2006年1月に読んだ本

一月の間に読んだ本を記録していくつもりです。
通勤途中の電車の中で読む(しかも帰り限定♪朝の通勤時間は私の貴重な睡眠時間の一部なのです…)ことがほとんどなので、多分文庫本中心です。

f0043911_111995.jpg

「白夜行」 東野圭吾


f0043911_1173868.jpgとにかく分厚い本。
文庫本なのに、自立しちゃいます。
文庫本なのに、1000円です。

東野圭吾さんは、以前NHKでドラマ化されたものを見たことがあり、それからずっと読んでみたいなと思っていた作家です。
ミステリーですが、おおーーーっ!!!!、ぎゃーーーーっ!!!!ということなしに、淡々と物語が進んでいく感じ。
それなのにとっても引き込まれてしまい、二日ほどかけて一気に読んでしまいました。
いろいろな事件といろいろな人が交錯して出てくるので、何度か前に戻って確認したりしてしまいました。
翻訳ものを読むと、名前がカタカナなので覚えられず、前に戻って確認するということがよくあるけど、日本のものでもダメでした~。

今、ドラマでやってますよね。
実は一回目をビデオに撮ったのですがまだ見てません!!!
会社の同僚によると、とてもつまらなかったのだそうです。
う~ん、なぜだろう…。
配役かしら…。


f0043911_120497.jpg


「博士の愛した数式」 小川洋子


小川洋子さんって芥川賞を受賞した「妊娠カレンダー」を読んで以来です。
「妊娠カレンダー」は実は私はいまひとつピーンとこなかったな~。

この「博士の~」は書店員が選ぶ、何年か前に第一回本屋大賞に選ばれた本。
来週くらいからでしょうか、映画も公開されますね。
(私って、ドラマ化、映画化に弱いのかしら…)

この物語、好きです。
主役の数論が専門の元大学教授が「私」の誕生日の数字と自分の時計刻みこまれた数字を見て言う。
友愛数だ。神の計らいを受けた絆で結ばれ合った数字なんだ。美しいと思わないかい?」
そう、博士が言葉にすると、数字が意味を持って現れ、しかもいとおしくなっちゃうのですよ~。
この部分で(割と最初の方です)もう私はこの本にメロメロでした~。
でも、こんな博士は、記憶が80分しか持たないのです…。

何となく心が暖かくなり、何となく悲しい、そんなステキな本でした。
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-02-02 01:20 | 楽子の本棚 | Comments(33)

重石を減らす!!!!

味噌を仕込んでから一週間が経った昨日、紙袋をはずしてお味噌をチェックしたら、お味噌の表面にうっすらと水があがってきていた!!!
これがたまりというものか~と納得していたのもつかの間、果たしてこのままでいいのか、この水を取ったほうがいいのか、これからこの水はどんどん増えていくのか…。
あ~また答えのない迷路にはまり込んでしまった私…。(-_-;)

でもこんなとき、お味噌同好会のみなさんは心強い!!!!!
早速メープルままさんここに重石のことが書いてあるから見て♪と教えてくださり、じっくり読んだ結果とメープルままさんからのアドバイスにより、重石をもう少し軽くすることにした。

f0043911_0154399.jpg



最初は、こんな感じ。
重さは3キロ。


f0043911_01653.jpgで、幸田さんと村上さんには本棚にお戻りいただき、今はこのメンバーでがんばってもらっている。
重さは半分の1.5キロになった。







果たしてこれからどうなるのか~~~。
まだまだ目が離せない、そんな私のお味噌です♪
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-01-31 00:18 | お味噌作り記録 | Comments(23)

先週の日曜日に仕込んだ味噌
うちで一番寒いマンションの通路側の部屋でひっそりとお眠りいただいています。

でもどうやらしばらくすると、水が上がってくるということ。
心配なので、ちょっと紙袋の蓋をはずして見てみました。

f0043911_1102645.jpg
すると~、
あっ!!!!
ちょっぴりだけど出てます、出てます。
仕込んだ味噌とラップの表面にうっすらと溜まっているもようです。

で、これどうすりゃいいの~~~。
このままでいいんでしょうか。
もっと溜まるまで待ってたほうがいいのかな~。

多分これが「たまり」と言うものだと思われますが、なんだか捨てちゃったらもったいないような感じです。
だってね~、こんな風にお取り寄せで売ってたりするんですよ。
なんだか貴重なもののように書いてある!!!

