今年はおばけきゅうりが大活躍♪

みなさま~、突然ですがおばけきゅうりって知ってますか~?

f0043911_181835.jpg

とにかく大きいこのきゅうり。
ええ、正式名は知りません!^_^;
うちは実家の父が家庭菜園で作っており、毎年夏になるとこの1本で軽く700gはあるおばけきゅうりがキッチンにゴロゴロ状態になるんです…。
少し前の記事にこのおばけきゅうりのことをちらっと載せたら、意外とみなさんご存知のようでしたので、スーパーなどには並ばずとも畑をやっている人たちの間では意外と人気の品種なのかも。
病害虫に強いとかきっと何か育てて楽しいことがあるのでしょう!
でもねぇ、普通の八百屋さんなどに並ばないってことは、やはりこのサイズは現在の家庭向きではないし、ただ育ちすぎたきゅうりみたいに見えるので人気がないんだろうな…。(-_-;)

f0043911_1101411.jpgどのくらい大きいかと言うと、こんな感じ。
太い部分なんて、私の腕の太さと大して変わりがないくらい!


f0043911_1103718.jpgこれだけ大きいと中の種も大きい!
まるでメロンのような種が入っております…。
この種と中心部のよれよれしているところをスプーンでくり貫いて、外側のみ食べます。


このおばけきゅうりり、何と言っても大きいので1本食べ切るのも大変だし、あまりにみずみずしすぎてちょっと味が薄いような気がするし、おまけに皮は硬いし、まぁ私的にはあまりお薦めきゅうりではないので、今までこれを一度に沢山持たされると「ええーっこんなにいらないのに…」って感じになっていたのです。

ところが、なぜかこの夏、このおばけきゅうりのおいしい食べ方を沢山発見してしまったのですよ~。
今まではただ邪魔だよな~と思っていたおばけきゅうりが大活躍♪

f0043911_1113194.jpg
こちらはおばけきゅうりの梅ジャムネーズサラダ
皮を全部剥いて、タテ半分に切り種の部分をくり貫いたきゅうりをザクザクと太目の千切り風に切り、そこに梅ジャムのソースを入れて和え、器に盛り付けてから回りにピーラーで薄く剥いたおばけきゅうりを飾り、最後にピンクペッパーを散らしてあります。

梅ジャムを使って作るソース、「梅ジャムネーズ」は、vruocculuさんが命名された梅ジャムを使ったソース。
梅ジャムにオリーブオイルをあわせるととろ~んとマヨネーズみたいなソースになるので梅ジャムネーズ。
これがとってもおいしそうだったので、お気に入りの南高梅ジャムを使って真似してみました。
ケッパーを切らしてたので、酸味付けも兼ねて冷蔵庫で眠っていた「レモンの塩漬け」(salahiさんのレシピ)を刻んで入れました。

これがですね~、とてもジューシーでおいしかったんですよ~♪
梅ジャムネーズがおばけきゅうりから出た水分と混ざりそれが爽やかな甘さと酸味になって、まるで瑞々しいメロンを食べているみたい!
「ねぇ~これ、まるでメロンみたいじゃない~!おいしーー♪」と私が言うと、夫は「おいしいけどメロンとは違うでしょう…」と言いましたが(こういう行き違いは多々あります!爆)、いやはやホントにフルーティーなんです!!

