f0043911_1391067.jpg
私がブログを始めて間もない今年の1月22日、生まれて初めてお味噌なるものを仕込んでみたのです。
そのお味噌が暑~い夏も無事越えて、先ごろ完成いたしました~~~♪

f0043911_1395431.jpg今思うと、なんとな~くみんなに背中を押されるようにして、みんなの作るわよ~という声と盛り上がりになんとな~く引っ張られながら作った初めてのお味噌。
最近ブログチェッカーとなっている夫ミッキーも巻き込んで、1キロのお豆を煮て、踏んで、混ぜて、丸めて、投げて(!)作った自家製お味噌。
最初はこんなに薄い優しげな色だったんですね~。


そして、梅雨に入ってすぐの6月初め、味噌の天地変えってしたほうがいいのかな~、でも面倒だから止めようかな~なんて暢気に考えていたちょうどその頃、なななんと味噌に恐れていたカビ発見
ただただオロオロしながら、既にお味噌が出来上がっていた九州のあまおう姐さんに夜も遅いいというのに迷惑顧みずメールで相談。(^^ゞ
f0043911_1433661.jpg教えてもらったお味噌屋さんのHPお味噌を小さなビニール袋の中で熟成させる方法を知り、翌日大きなビニールからジップロックに小分けに移し変えたんですよね~。
ジップロックにひよこ豆と書いてあるのは、大豆のお豆の少し後に遊び心で仕込んでみた大好きなひよこ豆使用の味噌です。

このジップロック方式、なかなか優秀でした!
あの後訪れた暑い夏、しかもうちは密閉性が良いマンションで、しかも共働き家庭で日中は誰もおらず締め切りの部屋。
その暑さと言ったらすごいんですよ。
そんな中、ジップロックに移し変えたお味噌ちゃんたちは全くカビることもなく、静かに熟成していったんです!
1,2週間に一度はジップロックの上からお味噌をもみもみしたり、4つ積み重ねているジップロック味噌の順番を変えてみたりして、即席天地変えのようなことをしてました。

f0043911_1445840.jpg
そうして出来上がったのがこちらの味噌。
大豆の味噌もひよこ豆の味噌もほとんど色は変わりませんが、ひよこ豆味噌の方が若干水分多めで柔らかいです。
途中で上がってきた水分を吸い取るという方法もあるようですが、私はこのたまりを全く取り除かなかったので、両方ともかなり柔らかめのお味噌のような気がします。

f0043911_145366.jpgそして、ジップロックは優秀なんですが、途中のモミモミや、上に積み重なる味噌の重みなどでジッパーの端っこの部分が少し裂けて、そこからたまりがもれてしまった~~~。
コレだけがこのジップロック方式の難点だわ…。(-_-;)
もう少し丈夫なジップロックの袋が欲しい私!


f0043911_1455986.jpgでもね、この味噌作り用のプラスチックの樽の内側はきれいに消毒してあってキレイだから、せっかくのたまりも捨てずに使おうと小さな瓶に入れてみました。
色の割にはそんなにしょっぱくなくて、マイルドなお醤油と言った感じです。
とてもよい香り~♡

肝心のお味噌は、ああ…やはり仕込んだときに塩の量を勘違いで多く入れてしまったのでかなりしょっぱい!(>_<)
お味噌汁に使うときも少なめに使っていますが、ちょっと塩っ辛さが気になります。
色もやたらと濃いしね~~~。(^^ゞ

f0043911_1462574.jpgこちらはひよこ豆味噌。
舐めてみるとちゃんとお味噌の味してます♪
でも、あのひよこ豆特有の香りは途中から消え、舐め比べてみると大豆のお味噌よりも香りも弱め。
そしてこちらは塩の分量を少なめにしたにも関わらずなんとな~く大豆味噌よりとんがった塩っ辛さのような気がします。
お味噌汁より野菜スティックにつけて食べるような食べ方のほうが合うかな~。

そして、先日、同時期にお味噌を作ったお味噌仲間の方たちのお味噌が届きました~♪
カイエさんおらこさんが声をかけてくださり、みんなのお味噌を集めて送ったりオフ会に届けてくれたりしたんです!
みんなのお味噌をテーブルに並べて、同じお味噌でもいろいろ違うんだな~とひとりでニマニマ幸せ気分♡

f0043911_1481335.jpgこちらはカイエさんのお味噌。
さすが八丁味噌の本場、豆味噌と米味噌の2種類あります。
お手製の茄子のオイル漬けとオリーブも送ってくれました♪


f0043911_1483235.jpgこちらはメープルままさんのお味噌。
やはり豆味噌と私も仕込んで見たかった麦味噌です。
一緒に菊芋の味噌漬けも頂いたのですが、菊芋って初めて食べるので楽しみです。


f0043911_1492817.jpgこちらはshinohahaさんのお味噌。
先にメープルままさんとオフ会をされた時のメープルままさんの記事を拝見すると、どうやら黒豆が入っているそうです。
実は来年は黒豆味噌を仕込もうと考えている私は興味津々~♪


f0043911_151743.jpgこちらはいらさんのお味噌。
ミックス麹味噌というこれまた食べるのが楽しみなお味噌。
途中でカビが生えていたらどうしよう~となかなかチェックに行けずドキドキされていたのが印象的です。


f0043911_1512410.jpgこちらはおらこさんのお味噌。
おらこ味噌。(笑)
私のと同じく生米麹と大豆の組み合わせですが、私の塩っ辛味噌と違い色が優しくておいしそう~♪


f0043911_213085.jpgこちらはテルテルマンマさんのお味噌。
マンマ味噌。(笑)
マンマさんから聞いて私も富沢商店の生米麹を買いに行ったんですよね。
一緒に作ろうって誘ってくれてありがと~♪


f0043911_153667.jpgこちらはながじんさんのお味噌。
米味噌と麦味噌の2種類あります。
ながじんさんのお味噌はね、可愛いつまみ隊の可愛い手で丸めたり捏ねたりされている愛情た~っぷりのお味噌。


f0043911_22773.jpgこちらはポメマルさんのお味噌。
生米麹使用なんですが、なんとそのお米はササニシキ!
ブランド米麹だけにお味のほどが楽しみです。


自分で作ったお味噌だけじゃなくてこんなにたくさんのお味噌を食べ比べられるなんて、お味噌を仕込んだ甲斐があったわ~~~。
自分で仕込むにはやはり量も種類も限界があるので、こうやってみなさんと交換会ができるとホントに嬉しいです。
大切な手塩にかけて育てたお味噌をくれたみなさん、特に音頭を取ってみんなに声をかけたりお味噌を集めたりしてくれたカイエさんとおらこさん、ホントにホントにありがと~~~♪

もうすぐ12月に入り、そして年が明ければお味噌仕込みの時期がまたやってきます!
いっぺんに作れる量は今回の大豆1キロが限界だけど、2回に分けて仕込んでそのまま同じ樽に重ねて保存できることがわかったので(ぴかままさんから教わりました!)、今度は2回に分けて2倍量仕込み、梅雨前に今年と同様にジップロック方式にしようと思ってます。
それから新しいチャレンジ(笑)としては、来年は黒豆味噌を仕込む予定♪
黒い味噌ってそれだけでもどんなんだろうってワクワクするし、今巷で盛り上がっている石ラーこと石垣島ラー油もどきを作るのに使うんだ~~~♪

お味噌作りなんて大変!って思っている方も多いと思うけど(私もそうだった!)、最初の仕込みだけやっちゃえば後は寝かせておくだけだから意外と簡単、手間なし!
ジップロックに移しちゃえばカビの心配もなさそうだし、是非来年は一緒に作りませんか~。
そして今年にも増して大々的なお味噌交換会を、どこかでドーーーーンと集まってオフ会やっちゃうのもいいですよね~。
お味噌作り同好会、来年もどうぞ盛り上がりますように♪


こちらのブログ村に参加しています。
お味噌を手作りなんてなかなか楽しそうじゃない~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-29 02:05 | お味噌作り記録 | Comments(12)

先日の勤労感謝の日、あまおうさんに引き続き、九州からmocaちゃんが帰省を兼ねて東京にやってくることになりました!
mocaちゃんが来るとなればもちろんブログ仲間大集結!
場所は毎度お世話になりますKIKりんのお宅です。(*^_^*)

集まったのは、主役のmocaちゃん、場所を提供してくれたKIKりん、そしておらこさんめぐみくんポメマルさんぴんうさちゃんと娘ちゃん、そして私と何と夫(仮にミッキー)。
あ~あんなにショボいオフ会を自宅でしておきながら、ずうずうしく夫婦でお邪魔させていただいちゃう私たち…。(^^ゞ
ブログで見た秋刀魚ファイヤーや、私がいつも「KIKりんのうちには酒が置いてない部屋がない!」なんて言っているので、オフ会二度目の夫ミッキーも鼻息ムンムンです。

当日、某西○○駅でおらこさんとめぐみくんと私たち夫婦が待ち合わせ、そこに忙しい中KIKりんが車でお迎えに来てくれました~♪
「やぁ~ミッキー」「KIKちゃんお世話になるね~」なんて、二度目にしてなにやら馴染みのようになってる夫…。(汗)
KIK家に着くとそのままの足でKIKりんはぴんうさちゃんとmocaちゃんをお迎えに行き、KIKりんのおうちではまるで主のように先に着いていたポメマルさんがお迎えに出てきてくれました~♪
その後ぴんうさちゃんとmocaちゃんも到着し、いよいよ宴会開始~♪
…なわけないのよね。
まずは自己紹介とお土産交換!(笑)
初めてお会いしたmocaちゃんはさすがテレビのお姉さん♪、声は透き通り立ち姿は清楚なお嬢様のようです!