さぁ~て、一体この水、どうすべきなんでしょう?????

そしてそして、とても気になるものがありました。
カイエさんのブログでCROCCOさんがこんなのあるよ~と紹介されていたものです。
タイガーから出ている、発酵・熟成メーカー<手作り自慢>
何とこれを使うとお味噌が7日間で出来ちゃうっていうんですよ。
凄すぎです!!!!
高温で熟成・発酵させるので早くできるということらしいんですが、手作り味噌について調べたときに、夏に仕込んではいけない理由として、仕込み時に温度が高いと過発酵してしまうと書いてあったので、これだけがちょっと気になります…。
でもかなり魅力的です~~~。
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-01-30 01:16 | お味噌作り記録 | Comments(14)

あ~、寝ても覚めても麦、麦、麦~~~♡
f0043911_0492720.jpg
先日のブログに書いたように、カイエさんの「押し麦とネギのシンプルリゾットを作るのに生まれてはじめて買った押し麦
あ~これがみごとに私のツボにはまってしまったのですね~。
プリップリの食感がたまらず、しかも健康的で家計にも優しい(近所のスーパー西友で1キロ375円)ときている。
サラダやアジア~ンな感じのデザートなど、いろいろ試して目指せ!!!押し麦研究家!!!!

f0043911_0541137.jpg
でもって、まず作ったのが、タブレ。
レバノンのパセリサラダで、ポメマルさんのレシピで作りました。
ポメさんのは本格的タブレなので、Bulger麦(挽き麦のようです)を使っていらっしゃいますが、ここんところを押し麦研究家見習いとしては、押し麦に代えたというわけです。(あ~ただそれだけです(^^ゞ)

Bulger麦は細かく挽いてあるので、クスクスのようにお湯にしばらく漬けておいて戻すだけになってますが、押し麦はそれではプチプチ感が出ないので、少し煮て柔らかくしました。
押し麦の色が白から透明感のある白になるとプリプリの合図です♪
実はこのサラダ、二人分でパセリを1束まるごと使っているのです。
パセリって1束買っても意外と使いきらないものですよね~。
サラダやスープのトッピングとか、ドレッシングに混ぜたりとか少量です。
でもこのサラダは全部使っちゃうんだな~。
私もちょっと青臭すぎないかと心配しましたが、これってオリーブオイルとレモンの効果でとってもサッパリとした感じに仕上がるのです。
そして多分パセリだけだとボソボソしてしまうんじゃないかな~と思われるところを、このステキな押し麦がプリプリ感で補っているんですよね~。
やっぱりエライ押し麦ちゃん♡

ポメさん、このタブレ、とってもおいしかったです♪
また作ります。
実はね、もちろんこの正統派タブレはもちろんのこと、アレンジ版も構想練ってます。
三つ葉とか大葉なんかと白胡麻、押し麦を混ぜた和風タブレ(もうこれはタブレとは呼べない???)や、コリアンダーと押し麦をレモン+ナンプラーベースのドレッシングで和えたタイ風タブレ(これまたタブレにはなれないけど)などなど。
うふふっ、どんなお味になるか楽しみです。

f0043911_0563237.jpgそして、昨日土曜日は夫が外出していたので、めずらしく一人ランチだった私。
でも夫がいないのをいいことに(居てもたいして変わらないけど…)、だらり~ん、だらり~んと過ごしていて、おなかはすいたけど何にも作りたくない怠け者状態だったのです。
で、勇気を振り絞って作ったのが、この麦雑炊。
正しい主婦のみなさんには絶対おすすめできません!!!!
なぜって、永○園のお茶漬け海苔を入れただけの、簡単だけどあまりにB級、いえ、C級なシロモノなので…。(^^ゞ
うちの夫がなぜかこの永○園のお茶漬け海苔が大好きで(よく頂き物にあるようなもう少し高級っぽいのは×なのです)、うちにはこれが常備されいます。
なので正しくない主婦の私はこれでお手軽麦雑炊のランチです。
ちなみにあれは結構塩分が多いので、全部入れるとしょっぱすぎます。
注意です。

押し麦研究家になるべく、これからも研究をすすめま~す♪
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-01-30 00:57 | いろいろなお料理アイディア | Comments(18)