今まではきゅうりもみにしてももろきゅうにしても水っぽくてイマイチと思っていたけれど、このおばけきゅうり、甘く仕上げるような料理にすると滅茶苦茶おいしいのでは!
甘いサラダをいろいろアレンジしてみよう!

f0043911_1171595.jpg
と言うわけで、こちらはおばけきゅうりのすだち胡椒入り梅ジャムネーズ
↑の梅ジャムネーズのアレンジで、レモンの塩漬けの代りにすだち胡椒を少々入れて、スパイシーな甘さのソースに仕立てました。
これまたさっぱりとして、すだちの爽やかな香りがおばけきゅうりともぴったんこ!
うむうむ、ホントにおいしすぎる!!

f0043911_1193448.jpg
そしてこちらは、おばけきゅうりのタイ風サラダ
タイ風のドレッシングは甘酸っぱいので絶対におばけきゅうりに合うはずと思ったんですよね~。

このタイ風のドレッシングは、砂糖とレモン汁とナンプラーを1:1:1で混ぜ合わせ、そこに好みの量のプリッキーヌ(なければ普通の唐辛子でも)をみじん切りにして加えたもの。
このドレッシングはかなり万能で、ニンジンサラダを和えてもいいし、野菜と魚介類のサラダに使ってもあっという間にタイ風になります♪
器に盛り付け最後にパクチーの葉をのせてよりエスニックな感じに仕上げてありますが、パクチーの茎ももったいないのでみじん切りにしてドレッシングに混ぜてあるので、パクチー好きにはたまらないおいしさですよ~。

f0043911_1212630.jpg
そして是非試してみたかったのはこちら。
おばけきゅうりの東南アジア屋台風
tongshinさんのブログで見た東南アジア式
カリカリ感のあるグーズベリーでおいしいのならば、きっと甘みを加えるととってもフルーティーな味わいになるおばけきゅうりでやってもおいしいはず!
皮を剥き種を取ってぶつ切りにしたおばけきゅうりに東南アジア式のお砂糖をつけていただきます。

f0043911_1234269.jpg私がおばけきゅうりにつけて食べたのは、きび砂糖+塩+粗い粉状の韓国唐辛子。


これがまたとってもおいすぃ~~~♡
これは絶対棒状に切るよりも、こうしてぶつ切りにしたのを食べるのが旨いと思う!!
きゅうりがコリコリとして、甘いお砂糖の中で韓国唐辛子の香りがまた更に甘くて(沢山入れても辛くないです!)、思わずほぼ1本ひとりで完食!
ちょうどひとりごはんの日で、これをぽりぽりしながらビールをグビグビッとやりました♪
これは普通のきゅうりでは駄目だね。
もう少し瑞々しさが必要だから、やっぱりおばけきゅうりだからこそ活きてくる東南アジア屋台風♪

f0043911_1241166.jpgこの東南アジア屋台風がやたらと気に入り、翌日、漬物にしようとして買ってあった摘果メロンを薄切りにしてコリコリしたところ、これがまたまたやたらとおいしい!!
いやぁ~この食べ方はホントにクセになります!!


f0043911_125772.jpg
そしてこんな食べ方もしてみました♪
おばけきゅうりのガスパチョ
どーせ水っぽいのだからスープにしたっていいんじゃない♪
季節柄、そしてこのフルーティーな感じを活かすにはやはり熱を通さないほうがおいしそう!

作り方は去年作ってハマってしまったサルモレホの作り方を基本にして、潔く野菜はおばけきゅうりのみ!
トッピングもピーラーで薄く剥いたおばけきゅうり、ただそれだけ!!
ガスパチョって「びしょ濡れのパン」って言う意味らしいから、別にトマトでつくらなきゃいけないって決まりもないよね~。^_^;

これも思いつきの割にはホントにおいしかった~!
おばけきゅうりに関してはあまり良いイメージのない夫(いつもどーせ作るならフツーのきゅうりを作ってくれればいいにの…と言ってるのだ!)も「これは結構旨いんじゃない?」だって。(笑)
2人分でおばけきゅうり丸々1本使っているのでおばけきゅうりの消費にも体にも良さそうよ~。

と言うわけで、実はこのとき2週に分けて9本ものおばけきゅうりがうちにやってきていたのですが、保存食のピクルスと漬物も作り、全て完食!!
多分1本で普通のきゅうりの3~4本分くらいはあると思うので、これを2人で食べ切ったってかなり達成感あります!(爆)

