2007年5月のタイ料理教室

今月のタイ料理教室はイレギュラーで月の前半にあったのですが、なんだかんだでもう月末。
ギリギリセーフでなんとか月内にご紹介できて良かったわ~。
今月もおいしいものいっぱい作って食べてきましたよ♪

f0043911_1275263.jpg
「ヤム ソムオー(グレープフルーツのヤム)」
ヤムは和えるという意味でサラダの意味でよく使われますね。
ソムオーと言うのはタイのザボンの意味だそうですが、今回使ったのはピンクグレープフルーツ。
サッパリとした柑橘系が良いみたいです。
グレープフルーツの他にも、蒸した鶏胸肉、赤タマネギ、塩もみしたキャベツが入っている、具沢山サラダ。
キャベツが入るサラダというのはよくあるけど、塩もみしているって言うのがちょっとおもしろいでしょ。
確かに生のままだと固くて味が馴染み難いし、でもあんまり塩もみしすぎちゃうとお新香みたいになっちゃうので、軽めに塩もみ、これがポイント!
ドレッシングはプリッキーヌ、パクチーの根、黒粒胡椒をクロックで潰してレモン汁とナムプラー、砂糖を加えて混ぜたもの。
甘酸っぱくて、後からじんわり辛さがやってくる、暑い時期にぴったりのお味。
基本的にサッパリなのでいっぱい食べられちゃうんですが、食べてるうちに汗が出てくる辛さです♪
トッピングのフライドガーリックの風味がこれまたタイらしさをアップさせてます!!!

f0043911_1282477.jpg
「トードマンプラートゥ(タイ風揚げ鯵団子)」
トードは揚げる、マンが丸める、プラーが魚で、プラートゥとなると鯵になります。
鯵は骨を取ってから叩くのですが、今回は先生のお母様(懐石料理の先生です)が担当されたので、それはもうバッチグーな(笑)滑らかな仕上がりです!
このトードマンプラー、初めてタイ料理のお店で食べたときに、そのお団子の中に千切りならぬ糸切りにして加えると言うパイマックルーの使い方に目からウロコだったんですよね。
バイマックルーと言うのはタイ料理には欠かせないハーブで、タイカレーやトムヤムクンにも必ず入っているこぶみかんの葉っぱです。
この香りを嗅いだだけで、タイ~♪な気分になれると言っても過言ではないほど!
私も冷凍庫にバイマックルーを常備していて、カレーやトムヤムクンはもちろん、スープの香り付けなどにも使っていますが、買ってから早1年以上も経っている…。(-_-;)
そろそろ香りが弱まってきているだろうしさすがに買い替え時ですよね。(汗)
そんなバイマックルーが入った、食べるとふんわりと香ってくるこの揚げ団子、とってもおいしいんですよ~。
今回はレッドカレーペーストなども使って味付けしてあり、本当にいくつでも食べられちゃうほどです♡

f0043911_1285295.jpgお好みでスイートチリソースをつけて食べるのですが、このチリソースに使っているスプーン、とっても可愛いでしょ。
ソース類をサーブするときに度々登場するこのスプーン。
色合いと言い、質感と言い、この大きさと言い、そしてもちろんお魚のフォルムがなんとも言えずに好みだわ~。


f0043911_1291142.jpg
「ミーサオ(ベトナム風和え麺)」
ベトナムで麺と言えばフォーですが、今回はフォーよりも太くて平たい麺を使いました。(と言っても具沢山で麺が全く見えませんね~笑)
ベトナムのフォー、タイのセンレックなど、米粉を使った麺ってさっぱりとして好きです。
でもこれらの麺を戻すには少々コツがありまして…。
実は私、よく戻し方もわからず適当に茹でてしまったら、麺がドロドロ、ぐにゃぐにゃになってしまったと言う失敗経験があります。
今回のように和えて使う場合には、フォーなどを沸騰したお湯にさっとくぐらせて水を切り、すぐにオイルを絡めてくっつかないようにしておくのがよいそうです。
さて、今回の具沢山のその具とは、豚しゃぶしゃぶ用お肉、海老、にら(生です)、もやし(こちらもひげ根だけ取った生)、そして上から大葉とピーナッツをたっぷり散らしてあります。

f0043911_1294138.jpg食べる直前にヌクチャムと言うタレをかけてざっくりと全体を混ぜて出来上がり!
ヌクチャムは酢、レモン汁などの酸味とお砂糖の甘み、そしてナムプラーやニンニクの香り、チリソースと生唐辛子の辛味がちょうど良い具合に混ざっています。
食べると結構後から辛さがついてくる、これまた暑いときにぴったりな麺!
生のもやしのしゃきしゃき感もとてもおいしいです。


f0043911_130326.jpg
デザートは「ハイビスカスゼリー」タイではハスカップと言うフルーツを使うことが多いのだそうですが、日本では手に入りにくいので同じような酸味を持つハイビスカスティーを使います。
ハイビスカスの真っ赤な色もとても美しいですよね~。
実は私、昔沖縄に行ったときにこの真っ赤な色に魅かれてハイビスカスティーを買って帰ったのですが、飲んでみたらこの酸味がイマイチ好みではなく、その時は捨ててしまったように思います…。
でもゼリーになるとこの酸味が生きてくるんですね!!
あ~今これを知っていれば捨てられることもなかったのにねぇ…。
そして、ハイビスカスゼリーの上にモコモコっとのっているのは、ちょっと不思議なココナッツ風味のゼリー。
水とココナッツパウダーを温めながら溶かしたものに、お砂糖だけでなくお塩も入れてコーンスターチで固めたものなの。
だから甘いんだけどなんとな~くしょっぱいの。
タイのデザートにはよくあるお味らしいけど、ちょっと不思議な感じですよね。

f0043911_1302777.jpgそして、こちらの真っ赤なプードル。
一体何で出来ていると思いますか?


f0043911_1304323.jpgそう、実はこのレッスンの日は「母の日」だったのです。
このプードルは赤いカーネーションのアレンジなんです!
先生の娘ちゃんのEちゃんからの先生と先生のお母様へのプレゼント!!
あんまり可愛いので写真に撮らせていただきました♪


そして、この日はこの後、ちゃっちゃか食べてじゃんじゃん飲んで、いそいそと代々木で行なわれていたタイフェスティバルに繰り出した私たち
さすがにタイフェスティバルではお腹がいっぱいであまり食べられませんでしたが、食材買ったり屋台を覗いたりして、タイを満喫した一日となりました♪


こちらのブログ村に参加しています。
あら~うちにももてあまし気味のハイビスカスティーがあるからゼリー作ってみようかな~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-29 01:33 | タイ料理教室 | Comments(20)

今の時期だけのお楽しみ、新たまねぎ!
そのまま食べても辛くないから、生で食べるときも水にさらさずすぐに使えるって言うのが時間のないときにはとっても便利だし、熱を加えれば更に甘くなるし、柔らかいので調理時間も短縮できて良いことだらけ!!
そんな新たまねぎだから、ここはひとつシンプルにお料理しちゃいましょう♪

f0043911_1541566.jpg
というわけでただ焼くだけの新たまねぎ焼き
実はこのたまねぎ焼き、飛田和緒さんの「お料理絵日記」の中に書かれているのですが(この本の紹介はこちらにも!)、これを読んでからなんだかずっと気になっていたんです。
だってこれが不思議とタコ焼きの味がするって言うんですよ。
1月27日に「本当に玉ねぎしかなかったら」と言うタイトルの日記に出てくる玉ねぎ焼き。
ご主人が家で飲みなおすと言って夜中に突然友人を連れて帰ってきたのだけれど、本当に本当に何もないときに、苦肉の策で思いついたものなのだそうです。

1月の日記ですからこれは普通のたまねぎを使って作られたのだと思いますが、これを新たまねぎで作ったら甘くておいしいんじゃないかな~って思ったわけです。

f0043911_1572087.jpg作り方はとーっても簡単!
新たまねぎを1~2cmくらいの厚さの輪切りにして、両面に軽く塩胡椒をしてから小麦粉をまぶします。
それを油をひいたフライパンで少し焦げ目が付くまで両面を焼き、器に盛り付けてからかつお節をふりかければ出来上がり♪


中火~弱火でじっくりと焼いたその新たまねぎの甘いこと、甘いこと!!!
塩胡椒はほんのわずかしか使わなかったので、ほんとにこのおいしさはたまねぎの素材からくるもの。
「ワ~オ!これはまさにたこ焼き味♪」ってほどたこ焼き味じゃなかったけど(笑)、確かに粉とたまねぎが合わさった部分とかつお節の風味がたこ焼きを彷彿とさせるかも!

