カテゴリ:楽子の本棚( 142 )

2017年11月に読んだ本

あーまたまた一冊しか読まなかったけど、一応記録!

f0043911_01375665.jpg
「南島小説二題」 いとうせいこう


なんとも不思議な構成の一冊。
二題とあるように、南の島を舞台にした小説「波の上の甲虫」「からっぽ男の休暇」の二作からなっている一冊なのだけれど、そのテイストが全く違うんだよねー。

「波の上の甲虫」は、小説家の僕が南の島で休暇を過ごしはじめたのだけれど、その僕は毎日編集者に送る手紙を書く彼と言う人物を生み出し、その彼が書く手紙は帰国した後にひとつの小説にするつもりだと、彼自身がその手紙で編集者に伝えている。
彼はその島をとても楽しんでいる様子で、島のいろいろな人たちとも交流を持ち過ごしているのだけれど、それに加えて僕は小説を書くことのみのために島にいるようだとも思っている。
しかし、そんな僕と彼の境界線が段々あいまいになり、彼の世界のことだと思っていたことが僕の周りで起き、彼の世界に登場した人物が僕の世界に現れたりする。
とっても複雑で、読んでいるとちょっと頭が混乱するんだけれど、それが決して難しくはないんだなー。
なんとも不思議な感じ。
最後の最後には、かなり不思議な、そしてちょっと怖いような、そんな中途半端な感じで終わるところも、ミステリアスで良い感じ。

片や、「からっぽ男の休暇」の方は、南の島に滞在している男が主人公と言うところは一緒だけれど、文体、テーマも含め、また、甲虫はひとつの小説だったけれど、こちらはひとつの小説であるようで、たくさんの小説に分かれているような。
一年滞在することにしている男は、何かにつけて御伽噺を思い出すのだけれど、それが未完成な思い出し方で、いろんな御伽噺の設定、登場人物が混ざってくるんだよね。
ちょっとこちらはいまひとつだったなぁ。

二題じゃなくて別々の方がよかったんじゃないかしらと思う、そんな一冊でした。


こちらのブログ村に参加しています。
寒いときに読む南の島が舞台の小説って言うのもいいかもー!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************


さて、少し前になりますが、とても気になるおいしいお店に行ってきました。

f0043911_01381775.jpg
松記鶏飯
淡路町にある小さなシンガポールレストラン。
一緒に行ったのは、越後屋さん
ちょうど越後屋さんもこちらのお店のことを小冊子で見たとのことでした。

f0043911_01401018.jpg
最初に頼んだのがもやしとハムユイの炒め。
聞くとハムユイと言うのはシンガポールの干した塩魚だそうで、珍しいので食べてみようと頂いたら、この塩気とちょっと発酵しているかのような感じがとっても美味!
私はビール、越後屋さんはシンガポールのなんとかと言うお酒がぐびぐび進む!

f0043911_01402547.jpg
ちょうどマレーシアフェアをしていたので、マレーシアのお料理、海老と豆のサンバル炒めなんぞも!
豆は多分タイのサトー豆と同じかと思われますが、ちょっとハヤトウリに似た独特の香りがおいしいです。

f0043911_01403974.jpg
その他、皮付き豚とか。

f0043911_01405297.jpg
是非食べてみたかったペーパーチキンとか。

f0043911_01410508.jpg
そして久々の大好きなパラタとか。

f0043911_01420151.jpg
やっぱりこれは頂かないとね~と、海南鶏飯。
うわさに違わず、ここの海南鶏飯の鶏、しっとりとしていておいしいです!!

などなど。
全8皿、食べまくり、飲みまくりました。
どれもホントにおいしかったなー。
二人だからあんまり食べられないかもねなんて思っていたけど、越後屋さんも私もどちらかと言えば大食漢なので、二人にしてはあれこれ食べられて大満足!

職場からも比較的近いし、ここはまた行きたいな。


◆11月に仕込んだ保存食◆
ブラムリーアップルジャム
バターナッツかぼちゃのピクルス
赤蕪のピクルス


インスタもやってます♪



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-12-05 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(0)

2017年10月に読んだ本

さて、なんだか月に一冊が定番になってしまった、なんともなさけない記録ですが…。
はぁ、年々時間が少なくなっていくような気がするのは私だけでしょーか。

f0043911_15452714.jpg
「アフターダーク」 村上春樹


ずっと「アフターダーク」って東電の殺されてしまった女性の事件を基にしたものだと思い込んでしまっていたのですが、勘違いだった…。
まぁ、読みたかった本ではあるので良いけれど。

日付が変わる少し前から始まり、少しずつ時間軸が動いていく、夜の物語。
深夜のファミレスにいるマリ、そこにやってきた高橋、ホテル「アルファヴィル」での出来事、深夜のオフィスで仕事をする白川、そして眠り続けるエリとそのエリを見守る「わたしたち」の視線。
あちこちの視点から物語と時間は進んでいき、そして朝を迎える。

わたしたちの視線がいつの間にか空間を飛び越えてあちらの世界に行っていたり、そしてエリもまた知らぬ間にこちらの世界に戻ってきたりしているのが村上春樹らしい展開。
最初の頃はそうした飛び越え感についていけなかったのだけど、最近はそれも心地よく感じていたところ。
でも最後がなんとなくイマイチだったなぁ。
これってここから始まるんじゃないの?みたいな思い。
エリと高橋の関係とか会話とか、お互いの自立感とか、そういうのがとても良かっただけにラストが残念でした。



こちらのブログ村に参加しています。
時間軸を飛び越える村上春樹ワールド好き!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

f0043911_15455701.jpg
さて、今年の秋刀魚。
なんてスリムなんでしょう~~~。
こちらが見習いたいくらい105.png

出回り始めの頃だけかな~と思っていたけれど、終盤まで来てもやっぱりスリムなままですね。
店頭で見ても、そんなスリムな秋刀魚ちゃんには食指が動かず、いつもだったらこの時期週に一回は登場する秋刀魚の塩焼きも、今年はまだ2回しか食べていません…。

しかし、そんな秋刀魚ちゃんを先週の木曜日には5尾も買ってきました!

f0043911_15461518.jpg
そして、早速三枚におろし、おろした秋刀魚を酢の海にドボン!

