f0043911_1494347.jpg
キャンピングカー持ちの友人に誘われて、またまたキャンプに行って来ました!
鬼怒川温泉オートキャンプ場という、川のほとりにある自然が豊かなキャンプ場。
このキャンプ場は、去年、まだ友人がキャンピングカーを買って間もない頃に一度来たことがあります。
その時はテントも上手く張れなくて、隣の人の張り方を見たりして、試行錯誤の末やっと形になったのよね~。(笑)
その時から比べたら格段に慣れてきて、割とすんなりとテントも張れ、ホッと一安心!

テントが張れて、テーブルやイスのセッティングが出来たら、まずはビールを片手にランチです。
今回のランチはワタクシ担当!
f0043911_151089.jpgと言っても、おうちにある乾き物を持ってきて、後はキャンプに行くと言ったらなぜか実家の母が張り切っていろいろ作ったので、キャンプ場に行く途中で実家に寄ってそれをもらってきただけなんですけどね~。(^^ゞ
おうちにあったものは、あらあら~~~何とまあ、みんな頂き物ですわ~~~。(爆)
KIKりんからもらったこぶみかんの葉が入ったタイのスナックに、エビ味のクルクル巻いてあるもの、そしてトーストされたココナッツ!
サラミは先日コンサートぴかままさんからもらったドイツ土産のサラミです。
ありがと~~~♪

f0043911_154465.jpgさぁ、お弁当を広げましょう♪
KIKりんからいただいたスナック類は、特にタイのスナックが友人にも大好評!
サラミもやたらとおいしいという話になり、ドイツ土産だからね~とちょっぴり自慢げに言う私。"^_^"
夫にいたっては、「なんだかさ~最近ブログ仲間から(ってアンタのブログ仲間じゃないよね…)沢山おいしいものが送られてくるんだよ。で、うちはヨネマースとかもずくとか送ってるんだけど、絶対に俺達(って俺は何も送ってないでしょ~~~)のほうが得してるみたいなんだよね。」なんてこれまた自慢げに話してるのよね。
なんか違うけどね。
でもホントにいただきすぎなのは確かです…。(^^ゞ

f0043911_1553019.jpgランチが終わってもダラダラとしゃべりながら飲んでは食べる私たち…。
途中、眠くなってきたので私は勝手にテントでお昼寝して、出てきて見ると今度は鮎の塩焼きが出来てる~~~。
備長炭の炭火で焼くと皮もパリパリで旨いね~~~。

f0043911_1554789.jpgそして夕食前に、キャンプ場の中にある温泉へ。
500円で露天風呂もついている温泉に入ることが出来るんですよ~。
昔はキャンプだとお風呂に入れないからイヤ~~~なんて言ってたけれど、今時のキャンプ場は温泉併設のところも多くホントに快適です。(*^_^*)

夕食は前回に引き続き今回も焼肉!
それに飯合で炊いたほかほかご飯~~~。
焼肉だけでものすごくお腹がいっぱいなのに、あのつやつやご飯を見るとやっぱり食べてしまいます…。(^^ゞ

そして就寝!
今回は私たち夫婦と友人(男)の3名がテントで寝ることになりました。
私も夫も初テント、初寝袋でしたが、なぜだか狭いところが好きな夫はただテントで寝てるだけなのに、「ワクワクする~~~」とか何とか言っちゃってハイテンションになってます!
わけわかりませーーーーん!(笑)
テントに当たる雨の音を聞きながら、3人あっという間に爆睡!

そしてあっという間に朝ーーーーーーーー!
まだしとしとと雨が降っていました。
お湯を沸かしてコーヒーを入れて、トーストで朝ごはん!
ああ…、寝ぼけていたのか写真を撮り忘れましたが、このトーストがまたおいしかったのですよ。
f0043911_1574669.gifトーストに塗ったこの「シュガートースト」というペーストがとてもおいしいの♡
これまたえつちゃんからの頂き物なんだけど、メープルシロップの香りがふんわりとして、塗ってから焼くと表面がパリパリで甘くてたまらないのよ~~~。
えつちゃんに聞いたら生協で買ったとのことで、あんまりその辺のお店では取り扱ってないみたい。
こんなにおいしいのにソントンさん、なぜ売らないのか残念でなりません!!

朝食の後にまた温泉に入り、テントやテーブルなどを片付けてキャンプも終了!
帰り道、キャンプ用品も扱うゼビオと言うスポーツ用品の量販店がセールをしているので寄っていこうということになったのですが…。
最近、キャンプ用品を揃えたいモードになっていたうちの夫、「いいのがあったら買っちゃおうかな~」なんて言ってたんですよね。

f0043911_201496.jpgで、買っちゃいました~~~。\(^o^)/
テント、タープ、寝袋、テーブル、イス、バーベキューグリルなどなど全10数点…。
こんなに一気に買っちゃって大丈夫か~~~。
手入れはちゃんとできるのか~~~。
私は料理は担当してもいいけど、テントのメンテナンスとかはイヤだよ~~~。
ああちょっと不安ですが、今PCに向かっているその後ろにはデデデーーーーンと箱に入ったままのキャンプ用品が場所とってます…。(-_-;)

キャンプ用品を買ったのならキャンプに行かなくちゃとのことで、もうさっそく来月半ばにキャンプの予定を入れました!
気の早い夫は、「料理は何にするの~」なんて言ってるんですが、そうです、やはりアウトドアと言えば燻製でしょう♪
去年、あんなハマッていた燻製も最近はトンとご無沙汰で…。
f0043911_2113636.jpgうちの大活躍ボーイだった「いぶすくん」も今では「干されくん」になってたんです…。
これは良い機会!
いぶすくんを復活させましょう!!!
大体いぶすくんは「屋外用」って箱に書かれているんですからね。
それを無理やり今まではキッチンで使っていた私!
いぶすくんよ、一緒に外に出ようではないか!!!

f0043911_2115439.jpgまずは簡単にこんなの作る予定です♪


f0043911_24570.jpg
そして~~~、本日またキャンプに持っていって自慢できそうなものがいっぱい届きました!
常夏の島ハワイのおはよう♪さんからこんなにたくさんのプレゼント~~~♪
もう嬉しすぎます!!
ラムなんて旦那とラブラブで飲むよーにと書いてありますが、キャンプにも持って行っちゃうわ~。
そして何とひよこ豆ラブな私のためにフムスまで!!!
嬉しすぎ~~~。
セレブなマツケンだって入ってる~~~。
おは♪ちゃん、これっていっぱい送りすぎだよ~~~。
f0043911_242413.jpgそしてそして、おは♪ちゃんのチュー♡
喜んでお受けいたします。m(__)m
おは♪ちゃん、ホントにホントにありがちゅーーーーーーーーー♡







こちらのブログ村に参加しています。
もらい物長者の楽子家なのにキャンプセットなんて買っちゃってホントに大丈夫~って思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-30 02:15 | 小さな旅 | Comments(28)

f0043911_2401617.jpg
ドイツのベルリンで、変なものを見つけては写真つきで紹介していたりメルマガに記事を投稿して採用されちゃったり中華麺を自分で打っては一日二回も冷やし中華食べちゃったり、そんなことをしているぴかままさんは、ご存知の方も多いと思いますが実は著名なソプラノ歌手なんです!!
そんなぴかままさんがコンサートで日本に来られるというので、これは行かねば!!とチケットをゲットいたしました~。
…とは言っても、なんとお忙しい中ご本人にお願いしちゃったんですが…。(^^ゞ
ずっと日本にいるんだし自分で手配しろよ~~~って感じですが、なんだかぴかままさんってそういうことをてきぱきやってくれちゃって頼みやすいんですよね…。
いつもいつも甘えてしまってすみませんです…!!

