ダッチオーブンがうちにやって来た♪

f0043911_0332022.jpg
ダッチオーブンというものを知ったのは、確か結婚したての頃。
昔オランダ人が売り歩いていたというその鉄鍋は、やたらと重くてやたらと大きくてやたらと手入れも大変そうなんだが、なんだかやたらと便利でやたらとおいしいものが出来るらしい!
アウトドアには欠かせない鍋らしいけど、キッチンで使っても良いらしい!
へぇ~そんなものがあるんだ~となぜかやたらと心の片隅から離れなかったダッチオーブン。

少し前からキャンプをするようになり、そのダッチオーブンというものが欲しくなってきた!
だってこれさえあれば外なのに鶏一羽丸ごとのローストチキンが出来ちゃったり、パンが焼けちゃったりするすんだよ~。
なんて魔法のように素敵な鍋♪
…と夫にささやきかけるように日々ダッチオーブンの魅力を語ったり、さり気なくダッチオーブンの本を買って置いておいたりした努力を重ね、そのささやき作戦の甲斐あって夫もダッチオーブンに興味を持ち始めたのです。
そして、このたびいよいよ我が家にダッチオーブンがやって参りました~♪

f0043911_0334968.jpg
じゃーーーーん!!!
でかいです!
えっどのくらいかわからないって?

f0043911_034261.jpg
このくらい大きいんですよ~。
隣のルクはペ○シのおまけのマグネットじゃありませんよ~。(笑)
22センチのココットロンドです。

ダッチオーブン本を読むと、まず買うならば鶏が丸々入る12インチを選ぶべきと書かれてあるのでそれを選んでみましたが、これがもう大きいのなんの、重いのなんの…。
ルクでさえお皿洗い係の夫は「重すぎる…」と嘆いておりましたが、このダッチオーブンはなんと蓋だけで3キロ本体全部で8キロという超横綱級でございます。
ひぃ~思った以上に重いぞーーーー!

先週末にこのダッチオーブンがうちに届き、これはシーズニングという準備をしないと使うことが出来ないので、1週間待っていよいよ先日の土曜日に初ダッチオーブン料理となりました~♪
ちなみにこのダッチオーブン、いつかはダッチ♪と決めたその日から名前がついていたんです。
うふふ、このうちのコ、○ダッチオーブンと申します~。
私の本名をご存知の方は苗字の一番上の文字を○の部分に入れて呼んでみてくださいませ。"^_^"

さて、まずはじめに何を作ろうかと悩む我が夫。
ノーテンキな私は「やっぱり鶏一羽買ってきてクリスマスの予行練習でローストチキン作っちゃう?」なんて言ってたんですが、意外と生真面目クンの夫は本を熟読した結果、一番最初に作るのは油を馴染ませるためにも油を沢山使う揚げ物が良いと言い、KFC風フライドチキンを作ることになりました。

その前にシーズニング
最初に空焚きして元々ついている塗装?油?を焼き(欲しい欲しいと言っていた割には私はよくわかってません…汗)、その後たっぷりのオイルでくず野菜を炒めて油を馴染ませます。

f0043911_0383229.jpgどうせその炒めた野菜は食べるわけではなく捨てちゃうんだから普通のサラダオイルで炒めるものだと思っていたら、何と夫は気合十分にオリーブオイルを手にしてる~!
普通の油にしたら~と横から意見してみると、今までも中華鍋を使い終わった後にはいつもオリーブオイルを塗っていてそれがとても調子が良いのだそーだ。
知らなかった…。(-_-;)


f0043911_0384618.jpgそしてくず野菜を入れて炒める、炒める♪
油が焼き切れるまでと書いてあったらしいけど、一体どのような状態なのか2人ともよくわからず、まぁ何となく油が馴染んだだろうというところで終了。
その後キレイに洗って、さぁ~ダッチオーブン料理の始まりだーーーーー!