簡単なのにおいしいって言うのが大好きな私(時間をかけて作ったものは基本的においしい決まってるけど、時間をかけないのにおいしいって言うのはすごーく得した気分でしょ♪)にはかなりツボでした。
大体たまねぎって常備してるしね。
あ~一品足りない~~~って時にこれは良いです!!!

そして、このたこ焼き味がおいしかったので、今度はたこ焼き味じゃない新たまねぎ焼きを作ってみたくなった私♪
そーだ!筍の味噌漬けを作るのに買った西京味噌!
この上品な甘みの味噌を塗って焼いたら、新たまねぎが更においしくなるような気がする~~~!

f0043911_1593252.jpgお味噌だけだとちょっと単調な甘さになるかな~と思い、擦りたての花椒をぱらぱら~っとしてみました。
う~ん♪とってもいい香り♡
これをたこ焼き味と同じように小麦粉をまぶしてから焼いてみます。


出来上がりはこちら。
f0043911_202248.jpg
「あらっ?なんだかお味噌が塗ってあるにしては表面が淡白な感じに見えるけど???」と思ったあなた!
観察力がすばらしい!!!
えへへ、実はお味噌は片面に塗ったのですが、お味噌だけにちょっと油断したら表面が焦げ気味になってしまい、あまり美しくないのでその面を下にして盛り付けてしまいました~。(爆)
そうするとあまりにシンプルすぎる見た目なので、ベランダに行ってタイムをちょこっと取ってきてごまかすようにトッピングしてみました。(*^_^*)

お味のほどは…。
西京味噌のお陰で甘さにも深みが出た感じ。
そのままでもおいしいかと思いますが、あまり甘党ではない私には花椒のぴりりとした香りと刺激がたまらない!
これまたたこ焼き味と甲乙つけがたいですね~。

焼き具合をじっくり弱火で焼けばたまねぎがトロトロ気味になるし、中火程度でささっと焼くとしゃきっとした食感も楽しめてこれまたおいしい♪
ただの焼きたまねぎでもいろいろ変化がつけられますね~。

ガラムマサラやコリアンダーのパウダーをまぶしてから焼いて、最後にパプリカを振って飾りつけって言うのもおいしそうだし、ちょっとボリュームアップしたいときには塩胡椒味で焼いてから、片面にチーズと黒胡麻をのせて蓋をして、チーズがとろけたところを頂くって言うのもよいかもしれませんよね~。

こういうアレンジが無限に広がる系って考えるだけでも楽しいです。
みなさんはどんなアイディアで焼きたまねぎ食べてみたいですか~。


こちらのブログ村に参加しています。
すっごい簡単シンプル~♪私もいろんな味で作ってみたくなってきた~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-25 02:01 | 野菜のお料理アイディア | Comments(19)

先週、海を渡ってあの御方様が日本にやって来ました♪
誰って、ある時は怪しいドン・ホゼ、そしてある時はKING、そしてその実態は柏のキモイにーちゃんであるかもしれないという(前振り長いね…(^^ゞ)ハワイのおは♪ちゃんである!
そして、翌日金曜日、KIKちゃん招集の元、ドン・ホゼもとい、KINGもとい、柏のキモイにーちゃんもとい(結構私もしつこいね(^^ゞ)、おは♪ちゃんとその旦那、おーちゃんとのオフ会となったのです。

場所は、新宿三丁目駅近く、そばと海藻には目がないおは♪ちゃんにはぴったりのお店、「へぎそば昆」。
ご存知の方も多いかと思いますが、へぎそばとは布海苔入りのそば。
これが旨いのなんのって~~~。
そしてオフ会でいかに馬鹿らしいことしてたかって~~~。
いろいろお話したいことは山々なんですが、今回は控えさせていただきます…。(沈)

だって私、ブロガーの命とも言うべきデジカメを忘れて行っちゃったんだもの~~~。
写真なしじゃおもしろくないじゃない♪
幸い(?)あっちこっちやまたまたこっちでもその模様が載ってますので、どうぞご覧下さいませ~~~。(←カンペキ人まかせなA型♪)

そして、今回はもうひとつ失態が…。(>_<)
何も言われていないのになぜか勝手に「今回はお土産交換ないんだ~!」と思い込んでいた私…。
海を越えてやってきたおは♪ちゃんにはさすがに持参しましたが(でも少しだけだよ…)、他の方にはまったくの手ぶら。
f0043911_1473569.jpg
そして、帰りはこんなに沢山持って帰ってきました~~~!(-_-;)
これじゃぁ、わらしべどころか持ってけドロボーだよ…。
KIKりん、めぐみくん、マンマさん、ごめんよ~~~。
この埋め合わせはいつかまた絶対にするから待っててくだされ~~~。m(__)m

で、あまりに写真がなくてつまらないので、気を取り直して今回おは♪ちゃんからお土産で頂いたハワイアン・ファブリックも含め、私のコレクションを紹介いたしまーす!(あまりに唐突???)
実は私、布地と言うものがなぜか大好き!
なのでここのところハワイに行くとハワイアン・ファブリック屋さんには絶対に寄り、布地を買ってくるんであーる。
買うときにはもちろん、「これは○○にしたら可愛いよね~」とか「こっちの生地で絶対××作っちゃおう♪」と思うんであるが、一つもものになったものがないんであーる!
だから素のままの布地を見せちゃいます!

f0043911_201950.jpg
こちらは、今回頂いたもの。
オレンジが鮮やか~♪なこの生地は、キャンプの時のテーブルクロスにいいかもよね~。

f0043911_203431.jpg
こちらも頂いたハワイアンキルト柄のもの。
布地の端っこに真ん中とは別に小さめにプリントされているキルト柄の部分を切り取って、他の布に張り付けたりしても可愛いと思わない?

f0043911_204774.jpg
こちらも今回の頂きもの。
大胆な配色と大きな柄はクッションにしたらよさそうだよね~。

f0043911_205853.jpg
これはソファーカバーにしようと思って買ったもの。
結構厚地だし、色合いもとーっても気に入っているの。
出来るのいつになるだろう…。

f0043911_21118.jpg
これは夫の海用ショートパンツを作ってあげようと思って買ったもの。
えぇ、もう何年も、忘れてしまうほど前ですよ~~~。

f0043911_212756.jpg
同じ時に私用にイージーパンツにしようと買ったもの。
えぇ、もちろんいつなのかさえ定かじゃないけど…。

f0043911_214246.jpg
これはこの間行ったときにキャンプのテーブルクロスにしようかなと思って買ったもの。
そろそろキャンプシーズン始まっちゃうね…。(汗)

f0043911_231559.jpg
こちらは何の用途かも考えずにカメ可愛さに買ったもの。
一体何がいいかしら~~~。(と決まったところでそれからが長いけど…)

f0043911_22564.jpg
これにいたっては、前に買ったソファーカバー用とほとんど色合い一緒だし…。

でもいいんです♪
買って時々眺めるのが好きなの!!!!
そして、これであんなの作ろうかな~って思うだけが好きなのよ!!!
なので、長~~~い目で見ていただける方で、この生地にはあんなのがいいんじゃない♪って言うアドバイスがあれば是非是非お待ちしております♪


こちらのブログ村に参加しています。
わぁ~写真ないけど楽しさが伝わってくる~って思った方(ホントにいるのか…)、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-23 02:04 | こんなところに行って来ました | Comments(21)

f0043911_044368.jpg
出た~~~~っ!!!何が出たかってそれは恐れていたカビ…。(-_-;)

ぴかままさん第一回目の天地返しをしたとブログに書かれていたので、なんだか気になってGWの連休前に味噌を見たところ、まさかと思っていたカビ(黒カビでした…)がひとつ、密閉させるように載せたラップとビニールの間に生えてました…。(>_<)
こんな早い時期にカビが生えるなんて、これはやっぱり今年の冬が暖冬だからでしょうか。
だって去年カビを発見したのは6月に入ってからですもの。
1ヶ月以上も前倒し!!!

