理法みたいなものが多いです♪
Commented by tuguki3964 at 2007-10-01 15:31
パット ペット ヘッド を作るつもりだったのに、何だか、ヤッパリ、パペット・マペットになっちゃたよぉー...。
ちょっとづーつ、ちょっとづーつ、辛いもの、ニョクマム、パクチーに免疫を付けさせて、おうちで美味しいタイ料理を楽しめるようになりたいものです。
Commented by Rakurakurakuko at 2007-10-02 09:54
tugukiさん、パペット・マペット~~~!(笑)
そうそう、ちょっとずつちょっとずつですよね。
うちのもイマイチお子ちゃま舌なのでちょっとずつです…。^_^;
ブログに伺います~♪
by rakurakurakuko | 2007-09-25 00:51 | タイ料理教室 | Comments(12)