そうそう、あれあれ。
やはり一年に一回は作らないと作り方忘れちゃうしね。

f0043911_15461621.jpg
と言うわけで、秋刀魚の棒寿司作りました!
うちは二人家族ですが何ゆえ5本も作ったかと言うと、連休で実家に帰る予定にしていたので、実家で父と食べる分と、お留守番の夫が食べる分で5本。(にしても、ちょいと多いですが…106.png)

f0043911_15461235.jpg
やっぱりおいしいなー。
見た目はちょっとアレですが、秋刀魚がふわふわで酢の効き具合も強すぎず、そして甘すぎず。
自分で作った酢〆の棒寿司はやっぱりおいしい!!

初めて秋刀魚の棒寿司に出会ったのは、昔行った伊豆の民宿で、その民宿のおばさんの作る秋刀魚の棒寿司はとってもおいしいのです。
思い出してみると、おばさん曰く「棒寿司にする秋刀魚は脂ののっていないのがいいのよ」と。
ってーことは、今年のスリム秋刀魚は棒寿司に向いているのでは?
秋刀魚豊漁のときに脂がのってない秋刀魚を見つけるのは大変だもの。
塩焼きにするにはイマイチだけど、今年の秋刀魚は棒寿司向き!

ホントは丸々太ったの食べたいけどね。
スリムはスリムなりにおいしく頂くことが出来ました。


◆10月に作った保存食◆
無花果の赤ワイン煮
大根葉漬け
イカの塩辛
栗の渋皮煮



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-11-08 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(0)

2017年9月に読んだ本

本をあまり読めなくなった原因の一つは、スマホかなぁと思う今日この頃。
あとは老眼?
そんなぼちぼち状態で、9月は2冊。

f0043911_00195502.jpg
「楽園のカンヴァス」 原田マハ


続けて読んだ原田マハさん。
前作の「風のマジム」とはまったく違う印象を受けました。

今回の「楽園のカンヴァス」は、アンリー・ルソーの「夢」および「夢を見た」を巡るミステリー。
バーゼルのルソー収集家の下に呼ばれたNYのティム・ブラウンと倉敷の早川織江。
ルソーの絵画を巡り火花を散らす展開も良いし、ラストのほっとする落としどころも良く、また、その後の展開も読んでいてわくわくする、そんなとても良い一冊でした。
絵画にはまったく詳しくありませんが、それでも織江とティムが読む物語に出てくるピカソなどの話を、更に本の中にて楽しく読むことが出来、そうするといろいろ見てみたいな~なんて思ったり。
いろいろなことを経て、織江が倉敷の大原美術館で監視員をしているという設定。
これがまた良し!

原田マハさんご自身が、森ビルの美術館やNYの近代美術館に勤め、その後フリーのキュレーターになられた方なんですね。
そんな原田さんの今までの知識がすごく生きている、そんな本。
おすすめです。

f0043911_00203964.jpg
「まぐだら屋のマリア」 原田マハ


またまた続けて読んだ、原田マハさん。
まだ3冊しか読んでないけど、3冊とも違う世界を描いていて、どれも物語に引き込まれてしまう!

神楽坂の老舗料亭で修行していた紫紋が、そこで起こった偽装事件に巻き込まれ逃げてたどり着いたところが、「尽果」と言う、なんともそれらしい名前のバス停。
そこから見える小屋に死に場所を求めて向かうと、そこはまぐだら屋と言う食堂だった。
そのまぐだら屋を切り盛りしているマリアに拾われて、その食堂を手伝うことになるのだが…。
このまぐだら屋にはなぜかそういう人たちをひきつける魔力があるようで、その後も事件から逃げてきた丸狐を引き受けたり、どうやらこの食堂のオーナーや魚を届けてくれる克男さんの話によると、今までも何人かがこうしてここにいついてしまったらしい。
マリアとオーナーである女将との関係が謎であったが、終盤でそういうことであったかとちょっと意外な感じでした。

マグロと鱈のあいのこみたいな幻の魚で「まぐだら」であるところが、なんだか無理または駄洒落的であるなぁと思ったら、「マグダラのマリア」から来ているのですね。
その絵のことも知らない私…。
そんな背景を知ることが出来たら、また更に面白く読めそうな感じ。
シモンとかマルコとかヨハネとか。
登場人物の名前もその辺りから来ているのですねー。

テーマは重かったりするのですけれど、尽果の情景が浮かんできて、読むうちにどんどん引き込まれていく、そんなとても良い一冊でした。


こちらのブログ村に参加しています。
原田マハ月間だったのね!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

月に一度程度、ひとり暮らしの父のいる実家に帰っているのですが、その帰りに寄る道の駅の野菜の品揃えがすばらしくて、毎回楽しみにしています。
当然爆買い…103.png
新鮮でお安いということもありますが、ちょっと変わった野菜などもあり、ホントに見ていて楽しいのです。

そんな中、今年すごいなーと思ったのは水茄子。
水茄子と言えば、少し前までは大阪は泉州の水茄子が有名、と言うより、その辺りでしか作っていなかったようにも思いますよねー。
だから、そんな水茄子の漬物は高級だったりして、でも食べるとホントにすごくおいしかった!