コンサートは昨日23日、赤坂のサントリーホールで行なわれました。
一緒に行ってきたのは、ポメマルさん、はあこさん。
コンサートは夜の7時からでしたが、せっかくなので少し早めに会って食事でもしてから行きましょう♪というお決まりのパターンになり、3人でサントリーホールのお隣の全日空ホテルで待ち合わせです。

何しろ4時という中途半端な時間なので、こちらのカフェに入ったもののずっしりとしたコース料理はちと重い!という訳で、単品でこんなものを頼んで食べながらおしゃべりタ~イム♪

f0043911_2465865.jpgポメマルさんとは先月のアヤナーさんとのオフ会でお会いしてますのでそんなに久しぶりでもないんですが、はあこさんとは去年の12月にお会いしたのが最後なのでかなり久しぶりです。
はあこさんはお子さん2人を実家に預けて来られましたが、そのご実家は比較的ポメマルさんのおうちと近く、またはあこさんの旧姓がポメマルさんの今の苗字と同じことがわかったりして話が弾みます!

f0043911_2472524.jpgはあこさんはぴかままさんにお会いするのがはじめてとのことでしたので、ぴかままさんについてポメさんと私でいろいろとレクチャー♪
ぴかままさんはね~、舞台の上だと大きく見えるけど小柄なんだよとか、
なんだか忙しいはずなのにやたらと麺打ったりしてるんだよとか、
昨日はどうやら新大久保でホットク食べたんだけど、何だか上手く食べられなくて蜂蜜ダラダラたらしちゃったらしいよとか、
毎日業務用スーパーに行ってはマルタイが安かったとかKIKさんにメールで報告しているらしいよとか~~~。


f0043911_2474640.jpgそーなの、ぴかままさんって歌姫なんだけどかな~りおもしろい!!!
そんなこんなで話していたらあっという間に2時間近く経っちゃって、そろそろ行かなきゃってことでホールに移動♪



なんだかここでも珍道中!
最後のリハーサルの最中にも関わらず、チケットは受付で受け取れるようにしてあるから~とぴかままさんからメールをいただき、「受付ね~」と行ってみるとなにやらそこは全く違うものが行なわれる小ホールの受け付け!
名前言ってもこれではわかりませんね…。(^^ゞ
で、次にここじゃないわ~とウロウロしてたら警備員さんみたいな方が「何をお探しですか」と親切に聞いてくれるので、チケットを受け取るために受付を探していると言うと、「何のコンサートですか」と聞くではないの~~~。
一瞬言葉につまる私…。
あはは~、ぴかままさんのコンサートとしか私の頭の中にはインプットされてなくて、コンサートの名前なんて全く覚えちゃいないのよ!
いつもはもっと小さな声で聞こえるから~~~と文句言われるほど大きな声の持ち主なのに、消え入るような声で「あの…クラシックのコンサートで…大ホールでやるんですけどぉ…」としか言えなかったわ!!

で、何とかチケットを受け取る受付にたどり着き受け取ったところで開場時間となったので、三人でホールの中へ。
行って見ると席は7列目のほぼど真ん中!!!!
めちゃくちゃ特等席です!!!!
実は私たちの席のお隣にはぴかままさんの古くからのお友達のIさんが来られることになっていて、事前にぴかままさんからIさんが楽屋までの行き方を熟知しているから、コンサートが終わったらIさんに着いて楽屋に来るように♪とのメールがあったのです。
ふと見ると私の隣にはかなりご年配の男性が…。
どーみてもこの方がぴかままさんの古くからのお友達ではない様子…。
となると反対側のポメマルさんのお隣に座られる方がIさんねと思っていたら、そそとした感じの女性の方がいらっしゃいました!
ポメマルさんにIさんかどうか聞いてもらい、無事ぴかままさんの旧友であられることが判明!

それからは、更なるぴかままさんレクチャーです。
ぴかままさん乙女チック疑惑に笑い転げ、他の音楽家の方が練習前にはあまり多く食事を取られないがぴかままさんだけはいつも食べてた話とか、Iさん他ぴかままさん友人はぴかままさんが練習している姿を見たことがないとか、ぴかままさんはIさんがドイツに遊びに行くと日本食にばかり連れて行くとか…。(笑)
クラシックのコンサートですから結構みなさん静かにご歓談されてるんですが、なにやら7列目の横並び4名だけはその場から浮いてるかもしれない大爆笑!

そんなことをしていると、どうやらコンサートも開始になるようで…。
あわててパンフレットを見てみると、どうやらぴかままさんの出番は全部で4つあるうちの3つ目のプログラムである「たそがれのわたしの空に~独唱と室内オーケストラのための」のようです。
前回2月に行ったコンサートもそうでしたが、今回も現代音楽。
素人には結構難しいです…。
なんとなくわかったようなフリして聞いてますが、実はよくわかっていません!(爆)
それでもぴかままさんが出る前の2曲目の曲でヴィオラを弾かれた川本嘉子さんは素晴らしかったです。
私があまり知らないだけかもしれないけど、ほとんど音が出ないような小さな音、しかもものすごく小刻みに弦を動かしているその奏法に、見ているだけでもほーーーーっとなります。

そして3つ目、開場の拍手とともにぴかままさん登場!
黒とブルーのドレスをまとい、髪の毛は多分自分でアップにしたのだろうと思われる(前にそう言っていたので)パイナップルみたいにツンツンした髪型!
堂々と歩いてこられ、舞台の真ん中に立ったその姿は、歌姫って言うよりもホントに女王様のようなんです。
なんかね~、周りにぴかぴかオーラが輝いているような感じ!
そして歌いだすその声ったら~~~。
あの小柄なぴかままさんのどこにそんな声が隠されているの~~~。
今回は時々セリフ(っていうのでしょうか?)みたいなつぶやきもあり、表情も豊かに歌い上げる女王様~~~。
あんなにたくさんの東京交響楽団の方の楽器の音が束になってやってきても、あのたった一人の女王様の声にはかなわないんだから~~~。
やっぱりぴかままさんってスゴイです!!

そんなこんなでコンサートは大成功のうちに終わり、ポメマルさん、はあこさん、私の3人はIさんの後にくっついて行きます!
ホントにもう勝手知ったるって感じにすいすいと楽屋まで連れていってくれたIさん。
ぴかままさんのお部屋にはぴかままさんの先生が訪ねてこられていたので、その間舞台裏をきょろきょろ見学!
f0043911_251288.jpg壁にはこんな風にいっぱいのステッカー。


f0043911_2514537.jpgそしてこちらでコンサートをされた方のたくさんのサインも壁いっぱいに飾ってあります。


f0043911_2515818.jpgよく見るとあの小澤征爾さんのサインもあります!
Iさんにお聞きしたところによると、ぴかままさんは小澤さんとも一緒にコンサートに立たれたことがあるとか。
ますますすごーーーい!

そんな風にあっちこっちを楽しんでから、ぴかままさんの楽屋へ。
何とさっきまでの青いドレス姿の女王様、あっという間にシャワーまで浴びちゃったんだって~~~。
せっかく女王様姿を写真に収めようと思っていたけど、ちょっと遅かった~~~。(ToT)/~~~
いつもの気さくなぴかままさんがそこにいました!(笑)

まずは忘れる前にお土産、お土産と物々交換の開始!(別にそんなにすぐにやらなくてもね~(^^ゞ)
もう私たちが楽屋に入った時点でオーケストラの方々はあっという間に散り散りと楽屋からいなくなられていたにも関わらず、パイナップルへアーはどうやって作ったのかだとか、買い物は沢山したかだとか、次のコンサートの予定だとか、やたらとしゃべりまくってしまいました!
コンサートに行けなかったKIKりんからのスイングしてる男前、ちゃんとぴかままさんの携帯でスイングしてたよ~~~。
そしておはよう♪さんのところで超ブレイクしていた酒飲みの印、ペンダントヘッドはもうしっかりとトランクに仕舞ったんだって~~~。

ああ…、ごめんね、ぴかままさん、この後打ち上げがあると言うのに一番最後になっちゃったよ~~~。
あわててあっという間に荷物をまとめ(これがまたすごく早いのよ!)、みんなで楽屋を後にしました。

お聞きしたところ、今決まっている次の日本でのコンサートは同じくサントリーホールで来年の10月頃だとか。
もちろん都合着く限りまた行きます!

f0043911_2544673.jpgパンフレットにいただいたぴかままさんのサイン♪
あのサイトから使っている鳥マーク入りです♡

そしてみなさんからいただいたお土産の数々~~~。

f0043911_255349.jpgぴかままさんから~~~~。
あの粉ドレもまたもらっちゃったし、何と言っても私はこのペーパーナプキンが嬉しい!
そんなにおしゃれな食卓にすることは数少ないが(笑)、ちょっとしたときにペーパーナプキンを使いたいけど日本で買うと高いんだよ。
何で私が欲しいもの知ってたんだろう???

f0043911_2551921.jpgポメマルさんから~~~~。
またまたいつものごとくたくさん~~~。
ブログに載ってるきなこいちじくもあります!
セールだったからハンドタオルも♪と盛りだくさんです~♪

f0043911_2565035.jpgはあこさんから~~~~。
あ~ごめんなさい、はあこさん!!
ホントはもうひとつ以前もいただいたおいしーーーい胡椒せんべいがあるのですが、あの夜家に帰ってからモーレツにお腹が空き、夫と2人で一袋食べつくしてしまうかの勢いで(実際にはかろうじて少し残しましたが…)、写真を撮ることも忘れ食べちゃったんです!(-_-;)

f0043911_257142.jpgそして、こちらは謎のお土産♪
真相はまた機会をみて後ほど~~~。(*^_^*)








ホントにステキなコンサートでした。
全くクラシックに詳しくない私なので詳細に語ることは出来ませんが、興味のある方はどうぞこちらからコンサートの詳細をご覧下さい。
ぴかままさん、ポメマルさん、はあこさん、そしてはじめてなのにいっぱい話してしまった同い年のIさん、楽しい時間をどうもありがとうございました!!