きっとこの夏、まだまだおばけきゅうりはうちにやってくるだろうな~とこのときは思っていて、その後こんなのとかあんなのとか絶対に作っちゃおう♪って意気込んでいたのですが、お盆に実家に帰ったらほかの野菜はてんこ盛りだったのだけれど、おばけきゅうりはちょうど収穫したのがなかったのよ…。
あぁ、今までこんなにおばけきゅうりを楽しみにしてたことはなかったのに、何と言うすれ違い…。
人生、なかなか上手くはいかないものです。(+_+)
なのでおばけきゅうりよ、来年までさようなら~&今年はありがとー♪

追記
このおばけきゅうりの愛称は「オバQ」となりました(ぴかまま命名!)のでみなさまどうぞよろしくお引き立てのほどお願いいたします♪


こちらのブログ村に参加しています。
うむむ、そのおばけきゅうりってやつ、滅茶苦茶食べてみたくなった~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by tuguki3964 at 2008-08-30 02:36
やたらとでかくて、水っぽくて、皮が固くて、真ん中の種をとらないと使えない...それって、米キュウ(アメリカキュウリ)だ...。
いつもは私、ペルシャンキューカンバって言う、小ぶりで日本のキュウリに近いものを買うのですが、昨日は売ってなくて、久しぶりに 米キュウを購入。
まだ 2/3 近く残ってるんで、甘ずっぱ味のサラダで試してみます。
Commented by ぴかまま at 2008-08-30 03:10 x
もう、この際「オバQ」でどうでしょう、ネーミング(爆)。
Commented by tongshin at 2008-08-30 15:46 x
リンクありがとうございます!きゅうりでこんなにいろいろなものが作れるんですね~ こちらで売っているきゅうりも似たような感じ(つまり「オバQ」)で、私もtugukiさん同様それを敬遠してトルコ人やイラン人の八百屋さんで小さくて細いものを買うことが多いんですが、この記事を読んで「次回はでかいのを買おう」と思いました。
Commented by maplemama71 at 2008-08-30 16:12
わ~「おばQ」(この呼び方いいわ~笑)が大活躍ですね。
そうそう、今年も実家では、おばQのきゅうりもみ食卓にちゃんとありました。この大きいの2~3本使ってドーンと(笑)楽子さんのこと思い出しましたよ。
>甘く仕上げるような料理にすると
そうかも!合わせ酢に砂糖をやや多目に使ってるようでした。それに生姜のみじん切りやすり胡麻がたっぷり入っています。前にもかいた「油あげ」これが、あっち(香川)のは美味しいんですね~、それでドーンとあってもすぐになくなってしまうのですよ。