今回はこのユニフレームのダッチオーブンを買ったときについてきたレシピ本に習って作ってみることにしました。
「ナツメグってなんだ?パプリカってあの野菜のこと?」と言うので、まずはその鶏の味付けは私が担当することに。
鶏手羽元を30分程度牛乳に漬けてから(なぜ牛乳に?と聞かれたので得意満面ににおい消しだよと答えた私♪)、小麦粉(薄力粉)と塩、胡椒、そしてナツメグとパプリカを混ぜたものを袋に入れ、そこに鶏手羽を入れてシェイク、シェイク♪

f0043911_0402129.jpgダッチオーブンを温めてから、底から1cmくらいの高さまで油を入れ、油が温まったところで小麦粉が絡まった手羽元を入れ、そのまま蓋をして約10分。
なんだかこんなちょっとでいいの?って言う油の量だし、そんな少しの油で10分も揚げてしまってよいのかしらとちょっと心配。
しばらくするとシューシューと蓋と本体の隙間から蒸気が出てきます。
(それにしてもガス台まわりが超汚いです…。翌日一応お掃除しましたよ~汗)

あ~これって圧力掛けて揚げるってことですよね。
そうそう、昔ケンタッキーの宣伝で、圧力鍋の大きいのみたいなのに入れて蓋をして、圧力弁みたいなところからシューシューと蒸気が出てたもんね~。
ほっほー、あれと同じようなわけなんだ~。

そして途中一度蓋を開けるとなんとその下になっている面はよい感じに揚げ色がついていたので、肉をひっくり返してまた蓋をして更に10分弱揚げます。
そして最後に蓋をとってそのまま少々揚げ続け、皮をカリッとさせれば出来上がり~♪

f0043911_0405494.jpg
これが出来上がったケンタッキー・フライドチキンならぬミッキー・フライドチキン♪
手に取って齧ると、あぁ皮がこんなにカリっとしてるのに中はジューシーで正にケンタッキーのあのチキン!!!
「すごいね~おうちでこんなにカリッと揚げ物が出来たことないね~」と2人で興奮しながら食べました!(でもよくよく考えるとうちはあんまり揚げ物しないので今まで…と言ってもものすごーくサンプル少ないです^_^;)
チキンにはやっぱりポテトが付き物でしょう♪と言うことで奥に見えるのはフライドポテト。
ポテトも蓋をして揚げましたが、こちらはあっという間に出来上がりました。

あ~このカリカリ感は正に圧力の賜物と言った感じで結構感動でしたが、欲を言えば肉に味があまりついていなかった~!(>_<)
小麦粉にスパイスや塩を混ぜながら「これでホントに味がつくのかな」と疑問をもたないでもなかったのですが、一応最初なので本の通りに作ってみたんですよね。
次回はまずは鶏にスパイスをすりすりしてしみこませてから最後に小麦粉はたいて揚げてみたいと思います。
チリペッパーもすりすりしてスパイシーチキンにしちゃうんだ~♪

f0043911_0413297.jpg
さてこんな具合の初ダッチオーブン料理でしたが、夫を洗脳すべく買ったダッチオーブンの本というのがこちら。
日曜日の遊び方 ダッチオーブン
菊池仁志さんと言うJDOS(ジャパン・ダッチ・オーヴン・ソサエティ)の会長でいらっしゃる方の著書です。
そしてこの方こそ、実は私が最初にダッチオーブンを知ったテレビ番組、NHKの「趣味悠々」でダッチオーブンについて語り、使い方を説明していた鉄鍋おじさんだったのです。

