2006年3月に読んだ本

自分用の記録にと載せることにした読んだ本とその感想だけど、たくさんの方が見てくださり、そしてそこからまた新しい情報を得られたりして、ブログって良いな~って思います。
3月に読んだ本の中に、ブログにコメントを寄せてくださったことにより出逢ったステキな作家とその本があります。(*^_^*)


f0043911_192139.jpg



「リアルワールド」 桐野夏生



桐野夏生さんも、一番最初にOUTを読んで以来、大好きな作家。
小説に独特な世界があります。

このリアルワールドは、主人公の高校生ホリリンナの隣家の高校生ミミズが、母親を撲殺して逃走するストーリー。
この逃亡にホリリンナ他4名の女の子が関わるあたりはOUTにも似ている部分があるけど、なんていうのかな~、全体に流れるどよ~んとしたちょっと陰湿な感じの雰囲気は、某有名会社勤務のエリートOL殺人事件を参考にしたといわれる「グロテスク」に通ずるものがあるような気がします。

ホリニンナ、テラウチ、ユウザン、キラリン、そしてミミズ。
みんなカタカナで現実感のない呼び名。
もちろんみんな実際にも知り合いという設定だけど、メールやネットなんかにどっぷりつかっててる今の高校生の現実をよーくあらわしている気がする。
本当は良く知らないのに、何でも知っているような、そして逆に本当は十分わかっているはずなのに、何にも知らないふりをしてしまうような、そんな感じ。

この逃走劇がどんな結末を迎えるのか、かなり引き込まれて読んだのだけど、最後の結末がちょっとな~と思ってしまいました。


f0043911_129427.jpg



「99%の誘拐」 岡嶋二人



岡嶋二人という作家、少し前まで知りませんでした。
ブログをはじめて読んだ本を載せたときに、コカリの木さんが岡嶋二人を今読んでいるけれどすごくおもしろいと教えてくれたの。
それで本屋で見たら、とてもたくさんの本を書いていらっしゃるんですよね。
あれこれ迷って買った一冊がコレ。

すごいです!!!
最初から最後まで面白くないところがない!!!!
昭和51年に起きた誘拐事件と、昭和63年に起きた誘拐事件。
まずはこれがそんな風に関わっているとは最初は思えなかったし、あら~こんなふうに関わってたのね~ってわかってからも、その展開のあまりの素晴らしさにホントにうなってしまうくらいでした。

PC等の情報電子機器がこれでもかと思うほど使われる事件。
その使われ方が本当に素晴らしくて、新しいタイプの誘拐事件を描いているなと感心してしまうのだけど、これが書かれたのは今ではなく、1988年
その頃、社会人になった私はよーーーくわかるけど、ホントにまだまだパソコンだって使える人が少なくて、インターネットなんて聞いたこともないって時代なのよ。
そんな時代にこんなストーリーを書いたってことがホントにスゴイ!!!!
今読んでも、とても新鮮なこのストーリーに引き込まれてしまうんだから、20年前だったらどんなにか斬新で、「えーーーっ!こんなことが~~~!!!!」ってもうびっくりマーク100個くらい付いちゃうだろうな~と思うと、その時に読んでいなかったのが悔やまれるわ~。(笑)

何はともあれ、岡嶋二人を紹介してくれたコカリちゃん、ありがと~。
なんとロンドンのミリアムさん岡嶋さんが好きだそうで、意外と知らなかったのって私くらいなのかしら…。"^_^"


f0043911_1544229.jpg今日のオマケ画像。
暖かくて桜も満開だろうということで、近所の公園にお花見に行ってきました。
車で行ったからアルコールは飲めず、持って行った暖かいサンピン茶とお菓子を食べながらの~んびりと過ごしてきました。
夫とふたりで本も持って行き、シートにごろり~んと横になり、まったり読書タイム♪
↑の岡嶋二人のあまりの面白さに続けて買って読んだ「クラインの壺」を読みきりました~~~。
これもまたここに今すぐ感想書いちゃいたいほど面白かったです。


こちらのブログ村に参加しています。
岡嶋二人って読んでみたいわ~って思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-04-02 02:10 | 楽子の本棚 | Comments(16)

