2016年の終わりに

f0043911_00443511.jpg
今年も終わってしまいますね…。

口では「今年も終わりね」なんて言いつつも、今年も30日まで仕事の私は、なんだかあと数日で2016年が終わってしまうと言う実感が本当に沸かずにいましたが、いよいよ今日、いろいろな食材を抱えて実家に移動する段になり、やっと年の瀬気分を感じています。

f0043911_00470596.jpg
毎年毎年、早い、早いと言っていますが、本当に今年も早かった!
年々、時間の流れを早く感じるというのは、自分がどんどん年をとっていくからで、本当に「あっ」とか言っている間に一年が過ぎてしまうことに焦りさえ感じていたここ数年ですが、時の流れの早さは変らないとしても、そういうことに慣れてきたというか、そんな早さの中でも少しずつ自分を満足させていく術のかけらをつかんだような、そんな気がしています。

f0043911_00492175.jpg
だからここ数年の中では、少しだけ充実感がある!
まぁね、充実するほど何かをしたというよりは、今の状況に慣れてきたというほうが正しいかもしれません。
なーんか、自分の中でいろんなことがしっくりとしてきたの。
なんでしょうね、この違いは。

f0043911_00495943.jpg
今年よかったことの一つは、金継ぎ始めたことかな~。
ずっと気になっていたことを新たに始められたというのがまず嬉しくて、そしてそれに思っていた以上にのめりこんでいるような、そんな感じ。
なんでも新しいことを覚えるというのは楽しいですしね。

f0043911_00463508.jpg
それから年末近くなってからですが、インスタもはじめた!
これはこれでまた楽しい♪
そちらでも一つの個性を作れたらいいな~なんて思ってる♪

f0043911_00512864.jpg
仕事もなかなかに充実感があった!
春に忙しいチームに異動になり、なんだかな~なときもあったのだけど、ひとつひとつコツコツやってたら、いろんなことが解決してきて、最近は余裕過ぎて怖いくらい。(笑)

f0043911_00502467.jpg
上を見たらきりがないし、下を見たらなんとなく哀しくなる。
だからね、マイペースを保ちつつ、まっすぐ前だけを見てとは思わないけど、きょろきょろしながらも顔の角度をまっすぐに保ちつつ進んで行けたらな~と思います。

f0043911_00494414.jpg
今年一年、仲良くしてくれた人、ありがとう♪
今年一年、こちらのブログにたどり着いてくれた人、ありがとう♪

あと少しの時間を残すのみだけど、みなさまにとって残りの2016年が充実しますように♪

ではまた年明けにお会いしましょう♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
2016年、なかなか良い年だったよねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-31 12:00 | Comments(2)

約2ヶ月ほど前…。

あるお友達が念願のカフェをオープンしました。

f0043911_00083920.jpg
そのお友達とはかれこれ10年くらいのお付き合い。
まだその頃、私は結婚したてで(えぇ、晩婚でしたので・笑)、それまでまったく料理などしなかったのだけれど、結婚して必要に迫られ料理と言うものをやってみたところ、これが結構楽しくて。
あれこれいろんなものを作ってみたくなり、そして作り、cookpadに登録し、そこに作った料理などを載せたりしていたあの頃。
そんな中で出会った中のひとりがおらこちゃん。

cookpadでのやりとりが楽しく、そのうちリアルに会うようになり、それから時代はcookpadからブログに移り、そしていろんな経緯を経て今に至る…。
元々はイタリアンのシェフだったらおらこちゃんは、自分のカフェを持ちたいとずっと言っていて、そしてこのたびその夢をかなえて開いたのがamica。
イタリア語で「女友達」と言う意味だそうです。

プレオープン時には私は都合がつかず伺えず、オープンしてから一ヶ月と少し経った今月の初めにやっと行くことが出来ました!!
そこに集まったamicaたちは、店主のおらこちゃん、マンマさん、KIKちゃん、あにゃーちゃん、そして私。
みんなcookpad時代からの友人。

平日夜だったので、みんな仕事を終えて、それぞれにamicaに集合。
実はこの日はおらこちゃんに用事があり昼間はカフェを閉めていたのだけれど、無理やり開いてもらうという、なんともずうずうしいamicaたち。
そして、みんなで飲んで食べて楽しもうと言うのに、店主おらこちゃんにお料理を作ってもらい、出してもらうという、またまたずうずうしいamicaたちです。

まずは乾杯♪

f0043911_00100372.jpg
そして、たくさん食べてねと出てきたのが、カフェの「おかずいっぱいワンプレートごはん」。
多分ランチメニューのそれを、ちゃんと呑み助用にアレンジしてくれてます。
一番手前のピンク色のがリクエストして作ってもらった生ハムのパテ。
みんなで持ち寄りパーティーをよくやってた頃に、いつもおらこちゃんが作って持ってきてくれた大人気のパテ。
生クリームとバターがしっかり効いてて、ホントに久しぶりに頂きましたが、懐かしい優しい味。

そしてやっぱり生ハムのパテと言えばのあの逸話が誰彼ともなく出てくる…。
「えーっ、生ハム100%のパテ!!すごい!!おいしい!!」と言ったおは♪ちゃん。
注)おは♪ちゃんより、「言ったの、私じゃないよ、おーだよ!」とのご指摘が…。
失礼しました!生ハム100%話はおーちゃんでした~。
「あのね、日本じゃ特に生ハム高いからっ!!これ全部生ハムで作ったらとんでもないコストだから!!」ってみんなで笑ったあの頃。(笑)
いやー蘇るわー。

お隣のポテサラもとってもおいしくて、そしてそのまた奥のヒヨコマメのピクルスみたいなのが絶品!!
やっぱりどれもこれもおいしいねー。

f0043911_00105772.jpg
もう今日はじゃんじゃん食べてねとまたまた出てきたのは、ブロッコリーとカリフラワーのサラダ。
タマネギのドレッシングがこれまたとっても旨い!!

f0043911_00114447.jpg
「ちょうど仕込んだからチリコンカンも食べる?」って、そりゃー頂きますとも!!
ビールが異様に進みます!!(爆)

f0043911_00121453.jpg
そしてパテのお供にパンもね。

f0043911_00123637.jpg
こちらはケーク・サレ。
お味はもちろん、まんまるのソーセージの断面がプリティー。
おらこちゃんのamicaは、西武線の花小金井にあるのだけれど、おらこちゃん曰く「近所の人がよく来てくれたりするんだけど、まだこの辺りだとケーク・サレ知らない人もいるのよー。ここにケーク・サレ根付かせるからね!!」と。
うん、根付かせて、根付かせて。
ケーク・サレってお菓子として食べてもいいし、食事としていただいてもいいじゃない。
こうしたカフェにはぴったりだよね。

f0043911_00131158.jpg
そして、キーマカレーも食べてって~~~と、人気のランチメニューも頂きました。
パクチーは別のせ。
せっかく別のせにするからにはケチりたくないからうちではたっぷり出すんだ!の一言に、わーい♪と喜ぶ私の対面では、アンチ・パクチー派のKIKちゃんが「今年の一皿がパクチーってどーいうこと?」と。(笑)
いや~、このキーマカレーもめちゃくちゃおいしいね!!
お腹がはちきれそうだったのにペロッと頂いてしまいました。