そして更にこの菊池仁志さんはピエトロと言う名前でイラストレータもしています。
シーズニングのところでリンクしたページは菊池さんの絵なんですよね~。

そしてそして更に私がびっくりしてしまったのは、このピエトロこと菊池仁志さんは、なんと何とあの故・森瑤子さんのテレビ化されて人気を博した小説「デザートはあなたの主人公のモデルとなった方。
森瑤子さんがピエと呼んでいたあのお方だったのです~!!!
あの頃はまだ大手広告代理店の社員でしたが、今は独立されダッチオーブンの普及活動や著作、そしてイラストレータとして活躍中。
いや~あのピエがね~。
確かにね~、日曜日の遊び方にも書かれていますが、菊池さんはカウボーイ修行のために長期でネバタ州まで行ってますから。
そんなことマジでするのってあの「デザートはあなた」の俊介以外にいないでしょう!!!
この「日曜日の遊び方」のダッチオーブンレシピの中には、森瑤子風というそば粉のパンケーキなんていうのも載っており、森瑤子さん好きの私にはたまらないのよ~。

そんな森瑤子さんが亡くなってしばらくしてから出したという料理本、その名も「森瑤子の料理手帖」があり、確か前にsalahiさんからその話を聞くも絶版になっていて手に入らず…。
でもその料理本を去年たまたまAmazonのマーケットプレイスで見つけた私♪
しかもかなりのお値打ち本だと思うのに(森さんのファン、森さんの料理のファンは多いから)定価以下でピカピカだったのです。
今確認したらどのサイトでも入手不可となっているので、ものすごくラッキーでした。
この本のこともいろいろと紹介したいのですが、とてもここでちょこっとだけ紹介ではすまないほど素敵な本なので、そのうち別記事でご紹介したいな~。

f0043911_047525.jpgそしてなぜそんな話をしているかと言うと、その本の中に菊池仁志さんが載っているのです。
森瑤子さんの周りの男性が森瑤子さんのために料理を作ると言うコーナーで、この今や鉄鍋おじさんとなっている菊池さんが森さんのために蓮の葉包みのご飯を作っているのです。
あぁ…あの小説では廻耀子のために与論島で俊介が作ろうとしたあの蓮の葉包みのご飯ですよ~。
この笑顔がね~良いのよね。
いかにも苦労してませーーーんって感じ。(笑)

あ~ダッチオーブンを機に再会してしまったピエこと菊池仁志さん。
いろんなレシピを試したくなります~♪


こちらのブログ村に参加しています。
8キロの鍋ってどんだけ~~~って方も、ダッチオーブンって気になってたのよ~って方も、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by salahi at 2007-12-04 01:59 x
○ダッチオーブンで揚げたミッキー・フライドチキン、すっごく美味しそう!パリパリ感が画像から伝わってきます♪
私も欲しいな~なんて思ってたのですが、重さが8kgもあるんですね。それってうちの赤子より重いですよ~(と、ぶら下げて比較してみたり^^;)。

あの本に登場する菊池さん=ピエトロ=鉄鍋おじさんだったんですね。ダッチオーブン本も気になります!

フライドチキン、私はバターミルク(又は牛乳&ヨーグルト)に塩大目&おろし玉ねぎを混ぜた中に数時間~一晩漬け込んでます。スパイスをすり込む方法も良さそうですね^^
Commented by みかみか at 2007-12-04 05:26 x
ダッチオーブン、キャンプでも使えるからこれから大活躍しそうですね。↓楽子さんたちがキャンプをするとこんなにすごいキャンプになるのね~と感心&羨ましく指をくわえて記事を読みました(笑)
そうそう、この前日本のテレビを見たときに沖縄ではケンタのチキンがおかずとして食卓に上がるというのをやってました。
確かに味は濃い目だし変ではないですよね~。ミッキー・フライドチキン、とても美味しそうでご飯にあいそうですね♪
また色々とレシピを開発してダッチオーブンを使いこなして下さいね。楽しみにしてます。
Commented at 2007-12-04 05:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りりんこ at 2007-12-04 11:35 x
楽子さんも森瑶子のファンだったんですね~!
私も、人生の師匠と崇めております。
もちろん「料理手帖」も持ってますよー。
ヨロン丼はちゃっかり私のオハコにしちゃってます。(*^。^*)