さてさて、そんなこんなでお土産交換も一段落したところで、作ってきたお料理を広げたり、最後の仕上げをしたり、作ったり~~~。
みんなビール片手に結構てきぱきと動きます!
そんな中、夫(仮にミッキー)だけがお誕生日席にがっしり座ってビール飲んでいい気分~♡
…あんたさ~、まだオフ会初心者なんだから、もうちょっと気を使って動こうよ~~~。(^^ゞ

ででで、前回の自宅オフではもうすっかり写真を撮り忘れていた私なので、今回はバッチリ撮ってバンバン紹介しちゃうわ~。(ってピンボケもかなりある…)

f0043911_1242325.jpgご存知KIKりん特製オリーブのマリネ。
何度食べてもおいしくて、そしてつまみやすくてサイコーよ~~~。


f0043911_125625.jpgめぐみくんがアメ横で仕入れてきたと言うカシューナッツをすりすりして作った自家製カシューナッツバター使用のサラダ。
サッパリしててとてもたくさん食べれてしまいます!


f0043911_1264687.jpgポメさんの定番タブレ。
今回は黄色のパプリカも入れて彩りもよく、そしてあのピーマン系特有の香りも入って更においしーーーい♪


f0043911_232374.jpgぴんうさちゃん特製、パスタマシーンで作ってきてくれた自家製生パスタのボロネーゼ。
あ~んもっちりしたパスタがミートソースにものすごく合うわ~。
「うちでもパスタマシン買おうよ~。そしてミッキーパスタ職人になろうよ~。(あくまでも自分で作るつもりじゃない…汗)」ととなりの夫にささやく私~♪


f0043911_1305377.jpgひよこ豆大好き星人の私が持っていったフムスと、ベランダから引っこ抜いてきたルッコラやらの葉っぱと実家からもらった蕪とブロッコリーのピクルス。
ありりゃ~~~、こうやって書き出してみて気づいたのですが、自分で買ったものが一つもありません…。(爆)

f0043911_2173690.jpgこのひよこ豆のペーストであるフムスは、前にハワイのおは♪ちゃんから頂いたフムスの素を使用!
実は今回も当日までなぜか忙しく押せ押せスケジュールだったので、このおは♪ちゃんから頂いたフムスの素が大活躍~♪
スパイスがしっかり効いてておいしいフムスだわ~~~。
お陰さまでみんなにも大好評だったの。\(^o^)/
おは♪ちゃん、この場を借りましてありがと~♪


f0043911_1354678.jpgぴんうさちゃんのヤーコンのサラダ。
私、ヤーコンって大好きなんですよね~。
果物の梨みたいで、生で食べるのが特に好きなのでこのサラダはとても好みでした。
一緒に入っているニンジンがやけに赤くてきれいだな~って思っていたら、何と京ニンジンなんですって。


f0043911_1372951.jpgおらこさん特製生ハムのバテ。
この間のうちでのオフ会の時に持ってきてくれたスモークサーモンのパテの生ハム版です。
コレにはみんな大絶賛で、絶対に旦那様とお店を開いて売ったらいいよ~と盛り上がりました!
作り方はココです♪


f0043911_1385711.jpg私が持っていった大根のヤム。
これまた実家からもらった大根を、先日KIKりんから頂いた白キムチの素で和え、もっと辛くしちゃおうと、1ヶ月ほど前のKIKりんちでのオフ会で(ほとほと良くKIKりんちにはお世話になってる私…(^^ゞ)ポメさんから頂いた立派な青唐辛子を酢漬けにしておいたものを刻んで入れてみました♪


f0043911_1414827.jpgめぐみくん特製茸のぺペロン炒め。
これがですね~、どーしてこんなにしゃきしゃきなのか~って思うほど茸がシャキシャキですごくおいしかった!
奥に見えるピンクの野菜は、紫のカリフラワーのピクルス。
なんてったって色が私好みで、さっぱりしててこりこり感もあっておいしいわ~。(*^_^*)


f0043911_1484819.jpgKIKりん御用達の大将の店で作ってくれた肉じゃが。
もうコレにはミッキー大感激~~~。\(^o^)/
なぜかと言えば話は長くなるけれど、彼は中学の修学旅行でホンモノのすき焼きを食べるまで、肉じゃがをすき焼きと信じて育った男だから~~~。(爆)


f0043911_2353999.jpgf0043911_2355144.jpg

KIKりんが頼んでくれた何と天然酵母を使ったピザ屋さんのピザ2種。
これがね~、具沢山のほうのピザ生地は少し甘くてフカフカしてて、マルゲリータの生地はサクサクしていると言う、具だけじゃなくて生地もバリエーションに富んでてすごーーくおいしい♡
こんなピザ屋さんが近くにあるなんて、KIKりんが住んでいるこのあたりはやっぱり高級住宅街なのね~と実感!
夫Mも「東○○じゃぁ食えねえな~」と感動してたよ。

他にもたっくさーーーーんあったけど、写真を撮り忘れてたりボケてたりして、張り切った割には写真ないです…。(汗)
とにかくみんなが持ってきてくれたおいしいお料理に大感激で食べてしゃべって楽しいひととき♡
実は~~~、このオフ会の最中に遠くハワイに住むおは♪ちゃんと電話でお話したんですよ~。
おは♪ちゃんと言えば、先日よりオフ会ウォッチャー、別の名は指令搭「Q」。(笑)
うちのミッキーもおは♪ちゃんの旦那様おーちゃんに「おやじギャグ」のセンスが似てるってことで気にいってもらっちゃって、アザブジュバ~ンに行けなくても結構ニヤニヤしちゃったりしてたのよ。
そんなおは♪ちゃんは、果たしてオンナか、はたまた柏に住むオタッキーなオトコか…と半信半疑でおりましたが(爆)、ぎょぎょーーーっ!!!!
生おは♪ちゃんは想像よりも可愛い(失礼!)オンナ声でしたわ。"^_^"
そしておは♪ちゃんからの電話のちょうどそのときに、初めて行った家にも関わらずちゃっかり一寝入りしていたミッキー…。
ああ…、やはり間が悪い…。(>_<)

そんなこんなとありまして、楽しいひとときを過ごし家路へ帰った我が夫婦。
…実はワタクシ、気づいたらベロンベロンに酔っていたようで、とりあえず家に着いて夫と2人で「Dr.コトー」を見てワンワンとひとりで涙を流して泣き、その後お風呂に入るようにと散々言われ洋服まで脱がされたにも関わらずそのまま逃げるように布団に直行し正体不明で寝たようです…。
翌日、元気良く朝起きたものの、その後会社でどよよ~ん状態となり、午前中は「どーか私に話しかけないで下さい…」。(-_-;)
最近私めっきりお酒が弱いんです…。
後ほどアップの予定ですが、ボジョレー解禁日もとってもステキな会に行ったまではいいんですが、飲んで飲んで終電を逃し、翌日やはり午前中はどよよ~んでしたから…。(汗)

その後週末金曜日の夜から家を空けてしまったので、やっと本日記事をアップしています。
f0043911_2183683.jpg
みなさんから頂いたオフ会の醍醐味でもある(ってアンタはそんなにお土産用意して行ってるのか~~~)お土産たち♡
既に食べてしまったものもあり少々減ってますが、凄いんです!
見てるだけでニヤニヤで、食べたらもーーーっとにんまりです。"^_^"
みなさま、いつも本当にありがとうございます!
特に今回みんなが会うきっかけを作ってくれたmocaちゃん、おうちとたくさんのおいしいお料理とお酒を提供してくれたKIKりん、ありがと~♪

そっそして、ぐふぐふ~~~、今回はもうひとつお楽しみがあったんです。
f0043911_2185532.jpg
こんなにたくさんのお味噌さんたちをおらこさんから頂きまして~~~。
これはね、後ほど別記事たてます。
とっても嬉しいプレゼントなんですよ~。
すみません、こんなにすてきなプレゼントを頂いた皆様にまだお礼のメール、ブログ訪問も出来ていないことを、まずはここでごめんなさいと言わせてください。
↑のような事情で、今の今までPCタイムが取れず、しかも本日はちょっと時間切れとなりそうですので、明日メール等いたします。
ホントにこんな私ですみません…。


こちらのブログ村に参加しています。
またまたオフ会~~~、楽子&ミッキー調子に乗りすぎじゃないの~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しい(?)です。(●^o^●)

にほんブログ村 グルメブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-27 02:37 | こんなところに行って来ました | Comments(28)

最近気づいたのですが、どうやら私って詰め物してある野菜料理が好きみたい♡
だってさ~作るの楽しいでしょ~。
そして見た目が可愛いでしょ~~。

少し前になりますが、ちょっと珍しいお野菜を頂いたので、詰め物好きな私はいろいろと詰め詰めして楽しんでみました~♪

f0043911_114925.jpg
まずはカイエさんから頂いたUFOズッキーニに魚のすり身を詰め詰めしてみました!