そして飲まない組はニコニコと頂き、呑み助組はお土産にもらったパウンドケーキ。
これがしっとりとしておいしいのよ。
バターナッツかぼちゃのケーキとバナナのケーキ。

ケーキの他にもまんまるタルトと言うのがありまして、これがまたビジュアルも可愛くて、タルト生地がサクサクで、そんじょそこらのカフェにはこんなのないよ!!
って、その割りに写真がないんですけど…。(笑)

カフェってコーヒーとか飲むだけじゃなくて、ちょっと一息入れたいとか、気分転換したいとか、ゆったりとした気分に浸りたいとか、そういう目的をもって入ったりするところだと思うのだけれど、amicaいいです!!
そういうゆったり出来る雰囲気だけでも良いのに、こんなに手作りのおいしいものであふれているのですから~~~。

また次回の集まりも無理やりここを使わせてもらう約束をし、amicaたちは別れて家路に向かいました。
ケーク・サレ、まんまるタルト、生ハムのパテのお土産つきで!!
みんなみんな、そしておらこちゃん、ありがとう。
夢をかなえたおらこちゃんのamicaでいられることを嬉しく思います。

なーんかね、ほんとに良かった。
いろんな意味で元気をもらったし、私も何か出来るかなって思ったり。
ネットから始まったお付き合いで、おらこちゃんには奈良のうちにも遊びに来てもらったりもしたよね。
最初は何の接点もない、ただの知らない人だった私たち(笑)なのに、あれから早10年以上。
これからもamicaとして、いろいろ食べたり飲んだりしゃべったり、元気をもらったり、時には慰めてもらうこともあるかもしれないね。
どうぞ引き続き、よろしくおねがいいたします。

amica
東京都小平市花小金井南町1-19-27 
ブログ http://amica-cafe.jugem.jp/
インスタ https://www.instagram.com/amica_cafe/

インスタグラムにタルトの写真がいっぱいのってます!
営業時間やメニューの変更等も毎日のってます。
ほんとにおいしくて店主の人柄もよい。(笑)
お近くの方は是非♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
わぁ~素敵なカフェ、素敵なamicaね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ

[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-30 00:18 | こんなところに行って来ました | Comments(2)

2016年12月のタイ料理教室

f0043911_13141018.jpg
今年最後のタイ料理教室。
12月のお教室は毎年、一年を振り返りつつ、みんなで一つ鍋をつつく、そんなメニュー。

f0043911_13143853.jpg
トムヤム鍋。

今年の鍋はトムヤム味!!

有頭海老の頭と殻を剥き、背綿を取り、鍋で海老の殻を炒めて水、海老の頭、ラークパクチー(パクチーの根)、薄切りにしたカー(タイの生姜みたいな野菜)、叩いて斜めに切ったタクライ(レモングラス)、葉脈を取ったバイマックルー(こぶみかんの葉)、軽く叩いたプリッキーヌ(タイの小さくて辛い唐辛子)を入れて火にかけ、香りを出し、ナムプリックパオ、ナムプラー、シーズニングソース、タマリンドジュースを加えて鍋の下地の出来上がり。

そこに加えるものは…

f0043911_13151395.jpg
海老、牡蠣、鶏肉、ルークチン(肉団子)、ルークチンプラー(魚のすり身団子)。
海老が特大!!
年末になるとこういう良い海老が出るわよね~、贅沢でいいわよね~などと思う。
ちょっとした特別感。
ルークチン、ルークチンプラーからもだしが出て、これはおいしい鍋になること必須!

f0043911_13153059.jpg
ワンタン、プチトマト、しめじ、エノキ、カリフラワー、パクチー。
ワンタンはちょちょいと豚挽肉を包んで。
そんなに難しくないんだよね。
なかなか家ではしないのだけれど…。(汗)
プチトマトが鍋のアクセントになりきれい♪
もちろんパクチーも。
毒消し重要なお年頃。(笑)

f0043911_13155346.jpg
そして野菜た~っぷり!
セロリ、白菜、春菊。
もうお皿に乗り切らないくらい!

これらを入れて、鍋奉行橋本先生が「はい、もうこれ食べられるよ~、どうぞ~♪」と器にどんどんよそってくれます。
なんと言う幸せ♪
具材の種類が多く、本当にいろんな旨味が溶け込んだ、豪華トムヤム鍋。

写真撮り忘れたけれど、〆はここにご飯とチーズを入れました。
どうぞお味は想像してみて~~~。
うふふ、お腹一杯でもいっぱい食べたよ。

ここまで多くの種類はそろえられなくとも、トムヤム味にするのに必要な調味料等は揃っているので、この冬、絶対にうちでも何度もやろう♪♪

f0043911_13161984.jpg
カイヤオマー ガパオ グロップ(ピータンとがパオのカリカリ)。
カイは卵で、カイヤオマーでピータン、ガバオはタイのバジル、グロップはカリカリの意味。

ピータンは四等分に切り、片栗粉を塗して揚げ、水に通したガパオも高温で揚げます。
ニンニク、ラークパクチー、プリッキーヌをクロックで潰し、レモンの絞り汁、ナムプラー、砂糖を混ぜてソースを作り、器にキャベツの千切り、人参の千切り、ホムデンの薄切り、ピータン、ガパオの順に盛り付け、ソースをかけて回りにプチトマトを飾って出来上がり。

ガパオで見えなくなってますが、主役の揚げピータンの食感がおいしいです。
以前、タイ料理教室のメンバーで浅草のタイ料理屋さんMONTEEにてピータンの炒めたのを食べ、それがすごくおいしかったのだけれど、橋本先生曰く、あのピータンもこうして一度揚げていたはず!とのこと。
ピータンと言うと我が家では何とかの一つ覚えのように豆腐にのせていただくのだけれど、こうしてちょいと揚げていただくのも良いですね。
程よく辛いソースが野菜にもしっかりと沁みて、とてもおいしい一品です。
ガパオも志願して私が揚げさせていただき、「ジャッ!!!」と言う音と跳ねにおびえつつも何とかがんばりました!!
これなら家でもがんばれば出来るかも!!