うちのチビ冷蔵庫のチビ野菜室、只今満員御礼です。
先日のキャンプのときに産直で買った新鮮野菜と、その帰りに久々に実家に寄って父の家庭菜園野菜をもらってきたんですよね~。
そんじょそこらで売ってるのとは違う(笑)、活きのいい元気な野菜よ~。(*^_^*)

f0043911_1581927.jpg
まず作ったのは、すっごく太い大根を使った、ポメマルさんの「大根のミルフィーユステーキ」。
このステーキは太い大根で作ったほうが見栄えが良いので、三浦大根ではないけれどなぜかいつも巨大な、父が作った大根をもらったときに作ります。

これね、大根をまず下煮するんですが、コンソメスープで煮るんですよ。
大根を煮るというとダシで煮るってイメージだけど、コンソメスープよ~~~。
なんてったってミルフィーユステーキですから~~~、何事も洋風に攻めますわ。(*^_^*)
はじめて作ったときには、「柔らかく煮てから冷ましておく。(前日にしておくと良い)」って件で、「キャーーーッ今日作って今日食べるつもりだけどどーしよー」と実はかなりあせった私。(゜o゜)
でも当日煮て、お風呂に入っている間に少々冷ましておけば(私は食事前にお風呂に入る派~♪)、あがってからすぐ焼きに入れるので何の問題もありません!

煮た大根を更にバターで焼いて、大根と大根の間に炒めた牛肉入れて、トッピングはあるものでちょっとアレンジ。
これまた産直で仕入れた肉厚の椎茸と、先日金柑マーマレードを作った残りの金柑を輪切りにしたもの、そして、牛肉を炒めたときに香り付けに使ったニンニクをカリッとニンニクチップスにしてトッピングしてみました。
トッピングの味付けはバルサミコ酢と白ワイン。
うちの夫はお酢の風味が強いと、ツンツンするとか言っちゃうお子チャマ舌なので、金柑を入れることによってコクも出てお酢のツンツンも酸っぱさも和らぎ良い感じでした。"^_^"

和食の代表野菜みたいな大根がこんなにおしゃれな一品になっちゃうなんてすごいよね。
大根さえ煮てしまえば、後はそんなに時間も手間もかからないのに、なんだかすごーーーーくがんばって作ったお料理に見えるあたりがこれまた気に入っています。

f0043911_212681.jpg
そしてお次はギリシャ在住のsalahiさんの「スパナコリゾ」。
ギリシャ風ほうれん草のリゾットです。
見た目や名前のイメージにすごく影響されやすい私にとって、この「スパナコリゾ」っていう名前はとてもエキゾチックで、名前見た瞬間に作ろうって決めました!!!"^_^"

ほうれん草は、産直で買ったパリパリのほうれん草。
これが、なんとスーパーで売っている一束の1.5倍は余裕であると思われる量で、50円!!!
持ってけドロボーですよ~。
お米はタイの香り米を使いました。
凄いんですよ~、このスパナコリゾ二人分には、ほうれん草1束、タマネギ1個が使われているの。
でもsalahiさんの写真と比べるともう少しほうれん草入れても良かったかも~~~。

そして、私がとても気に入ってしまったのは、仕上げに加えるレモン。
リゾット風のご飯にレモンってどーなのよ~~~と実はちょっぴり思ってたのですが、これがこのスパナコリゾの醍醐味(!)だと私は思うわ~。
オリーブオイルと塩胡椒のみのシンプルなところにレモンの酸味と香りがたまりません!!!
あまりにもシンプルなので、夫にはどうかしら…と少々不安でしたが、いやいや食べた瞬間から「これいいね~~~」とご満悦のようでした。
疲れた体と胃に優しくておいしいお料理です!!!!

f0043911_222835.jpg
そしてこれには更におまけがあるんです♪
スパナコリゾはほうれん草の葉っぱの部分だけを使うので、ほうれん草の茎の部分と根っこの部分が余ってしまうんですよね。
まっ、普通でも根っこの部分は切って捨ててしまうことが多いけれど、このほうれん草の根っこから茎にかけての部分を使って作るサラダを、同じくsalahiさんが紹介して下さってたの。
その名も「トルコ風ほうれん草の根っこサラダ」。
そのまんまやん!!と思うかもしれませんが、なんてったってトルコ風ですからね~。
またまた名前から惹かれてしまいます~~~。
クール・ビューティーのイメージのsalahiさんもトルコ風って言えばハクがつくかも~って言ってました。"^_^"
庶民派の私もトルコ風とあえて言うことでハクをつけたいと思います。(^^ゞ

f0043911_231790.jpgで、産直ほうれん草、なんと根っこがこんなに立派で、しかもこんなに鮮やかなピンク色♡
これがお花のように広がってサラダになったらどんなにステキなことかしら~と思うでしょ。
ああ゛ーーーっ、でもちょっと私のトルコ風はお花のように広がってません…。
どうやら茹ですぎのようです…。(-_-;)
でもね、ほうれん草の根っこがとてもホクホクして柔らかくて、予想以上においしかったです。
ここでもレモンが大活躍♪
レモンの風味とおいしーーーーーいオリーブオイルを使うのがポイントでしょうか。