楽子さんのお料理見ていたら、うちでもこのきゅうり栽培したくなりました~♪
Commented by at 2008-08-30 21:00 x
いつも楽しく拝見しています。きれいな写真と優しい文章が大好きです。
おばQ料理の数々、素敵に美味しそうです。見てるだけでも目の保養です。
私普通のキュウリよりおばQが好きなんです。がしがしと歯応えのある皮に、こりこりとした種。丸ごと食べちゃいます。
おばQって、熟れすぎのキュウリのことですよね?もうちょっと大きくなってから採ろう、とか思って畑においとくと次の日にはもう熟れ過ぎで、それを化けたと言います。(私の身内や近所では。)昔は化けたキュウリは鶏にやる物で、わたしおばQ好きでしたので鶏みたいな奴だとよく言われたものです。母が家庭菜園してた頃は私のために1.2本、化かしてくれました。今では、手に入らない夏の味になってしまいましたが。
アメリカではキュウリって化けてから収穫する習慣なのですか?それとも品種が違うのでしょうか。はじめて疑問に思いました。
Commented by rakurakurakuko at 2008-08-31 17:37
tugukiさん、米Qサラダ、見てきましたよ~。(*^_^*)
やっぱりこのきゅうりは甘さを加えるのがポイントですね!
ただ、いまだになぜこの種のきゅうりをうちの父が作りたがるのは疑問なんだけど(うちでは別に甘酸っぱい味で食べてるわけではないしなぁ)、まぁおいしい食べ方がわかったのでよかったです♪
Commented by rakurakurakuko at 2008-08-31 17:39
ぴかまま、オバQ、これいいーーーーーっ!
早速使わせてもらいます!
いちいちおばけきゅうりってタイピングするの面倒だったのよ。(笑)
あ~でもここにコメントに来てくれている人がみんなオバQ知ってるみたいでよかった~!
たま~に古い話すると「えっそれ何ですか?」って人いるじゃない?
先日はちょっと下ネタですが、「ギャランドゥ」を知ってる、知らないで盛り上がりました!
Commented by rakurakurakuko at 2008-08-31 17:42
tongdhinさん、勝手にリンクしちゃって失礼しました!
後ほどブログにも改めて伺いまーす♪
そちらでもオバQ売ってるんですね!
むしろこのオバQの方がグローバルに見るとポピュラーなきゅうりで、あの日本の小さいのは少数派なのかしら。
オバQの東南アジア風はとーってもおいしいので、是非ご購入の折にはお試しを♪
あの食べ方、コリコリ系のものには試さずにはいられないって位気に入ってしまいました。
教えていただきどうもありがとうございます!(*^_^*)
Commented by rakurakurakuko at 2008-08-31 17:45
メープルままさん、オバQ(いいですよね~)大活躍です♪
ご実家のきゅうりもみはやはり甘めの味付けだったんですね。
うちのはフツーのきゅうりもみできゅうりと生姜と塩でモミモミって感じだったのでイマイチこのオバQが力を発揮できず…。
これからは砂糖と酢を加えてみます♪
香川の油揚げってもしかして九州にもある大きくて軽い感じの油揚げですか?
私は今年初めてその油揚げを頂く機会があり、油揚げのおいしさに感動したのは長い人生で初めてでした!(笑)
来年は是非カーテンにはならないけれどオバQ栽培チャレンジしてくださーい!
Commented by rakurakurakuko at 2008-08-31 17:50
むさん、いつも見ていただいているなんて、ありがとうございます♪
単純なのでそんなにお褒め頂くとあらぬところに上っていってしまいそう!(笑)
むさんはオバQ好きなんですね~。
わざわざ化かしてもらうなんて、そりゃー気合が入ったオバQファンだわ~。
うちの父のこのオバQ、私もずっと育ちすぎかと思っていて、さり気なく「もう少し育つ前に収穫したほうがいいんじゃないの?」と言ってみたんですが、「こういう品種なんだ」と…。
まぁうちの父の言うことなのでいまいち信憑性がないですけど、なにやらオバQと言う種類のきゅうりがあるというんですよ~。
アメリカなどのきゅうりも育ちすぎなのかどーかはわからないのだけれど、どうやらこういうのばかり売ってるらしいです。
こうなってくるとこのきゅうりが何と言う種類のものなのか知りたくなりますよね~。

Commented by love-t_k at 2008-08-31 20:30
おばけきゅうり凄いですね。
一度も見た事なかったです。
きゅうり好きなんで一度見かけたら買っちゃいそう!
Commented by kago-fp at 2008-08-31 23:47
オバQ、最近、いただかなくなっていたので、対策をまじめに考えることもなかったのですが、さすが楽子さーん。すごいなあ。たしかに思い当たるフシのあるアレンジで、うんうんと首を振りながら拝見しちゃいましたー。これはもしも手に入ったら、絶対にやろうと心に決めました(笑) 
やはり、この手のものはエスニックな味付けが合うんですねー。そういえば、甘酢に漬けたときはそれなりにおいしかった気がしました。さらに一歩進んでのエスニックサラダ、いいですねー♪
Commented by ira1027 at 2008-09-01 08:55
おはようございます♪