こちらのブログ村に参加しています。
きゃーーーっぴかままさんってすごい~って思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-25 03:05 | こんなところに行って来ました | Comments(30)

暑いです…。(-_-;)
8月後半に突入しても連日の真夏日。
しかも湿度も高く、じっとしていてもじわ~~~っと汗が出てきそうな、そんな毎日が続いています。
お陰で先週末も全く出かける気にもなれず、だらりんこと家の中で過ごしていた我が家。
そんなセミの声がミンミン聞こえてくる中でいただいた清涼剤!!
思わずほわ~~~っとわけのわからない声が出てしまいます~~~。

f0043911_1225318.jpg
まずは、毎度お世話になってますsalahiさんの「フラッペ(ギリシャ風アイスコーヒー)」。
ちょっとカフェ風、いい感じに泡が立っているでしょ~~~♪
これがですね~、ものすごーーーくお手軽に作れてしまうのですよ。

f0043911_1232114.jpg使うものはこちらのインスタントコーヒーとシェイカー。
ネスカフェって書いてあるけど、これが何とギリシャのネスカフェのインスタントコーヒーなんです!!!
はるばる海を越え、ギリシャのsalahiさんのところからうちまでやってきました!
何でもギリシャの方はコーヒーに泡を立てて飲むのが大好きとのことで、ギリシャのインスタントコーヒーは日本のものより泡立ちやすいとか♪
シェイカーは、なぜか独身時代から夫が持っていたもののようですが、結婚して5年弱、まだ一度も使われているのを見たことがありません…。
カクテルを良く飲んでたなんてことも聞いたことがないし、どーして持っていたのかが謎~~~。(爆)
そんなシェイカーもどうやら日の目を浴びることになりそうです。(*^_^*)

シェイカーにインスタントコーヒーと砂糖と水を入れて、フリフリ、フリフリ~~~♪
気分は真昼のバーテンダー。(一体どんな気分?!)
シェイク、シェイク、ブギーな胸騒ぎ~♪なんて歌いながら振ってますが、なんだかシェイカーの中が無音なんですけどぉ~~~。
f0043911_124112.jpgそして開けてみると…。
わぁ~~~~、ほんの少ししかフリフリしなかったのにこんなにモコモコ泡が立ってます!!!
オマケに触っても崩れないすっごくクリーミーな泡~。
感動です!!
この泡に氷とお水と牛乳を入れて、あ~気分はギリシャ~~~。
おいしくて楽しくて涼しいです~~~。\(^o^)/

f0043911_1242784.jpgいいわ~なんて思っていたら、何と只今発売中の「ELLE a table」が地中海料理の特集なんですが、そこにも載っていたのですよ、このフラッペが!!
やはりインスタントコーヒーで作ると書いてあり、最近はイタリアのエスプレッソに人気が押され気味だと書いてあります…。
がんばれ、ギリシャのフラッペ!!
エスプレッソより楽しくて手軽でいいぞーーーー。








そして、歌って踊ってシェイカー振って、ブギな胸騒ぎしちゃったもんだから、まだまだ暑いんですよ~~~。
そんなときにはつるりんと冷たいゼリーを食べよう♪
それも見た目も味もとびきり爽やかなものを~~~!

f0043911_1262361.jpg
こちらは先日、これまた毎度おいしい情報とおいしいものをいただいているポメマルさんからいただいた梅シロップで作った「梅ゼリー」。
南高梅ジャムで梅ゼリーを作ったりしますが、いやいやこれがまた青梅使用のものだと違うんですね~。
さっぱりとしていてより夏向きなんです。
ポメマルさんによるとこの梅シロップには、水分を出すために(でしたよね)ホワイトリカーが入れてあるとのこと。
うむむ、なるほど大人向けの爽やかさです!!

色も透明でキレイですがそれだけではちょっと寂しいかな~と思い、お友達からいただいて大切に冷凍保存しておいたすぐりを水玉模様に浮かべてみました。
青梅の爽やかさとすぐりの酸っぱさがこれまた最高で、しかもすぐりの果肉にもほんのりと梅の香りがしみこんでいるんです!
これはすごい発見!
梅って今まであんまり意識したことがなかったけど、その香りの強さは素晴らしいんですね。
梅酒などの甘い果実酒があまり得意ではなく、今まで青梅のものを仕込むということを考えてなかったのですが、これは来年からは青梅でも何か仕込みたくなってきました。

salahiさん、ポメマルさん、そしてすぐりを送ってくれたTさん、お陰さまでだら~~~っとしていた私も、シャキーーーンとリフレッシュすることが出来ました!
ありがとうございました!
溶けるようにグニャーーーーーっとなってきたら、また作ります!!(*^_^*)

**************************

さて、今日mocataroさんのところでブログの記事100作目!と書かれているのをお見かけし、すごいな~なんて思って自分のところに戻ってきてみたら、何と私の記事の数も99個となってました!(゜o゜)
あらら~ん、びっくり!!!
というわけでこの記事が私も100作目です♪

f0043911_1291282.jpg毎日更新できたらな~と思いつつなかなかできず、時間のあるときや思い付きで更新してますが、継続は力なりというか、継続は広がる新しい世界です!!!
もうまずはこんな個人のブログを見てくれる人が毎日いるってことだけでもすごいし、さらにコメントまでもらえるって言うのは感謝感激~♪
おまけにそれが日本のみならず世界のあちらこちらにいらっしゃったりするものだから、夜中に更新して眠っている間にも誰かが見てくれて、朝起きて会社でチェック(いいのか、それで~~~)した時にコメントがあったりするとものすごーーーく嬉しい!!
自分は寝てるのにブログが勝手に楽しい世界を広げてくれてるんだもの~。(笑)

いつも見ていてくださる方々、そしてリアルな世界でも仲良くしていただいている方々、本当にありがとうございます!!
今ではネットのつながりがなかった頃のことが思い出せないほど充実してますわ~~~。"^_^"
これからも200、300と記事が増えるにつれ、楽しいことも増え、おいしいことも増え、そしてステキなお付き合いを続けていけますように♪
ホントにみなさんありがと~~~。\(^o^)/


こちらのブログ村に参加しています。
ホントに日本は暑くてイヤになっちゃうよ、私もこんな冷たいもので涼みたい♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-22 01:36 | いろいろなお料理アイディア | Comments(41)

8月のタイ料理教室

今月のタイ料理教室は特別レッスン♪
私と一緒に習っている方たちはみんなもう何年も習っている人たち!
だからタイ料理のスタンダードなものはずっと昔に習ってしまっているんです。
私が習っていない、そんな是非作り方を覚えておきたいものを、8月は本当はレッスンはお休みの月なんですが、先週お盆の真っ只中に特別に開いていただきました~♪
私に料理教室を紹介してくれた友達も一緒にやってくれることになり、今回は是非一度タイ料理を習ってみたいというゲストの方も参加されました!

f0043911_1251370.jpgまずは私が作ってみたいとリクエストした「パッタイ(タイ風やきそば)」。
これ、具がかなり個性的ですよ~。
ニンニク、エビ、豚バラ肉、卵までは普通ですが、ここに厚揚げ、沢庵が入ります!
そしてトッピングのモヤシとニラは生のまま!
ソースはシーユウダムという黒蜜みたいなものや、チリソース、ケチャップなども使われています。

f0043911_1501433.jpgそしてこのパッタイの麺ですが、センレックと言う米粉を使った麺を使います。
ベトナムのフォーによく似ていますが、フォーにはタピオカ粉も少し含まれているということで、フォーの方が少しもちもち感があります。
このセンレックの戻し方がよくわからなくて、どろんどろんの麺になってしまった経験がある私…。(^^ゞ
すぐに柔らかくなってしまうので茹でて戻すというよりは、ぬるま湯に漬けて写真の状態くらいまで戻し(まだ結構固いです)、その後水を少し入れながら炒めたりするもののようです。

f0043911_151797.jpgこのパッタイは屋台料理なので基本的に一人分ずつ作ります。
このセンレックという麺、こんなに固いままでいいのかしらって少々疑問でしたが、ホントにすぐに柔らかく炒まるので、日本の焼きそばなどと比べてもあっという間にできて屋台で作るにはもってこいです。
写真は自分の分のパッタイを作っている今回の男性ゲストのNさん。
おうちでは何とパスタの麺を打ったりしているそうで、手つきも慣れたものです。