だがしかし…。
今年は、道の駅や実家近くのスーパーの産直野菜コーナーで何度も水茄子を見かけ、最初は「まぁこの辺りの水茄子だからね、お味はそこそこと思うけど、まずは買ってみましょうか」的な気分でしたが、これがなんとまぁ、とってもおいしかったのです!

糠漬けでもしていればそれも良いのでしょうけれど、私は糠床持ってないので、水茄子を買ってきたら、ヘタを取り手で縦に適当に裂いて少々の塩とともにビニール袋に入れてギュッと空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫で30分ほど置いています。
水茄子はそのまま触ったときには皮がパツーンとしていてギュッと硬めな感じに思えるのですが、手で裂くと皮が薄くて柔らかく、実は水茄子の名の通りジューシーです。

f0043911_00211633.jpg
こちらがその30分漬けただけの水茄子。
瑞々しくてホントにおいしいのよー。
噛むとジュワッとしてて、お塩もほんの少ししか使ってないんだけど、旨味がすごいの。
それに何より簡単だしね。

いつももっと買ってくればよかったなーと思うほど。

f0043911_00210929.jpg
こちらも同じように裂いて塩して冷蔵庫に入れて作ったものに、この日のメニューが洋風だったため、バジルを散らして胡椒をガリガリ、オリーブオイルを垂らしていただいたもの。
これまたなんともおいしいサラダとなり、水茄子バンザイと叫びたい気分♪

いやはや、いつからこんなに水茄子がいろんなところで作られるようになり、そしてこんなにおいしくなっていたのか~~~。
その割には我が家の周りのフツーのスーパーなどでは見かけないので、まだまだ作っている農家さんがそんなに多いわけではないのでしょうけれど。
ホントに買った水茄子全てがおいしくて、茄子を作る方は全部水茄子作ればよいのに!と思ったくらい。(笑)

これが少し前までは一地方でしか作られていなかったのだから、農業の進歩、食に関する探究心ってすごいですよね!!
来年はもっといろいろなところでおいしい水茄子が買えるようになっていますように♪♪

◆9月に作った保存食◆
梅干し土用干し
プラムリーアップルのジャム


インスタもやってまーす!



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-10-17 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(0)

2017年8月に読んだ本

一体晴れた日は何日あったのか…。
あっという間に過ぎ去ってしまった、8月。
晴れない割にはやたらと蒸し暑く、結構体に堪える一ヶ月でしたよねー。

f0043911_17553004.jpg
「風のマジム」 原田マハ


読みたいな~と思いつつ、まだ読んだことのなかった初・原田マハさん。

これは、南大東島にて国産初のラム酒を作ることになった沖縄女性がモデルの物語。
この南大東島産のラム酒COR CORについては多少なりとも知っていたので、どんな背景が合ったのだろうかと楽しく読むことが出来ました。

このラム酒を造ることになった女性と言うのは、南大東島の女性ではなく沖縄本島の女性だったのですね。
この真心と言う意味のまじむと言う名前の女性は、派遣社員として勤めていた会社の社内ベンチャーコンクールに通り、南大東島でアグリコール・ラムを作る会社を立ち上げることになり、まぁその間には島の人々を説き伏せるとか,醸造家として誰を迎え入れるかなどさまざまな問題が起こるわけですが、最終的には実在のグレイスラム株式会社が出来、小説中では風のマジムと言う名前のラム酒が出来上がるのです。

爽やかな、夢を実現するサクセスストーリーで、原田マハさんってもう少し重い感じなのかなと思っておりましたが、この小説に関してはとっても軽くて読みやすいです。
他にもいろいろ読んでみたいな。

それにしても、確かこの大東島のラム、なくなっちゃったんだよね。
こんなにがんばって作り出したラム酒なのに、どうしてそうなっちゃったんだろうと、それがちょっと気になりました。
…と思って調べてみたら、なんとちゃんとありました!
良かった、良かった♪♪

f0043911_17554910.jpg
「我が家のヒミツ」 奥田英朗


文句なく面白いです。
「我が家の問題」「家日和」などに続くシリーズなのかな。

全部で6つの短編で、それぞれにそんなにつながりはないのだけれど、どれも回りにいそうな普通な人たち、家族が主人公。
特に、会社の昇進レースに破れてしまった正雄が主人公の「正雄の秋」、突然選挙に立つことになった「妻と選挙」が良かったなぁ。
最初も途中もいいのだけれど、なんかね、最後がいいのよ。
ほっと心が温かくなる。
それがいかにも押し付けがましくなく、笑いの中にそういう温かさを含める感じ。
やっぱりこれって奥田さんの性格と言うか才能なのかなぁ。

是非このシリーズ、もっと増やして欲しいです。


こちらのブログ村に参加しています。
国産のラム酒なんてあるのね~!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

さて、冒頭でも申し上げましたが、まったく夏らしくカラッと晴れないままに8月が終わってしまいましたね…。
うちなんて、まだ梅干しも干せていないと言うのに…。

f0043911_17563486.jpg
こう涼しくなってくると、なんとなく煮付けなんぞ食べたくなってくるもの。
ちょうどそんな時、とってもお買い得のキンメダイを発見!
キンメ、大好物なんですよね~。
でも普通は高くて、あんまり買えないのだけれど、なんとこの日は一尾650円!
しかも奥様、刺身もOKですってよ。
新鮮っ!!