去年カビを発見したときはあまりに動揺してしまい、あたふたとわけもなく部屋中歩いたりして(と言っても狭い部屋だけどね~汗)、挙句の果てに夜も遅いと言うのに先にカビ対処したあまおう姐さんにメールしてアドバイスを頂き、何とかなったんですよね。
うふふ、でも今年はお味噌作りも2年目♪
だからあわてません。
そのまま蓋をして見ないことにしました…。(爆)
イヤなことは出来るだけ先延ばしにする性格ですから~~~。
それに連休前は仕事もホントに忙しく疲れていたので味噌より休養だったんです…。(^^ゞ

それからながじんさんポメマルさんの所でもカビが出た~~~!と言うので、あ~私だけではなかったのね~とちょっと安心♪(なぜ安心?)
やらなきゃやらなきゃと少々は思いつつ、まだまだそのまま放置しておりました…!!!

そして先日の日曜日、やっぱりそろそろヤバイんじゃないの~と、重い腰を上げて味噌樽を再度覗いてみることにしました!
いざとなるとちょっと恐い…。
見たときから3週間くらい経ってるし、その間真夏日も沢山あったし…。

f0043911_0515552.jpg恐る恐る上蓋をとってみると…。
ありゃ、なんだかぴちっと空気を入れないようにしてくくったはずのビニールの、その端っこのほうがやけに膨らんでませんか?
かなり発酵が進んでいる模様!!!


…あぁ…
もしやカビが自然消滅してないかとかすかな期待を込めて内蓋を取ってみましたが、思っていたよりも悲惨な状態ではなかったけど、たった一つだったカビが5個くらい出来てました…。
やっぱり空気に触れちゃってる部分にカビが出てますね。
今回は普通の大豆味噌の後に仕込んだ黒豆味噌を樽の下に入れ、その上に先に作った大豆味噌を重石代りに乗せて、その上には重しをのせてなかったの。
だからぴちーーーっとならずにその部分がカビてしまったのでしょう。
重石ってカビ防止にもかなり有効なんだな~と失敗から学ぶ私♪
あ~あ!仕方がないからカビとその周りをスプーンですくって取り除き、せっかくなのでちょっと予定よりも早いけどジップロック方式にすることにしました。

ジップロック方式とは(私が勝手にそう呼んでるだけですが…汗)、ジップロックにお味噌を入れて味噌樽の中に積み重ね、時々ジップロックの上からもみもみし、更にジップロックを重ねる順番を変えて即席天地返しをするというもの。
焼酎でしっかり消毒したジップロックに味噌を入れてぴちーーーーーっと空気が入らないようにしておくと、空気が触れる部分がないのでカビ知らずなんですよ~。
去年はこれでカビも出ずに夏を乗り越え、実は出来上がった去年の味噌も冷蔵庫に入りきらないのでジップロックのまま常温に置いていますがそれも全くカビてないんです。

f0043911_054187.jpg
カビを取り除いた味噌を大きなボールに出して、せっかくなのでよーく混ぜます。
ちょっと味見♪と舐めてみると、あらびっくり!!!
去年のこの段階では塩辛くてとてもじゃないけど食べられなかったのに、今年の味噌は結構いい感じにすでに使えそうになってます!!!
これってやはり塩を少なめにしたから??
そして麹を去年より多めにしたから????

f0043911_0541721.jpg
そしてお次は黒豆味噌。
黒っぽいのではっきり言ってカビが生えててもよくわかりません!!!!(爆)
でもこれはしっかりと大豆味噌が重石になっていたため、ラップと味噌の間に空気も入っていなかったから多分カビは生えていないでしょう♪
これもボールに出して混ぜてからジップロック詰めにしました。

f0043911_0543460.jpg
それぞれ約1キロずつ入れて、大豆味噌は全部で6袋、黒豆味噌は3袋できました。
(写真を撮った後に一袋足りないわと思ったら、滑って床に落ちてました…。(汗)破裂してなくてよかった~♪)

f0043911_0545010.jpg
味噌を入れていた樽をキレイに洗いなおして、最初と同じように内側を焼酎スプレーで消毒し、そこにジップロック入り味噌を積み重ねていきました。
9袋ですからね…。
樽の高さを越えちゃいました…。(>_<)
まっ細かいことは気にせずそのまま浮き気味に蓋をして、その上からほこり防止の紙袋をかぶせて、元の場所に戻しまたそのまま眠っていただくことにしました。

多分これで余程のことがない限りはカビも生えずに夏を越えられるはず!!!
気づいたときに天地返しもどきをするのみです。
がんばれ~~~、おいしくなれ~~~!!!!

そうそう、去年のお味噌なんですが、秋を越えて一応出来上がった時にはかなりしょっぱかったひよこ豆味噌
先日久々にお味噌汁に使ってみたらあまりに甘くなっててびっくりしました。
冷蔵庫で保管しててもまだまだ熟成は続いているんですね~。
食べながらそういう変化を感じることができるのも、これまた自家製味噌の醍醐味でしょうか♪


こちらのブログ村に参加しています。
ひぇ~~~い!!やっぱり味噌にカビって生えるんだ~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-23 01:02 | お味噌作り記録 | Comments(12)

2007年筍料理総決算♪

f0043911_2104613.jpg
あ~ホントに今年は筍をよく食べた年でした。
今までは「わざわざ大鍋出して自分で茹でてまでね~、ちょっと面倒よね」って思ってましたが、やっぱり自分で茹でた筍っておいしいんだもん♡
フィノさんのお義父さまが掘ってくださったおいしい京都の筍を送っていただいたことで、これまた拍車がかかり、あれこれお料理に燃えた春でした♪
さて、そんな筍料理の最終回でーす!!

f0043911_2114583.jpg
何はなくともこれははずせないでしょう♪の筍ご飯。
初めて自分で作ってみました。
筍の風味を活かしたかったので、具はシンプルに筍と油揚げのみ。
かつお節と昆布でじっくりとったダシに塩少々とお酒、醤油も少々加えて炊き込みました。
使った筍は根元の部分。
ふ~~~ぅ♪
炊きあがりをお茶碗によそるそばから筍の香りがぷんぷんしてきてたまりません!
比較的薄味だったので夫はちょっと物足りなかったみたいですが、私はこのくらいのほうが風味が活きてて好きだな~。

f0043911_2121287.jpg
姫皮を使って、筍のニラソースがけ。
ニラなんて香りの強い野菜を持ってきちゃうと筍の香りが死んじゃうのでは?と少々思わなくもなかったのですが、いえいえしっかりと筍の香りもしてました。
筍とニラって意外と合いますよ~。
姫皮の柔らかさがなんともいえない~~~!!!
このニラソースは最近のヒットなんですが、簡単に作れて保存も出来て、豆腐にのせたりドレッシング代わりにしたりとかなり役立ち調味料です。

f0043911_2123427.jpg
筍の柚子胡椒ソテー チーズのせ。
これね~お料理としたらすごーくおいしかったんですよ。
筍をオリーブオイルでちょっと焦げ目がつくくらい焼いて、そこに柚子胡椒で味をつけ、お皿に盛りつけてからパルミジャーノ・レッジャーノを削ってトッピングしてその上にディルを飾ってみました。
柚子胡椒は前にポメマルさんから頂いた柚子ペッパーソースと言う液状の調味料を使いました。
この調味料、結構辛くて液体なので味が絡まりやすくてとても使いやすくおいしいんです。
淡白な筍に柚子ペッパーソースの香りと辛味が加わって、そこにまったりとしたチーズでしょ。
とーってもおいしいの。
ただ、柚子の風味が強く出すぎでしまい、筍の風味を楽しむお料理にはならなかったのです。
おいしいんだけどちょっともったいない使い方かな~と思ってしまった!

