2017年 01月 29日 ( 1 )

今回の(と言っても去年の秋ですが…汗)富山旅行の一番の目的は、タイトルにもあるように白えびを食べること。
白えびってあまり出回っていないですよね。
実は漁場を持っているのは唯一富山県だけなんです。
傷みが早く、またまとまって採れることの少ないえびなんですね~。
富山の宝石と呼ぶにぴったり!!

せっかくですので、今回食べた白えびのお料理を列挙してみます。

f0043911_11184996.jpg
白えびかき揚げのせ蕎麦。
こちらは黒部峡谷のレストハウスで頂きました。
レストハウスですから作り置きでしょうし、どうかな~と思いましたが、白えびもたっぷり入っていて香ばしくてぷりぷりでおいしい!
お蕎麦屋さんでもなんでもないところでこれだけの味が食べられれば満足。

f0043911_11191193.jpg
白えびのお刺身。
こちらの写真は旅館の夕食で頂いたもの。
もうね、文句なしにおいしいですよ。
白えびがそれこそ宝石のように輝いていて、ぷりぷり。

f0043911_11193144.jpg
こちらは富山市内の静月にて頂いたお刺身。

旅館のもそうですが、「あーもう少し食べたいよー」と思わせる量なんですよね。
何も知らなければ、「けちけちせずにもう少しのせてよ」と言いたいところですが、私は自分で殻を剥いてお刺身にしたことがあるのでよーくわかる。
白えびの殻を剥くのってとっても大変なんです。
そもそも小さいものなので剥くのが大変なところにもってきて、するっと取れずになんだか殻に身がくっついてきちゃうのよ。
wikipedeaを見ると「殻をむくのが難しかったのだが、一旦冷凍すると素人でもむきやすくなることがわかってから食材として見直され始めた」とあるんですが、一旦冷凍したものでも剥くのはとっても難しかったー!
だからこそ、これだけの量でも大変なのよと言うことを身を持って知っているので、こんな風にきれいにしてくれてありがと~と言いたいです。
でも手間を考えても、ホントにこれはおいしい!

f0043911_11200467.jpg
白えびのから揚げ。
小さな白えび一尾一尾に粉を塗して揚げたもの。
噛むとさくっとして、その後にじゅわーっと身が出てきて香ばしい香りが漂ってきます。
揚げ物としても、この小ささのものを一尾ずつですから、手間もかかってますよね。

f0043911_11202603.jpg
こちらはカニかに海鮮白えび祭りにて頂いた、同じくから揚げとすり身揚げ。
から揚げは旅館のものと同じように絶品!
すり身揚げは、なんだか他のものと混ざってしまっているので、白えびのおいしさをいまひとつ堪能できず、もったいない気がしました。
やっぱり他の魚介類と混ざってしまうと優しくて繊細な白えびは負けてしまうのかー。
教訓。
白えびは白えびだけで揚げるべし!!

f0043911_11210088.jpg
こちらは白えびのかき揚げ。(一番奥の下になっているのが白えびのかき揚げ)
白えびは白えびだけで揚げるべしなんですが、野菜と一緒ならば大丈夫。
おうちで白えびを調理したときもかき揚げにしましたが、やはりボリュームも出るし、タマネギなどとならば白えびの風味がちゃんと引き立っておいしいです。

f0043911_11212488.jpg
こちらは意外なおいしさだった、白えびコロッケ。
まったく期待せずに、黒部アルペンルートに挑む前に、駅前のおにぎり屋さんで頂いたんですよね。
しかし、これがものすごくおいしかった!!
白えびとじゃがいもって合うのかしらん。
旅館の朝食めいっぱい食べた後だったにも関わらず、これだったらまだ2、3個いけたかもと思わせるほどの味。

f0043911_11213922.jpg
ちょっとお遊びの白えびソフトクリーム。
うふふ、これは話の種ですね。

f0043911_11215484.jpg
そしてこの日、新幹線の時間を一時間間違えて、あわや買えないか…と思われたのがこちら。
富山と言えばの鱒寿司と白えび寿司。

この白えび寿司を夫が出張の際に持ち帰り、それを頂いて白えびのおいしさに目覚めてしまった、そんな押し寿司。
押し寿司屋さんは富山に何軒かあるものの、この白えびの寿司を扱っているのは一箇所しかないんですよ。
それが寿々屋さん
今回あわてて富山駅の中を走り回り、寿々屋さんにたどり着いたときには、この一個しか残っていなかったのよー。
ギリギリセーフで手に入れた、白えび寿司。
「日本ギフト大賞受賞」と書いてある!!
そんな章を取ってしまったのでまたまた人気が出てしまって売り切れたりしちゃうのでしょうか。

富山から帰ってきて、その夜も打ち上げと称して、この押し寿司にて白えび堪能!

f0043911_11224990.jpg
まずは紙のパッケージを取りまして出てきましたる、木の樽。
なんとなんと、ここで気が付く鱒寿司と白えび寿司の大きさの違い!!
富山近辺に仕事で行くと聞くとそのたびに「白えび寿司買ってきて~~~」と頼む私に夫が言うことには、「あれって鱒寿司よりもずーっと高いんだよ。」
いや、ここで高いだけじゃなく、大きさが二周りくらい小さいことに気が付きました。
ますます高級~~~!(笑)

f0043911_11233845.jpg
樽の蓋を開け、笹の葉をめくってみますと、出てきましたる押し寿司。
右が鱒寿司、左が白えび寿司。
なんと言うか押し寿司ってこの熟成されてこなれた感がいいですよね。

f0043911_11241409.jpg
白えび寿司の表面。
あぁ…、ぷりぷりだけじゃないんだよ、なんと言うかむっちりむちむち、見ただけでおいしさを確信できる、そんな風貌。
しかもホントにきらきらとした宝石みたいに美しい!!
きれいでしかもおいしいだなんて贅沢すぎるよ、白えび寿司。

f0043911_11243649.jpg
酢飯と白えびの間には、富山県人大好きな昆布が入っているのです。
これがね~また旨味を引き出していて良いのですよ。
酢飯と透き昆布と白えびの三位一体攻撃!!
あぁ、これを至福のときと言わずしてなんと言うのでしょう。
ねっとりと、まったりと、むっちりと、とろんと甘くそして香しい、そんな白えび寿司。

この白えび寿司、日本酒ちびちびも良いんだけど、私の一押しは白ワイン。
白ワインと共に頂くと、甘さが増して身も心もとろけます…。

刺身も好きだけどね、やっぱり私の中の白えび一番は、この押し寿司。
白えびの良さを最大限に引き出している、そんな一品。

いろいろ食べ比べてみましたが、やはり振り出しに戻る!
最初に頂いたこの白えび寿司に軍配が上がった、今回の白えびを食べつくす旅でした。
楽しかったー!!

そして、こんな秋の旅行に長々とお付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました!!


こちらのブログ村に参加しています。
なんなのーこの白えび寿司、食べてみたい~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-01-29 11:30 | 小さな旅 | Comments(4)