f0043911_17565131.jpg
早速おうちに帰って煮付けにしました。
お腹も鱗も取ってもらったので、とっても簡単♪
おいしく作るコツは、水を一切使わないということ。
日本酒と調味料だけで煮るんですけど、そうすると日本酒の沸点が低いことにより柔らかく煮えて臭みもまったくない上等な煮付けになります。

おいしい~~~♪♪
キンメのこの身のまったり感が好きなんですよね。
この色鮮やかさも好きだし、うるうるの目元も好き♪(でもなぜか目玉とその周りは食べられない…)
少し前に伊豆に行った時にスーパーを偵察したのだけれど、キンメがいっぱい捕れそうな伊豆でさえ、もっと高かったわー。
f0043911_18000802.jpg
もちろんこれは小振りではありますけれど、二人で食べるのにちょうど良いサイズ。
日本酒なんぞ呑んじゃって、とっても良い気分の夕食でした。

今年はカツオもイマイチだし、何でも秋刀魚も去年を下回る水揚高だそうではないですか…。
日本近海のお魚ちゃん、一体どうしちゃったんだ…。
かもーん、魚!!
日本の海に戻っておいで~~~!


◆8月に作った保存食◆
葉唐辛子の佃煮
唐辛子の酢漬け
砂肝のコンフィ

[PR]
by rakurakurakuko | 2017-09-07 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(2)

2017年7月に読んだ本

うしし、やっと月一冊からの脱却!
やっぱりさー、電車の中で読むのが苦になってきてしまったのが原因だよな。

f0043911_17065829.jpg
「エミリの小さな包丁」 森沢明夫


森沢さんのハートウォーミングストーリー。
続くとちょいと飽食気味になるのですが(あとちょっとだけ温かみ削って欲しい!)、たまに読むとやっぱり気分がほっこりとしていいです。

都会で傷心したエミリが田舎の海辺の祖父の家に転がり込み、そこで温かい人たちに囲まれて過ごしながら元気になっていく物語。
まぁね、よくある設定と言えばそうとも言えるので、その辺りがちょっと物足りないというか、なんとなく作り物っぽいよねと思えてしまうのがちょっと残念。
ただ、この祖父の作る料理と言うのがシンプルにしてとてもおいしそうで、思わず作ってみたくなるのですよー。
漁師の料理みたいな!
ドラマなんかになったら、とても良いのではないかなと思うなぁ。
おじいちゃんは、田中泯さんとか合いそう♪

最後にちゃんと都会に戻っていくのが良かった!
母も出てきてすっきりしたけど、あのウクレレをくれた父ももう少し絡んできてくれたらよかったな。


f0043911_17071700.jpg
「琥珀のまたたき」 小川洋子


これまた小川さんらしい閉ざされた世界、失われていくものを描かれている小説。
父の会社の破産により、古い別荘に母と住むことになった三兄弟。
ここで新しく、オパール、琥珀、瑪瑙と名前をつけられる子供たち。
家から一歩も出ることなく、ここで図鑑を見ながら過ごす毎日。
いいですよー。
ありえないような設定なんですが、すーっと心に入ってきまして、なんと言うか静かで、そして少し恐ろいのだけれど狂気の一歩手前の研ぎ澄まされた空気。
子供たちはここでの生活しか知らず、大きな声を出すこともないので声帯から出る音はささやきにも満たないような音となり、それでも母の教えを守り暮らしていく。

ただの作り話にならないのはきっと、母は毎日外の世界に勤めに出ていたりするなど、そんな普通の設定があったりするからかなぁ。
この母親、こうして三兄弟を外に出さないことの他に、月に一度女優になりきってみたりするなど、ちょっと恐ろしいですけどね。
この監禁状態を子供たちを守っていると思い込んでいる、心の病。
この別荘に物売りが来るようになるところなどから、少しずつ、少しずつ、風穴が空いていき、ついにこの閉ざされた世界の扉が開くことに。
あっと言う間に母親は死の世界へと旅立つ。

琥珀改めアンバー氏は施設にて生活したようですが、果たしてオパールはあの物売りのお兄さんと一緒になったのか、弟の瑪瑙はどこへ行ったのか、それはわからぬまま。
アンバー氏と寄り添う、この物語を語る老ピアニストもこれまた静かな世界に生きる人。
これはこれでみんな不幸とは思わずに生きてきた、そして生きていくのではないかなと思わせる世界が作り出されているのがすごい!

どの国の話なんだろうと思わせる設定も、琥珀等の名前、出てくる言葉などなど、全てが独特でなんとも心に残る世界です。
小川さん、やっぱり好き。


こちらのブログ村に参加しています。
琥珀にオパールに瑪瑙ってすごい名前ね!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

さて、今年の夏は一体なんなのでしょう!!
梅雨が明けてからと言うもの、東京地方はカラッとした晴れが続く日がないですよね。
それなのにやたらと暑いだけ暑くて、もういい加減にして欲しい!
おかげで我が家の梅干しもまだ干せず仕舞い…。
一体夏のうちに干せるのか…。

暑くてバテ気味になっていたら、ポメマルさんから畑のお野菜が届きまして、その中にちょっと懐かしいものがありました。
f0043911_17073833.jpg
それがこれ、おばけきゅうり。
普通に売っているきゅうりよりずいぶん大きなサイズで、ちょっと水っぽいというかみずみずしいきゅうり。
頂いたこれはまだまだおばけには到達していないかもしれませんが、ものすごく懐かしくて、でも売ってないので食べられないと思っていたので、とっても嬉しい♪♪