f0043911_2125549.jpg
柚子胡椒ソテーの翌日に今度は筍の風味を活かせる食べ方をと思い作った筍の酒蒸し。
薄くスライスした筍に強めに塩をしてルクなどの厚手の鍋に並べ、お酒を底にうっすら溜まるくらいかけてから蓋をして蒸したもの。
それだけだとあまりに地味なので、実家で育てたかき菜のお花の柔らかい部分をトッピングして蒸してみました。
あ~これは正に筍の香りがプンプン♪
お酒はそんなに沢山入れてないのですが、筍からも水分が出ていい具合に蒸されています。
これはエグミの少ない京都の筍ならではのおいしい食べ方かも♪

f0043911_2131424.jpg
こちらはsalahiさんチキンと筍のソテー・ハーブ風味
チキンは鶏胸肉使用なのでヘルシー。
パサパサしているイメージの鶏胸肉も粉を付けてから焼く方法にするとしっとりとしておいしいですよね~。
本来はアーティチョークで作るレシピなのだそうですが、アーティチョークと似ている筍で作ってもおいしいということでご紹介されてました。
筍って結構ハーブとの相性がいいですよね。
これは今年いろいろ作ってみて気づいたことです。
鶏肉も筍もゴロゴロって感じでソテーされているので、ボリューム感もあり大満足の一皿です。

f0043911_2133020.jpg
そしてまたまた筍ご飯。
今度は五穀米で炊いた筍ご飯です。
五穀米は自家製♪
と言ってもあるものをその日の気分で混ぜるだけなんですけどね~。
前にばぶをさんのブログでそうやって混ぜているのを見ていいなと思い、それからはちょくちょくその日の気分で三穀米やら四穀米やらにして作っています。
今回の五穀米は、白米、黒米、赤米(mocaちゃんにもらったもの♪)、もちきび、レンズ豆(皮付き)です。
このレンズ豆を入れるというのが味がよく出ていいんですよ~。
いつもはもっと黒米や赤米を多めに入れるんですが、今回は筍を入れるので色が薄めになるように配合しました。
筍の香りは白米で炊いたほうが楽しめるかな~と思いましたが、筍の食感のほかにもそれぞれの穀物のいろいろな食感が楽しめておいしいです。

そして保存食も作ってみました。

f0043911_2135239.jpg
こちらは筍の味噌漬け。
普通に毎日使っている味噌は自家製の結構色が茶色いものなので、今回初めて西京味噌なるものを買ってみました。
f0043911_214913.jpgこの西京味噌を筍に万遍なくいきわたるように塗って、そのままジップロックに入れておくだけ。
3日目くらいから食べてみましたが、意外と淡白なお味なんですよね~。
1週間くらいたったものは西京味噌の甘みが移って筍がとーっても甘くておいしくなってました!
お酒のお供にもご飯のお供にもぴったり!
西京味噌ってちょっと今まで食べてた味噌とは違って料理のイメージが湧いてきますね!
いろいろ漬けてみたりつけて焼いてみたりしてみたーい!!!

f0043911_2142645.jpg
こちらは二度目の筍のオイル漬け。
最初に作ったものは、お酢を少々入れた水で茹でてからオイル漬けにするところ、お酢で煮てしまったのでちょっと酸っぱめの出来上がりになってしまったんです。
これはこれでピクルスみたいでおいしいけど、ちょっとイメージが違った~~~。
なので今回は別な作り方。
アヤナーさん姫皮をトースターで軽く焼いてからオイル漬けにしたらとてもおいしかったと言っていたので、さっそくその方法を真似させてもらうことにしました。
筍の水分を取るために前回はピチットで少し挟んでおいてからオイル漬けにしたけれど、軽く焼くことで水分も逃げていくし、旨味も増すので一石二鳥でしょ。
最初に軽く塩をしてから周りが軽くきつね色になるまで焼いて、焼いたそばからまた塩を強めに振りかけたものをオイル漬けにしました。
筍の穂先の部分だけを集めた贅沢なオイル漬け。
風味もバッチリでこれをつまむだけでワインがいくらでも飲めちゃいそうにおいしいです!

f0043911_2161945.jpg
これが上手く出来上がったら是非作ろうと思っていたパスタに挑戦!
オイル漬けを作りたいんだけど~とbuongustaiaさんに相談したときに、しらすと合わせてパスタにしたら絶対おいしいよね~と盛り上がったので、しらすと筍のぺペロンチーノ風パスタにしました。
あはは~文句なくおいしいです!!!
しらすと筍の香りがふんわりしてきてちょっぴり辛くてオリーブオイルのお味もたまりません!
穂先だけいっぱいもらうことがあったら(ないですね…笑)これをいっぱい作りたいな~。

というわけでずいぶん楽しんだ筍です。
数えてみたら、初回にとても小さな筍を2本買い、その後ちょっと大きめの筍を同じく2本、そしてフィノさんから送ってもらった京都の筍が3キロ(7本)、追加でまた注文した筍が4キロ。
今年全部でこれだけ食べました~~~♪
もちろん今まで生きてきた(かなり長いです!!!)中での最高新記録!
来年も更新すべくがんばるわ~~~。

今年のこれまでの筍三昧の記事はこちらこちらからどうぞ♪


こちらのブログ村に参加しています。
筍料理ってこんなに沢山あるのね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-21 02:20 | 野菜のお料理アイディア | Comments(12)

f0043911_1331362.jpg
先週の日曜日、タイフェスティバル、通称タイフェスに行って来ました。
このタイフェスは、かれこれ10年近く前からタイ大使館主催で行なわれているもので、最初はタイの食材、料理を紹介するためのものだったそうで、その名も「タイフードフェスティバル」と言うものでしたが、一昨年から食べ物以外のものも出店されるようになり名前から「フード」の文字が消え、「タイフェスティバル」となっています。

タイ料理って最近はレストランも増えて割とどこでも食べられるものとなったけど、それでもまだまだ特別なお料理って気がする人も多いですよね~。
なのになのに、このタイフェスに行くと、「どっからこの人たちは集まってきたの~~~」「こんなにタイ料理が好きな人って多かったのかしら…」とびっくりしてしまうほどの人、人、人です。
ちょうど日曜日はタイ料理教室のレッスンの日だったので、終了後にみんなで代々木公園に繰り出したんですが、駅を降りてから公園にたどり着くまでもぞろぞろとすごい人!!!
あっ、でもこの駅から公園入り口までの人垣はタイフェスに行く人ばかりではなかったようで、昔懐かしい「たけのこ族」(お若い方は知りませんよね~笑)みたいに踊っている人とか、コスプレみたいな女の子なんかが沢山いて、外国人の方などは盛んにシャッターを押していました。

やっと入り口にたどり着いたところが冒頭の写真。
いやぁ~ここにたどり着くまでも凄かったけど、中はもっとスゴイ人、人、人!!!

f0043911_1362733.jpgお目当ての食材を扱うブースにたどり着くまでの間に、タイのフルーツを食べさせてくれる屋台に寄り道。
あ~~~でもでもマンゴーは売り切れです…。(-_-;)
まっ最近は普通のスーパーでもタイ産マンゴーを置いているところが増えたのでまっいっかー!


f0043911_1364367.jpgそしてその横ではあのドリアンが~~~。
確かにかなりの大玉ですが、3200円っていうのは高すぎやしませんか?


f0043911_1365920.jpg奥ではおじさんがドリアンを切るのに大忙し!
何しろこの日はとても暑かったので、フルーツ食べたい度が高かったですからね~。


f0043911_1371239.jpgおじさんが切ってくれたドリアンを更に食べやすく切ったものが確か一皿700円くらいで売っています。
さっそくTさんが買ってきて食べさせてもらったら甘くてちょっと青臭くておいしい♡


f0043911_1373489.jpgタイ料理のブースも沢山出ていて、ものすごい行列です。
特に人気店なんかだとどの列がどの料理なのかわからないくらいに列が入り乱れててとんでもないことになってる~~~。
私はその前に料理教室で散々タイ料理を食べたばかりだったのでお腹は減ってないのだけれど、何しろ暑いのでビールを飲みたくて飲みたくて。
クラスタービールが売ってるのを見つけたけど、どう見ても10分以上は並びそうな勢い!
あ~とりあえずあきらめます…。


f0043911_1382146.jpg私たち一行は総勢7名だったのですが、ちょっと目を離すとあっという間に迷子になっちゃうような人ごみ。
目印はTさんの帽子。
ずいぶん助かりました~~~。(笑)


f0043911_1384690.jpgなんとか迷子にならないようにあちこち見て回っていると、おもしろいものを見つけました!
そう、タイ名物のカービング♪
これはスイカに彫ってあるんですね~。
なんて器用なんでしょう♪


f0043911_139567.jpg
じゃーん!!!!
立派でしょ~~~。
色とりどりの彫り物たち!