f0043911_13164861.jpg
お鍋に合わせた一年の締めくくりのワインは、ココファームののぼっこ。
大好き♪♪

まだ記事に出来ていないのですが、今年も収穫祭に行ってきて、そこで買って来た今年の新もの。
今年ののぼっこは元気がよく、泡がかなり出るので気をつけてくださいね~と言われ、私は覚えていないのですが(汗)、ボウルか何かで泡を受けて開けてくださいと言われたそうです。

f0043911_13171275.jpg
いやはや、ホント、泡が止まりません!!
それもシャンパンみたいにしゅわっと一気に出る感じではなく、じゅわじゅわと濃密な泡が留まるところを知らずゆっくりと立ち上ってくる感じ。

f0043911_13173075.jpg
あー一口含めば、葡萄のフレッシュな香りとキリリとした泡の感触がたまらない~~~。
旨味たっぷりの鍋にぴったり。

f0043911_13175308.jpg
デザートは、クリスマスデザート。
フローズンのベリー(クランベリー、ストロベリー、ブルーベリー)を水切りヨーグルトにかけて粒餡を添え、はちみつをかけたもの。
酸味があるところに粒餡が添えてあるのがいいわー。
彩りもクリスマスらしく華やぎます!!

f0043911_13181274.jpg
テーブルセッティングは、クリスマスバージョン。
クリスマスに鍋、ワイワイやるにはホントにもってこい!!

今年もたくさんのおいしいものを頂いた、橋本先生のタイ料理教室。
橋本先生、一緒に習ったメンバーのみなさま、いつもいつもおいしいもの、楽しいお話をありがとうございました。
また来年も、新たなるおいしいお味と出会えますように!!


<タイ料理教室の橋本先生のHPはこちらブログはこちらです。


こちらのブログ村に参加しています。

年の終わりにみんなで囲むトムヤム鍋、いいね~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-26 13:20 | タイ料理教室 | Comments(0)

2016年11月に読んだ本

年も押し迫って参りましたが、少しでも今年分の記事を更新したく、まずは先月読んだ本の記録より。

f0043911_12001055.jpg
「もしもし下北沢」 よしもとばなな


少し前に読んだ久しぶりのよしもとばななさんが思いのほか良かったので、手にとって見たこれ。
この間のはふなふな船橋で、今度はもしもし下北沢。
なんとなくご当地シリーズ。(笑)

お父さんが謎の女性と心中して死んでしまった。
娘のよっちゃんは、そんなお父さんの事件を吹っ切るつもりもあり、またまったくそれとは関係なく自分を確立するような気持ちもあり、下北沢に引越し、そしてどん底だったとき、そこのサラダを食べて元気になったというみちよさんの営むレ・リアンで働き始める。
途中、お母さんも目黒の家を出て、このよっちゃんの下北の古いアパートに転がり込み、そしていろんな人と関わり合いながら自分を取り戻していく、そんな物語。
よっちゃんはとても素敵な青年、新谷くんと付き合い始めるのだけれど、なんとなくそれは本当の彼氏じゃないと思っていて、そしてお父さんの友達山崎さんととうとう男と女の関係になる。
むむ…、わかったようなわからないような。
全体的になんとなく心に沁みてきていい物語なんだけど、ここは私的にはあんまり理解できなかったわ。
絶対素敵な新谷君のほうがいいと思うけど。

下北沢を描いた「ざわざわ下北沢」と言う映画があり、どうやらそこにはフジコ・ヘミングさんがちょろっと出てくるらしい。
その「ざわざわ下北沢」でフジコ・ヘミングさんが語る言葉や、ざわざわとした雰囲気に惹かれていくよっちゃんだけれど、多分よしもとばななさんもそういう下北の雰囲気が好きな人の一人だったのではないかな。
ちなみに「もしもし下北沢」のもしもしは、電話のもしもし。
つながるんだよね、死んだお父さんと電話が。
そう言えば昔から、よしもとばななさんも死と生の世界を行き来するようなこと、結構いっぱい描いてたなと。

まだまだよしもとばななブーム続きそうな予感!


こちらのブログ村に参加しています。
ご当地シリーズおもしろそう~~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

先月読んだ本の記録より…なんて言ってますが、記録って一冊じゃん…。(汗)
以前は、通勤時間に読むことが多く、そうするとそこそこの量を読むことが出来たんですが、そもそも行きの通勤電車はとんでもない混み具合で本を広げることなんて出来ず、また帰りは哀しいかな、なんとなくおネムな感じになってしまう今日この頃なのです~。

なかなか好きなことに裂く時間を捻出するって難しい…。

さて、そんな中、最近Instagramもはじめてみました♪
右側の楽子のマークの下のあたりの、Twitterの鳥のマークの横の、カメラマークをクリックするとページにとびます。

実のところ、その時々のつぶやきのTwitterさえも、リアルタイムでつぶやけることはなく、ブログは、ハイ、ご覧頂いている通り、毎回少し前の情報を発信してます。(笑)
なのにまた…と思わないでもないのですが、自分なりになんとな~く使い分けをするつもりで。

でもとりあえずこちらのブログが今ところメインの位置づけなのですけどね。

世の中、なんとなく簡単な方へ方へと流れていく…。
そんな流れになんとなく遅れながら乗っている私。
さて行き着く先はどこなんでしょう。
流れに乗るのは楽ちんですからきらいではありませんが、そんな中少しだけでもちゃんと舵取りをしていけたらいいなぁと思ったりする今日この頃です。

f0043911_11594069.jpg
こちらは昨日のランチ。
麻布十番に用があったので、久しぶりに食べた海南鶏飯食堂の鶏飯。
相変わらずおいしくて、そしてホントはランチ時間が終わっていたのに鶏飯だったらと入れてくれたり、従業員の方の対応も若いのにみんな感じが良い。
大好き♪

そしてその後向かったのは、さる山にて行われている金継ぎ師、黒田雪子さんの個展。
さる山の雰囲気も私にとってははじめての感じで、それはそれで発見がありましたが、なんと言ってもやっぱり黒田雪子さんの金継ぎはすごい!!
見てもどこが継がれているのか、元の写真がなければ何百回見たってわからないようなものあり、継がれているそのラインは繊細に細く、そして大胆。
私があまり好きではない、かすがいと言う金属のホッチキスの大型版みたいなので留めている継ぎさえも、痛々しさがまったくなくいいなぁと思ってしまいました。
漆継ぎと金属粉を蒔いた組み合わせもすばらしく、こんな風に仕上げることも出来るのね(自分が出来るかどうかは別として・笑)と目からうろこで、大食いの私があまりに満足の満腹感で、家に帰ってもなかなかお腹が空きませんでした。
そのくらいすごかった!!