このおばけきゅうりは、実家の父が畑やってたときに毎回たくさん持たされたもので、最初は水っぽくておいしくないと出来ればもらいたくなかったのだけれど、途中からおいしい食べ方がわかり、それ以来楽しみにしていたもの。

f0043911_17091567.jpg
早速このおばけきゅうりを使って、きゅうりの東南アジア式。
おばけきゅうりは皮が硬いので皮を剥き、適当にごろごろと切って、お砂糖メインで塩少々、そして韓国唐辛子を加えて混ぜたものにつけていただきます。
これが甘くてちょっと辛い香りがしてとってもおいしいのです。
こればかりは水っぽいきゅうりでやるのがおいしい♪
こりこり、こりこり、いくらでも食べられてしまいます。

きゅうりを食べると少しは体も冷えるので、体も楽になります。

一体いつまでこんな天気が続くのでしょうか。
今日はずいぶん涼しいけど、それでも湿気が体にまとわりつく…。
皆様も夏バテ等に気をつけてお過ごしくださいね♪


◆7月に作った保存食◆

山形のだし
生胡椒の塩水漬け
干し梅
フレンチタラゴン・ヴィネガー
大葉のジェノバソース

[PR]
by rakurakurakuko | 2017-08-14 17:10 | 楽子の本棚 | Comments(6)

2017年6月に読んだ本

最近、堂々固定の、月一冊ペースになってしまったのがちょっぴり寂しい読書記録。
まっ気を取り直していきましょう!

f0043911_00154455.jpg
「夏化粧」 池上永一


久しぶりの池上永一さん。
相変わらず読んだとたんに池上さんだわ~と思うような文体と展開と舞台!

沖縄のある島の小さな豆腐屋で働く主人公津奈美。
津奈美には、他の人には見えないまだ赤ちゃんの息子がいる。
その息子をきちんとみんなの目に見えるように、きちんと生きている子にするために、七つの願いを探しに、奪いに、井戸から続く別の世界に毎夜繰り出していく。
なんかさ、大女のアスリートが出てくる辺りなんかは、ちょっとドタバタ過ぎるんじゃないと思わなくもないけど、でも結構面白く読み進められる。
最後はかなり大胆な終わり方になっていて、そこまでやっちゃうのねーと言った感じ。
今までのドタバタから一転、しんみり。
なんとなくこの途中からがらりと変わりました感もなかなか。

池上さん好きには楽しめる一冊です。


こちらのブログ村に参加しています。
夏に沖縄が舞台の小説っていいね!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

先週末の日曜日。
私はタコを食べました。

f0043911_00161301.jpg
と言うのも、この日は半夏生(はんげしょう)。
半夏生にはタコ!と、ここ数年、スーパーなどで見かけるようになりましたよねー。
とは言え、あまりよく意味がわかっていなかった私。
そもそも半夏生にタコを食べるというのは西の方の習慣のようで、関東で育った私はホントに最近知ったことだもの、あまりなじみがありません。
調べてみると、この半夏生までに農家の人は田植えをすませるものだと言われ、関西地方では、田に植えた稲の苗が蛸の足のように大地にしっかりと豊作になるようにとの願いから、タコを食べるのだそうです。
なるほど、やっぱりちゃんと意味があったんだなー。
知ってみてよかった!
農家じゃないけどさ、私もたいしたことはしてないけど、いろんなことがちゃんと大地にしっかりと根付くよう、これからも毎年半夏生にタコ、食べてみようじゃあーりませんか!

半夏生の日のタコのカルパッチョは、薄切りのタコの上にきゅうりのピクルスの微塵切りをトッピング、胡椒をがりがりっとひいて、オリーブオイルとレモン汁を回しかけました。
タコのむっちり感ときゅうりのピクルスのカリカリ感がなかなかです!

f0043911_00164815.jpg
手前味噌のようで申し訳ないですが、このトッピングしたきゅうりのピクルスがとってもおいしいのよー。

f0043911_00170406.jpg
使ったきゅうりは、テラソルと言う名前らしいミニきゅうり。
ずんぐりむっくりの可愛い姿にノックアウトされ、これはピクルスのために生まれてきたきゅうりではないかと、早速ピクルスを作成してみましたが、食感がパリッとしててとっても良いのです。
普通のきゅうりよりこうして漬けた時に水っぽくならないのもとても良い♪

あんまり見かけないけど、是非この手のきゅうり、農家さんに作ってもらいたいなー。
タコを食べつつ、そんなことを思った、半夏生なのでした。


◆6月に作った保存食◆

梅干し(塩漬け)
南高梅ジャム
南高梅シロップ
きゅうり(テラソル)のピクルス


[PR]
by rakurakurakuko | 2017-07-09 00:17 | 楽子の本棚 | Comments(0)

2017年5月に読んだ本

なんだか記録するほど読めてないんだけど…。(汗)
でもやっぱり読書とかいろいろインプットするものも大切だなぁと思っているのですよね、一応。
なので一応、記録、記録。103.png

f0043911_14534886.jpg
「アイネクライネナハトムジーク」 伊坂幸太郎


6つの短編からなる一冊。
それぞれ短編だけ読んでも面白いけどね、伊坂さんらしく、それぞれの登場人物や設定が少しずつ絡み合っていて、読んでいるとおぉっ!となり、これがまた面白い。
スルスルと一気に読めてしまう、そんな一冊。

あとがきでご本人も書いていらっしゃるけど、いつも出てくる強盗だとか、殺し屋だとか、最近特に何か訴えたいことがあるんだろうな~と思われる、ちょっと監視されているような設定とか、そういうのが一つもないので、いっぱい人が死んじゃうような伊坂さんの小説がNGだった人も単純に楽しめそうな本。
私は前者のもこれもどっちも好きだけどね、読後感は特にこれ、いいです。