f0043911_1393019.jpgこのニンジンの象なんてホントによく出来てます♪
大きな象の上にはちゃんと人まで乗ってます!
芸が細かい…。


f0043911_1395037.jpg緑や青の色鮮やかなものは多分お菓子なんじゃないかなと言う橋本先生
先生もカービングの技術を持っていらっしゃるんですよね~。


f0043911_1401374.jpgそしてその横にあったお菓子の野菜。
これ、前にも見たんですがミニチュアサイズだけど色といい形といい、とってもよく出来てるんですよ。
豆の粉で出来たお菓子。
可愛いだけじゃなくて味もおいしいの~~~。(*^_^*)


f0043911_1404858.jpg渋谷側の入り口付近には、タイに行ったことがある人にはおなじみのトゥクトゥク(タイのタクシー)が展示されており、何と販売もされてるんです!
日本の一般道も走れるそうです。
10台あって残り4台って書いてあるから、6台は売れちゃったみたい。
この隣には○○酒店って書かれてあるトゥクトゥクが置いてあったけど、こういう車で配達してたら目立つしお店の宣伝にもなるでしょうね~。
性能についてはなんとも言えませんけどね。(笑)

f0043911_1411722.jpg
そんな激混みのタイフェスでゲットしたのはこちら。
ちょうど前日になくなってしまったナムプラー、干し海老、生春巻きの皮、タイのささげのような野菜です。
ナムプラーは大瓶で200円、春巻きの皮はなんと90円(昨日近所のスーパーで見たら同じタイプで少し小さめのものが298円で売ってました!)、ささげのような野菜は398円が100円にしてくれたので買ってみました。
やっぱりお祭りですから普通に買うよりもお安いですよね~。


f0043911_1414166.jpgさっそくささげのような野菜を使ってお料理♪
どうやらこの野菜の名前は「トゥアファッグヤーオ」というようで、今調べてみたら生でも食べられたみたい!
でも買ったのはちょっとしなびてたので(だから安かったんだけど…)生はイマイチだったかもね。


f0043911_142313.jpgとりあえず細かく切って煮てみることにしました。
粗みじんにしたタマネギとニンニクをたっぷりのオリーブオイルで炒めたところにこのトゥアファッグヤーオを入れて、お水をちょっぴりと塩・胡椒でことこと、ことこと…。


f0043911_1422931.jpg出来上がったらパプリカをちょっとふりかけて、トゥアファッグヤーオのオリーブオイル煮の出来上がり~♪
もうちょっとパサパサとしているのかな~って思ってましたが、とっても柔らかくて予想以上においしかったです。
検索したら何とsalahiさんがこちらのささげを使ったこんなレシピも紹介されてたのね~。
しかも私、しっかりコメントしてるし…。(汗)
ペーストもそろっているし、今度見つけたら是非このsalahiさんのムー・パッ・プリッ・キンに挑戦したいです。

今回買ったものではないけれど、少し前に近所のスーパーでタイフェスティバルと称し、タイのフルーツなどのコーナーが設けられていたんです。
そこで買ったのがこちら。

f0043911_2703.jpg
ヤングココナッツ。
売っているそばに食べ方が書いてあり、読んでみると天辺のところに箸などを挿して中のジュースを出してから殻を割り、皮の内側にくっついているココナッツの身をそぎ落として食べるとあります。
そのそぎ落とした身の食感はタコのようであり、わさび醤油で食べるとおいしいんですって。
とりあえず珍しい食材はスルーできない性格ですから(笑)これは試すしかないでしょう♪

と思ってうちに帰ってその日は食べずにブログを見たら、何とポメマルさんも同じヤングココナッツを買ったと書いてあります!
そう、ポメさんも知らない食べ物に出会うとスルーできない性格ですからね~。(爆)
そして、この殻を割るのがかなり大変で、箸なんか突っ込んだくらいじゃ太刀打ちできないそうで、夜中にどうしても食べてみたくなったポメさんは肉叩き片手に大格闘したんですって~~~。(*^_^*)
ちょうどその少し後にタイ料理教室の予定が入っていた私は、さっそく先生にお勧めの食べ方はないかと聞いてみたところ、身はグリーンカレーに入れてもおいしいとのこと。
これは試してみるしかありませんね~。

f0043911_29929.jpgおそるおそる、大格闘を覚悟して殻を割ることに取り掛かることとしましょう♪
…と思ったら、ちょっと日にちを置いてしまったからかヤングココナッツの上部、特に外側部分は柔らかく、繊維質がボソッと剥けるのでそれを剥いてから天辺に包丁の尖がった部分を刺していると結構簡単に穴が開きました。
そこからジュースを取り出します。
このジュースも意外な使い道があるんですが、こちらの紹介はまた後で♪


さぁ、いよいよ殻を割ります!!!
天辺が意外と柔らかかったので包丁でいけるかも!とあちこち刺してみましたが、下の方はやっぱり固い…。
あんまり深く刺さらないし、刺さってもそれだけで割れるとは思えず…。
仕方がないので包丁のもち手の方でガンガン叩いたりしてみましたが、びくともせずにただ音が鳴り響くばかり…。
うちはマンションなのでこんなことしてたら下の人に大迷惑だよ…。(汗)


f0043911_293381.jpg仕方がないので、ダイビングの機材のメンテ用の道具箱からハンマーを持ち出してきて叩いてみることにしました~♪
結果がこれ。
ちゃんと割れた~~~。(喜)


f0043911_294984.jpgあはは~こんな大きなハンマーです。(^^ゞ
このままガンガン叩くと下に響くので片手にココナッツを持って宙ぶらりんのままガンガン叩いたの。
怪力です…。

そして、普通のグリーンカレーの作り方で、普通にいれる鶏肉、茄子、ピーマンの他、最後にこのココナッツを入れることにしました。


f0043911_2101878.jpg
出来上がったこちらのヤングココナッツ入りゲーンキヨワーン(グリーンカレー)。
一番上に見えてるのがココナッツ。
特に味はないですね~。
食感がちょっとおもしろい感じ。
確かにタコのような食感です。
ちなみにわさび醤油をちょっぴり付けて食べてもみましたが、こちらのほうがタコには似ていたかもしれません。

タイ食材、知っているようでまだまだ知らないものが沢山ありますね~。
みなさんもおもしろいものを見つけたら教えてください♪


こちらのブログ村に参加しています。
タイフェスティバル、ちょっと行ってみたいわね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)
(ちなみに今年もこの代々木公園を皮切りに、タイフェスティバルは全国行脚しまーす!)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-18 02:17 | こんなところに行って来ました | Comments(20)

f0043911_1291534.jpg
先日の土曜日、ロンドンから帰国されているmelocotonさんポメマルさんとオフ会してきました。
melocotonさんと言えば、世界をまたに掛けたビジネス・ウーマンですが、今回は旦那様の出張について日本に来たということで、仕事抜きの全くのオフなんですって。
その旦那様もこの日にまた次の国へ立ってしまったので、ランチでもしましょう♪ということになりました。

待ち合わせは渋谷。
渋谷ってほとんど行くことのない街なので、待ち合わせ場所を決めたものの、何となくわかりにくかったな~と不安になりながらひとり待っている私。
ポメさんと無事合流し「melocotonさんお会いするの初めてだしね~。わかるかな~。携帯に電話してみようか。」なんてポメさんが言っていると、「あの…」とお隣に立っていた方が話しかけてくるではないですか!!!
そう、私が不安になりながら待っていたときからずっと隣にいたその方が、meloさんだったのです♪
あ~よかった~~~♪
会えました~~~♪