ああ…、よみがえる悲しい過去…。
そう、うちのベランダで花だけは人一倍咲かせてくれたものの、実がただの一つも生らなかった丸ズッキーニ…。(ToT)
f0043911_1185137.jpgそんな傷心の私に、カイエさんが畑で育てたUFOズッキーニがあるからと送ってくれたんです!
丸系のズッキーニですが、私が育てていたエイトボールと言う品種とは違い、こちらは下から見るとなんとな~くお花の形のような、そして円盤みたいなUFOズッキーニ。
とても大きなズッキーニだったので、ここにお肉系の詰め物では、もうそんなにカロリーいらないお年頃の私たち夫婦には重過ぎる…。
って訳で、魚のすり身を詰めて何となくかまぼこ風にしてみよう♪

f0043911_1191526.jpgすり身は鰯入りの市販のもの…。(^^ゞ
そこに彩りよく、そして食感にも変化をもたせようかな~と思い、小さく切った剥きエビと万能ねぎの小口切りを入れて混ぜてみました!
かまぼこ風にするんだから、これはやはり焼くよりは蒸しものがいいですよね~。
中身をくり貫いたズッキーニの内側に小麦粉をちょっとはたいて、そこにすり身の中身を入れ、蒸し器にセットしてシュワシュワと蒸すこと焼く45分!
大きなズッキーニだったので蒸し時間は長めです。




じゃーーーん、かまぼこ in UFOを切り分けてみると…。
f0043911_1194486.jpgこんな感じです♪
ズッキーニも程好く柔らかく、中身はプリプリ~~~♪
あまりのズッキーニの大きさに最初は「これを2人じゃ食べきれないんじゃない?」って言ってた夫も、「中身が魚だから意外といけるね~♡」とご満悦!
もうキャピキャピ夫婦ではない我が家では(大体今時キャピキャピなんて言わないわ…汗)、かまぼこ風で大正解!

f0043911_1203786.jpg
そして夫が飲み会で夕食いらないって言う日にひとりご飯用に作ったのは、頂いたズッキーニの一番小さなやつを使って、マツケン in UFO~♪
えっマツケンって何かって???
それはこちらをご覧頂くとわかるんですが、アメリカでよくあるマカロニ&チーズのことです。
こちらもマツケン名づけ親のKIKりんから頂きました~♪(よくよくもらいもので成り立っている我が食卓!爆)

f0043911_1223930.jpgかまぼこのときと同様にこんな風にズッキーニの中身をくり貫いて、マツケン入れてオーブンで焼くのですが、ズッキーニにしっかり火が通るまで焼いてると今度はマツケンがカピカピになっちゃうので、先にレンジでUFOをチンして柔らかくしてからマツケン入れて、更にUFOの外側に薄くオイルを塗って焼いてみました。
マツケン、柔らかめに作ったつもりなんですが、焼いたらちょっと水分少なめになっちゃった!
でも淡白なズッキーニに濃厚なマツケンが合ってましたよ~。
これ一つでかなりおなかがいっぱいになりました!

詰め物は可愛いけどさ~ズッキーニをくり貫いた中身がもったいない~~~って懸命な主婦のみなさんは思いますよね~。
でも大丈夫!
中身はsalahiさんのところで見たこんなおしゃれでおいしいサラダに変身させました!
一粒で二度おいしいとは正にこのこと?!

f0043911_1264984.jpg
そして今度は、産直クイーンのaiwhasさんから頂いたトマピーに詰め詰め~♡

このトマピー、トマトみたいな形のピーマンだからトマピー。
決してトマトとピーマンの掛け合わせではありません!
実はこのトマピー、去年初めて手にして、形と色とネーミングの可愛さにノックアウトされてしまった私。(*^_^*)
でもパプリカなどと比べ、そんなにどこにでも売っているものでもなく、今年は見かけないな~って思っていたところ思わぬプレゼントを頂いたというわけです。(aiwhasさんは私がいいな~って思っているものをどーして知ってるんだろう…(゜o゜))

トマピーのヘタのほうを少し切ってから、中の種を掻き出して種の周りの白っぽいふわふわしている部分(食感があまり良くないからね~)を切り取ります。
そこに詰め物するわけなんですが、今回の中身は秋らしく茸風味のホワイトソース。
f0043911_1292973.jpg薄切りタマネギと薄切り椎茸とエリンギを炒め、そこに小麦粉を振り入れてしんなりまとめたところに牛乳を入れてのばし、とろり~んとなるまでかき混ぜながら煮詰めます。
ボリュームアップとプチプチした食感を楽しむため、ホワイトソースにお湯で戻したブルガー麦も入れてみました♪
ブルガー麦はレバノン料理のタブレに使ったり、トルコ料理のメルジメッキ・キョフテシに使ったりするクスクス大くらいの麦です。
風味も豊かでプチプチしてておいしいの。(*^_^*)

中身を詰めたらオーブンに入れて、トマピーがしわしわ~っとなってホワイトソースがジュワジュワ~っとなるまで焼きます。
盛り付けは、冷凍してあった枝豆を回りに散らして、ホワイトソースにも少し加えたバジルをトッピングすればまぁ可愛い♡
ジュワッ、プチプチ、とろり~んとおいしくて思わず笑顔になっちゃいます!

お次はコレ。
f0043911_1332110.jpg
こちらもaiwhasさんから送っていただいたのですが、さて一体なんだと思いますか~。

f0043911_133408.jpg最初はこんな風になってたの。
そう、これはアケビなんです。
実はですね~、アケビって私初めて目にし、初めて食べました!
見た瞬間に「うわぁ~お菓子のアケビとそっくり~~~」と思った無知な私…。(^^ゞ
この皮を使って詰め物をしてみたわけなんです。

アケビの皮は捨ててしまったりする方も多いそうですが、独特な苦味がおいしくてハマる方も多いとか…。
なんて言ってますが、実は私、この詰め物をする前にaiwhasさんから千切りにして味噌味の炒め物にするとおいしいよ~と聞きチャレンジした際、アク抜きに失敗し渋みがかなり残ってしまい…。(汗)
失敗アク抜きは、ただ水につけておいただけだったので(それでもアクで水の色がかなり茶色く
なりました!)、この詰め物の時は水に漬けてからサッとお湯で湯がき、更に水にさらしてアクを抜くと徹底してみました!

そんなアケビの皮に詰めたのは、味噌味に炒めたエリンギと椎茸とニンジン。
ホントはこれを揚げるとおいしいみたいなんだけど、揚げもの苦手な私は多めの油で低温でじっくり焼く作戦にしました。
う~ん、今度はちゃんと渋みが抜けてる~~~♪
ほんのり苦くて甘味噌味と良く合います。
あ~日本の秋を感じるわ~~~。

そしてそして、このアケビの中身はと言うと~~~。
f0043911_1412359.jpgギャーーーーッ!!!
芋虫じゃないんですよ~~~。
プチプチと甘い、これがアケビの実なんです。
夫が言うには、昔は子供が木から皮ごと実をもぎ取って、この実を口に入れて黒い種をペッペと捨てながら食べたらしい!
ほんのり甘くて確かにおやつ代わりにいいわね。
そういえば、この芋虫クンを確かaiwhasさんはサワードリンクを仕込むために酢に漬けてたはずなんだけど、行方が気になるわ~。(*^_^*)

愛情を持って育てたUFOを送ってくれたカイエさん、いつもいつも私の心をくすぐる珍しいものを送ってくれるaiwhasさん、そしてマツケンくれたKIKりん、楽しくお料理できておいしく頂くことが出来ました!
どうもありがとうございます~。\(^o^)/

これからの季節、次の詰め物のターゲットは蕪あたりかしらね~。
みなさんも楽しく詰め詰め、いかがですか~~~。


こちらのブログ村に参加しています。
ふむふむ、私も詰め物が似合う野菜を探してみたくなったわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-23 01:45 | 野菜のお料理アイディア | Comments(8)

またまた更新遅れておりますが、先月に読んだ本のご紹介~♪
来月からはちゃんと月初にアップしたいよ…。


f0043911_191158.jpg

「薬指の標本」 小川洋子


これ、いいですね~。
まずは舞台が「標本室」と言う、実際にはこんなところないに決まってるじゃんと思われるところなのがとてもよい!
それなのに、なんだか色彩まで伴って、例えば夕方のオレンジ色の光だとか、窓から射す午後の日の光の中でほこりが光って見えるような廊下であるとか、そんな風に読み手がイメージしてしまうように書かれているのがすごいな~。
主人公だって絶対こんな人いないよって思われる設定だけど、なんだかディテールまで想像することができる。
そんな中、なぜか標本室の主である弟子丸氏だけがイメージできないのは私だけでしょうか。
もしわざとそのように、イメージできないように書いているのだとしたら、これまた恐るべし小川洋子である!