あ~野菜の料理っておいしくて新しい発見がこれまた楽しいわ~。
今週一週間でかなり野菜を食べ捲りましたが、まだまだなぜか野菜室は満員です。(*^_^*)

ポメマルさん、salahiさん、おいしい野菜のお料理を教えてくれてありがと~♪


こちらのブログ村に参加しています。
ヘルシーな野菜料理っていいわ~と思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-04-01 02:05 | 野菜のお料理アイディア | Comments(9)

f0043911_1121046.jpg
今年はじめて見かけた野菜、それがこの紅菜花。
ねっすごくキレイでしょ~。
アントシアニン系の赤い野菜が大好きな私は、見た瞬間に気に入ってしまって、早速買って帰りましたよ~。
どんな風に調理するのかもわからないけど…。(^^ゞ


PCでいろいろ調べてみると、どうやらコウサイタイとも呼ばれている中国野菜のようです。
しかも、日本ではじめて栽培された中国野菜なんですって。
その割りに知られてないですよね~。
こんなにキレイな野菜なのになぜでしょう。
不思議だわ~。(゜o゜)

で、早速お料理実験♪

f0043911_1123736.jpgまずは炒めてみましょう♪
紅菜花のぺペロンチーノ風。
油で炒めると紅菜花の赤が鮮やかな緑に変わります。
これまたキレイ♡
パスタのぺペロンチーノを作るときと同じく、オリーブオイルとニンニクのみじん切り、鷹の爪を入れたフライパンを弱火で熱して、じっくりとオイルに香りを移します。
そこへ大胆に2~3等分の長さに切った紅菜花を入れて炒め、火が通ったら塩、胡椒で味を整えるだけのシンプル・クッキング♪
紅菜花がシャキシャキしててとてもおいし~~い。(*^_^*)
お花もところどころに見えて、春を感じる一皿だわ。
二人で1束余裕で食べられちゃいます。

f0043911_1125474.jpg次は、紅菜花のおひたし。
塩少々を入れたお湯で紅菜花を茹でて、さっと水にとってから絞り、かつお節をトッピングして、だし醤油をかけていただきました。
茹でた紅菜花は少しぬめりが出て、これまた甘くておいしいのよ~。
あの菜の花のほろ苦さが駄目(>_<)って人も、この紅菜花だったらOKでしょう♪
菜の花のように辛子醤油で和えるのも良さそうです。


f0043911_113930.jpg最後は少し残ってしまった紅菜花ともやしの和え物。
もやしはひげ根を取ってからさっと茹で、紅菜花も同じく茹でます。
もやしのひげ根取りはたくさんの量をやるのはカンベンだけど、コレくらいの量ならなんてことありません。
和えるドレッシングは、マヨネーズをお酢とレモン汁で伸ばして、塩コショウで味を整えたもの。
茹でた紅菜花からちょっぴり赤い色が出てきて、ドレッシングともやしがほんのりピンクに染まってキレイです。
上からパラパラ~っと揚げネギを散らしてみました。



紅菜花、お値段も比較的お安くて、栄養価が高くてキレイでおいしい♪
みなさんも見かけたら是非手に取って春を感じてみませんか~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
紅菜花買っちゃおう♪って思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-30 01:17 | 野菜のお料理アイディア | Comments(20)

f0043911_17251.jpg
桜の花もちらほら咲きはじめてきたことですし、やはり暖かくなってくればキャンプでしょう♪
と言う事で、キャンピングカー持ちの友人夫婦にくっついて、キャンプに行って来ました。
行ったところは、栃木県鹿沼市の「出会いの森総合公園オートキャンプ場」。
まだ出来たばかりなので、施設がとってもきれいで、しかも温泉つき。
この温泉つきっていうのが私たちの中ではポイント高いです!!