よくよく見れば、ブログを通じてお話させていただいたmeloさんのイメージそのものの方ではないですか!
目がくりくり~っとしてて、ハキハキとしゃべる元気な方。
明るいピンクのカットソーとお揃いのリップ、お花が描かれたネイルがとってもキュート♡
早速自己紹介しながらバス停に移動して、そこから渋谷⇔代官山巡回バスでレストランに向かいます。

着いた先は、「ル・プチ・ブドン」と言うフレンチ・レストラン。
ちょうど一年くらい前にタイ料理教室でご一緒させていただいているフランス通のAさんに連れて行ってもらった、ちょっとステキなレストランです。
階段を下りるとワイン蔵風のたたずまいのレストランの入り口が見えてきます。

予約をしていたのでそのまま席に通してもらい(と言ってもちょっと早めの時間だったので私たちが一番乗りで他にお客さんがいなかったのだけど)、座ると恒例の(笑)いきなりお土産交換会~♪
「ホントにいきなり交換会やるんだね~」なんて言ってたmeloさん。
あはは~でも一番初めにお土産出してましたよ~~~。(*^_^*)
飲み物やお料理の注文も忘れ、しばしお土産に注目する私たち…。(^^ゞ

そんなお土産交換も一段落し、ここでやっとメニューを真剣に検討しはじめます!!
ここのランチコースは、コースの品目は違えども夜と同じメニューからオードブルやメインを選ぶことが出来るので、嬉しいといえば嬉しいのですがあまりに種類が多くて悩むんですよ~~~。
確か前回も(ディナーでしたが)迷いに迷って選んだ記憶が…!

さて、ではでは私が選んだものを一挙公開!!!
ちなみにポメさんが選んだメニューはこちらの記事から見ることができます。(レストラン内部の写真もあり雰囲気がわかりやすいですよ~)
ロンドンに戻られたmeloさんが選んだメニューはこちらより見てください。
三人三様でより楽しんでいただけると思います♪

f0043911_1483541.jpg
こちらは飲み物を頼んだときに出てきた小さなパイケースにクリームチーズがのっているもの。
とっても小さくて可愛いいくらはmeloさん曰く多分鱒の卵じゃない?ってこと。
こんなに小さいけれどしっかりといくらの味がして、クリームチーズともとっても合ってました。

f0043911_1374117.jpg
真鯛とサーモンのカルパッチョ スパイス風味 バラに見立てた生ズッキーニとトマトのタルタル添え
カルパッチョに魅かれたのはもちろんのこと、バラに見立てたズッキーニとトマトというのを見てみたかったのですよ~。
薄い薄~いズッキーニの花びらがとてもきれい♪
そういえば去年、moさんのところでズッキーニのカルパッチョなるものを見て、「ズッキーニって生で食べられるのね」とびっくりしたのでした。
真鯛とサーモンはプリッとしていて、ズッキーニはシャキシャキ、キュルキュル、トマトはシャリッとしているという、そんな食感の違いも食べてて楽しい!

f0043911_1411512.jpg
イチョウガニのラヴィオリ 手長海老のカプチーノ仕立て
まあるいラヴィオリがなんとも可愛い♡
イチョウガニって言うのは初めて食べましたが、繊細な感じの身でしたね~。
カプチーノ仕立てのこの滑らかな泡がなんともステキな気分にさせてくれます。
ソースもたっぷりなんだけどそんなにしつこくなかったのも嬉しい♪

f0043911_1492643.jpg
仔羊背肉のロースト ヤギのチーズとプロヴァンス風野菜詰め オリーブのポレンタ添え 
子羊のお肉がヤギのチーズと小さな角切りのお野菜が沢山入ったものたっぷりで覆われていて、外側の皮みたいなのは網脂なのかしら、何となくもう少し薄くてパリッとしたもので包まれて焼かれているんです。
チーズも熱が通っているのでクリームチーズみたいにとろり~んとなってて、それだけだとちょっとクドいかな~ってところをお野菜でちょうど良くまとめてますね。
これがあまりにおいしかったのでオリーブのポレンタはあんまり印象に残ってないわ~。

メインが終わると、チーズのワゴンがテーブル横に運ばれてきます。
チーズは全然わからないけど、形も色も、そして柔らかさも様々なチーズが沢山載ってて、ただただ見つめてしまいます。(笑)

f0043911_1584143.jpg
わからないままに選んでしまいました~。
スプーンにのってるモチモチ~っとしたウォッシュタイプのチーズは、エポワスという名前のmeloさんが一番好きだというお勧めのチーズ。
ものすごく弾力があって、添えられたドライフルーツと一緒に食べるとホントにおいしかった!

f0043911_223414.jpgそしてお楽しみのデザート♪
ここはデザートがとっても充実しているのですよ~。
こんなワゴンに沢山載ってくるんですもの、ホントに目移りしてしまいなかなか決められないのです。
ワゴンに載っているもの以外にもシャーベットもあって、全部で3品選ぶことができます。


f0043911_224723.jpg
ここまででかなりお腹がいっぱいになってますが、しっかり3品選びました~♪
手前の三色のケーキはオペラ。
一番下の層のサクサク感と一番上のピスタチオの香りがおいしい!
奥に見えるのはグレープフルーツとワインのジュレ。
ジュレはとっても柔らかいフルフル感で甘すぎないところが気に入りました。
横に載っているのはなんとチーズのシャーベット。
ちゃんとチーズの香りがするんだけど、シャーベットだからとてもさっぱりしているの。
これは初めて食べるお味です!!

あ~大満足♪
食べて食べてしゃべっていたら、あっという間に3時を過ぎており、お客さんもみんな帰ってしまっていたのにびっくり!
一番最初に来たのに一番最後までいてしまいました…。(汗)

帰りはブラブラと代官山の駅までお散歩♪
建物も街並みもきれいなので、歩いていてもとても楽しい!
レストランでもあんなにしゃべっていたのにまだまだ話は尽きない私たちでしたが、のんびり歩きながらも駅に着いてしまったのでここでお別れ。
貴重な日本での半日を一緒に過ごせてよかったです。

今回のレストランですが、流行の懐石風フレンチではなく、けっこうしっかりとした重めのクラシックなフランス料理のお店です。
夜のコースで「ちょっと量が多いわ…」って時には、スモールポーションがあるので単品で頼んでメインをスモールポーションにするなんてこともできますよ~。
デザートもワゴンから選ぶことができるのでとーっても充実、どっしりとしたお味です。
近頃のフレンチはさっぱりしすぎててね…って方にもお勧めのレストランです。

f0043911_2261653.jpg
そして、恒例の「いきなりお土産交換」で頂いたお土産。
meloさんからは、大好きなひよこ豆の挽き割りタイプ、こっちで普通に売っているのとは見かけからして全然違う高級そうなレンズ豆、そしてあのブログにもたびたび登場するおいしいスモークドパプリカもあります。
ポメさんからは、やはりブログで紹介されてた打ち豆や巻けばそのまま具入りおにぎりになる海苔。
そして冷蔵庫に入れてしまい写すの忘れちゃいましたが、手作りのレバーパテや蕗の葉の佃煮もいただきました。

f0043911_2263849.jpg
昨晩、meloさんから頂いたレンズ豆と豚スペアリブの煮込みを作ってみました。
f0043911_228219.jpgこちらがそのレンズ豆なんですが、なんとも言えないステキな色と模様でしょ♪
大きさはいつも使っているレンズ豆よりも小さく、煮込んでみたらいつものレンズ豆より味と食感がしっかりしていました。
皮もあんまりぽろぽろしてなくて、しっかりと密着してる感じ。
ホントにとてもおいしいお豆です。

f0043911_228471.jpg
こちらはポメさんから頂いた豊島屋の小鳩豆楽と言う、空豆の粉で出来た落雁。
一袋にこんなに可愛らしい鳩が6匹入ってます。
とても滑らかで豆の香りがふんわりしてすごーく気に入ってしまいました。
豊島屋と言えば鳩サブレしか知りませんでしたが、こんなお菓子もあるんですね。
今度そちら方面に行ったときには是非買って帰ろうと思います。