今年の春には念願だったお墓参りをしてきたんです。
高台にあるお墓からは美しい海が望め、やさしい風が吹いていました。
少しだけお話もしてきました。

次女のマリアさんのブログがあるので↓今度覗いてみて下さい。
時々お母さんの事も書かれています。
http://blog.livedoor.jp/mariab/

Commented by ポメマル at 2007-12-04 11:50 x
あ~~!ダッチオーブンだ~。
これも欲しいといつも狙いながら買えずにいるものの一つです。
キャンプに行く予定もないし、家の中で使ったらガスレンジのホーローが焦げ焦げになって掃除が大変ではないかと見てるだけです。
それにしても大きいものを買いましたね。きっとこれ一つでは足りなくなるでしょうね。パンを焼いたりとなると3つくらいいるんじゃない?
これからのキャンプが一段と楽しいものになりますね。
Commented by melocoton1 at 2007-12-04 15:40
素敵~(ミッキーじゃなくて、お鍋ね 爆)。
ダッチオーブン、ずーっと気になってるんですが、キャンプとかしないので、無駄かな~と。 でもチキンすごいおいしそうなんですけど!!!
Commented by 風見鶏 at 2007-12-04 15:55 x
うわー!ダッチオーブンだ!
何年か前にテレビで紹介されているのを見ました。
アウトドアで使うのはもちろんだけど、家で使うのもいい!って紹介されていて、気になっていたのですが・・・
重たいんですね。ルクよりも重たいんじゃ洗うの大変そうですねぇ。

ミッキー・フライドチキン、いい色でとってもおいしそうです!
こんないい色のチキンが出来上がるなんてダッチオーブン素敵すぎます!
楽子さんの今後のダッチオーブンお料理が楽しみです♪
Commented by ぴかまま at 2007-12-05 02:45 x
す・すご・・・蓋だけで3kgって・・・
とても私には扱えないよ〜。
あっ、そもそもうちのシンクじゃこれ洗えないかも(爆)。

横で>みかみかさん
ケンタのチキン、北海道でもご飯のおかずに食べま〜す。
あの番組私も見てたけど、のし紙が用意されてるの以外は私にとっては全然当たり前で、どこが不思議なの?どこが珍しいの?普通やらないの?と母と2人で首かしげてましたよ(笑)。
Commented by みかみか at 2007-12-05 04:43 x
楽子さん・・・横でごめんなさい。

>>ぴかままさん

初めまして!
あの番組ご覧になっていたのですねー。
北と南で同じようにおかずにして食べているのですね。なるほど~。
地域によっては当たり前のことが他のところだと珍しいということがありますものね。
味も濃い目だしご飯にあうからこういうのもありかも!と思いながら・・・まだ食べていないのですが(笑)
教えていただきありがとうございました♪
Commented by えーちゃん at 2007-12-05 06:43 x
すごいですねぇ~ダッチオーブン自分で持っている人なんて初めて!
しかし鶏がまるごと入るからって楽子さん、これデカくねぇ~(笑)

うちはIHクッキングだからダッチオーブンは使えないかも?そもそもこんな大きいものどこにしまったらいいやら・・・おろおろ。

でもフライドチキンがプロ並みにできてしまうって凄いっ!
酉年の鳥恐怖症だけど鶏肉大好きなえーちゃんです。
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 12:45
salahiさん、○ダッチオーブンで揚げたチキン、結構良い具合に出来てるでしょ~。(*^_^*)
重い重いと聞いてはいましたが、届いてみてまたびっくりでした!(笑)
キッチンで使うだけだったらもう少し小さなサイズのほうが良いかもですね。
一回り違うと一気に5キロまで軽くなるので、使いこなせそうです。

この料理手帖、あれからなかなか見つからず、あるときふと見たら買えたんですよね。
買ったときにはこの人がピエだとわかっても、鉄鍋おじさんだとは知らなかったので、それがわかったときにはなんだか一人で「縁」のようなものを感じてしまって、一人で感動してました。(笑)