インターを降りたあたりで友人夫婦と待ち合わせをし、キャンプ場へ。

f0043911_1134167.jpg早速ランチといきたいところをぐっと我慢して、まずはテントの組み立て。
友人Yちゃん夫婦がキャンピングカーを買ってはじめてキャンプに行ったときも、ちゃっかりついて行った私たちですが、その時は組み立て方も分からず、ホントに大変だったのです…。
今回も、何度か組み立てているにも関わらず、何となく頼りなさそうな男ふたり…。
f0043911_114413.jpg一体大丈夫なのでしょうか?!
みんなが準備をしている間、木につながれているYちゃんの愛犬ゲンも、心なしか落ち着きません…。

f0043911_115051.jpg外側のテントの入り口の部分の組み立てにちょっと手間取りましたが、何とか組み立てが完了し、Yちゃん夫婦の記念撮影。




これでやっとランチタイムです~♪

f0043911_1152588.jpgYちゃん夫が握ってきたおにぎりいっぱいと、私が持参した、先日ブログで紹介させてもらったミリアムさんの「鶏のニンニク生姜焼き」と某料理サイトのまいんさんのレシピで「くせになる!きゅうり。」。
ミリアムさんの鶏のニンニク生姜焼きは冷めてもおいしくて、くせになる!きゅうりは胡麻油の風味が絶品♪
やっぱり外で食べるご飯はおいしいね~。(*^_^*)

この後、ワインに突入し、まったりと午後を過ごしていると、良く寝るうちの夫婦はお昼寝タイム。"^_^"
温室みたいにポカポカしてるテントの中で、熟睡です…。
Yちゃん夫婦は、車に載せてきた自転車で、早速温泉へ。
施設内にある福祉センター内の温泉に400円で入れるんです。
ゆったりのんびり温泉につかって帰ってきても、まだ寝ている私たち…。
f0043911_1161226.jpgそろそろ起きろ~~~と起こされて、私たちも温泉につかり帰ってくるともう日が暮れはじめています。
私たちが温泉につかっている間に、しっかり火の準備も整ってました。
あ~怠け者夫婦でごめんよ~、Yちゃん…。(-_-;)

さあ、いよいよキャンプの最大のお楽しみの夜の時間です!!
f0043911_1164016.jpg今回のメニューはYちゃん夫のリクエストにより、焼肉です。
炭火の上に焼肉プレートを載せて、本格的だわ~。
Yちゃんがいつも買ってきてくれるお肉屋さんのお肉はホントにおいしくて、今回は特にレバーが絶品!!!
これでもかというほど食べました!!
もうひとつの炭火で野菜炒めも作って、飯ごうでご飯も炊いて…。
あ~炭火で炊いた飯ごうご飯って何ておいしいんでしょう!!!!
ご飯が甘いんですよ~。
なんと4合を4人で完食してしまいました!!!!

そしてテント組と車組に分かれて就寝…。
f0043911_117799.jpg花粉症がひどくて、飲み食いする以外の時は大きなマスクで怪しげな私を気遣って、うちの夫婦がキャンピングカーを使わせてもらうことになりました。
キャンピングカーのベッドの部分はこんなふうです。
縦が狭いので、気をつけないと頭をぶつけます…。(^^ゞ
昼寝をしてもまたもや熟睡…。

翌朝はパンの朝食を済ませてから、また温泉に入り、ちょっと雨も心配だったので、午前中のうちに片付けをして帰りました。
あっそうそう、ここの施設内の産直で、地元の新鮮な野菜をたんまりと買ってきました。(*^_^*)
なんと、苺は1パック100円、根っこまですっごく太いほうれん草が1束50円、最近お気に入りの紅菜花も1パック100円でした。
帰りに実家に寄って半分分けてきたのですが、父の手作り野菜をまたもらってきたので、うちの冷蔵庫は今どうにもならないくらいパンパンです…。

そしてYちゃん夫婦に影響されて、うちの夫も最近キャンプ用品を買いそうな勢い!
いいんですよ、だってキャンプ楽しいし、二人で行くのもいいと思うのよ~。
ただ、うちの場合どちらもマメではないので、帰ってきた後の片付けをどちらがやるかって話になって、結局一歩を踏み出せずにいるのです…。
とりあえず、毎回キャンプ道具が増えてるYちゃん夫婦もいることだし、すっごく欲しいダッチオーブンだけ買って、それを持参で連れて行ってもらうのが一番いいかしら…などと思う私です。