伊坂幸太郎さんのいろんな話に出てくるけれど、伊坂さんは斉藤和義さんが大好きで、これもまた斉藤和義さんに頼まれて、曲と連動して書かれた小説なのだとか。
ふぅーん、私、斉藤和義さんってよく聞いたことないんだよね。
その曲を聴いてからまたこれを読んでみたら、また新しい面白みを感じられたりするのかな。
アイネクライネナハトムジークを聴きながら読みたくなったりもしたしね。
音楽と小説、上手い具合に重なり合うとより楽しいですね。


こちらのブログ村に参加しています。
単純に楽しめる伊坂さん、読んでみたい~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

なかなかブログ更新もままならず、おいしいものを食べに行った記憶もあいまいになりつつあるんですが…。

ここのところ気になっていたお店があり、4月にmeloさんが帰国された際に行ってみました。
メンバーは女子4名、meloさん、ソーニャさん、越後屋さん、そして私。
行った先はともすけ

やっぱり思ったとおり、どれもおいしくてよかったわ~~~。

f0043911_14552199.jpg
せっかくなのでいろいろ食べたいよねと前菜盛り合わせ。
なんだか妙に写真ボケてますが…。(汗)
どれもぜーんぶおいしくて、特に蕨のマリネしたやつが気に入った!!!

f0043911_14555221.jpg
チーズも頼みましたよ~。
チーズ自体もおいしくて、添えられている栗の蜂蜜もおいしかったのだけれど、なんと言っても私のツボにはまったのは、蜂蜜が入っている小さな器。
これね、これだけでとっても可愛いのだけれど、金継ぎされているんだよねー。
もう素敵過ぎて、これだけを何枚も写真撮ってしまったほど!(笑)

f0043911_14560922.jpg
豆苗とモッツァレラのサラダ。
どうやらこれは名物らしく、行ったら絶対に頼もうと思っていたもの。
豆苗は生で、少しきつめに塩が効いてて胡麻油で風味を出してあります。
それがまたモッツァレラとも合うのよねー。
後ろにはきゅうりも隠れてます♪

f0043911_14564220.jpg
焼き筍。
もちろんおいしい!
だって私、焼き筍好きだもの113.png

f0043911_14565672.jpg
ラムの焼いたの柑橘添え。
確か柑橘はタンカンだったような。
ラムの焼き加減もちょうど良く、ほろにがく甘いタンカンが絡んで絶品!

f0043911_14571155.jpg
鰯とフェンネルとナッツのパスタ。
個人的にはね、これが一番良かった!
そんなに奇をてらう組み合わせではないけど、なんと言うかバランスがすごく良くて、ホントにおいしかったのですよー。
どちらかと言えばショートパスタもそんなに好きではないんだけどね。
もう、おいしい、文句なし!!

f0043911_14572828.jpg
筍のリゾット。
これもまた組み合わせが絶妙で、山椒の実が入っているのがいいんだよね~。
今年は山椒の実でちゃんと塩漬け作って保存したいなーと思った!

と言うわけで、ここ、ともすけ、是非是非再訪、再々訪したいです。
季節季節の旬のものを頂きたいなぁ。


◆5月に作った保存食◆
筍の水煮の瓶詰め
島らっきょう漬け
フェンネルバター







[PR]
by rakurakurakuko | 2017-06-16 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(4)

2017年4月に読んだ本

今頃ですが…105.png
4月に読んだ本のご紹介~♪♪


f0043911_17224967.jpg
「平凡」 角田光代


6つの短編が収められた一冊。
角田さんは長編もいいけど、短編も良い!

あの時、もう一つの道を選択していたら…と言う、もうひとりの自分を想像する、そんな物語。
こういうあの時こうしていたらって誰もがきっと思い当たることありますよね。
あの時許していなかったら、あの時結婚していなかったら等々。
そんな「あの時」の別の選択をちょっとだけ想像してみる。
と、意外と今の選択も悪くないんじゃないと思えたりする、そんな風に描かれているのが読後感もすこぶる良い一因かな。
「あの時」は読者である私とはまったく違う「あの時」だけれども、なんとなく共感できるのがいい。

平凡なことが淡々と描かれているようでありながら、いろいろ考えさせられたり、それぞれがいろんなことを思い描いたりするような物語。
角田さん、やっぱりいいね。


こちらのブログ村に参加しています。
あの時、違う道を行っていたらどうなっていたかなって時々思うことあるよね♪って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

今月もなかなかブログの更新もままならないまま終わりに近づいていますが…。
ほーんと、早すぎるよ。
そしてなんだか何もできなさすぎるよー。

4月と言うともうずいぶん前のように思えるけど、ちょうどその頃、かれこれ30年以上の付き合いの近くに住む友人と、友人お勧めの近くのお店に飲みに行きました!
友人はこの店なくしては暮らしていけない…とも言っている(笑)、Hi-Bi

f0043911_17232114.jpg
これは、ふきのとうのコロッケ。
まん丸の形と食べ切りサイズが可愛い♪
ふきのとうのほろ苦さと、散らしてある塩昆布の旨味がいいです~!
お肉屋さんのコロッケとは一線を画する、おつまみコロッケ。

f0043911_17233507.jpg
ホタルイカのアヒージョ。
もうこれは文句なくおいしいですよ。
イカラーですからね、私。
これに味をしめて、おうちでも何度もホタルイカアヒージョ作ってます♪

f0043911_17255616.jpg
これがね~、初めて食べる食べ物で、もううわーーーって感じなんですけど、のれそれ。
なんと穴子の幼魚。
一瞬ゼリー寄せみたいにしてあるのかな~と思ったら、なんとまぁ、透明の白魚の大きくて長いのみたいなのがびよーんと!
おおっ目がついてる!(笑)
つるりんとしていてさっぱりとしておいしいです!
あ~また今まで知らなかったお味を知ってしまった!