そっかー、ミルクに調味料を入れちゃえば良いのね!!
今度ぜひその方法でやってみます。
今回は小麦粉にすべてを混ぜて作ったのだけど、たくさん入れた割りに味がつかないし、スパイス入り粉がいっぱい余っちゃってもったいなかったのです。
あ~こうなるとリベンジするのが楽しみだわ~!
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 12:51
みかみかさん、今回のこのでかいダッチオーブンは一応キャンプで使うことを考えて(というかそれが目的♪)選んだのでこんなに大きいのになってしまいました。
届いたときには「あれ~大きすぎたかな」と思いましたが、いくつも買うものではないので大は小を兼ねるということでいいのかななんて思ってます。

KFCのチキンをおかずにご飯を食べるってやったことはないけど、私もあんまり不自然に思わずに食べちゃうかも!
普通の鶏の唐揚げだとおかずになるからいっかーみたいな。(笑)
沖縄はアメリカ人も多いし何でもないときでもローストチキン食べたりする人たちだから、フライドチキンもよく食べるのかもしれませんね~。
それからケンタでフライドチキンを買ってきておかずにって言うのは、
共働きの子沢山が多いから時間短縮の意味もあるのかもね。

とりあえずせっかく買ったのでいろいろ試してみますね。
次は夫が言うにはチャーシューを作りたいのだそーです!

Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 12:53
2007-12-04 05:52の鍵コメさん、そーなのよ、とうとう買ってしまったのです!
ミッキーは結構真剣に本など読んで、今回のシーズニングとフライドチキンも緊張しながら作ってたよ。(笑)

例のクリスマスの件は無理ってことかな~?
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 12:59
りりんこさんも森瑤子さんのファンでしたか~!
しかもお墓参りまで行ったなんてすごーい!!!
次女のマリアさんは「小さな貝殻」書いた人ですよね。
ブログも早速見てきました。
結婚されたのかと思ってましたが、三崎に住んでいるんだ~!
あれから書かれていないみたいだななんて思ってたけど、元気で暮らしているのですね。
結構バッシングもあったと思うけどよかった、よかった。(*^_^*)

ヨロン丼は私も作りました~♪
あれって簡単でよいのよね。
昨日食べたことあるはずなのに夫がなぜか「ヨロン丼食べてみてたーい!」と食べてことも忘れて言ってました。(笑)
Commented by kapacyan18 at 2007-12-05 15:22
>○ダッチオーブン
きゃ~!ばっちりなネーミングだね!
それにしても、日本で12インチ、8キロとは思い切りましたね。

実は昨日、旦那が天ぷらを作っていて、
揚げ物用にダッチオーブンが欲しいね、と話していた所だったの。
今まではLODGEの蓋つきスキレットで揚げ物していたんだけど、やっぱり深さがないからね。
そんなに美味しそうなフライドチキンが出来るのなら、
やっぱり欲しいかも。
調べたら、Chicken Fryerなんて物もあるみたい。

>何と夫は気合十分にオリーブオイルを手にしてる~!
高級オリーブオイルだったら、やめて~!って感じだけど、
>いつもオリーブオイルを塗っていてそれがとても調子が良い。
という結果に基づいた行動だったなんて、恐れ入りました。
みっきー、なかなかやりますね。
いつかミッキーのフライドチキン、食べさせてね!
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 16:51
ポメさんもダッチオーブン狙ってましたか~。(*^_^*)
もしかして階段の下あたり探したら出てくるってことないかなー。(笑)
私のはキッチンでも使える仕様の足が付いてないタイプなので、まぁ周りが熱くなることはあるかもしれないけどこげこげになるということはないような気がします。
ルクじゃないけどこれは魔力にはまりそうで、ほんとにいろいろ欲しくなってしまうかも!
既に夫は次に買うのだったら8インチと速攻で答えが返ってきましたから…。^_^;
でもね、まぁ現実問題として置き場所確保しないとなかなか変えないけどね。
ふぅ広いキッチンが欲しいわ~。

Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 16:54
meloさん、素敵でしょ~、ミッキーじゃなくてお鍋が~~~。(笑)
やっぱりmeloさんも気になっていましたか!
キャンプしなくてもmeloさんちはお庭があるのでそこでやったらサイコーなのでは?
友人宅でもお客様が来るときには、旦那様が張り切ってテラスでダッチオーブンで料理して振舞うそうなんです。
そのうちがログハウスということもあり、想像しただけで素敵なんですよね。
ぜひぜひmeloさんもダッチオーブン仲間になりませんか~。(*^_^*)
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 16:57
風見鶏さん、そうなんですよ、良いのだけれど重いのです…。^_^;
でもね、これは一番大きなタイプなのでかなりのものだけど、キッチン専用ってことでもっと小さなのを選べばルク感覚で使えるかもしれませんよね。
大体私、揚げ物が超苦手なので、今回は放っておくだけでこんなにカリッとなったことに感激しました!
なにやら次に作るものも決まっているようなので(いちおーダッチは夫担当なんです~)、またご報告できるかと思いまーす!
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 17:03
ぴかまま、蓋だけで3キロってちょっと引くでしょ…。^_^;
私ももう少し軽くて扱いやすいものだったら気になった時点で買ってしまったかもしれないけど、これは一人では手に負えないと思い何とか夫主導になるようにささやき作戦を続けました!(笑)

フライドチキン、私はテレビは見てなかったけど話を聞いててご飯と一緒にでも食べられるかな~なんて思ってしまった~!
唐揚げはご飯のおかずやお弁当の定番だしね!
うちの唐揚げは北海道のさんぎっぽい感じの粉をつけないべたっとした感じのだったけど、あの濃い味はなかなかご飯がすすむのよね。
あれもダッチでやればおいしく揚がるのかな…。

Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 17:07
えーちゃんさん、初めてのダッチだからなおさら感じたのかもしれないけど、届いた瞬間びっくりするほど大きかった~!
鶏一羽料理することなんてそんなに頻繁にあるとは思えないのだけど(汗)、でもいくつも買う予定もなかったのでとりあえずは万能に使えるものをといきなりこんなに重いの買っちゃいました!
うちが今回買ったのは、鋳鉄のものではなく中華なべの素材を果てしなく厚くしたものなんだけど、中華なべもIHに使えるものばかりじゃないからコレは使えないのかな~。
でもなんと言ってもえーちゃんのおうちには広~いお庭があるではないですか~。
あそこで作ってお客様に振舞ったら、それこそ絵になる素敵さだと思いますよ~。
ぜひいかが?(笑)
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-05 17:13
kapacyan、○だっちオーブンって名前、良いでしょ~。
すっごい自信作なの。(笑)
さすがkapacyanはLODGEの蓋つきスキレット持ってるんだ~!
ちゃんとした鋳鉄のだと使い込んでブラックポットになっていく様も良いんだろうな~。
うちのは足のないキッチン仕様で素材も鋳鉄ではなく中華なべと同じ素材なのよ。
手入れが簡単ってことでこっちを選んでしまったのです。
スキレットも欲しいんだけどね、おき場所なくて…。(泣)
あっそうそう、ダッチはまだ買えないかな~って思ったときに100円ショップで売ってる100円のスキレットというのが日本で流行って(これが100円のくせにちゃんとした鋳鉄で出来てるすぐれものなのよ~)、これなら欲しいかも~って思ったときには既にどこでも品切れ状態。
その後鉄不足で商品自体がなくなってしまったようで残念です!
Commented by ポプラ at 2007-12-05 18:57 x
ダッチオーブン、素敵~。
ミッキー・フライドチキンも素敵、きゃ~!