本の帯を見ると、この小説、フランス映画になったらしい。
フランス映画、見ると多分ちょっと眠くなってしまうと思うけど、でもこの小説の映画化はフランス映画以外にあり得ないというほどとても合っていると思う。
主人公のわたしと弟子丸氏が元浴槽であった地下室で語り合う場面など、シーンとしてて時々あのフランス語特有のぼそぼそ~としたセリフが、字幕がなかったら聞こえないくらいの(たとえ聞こえても私には理解できないけど…(^^ゞ)ぼそぼそさで聞こえてくるんだろうな~。

小川洋子はデビューした頃に「妊娠カレンダー」を読んで「あんまりおもしろくないな~」って思ったけど、実は今読んだらおもしろいのかもしれませんね。


f0043911_1344964.jpg

「第三の時効」 横山秀夫


この前に読んだ、「クライマーズ・ハイ」「出口のない海」がめちゃくちゃ良かったので、続けて読んだのですが…。
レビューでは「第三の時効」が一番良いと書かれているものもあり期待したんだけどな~。
なんだか私にはあまりおもしろくなかったです。
話はよく出来ていると思うのだけど、出来過ぎててよーーーく考えて読んでもよくわからないのもあったし…。(汗)
よくよく考えたら、ビデオで同じ横山秀夫の「半落ち」を見たのだけど、その時もおもしろくないなって思ったんですよね。
もしかしたらこの人の警察小説というのが私にはおもしろいと思えないのかもしれません!
横山秀夫は警察小説の評価が高いようなんですけどね。
やはり向き不向きがあるのでしょう!
読んでて一度も感情移入できなかったし、オオーーーッと思えた部分がありませんでした…。


f0043911_1465862.jpg

「まだある。」 初見健一


サブタイトル「今でも買える"懐かしの昭和"カタログ~食品編~」の通り、子供の頃の食べ物のオンパレードである。
食べてたものも、そうでなかったものも含め、「そうそう、こんなのあったよね~」といちいち懐かしい。

f0043911_2221314.jpg特に給食グッズである「タカベビー」のジャム、今の子供達もこんなのが給食に出てきているんでしょうか。
そして今あることもさることながら、ネットから買えるというのにもびっくりです。
懐かしの給食メニューを取り揃えたレストランが人気なんて言うのを少し前にテレビで取り上げていたりしたから、そんなところの需要もあるのかな。

ほとんどのものが懐かしいのだけど、「フルヤのミルクキャラメル」「フラ印アメリカンポテトチップス」「ココアシガレット」「旅がらす」などなど、いくつかは見たこともなかったのがなぜかちょっと寂しかったりして…。

10月に読んだのはこんな三冊でした♪


そして、すごーーーく前にぴんうささんから久々のバトンが回ってきていたんですよね~。
色バトンというものらしいので、かなり遅くなりましたが元バトン部、くるくる~っと回してみまーーす♪

1、好きな色は?
○才過ぎてますが、未だにピンクとかが好きだったりします…。(^^ゞ
特に野菜などはピンクに染まるものが大好き!
インテリアや小物などでは薄いブルーが好き!
洋服や身につけるものは、割と地味目の茶色とかベージュとか黒が好きだったりします。

2、嫌いな色は?
特にないけど、洋服ではくすんだ色がNGかな。
顔色悪く見えるから~~~。

3、ケータイの色は?
あ~携帯…。
携帯は私のウィークポイント!
なぜかと言えば、折曲がりもせずカメラも付いていない激古の携帯だから♪
会社のおじさんにも「いい加減変えたほうがいいんじゃない」って言われてます…。(^^ゞ
色は普通のシルバーです。
詳しく見たい方(笑)は、こちらの「持ち物バトン」をどうぞ♪

4、あなたの心の色は?
考えたこともないけど、気分によって七変化?
とりあえず今は眠いので、もやってるみたいな乳白色!

5、回してしてくれた人の色は?
これは迷わずピンクでしょう♪
HNはもちろんのこと、ほんもののご本人もピンクが似合う可愛いママさんです。(*^_^*)

6、次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい(緑、青、橙、桃、黒、白)
ぎゃーーーっ、これだけあたためてしまったので、もうバトンは回せないかも~~~。
ごめんなさい!!!
今度は貯めずに回すので、今回はパスさせてね~。


こちらのブログ村に参加しています。
「薬指の標本」良さそうだけど私もフランス映画って眠くなるのよね~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-20 02:26 | 楽子の本棚 | Comments(16)

あまおうさんパンプキンさんが東京に来られていて、我が家でしょぼ~いおもてなしのオフ会を開いたのは一つ前の記事に書いた通りですが、翌々月曜日はあまおうさん20年ぶり上京記念(?)に合羽橋でオフ会が開かれたんです。
なぜ合羽橋???って、元々私たち某料理サイトに登録していた自称料理好きな面々なんですよ~~~。
私は仕事が終わってから夜の部のみ参加することとなりました♪

f0043911_282017.jpg
待ち合わせは麻布十番。
今回の夜の部メンバーは、写真左からラニカイさんちいのんさんあまおうさんテルテルマンマさんおらこさん、そしてカメラマンの私の全部で6名。
私以外のみなさんは昼の部から参加されているので、みんな合羽橋で買ったものがたーーーーくさん入った紙袋やらバックをいっぱい持ってます。(*^_^*)

駅から5分ちょっと歩いて、六本木ヒルズが大きく見えてくれば目指す店はもうすぐそこ♪
そのお店とは「海南鶏飯食堂」。
ここはね~、今年の2月に最強軍団と行って以来、とーーーーーっても気に入っているお店。
だって程好くおしゃれでカジュアルな居心地の良い店内に、きびきびとそしてとても感じの良いお店の従業員の方々。
お料理はどれも本当においしく、そしてびっくりするほどリーズナブルなお値段♪
そして2時間経ったのでもう〆てもらえませんか~なんて決して言われることのない、長居の出来るお店なんです。
シンガポールで有名な「海南鶏飯」がご自慢のお店です。

いかにも東南アジアっぽい入り口からお店の中に入ると、あ~またまた感じよ~くお迎えしてくれます。
奥の席に通してもらい、とりあえずビールなどの飲み物を頼んで乾杯~♪
さてさて食べるわよ~~~。(*^_^*)

f0043911_153508.jpg中国ブロッコリーのオイスターソース炒め。
中国ブロッコリー、カイランがコリコリとした歯ごたえでとてもおいしい♪
五香粉を使ってあるソースがとてもおいしくて、頼んであるロティパラタでソースをぬぐって食べたいのでまだ下げないで~~~とお店の人に頼んでおきます。


f0043911_1541394.jpgタイ風ふわふわオムレツ。
揚げるようにして焼いてあるオムレツに、甘酸っぱいソースとフライドオニオンがかかっていて、ニコニコしてしまうおいしさ。


f0043911_1542920.jpg豆苗の炒め物。
ここの豆苗はすごーーく大きい!
日本の豆苗ではないのかな~。
ソースはナンプラーとアジア味噌の味付けだそうです。
これもパラタでぬぐって食べるとおいしいのよね~。


f0043911_1544364.jpg仔羊肩肉のスパイス煮込。
ココナッツミルクが効いててこれまたおいしい♡
ジャスミンライスも頼んで一緒に食べる!
ホントにこういう煮込みやソースにはパラパラのジャスミンライスがぴったりなのよね~。


f0043911_1545782.jpg厚揚げとトウチのバジル炒め。
これまたジャスミンライスにとっても合うお味。
厚揚げって意外と使える食材なんだよね~。


f0043911_1551130.jpg形も可愛い割包。
これは絶対エビチリとあわせてほしいな~と言うお兄さんのお勧めで、海老のチリソース・シンガポールスタイルを中に挟んで食べました♪
割包が甘いので酸っぱめチリソースがいいですね~。
割包、なんとなくおうちでも作れそうなので作ってみたい!!


f0043911_1552669.jpgチャークゥエィティアオと言うシンガポールの焼きそば。
きしめんみたいな太い麺となにやら細い麺が混ざっていておもいろい。
甘めのソースはパッタイのソースの辛くない版のようで、これもおうちで作れそう。
具のサラミもなんだかあまじょっぱくて独特な風味があります。


f0043911_1554590.jpgそしてこれが海南鶏飯。
サイズが大、中、小とあるので人数に応じて注文できます。
鶏を茹でたスープで炊いたご飯がおいしーーーい♪
鶏肉もとても柔らかくてツヤツヤ!
ソースが三種類あるので(シーユーダムみたいなのと、生姜だれ、スイートチリソース風のもの)、混ぜて食べたり単独で食べたり。
鶏飯がシンプルなお味なのでソースが活きてきます!

