伊是名島の陸上を紹介した後は、いよいよ海の中をご紹介します。
今回もダイビングサービスは、ライトスタッフ
今回は透明度が今ひとつだったので、あまりワイドなものは撮れず、マクロが多いです。
さぁ、みなさんもタンクを背負って水中へと出かけましょう♪

f0043911_0364070.jpg
一面Blueの世界~~~♪
まだ大人になりきっていないキンギョハナダイの群れに囲まれます。
ひらひらと舞う姿がきれいです。

f0043911_113646.jpg
みなさんおなじみの「ニモ」のモデル、カクレクマノミ。
ダイバーに大人気の魚です。

f0043911_1132791.jpg
同じクマノミですが、こちらはセジロクマノミ。
クマノミって可愛いけれど、アップで見るとなんとなーーーくおじさん顔?!

f0043911_0434196.jpg
ミノカサゴの顔のアップ。
こんなにいろいろつけていて痒くないのかしらって思っちゃいますね。"^_^"

f0043911_1135460.jpg
とてもじゃないけど全部なんて覚えられないほどたくさんの種類がいるウミウシ。
体長2~3センチほどのものが多く、見つけるのが大変です。

f0043911_14366.jpg
こちらもウミウシ。
なんだかポケ~ッと恍惚の表情をしているように見えますが、その理由は…。


f0043911_049175.jpg



何と交尾中♡


f0043911_0532416.jpg
ウミシダの仲間たち。
海の中はこんなにカラフル♪


f0043911_0545877.jpg
水の流れにそよいでいる姿がきれいです。


f0043911_0554287.jpg
水のブルーによく映える色を知っているみたいですよね。

f0043911_0415727.jpg
では最後は洞窟の中に入りましょう。
天井に開いた穴から筋状に差し込む光が幻想的です。

同じ場所に同じ時間に潜っても、海のコンディションなどによって二度と同じ景色は見られないんです。
だから何回潜っても新しい発見があって楽しいんですよね~。(*^_^*)
次に潜るときは、スコーーーンと抜けた青い世界の中を悠々と泳いでみたいです♪

追記です♪
どんなカメラを使っているの~とのコメントがあったので、それも載せてみます。
f0043911_1358668.jpgf0043911_13582128.jpg









使っているのはこちらのブログの写真も撮っているフジフィルムのFinepix。
もう5年くらい前のものだと思います。
それを水中専用のアクリルで出来ているハウジングに入れます。
蓋のところにOリングというゴムのパッキンになるものが付いているので、これで防水性が保てます。
確か40メートルくらいまでの耐圧性があります。
こちらがセットしたところ。
f0043911_1403731.jpg
大きな一眼レフでもあればまた良い写真が撮れるのでしょうけれど、機械に強くないし、手入れも含めて面倒なのは苦手なので、いつもコレ。
とってもお手軽♪

さてさて、忘れちゃいけないもうひとつの沖縄の魅力♪
次回は(しつこい・笑)食べ物がメインのお土産大集合!の予定です。


こちらのブログ村に参加しています。
海の中のお散歩、楽しかったわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-05-13 01:20 | 南の島 | Comments(34)

ここのところ毎年、ゴールデン・ウィークは沖縄の伊是名島というところに行っています。
那覇から高速を使い車で走ること1~2時間、名護というリゾートホテルが沢山ある町も越え、「運天港」という港からフェリーで1時間弱のところにある島です。
昔の琉球国王、尚円王が生まれ育った島。
版画家、名嘉睦稔さんも生まれ育った島。
毎年10月には島民総出で準備するトライアスロンの大会も開かれます。
まだまだ本土では知られていないけれど、素朴でとても良い島なんですよ~。