こちらのブログ村に参加しています。
キャンプも楽しそうよねって思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-28 01:30 | 小さな旅 | Comments(18)

f0043911_0451193.jpg
もう旬を越えつつありますが、先日金柑を買ってきました。
ちょっと前にめぐみくんから金柑をいただき蜜煮にしたのですが、もっと作ってみたいな~と思いつつずっと物色してたんです。
でもお安いのは韓国産だったりして、国産のものは大量に買うにはちょっと高かったんです~。
そうしたらこんな時期はずれになりかけの先週、お得な国産金柑を見かけたので即GET♪
約900グラムで500円くらいでした。(*^_^*)

あの丸のままの蜜煮もコロコロ、ピカピカで可愛いのですが、ちょっと私には使いにくかった…。"^_^"
紅茶に入れて飲んだり金柑茶にするにも、潰すかそのまま噛んじゃうしかないし、煮物の時ももっと潰してあるほうがより金柑の味と香りを万遍なく感じられる気がして…。
そこで今回は細かく切ってマーマレードにすることにしました。

まずは金柑を半分に割り、種を取り出すのですが、これが量が多いと結構な手間です。
竹串で穿り出すようにして、がんばって取り除きました。
種にはジャムを固める成分のペクチンが含まれているので、種も取っておき、小さなお茶のパック二つに分けて入れ、種を除いた金柑と同じ量の水に入れて煮込み、ペクチン液を作っておきます。

f0043911_0454610.jpgそして、生のままだとそんなに感じないのですが、熱を加えると金柑は苦くなってしまうので、2回ほど茹でこぼし、アク抜きをしました。
そしてそれをざくざくと適当な大きさに切っていきます。
あ~ここまででかなりの時間…。
実はこの日、LAから一時帰国しているKちゃんと会う約束をしており、その時にこの金柑マーマレードをお土産に持っていこうと思っていたのであせります!!!
ネットでいろいろな作り方を検索すると、なんとこの後3時間煮込むと書いてあるものもあり、ありゃりゃ~~そんなことやってたら間に合いません!!(゜o゜)
でもとりあえずここまでやってしまったのでそのまま先に進めるしかない!!!

鍋に細かく切った金柑と金柑の半分弱の重さの砂糖と、種を煮ておいたペクチン液を入れて、火をつけます。
マーマレードははじめて作りますが、私はいつもジャムを煮るときはあんまり弱火で煮ないのですよね。
中火であまり時間をかけずに煮込んじゃう。
キッチンを離れてしまうとちょっと問題ですが、時々かき混ぜられる位置にいれば、中火で煮込んでも焦げることもありません。
確か五十嵐ロミさんだったと思うのですが、あまり時間をかけて煮るよりも少ない時間で煮詰めたほうが、果物のフレッシュ感を味わえて良いとおっしゃってました。
まぁ今回は時間がないのが一番の理由ですが、いつもと同じく中火で一気に煮詰める作戦♪
とろみがついてきたらここではじめて少し弱火にしてレモン汁を入れて、好みの固さまで煮込んだら出来上がり。
この量でも火にかけてから45分程度でできあがりました。

f0043911_0472577.jpgあ~舐めてみると懐かしいような香りと甘さ♪
おいしいです。(*^_^*)
ちょっと時期外れですが、ホットドリンクにして飲んだり、これからはお肉のワイン煮などにも入れてみたいと思っています。

あっもちろん無事Kちゃんにもお届けすることができました。

f0043911_0475671.jpgそして少し残しておいた金柑をサラダにも入れてみました。
メインのお野菜は、去年見つけてハマってしまった「うるい」。
山菜です。
この形、きれいです♪
コレだけでバサッと花瓶に入れて飾っておいてもいいんじゃないかって思うくらい。
ゆでるとちょっとぬめっとするあたりがまたいいんだな~。
ざくざく切ってざるに入れた上から熱湯をかけるだけでOKです。

f0043911_0482134.jpg彩りとして赤ピーマンも入れて、金柑もうるいも少しほろ苦い系なのでドレッシングは少し甘めにしたいのでドライフルーツを漬け込んであるお酢を使いました。
あ~今年はじめてのうるいがとてもおいしいです♡





まだ少しだけ残してある金柑があるので、今度は何に使おうかしら~。(*^_^*)

明日、あさってとキャンプに行ってきます♪
コメントいただいた方へのお返事遅くなると思います~~~。
みなさまもどうぞ楽しい週末をお過ごし下さいね。


こちらのブログ村に参加しています。
金柑マーマレードっておいしそうって思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-25 00:45 | 保存食作り | Comments(22)