こういうのは写真だけではわからないものがありますね。
本もいいし、写真もいいし、ネットもSNSもいまや欠かせないものとなりつつあるけど、やっぱりリアルに見る、聞く、触る、感じるって大切だよなぁと思った、そんな昨日でした。


◆11月に作った保存食◆
赤カブのピクルス
赤カブの梅酢漬け
手前味噌解禁
大根葉漬け
[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-23 12:07 | 楽子の本棚 | Comments(2)

f0043911_12104947.jpg
今年も味噌を解禁しました!!
解禁日は、11月24日。
昨年は記録を見ると11月7日だったようで、年々遅くなる我が家の味噌解禁日。
最初の数年は仕込む量が少なかったということもあり、夏頃には味噌が底を尽きてしまい、早々に解禁していましたが、ここのところ秋頃までは持つようになり、そしてここ数年はまだ去年のあるけどそろそろ開けるか~みたいな感じになっています。
仕込む量は変わっていないから、もしや味噌の消費量減っているのか…。

f0043911_12110986.jpg
さて、11月24日と言えば、東京ではまさかの初雪があった日。
朝起きて、部屋のカーテンを開けると、まさに外は雪国のよう。
結構大粒の雪がぼたぼたと降り、実はその日たまたま休みを取っていた私は、ラッキーと喜んだのでした。

f0043911_12113161.jpg
そんな休みの日、夫の出勤を見送り、いそいそと廊下においてある味噌樽を取り出してきて、早速開けてみました。(味噌樽の脇にカーテンフックが写っているのは、ちょうどこのときレースのカーテンを洗濯中だった(なぜわざわざこんな寒い日に!)ので、そのフックが写りこんでいます…笑)

f0043911_12120000.jpg
相変わらずの発酵力!
樽にビニール袋をかぶせて、その中に味噌が入っており、そのビニール袋の口はしっかりと輪ゴムで閉じられているのだけれど、夏の間にかなりの勢いで発酵するので、毎年こんな風に塩が結晶のようになりカピカピしてるのが外に飛び出して樽のへりにくっついています。

f0043911_12121500.jpg
そんなビニール袋を紐解き、出てきましたる手前味噌。
わーい♪♪
今年もカビ知らず~♪♪♪

我が家では、味噌を仕込んでから重石も避けず、天地返しもせず、ただただ自然に任せて発酵・熟成させているので、初めてここでご対面するというわけです。
以前は縁のあたりだけカビたりしていましたが、ここのところずっと、カビが出たことはありません。
なんだろうね~、だんだん家が味噌作りに適した環境になってきているのか…。
もやしもん」さながら、味噌の発酵を助ける菌がたくさんいて、わいわい騒いでいたら楽しいのに~!

f0043911_12124276.jpg
味噌の表面はちょいと濃い色ですが、へらで中を掘ってみると、色白のお味噌ちゃんが出てきます。
味噌の表面は塩蓋をしてあるので塩分が高いはずですから、満遍なくなるように、ここで初めて天地返し。
よーくかき混ぜます。

f0043911_12130866.jpg
よーくかき混ぜて馴染ませた味噌を、味噌容器に詰めました。
味噌容器は相も変わらず、野田琺瑯。
昨年の味噌もまだ少々あるので、間に昆布を挟ませて、二種類入れています。
この間に挟む昆布は、いつも皺が寄ったままの昆布を挟んで、いつの間にやら味噌の水分を吸って伸びていくのですが、今年のは富山で買った昆布締め用の平らになってる昆布なので、最初からぴたーっと仕切りになっていて気持ちが良い!
富山の昆布締め用昆布、いろいろと使い勝手が良いなぁ。
まだまだあるけど、今からこれがなくなったらどうしようと心配…。(笑)
そうそう、この間に挟んだ昆布は、柔らかくなったところで漬物と一緒に漬け込んでも良いし、炒め物や和え物なんかに加えてもおいしいです!

f0043911_12132488.jpg
出来立て味噌のアップ。
とろんとろん♪
開けてすぐの味噌は少々ツンツンしているのだけど、我が家ではりんご酵母を加えているので、多分フツーの出来立て味噌よりはかなりマイルド。
それでもちょろっと舐めると若々しさを感じる~~~!

f0043911_12135069.jpg
そしてこちらは去年の味噌。
もうどっぷり飴色で、舐めたら甘いよね~みたいな風情ですが、味噌ですからね、しょっぱいです。(笑)
夏の間も常温保存しているので、少々酸味も出てきていますが、熟成したお味です。
年をとればニンゲンだって味噌だってお味に深みが出るというものよね。

f0043911_12142012.jpg
早速、この日、解禁仕立てのお味噌を使って大根のお味噌汁を作りました。
ここのところ、熟成した茶色いお味噌汁を飲む日々でしたが、若々しい白いお味噌汁も良いものです。
自家製の味噌を食べて思うのは、熱を少々加えると、お味の特徴が出るというかおいしさが引き立つんだよねー。
もろきゅうなんかの生味噌なんかのほうが差が出るかしらと知らないときには思っていたけど、アレは意外とどんな味噌でもそれなりにおいしい。(笑)
味噌汁系は、おいしい味噌で作ると更においしくなります。

f0043911_12144029.jpg
今回も出汁は飛島の焼きあごだし。
だしが良いとまたおいしいんだよね。

f0043911_12564471.jpg
お味噌は二日に分けて味噌樽2個分作っていますので、後日もう一つのほうの味噌樽も解禁!
どうやらこちらは、二日目に仕込んだ、りんご酵母の状態が発酵マックスだった味噌。
味噌樽の縁の塩の結晶がとんでもない!!
よくぞこれだけ飛び出してこられましたねと思うよ。

f0043911_12571216.jpg
そしてもっとびっくりしてしまったのは、味噌樽の外蓋の外側にも飛び出してきた味噌の残骸があったこと!!
我が家は味噌を仕込んだビニールの口を輪ゴムで縛り、そして内蓋をのせて本の重石をし、そして外蓋をかぶせて、その上からほこり避けに紙袋をかぶせてあるのです。
その外蓋のしかも外側に、なんでこんなに…!!
どんな風に飛び出せばここにくっつくことが出来るのか、その技を知りたい…。
と言うか、見てみたいですよね、その瞬間!!
着地点すごすぎ!