ビールを飲みつつ、ワインを飲みつつ、またまたワインを開けつつ、良い気分で帰りました…と言いたいところですが、実はこのとき、電車に乗ったら爆睡したらしく、気づいたらとんでもないところまで行ってました…。
上り電車の最終にて何とか帰宅。(爆)
おいしいものを頂いているとついつい飲みすぎてしまうんですが、もう若くないんだから少し控えめにしようと心に決めた、そんな日でもありました103.png

◆4月に作った保存食◆
山形青菜漬け
筍水煮瓶詰め
蕗のピクルス
蕗の水煮瓶詰め


[PR]
by rakurakurakuko | 2017-05-28 17:26 | 楽子の本棚 | Comments(4)

2017年3月に読んだ本

3月に読んだ本は一冊。
実は、その前の2月は読書記録の記事は無し。
忘れていたわけではなく、なんと一ヶ月に一冊も読まなかったの…。
な~んだかな~、なかなか読めないのよね、このごろ。
読みたい気持ちはあるんだけど、いろんなことがついて行かないかんじ。
まぁぼちぼち、ぼちぼち、いってみます。

f0043911_23550210.jpg
「火星に住むつもりかい?」 伊坂幸太郎


伊坂さんらしい一冊。
最近の伊坂さん(と言っても全部発刊と同時に読んでいるわけではなく、図書館利用なのでタイムラグがあるけど)、何かとっても訴えたいものがあるような気がして仕方がない。

これは、中世の魔女狩りのような平和警察と言うのが出てきて、悪事や混乱を沈めるどころか、なんと言うか恐怖で人々を抑えさせるような、いなければ作って見せよう悪人を的なちょっととんでもない世界となってしまう物語。
ギロチンなどが出てきて、ちょっとおどろおどろしいので、その辺りが最近の伊坂さん(あくまでも私的な!)で、好き嫌いの別れるところだと思う。
本当のことを言うと私もあまりおどろおどろしいのは好きではないのだけれど、やっぱり何か言いたいことがあるように思えて、大好きな伊坂さんだし見つめていきたいと思う、そんな次第。

タイトルの「火星に住むつもりかい?」と言うのは、こんな世界の中で我慢して生きていくか、さもなくば火星にでも住むしかないよねと言う意味。
これはあとがきによると、伊坂さんがちょっと自分でもどうすることも出来ない恐ろしいニュースを目にして落ち込んだときなどによく聞く、デヴィット・ボウイの「LIFE ON MARS?」からタイトルをつけたそうで、後から調べたら「火星に生物が?」と言う意味だと知り恥ずかしかった思い出があるそうです。
やっぱりキュートだ~、伊坂さん♪


こちらのブログ村に参加しています。
いや、火星に住むつもりはないけどね♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

さて、本も読まずにじゃあ何をしていたかと考えてみるに、特にたいしたことはしていない…。(汗)
なんとなくすべてやることがスローモーになっていると言うか、思いは果てしなく沸いてくるんだけどなかなかやる気とか体がついていかず、そして時間だけが過ぎゆくのさ~。

そんな中、いろいろやっていたことを羅列。

f0043911_23561969.jpg
パンを焼く。

焼いても焼いてもブサイクなんですが、やっぱり自家製酵母のパンはおいしくて、週に一度くらい焼いたりしていました。
しかし、どーしてこーも上手くならないかね。
よくわかりません…。

f0043911_23562490.jpg
継ぎ足していたりんご酵母の中種もいよいよ元気がなくなってきたので、思い切って使い切り、いつもフレッシュなフルーツ酵母しか起こしていなかった私が、レーズン酵母にチャレンジしてみました。
もしかしてパンが上手く焼けないのは発酵力の違いではないかと思い(あくまでも自分の力以外のものと思いたい・爆)、これだけみんなが起こしているのだからフレッシュなフルーツより干し葡萄のほうがパンには良いのではないかと!
が…。
2回起こして、2回とも失敗…。チーン…。
どうしてかしらね~。
ちゃんとオイルコーティングしていないのを使って消毒もしっかりとしているのに。
そもそもフレッシュなりんごなどでは失敗無しだったのになぁ。
2回連続で失敗するとさすがに気分ものらないので、もしやこの寒さがいけないのかと思うところもあり、もう少し暖かくなってから再会することにしました。
あー自家製酵母パンが、ブサイクでもいいから食べたい!!

f0043911_23571637.jpg
金継ぎ。
1月に金継ぎ部を卒業してから早2ヶ月と少し。
自分の力でやってみようと、先月いよいよ金継ぎ再開しました。
ひとりでなんて出来ないかも…なんて珍しく少し弱気な気分で始めたりもしたんですが、やったみたら意外と覚えていて、ちゃんとできた!!
とは言え、まだ割れを漆で継いだり、欠けを埋めたりしたところで、まだまだこれからいろんな工程があるんですけどね。
ひとりでやるといろいろ試すことが出来るし、時間も好きに取れるし、とにかくすごーく面白い♪
5月くらいには第一弾が完成するといいんですけどね。
がんばるー!!