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ~ステキなレストランでおいしいもの食べてまたまた楽しい時間を過ごしたのね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 グルメブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-16 02:34 | こんなところに行って来ました | Comments(18)

2007年4月に読んだ本

先月はなにやら毎日仕事が忙しくてお疲れ気味で、全然本が読めませんでした…。
大体私の読書時間というのは通勤時間(帰り限定!)なんですが、なんだか眠くて眠くてちょっと読んではうとうと…。
気づいたときにはどこまで読んだか忘れちゃうって感じでした。(汗)


f0043911_0571532.jpg
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」 北尾トロ


帯の「面白すぎ!」って言葉と、「裁判員制度前に必読!」って文字に魅かれて買ってしまった本。
杉並北尾堂」というネット古本屋を営む作者の裁判傍聴記。
裁判を傍聴しはじめて2年、月に4,5日は裁判所に通っているのだそうだ。

小さな名もない事件から、音羽幼児殺害事件のようなかなり話題になった事件まで、様々な裁判を傍聴していて、特に音羽~のような私にも被告に対してある程度の知識がある事件などは、「へぇ~実際の犯人ってこんな面を持った人なんだ~」と思ったりしてワイドショー的な面白さがある。
そんな大きな事件ではないものの裁判を見た感想も、結構おもしろかったり(大体おもしろいと思ってしまっていいのかどうかは疑問だけど…)ほっほーと思わせるものもあるにはあるのだけれど、最後の方は飽食気味と言うか、ちょっと飽きちゃったな~という感じの本でした。
特にテーマを設けて傍聴しているわけではなく、ただ傍聴記としておもしろおかしくみんなに伝えたかったのかな。
それにしてはあんまり面白くないものもあるし、イマイチかも。
解説が角田光代さんだったので良いかしらって思ったんですけどね。
まっその辺にあれば読んでもいいけど、わざわざ買うほどの本ではなかったです。


f0043911_1281092.jpg
「東京物語」 奥田英朗


80年代の東京が舞台の青春グラフィティ。
1978年に大学入学と同時に東京に出てきた主人公が、その後就職し、あのバブルの時期をブイブイ言わせながら過ごす物語。
その物語の中にこれでもかってほど実際にあった事件が盛り込まれているのが、ほぼ同時期に青春時代をすごした私にとっては滅茶苦茶懐かしい。
キャンディーズの解散やジョン・レノン殺害事件、ウォークマン、YMO、礼宮様と紀子様の婚約、有楽町マリオン。
そんなことあったよね~とあの頃を知ってる人だったら誰もが思うキーワードが盛りだくさん。

特に感動することはないけれど、これを是非訴えたかったという小説でもないけれど、するするととても読みやすく私はこういう小説って結構好きかも。
後半の、正にバブル期にこういう人いたよな~って言う、主人公の取引先の郷田と言う人の寂しさやバブルでおかしくなっている金銭感覚とそんな中に身を置いていることですり減らしている神経、そしてベルリンの壁の崩壊のニュースを見る主人公達の冷静さや寂しさが描かれているのが、軽いんだけど最後にしんみりさせる感じでよかったです。
奥田英朗は初めて読んだけど、他のものもちょっと読んでみたいわ~。


こちらのブログ村に参加しています。
私もバブルの頃にブイブイいって青春を過ごしたわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)
(ちなみに私はなぜかバブルに乗り遅れた某自動車メーカーに就職してしまったためにブイブイ言えませんでした…笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-14 02:10 | 楽子の本棚 | Comments(2)

2007年4月のタイ料理教室

もうGWも終わり、どっぷりと5月になってますが、先月4月のタイ料理教室でのお料理をご紹介しちゃいます!
春を感じる素材と色のお料理が今月も4品♪

f0043911_1343886.jpg
「ベトナム風高野豆腐のサラダ」
エスニックに高野豆腐っていうのがとてもおもしろいな~と思いませんか?
高野豆腐をサラダでなんて味わったことがなかったけど、とっても優しいお味でした。
今回教わった高野豆腐のおいしい戻し方。
高野豆腐をボールに入れて熱湯をかけて重石代わりの蓋をし、1分ほど置いたら水の入ったボールに入れて水の中で手の平を使ってかるく絞るのを、水を2回ほど変えて繰り返すのです。
高野豆腐とあわせているのは今回はニンジン。
青パパイヤで作ってもおいしいのだそうです。
ドレッシングはレモン汁、砂糖、ナムプラーに加えて粗みじんの唐辛子が入っていますが、唐辛子の量はそんなに多くないのであまり辛くない甘酸っぱいドレッシング。
花わさびをトッピングすると春らしさが増しますね~。

f0043911_1355084.jpg
「ゲーン ノーマイ(タイ風たけのこのスープ)」
ゲーンは汁物、ノーマイがたけのこです。
たけのこはよくレッドカレーなんかに入っていたりするし、タイ料理でも使いますね。
私のブログの記事を見ていただいていた先生から、「筍好きでしょ~~~。今日は筍使う料理があるからね。」と言われました。(*^_^*)
筍と一緒に入っているのは鶏ひき肉を黒胡椒とパクチーの根っこ、シーズニングソースで味付けたお団子。
こちらにも花わさびが入っていますが、にらや万能ネギでも良いそうです。
ささっと出来ておいしい一品。

f0043911_1374719.jpg
「パットプラープリアオワン(白身魚の甘酢炒め)」
パットが炒める、プラーが魚、プリアオですっぱい、ワンが甘いという意味。
今回使っているお魚は鯛。
その切り身を一口大に切って天ぷら粉をつけて揚げてから甘酢ダレに絡めます。
白身魚を揚げるときは天ぷら粉だけど、鯖などの青魚を揚げるときには片栗粉だけでパリッとさせるのがいいんじゃないかな~ということでした。
パプリカやピーマンなど色とりどりの野菜がキレイです。

f0043911_1451422.jpg
デザートは「ココナッツヨーグルトとスイートバジルシード」
久々に登場のスイートバジルシード♪
カエルの卵みたいなのがあのバジルの種なんですよ~。
水に漬けておくとこんな風になっちゃうの。(詳しくはこちらの記事を見てね)
プチプチとした食感が楽しいです。
あわせてあるのがココナッツとヨーグルトを混ぜて温めたものなので、ただのココナッツミルクよりもさっぱりといただけます。
メープルシロップで甘みをつけてあるので、その香りも楽しめます。
f0043911_1404970.jpgそして、トッピングしてあるのがこちらの手作りグラノラ。
先生のお友達のアメリカ料理研究家の方が作られたそうなんですが、程好い甘さでナッツやドライフルーツがゴロゴロ~っと大きいまま沢山混ざっていて、とてもおいしかったです。


f0043911_142164.jpg今回のワインはこちら。

f0043911_1423936.jpgこのスパークリングワインとマンゴージュースをあわせてカクテルにしていただきました。
このマンゴージュースがとっても濃いネクターみたいでとてもおいしかったです。
そういえば、ブラジルのオレンジが燃料に使われるようになり不足気味だとかで、オレンジをはじめとする100%のフルーツジュースが軒並み値上げしているんですってね。
こちらのマンゴージュースは大丈夫かな~。



f0043911_1431295.jpgそして、「今日はおもしろいお菓子があるから食べてってね」と先生が出してこられたのがこちら。
なんですか~~~、これは!
折りたたんである不織布のようなもの。
食べ物のようには見えないのですが…。(笑)


f0043911_1433666.jpgそして広げるとこんなに大きい!!!
何でもお仕事で一緒になったタイ人の方が食べてみてと言って出してくれたらしく、一緒にいたほかのタイ人の方も見たことないって言ってたそうです。
そのほんの一部の地方(どこだったか忘れてしまいました。イサーン地方だったかな?)だけでしか食べられてないお菓子なんじゃないかってことです。


f0043911_1435538.jpgこれをなんとなくほぐして食べるようなんですが、見た目が飴菓子みたいですよね。
味は甘いのですが、なんとなく食感が昔駄菓子屋さんにあった繊維質のイカの甘いお菓子みたい!
先生曰く、多分小麦粉を使って作っているんじゃないかな~ってこと。
うむむ、これはかなりのインパクトがあるお菓子です。
ケーキなどに使われる飴細工の代わりに使っても良さそうですよね。
だけどこの大きさ、一体食べつくすのにどれくらいかかるのかしら…。(爆)
こんな大きなものをどうやって焼くのか、作る工程を見てみたいものです。