f0043911_1335822.jpgこちらは「カオ マン ガイ(鶏の炊きこみご飯)」です。
炭水化物が続いてしまうのだけど是非これは覚えてほしいからと先生。
作り方も見た目も、シンガポールのあの有名な「海南鶏飯」と似ています。
違うのは「海南鶏飯」には数種類のソースが添えられていますが、こちらはタオチオというタイの味噌やプリッキーヌをたっぷり入れたソースで食べることかしら。
タイではこのソースがおいしいかどうかで、そのお店の人気がかなり左右されるらしいです。

f0043911_151525.jpg今回は丸ごとの鶏を使用!
う~ん、お尻からのアングルがかなりグロテスク?!
大体この鶏一羽使って7~8人分くらいのカオ マン ガイが出来ます。
これをほぐして、鶏を煮たスープで炊いたご飯の上にのせます。


f0043911_152459.jpg前述のこの料理の決め手となるタレはこんな感じ。
材料全てをFPにかけてちょっと味見をしたときはものすごく辛くてびっくり!
何しろこれだけの量のソースの中にあの辛いプリッキーヌが20本(勿論種入り)も入っているんですから~~~。
ところが更にびっくりしたのは、これをご飯にかけて食べると不思議なことにそんなに辛さを感じないのですよ。
マジックですね~。(*^_^*)

f0043911_13892.jpgそしてカオ マン ガイには必ずついてくるという「冬瓜のスープ」。
冬瓜を水から煮込んで柔らかくしたものを鶏がらスープに加えて、更に少し煮てあります。
さっぱりとしてとてもおいしい!
冬瓜って夏に取れるものなのにどーして冬という名前がついているの~って思っていたら、こんな理由があるようです。

f0043911_1525464.jpgこちらは「ヤム マックワテート(トマトのサラダ)」。
マックワテートがトマトのことですが、タイ語になるとずいぶん難しい名前になっちゃうんですね~。
ドレッシングは黒胡椒と大好きなシーズニングソースとレモン汁を混ぜたもの。
おいしくないはずがありません!!!
すぐに出来ていつものトマトをちょっと変わった感じに食べられてお勧めです。


f0043911_1403129.jpgデザートは「グルアイ ボッチ(バナナのココナッツ汁粉)」。
グルアイはバナナのことです。
タイ料理では特にデザートでバナナに火を通すものが多くありますが、バナナって火を通すと酸味が増しておいしいんですよね。
実は私甘いバナナが好きではなくて、滅多に買わないけれど買う時には緑っぽいシャキシャキしたものを買います。
火を通したバナナは島バナナみたいに濃厚で酸味があって、そんな私もおいしいな~って感じます。
もちろんココナッツミルクとの相性もばっちりです。

f0043911_1541844.jpgf0043911_1543041.jpg
そしてこのグルアイ ボッチの手前に見えるのはタイのキャラメル。
先日、先生とお料理教室の生徒の有志でタイのバンコクとチェンマイに旅行に行ってらしたのです。
そのお土産。
葉っぱを広げてみると、中からこんにゃく色したキャラメルが出てきました!
食べてみるとそんなに甘くなく、食感はちょっとグミに似ているけれどもっとざらっと粒々が残っている感じ。
結構好みの味と食感で気に入ってしまいました。
来年は私もタイ旅行に参加できるといいな~。(今回は沖縄行きとバッティングしてしまったので)


こちらのブログ村に参加しています。
特別レッスンもあるタイ料理教室なんて至れり尽くせり~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-20 01:59 | タイ料理教室 | Comments(10)

実家の家庭菜園シリーズ(?)!
ゴーヤのお次は枝豆です。
今回は普通の枝豆と茶豆の2種あって、持ってけ~と言われて持たされた量にびっくり!
f0043911_2354582.jpg

コレで半分です…。(^^ゞ
新聞紙広げた上でチョキチョキとはさみで莢を切っていきますが、結構これが大変なのよね~。
延々終わらないのではないかと思うほどで、大きなボールに4個分!
f0043911_23542723.jpgふぅ~なんてため息つきながら作業してたら、こんな珍客まで発見!(゜o゜)
途中何匹かもぞもぞと出てきた虫をティッシュで潰したりして、なかなかワイルドな作業でしたわ~。(笑)

これだけあると茹でるだけで一仕事です。
茹でた当日は、茹でたてをそのままビールと一緒にいただきましたが(なぜか枝豆とビールってセットじゃない?)、それだけではつまらない!

そこでこんなものを作ってみました。(*^_^*)

f0043911_235578.jpg

実は去年からちょっと作ってみたいな~って思っていた「枝豆豆腐」。
枝豆の色をそのまま活かせたら絶対にきれいじゃない~♪
くず粉を入れたり寒天を入れたりといろいろレシピはあるようですが、とりあえずおうちにあるもので、そして一番簡単に出来上がりそうなゼラチン使用のお手軽なんちゃって豆腐。
色も期待していた通りのキレイな薄緑色!
枝豆の香りと豆の舌触りも残っていて良い感じ♡
夫も一口食べて「おいしーい♪」と言っていたところをみると、気に入ったようです。"^_^"

■枝豆豆腐■

~材料(4人分)~

枝豆        1カップ(莢から出した状態で)
豆乳        1カップ(200cc)
ダシ汁       1カップ
粉ゼラチン    7グラム
薄口醤油     小さじ1
塩          小さじ1/2

~作り方~

1.茹でた枝豆を莢から出し、薄皮も取る。

f0043911_23555552.jpg2.1.の枝豆と半分強の量の豆乳をボールなどに入れてスティックミキサーでペースト状にする。フードプロセッサーでもすり鉢でも大丈夫です。

3.鍋にダシ汁、残りの豆乳、醤油、塩を入れてあたため、.粉ゼラチンを3倍量の水でふやかしたものと2.の枝豆ペーストを入れてひと煮立ちさせる。

4.3.の粗熱が取れたら器に入れ、冷蔵庫で冷やし固め、お好みで食べるときに莢から出した枝豆をトッピングして出来上がり~♪

最大の難関(笑)は、枝豆を莢から出して更に薄皮を剥くところ。
ちょっとここに時間がかかります。
莢から出した豆の1カップは大体莢つきで300グラム強でした。
枝豆を枝からチョキチョキ切り離してから茹で、更に莢から出して薄皮剥いて…と一気にやるとちょっとイヤになってしまうかもしれないので、沢山茹でた翌日とか、沢山茹でて冷凍しておいたものなどを使うといいんじゃないかな~。
豆乳の香りと枝豆の香り、そして豆の食感とキレイなグリーン。
ひと手間かけてよかったわ~って思いますよ~。

f0043911_23563394.jpg
お次はこんな「枝豆と桜海老ご飯」。
またまた薄皮剥かなきゃならないんですが、これまたおいしいのよ。(自画自賛でごめんなさい…(^^ゞ)
色味も爽やかで食欲そそりますよ~。

■枝豆と桜海老ご飯■

~材料(お米2合分)~

お米        2合
枝豆        1/2カップ強(莢から出した状態で)
桜海老      大さじ1~2
ダシ用昆布    5~10cm角くらい
塩         小さじ1/2
酒         大さじ1

~作り方~

1.茹でた枝豆を莢から出し、薄皮も取る。

2.お米を研いで、お酒を入れていつもの水加減か少しだけ多めの水加減になるようにし、塩を入れ、お米の上に昆布を載せて普通に炊飯器で炊く。
お米をしばらく浸水させて置く時には塩は入れずにおき、炊く直前に入れるようにする。(最初に入れて時間を置いてしまうとお米が硬くなるそうです)

3.炊きあがったら昆布を取り出し、1.の枝豆と軽く炒った桜海老を入れてざっくりと混ぜ合わせ、そのまましばらく蒸しておいて出来上がり~♪

以前はお米を炊く段階で枝豆を入れていたのですが、後から混ぜたほうが色がきれいにでるようです。
桜海老と枝豆の香りが絶妙で、ご飯を食べすぎてしまいそうです。
食べるときに白ゴマを振っても良いです。

ボール4個分の枝豆。
かなり食べましたがまだ冷凍庫にジップロック2つ分あります~♪
まだまだいろいろ使えそうで楽しみです。


こちらのブログ村に参加しています。
ビールのお供以外の枝豆料理もいいわね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
       
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-17 00:00 | 野菜のお料理アイディア | Comments(22)