あ~なぜか私が一番気に入っている海老とイカのブラックペッパーソースとロティパラタの写真を撮り忘れてたわ~。(^^ゞ
パラタはみんなも気に入ったみたいで、パクパクおかわりして食べました。
そうそう、パラタはパンプキンさんのブログのこの記事に作り方がありますよ~。
パン焼きなどをあまりしない私でも、こんな風においしく作ることができたほど簡単なので、今回行ったみなさまも、まだ食べたことがない方も一度作ってみませんか~。(*^_^*)

そしてこの海南鶏飯食堂の本が発売になったんです。
f0043911_27647.jpgその名も「海南鶏飯食堂COOKBOOK」。
こちらのお店で出されているお料理のレシピあり、シンガポールのおいしいお店やお料理の写真などが文章もたくさんの読み物あり、そして何とこのお店の評判のサービスの誕生秘話まで書いてあるらしい!
「本が出たんだね~」なんてみんなで話していたら、すかさずお店の方が「見てみますか~」って持ってきてくれて(このタイミングとすすめ方がちっとも押し付けがましくなくて痒いところに手が届く的な絶妙なサービスなんです!)、チラッと見てきました。
2100円分の読み応えはありそうな本。
あ~欲しいな~~~。
近いうちに買ってしまいそうな予感です。

あまおうさんは今日九州に帰られました~。
楽しかった~~~ってメールが来て、私もすごく嬉しかった!
今度は九州に行きたいな~。(*^_^*)

そして、土曜日に初オフ会に参加した(?)我が夫。
今回のオフ会夜の部に参加できなかったのが悔しいからか、昨日からやたらと「アザブジュバ~ン♡(なんとなくフランス語風に)」の連呼でうるさいんです。
無視していたら今度は、「アザブジュバ~ン、ハダジュバ~ン♡」と言うおやじギャグ攻撃に出てきました!(-_-;)
またまたこれがうるさいので、もうひとつくらい重ねてみてよと言うと、すぐには出てこなかったらしく、そのまま、「アザブジュバ~ン、ハダジュバ~ン♡」と繰り返しながらお風呂に入り、出てきたら「アザブジュバ~ン、ハダジュバ~ン、ニクジュバ~ン♡」とひとりでにやにやしながら連呼してます。
どなたかうちの夫を止めてください…。(>_<)


こちらのブログ村に参加しています。
海南鶏飯食堂って良さそうじゃない♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しい(?)です。(●^o^●)

にほんブログ村 グルメブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-15 02:16 | こんなところに行って来ました | Comments(45)

と言ったところ、夫にそれは違うと言われました…。
オフ会自体は、みんなが持ってきてくれたお料理や食べ物でとても充実していたと…。
しかーし、アンタの作ったものとおもてなしがショボ過ぎると…。
ああ、あぁあぁ~~~、的を得ているだけに返す言葉もありません…。(-_-;)

f0043911_0271365.jpg

f0043911_0272740.jpg
昨日土曜日、我が家で初のオフ会だったんです。
九州からはあまおうさん、遠くインドのムンバイからはパンプキンさんが来られ、テルテルマンマさんおらこさんKIKさんポメマルさん、そして私と夫も入れて総勢8名♪
写真はオフ会でみなさんから頂いたお土産です♪

一応オフ会が決まったときに、
「今度うちでオフ会やることになったからね~」と夫に話したら、
何人来るの?と言うので6人来て全部で8人だ!と答えたところ、
「この部屋に8人なんて無謀すぎる!!みんなキチキチになっちゃってそれでホントに楽しめるのか~~~。」
と言われ、確かにうちのこの部屋は8人では狭すぎだわ…と思いつつ、まっ何とかなるさ♪といつものお気楽モードでかわし、そのままのお気楽モード全開バリバリで当日まで来てしまいました…。(>_<)
前日に作るものを決め、当日にバタバタとお掃除!
みんな前日から荷物を送ってくれたり用意周到なのに、なぜか私だけあたふた、あたふた…。

土曜日の東京地方は雨。
待ち合わせの時間の13時頃にはそんなにひどくはなかったのですが、私のバタバタぶりを見た夫が珍しく気を利かせてくれて、
「雨降ってるから、みんな歩いてうちまでくるの大変だし、オレが車で駅まで迎えに行くよ」と…。
「でもさ~、私だってまだ会ったことない人もいるんだよ。○○(仮にミッキー)は誰とも会ったことないのに大丈夫~~~」と言うと、
f0043911_0363547.jpg「一目でわかる格好で行くから大丈夫!ちょっくら行ってくるよ。」
と自信満々に言って、おもむろに壁にかけてあった沖縄で買ったクバ傘を被りはじめた夫。
ぎょーーーっ!!!!!
沖縄では私も気に入って被ってたけど、こんな普通のところで、しかももう冬に向かおうとしているこの時期に被っていくなんて恥ずかしい…!
でも、まっ恥ずかしいのは私じゃないし、迎えに行ってくれるというのならまかせるか~~~とにこやかに送り出しました!

みんなには赤い車で夫が迎えに行ったから~~~とメールして、何とかKIKりん以外を乗せて帰ってきた夫。
もちろんクバ傘は被ったままです。(^^ゞ
あまおうさんとパンプキンさんにはお初にお目にかかります。
あまおうさんはご本人が姉御肌だと言っていたので、私は勝手に姐さんと呼ばせてもらっていて、頭の中のイメージは片方の肩出して「私に着いといで!!!」みたいな感じ(笑)だったんですが、体も足も大きいですがとても可愛らしい美人さん♪
パンプキンさんは、背がすら~っと高くてスタイルも良く、そしてあっという間にみーーーんなと馴染んでしまう、とてもフレンドリーな方♪
なぜかみんな立ったままで、私が誰だとか、○○さんにお会いしたかっただとか、あーだのこーだの喋り捲りです。
えっKIKりんはどうしたかって???
うちは東○○と言う駅なんだけど、何となぜか乗り換えがめんどくさい方の西○○に行ってしまった模様!
それでもそんなに時間がかからず駅に着いたと連絡があり、またまた夫が迎えに行き(なぜかもうクバ傘はかぶっていなかった…)、KIKりんとともに帰ってきてもまだ、みんなが立ったまましゃべっていたのにギョッとしてました。

みんなが集合したので、部屋のテーブルを動かしたり出してきたりして(そんなのみんなが来る前にやっとけっちゅーの!)、みんなが持ってきてくれたお料理を並べます。
いやいや、いつもどおりすごいよ~~~。
あんなの、こんなの、と写真がジャンジャン並ぶ予定だったんですが~~~。
がーーーーーっ、しかしーーーーーーーー、
ほとんど何もしてないくせに無駄にあたふたとしていた私は、全く写真を撮っておらず…。
姐さんの太巻だとかさ~、おらこさんのスモークサーモンのパテや牡蠣のオイル漬けだとかさ~、マンマさんのワッフルだとかさ~、パンプキンさんの発酵ソーセージだとかさ~、KIKりんのオリーブのマリネだとかさ~~~。
それはそれはいっぱいだったんだよ。
なのに途中で気づいたときにもなんだか面倒になり、食べて飲み、しゃべることに徹してしまった私です…。(^^ゞ
お願い~~~、写真つきでアップされた方~~~、TBよろしくお願いします。(ToT)

写真ないけどさ~、盛り上がったのよ~~~。
初めて会うくせにうちの夫(仮にミッキー)も何食わぬ顔して話に混ざったりしてさ~。
で、話すことと言えば私の失敗談なんだよね…。(-_-;)
それで笑いを取ろうとしてるんだよね…。(-_-;)
まっ、肉じゃがをすき焼きと信じて育ち、「今日はすき焼き~♪」と母に言われ、「わーい♪」と喜んでいた自分の子供時代(と言っても中学まで信じてた!)の話も暴露してたけどね。

とにかく盛り上がったの。
写真もないから短くまとめちゃうけど楽しかったのよぉ~~~。

・・・・・・・・
そして、夜になりみんなが帰り、しみじみ「楽しかったねぇ~~~」と言ってその日は何事もなく寝て…。
で、翌日ははじめての自宅オフ会の「夫婦で勝手に反省会!」の時間!!!!

夫(以下ミッキーの)「楽子ちゃん(と夫は呼んだ!!!(゜o゜))さ~あまりにしょぼかったよ。」
楽子(以下)「えーーーっやっぱり~~~」

「だってさ~、初めてのお客さんが来るって言うのに最初に出してたの発泡酒だよ。ビールくらい出せよ。しょぼ~~~」
「ぎょっ!でもいつもうちで飲んでるの発泡酒だし…(汗)」

「そしてさ~お酒飲まない人もいるっていうのにお茶さえも買い忘れてて、出したのがただの水ってひどくねーか。ミネラルウォーターならまだいいけど、ただのブリタ通した水だぜ。今時人に水道水出す家あるか~~~。しょぼ~~~」
「ぎょぎょっ!!でっでもさ~冷蔵庫がビールでいっぱいで(ビールでさえないのに…)入らないから、みんなを迎えに行った帰りに冷えたの買おうって思ってたんだよ…。でも水道水は確かにひどいやね~~~。」

「んでもって、あんたの作ったタイ風のサラダ(ソムタムのこと)、あれにパパイヤの代りに使ったハヤトウリってさ~、この間のキャンプの時に1袋150円で買ったやつじゃないの?材料費安すぎだよ。しょぼすぎだよ。」
「ぎょぎょぎょ~~~っ!!!!」

「それともう一つ作ったタイの焼きそば(パッタイのこと)、あれもどーよ。もやしだとか沢庵だとか入れてたよね。これまたしょぼくね~~~」
「ぐわ~~~ん」

「そしてさ~、ちょっと食事が一段落してるのに何にも出さないでさ~、マンマさんにコーヒー飲みたいって言われるまでアンタなーーーーんにも出さなかったよね。だからマンマさん遠慮してインスタントでいいよって言ったんだと思うよ。」
「・・・・・・・・(-_-;)」

「それからさ~、酒だけどさ~、発泡酒もすごいけど、その後なーーーんにも出さなかったよね。みんなが飲んでたのはKIKさんとおらこさんが持ってきてくれたワインと焼酎だぜ。何で出さなかったんだよ。」
「なんだよぉ~~~気づいてたならが出してくれよ~~~。あーあーみんなきっともっと飲みたかったよね…。あぁぁ…。」

「大体さ~なーーーんにもしないでワハハハ笑って根っこ生やして座ってたけどさ~、もう少し動こうよ。そして何か出そうよ。KIKさんちで秋刀魚に牡蠣でファイヤーさせてもらってたんだからさ。もーちょい考えようよ…」
「ずしーーーーーーーん…」

「そしてさ~、みんなからあんなにお土産もらってたけど楽子ちゃんは何あげたわけ?えっ?ぺらぺらうどん?あんたさ~アレ「お徳用袋」じゃん!いっつもアンタは100円のヨネマースとか送ってみんなからはいいもん送ってもらったりしてるよね。すっげーーーーお調子モンだよね、あんたって人は…」
「・・・・・・・・・・・・・・」(._.)