先日のブログにも書いたけど、大量のネギがあって困ってます…。
そう、父の家庭菜園野菜です。
多分ネギのその数、2,30本は軽~くあったはず。(゜o゜)
しかも私はネギが好きじゃないときているので、もう一体どうすればいいのやら…と書いたら、何とカイエさんがネギ嫌いでも食べられそうなレシピを二つもブログに載せてくれました~♪
あ~、感謝感激雨あられ~~~♪(あらっ?この場合のアメアラレって飴かしら…?)

f0043911_025172.jpgその日のうちに早速作ったのは、こちらのネギと人参のかき揚」。
私はネギのグニッって中身が出てくるような食感が特に嫌いなことが最近わかり、細切りにしたものなら何とか食べられるようになったのです。
あ~大人になったわ~~~!!!

ネギも人参も細く切って、そこに片栗粉をちゃちゃっとまぶして、水をちょっぴり入れてつないだものを、かき揚げみたいにまとめて油で揚げるだけ♪
実は私、揚げ物をほとんどしないので、フライパンに1センチくらいかな~、薄~く油を引いて、それで揚げてみた。
揚げ物の腕がないので周りが焦げちゃったけど、いやぁ~この焦げた部分も香ばしくておいしいのよ。
シンプルにお塩をつけて食べたんだけど、ネギも人参もパリッパリ、サクッサクで、もちろんグニッもないし(笑)、脂っこくもないし、いくらでも食べられそう♡
ビールのつまみにぴったりでした~♪

f0043911_00848.jpgそして翌日、次なる挑戦のために、私は生まれてはじめて(お得意"^_^")押し麦なるものを買ってきた。
なぜってこの押し麦とネギのシンプルリゾットを作るためさ~♪
押し麦の炊くとパラパラする性質がリゾットにぴったりなんだそーな。
私、押し麦って麦飯でしか食べたことなかったのよね。
だからあんまり食感を味わったことがなくて…。
もうもう私、押し麦ラブ♡です。
こんなにブリップリなものなのね~。
しかも沢山入っていて確か値段は300円台、そして白米の19倍の繊維質を含んでいるんだそーな。
あ~なんて家計に優しくて健康的食べ物なのかしら。

そうそう、そして主役のネギだけど、もう山ほど入れてみた!!!!
グニッは勿論ないし、サッパリしていてちょっと多いかな~と思ったけど一気に食べた。
季節の野菜を入れてね~って書いてあったので、私は里芋を入れたよ。
トッピングには香り付けで使ったニンニクをカリカリにしたガーリックチップス♪
また絶対作るよーーー!!!!

それにしてもこの押し麦、私のチャレンジ心をくすぐります!!!!
和製クスクスって感じでサラダにしてもいいし、先日のタイ料理教室で教わった「黒胡麻ココナッツ汁粉の具にしても良さそう♪
万能食材のこの押し麦、どーして私早く買わなかったのかしら~。

もうすばやい対応でレシピを教えてくれて、しかも押し麦研究(大げさ!!!)のきっかけを作ってくれたカイエさんに感謝、感謝のありがと~~~♪

f0043911_033087.jpgそして翌日(ネギ三連チャン!!!)は、いつもの私のお手軽料理、「蒸し鶏のネギソースかけ」。
鶏のもも肉を電子レンジでチャチャッと蒸してからネギソースをかけるだけの、超簡単ですぐにできちゃう便利な一品。

鶏もも肉は皮目にフォークでブスブス穴を開けてから耐熱皿にのっけて、お酒少々を振りかけて、ネギの青い部分と一緒に電子レンジで7分くらい。
その間に好きなだけのネギをみじん切りにして適当な器に入れ、そこに小さじ1/2(これはネギの量にもよりますが…)くらいの塩をふりかけておきます。
そして中華鍋に適量のサラダオイルを入れて熱して、煙が出てきたところでネギの上にジャーーーッとかけます。
ジューーッと音がするのでそのままスプーンなどでぐるぐるかき混ぜてソースの出来上がり♪
これをレンジで蒸した鶏肉にた~っぷりかけていただくのです。
写真のようにもうこれでもかというような山盛りのネギだけど、熱した油であのネギ臭さが消えていて、しかも全く脂っこくないのでおいしいよ。

ネギ嫌いさんも、ネギ大好きさんも、是非こんな3品いかがですか~?
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-01-27 01:03 | 野菜のお料理アイディア | Comments(21)