先週末に実家に行き、信じられないくらいの量の野菜をもらってきました。
がんばって保存食をいっぱい作ったり、無理やり友人に持って行ったり送りつけたりしながら、何とか消費しましたよ~。
元々うちのチビ冷蔵庫には沖縄から送ったマンゴーがギューギューに入っていたのに、さらにこの野菜です…。(ToT)
かなーーーーりテンパッテしまった私でした~。(^^ゞ

そんな大量の野菜たちを使ったお料理。
まずはゴーヤからいってみまーーーーーーーす!!!

f0043911_2348115.jpg

ここ数年ゴーヤを作っている実家の父なんですが、いつもなぜだか売っているゴーヤのように大きくなかったんですよね。
今年は品種を変えたら調子がいい!!!!!と言ってくれたゴーヤがこれ。
巨大です…。"^_^"
もしやと思いその品種とやらを聞いたら「あばしゴーヤ」だとのこと。
おおーーーっ、沖縄でタクシーの運ちゃんが「あばしゴーヤは上等だ!」と言っていたあのゴーヤではないですか。
「ほっほーーー、我が父、なかなかやるじゃん」と思うには思ったのですが、実はこのゴーヤを2本持たされた他にも、沖縄で買ってきたゴーヤがまだ2本残っていたのよ…。
ああああーーーっ、がんばって食べなきゃ~~~。(>_<)

というわけで、まずはこちら。
f0043911_155288.jpg

名づけて「イタリアン・ゴーヤちゃんぷる」。
もちろん卵でとじたみたいな、上にた~っぷりのかつお節をのせた普通のゴーヤちゃんぷるも大好きだけど、今回は一緒にもらったイタリアントマトがあったので、それを入れたかったの。
f0043911_162831.jpgこのイタリアントマト、病害虫に強いということで家庭菜園の人にはもってこいのトマトなんだけど、なにやら今年は不作らしい…。
なんだかあんまり甘くないので、熱を加えて食べてしまおうというわけです。

■イタリアン・ゴーヤちゃんぷる■

~材料(2人分)~
 
ゴーヤ(大きめ)  1/2本
トマト(ミディトマトサイズ)  4個
木綿豆腐(大きめ)  1/2丁
ニンニク             1片
オリーブオイル         適宜
塩                 適宜
粗引き黒胡椒          適宜
スイートバジル         適宜
パルミジャーノ・レッジャーノ 適宜

~作り方~

1.豆腐をキッチンペーパーに包んで重しをしたり、又はレンジに入れたりしながら水切りをしておく。

2.ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで中のワタと種を掻き出す。白いワタの部分が苦いので、できるだけきれいに掻き出すようにする。

3.2.のゴーヤを2~3ミリくらいの厚さに切り(苦いのが苦手な方はもう少し薄く)、軽く塩をして揉み、少しの時間を置いてから水で洗い流し更にしばらく水に放してアク抜きをし、ざるにあげて水を切っておく。

f0043911_172717.jpg4.トマトをゴーヤと同じ厚さくらいにスライスし、ニンニクをみじん切りにし、水きりしておいた豆腐もゴーヤやトマトと同じくらいの大きさに切る。

5.フライパンにオリーブオイルをひきニンニクを入れて、弱火で香りが出るまであたため、香りがしてきたらゴーヤ、トマト、豆腐の順に入れて炒め、最後に塩、胡椒で味を整える。

6.器に盛りつけ、削ったパルミジャーノ・レッジャーノとちぎったバジルの葉をのせて出来上がり♪

今回はちょっと豆腐の水きりが甘かったので、水分が出てしまいました…。(^^ゞ
お豆腐は沖縄の島豆腐を使うとさらにおいしいのよね~。
最後に加えてあるパルミジャーノがゴーヤの苦味を緩和してくれますよ~。

さて、ドンドンいきます!
お次は「ゴーヤの梅味噌和え」。
f0043911_194635.jpg
梅味噌なんて言ってますが、特に梅味噌を準備しているわけではないんです。
先日「南高梅ジャム」を作ったときに、同じく南高梅ジャムを沢山作っているきみしろみさんが「梅ジャムと味噌を混ぜると梅味噌になるよ」とおっしゃっていたので、それはよい!と混ぜ混ぜしてみたところ、すっごく甘酸っぱくておいしい味噌ができちゃったのです。
これで和えればゴーヤの苦味も和らぐはず!と試したところ、大成功でした~♪

■ゴーヤの梅味噌和え■

~材料(2人分)~

ゴーヤ(大きめ) 半分
塩              適宜
梅ジャム          大さじ1強
味噌             大さじ1強

~作り方~

1.ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで中のワタと種を掻き出す。白いワタの部分が苦いので、できるだけきれいに掻き出すようにする。

2.1.のゴーヤを1ミリくらいの厚さに切り、軽く塩をして揉み、少しの時間を置いてから水で洗い流し更にしばらく水に放してアク抜きをし、手で軽く絞るようにして水を切る。

3.ボールに梅ジャムと味噌を入れてよく混ぜ、そこに2.のゴーヤを入れて更によく混ぜ、冷蔵庫でしばらく冷やす。

4.よく冷えたものを器に盛りつけて出来上がり♪

これは少々ゴーヤがしなっとしていてもいいので、塩をしてしっかり揉んでも良いです。
ゴーヤもおいしくてエライけど、梅ジャムもこんなにおいしい味噌になるなんてエライわ~。
かなり気に入ってしまいました。(*^_^*)
きみしろみさん、良いこと教えてくれてありがとうございます。\(^o^)/

まだまだあります!
最近、沖縄のお土産屋さんやスーパーなどでもスナックとしてよく見かける「ゴーヤチップス」。
f0043911_112271.jpg

とても簡単に手作りできるので自分で作っちゃいましょう♪
ビールのつまみに最高ですよ~。

■ゴーヤチップス■

~材料(2人分)~

ゴーヤ      1/2本
塩         適宜
片栗粉      適宜
サラダオイル  適宜

~作り方~

1.ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで中のワタと種を掻き出す。白いワタの部分が苦いので、できるだけきれいに掻き出すようにする。

2.1.のゴーヤをできるだけ薄く切り(スライサーがあればそれでも可)、軽く塩をして揉み、少しの時間を置いてから水で洗い流し更にしばらく水に放してアク抜きをし、ざるにあげて水を切り、更にキッチンペーパーで水分を吸い取る。

3.水分をふき取ったゴーヤをボールに入れ、少しずつ片栗粉を入れ、ゴーヤに軽くまぶすようにする。

4.フライパン又は鍋に油を入れ(2センチくらいでも大丈夫でしたよ~)、熱くなったところに3.のゴーヤを一枚ずつ、できるだけゴーヤ同士がくっつかないようにして入れ、ゴーヤの回りがこんがりしてきたら引き上げ、熱いうちに塩を少々ふれば出来上がり♪

ゴーヤがパリパリですごくおいしい!
苦味もかなりなくなります。
できるだけゴーヤを薄くスライスすることと、揚げるときにゴーヤ同士がくっつかないようにするのがポイント。
油にゴーヤを入れてからしばらくはあまり箸などで触らないほうがいいです。
ゴーヤ同士がくっつくだけでなく、箸にもくっついてきて収集つかなくなるよ~。(経験者は語る…(^^ゞ)

そしてまだまだゴーヤがじゃんじゃんあるわって方、そんな方におすすめはこちらの「ゴーヤのピクルス」。
f0043911_1125713.jpg
これはここのところ毎年作り続けているものです。
いくらなんでもそんなにいっぺんにゴーヤばっかり食べられないわって時には、保存できるピクルスはもってこいだし、なぜかのん兵衛さんになればなるほどこのピクルスのお気に入り度高し!!