と言うわけでこれから一年、自家製味噌にておいしいご飯を食べられそうです。
今年はちゃんと寒仕込みが出来て、開くのさえも「極寒」の日でしたからね。
来年も出来るだけ早いうちにちゃっちゃと仕込もうと、今のところは思っている私です。
がんばれ~、私。(笑)

*******************************************

お味噌作り初年度から今までの味噌仕込みと出来上がり記録記事は下記です。
2006年仕込み出来上がり
2007年仕込み出来上がり
2008年仕込み出来上がり
2009年仕込み出来上がり
2010年仕込み出来上がり
2011年仕込み出来上がり
2012年仕込み出来上がり
2013年仕込み出来上がり
2014年仕込み出来上がり
2015年仕込み出来上がり
2016年仕込み


こちらのブログ村に参加しています。
外蓋まで飛び出す味噌ってなんなの!~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-20 20:00 | お味噌作り記録 | Comments(4)

立山黒部アルペンルートで黒部ダムから帰り、そのまま富山市内へ移動しホテルにチェックインした後、荷物だけ置いて早々に街へ繰り出す!
長い一日の夜の部のはじまり。

f0043911_12195335.jpg
向かった先は、富岩運河環水公園
海の近くですから、運河があるんですね~。
旧舟だまりを利用して作られたというこの公園で、夜間ライトアップが行われていることを知り、向かったわけなんですが、あんまり案内がないんだよね…。
駅から近いんだけどちょっとわかりにくかった!

たどり着いたらちょうどライトアップファンタジーが始まったところ。
駅からの道路側から公園内に入ると、ちょうどレンガで出来ている建物上から滝のように水が降ってきて、そしてライトの色が美しく変わり輝きます。

f0043911_12201999.jpg
反対側から見るとこんな感じ。
どっちから見るほうがいいのかしら。

f0043911_12204054.jpg
もう一度逆に回って、水の音の迫力を楽しむ!
滝の先に見えるのが、やはり美しくライトアップされている天門橋。

f0043911_12220259.jpg
近くまで行ってみると、レンガで出来たそれは、その形と言いたたずまいと言いなんとも言えず美しい!
いや~ん、富山ってなんて素敵な街なの~♪
橋の両端のレンガ造りの塔は、エレベータが通っていて展望塔になっているようです。

f0043911_12214160.jpg
Rのかかった太鼓橋。
こんなに美しい橋をなんと貸切!

そう、誰もいないんですよ…。

滝のライトアップファンタジーも結構な迫力ですし、かなりがんばって企画してお金もかけているのでしょうに、誰もいなかったの。
私たち二人だけで、「わー」とか二人だけの声響かせながら見ていたんです。
なんとも贅沢、そしてなんとももったいない…。

f0043911_12225254.jpg
そんな天門橋の真ん中で、寒いながらもしばし佇んでいたら、次の回のライトアップファンタジーが始まりました!
ここから見たら素敵だろうとワクワクしていたんですが、ちょっと遠すぎ…。
ホントにものすごくがんばっているライトアップだと思うんですが、あまりにも惜しい!!
どこから見てもらいたいかとか、こんな人たちを対象にしようだとか、そんなことを多分まったく考えていないであろう企画。
本当に美しいだけに、本当に残念…。
写真の左側の桜並木も桜色にライトアップされ、この日なんてちょうど満月で、もう最高のシチュエーションだというのに、人っ子ひとりおらず、桜並木の隣にあるスタバだけがひとり勝ちのように、お客さんがたくさん!
タクシーで来られているような人もいたから、多分観光客もこれを知って来たのではないかと思うのだけど、スタバからでも見えるけど、でもベストポイントではないよなぁ。

がんばれ、富山市!!
これだけの素敵な公園があり、これだけの規模でライトアップを施すことが出来るんだから、もう少し工夫して、そしてもっともっと地元の人にアナウンスした方がいいよー。
これと同じイベントが東京であったら、きっとたくさんの人が集まるよ。
それだけの価値のあるものだと思うんだけど。
応援してます…!!(←はい、おせっかいですが…)

環水公園で満喫した後は、いよいよお楽しみのお腹を満たす夜の部。

f0043911_12235630.jpg
向かった先は、「静月」。
実は、この日の晩の行き先はノープランだったので、駅中の若い女の子のいる観光案内所にも立ち寄って聞いてみたりもしたのですが、いまひとつ良いお店の情報が得られず…(観光案内所の女の子は飲めない子だった…)。
ホテルでもフリーのガイドブックをもらっていたので、その中のおいしそうな店にでも行こうかと思っていたら、環水公園近くに地元のお酒をいっぱい置いている酒屋さんを見つけ、そこでいろいろ聞いてお勧めの日本酒を買い、そして、これから飲みに行くのだけどよいところはないですかと聞いて、紹介してくれたのがこちら。
日本酒の品揃えもいいし、何より地元の食材を使ったお料理がどれもおいしいのだそう。
お酒屋さんのご主人も、プライベートでよく飲みに行くんだそうな。
それならばきっと間違いないでしょう!!

f0043911_12243777.jpg
まずはビールで乾杯!
服装が立山黒部アルペンルートと夜の待ち歩きに適した厚着だったので、ここで一枚ずつ脱いでいく…。(笑)

f0043911_12245122.jpg
こちらはしめ鯖。
奥の方のは少々炙ってあり、これもまた美味。
何より鯖が新鮮なので、ほんの少しの〆具合がおいしい♪

f0043911_12252232.jpg
で、お決まりの白えび。
お刺身で。
ぷりぷり~~~♪♪
どこで食べても文句なしのおいしさ♪♪♪
きときと白えび、最高~!

f0043911_12261496.jpg
そしてこれがまた絶品だった、ホタルイカの沖漬け。
今まで食べたどんな沖漬けよりもホタルイカが大きくてぷりぷりで、漬かり具合も文句なし!!
おいしすぎます!!

f0043911_12263294.jpg
レタスと生ハムにとろりん卵がのっているシーザーサラダ。
えぇ、卵とろりんに弱いです!!

f0043911_12265823.jpg
そして、お酒屋さんのご主人一押しだった、ゲンゲの天ぷら。
抹茶塩で。
ゲンゲと言うのは深海魚で、ぷりぷりしてコラーゲンたっぷり!!
ほんと、一口頂くとふわふわで旨味もじゅわっときます♪
そういえば東京でも一度だけ食べたことがあるので、これ、もう少し全国的に広まるといいですね。
旨いし、多分翌日お肌ぷりぷりになるから、女子にもウケるはず!

f0043911_12273114.jpg
もうこのあたりからは、当然日本酒くいくいいってます!!
もちろん富山の地酒。
ガラスの酒器も素敵♪

f0043911_12274610.jpg
牛筋煮。
お魚も良いけどお肉もね。
とろとろです。

f0043911_12280622.jpg
そして富山と言えばの氷見うどん。
細身のうどんなんですが、しこしことつるつるのバランスがとても良い!
気をつけてないとぺろっと一気に食べてしまいそうなくらい。(笑)
おいしいのでこれもお土産リストに入れましょう♪

f0043911_12283193.jpg
〆はこれ。
釜飯。
「ちょっと時間かかりますよー」と言われていたので、その間にいろいろつまみつつ、日本酒もまたすすむ…。
これまた楽し!!

f0043911_12284809.jpg
ひとつひとつ釜で炊かれた釜飯は、焼き鮭がのっているのでほぐし、そして別添えのイクラちゃんをトッピング。
あー昆布出汁も加えてるんでしょうね、旨味たっぷり。
おこげがまたね、たまりませんよね。

大満足の夜の部。
ほろ酔い加減でホテルに戻り、富山はホントにおいしいものだらけだね~などと言いつつ、明日に備えておやすみなさい。
いよいよ明日、最終日!!
富山行きを決めたイベントに行ってきます!!