f0043911_23573740.jpg
編み物。
もうこの辺りで終わってしまうかなー。
出来ればもう少し進めたかったけど、そろそろ夏糸にしたいもの。
これはOpalと言うドイツの靴下専用のソックヤーンで編むカーディガン。
トップダウンで、今はひたすらメリヤス編みを減らすでもなく増やすでもなく延々編み進むセクションに入っています。
つまらない人にはものすごく退屈であろう単純作業が、私は意外と好きなんだよねー。
模様編みも何にもなくて、ただただ同じように編んでいくのが気持ちが集中していいんだよ。
来年の冬には着れるといいけど。

そんな感じで過ごしてます。
本もそうだけど、もう少しブログもマメに更新できたらいいなぁ…。


◆2月に作った保存食◆

塩麹
パン中種
手前味噌

◆3月に作った保存食◆

砂肝のコンフィ
パンチェッタ
なめたけ



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-04-05 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(1)

2017年1月に読んだ本

今年最初の読書記録。
あはは…、また一冊。
なんだか最近あまり読書欲がないのよねー。

f0043911_00030900.jpg
「元職員」 吉田修一


すらすらと読める一冊だけれど、あんまり読後感ないような…。
主人公は地方の公社に勤める中年男性。
一人旅でバンコクにやってきて、やってきたのはファーストクラスだし、ホテルの部屋も豪華で、最初から何かあるな~と言った感じ。
偶然会った若い男性から、ミントを紹介されて、性的な関係となり、あちこちを観光したり高級なレストランに行ったり。

途中から日本での出来事などが物語りに組み込まれてきて、公金横領していることがわかるのだけれど、自分のお金ではないものを使っていることに麻痺しているものの、時々は罪悪感や罪の意識にさいなまれ体が震えてしまったりするのだけれど、いまひとつそのギリギリのところに居る感が伝わってこないかな~。
そういうものを見ないようにしている主人公の心の中をわざと描こうとしているのだったら成功かとも思うけど。

最後にそのバンコクへの旅も終わってしまった。
新聞記事の「元職員」のようにきっとなるのだろうけれど、なんとなく途中で話が終わってしまったなーと言った感じでした。


こちらのブログ村に参加しています。
あら~読書欲早く沸いてくるといいね!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

さて、2月に入りましたが、まったく騒がれないですね、プレミアムフライデー。
毎月、月末の金曜日を早帰りデーとしようと、15時に仕事を終える日とするプレミアムフライデー。
経産省主導で、そういう日を作れば消費活動にも役立つだろうと始めることとなったようですけど、果たして「わが会社はプレミアムフライデーを導入するぞ」とはっきりと表明している会社、あるんでしょうか。
私の勤める会社では、「働き方改革」などと言って、盛んに早く帰ろうとか、仕事を効率よくやろうとか言っているので、真っ先にこういうことを始めてもいいんじゃないかと思っていたんですけど、2月も早10日を過ぎようとしていますが、まったくそんな話は出てきません!
ってことはきっと、なしってことだよなー。
そもそも、本当に浸透させようとするのであれば、金曜日と言うのはよしとしても、どーして月末?と思ってしまいます。
もっとも早く帰りにくい日だよねぇ…。
覚えやすいとか、給料日後になるとか、きっとそういう観点から考えて月末の金曜にしたのだろうけれど、まぁ、やっぱりお役人さんは一般企業の実態をまったくわかってないよなーと思っちゃいますよね。
なんだか幻のまま終わってしまいそう…。

実は、幻になる前に、先取りしちゃおう~♪と先月のとある金曜日、半端に余っていた半休を使い、ひとりプレミアムフライデーを楽しんだ私。
昼で仕事を終えて帰社し、まず向かったのは普段はなかなか行けないお寿司屋さん。
すし匠にてランチのバラちらし。
f0043911_00045566.jpg
ひとつひとつに丁寧に仕事されたねたがたっぷりのったちらし。
おいしいよーー。
お店の方の対応もとっても良くて大満足。

お寿司を堪能した後は、青山に場所を移して行きたかった三つ葉屋のセールへ。

f0043911_00051631.jpg
血迷いながらあこがれのROWANをゲット!
ほんとはね、まだまだダンボールいっぱいに毛糸があるんだけど、やっぱり欲しいんだよねー。
セーター着分買いましたが、果たしていつ編むことができるのやら…。(汗)
でもいいんです、とっても満たされた気分になったから。(笑)

そしてまたまた今度は場所を銀座に移しまして、向かったところは松屋銀座。
ちょうどこのとき行われていた「繕う 漆繕い・焼継ぎ・鎹繕い」に行ってきました。
f0043911_00060121.jpg
実は金継ぎ師の佐久間年春さんと言う方は存じ上げなかったのですが、いや~本当に素敵な金継ぎでした。
年末に見た黒田雪子さんもそうでしたが、とにかく金継ぎの線が繊細なんですよね。
お二人とも元々はデザイナーでいらっしゃるので、やはり並々ならぬセンスがあるのでしょう。
写真のガラスの継ぎなど、本当にうっとりしました。
この後知ったのですが、佐久間年春さんも、西麻布金継ぎ部で金継ぎを始めた方だそうです。

と言うわけで、半休を取って勝手にプレミアムフライデーを試してみた私。
こういうのってなかなかいいですよね。
普段やりたくてもなかなか出来なかったこととか、行きたくてもなかなか行けなかったところに行くとか。
なんかね、ちょっとだけ心が豊かになる。
まぁ私の職場では今月から始まることはまずなさそうですが、企画としてはなかなかに良いと思うので、どうかこのままたち切れにならないことを願っています。


◆1月に作った保存食◆
砂肝のコンフィ
りんごジャム
柚子味噌
塩麹
紫大根のピクルス



[PR]
by rakurakurakuko | 2017-02-10 00:08 | 楽子の本棚 | Comments(4)