■ゴーヤのピクルス■

~材料(1瓶分)~

ゴーヤ(大きめ) 1本
リンゴ酢         200cc             
砂糖 75g
塩             少々
水             75cc
黒粒胡椒 適宜
ピンクペッパー     適宜
コリアンダーシード  適宜
ベイリーフ        適宜

~作り方~

1.ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで中のワタと種を掻き出す。白いワタの部分が苦いので、できるだけきれいに掻き出すようにする。

2.1.のゴーヤを3~5ミリくらいの厚さに切り(苦いのが苦手な方はもう少し薄く)、軽く塩をして揉み、少しの時間を置いてから水で洗い流し更にしばらく水に放してアク抜きをし、ざるにあげて水を切っておく。

3.ゴーヤ以外の材料を全て鍋に入れ、沸騰しないようにしばらくあたためる。砂糖が溶けてからもしばらくあたためることにより酢のツンとした感じが和らぎます。

f0043911_1133877.jpg4.3.に水を切ったゴーヤを入れ、キッチンペーパーなどで落し蓋をしてそのまましばらく置いておく。

5.粗熱が取れた4.を煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫で冷やし、翌日から食べられます。

f0043911_114984.jpgピクルス液の配合がこのゴーヤピクルスの決め手です。
私は他のピクルスを漬けるときは酢:水が1:1を基本にしていますが、このゴーヤピクルスだけは酢とお砂糖をかなり多めにしています。
クセのあるゴーヤにはコレくらい濃くて甘いピクルス液が合うと思います。
唐辛子を1,2本入れても少しスパイシーになりおいしいです。

家庭菜園だとまだまだたくさんのゴーヤが生りますよね~。
もう見るのもイヤって方もいるかもしれないけど、ビタミンCもたっぷりで夏バテ予防にもバッチリのゴーヤ、いろいろな調理法でおいしく食べたいですね~。
って多分第二段の野菜攻撃があると思うので、私もヒトゴトではありませんけど…。(^^ゞ


こちらのブログ村に参加しています。
ゴーヤってこんなにいろいろな食べ方があるのね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-16 01:16 | 野菜のお料理アイディア | Comments(22)

2006年7月に読んだ本

今年の7月は、うちの夫が沖縄に長期滞在のため私は悠々自適の一人暮らし♪
本もた~っぷり読める予定でしたが、あ~ひとりだと果てしなくだらり~んとしてしまい、おまけにあっちこっちでオフ会やらおいしいものを食べたりしていたら、あっという間に過ぎちゃいました…。(^^ゞ
なので読んだ本は少なめで2冊!


f0043911_16173811.jpg


「神様からひと言」 荻原浩


荻原浩と言う作家の方は名前もはじめて見ましたが、帯の「書店員さんが大絶賛」に魅かれて買ってしまいました。
帯の後ろ側には「読んでる途中で思わず「面白~い」と声が出ますって書いてあったし、これは読んでみるしかないと思ったのですが…。
うむむ、私にとっては大はずれでした…。(>_<)

食品会社のお客様相談室でクレーム処理に明け暮れる主人公の物語ですが、例えばよくある月刊誌や週刊誌の「会社であったおかしな出来事」とか「うちの会社の変な人」みたいな読者投稿型特集をつなぎ合わせたような、そんな小説。
わざわざそれを、小説にしかもかなりの長編にしなくてもいいのにって感じです。
もしかしたらストレス溜まり捲りのサラリーマンにはおもしろいのかもしれないけど、なんだか前半から早くも買って失敗した気分。
おかしな出来事ならお金出して本買って読まなくても、私のまわりに捨てるほど転がっているんだもの~~~。
でも書店員大絶賛だし、巷の男性サラリーマン諸氏は、こういうのを読んでおもしろいと思うのかしらとそんな発見をしただけが収穫でした…。


f0043911_16305629.jpg


「ラジオ・エチオピア」 蓮見圭一


蓮見圭一と言う作家の名前は、前に確か新聞の書評に出ていて気になっていたのだけれど、そのまま忘れていて、今回この「ラジオ・エチオピア」が文庫になっていたので読んでみた。
いいです、これはかなり好き♡
内容は何てことのない結婚している男女の恋愛小説なのだけど、何がいいってこの小説全体に漂う雰囲気。
久々に読んだ大人の雰囲気のある恋愛小説でした。
大好きだった森瑤子を思い出させるような、ちょっとおしゃれというかパブリーな感じの会話や本や音楽やお店…。
小説の題名にもなっているパティ・スミスの「ラジオ・エチオピア」、聞いたことがないのでかなり聞いてみたいモードになってます。
日韓共同開催のW杯の夏に起こった出来事と設定されているのも、その時のことを思い起こしながら読めて楽しかった。

主人公の「はるか」と言う女性、気性が荒くともすればストーカーなのではないかと思わせるようなところもあるのだけれど、やはり魅力的なんですよね~。
メールに使われている言葉もとても良い!
最後のメールの中から少し引用。
「ゲーテが書いていたわね。生活はすべて次の二つから成り立っている。したいけど、できない。できるけど、したくない みたいなことを。
(中略)
ゲーテは一つだけ書き忘れている。この世には、したいし、やらなければならないことがあるはずよ。ご健闘をお祈りするわ。
ごきげんよう。」
この一言で、ちょっと嫌な感じの女に見えることもあるはるかが魅力的に変わります。

まだこの作家は文庫になっている小説が少ないみたいですが、もう一冊既に文庫になっているものがあるようなので、続けて読んでみたいです。


こちらのブログ村に参加しています。
ラジオ・エチオピア、私も聞いてみたいわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-14 17:01 | 楽子の本棚 | Comments(5)

さてさて、今回の伊是名島までの珍道中海の中を紹介しましたが、最後は伊是名島でどんな風に過ごしていたか、そしてどんなものを買ったりしたのかを紹介したいと思います。

いつも伊是名でお世話になるのは、ダイビングショップのライト・スタッフ
このダイビングショップのスタイルというのがかなり居心地が良いのです。(*^_^*)
とにかく朝から晩まで私たちゲストはこのダイビングショップに居るんですよ。
泊まりだけはショップのすぐ裏にある民宿「まえだ」となりますが、朝食から夕食、そして酒盛り、お昼寝だってここでしちゃったりします。
こんなコンセプトを持っているとのことですが、確かに海に抱かれて暮らしている感じを十分に味わえます。

さてさて、このダイビングショップ兼住居は古い沖縄住宅を改造しており、ここのオーナーでありインストラクターであるところの納戸さんの完全手作りです。
ここのほかにも只今ダイビングの仕事の合間を縫って、古民家再生中だそうですが、ご本人曰く「プラモデルを組み立てるがごとく、家作りは大きなおもちゃのように楽しい」のだそうです。

f0043911_2345112.jpg家の表側にはこのようなテラスが作られていて、朝や夕方、涼しい時間帯にはここでぼーーーっとしてくつろいだり読書をしたり、今日のダイビングで見たものなどの話に花が咲いたりしています。
時々この真夏の昼間にココで日焼けや昼寝をするチャレンジャーがいますが、さすがに暑すぎです!!!


f0043911_2352546.jpgそして裏側にも同じようにテラスが作られていて、夕食は雨が降らない限りはここのテーブルにみんなで集まって、バイキング形式で食べます。
そのまま泡盛や日本酒、ワインなど(納戸さんは大のお酒好きなのでいつもおいしいお酒があり、ビール以外はなぜか私たちもタダで飲めるのだ~~~)、みんなそれぞれ好きな飲み物を手に酒盛りへと突入!
この写真の左側の一番奥に見えるのはなんだかわかりますか。


f0043911_236094.jpg何とこれも手作りの露天風呂!!!!
沖縄の住居にはシャワーだけで湯船がないところが多いので、お風呂に浸かれるというのは、特にダイビング後にはとても嬉しい♪
ついつい長居をしてしまうそのわけは、こんな風に壁に窓が作られていてお風呂に浸かりながら海を眺めることができるから~~~。
ダイビングをして程好くだるい体にビールをぐびぐびっとやりながら、こんな海を眺められるなんて最高です♡

もちろん伊是名の海がステキだからということもありますが、こののんびりと過ごしてのんびりと潜れるダイビングスタイルがあるからこそ、毎年通ってしまうのだと思います。
今回もなんだか昔の子供の頃の夏休みモードになってしまいました!