そして反撃に入る楽子!
「でもね~、私思うんだけどさ~、うちの冷蔵庫がもっと大きければもっといろいろ出せたわけよ。冷蔵庫が大きければお茶だとかジュースだとかいっぱい買って冷やしておけるし、料理だって前もっていーーーっぱい作っておいて冷やせるわけよ。今のあのチビ冷蔵庫じゃそれができないじゃない。だからこーなっちゃったのよ。人が来るときはいっつも思うのよ。やっぱりあのちびっ子じゃ駄目だって!!!やっぱり大きい冷蔵庫買ったほうがいいよ。買おうよ~~~~」
 「・・・・・・・・・・・・・・・」

あ~今回うちに遊びに来てくれたみなさま、なかなかありえない世界で一番ショボいオフ会でごめんなさーーーーい♪
次回はもうちょっと準備万端にしておくよ~~~。
またがクバ傘被って迎えに行くからさ~、是非是非また遊びに来てね~。
これを読んでくれたみなさんも、楽子のうちだけは行きたくないわ~なんて思わずに、是非機会があったら遊びに来てね。
多分水道水出すって部分くらいは改善できると思うから~~~。(爆)


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ~~~そんなにショボいおもてなし、恐いもの見たさで興味があるわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-15 00:45 | こんなところに行って来ました | Comments(33)

ここのところ急に寒くなってきてしまった東京地方。(って私が住んでるのは埼玉ですが~~~汗)
コレが平年の気温なんでしょうけれど、11月に入ってもやたらと暖かかったので結構体に堪えます!

f0043911_0565910.jpg
そんなときにはやっぱり体が温まるスープが飲みたくなりますね~。
と言うわけで、蕪のポタージュを作ってみました♪
ちょうど今月のシンクロナイズドクッキングのお題が、スープや鍋、煮込みものなので、こちらで参加しちゃいます。

f0043911_05825.jpgどうして蕪なのかというと、それはこーーーーんなに大きな蕪が二つもうちにあったから~~~。
根菜の中では、意外と蕪って傷みやすいし早く使わなくちゃいけないの…。
皮がちょっと肌荒れ気味ですが、傷んでいるわけではないんですよ。
実家から送ってきた家庭菜園野菜なんで、ちょっと見てくれが良くないんです…。
でも皮を剥いてあげればキレイなすべすべ色白肌よ~ん。(*^_^*)

さてさて、ポタージュというと何となく重たいイメージがあるけれど、今回使うのは蕪なので比較的軽めでヘルシー。
トッピングにカリカリベーコンなんかを持ってきて、ちょっとコクを加えるのもいいかな~と思いましたが、ここはヘルシー指向を貫いて(?)薬膳風にしてみました。
何が薬膳かというと、生姜を加えてみたんです。
体も温まるし消化もいいし、これからの時期にはもってこいでございます!
考えてみると生姜って夏もさっぱりと食べたいときには大活躍の食材だし、冬は体が温まるしすごーくエライお野菜ですね~。
そして、薬膳ときたら、やはりトッピングにも体に良いものを持ってきたい!
というわけで彩りも良いクコの実を飾ってみました♪
ってクコの実スープに半分埋もれてますが…。(汗)
まっ大雑把な私がすることですからあまり気にしないでくださいませね~。(^^ゞ

■蕪と生姜のポタージュスープ■

~材料(4人分)~
蕪      皮を剥いた状態で350g
生姜    かなり大きめで1片   
長ネギ   2本
バター   適宜
スープ   600cc
牛乳 400cc
塩 適宜
クコの実 

~作り方~
1.蕪は皮を剥き薄切りにし、生姜は皮を剥き摩り下ろし、長ネギは白い部分を斜め薄切りにする。
2.鍋にバターを入れて溶けたら長ネギを入れてしんなりまとまるようになるまで炒める。
3.ネギが炒められたら、蕪を入れてさっと炒め、そこにスープを注ぎ生姜とあれば長ネギの青い部分を入れて、20分ほど中火で煮る。
4.長ネギの青い部分を鍋から取り出してから、スティックミキサーでスープをピュレ状にする。
5.ピュレ状になったスープに牛乳を入れ、沸騰しないように気をつけて温め、最後に塩で味を整える。
6.スープを器に入れ、お湯で柔らかくしたクコの実をトッピングすれば出来上がり~♪

これ、ほーーーーんとにじんわりと体が温まり、風邪などで食欲がなくてもするすると飲めてしまうサッパリ味です。
それにしてもワタクシ、いつも疑問に感じていることがあるんですが、材料に生姜が入るときってほとんど「1片」って書いてあるでしょ。
一体「1片」ってどれくらいの大きさのことを言うのでしょう…。
ちなみに今回の「1片」は親指分くらい入れちゃいました!
かなり多めです。(*^_^*)

そして、蕪のポタージュ、4人分作りましたので翌日もまだあります!
そのままではつまらないのでちょっと進化させてみることにしました♪

f0043911_105442.jpg
出来上がったのはこんな感じ。
前日のポタージュを温めて、最後にターメリックを小さじ1/2ほど加えてみました。
ターメリックって日本流に言えば「うこん」ですよね。
ショウガ科の植物で、肝機能を高めたり、抗酸化作用や殺菌作用もあるので、これまた優秀!
お酒をいっぱい飲んだ後にうこんを飲んでおく人もいるくらいですから、二日酔いの朝にこのスープって言うのもよいかもしれません!
黄色に変身したスープのトッピングは胡麻に変えてみました。

進化させたって言ってもただターメリックをパラパラと加えただけですけど、夫は「今日のスープは何なの~~~?」と言ってましたから、一瞬ですが昨日のスープと同じものとは思われなかったようです。
面倒くさがりなのでポタージュは必ず二日分まとめて作る私ですが、こうやって進化させるとなんとな~く出来る主婦っぽくて自己満足に浸れるのでお勧めです!"^_^"


こちらのブログ村に参加しています。
蕪のポタージュ、ヘルシーなところがいいわね~、って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-10 01:08 | Comments(15)

f0043911_159521.jpg
「このオレンジ色のものは何???」
このお料理を出したときに言った夫の言葉です。(*^_^*)

うふふ、このお料理の名前は「ふろふき柿」。
ふろふき大根の柿バージョンです。
アイディアはこぐれひでこさんの「おいしい画帳」からいただきました。

作り方はすごーーーーく簡単♪
柿の皮を剥いてからラップに包みレンジに入れて蒸すだけなんです。
そこに味噌と砂糖、日本酒、だし汁を鍋で混ぜながら味噌がとろりとしてツヤが出るまで弱火にかけて作ったものをかけるだけ!
う~ん、このビジュアル、なんだか「ザ・ニッポン」って感じがしませんか~~~。(*^_^*)

これは何かと聞いた夫に、「柿だよ~、アツアツのふろふき柿なの~~~」と言うとなにやら怪訝そうな顔…。
男の人は大体オーソドックスなものが好きだからね~。
しかも夫は大の柿好きと来ている!
きっと柿は果物なんだからさ~、それだけでおいしいんだからさ~、手を加えずに食べようよと思っていたに違いない…。
でも料理は冒険!!
それなくしては楽しくない!!!