我が家も胡瓜の最盛期には、取り忘れによるオバQが出現します。
我が家は種を取って、胡瓜もみにしたり、キューちゃん作ったり・・がおおいのですが、こちらでは「胡瓜のたいたん」を作るおうちが結構あります。
大きく切り薄いだしで煮て、片栗粉でとろみをつける(・・・冬瓜でよくありますが。)煮物にするため胡瓜をわざと大きくなるまでほおっておく人もいます。
楽子さんのオバQ料理、素晴らしい♪
切り方ひとつで随分見た目も食感も違いますね。
ピーラーのくるくる、綺麗だわ~。
Commented by ぴかまま at 2008-09-01 23:06 x
そうそう、うちのオバQの記事(いや、キュウリ自体はうちのじゃないんだけど)からトラバ送らせてね〜!
うまく届くといいけど。
Commented by Rakurakurakuko at 2008-09-02 12:26
けいこさん、おばけきゅうり凄いでしょ~。
いやぁ~今回はおいしい食べ方を発見できたのでよかったけれど、それまではただの厄介者だったのです!
お店ではきっと売ってないと思うけど、家庭菜園などをやっている人に言うともらえるかもしれませんよ~。(*^_^*)
Commented by Rakurakurakuko at 2008-09-02 12:29
レイコさん、やっとやっとオバQが邪魔者ではなくなりました!(笑)
やはりレイコさんも甘酢漬けにしたときにはおいしく感じられましたか~!
フツーのきゅうりに比べて味が淡白なので甘めにしてなんとな~くフルーツっぽいお味にするのが良いんでしょうかね。
手に入ったら是非またいろいろ試してみてくださいませ♪
エスニック風は特にお勧め~!
Commented by Rakurakurakuko at 2008-09-02 12:32
いらさんちにもやはりオバQ出現しますか!(笑)
やはり畑をやっている方の間では切っても切れない縁のあるものなのかしら。
煮ると冬瓜みたいな感じってわかるような気がします!
水分が多いのだけれどフツーのきゅうりみたいにシャキッとしてなくてなんとなくキュルッとした感じだもの。
それにしてもわざわざそれのために放っておいて大きくさせるなんて、意外とオバQはみんなに愛されているんですね!
ピーラでぴろぴろ、面白いし結構涼しげに見えるので是非お試しを♪
大根やニンジンでも出来そうです♪
Commented by Rakurakurakuko at 2008-09-02 12:34
ぴかまま、オバQのTBありがと~。(*^_^*)
あら、この記事はなぜか見落としてしまっていたわ…。
それにしても「け」くんは芸達者ねぇ~。
そしてオバQにもおいしいものとおいしくないものがあるって始めて知りました!
私は実家のしか食べたことないんだけどこれはどっちに分類されるか、知るのが怖い…。(笑)
Commented by じゃがりん at 2008-09-19 15:37 x
はじめまして。レイコさんのところからおばけきゅうりに誘われて来ました。
よく似たきゅうりは、見たことがあるんですが、
そのときはいったいどうやって食べたのか・・・?
こんなふうにいろいろできるんですね。
梅ジャムネーズにも、びっくりです。 でもおいしそうですね。

また遊びに来ます、おじゃましました。
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-21 12:03
じゃがりんさん、レイコさんのところから来ていただいたんですね~。
ありがとうございます。(*^_^*)
やはりじゃがりんさんもこのようなきゅうりを見たことありますか?
私は今まで全く希望していなかったのにこれが毎夏ゴロゴロとうちの来て困っておりましたが、今年ようやく日の目を浴びました♪
梅ジャムネーズも名前も可愛いしおいしそうでしょ♪
どうぞまた遊びに来てくださいませ。
私もブログに伺いますね~。
by rakurakurakuko | 2008-08-30 01:37 | 野菜のお料理アイディア | Comments(20)