こちらのブログ村に参加しています。
へぇ~富山ってそんなにおいしいものがあるとは行ってみたい!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-17 12:31 | 小さな旅 | Comments(0)

富山二日目は、立山アルペンルートを通り、立山から黒部ダムへ向かいます。
泊まっていた魚津市の北山鉱泉のお宿から立山まではそこそこの距離があり、レンタカーでの移動となるわけですが、事前に調べ予約した夫によると、黒部ダムへの道のりは大層遠く、宿を早く出発することが必要。
だからね、早起きして朝風呂に入り、おいしい朝食を頂き、そして私たちにとってはとても早く出てきたはずなんですよ。

f0043911_17040829.jpg
が、しかし…。
立山駅に着いたときには駐車場がいっぱい!!
一番近い駐車場は明らかに外から見ても車が満杯で、駐車場に立っていた警備員さんに聞いてみるに、駅の反対側に第二駐車場があるからそこに行くようにとのこと。
そして第二駐車場に行くとそこも満車で、第三も…。
やっと第四駐車場に止められることになり、ほっと一息。

この後乗るケーブルカーの予約はしてあるので、その時間より早く着くように早めに出てきて良かったね~と言いつつ、これからの立山アルペンルートに備えて着るもの等の荷物をリュックに詰めて、駐車場出発!
しかし、どうも歩いていると、同じく立山駅に向かうらしき人たちの格好が、私たちとは明らかに違う!
私たちだって一応アウトドアな感じ(?)の服装で歩きやすいシューズをはいていたのですけれど、周りの人を見ると本格的登山の格好。
そもそも、この時間で危うく駐車場に停められなくなるところだったことからも、事前の心構えからして違うのではないかと少々不安になる…。
きっと朝風呂に入って豪華朝食をのんびり食べてきた人なんていないのでは…。(爆)

でもまあ、気を取り直して、立山駅までてくてく歩いてみました。(笑)
すると、あわてた割にはまだまだケーブルカーの時間までは余裕があり、もしや早い時間のケーブルカーに変えてもらえるかもと聞くと、予約があるからその時間のには乗ることが出来るけれど、今ここに並んでいる人はそもそももっと遅い時間のケーブルカーの券しか買えないのだと。
確かにすごい人。
人気があるんですね~。
知らなんだーーーー!

f0043911_17053192.jpg
では少しゆっくり出来るのならばコーヒーでも飲もうと立ち寄ったお店屋さんで、今回の旅のテーマの白えび発見!
アレだけ朝食食べてきたけど、白えびコロッケ頂きます♪
これがねー、すごーくおいしかったの♪♪
駅前の小さな店だしりーずなぼーだったのであまり期待はしてなかったんですが、白えびたっぷり、香ばしくてたまらなくおいしい!!

f0043911_17055263.jpg
そんな白えびコロッケを買ったのはこちら。
あら、よく見たらおにぎり屋さんなのねと言うことで、本日はかなりの強行軍で、夫がネットで作ったタイムスケジュールによると一体昼食はどこで取ったらいいのやら…な感じだってので、念のためこちらでおにぎり購入。
水も買って準備万端となったところで、良い時間に。

f0043911_17062437.jpg
私たちの乗るケーブルカーのアナウンスがされ、並ぶ人たち。
ケーブルカーの駅の中にはお土産屋さんや、簡単な登山グッズみたいなを売っている店があり、そこでも時間を潰せます。
f0043911_17065687.jpg
階段を上るとそこがケーブルカー乗り場。
生駒に住んでたときを思い出し(ケーブルカーが通るすぐ脇の急勾配に立つマンションに住んでいた!)懐かしくなる~。

ケーブルカーはもちろん満員で、ちょうど私たちは座れたのだけど、立っている人も多数。
そして多分日本人より外国人のほうが割合高い!
最近の日本の観光地はどこに行ってもそんな感じですね。

f0043911_17073008.jpg
標高差500メートルを7分かけて美女平駅へ到着。

f0043911_17081600.jpg
そしてそこから今度は立山高原バスに乗ります。
そう、この立山アルペンルートはいろんな乗り物の乗り継ぎで、マイカーは環境保護のため立ち入りを規制されています。
美女平駅からのバスは、少々は待ったものの、タイムスケジュールよりは早めのバスに乗ることが出来、幸先良し!
何しろタイムスケジュール通りだと目的地の黒部ダムにて昼食を取る時間も含め1時間半しかないので、出来れば予定より早く先に進みたい!

f0043911_17090324.jpg
立山高原バスは、室堂までの50分間、標高差1500メートルの大自然の中を走るバス。
途中、景色の良いポイントや有名な場所では止まってくれて、運転手さんがガイドさながら説明をしてくださるので、飽きることなく楽しく乗っていました。
途中二つほどバス停があり、降りることが出来ますが、その途中のバス停から乗る場合には、近くの山荘などから連絡してもらい予約が必要だとのこと。
登山が好きな方は、このあたりを歩いて回るのですね~。
素敵なホテルもあったりして、むむむ、来年の夏はこのあたりに泊まりたいかもなどと思ったり。

f0043911_17094944.jpg
そしてたどり着いた室堂。
ここで標高2450メートル。
かなり高い!!
そして景色が素敵すぎ~~~!!