まずはそんな伊是名島の陸上から写真で紹介していきます。

f0043911_1434243.jpg
なぜ毎年、うちの夫婦は伊是名島へ行くのか。
それはダイビングをするため♪
私がむかーし、昔、同じ沖縄の阿嘉島というところに半年ほど滞在し、ダイビングのガイドもどきをしていたときに、そのサービスに来られていた方がこの伊是名島で「ライト・スタッフ」と言うダイビングサービスを開いているんです。
だからかなり長~いおつきあい。(*^_^*)
こらちの納戸さんは、写真もプロ級、そしてとっても器用な方なのでこんなアート作品も作られていて、沖縄住宅を改造したショップも、そのテラスも、テラスに続く露天風呂も全部手作り。
もちろんダイビング・インストラクターなので、海のガイドもしてくれます。
とても居心地の良いショップです。

f0043911_144317.jpg今年のはじめにそんな伊是名島に「島の風」というNPO法人が立ち上がりました。
伊是名島の良さをもっと広めていくための活動を目的としています。
その「島の風」の理事長を勤めるのが前述の納戸さんなので、今回はかなり積極的にいろいろなところへ案内してくれました。
かなり気合が入っているようです。"^_^"


f0043911_1442530.jpgまず着いた当日、でっかいガジュマルを見せるから着いて来いと言われ、着替えもしないまま着いていくと…。
おおーーーっ、そのガジュマルの木が見られる場所に続く道には真新しいこんな看板が立てられています。
これも「島の風」の活動の一環!


f0043911_1445225.jpgずんずん細い道を進んで行くと、ありました~。
これがそのでっかいガジュマルの木
そう、このガジュマルは、NHKの朝の連ドラ「ちゅらさん」で、恵理の思い出の場所となっていたあの大きな木です。
この写真の手前の幹のように写っているのは、実は枝から伸びた根っこが下までたどり着き、それがまるで木のようになってしまっているんです。
奥にぼんやり写っているのが大元の木の幹です。
なんだかこうやって見ていると東南アジアのジャングルみたいな感じですね。

f0043911_145218.jpgお次は、風の岩。
この看板のところから道なき道をずんずん上って行くと、そこに二枚岩になっていて、その間に人が一人寝転べるような岩があるんだそうです。
こんな何の目印もないようなところ、よく見つけたな~って思っていたら、これは名嘉睦稔さんが子供の頃に見つけてよく一人で遊びに来ていたところなんだとか。


f0043911_1454229.jpgそれがここ。
わーーーっと視界が開けて、島のかなりの部分を見渡すことが出来、ホントに気持ちがいい♪
夕方なのでちょっと写真が曇ってますが、晴れていたらかなり先まで見渡せそうです。


f0043911_146472.jpgそして、岩の間に入って寝転んでみると、こんな景色がまるで自分ひとりのためにあるような錯覚になります。
気持ちがいい~~~♪
天井に当たる石の部分には、名嘉睦稔が削って絵を描いたような跡も残っています。
ここからあの素敵な版画が生まれたのですね~~~。(*^_^*)


f0043911_146328.jpgここ伊是名島だけではありませんが、沖縄の道の角のところにはこんな石のプレートが貼り付けてあったり、又はもう少し大きなものが立っていたりします。
「石敢當」(イシガンドウ)は魔よけのための石で、沖縄の魔物は直進しか出来ないと言われ、道の突き当たりなどに「石敢當」と書かれた石を置くと魔物がその石に当たって砕けると言われているようです。
昔の風習が沢山残っているんですよね。


f0043911_1465130.jpgそして、そんな道端に咲いている花。
珊瑚の石を積んで作られた石垣と花の組み合わせはとても素敵です。
昔はこの石垣の高さで、家柄の高低を表していた地域もあるとか。
専門の職人さんがいたようです。


f0043911_1471192.jpg島のあらゆるところに咲いているブーゲンビリア。
これもまた石垣と、そして沖縄の赤瓦と一緒になると、さらに華やかさを増すような気がします。
このブーゲンビリア、周りの花びらのように見えるところは実は葉っぱで、真ん中の白い触角みたいなものが花なんですよ。


f0043911_1475119.jpgこの伊是名島というところ、どんな方でもお客様として歓迎するというホスピタリティーあふれる風習が根強く残っています。
なので、こんな風に縁側にはいつもお茶のセットが置かれていて、急に来たお客様(ただの通りがかりの人でも)が休んでいけるようになっている家もまだ残っているんです。
私もちゃっかりお茶をいただいて帰ってきました。(*^_^*)

今回の伊是名島はスコーーーーンと晴れるとまでは行かなかったので、なんとなく写真から感じる沖縄の日差しがあまり感じられないですね…。
島の風のHPの中の「島の写真館」に、去年滞在したときに撮った写真を掲載させていただきました。
こちらのほうがちょっと沖縄の暑い日ざしを感じられるかもしれません。
よろしければご覧ください。

次回は伊是名の海中を紹介する予定です。
どうぞお楽しみに!