ダッチオーブンって、そんなに重いんですね(驚)
欲しくても置く場所がうちには無いわ・・・それに夫は厨房に立たないので、一人で8キロの鍋はきつそう。

そういえば、うちの方ってKFCないんですよ。フランスでも都会にはあるんですけどねぇ。で、KFCの味を真似した、スパイシーなフライドチキンを時々作るんですけど、味付けがあまりにも濃いのでビビります^^;でも濃くしないとKFC風にはならないのです。

「森瑤子の料理手帖」、私も欲しいわ~。絶版だなんて残念。
Commented by tuguki3964 at 2007-12-06 14:02
ダッチオーブン、もうかれこれ20年近く迷い続けてるんです...。
フライドチキン、かりっと美味しそうですね...。

アメリカで、毎年、ダッチオーブンを使った料理コンテストがあるの...楽子さんならご存知ですよね...。
あれを見るたびに、参加者のあまりの情熱にかえってひいてしまうことも...。

今年からキャンプに目覚めた友人が、今買おうかどうしようかかなり迷ってるんで、なんとか買わせようとがんばってます。

今後も、ダッチオーブンの活躍楽しみにしてますんで、よろしく~!
Commented by りりんこ at 2007-12-06 15:35 x
早速マリアさんのブログ見ていただいたんですね~!
そうそう「小さな貝殻」書いた方です。

今は専業主婦で、サーファーのご主人と幸せに暮らしていらっしゃるようですが、
こうしてブログを読んでいると、お母様の才能を引き継がれているんだな~
と、思います。

懐かしくなって「料理手帖」をパラパラとめくってみたのですが、
そこにも載っている亀海昌次さん、今年の初めに亡くなったんですよ。
与論島のお墓参りから帰ってすぐこの訃報を知ったので、
なにか不思議なものを感じました。

今頃二人は再会して、また恋に落ちているかもしれませんね。。。
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-07 14:53
ポプラさん、ダッチオーブンちょっといいでしょ~。(*^_^*)
しかしなんと言っても重いんですよね…。
この下のサイズだと一気に5キロまで軽くなるのだけど、それにしたってかなりのもの。
蓋持ち上げるのも大変でした。
そちらにもKFCないんですね。
でも何でも作れちゃうポプラさんだったらチキンだってカリッと揚げられるだろうし大丈夫!!!
カリッとした感じは今回上手くできたので、今度は味付けをもう少し工夫してみたいです。
「森瑤子の料理手帖」中身もかなりの充実で、しかもイラストも森さんが描かれているのだけど、コレがなんともセンスがあって、ますます何でも出来る人だったのだわと再認識したのでした。
復刊com.などにもリクエストが寄せられているみたいなので、もう少し何かを加えて再出版されたらいいのにな~なんて思います。

Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-07 14:57
tugukiさ~ん、なななんと20年も迷ってるの~~~。(笑)
でもこの重さと場所取りだものね、迷うのもわかるような気がしますが…。^_^;

ダッチオーブンの料理コンテストがあるなんて全然知りませんでした!(爆)
多分かなりのアウトドアマニアの方が出場するのでしょうから、かなりマニアックで他の方にはわからないこだわり(笑)があるんでしょうね。
そのくらい極めたらそれはそれで凄いと思うけど、うちはまだまだ底まで到達しそうにないし、到達するとも思えないわ~。
それでもせっかく買って、しかもはじめてのフライドチキンがかなり満足のいくものだったので、これからもいろいろ試してみますね。
そのお友達の購入起爆剤になるべくがんばりまーーーす!
Commented by Rakurakurakuko at 2007-12-07 15:01
りりんこさん、そうそう見てきました~♪
せっかく素敵に暮らしているのだから、それこそ料理手帖をもう少し膨らませたものを上梓されたりしたらいいのに!
なんとなくね、物語はあの森瑤子さんにしか書けないよう気がするけど、お嬢さんだからお料理だっていろいろ見て覚えたりしたでしょうし、活かしてほしいな~。

亀海昌次も亡くなられていたのですか。
そういう世代と言ってしまえばそれまでですが、でもちょっと早いですよね…。
ねぇ~あの本ではゴルフ場の駐車場でお料理広げていたのに…。
なんだか時の流れを感じてしまいました。

by rakurakurakuko | 2007-12-04 00:59 | お肉のお料理アイディア | Comments(27)