前述の通り、とにかく私たちには時間がなく、こんなところで時間を潰す予定はなかったのですけど、運よく予定より早めに進んできていることですし、それにこの景色を見ないなんてあまりにもったいないんじゃないかと言うことになり、屋上展望台に行ったというわけです。

あ~ホントに素敵な景色!

f0043911_17104693.jpg
こちらはみくりが池。
この色、別に写真を加工しているわけではないんですよ~。
ホントになんともいえない深く澄み切った青!
池を囲む尾根も美しく、ため息でまくりです。

登山にはまったく興味はないけれど、あまりにきれいなので、そしてそんなに急勾配のところばかりではないようなので、一度このあたりの素敵なホテルに泊まり、このあたりを散策してみたい!!
(この後、タイ料理教室で一緒の山ガールIさんに聞いたところによると、7月でも雪が残っていて、緑と白のコントラストもすばらしいらしい。が、それはそれで結構過酷なのかも…汗)

f0043911_17111916.jpg
あまりの素敵さに、写真スポットで写真を撮り、カメラマンさんに撮って貰った写真も買っちゃいました。(これは私のカメラで撮って貰った一枚)

ここでなんとなくわかってきたのですけれど、私たちが黒部ダムに行くものだからみんながそんな感じかと思っていましたが、みんな目的はさまざまで、と言うか、この室堂あたりを起点にして、登山をする人たちがかなり多いです。
隣にいた中国人らしき若いカップルのスマホを覗き見させてもらうと、ちゃーんとこのあたりを歩くアプリ入れてたし!
日本人の私のほうが何にも知らずに来てしまったらしい…。(汗)

f0043911_17120727.jpg
そんな室堂から、今度は立山トローリーバスに乗ります。
立山トンネル(地下)を電気で走るトローリーバス。
日本ではアルペンルートを走る2路線(残る1路線は黒部ダムから長野側に行く路線のため今回私たちは乗りません)しか運行していないそうです。

f0043911_17123781.jpg
トローリーバスが到着したのは大観峰。
一番標高の高い部分は地下で越してしまって、ここは標高2316メートル。
右手には黒部湖が見えてきました!

f0043911_17125345.jpg
大観峰の駅の屋上はテラス風になっていて、この日は本当に暖かかったので、ケーブルカーに乗るまでの時間のんびり日光浴♪
とっても気持ちがいいですよー。

f0043911_17130749.jpg
そしてこのケーブルカーに乗って、今度は黒部平まで。

f0043911_17132288.jpg
途中、谷のようになっている地形のため、駆け下りるような迫力満点!!

f0043911_17150651.jpg
そして着いた黒部平は標高1828メートル。
黒部湖もより近くなってきました。

f0043911_17153196.jpg
そして最後、黒部ケーブルカー乗って、たどり着いた黒部湖。
なんとここまでで5種類もの乗り物に乗っています。

f0043911_17154819.jpg
黒部湖駅から橋を渡るとそこが黒部ダム。

f0043911_17161086.jpg
おおーーっ!!
大迫力の放水!!
毎秒10トン以上の水量を拭きだすこの放水は、観光のための放水。
いや~~~間近で見るとホントにおおーーーっと声が出ます。

f0043911_17162814.jpg
片や、その放水の反対側は、こんなに穏やかな湖。
まったく波立つこともなく輝いている湖面が静かで、放水とのコントラストがすばらしい!!

f0043911_17165212.jpg
どういうことになっているかと言うと、こうなんです。
ほんとにさー、これでもかってほどせき止めているんだよね。
これだけ作るのってどれだけ大変だったんだろうねー。
これで映画が出来ちゃったくらいだから(見たことないけど「黒部の太陽」)、本当に本当に犠牲になってしまった人もいるのだろうなぁ。
便利と犠牲。
永遠のテーマ。

f0043911_17171718.jpg
そんな黒部ダムの全貌を見たのはこの上。
もう要塞のようでしょー。
今見ても、いまさらながら、すぐにへこたれる私がよく登ったものだと思う!!

f0043911_17175248.jpg
はあはあしながら、時々休みながら要塞に沿った階段を登り、本当は一番上の展望スペースで食べようと思っていたおにぎりを階段の途中(半分くらい)の踊り場のような広くて空いてたスペースで食べる!!
これがまたとってもおいしい!!
もう足腰にかなりきていて(笑)、そんな疲れで余計に感じたのだと思うけど、夫など、今まで食べたおにぎりで1,2を争う味だと言っていたほど。
やっぱりおにぎり屋さんのおにぎりは旨いのね!

実はね、昼は黒部ダムのどこかで「ダムカレー」を食べる予定だったのだけど(だったらおにぎりを買ったのはなぜ?)、黒部ダムのレストハウス二箇所はどちらも大変な人で、待ち時間も相当なものだったので、ダムカレーは食べられず…。
職場の同僚で黒部ダムに行った人に黒部ダムだったらどこの店でもあるから~と言われたのだけど、長野側から回るルートだと途中にいっぱいそんな店があるのかな。

余りの分刻みスケジュールに、ホントに黒部ダムまで行けるのか!!と心配された二日目ですが、途中室堂であれだけ時間を割いても予定より早く黒部ダムに到着し、思う存分楽しめてよかった!
このまま長野側に抜けると、それはそれで楽しいのでしょうけれど、私たちにはまだまだ白えびミッションがありますので、来たルートを逆にたどって、立山まで戻りました。
最後の美女平から立山までのケーブルカーがかなり混んでいて一時間以上待ったけど、後は割りとスムーズだったよ。

こちらへ来る前は、なんだかそんなにたくさんの乗り物を乗り継がなくては行けないなんて不便だなと思わなくもなかったのですが(それにかかる費用もかなりのものだったので…汗)、実際に行ってみるとこのシステムはいいですね。
マイカーを入れないことによって、あれだけの美しい自然が守られるのだし、何よりマイカーで行ってしまうと、なかなかみんな地元にお金を落としませんよね。
このシステムだと自然と地元に還元されますし、全国のいろんな観光地も取り入れることが出来るならばこうしたことを検討するのも良いのではないかなーと思います。
まぁそれでも集客できるだけの「特別な何か」があるかどうか、「素敵なことのアピール」が出来るかどうかと言うことが難しいのだとは思いますが。

f0043911_17191070.jpg
長い長い一日。
駐車場近くの川から見た、夕方の里山の風景。
なーんかね、しみじみ日本っていいわーって思う。

さーて、でもそんなにしみじみもしていられないの。
これから富山市内に戻って、更なる白えびミッションの始まりです!!


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ、どこもかしこもなんて素敵な景色なの~!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-11 17:25 | 小さな旅 | Comments(0)

2016年11月のタイ料理教室

f0043911_16472628.jpg
なんだか冬の気配までしてきた秋真っ盛り、11月のタイ料理教室。
チェンマイから帰ってきたばかりの橋本先生が、現地で仕入れてきた食材と、同じく習いたてのベジタイ料理をたっぷりと頂く、贅沢なお教室♪
これからはベジのタイ料理がくるのではないかと思っているそうで、確かにタイ料理って女子が好きだし、ベジと言うのもそうですよね。
うふふ、先取りなるか~。

f0043911_16475423.jpg
ムー ホー パック(ゆで豚の野菜包み ココナッツソース)。
ムーは豚肉、ホーは包む、パックは野菜の意。

豚肩ロース塊肉をネギ、しょうがと共に鍋に入れ、たっぷりの水を加えて加熱し、沸騰したらアクをすくってから紙の落し蓋をし、30~40分茹で、そのまま冷まします。
ソースは、水で戻した干し海老をクロックで潰したもの、オーブントースターで軽く焼いたカピ、ココナッツロング、パームシュガー、きび砂糖、ナムプラー、水を小鍋に入れ、弱火でとろみが出るまで加熱します。
茹で上がった豚肉を薄切りにし、野菜とソースを添えて出来上がり。