こちらのブログ村に参加しています。
伊是名島にちょっとだけ行った気分になれたわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-05-11 01:55 | 南の島 | Comments(36)

沖縄の伊是名島に行っている間に、お酒バトンなるものがmoritoshさんおらこさんから回ってきました~♪
あはは~、そう私はバトンは断らないわ~~~。(*^_^*)
ただ問題は、お酒は大好きだけど全くこだわりがないというか、楽しく飲めればいいの~って人なので、トンチンカンな答えになりそうなことかしら…。
そのあたりはどうぞご了承くださいませね~。

f0043911_0572171.jpg


ではでは行ってみよーーーーー!!

Q1.酔うと基本的にどうなりますか?

よくしゃべる。
よく食べる。
前はあちこち話が飛んでいたらしいけど、最近は同じ話を何度もするらしい…。
これってやばい…?!
そしてすっごくしつこいらしい…。
かなりやばい…。(>_<)

Q2.酔っぱらった時の最悪の失敗談は?

失敗談は数限りなくあるのよ…。(-_-;)
あまりに最悪すぎてわざと思い出さないものも沢山あり!!

失敗談ではないけれど、去年私の友人宅に夫と二人で泊まりに行ったとき、とっても良いペースでガンガン飲んでて突然気分が悪くなり、なぜかキッチンに這って行き、キッチンマットの上に吐いてしまった私。
すかさず友人が飛んできて(彼女は酔っ払いに慣れているのでこれくらいではひるまない!←希望的観測)、さっさとキッチンマットを片付け、隣で夫がオロオロ謝って私をそのまま引っ張ってトイレに行かせ、その後私を布団に寝かせたのよね。
そして、翌朝、何となく目覚めるとまだものすごく気持ちが悪い!
寝せてもらった部屋の隣で早起きの友人夫がテレビを見ている気配を感じながら、人んちの廊下を上はTシャツ、下はパンツ一丁でうろうろ歩き、トイレまで行きまた戻ってきたら、夫に「その行動が信じられない!!!!」とめちゃくちゃあきれられた。
俺は初めて○○さん夫婦に会って初めて泊まらせてもらうのに、あまりに恥ずかしすぎる!!って言うんだけど、私にしてみれば私が初めて会う夫の友人宅でそういう行動をとるよりは、よっぽど恥ずかしくないと思うんだけど…。
とにかく私の場合、吐いてしまう系の失態が多いです…。(^^ゞ

Q3.最悪の2日酔いはどんな感じですか?

頭が痛くて気持ちが悪くて、ぐらぐらして座っていることも出来ない。
とにかく横になって目をつぶらなければ死にそうになる。
最近あまりないけど、ひどいときはこれが夕方まで続くのよね~。
おととしのお正月、実家に帰って飲んだときに、なぜかおんおん泣きながらビールとチューハイを混ぜて飲んでたらしく、翌日は夕方まで気分が最悪!
夕食の時間になり、「さすがに今晩はもう飲む気にならないだろう」と父親に言われ、「そうだね」って言ったら、「ビールは飲めないだろうからワインにしておけ」と言われ、何だ、この父親は~~~(゜o゜)とびっくりした。

Q4.今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?

冷蔵庫には発泡酒2本のみ。
基本的に毎晩飲むのはビールならぬ発泡酒なので。
その他、戸棚に泡盛、芋焼酎、バーボン、ラム酒が一本ずつあり、キッチン床には友人が置いて行った缶チューハイが半ダースある。

Q5.好きな銘柄は?

あまりこだわりがないので特になし。

Q6.最近飲んだ店は?