そしてこの後この熱々の柿を食べた我が夫、おいしいね~と笑顔に変わりましたとさ~~~。
これは割りと固めのそんなに甘くない柿だったのですが、それが返ってよかったらしく、味噌の塩辛さと相まってておいしいと言っておりました♪
最近の柿は種無しのものが多いので、こういう料理に仕立てるときにも便利ですね。

そしてこちらは同じふろふき柿ですが、コールラビとのコラボレーション・バージョン♪
f0043911_222596.jpg
互い違いになるように盛り付けたらきれいかも~~~と思ってやってみたけど、柿とコールラビの高さが違うことと、早くレンジから引き上げたにも関わらず、このときに柿はとろり~んと柔らかめになってしまったので、高さがますます合わなくなり、ちょっと盛り付け失敗です…。(^^ゞ
でもコールラビのサッパリ感と柿の甘さの両方を味わえてこれまたお得な気分です。

コールラビ、コールラビって、一体それは何????
その正体はこちら。
f0043911_233232.jpg以前、どこかでプランターでも育てられるという記事を見て、そのおかしなビジュアルに目が釘付けとなり、いつか食べてみたいな~って思っていたんですよね。
少し前にメープルままさんのブログで、お義母さまが何の野菜かわからないにも関わらず買ってこられたと言うのを見て、「まぁコールラビが近くで売っているなんていいな~」と指をくわえて見てたんです。
す、すると…。
あ~ホントに私が食べてみたいと思っていたのを知っているかのように、またまたaiwhasさんが送ってくださったのです。
そう産直クイーン、消しゴムはんこ名人のaiwhasさんです。(*^_^*)

ちなみにこのコールラビ、皮が色っぽい緑のものと紫色のものがありますが、皮を剥くとどちらも白で、お味はブロッコリーの茎に近いような気がしました。
紫色のものは、もしや剥いた皮も一緒に煮ればピンク色になるのでは…と、だしパックに入れてスープに一緒に入れて煮込んでみたのですが、ビミョーな肌色になったくらいで(笑)そんなに色は出ませんでした。
もっとたくさん皮を集めて一緒に煮込んだら、もしかしたらキレイなピンク色のスープができるかもしれないですね。
いつもあれこれ料理を考えるのが楽しくなっちゃう珍しいお野菜を送ってくれるaiwhasさんには感謝、感激、アメアラレ~~~。
どうもありがとうございます。

柿ってこの時期大量にいただくことが多い果物の一つだと思うんですけど、ふろふき柿のほかにも、サラダに入れたりしてもとてもおいしくてカラフルでキレイです。
f0043911_27542.jpg
柿が甘いので、葉モノはちょっとクセのあるものや少々苦味があるような、クレソンやルッコラ、水菜なんかが合うと思います。
こちらはベランダで栽培しているルッコラを摘んできて作ったサラダ。
柿のほかにみょうがも入れて、ドレッシングはオリーブオイルベースのシンプルなもの。
あ~もうデザートに毎日柿食べるのは飽きたわ~って時なんかに是非どうぞ♪

それにしてもこぐれひでこさんの「おいしい画帳」、少し前に作ってとてもおいしかった「いちじくの胡麻だれ」もこちらで見たものなんです。
フルーツをお料理に使うというちょっと冒険的アイディア、2回連続大ヒットだわ~~~。
しかも両方ともめちゃくちゃ簡単だし…。
これからも「おいしい画帳」から目が離せない~~~。
とりあえず今週の「ハンバーグにマヨネーズを入れる」というのにも今とっても興味があります。
今度作るときには是非試してみよーーーーっと♪


こちらのブログ村に参加しています。
ふろふき柿、おもしろそうだから是非作ってみたいわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-08 02:13 | 野菜のお料理アイディア | Comments(20)

f0043911_0425425.jpg
友人Yちゃん夫妻に誘われてキャンプに行くうちに、ついにキャンプ用具一式を買ってしまった我が家ですが、さてさて、今週末は初の2人だけのキャンプにチャレンジすることとなりました~♪
2人だけでテントの設置やらなにやらちゃーんとできるんでしょーか…。

うちはマンションの二階なので、車までキャンプ用具一式を持って行くのが結構大変!
f0043911_043236.jpg前回初めて自分たちのキャンプ用具を車に積んでキャンプに出かけたときには、部屋から車まで何往復もし荷物を車に詰め込んだ夫は汗だらだらになりシャワーを浴びてから出かけなければならなくなったんです。
今回は更に買い足したものもあり、細かいものはコンテナにきれいに入れてそのまま持てるようにして運びましたが(もちろん夫がです…(^^ゞ)、もうこんなに秋真っ只中にも関わらずまた汗をかいたようで、出発前にシャワーを浴びてましたよ~。
でも何とか車にも全部詰め込むことが出来、いざ出発~♪

今回のキャンプ場は、毛呂山町柚子の里オートキャンプ場です。
初めて行くところですが、施設が整っていてきれいで(初心者キャンパーにとってはこれがかなり重要です)、家からも比較的近いのでここに決めました。

キャンプ場の少し手前においしいうどん屋さんがあることを知り、チェックインは13時なので、その前にそこでお昼を食べることになりました。
その「おたか」といううどん屋さんでは、柚子を麺に練りこんだ手打ちうどんが食べられるというのです。
毛呂山町は全国でも有数の柚子の産地ですからね~。

f0043911_04410100.jpg私たちが頼んだのはこちらのもりうどんセット1050円也~~~♪
手打ちのうどんがつるつるしこしこで、柚子の香りがふんわり香ってきておいしいです。
なぜか麺がやたらと長いので、ちょっと食べるのが大変!(笑)
柚子はうどんだけではなく、セットについてくる手作り豆腐にも手作り湯葉にも入ってます。
豆腐のほうはさほど柚子の香りを感じませんでしたが、湯葉は柚子の香りがいっぱいでこれまたおいしい!
これだけ手作り尽くしのものが盛りだくさんで1050円はお得感ありますよね~。

そんなこんなでうどんをつるつる食べてると、夫が「ご自由にお持ち下さいだってよ」って言うので後ろを振り向くと、豆腐を作った際に出るおからがお盆に載って出ているではありませんか~~~。
f0043911_0451069.jpg思わずもらいたーーーい!とうどんも途中で席を立つと、あらあら私がいただくと残りは既にひとつとなってしまいました!
あっと言う間の出来事です。(゜o゜)
みんな「ただ」という言葉に弱いのね…。(爆)



さてさて、お腹もいっぱいになり、いざキャンプ場へ向かいます!
キャンプ場に入ったのが1時少し前だったにも関わらず、なぜかサイトはかなりいっぱいになっていて、しかももうテントの設営などを全て済ませ、料理に取り掛かっている人までいます…。
何なの~~~、1時チェックインとは言いながら、早くから入れたんだ~~~。
とりあえず管理事務所で手続きを済ませ、割り当てられたサイトに向かいます。

今回は予約したのが遅かったので、下が芝生になっているプライベートサイトは取れず、砂利のサイトです。
まずは二日間のくつろぎの場所となるタープの設営です。
タープはテントに比べて単純な作りなので設営も簡単、すぐにできるはずなんですがーーーーーー。
できるはずなんですがーーーーーーー。(-_-;)
下が砂利のためなかなかペグと言うプラスチックの杭が効かず、意外と難航…。
私と言えば、今までのキャンプではテーブルくらいは組み立ててましたが、テント、タープは男連中にまかせっきりだったので、言われるがままに動くのみで…。
しかもあまりの固さにペグも打てず…。
タープを立てるまでが一仕事でした…。(^^ゞ

f0043911_0471638.jpgそれでもこれでコツがつかめてきたので、テントは割りと手間取らずに設置。(*^_^*)
中にシェラフもセットして♪
4,5人は入れるテントなので、2人だと余裕です。
って言うか、シェラフもこうして見るとなんだか薄いし、寒々しい…。(汗)

f0043911_04816.jpgその後着々とテーブルやら、ガスバーナーやらバーベキューコンロを組み立てて、アイスボックスやコンテナも使いやすいように所定の位置に置き、完成~♪
ここまでで確か3時過ぎくらいになってしまい、なんだか疲れてしまった私たちはとりあえずビールでかんぱーーーーい♪
早い人たちは夕食の準備にそろそろ入ろうかとしている中で、なーーーんにもしてないのにビールで一息ついてる私たち…。(爆)
でもとりあえず形になってよかったわ。"^_^"

さてさて、ここで一つキャンプ用の料理グッズのご紹介!
テントにしろ、テーブル、イスにしろ、キャンプ用というのは、それはそれは合理的に、そしてうま~~~く畳めるようになっているんですが、キッチングッズもスゴイよ。

f0043911_112144.jpgf0043911_1122990.jpg
この鍋たちは、一番大きな鍋の中にこーーーーんなにたくさん入れ子式に入っているんです。
2人分だったら余裕でパスタも茹でられちゃうような大鍋に、少し小さめの鍋、そしてお湯を沸かすための小さな鍋(ちゃんと注ぎ口も付いている)、そしてフライパン。
取っ手の部分もちょっと反対に曲げるだけで出てくるものや、ネジでちょろっと止めるものあり、それがきちんとこの大きさに収まるようになってるの。

f0043911_1144581.jpgf0043911_1145970.jpg
そして、調理用具セット。
見ての通り左側はご飯のおへらで、右側は缶きり栓抜きなどですが、真ん中の2つに注目!
折曲がっているのをのばすと、わりと大きなサイズのおたまと包丁になるんです!!!
別におうちにあるものを持って行ってもいいんですけどね。
我が夫、小さく畳めるもの、中からドンドン出てくるものが大好きなので、このセットはキャンプ前々日に仕事帰りに買ってきて、私に自慢げにデモンストレーション付きで見せてくれました。(笑)

f0043911_0501129.jpgこれらのものを使って作った本日のメニューは豚汁!
2人だけだしあまり手がかからずに、そして暖かいものと言うことで決定しました。
入っているものは、豚バラ肉、ごぼう、里芋、ニンジン、大根、しいたけ、豆腐。