f0043911_16481377.jpg
見て~豚がトロトロ。
豚はお湯から引き上げちゃうと硬くなっちゃうのでそのままお湯の中で冷ますのがポイント。

これをたっぷりの野菜で巻いていただくのですけど、今回の野菜はグリーンリーフ、スペアミント、パクチー。
ものすごい量、たっぷり。
何しろ私たちデトックスが必要ですから。(笑)
ミントがすーすーして、パクチーの香りがパンチとなり、豚肉の甘みとタレの甘みに負けないというか、引き立たせている、そんな野菜たち。

f0043911_16485992.jpg
ココナッツソースは、もう文句なくおいしい♪
このままぺろぺろ舐めたいくらい。
干しエビにカピですから、エビエビで、香ばしい香りがし、そしてとっても甘いのです。
作るときにはちょっと引いてしまうくらいのお砂糖の量で、どんなお味になるのだろうと思いましたが、このお砂糖の量がいいのですね~。
甘くて香ばしくて、ココナッツロングの食感もよく、とってもおいしかった!!

f0043911_16493613.jpg
カノムジーン ジェー(ベジシュウマイ)。
カノムがお菓子、ジーンが中国のと言う意味で、合わさるとシュウマイ、ジェーはベジのこと。

キアヌとアマランサスは一緒に洗い、たっぷりの水で茹でて、フタをして蒸した後に水気を切ります。
舞茸は粗微塵きり、パクチーは微塵切りに。
ラークパクチー(パクチーの根)、プリックタイ(黒粒胡椒)をクロックで潰しシーズニングソースと混ぜておき、これとキアヌ、アマランサス、舞茸、パクチー、水切りした木綿豆腐、パン粉をボウルに入れてよく混ぜ合わせ、緑豆粉で硬さを調整し、乾燥湯葉を戻したもので包み、蒸気の上がった蒸し器で蒸して出来上がり。
チリソース、ナムプラーを添えていただきます。

挽肉の代わりのキヌアとアマランサス。
大きさが違うのでいろんな食感が得られてとっても楽しい♪
豆腐も結構たっぷり入っているのでヘルシーです。
皮の湯葉もぷりぷりしておいしくて、がんばって包んだ甲斐がありました!!
肉がないので旨味を補う意味でも舞茸が良い味出しています~。
パクチーの香りもしっかりして、さっぱりしつつもちゃーんと主張のあるお味。
女子には絶対受けるでしょう!!

f0043911_16495796.jpg
プラーブリ トード(ぶりの唐揚げ)。
プラーは魚でプラーブリで鰤、トードは揚げるの意。
鰤はブリなところを見ると、もともとタイでは食べないお魚だったのかもしれません。

ラークパクチー、プリックタイをクロックで潰し(今回はすべての料理にクロック使ったので、使用しては洗い、次の方に回し、そして潰したペーストがどれに使うものなのかわからなくならないように気をつけました!)、砂糖、シーズニングソースと混ぜ、一口大に切ったブリに絡めて10分以上置き、片栗粉を塗して揚げます。
舞茸とかぼちゃもその後素揚げに。
ニンニクの微塵切り、プリッキーヌー(タイの小さくて辛い唐辛子)の微塵切り、レモンの絞り汁、砂糖、塩を混ぜ合わせてソースを作り、ブリ、かぼちゃ等をお皿に盛りつけ、ソースを添えて出来上がり。

片栗粉を塗して揚げたブリの表面がかりっかり♪
ブリのお味に負けないタレに絡めてから揚げてあるので、よりお味が濃くなるというか複雑で深~いお味に仕上がっています。
ブリにパクチーの香りやシーズニングソースは合いますね。

f0043911_16503661.jpg
ここに更にタレを少々かけていただくので、ちょっとさっぱり、ちょっと辛くそしてニンニクの良い香りがして更においしくなる、そんなブリ。
素揚げしたまいたけもかぼちゃも、それだけで頂いてもおいしいのですが、タレをかけるとまたおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

f0043911_16510608.jpg
これらのお料理に合わせたのは、タイの黒米のジャスミンライス。
玄米なのでプチプチとして、白いジャスミンライス自体ぱらぱらしてますが、これは更にぱらぱらしていておいしいです。
大体、ワタシこういう色の食べ物好きだしね。
ご飯と言うよりは、野菜に近い穀物だな~と感じるお米です。

f0043911_16512613.jpg
そして今回のお教室ではこれらのタイ料理の他、スペシャルで、Aさんがお持ちくださったセジュールのアンチョビが練りこまれたクロワッサン、そして橋本先生が作られた、おからこんにゃくを使ったタブレも頂きました!
クロワッサンは本当にサクサクで、アンチョビの風味がなんともワイン向き!
そしておからこんにゃくタブレは、さっぱりといただけて彩りもかわいらしく、これまたおつまみにぴったり!

f0043911_16514536.jpg
今回のワインは先生は白(シャルドネ)を用意されていたのですが、急遽アンチョビクロワッサンに合わせて赤に変更!
イタリア、ピエモンデのバルパーネ・バルベーラ。

f0043911_16521803.jpg
色見はそんなに濃くないのだけれど、旨味がしっかりとしていて、アンチョビクロワッサンにぴったり♪
うふー幸せ♪♪

f0043911_16524251.jpg
そしてデザートは、アウォカドー(アボカドと蜂蜜のデザート)。
アボカド、タイ語だとアウォカドーと訛るのですね。
日本ではおかかと醤油なんぞをかけてさっぱりと頂いたりするアボカドですが、タイではデザートとしていただくことが多いとか。

アボカドは一口大に切り、蜂蜜をかけて出来上がり。
超簡単!!(笑)
簡単ではありますが、これ、なかなか良い感じのデザートですよ。
アボカドってねっとりしているからこうしてデザートと思って食べてもほんと、おいしい♪
蜂蜜はタイのロンガンの蜂蜜。
タイの蜂蜜おいしいです!!
輸出どころかタイ国内でもあまり出回っていないようなんですが、もう少し宣伝したらいいのにね。

f0043911_16530428.jpg
そしてまたまたAさんご提供のセジュールのロールケーキも!!
幸せすぎて怖いです…。

f0043911_16532450.jpg
今回のテーブルセッティングはこんな感じ。
秋ですね~。


タイ料理教室の橋本先生のHPはこちらブログはこちらです。


こちらのブログ村に参加しています。

今回はそんなに辛くない、ほっこりしそうなお料理ね~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-04 17:00 | タイ料理教室 | Comments(4)