こちらのブログ村に参加しています。
今月もおいしくてしかもおもしろいものいっぱい食べたのね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-11 01:49 | タイ料理教室 | Comments(14)

今日はホントに暑かったですね~。
一体何度まで気温が上がったのでしょう!
先日の沖縄よりもずーーーーっと暑かったです。(^^ゞ

こんな日は絶好のBBQ日和♪
KIKりんからのお誘いを受けて、河原でBBQしてきました!
f0043911_11960.jpg
集まったのは、KIKりんとおとーちゃん、KIKりんのうちにお泊りで遊びに来ているほげちゃん&リリカル夫妻テルテルマンマさんおらこさんぴんうさちゃんと旦那様と娘ちゃん、はあこさんと息子ちゃん、ポメマルさん、KIKりん夫婦のお友達ご夫婦、KIKりん夫妻行きつけのバーのイケメン3名ととーってもにぎやかです。
事前に前菜1品と焼きもの1品を持ってきてねとメールが来ていたので、みんなそれぞれおいしいものを持ってやってきました。

12時に河原の最寄駅に集合だったんですが、今日は私はちょっと遅刻…!(>_<)
と言っても寝坊ではないですよ~~~。(笑)
実は前日に「そろそろ筍が出なくなってきたので明日着で送りましょうか?」と京都のフィノさんから連絡を頂き、午前中着の宅急便で筍が届くことになっていたのです。
f0043911_113556.jpg筍が届くとなればそちらを最優先!
だってみんなで焼き筍を食べたいじゃないですか~~~。
先日初めて丸ごと焼きを食べてそのあまりのおいしさに感動してしまったので、BBQであればホイルに包んで炭の中に入れてじっくり焼いて食べられるじゃない♪
そして、予定通り午前中、しかも9時台に荷物が届いてくれたので、さっそく持っていく分を取り除き、残りを茹でてからうちを出たのです。
そんなわけでちょっと遅刻しちゃったんですよね~。

駅に着くと先に着いてたマンマさんとおらこさんが迎えに来てくれて、そこから歩いて10分くらいの河原までてくてく歩いて行きました。
ちょっと暑かったけどお散歩するにはちょうどよい距離。
河原に着くと、私たちのグループの他にも沢山の人たちがいてびっくり!
私たちのチームKIKは焼き係りのおとーちゃんが既にスタンバッていろいろ焼いてくれていて、着いていきなりポメさんが作ってきた焼き鳥をいただきました!
暑かったのにビール飲むのは待ってたよ~なんて言ってくれて感謝感激~♪

その後はジャンジャンいろいろなものが出てきます!
お料理オンパレードのはじまり、はじまり~~~♪

f0043911_12173.jpg焼き空豆
そう、これも私は今年目覚めてしまった空豆の食べ方
豆がホクホクとして味も濃くておいしいんだよね~。
(空豆を誰が提供してくれたのかもわからず食べてました!持ってきてくれた方、ごちそうさま~♪)


f0043911_133461.jpgマンマさんのお父さんが作られたタマネギの丸ごと焼き
焼きすぎて下のほうが焦げてます…。(笑)
でもタマネギがトロトロで甘くておいしいよ~~~。


f0043911_185343.jpg島らっきょうの塩漬け
これは沖縄の掘りたての島らっきょうをもらってきたものです。
外側の皮を剥いて根っこの部分を切って洗ってから、ただ塩に漬けただけ。
すごく臭いんですが、ちょっと辛いんですが、これにかつお節をた~っぷりかけて食べると、飲兵衛にはたまらないつまみなんですよ。
なぜか飲兵衛じゃないマンマさんがおいしい、おいしいって言ってました!(爆)


f0043911_19993.jpg島らっきょう、掘りたてはこんな感じです。
(手前の土がいっぱいついているのがそうです)


f0043911_1133322.jpgぴんうさちゃんのするめいか
これがまた辛くてとっても後を引くおいしさなんです。
おつまみ用のするめいかを胡麻油で炒めてから味付けしたのですって。
するめいかを炒めるなんて私なんて思いも付かないから、こんな風に料理するとおいしいんだ~って言うのがわかるのも、持ち寄りオフ会の醍醐味ですね~。


f0043911_1161786.jpgマンマさんが阿佐ヶ谷のおいしいお肉屋さんで買ってきたソーセージ
チョリソーもスパイス入りのソーセージも皮がパリパリしていてホントにおいしい!
とてもこんなにおいしいソーセージを作っているとは思えないさえないおっちゃんが作っているらしいです。(笑)
はじめ人間ギャートルズに出てくるみたいな骨付き肉も売っているんだって~~~。


f0043911_1201141.jpgこちらは豚トロ
あ~見ているだけで柔らかくておいしそう~♪
ひたすら焼いてくれてるおとーちゃん、ありがと~♪


f0043911_1202420.jpg豚トロ焼き上がりました!
いやぁ~ホントにトロットロよ~~~。
豚って甘くて最高~♪
牛よりも鶏よりもなんてったって豚だよね~とやたらと盛り上がる私たち!
すごーくおいしかったのですが、このお肉はどなたの提供だったのでしょう?(食べるだけ食べててごめんなさい(>_<))


f0043911_124216.jpgそして丸ごと焼き筍
炭火は火力が強いので、オーブンで焼くよりも短時間で焼き上がりました!
あちあち~と言いながらざっくり切って、みんなで少しずつ食べました。
姫皮をしごいて食べるのもおいしいよ~とすすめて、皮をしゃぶってるみんなの姿はきっと周りから見たら「あの人たち何?」って感じだったかも~~~。(笑)
でもこんな食べ方を出来るのも京都の筍ならではですからね。
フィノさん、みんなにも大好評でした。
ありがとうございました~♪


f0043911_1281782.jpgおらこさんのスペアリブ
この味付けが甘辛くておいしかった~!
一度圧力鍋で熱を通したスペアリブにコチジャンやシーズニングソースなどを混ぜたものに漬けておいたもの。
この甘みははちみつ?と思ったら、何とアップルジェリーなんですって。
へーーーっ、アップルジェリーってこんな風に使うことも出来るんだ~~~。
またまた目からウロコのオフ会やってよかった~と思う瞬間!


f0043911_1533881.jpgぴんうさちゃんの秋刀魚
これがまた優しいお味なんですよ~。
一体何の味??と言ってたら、誰かが「さっきとろろ昆布みたいなのが巻いてあったよ」と言うではないですか。
ぴんうさちゃんに聞くと、とろろ昆布で包んで何とか醤油(忘れてしまいました…汗)に漬けておいた秋刀魚だそうです。
私は残ったものまで全部お持ち帰りさせてもらいました~♪


あ~その他にも沢山あったのよ。
KIKりんの定番オリーブのマリネとか(うちの夫はKIKりんのオリーブと呼んでいる!)、ポメさんの柚子入りお稲荷さんとか、ぴんうさちゃんの自家製酵母のパンとか、KIKりんが買ってきてくれたおいしいパン屋さんのパンとか、マンマさんのお父さんのキャベツとか、おらこさんのサーモンのマリネとか、はあこさんの嬉しいフルーツ盛りだくさんとか~~~。
もちろん全部食べました!!!

遅れてきたくせに最初から最後まで食べ捲り飲み捲り、大満足の私でした!
KIKりん、おとーちゃんありがとね~。
そしてみなさま、おいしいものをいただきましてありがとうございました!!!
そのままKIKりん家の二次会になだれ込みたかった私ですが、本日はうちで茹だっている筍の処理のために行けず残念!
ほげちゃん&リリカル夫妻とももっといっぱい話したかったわ~。
後でブログにお邪魔しなくちゃ♪


こちらのブログ村に参加しています。
これだけ集まったらにぎやかでおいしいものもいっぱいで楽しそうね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-05-05 01:56 | こんなところに行って来ました | Comments(42)