そして、今回のダイビングと匹敵するくらい楽しみにしていたものは、マンゴー♪
伊是名島にも何軒かマンゴー農園があり、ちょうど収穫の最盛期を迎えていたんです。
大のマンゴー好きですが、何しろこちらで買おうと思うと沖縄のアップルマンゴーは高い、高い!
とてもおいそれとは手にすることができません!(-_-;)
そんなマンゴーがどうやらお安く手に入ると言うのです。

f0043911_2364977.jpg行った所は土壌が違うのでしょうか、伊是名の中でもダントツに一番甘いマンゴーが採れると言われているマンゴー園。
こんな風にマンゴーがたわわに実っていました~~~♪
写真を見ていただけるとわかると思いますが、沖縄のマンゴーはハウスで作られています。
タダでさえ暑い真夏の沖縄のハウスの中。
これはこれはもう倒れそうに暑いです。(>_<)
早朝に収穫やお世話をしているそうですが、それだってかなりの暑さ。
それを知ってしまうと、沖縄のマンゴーがあれだけ高くても仕方がないのかな~って納得してしまいます。
ここのマンゴーは実に袋をかけていないので、ちょっと皮が汚いでしょ。
でもすごーーーーーく甘いのですよ~~~~。
そしてお安い!

f0043911_238554.jpgその買い方も現地ならではの大胆さ!
写真のような箱買いです。(゜o゜)
確かこの1箱に60個以上入っていましたが、これで○万円。
何キロあるのかわかりませんが、お値段は外国産並みではないかと思われます。
それというのもライトスタッフの納戸さんとこのマンゴー園のご主人とのつながりがあるからで、GWのもずくに続き、ダイビングとは関係ありませんがかなり得した気分です。

今回はこの1箱を私ともう一人の方で分けて買いました。
これをゆうパックで送るのですが、もちろんコレはセルフです。(*^_^*)
あっもちろんこれを半分にした分全部はうちのふたりだけでは食べきれないので、お友達にも送ったりしましたよ~。
それでも帰ってきてから1週間経つ今も、毎日マンゴーを食べてられていて幸せ~♡
さすがに残りひとつになってしまったけれど、ひと夏でこれだけ甘いマンゴーをこれだけ食べられたら満足です。

そして、前回から行くのがとても楽しみになったところがあります。
今までもお土産などを買っていた農協スーパーの隣に出来た、「ねーがり」というお店。
島の農家の方や普通のおうちの方が作った野菜を持ち込んで売っている店。
沖縄ならではの珍しい野菜がたくさんあり、無農薬のものも多くしかもお値段がびっくりするほど安いのです。

今回はこんなものが並んでいました!

f0043911_25452.jpg前回も買って帰った青パパイヤ
沖縄では熟す前のパパイヤを野菜として食べるのです。
何と1個100円の文字が消され、2個買えば1個75円ですと~~~。(゜o゜)
信じられない!!!!
今回も絶対に買って帰りたかったのですが、ちょっと熟し気味で果肉がやわやわに生っていたので、持ち帰りするには耐えられそうもなくあきらめました…。
かなり楽しみにしていたのでちょっと残念!


f0043911_2421339.jpgそしてもちろん熟したフルーツパパイヤもあります。
こちらはこの大きなサイズのものが1個200円。
小さなものは100円の値段がついているものもあります。
これも東京で買ったらいったいいくらするんだろう…。
ホントはもっと買いたかったけれどマンゴーもあることだし、今回は2個だけお買い上げ♪

f0043911_2424134.jpg帰ってきてからさっそくマンゴーとともにてんこ盛りにしていただきました!
トロトロととろけるように甘いよ~~~。(*^_^*)


f0043911_243354.jpg何とコレ、スイカと書いてあります。
形もラグビーボール型だし、縞々もない!
日本で普通に見られるスイカとはかなり違います。
さすがに重いので買ってきませんでしたがお味も違うのかしら…。
値段は980円とそこそこします!


f0043911_2432119.jpgそしてヘチマ。
そう、あの体を洗うヘチマですよ~。
沖縄ではこのヘチマはかなりポピュラーな食材で、煮込んだりして食べます。
大体沖縄の食材は食べられるは私ですが、実は豆腐ようとこのヘチマだけは苦手なの。
だってヘチマって古い箪笥の匂いがするんだもの~~~。
だからもちろん買ってきませんでしたよ。


f0043911_2443569.jpgお店で写真を撮り忘れましたが、こちらは島唐辛子。
普通の唐辛子と比べると半分以下の大きさですが、辛さは天下一品です!
沖縄そばに入れる辛味調味料、ご存知「こーれーぐーす」はこの島唐辛子を泡盛に漬けたものです。
こちらも以前那覇の市場で買ったときは1パック500円くらいしましたが、これはいっぱい入って200円。
かなりお得です。(*^_^*)

あ~ホントにここは楽しくて楽しくて、毎日通ってしまいたいくらいです♪

そして、今回のヒット商品はこれ。
f0043911_2454672.jpg沖縄に自生するクバの葉を使って手作りで作られているクバ笠。
このフォルムがちょっとベトナムチックで可愛いでしょ♡
先に見つけて買ってきた人にかぶらせてもらったら、これがまた涼しくていいのよ~~~。
帽子は日よけにはなるけれど、意外と帽子の中は蒸れて暑かったりするでしょ。
これは風を通してしかも真ん中がとんがっているのでとても涼しいの。

f0043911_246894.jpgさっそく私も買ってきて、ダイビングの船の上でもしっかりかぶってました。
お陰でいつも日焼けでカサカサになってしまう顔も、今回はちっともカサカサにならなかったわ。(*^_^*)
去年まではこれを作る人がいたらしいのですが、居なくなってしまったので、どうやら今回買ったものは東南アジアのどこかで作らせたもののよう。
だからお値段も手作りなのに1200円でした。

f0043911_2475942.jpgベランダガーデニングのときにもぴったりで、いつでもかぶれるように壁にかけてあるんですよ~。
でも知らない人から見たらかなり怪しげな姿かしら…。(爆)
でもいいんです、気に入っているんですから~~~♪

そんなこんなでとても楽しかった伊是名島。
最後にガーデニングの話題も出たことですし、そこで見た植物たちの写真を載せて、今回の伊是名島旅行記の締めくくりにしたいと思います。


f0043911_2482547.jpg沖縄で一番好きな花。
ブーゲンビリア。
7月の頭にきた台風で坊主になってしまったというのに、1ヶ月も経たずにこんなに咲き乱れる強い植物です。


f0043911_2484231.jpgバナナの葉っぱ。
ライトスタッフの庭に植えられているものですが、何と今年の春には64本ものバナナを収穫できたということで、私も何本か食べさせてもらいました。
島バナナは甘酸っぱくておいしいんだよ。
葉っぱもとてもきれいです。


f0043911_249238.jpg普通のうちの庭の片隅などになんとな~く植えられているパパイヤ。
下の方に小さな実が生っているのが見えますか?
あ~私も育てて見たいんだけどな~。

ではでは長い長い旅行記にお付き合いいただきましてありがとうございました。
まだまだ夏は続きます。
みなさんもステキな夏の思い出を作れますように~♪


こちらのブログ村に参加しています。
マンゴーもパパイヤも食べたいよ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-11 02:56 | 南の島 | Comments(18)

f0043911_2354082.jpg
さてさて、今回の伊是名島行きの一番の目的は、やはりダイビング♡
沖縄の海は暖かくて、どの季節に潜っても同じなんじゃないの~って思うかもしれないけど、やはりベストシーズンは夏!!!!

そんな気持ちのいい海の中のお散歩、しばしご一緒しませんか~。(*^_^*)

f0043911_23544197.jpg
オレンジ色したキンギョハナダイ
これはもういたるところで群れています。
流れもないところではのんびりヒラヒラ、私たちダイバーの吐く泡さえも横に流れていくような強い流れのあるところでもめげずにヒラヒラのスピード上げて泳いでいます!


f0043911_2358749.jpg
岩の間や洞窟などからもぞもぞとあふれ出すように群れているキンメモドキ
ドドーーーッといっせいに前に出てくる様は圧巻です!


f0043911_021686.jpg
ちょっと写真がイマイチですが、沖縄の海でこれだけ大きなバラクーダを見るのは珍しい!
しかもほとんど逃げなかったので、かなり長い時間戯れることが出来ました。
海外の有名なダイビングポイントなどで、 これにグルグルと渦を巻かれたりするとゾクゾクするほど興奮します!


f0043911_092599.jpg
真っ赤なウミウチワの真ん中あたりにいるエビ、見えますか~。
手足が細くて長くて、こんなに不思議な形でもちゃーんと生きているんですよね~。


f0043911_0125975.jpg
沖縄の強い強い太陽の日差しは、海の中から見てもこんなに強烈!
このピカーーーッと降り注ぐような刺すような光がいいんだな~。


f0043911_0154670.jpg
そして今回一番気持ちがよかったポイント。
スカシテンジクダイキビナゴがまるでカーテンのように群れながら形を変えていくのは、どれだけ見ていても飽きません!
写真が上手く撮れていないのが残念だわ~。


f0043911_0201250.jpg
そんな穏やかな楽園のような海に現れるギャング、ニジョウサバ


f0043911_0212099.jpg
カイワリを引き連れて、なんとな~く様子をうかがっているハンター軍団。


f0043911_0242846.jpg
キビナゴの群れに突っ込むハンター軍団。
え~い、食べてやる~~~!!!


f0043911_0252269.jpg
ぎゃーーーーーっ、逃げろ、逃げろ~~~。
ボケボケしているヤツはやられるぞ~!


f0043911_027888.jpg
ボクも関係ないけど逃げちゃうもんね~。

そんなバトルも延々続いていたところをみると、あまりハンターとしての腕はよくなかったみたい!
見ている私たちはとても楽しかったけどね~。


f0043911_0301157.jpg
そして青一色の世界だけじゃなくて、こんなにカラフルなものもあるのです。
ピンクと海の青のコントラストがキレイ。
ウミトサカ。


f0043911_032994.jpg
なんだかアートだと思いませんか~。
グルグル、ネジネジ、不思議な形~。
ヤギ。


f0043911_0351385.jpg
ダイビングポイントに打ってあるブイに珊瑚が育っています。
太陽の光を背に、何となく神々しささえ感じてしまいますね。

















あ~やっぱり夏の沖縄の海はサイコーです。
今回は4日間のダイビングで10本潜りました。
満足しました~~~。(*^_^*)
ダイビングサービスはいつも大変お世話になっているライト・スタッフ
ありがとうございました!!!!