豚汁ってホントは何を入れるものなんでしょう???
行く前に夫に「何入れるの~」と聞かれ里芋だと言ったら、「豚汁にはジャガイモ、里芋はけんちん汁じゃないの~~~」と言われたんですが、ホントでしょーか。
でも私は結婚してからずーーーっと豚汁と言えば里芋で作ってたんだけど、一体夫は味わって食べてたんでしょうか…。
不安になります…。(-_-;)

f0043911_0504330.jpgf0043911_0505542.jpgそして、私流豚汁の味付けは、濃くしっかりと取ったかつおダシに(今回はダシの素でしたが…汗)味噌を入れる前に「沖縄そばだし」で更にダシの味を濃くし、ダシがしっかり効いているので味噌は少な目、そして最後にご存知石ラーをたらり~ん♪
具材を煮込むときにラードも入れると更に良し!!
風味の良い豚汁になります。

f0043911_0511418.jpgあ~夜になって冷えてきたところにこの熱々の豚汁はたまらな~~~い!!!
夫が「旨~~~い♪」と言うので、「私の料理の腕をそんなに褒めてくれるなんて…」とひとりニヤニヤしかけていたら、「旨いね~、石ラー」だそうです…。(>_<)
私もやけくそで、「石ラーばんざーーーい♪」(涙)

f0043911_052140.jpgそして、キャンプ場に向かう途中の農協の産直で手に入れたしいたけとシメジに持ってきたガーリックバターをのせて、炭火でホイール焼き♪
同じく産直で買った柚子をしぼっていただくと、もうたまりません!!!

そんなこんなで食べて飲んで、さすがに夜も深まってくると(とは言え、普段の生活だったらまだ食事も済んでない9時頃ですが…)寒くて寒くて…。
小雨もぱらついてきたので、テントに入りご就寝。
シェラフがあまりに心もとなくて寒くて眠れないんじゃないかと実は少し心配になってたんだけど、シェラフって優秀なんですね~。
ファスナー閉めて包まれるようにするとぽかぽかで全然寒くなく、もうぐっすりと寝てしまいました。
実は夜中、ものすごーーーーーーい大雨になったらしく、夫はテントは大丈夫だろうか、明日帰るのに乾かなかったらイヤだな~と心配で起きてしまったらしいのですが、隣で私は憎らしいくらいにガーガー寝ていたそうです…。
ハイ、全く雨なんざぁ知りませんよ…。
一度自分が「グワッ」とか言って叫んだ声で起きただけです…。(爆)

翌朝、もう雨は全く降っておらず、曇り時々晴れといった具合の天気だったので、少しゆっくりしたいしテントなどもしっかり乾かしてから仕舞いたかったので、延長して使えるように手続きし、少しキャンプ場の中をお散歩してみたりしました。
f0043911_1184619.jpgf0043911_119256.jpg
回りには民家も多く見られるような場所で、なーーーーんにもない自然だらけの場所というわけではないこのキャンプ場ですが、裏のハイキングコースに行くと、こんな「まむし注意」の看板が出ていたり、今じゃなかなか見られないいがぐりつきの栗が落ちていたりと、それなりにネイチャー気分を楽しめます。

延長してしまったので、昼ごはんはお土産用にと買った昨日の柚子うどんを茹でて食べ、しばらくぼーーっとしたり読書したりしてから、のんびりお片づけをして無事キャンプは終了~♪
行く前は、2人で大丈夫かしらとか、な~んか暇なんじゃ…とか思ったりしましたが、思いのほか楽しくてよかったわ~~~♡

帰りにまたうどん屋に寄り柚子うどんを買い足して、その後また産直にも寄り、しし唐と初めて見るハヤトウリと言うものを買ってみました。
f0043911_05435.jpgハヤトウリって一体どうやって食べるものやら…とさっそく帰って来てからネットで調べたら、漬物なんかで食べるとおいしいみたい!
6個も入ってて150円だったんですけど、これってすごく安いですよね。
しし唐もこれだけ入って100円で、夫が大のしし唐好きなので喜んで買って帰ったのですが、家に帰ったら実家から野菜が送られてきて、その中に山ほどしし唐が入っていました…。(>_<)
あ~これから一週間はしし唐料理に励まなくてはなりません…。

明日は山ほどたまってる洗濯もし、翌週友人が遊びに来るので部屋も片付け、あ~更に送られてきた野菜を何とかしなければ…。
またまた忙しい一週間になりそうです!!!


こちらのブログ村に参加しています。
2人だけのキャンプもいいんじゃない~って思ってくださった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-05 01:20 | 小さな旅 | Comments(24)

10月のタイ料理教室

あ~~~10月の料理教室だったのにぃ~~~~。
気がついたらもう11月になってました!
時間の経つのが早すぎ、ブログのアップは遅すぎです…。
ホントは10月21日に作ったものなんですが、さあ~いつものように気にせず紹介しまーーーす♪

f0043911_193968.jpgまずは「カオ クルック カピ(カピ風味の混ぜご飯)」です。
カオはご飯、クルックは混ぜるという意味。
クルックが混ぜるというのは語感からなんとな~く覚えやすーーーい♪
みなさま、カピって知ってますか。
タイのシュリンプペーストのことなんですが、これがですね~悪名高き香り!(爆)
まぁいきなり嗅ぐと臭いんです。
しかーーし、トースターで少し焼いたり又は先に炒めたりすると、これがまたかぐわしき香りに変身しちゃうんですよね・。
そのカピを使ったこのご飯、炊きあがったタイ米に炒めたカピとタマネギを混ぜてあるんです。
タイ料理全般が好きな人にはこれはたまらない味と香りだと思います~~~。
そしてトッピングがまたカラフルで可愛い♡
手前に見える豚肉は、戻した干し海老と一緒にシーズニングソースとニンニクで下味をつけたものに小麦粉をはたいて揚げたもの。
いろいろ混ぜ混ぜして食べるのが楽しくておいしいので、お客様の時にもいいですよね~。

f0043911_195617.jpgスープは「ゲーン タオフートード(厚揚げのスープ)」です。
タオフーが豆腐でトードが揚げるという意味ですから、これで厚揚げとなるわけです。
具は厚揚げともやし。
スープにはお酢も入っているのでさっぱりしていてとてもおいしい!
それにしても厚揚げって日本のもののように思っていましたが、意外とタイ料理には使うことが多いんですよね。
例えばタイの有名な屋台フードであるパッタイにも厚揚げが入っているんです。
私普段の食事であまり厚揚げって使うことがないんですけど、これからは実験も兼ねていろいろな料理に使ってみたいな~って思いました。

f0043911_11084.jpgこちらは「ヤム ヘッドガイ(鶏ささみとキノコのヤム)」です。
ヤムとは和え物のこと、へッドがキノコでガイは鶏肉の意味です。
鶏肉はささみ使用でそれにキノコですから、これはカロリーも少なくて良いですね。
地味な色合いのところに赤タマネギが効いてます!
ドレッシングはタイ料理の基本的なドレッシングに近いのかな。
ナムプラーとレモン汁に砂糖の甘酸っぱいものに、ニンニクとプリッキーヌ(タイの小さな辛いと唐辛子)がアクセントとなってます。
4人分のドレッシングにプリッキーヌ5本入ってますからね。
結構辛いけどさっぱりしてておいしいです。

f0043911_1103215.jpgデザートは「柚子茶とオレンジのホットスープ」。
柚子茶とオレンジジュースを煮立たせて暖かくしたものに、きれいに皮を剥いたオレンジを盛り付けてシナモンパウダーをふってます。
オレンジの外側の皮を薄皮ごと包丁で剥くように切って、さらに房ごとに切り分けます。
この房ごとに切ることを「さのおに切る」と言うのだそうです。(懐石料理用語のようです)
またまたひとつ賢くなった私です。(*^_^*)
私もオレンジジュースと混ぜてさっぱりとした柚子茶にシナモンパウダーという組み合わせが絶妙です!
普段デザートを作ることのない私にもこれなら簡単にできますわ。"^_^"

f0043911_1104622.jpgそして今回のワインはこちら。
11月と言えば16日がボジョレー解禁日ですよね。
いつもは、当日そこいら中で売っているボジョレーをなんとな~く買ってきておうちで飲んでた私ですが(去年のはすごくおいしかった!)、今年は例の最強軍団でボジョレーを飲む会に出没しそうな予感です♪


f0043911_110574.jpgワインに合うのよ~~~と言って先生が出してくれたこれ、なんだと思いますか。
さくらんぼみたいな枝の先に実がついているこれ、ケイパーベリーというものです。
ケイパーの果実のピクルスのようなもの。
枝の部分をつまんで食べられるのでなんとなくおしゃれだし、塩漬けと違って塩っ辛くなくておいしいです。
とても気に入ってしまい、紀伊国屋や成城石井で売ってるよ~と教えてもらったので、実はこのタイ料理教室の後に、怒涛の食べ捲りオフ会KIKりん宅であり私はそちらへと向かったのですが、途中成城石井に寄ってこちらをお土産に持って行きました。
話題作りにもなり、みなさんにも気に入っていただけたようでよかったです。


こちらのブログ村に参加しています。
うむむ、カピの香りを嗅いでみたくなった~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-03 01:14 | タイ料理教室 | Comments(12)