さてさて、次回は伊是名島の陸上のあれこれをまとめて紹介して今回の旅行記のしめくくりとしまーーーす♪


こちらのブログ村に参加しています。
海の中って楽しそう~、少しは涼しい気分を味わえたわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-09 01:05 | 南の島 | Comments(26)

f0043911_3142395.jpg
5月に引き続き、またまた沖縄の伊是名島に行って来ました♪
実は今回、うちの夫は早々と7月の初旬から長~いお休みを取って(勤続○年の休暇がもらえたらしい!)、私という妻を置いて一人で島に行っちゃってたんですよね~。
残された私は私で好き勝手に楽しい生活してたのでいいんですけどぉ~~~。(笑)
なので、今回の伊是名への道のり、行きは私ひとりの旅となりました~♪

さてさて、出発当日はと言えば、それはもうドタバタだったんです…。(>_<)
朝が苦手な私、実は前に一度、起きたら飛行機が飛んだ後ってことがあって、今回もかなり緊張して気合を入れて寝たつもりだったのに、起きた時刻は家を出ようと思っていた時間の15分前!!!
ひぇ~~~い、どーして目覚まし止めちゃってたの~~~。(ToT)
あわてて起きてとりあえず歯磨きと顔だけ洗って着替え、かばんにそのへんの荷物を詰め込んで、ごみをまとめてベランダの水やり機のセットを確認して、もちろんすっぴんのまま家を飛び出しました~~~。
えぇ、寝起きのすっぴんが許されない年齢なのは十分承知しているけどこの際仕方がないじゃない!
それでも何とか乗るつもりだった飛行機には間に合ったのでよかったよかった…。(^^ゞ

羽田から那覇空港までは2時間ちょっと。
ウトウトしているうちに着いてしまいました…!

伊是名島へは以前は那覇空港からセスナが飛んでいたのですが、去年の秋から都合によりストップしてしまい、陸路で那覇から高速に乗って2時間程度かかる運天港と言う港まで行き、そこからフェリーで島に入らなくてはなりません。
その港まで、ひとりでタクシーで行くのは割高なので、今回は途中の名護までは高速バスで行き、そこからタクシーで港へ行くことにしました。
f0043911_3174068.jpgまずは高速バスの乗り場を探し、バスの時間をチェックします。
飛行機が30分程度遅れて到着したので、フェリーに間に合うように乗るバスの時間まで30分しかありません。

あ~お昼を食べたいんだけど間に合うかしら…。(-_-;)
お弁当とも考えましたが、朝食も羽田の空弁だったし、二食続けてお弁当はやっぱりイヤ!

f0043911_3181290.jpgおーーーっし、いちかばちかあそこに行っちゃおう♪と空港の端から端まで突っ切って向かったのは「空港食堂」。
ターミナルビル1階の一番右端にあるその食堂は、他のレストランと離れていることもありあまり混んでいなくて、またお値段もお安くおいしくて量も多くて、空港の中のレストランの中で、私の中でのダントツ1位なのです。
空港職員の方も沢山食べに来られているんですよね~。

f0043911_3183849.jpg迷わず頼んだいつもの「沖縄そば」。

f0043911_318586.jpg30分しかないけど、やっぱりビールもはずせないでしょう♪
ズズーーッと食べて、グビーーーッと飲んで、あ~やっと沖縄に来たな~って実感♡














ほろ酔い気分でまたバス停に戻りしばらく待っていると、時間通りにバスがやって来ました!
空港から乗ったのは私を含めてたったの3人!
これで採算取れるんだろうかと余計なお世話だけど心配していると、途中から高校生が乗ってきたりして、高速に乗る頃までにはそこそこのお客さんが乗車してきて一安心。

この高速バス、なかなか面白いのはその停留所。
東名あたりの高速バスだと高速道路の途中にバス停がありますよね~。
この沖縄の高速バスのバス停は、高速道路の出口の外にあるんです。
だから降りるお客さんがいようといまいと、いちいち高速の出口を降りるの!
降りるお客さんがいなくて乗るお客さんもいないときは、ただ高速を降りてバス停を素通りしてまた高速に乗りなおします。
なんだかのどかですよね~。
f0043911_3194266.jpgそしてバス停もこんな感じにシーサーが屋根に乗っていたり、沖縄の琉球瓦の屋根になっていたりしてとても可愛い♡
結構退屈せずに名護までの1時間45分を過ごすことが出来ました!

さて、名護のバスターミナルからはタクシーです。
とりあえず道に出てみると、すぐ前のコンビニの脇にタクシーがいてすぐに乗ることが出来ました。
このタクシーのおっちゃん、乗ってすぐに行き先を聞くより早く、
「今日は暑いね~。俺のハートもホットに燃えてるぜ~~~~!」ときた!!!!
あ~ここは既にラテンなのね~。
ガハガハ笑っておっちゃんの話に付き合っていたからか、途中からやたらと気に入られてしまった私。
名刺を渡され、「今度来るときに着いたら電話してくれれば、車が空いていたら(おじさんは個人タクシーなので自由に仕事ができるらしい)、タダでいろいろ案内してやるからな~。おとーちゃん付きだが気に入った!伊是名に行ったらおとーちゃんにもよろしくな~。」だって~。
無事港についてからも、「料金もらうの悪いな~。でも今回はもらうからな~。」なんて言うとってもよい人なおっちゃんだったのでした♪

f0043911_3201189.jpgフェリー乗り場で切符を買い、しばらくその辺をウロウロしてたら、こんなヤギを発見!
持ち主らしきおじさんに聞くと、これもフェリーに乗って伊是名島に行くらしい!
やたらと角が立派なヤギだけど、何しろヤギを食べるお土地柄、これも食べられてしまうのかしら…。
そう思って見ると、なんだか目がうつろだわ~~~。

そしてそんなヤギやら、いろんな荷物やら、そこそこのお客さんを乗せ、フェリー伊是名はいざ伊是名島へ。
またまたゴロゴロ寝ているうちに着いてしまいました!

家を出たのが朝の6時10分、伊是名島に着いたのが大体夕方の4時半くらい。
長い長~~~い道のりでしたわ~~~。

ここから5泊6日の伊是名島での楽しい毎日が始まります!
この部分は後で別に紹介するとして、帰りの道のりをちょっと紹介♪
去年の秋からストップしていた那覇⇔伊是名島間を飛んでいたセスナが8/1から運行再開することになったのです♪
セスナで行けば、那覇⇔伊是名間も40分程度で渡ることが出来るのでとても便利!
みんなが待ち望んでいた再開です!

f0043911_3204174.jpg名前も「エアードルフィン」と言う可愛いもので、今回帰りに乗ったものは4人乗りの小さな飛行機。
今までの「エアードルフィン」はパイロットの方は年配の方が多かったのだけど、今回のパイロットは若くてとても礼儀正しい方!(いえいえ決して今までの方が礼儀正しくなかったわけではないけどね(^^ゞ)
f0043911_321779.jpg荷物を持ってくれたり、写真を撮ってあげましょう♪と自らカメラマンを引き受けてくれたりしました。
せっかくなのでふたりで記念撮影!


f0043911_3213644.jpgそして機体をぶるぶるさせながら、いよいよ離陸!
こうして見るとプラモデルみたいにすっごく小さな飛行機ですね~。


f0043911_322340.jpg飛行高度が低い分だけ景色はたっぷり楽しめるのがこのフライトの良いところ♪

f0043911_3223086.jpgこんな景色をた~~~っぷり見ながら、今回は伊江島を経由して、そこでひとりお客さんを乗せて行きましたがあっという間に着いてしまいました!





今回は行きのバスと船の旅、帰りのセスナとなんだか2倍楽しめたようで得した気分です。(*^_^*)

さてさて、次回は伊是名島の海の中のご紹介でーーーす♪


こちらのブログ村に参加しています。
バスの旅もセスナから見る景色もいいわね~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-08-05 03:30 | 南の島 | Comments(30)