最近は飲むためだけに行くってことがなくなったような気がします。
どこどこがおいしいから行こうってことになって、そこでお酒を飲むパターンがほとんど。
一番最近行った店は、代官山のフレンチレストラン「ル・プティ・ブドン」。
トラディッショナルなフレンチを出す店で、久々にこってりとしたフランス料理をいただきながら赤ワインを飲みました。(*^_^*)
私にしては久々にかしこまった店でした。

Q7.よく飲む、もしくは思い入れのある5品

よく飲むのは、毎日の発泡酒、キリンの「淡麗グリーンラベル」。
一応カロリー気にしてます。(^^ゞ
カロリーオフ系のものの中では一番おいしいと思ってます。

大好きなビールでは、アサヒの「スーパードライ」が出たときにあのすっきり感が今までにないおいしさで感動し、こればっかり飲んでました!
ラベルもあの頃にしてはシンプルでおしゃれ~って思ったわ~。

昔、今思えば怖いものなしって感じで飲んでた頃に一週間に一度か二度行ってた店があり、そこでいつも飲んでた「アーリータイムス」と「フォアローゼス」。
あの頃はバーボン大好きで、バーボンならばどれだけ飲んでも二日酔い知らずだったな~。
あの香りは今でも好き♪

Q8.ジョッキを渡す5人

あ~一体誰に回っていて、誰に回っていないのやら~~~。
全くもって把握してないのですが、お酒と言えばこの方と思いついたお二人、KIKさんおはよう♪さん、もしまだ回っていなかったらお願いしたいわ~。
きっとこのお二人ならこだわりがあるんじゃないかと思うんだけど…。


こちらのブログ村に参加しています。
よく吐くやつだな~ってあきれちゃった方も、ホントにこだわりないやつだなって思った方も、
↓ご愛嬌ってことでクリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-05-10 01:06 | Comments(26)

しばらく留守にします

f0043911_1115227.jpg
明日5/3より、沖縄の伊是名島へ行ってきます。
今回はあまり長くない日程ですが、しばらく留守にします。
ガンガン潜ってリフレッシュしてくるつもりでーーーす♪
しばらくコメントできませんが、帰ってきたらまたよろしくお願いします。(*^_^*)

伊是名の海はこんなところってことで、よろしければみなさまもバーチャル水中散歩でもいかがでしょうか。

こちらのブログ村に参加しています。
わぁ~ちょっとだけ癒された~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ

伊是名の海のお散歩はこちら
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-05-03 01:13 | Comments(30)

f0043911_131519.jpg
ベルリンのぴかままさんが帰国されるのにあわせて、KIKさんのうちでオフ会が開かれることになりました~♪

メールやら、各人のブログやらで情報交換していると、何とみなさん凄いんですよ。
ぴかままさんはベルリンでお土産買いに走っているというし、KIKさんは3月末から仕事が忙しくてブログの更新も休むほどだというのに、コレを楽しみにして働いているから気にせず来てねって言うし、ぴんうささんは何とオフ会二日前から準備を重ねていると言うし、ポメマルさんもなにやらいろいろ買い込んで、前日にKIK家に宅急便で送り済みだと言うし、めぐみくんはカクテル用に果物をたんまり買い込んだと言うし~~~。
おまけにCROCCOさんmocataroさんはあこさんは参加できないけどいろいろお土産を送ってくれるというんですよ。
あ~なんだか私だけ取り残されてる気分であせる~~~。(>_<)
もう時間もないよ~~~。
ええーーーぃ、でも作って持っていくものは決まったから、後はいろいろ寄せ集めで我慢してもらおう♪

というわけで、当日朝からいそいそと先日作ってとても美味しかったyokocanさんの「メルジメッキ・キョフテシ」を作り、前日、前々日にいろいろ回って買い集めたみなさんへのお土産を分けてラッピングし、いざKIK家へ~~~♪
某JR駅へ着くと、もうそこには早々とポメマルさんとめぐみくんが待っていて、二人ともすごい荷物!
あれ~ポメさん、昨日荷物送ったんじゃなかったの~~~?(゜o゜)
既にぴかままさんを拾って、車で駆けつけてくれたKIKりん。
後部座席に乗った私を含む3人は、荷物もろとも座席にぴったりはまるように座ったので、前でぴかままさんが何か持とうか?って言ってくれても渡せないのよ。
もうぴったりはまったまま動けないの~~~。(爆)

そして、KIK家に到着~♪
おおーーーーっ、憧れの一軒屋♪
そのまま遠慮もなくお邪魔しまーーーす♪とバタバタとあがらせてもらうと…。
想像はしていたけど、なんてこと~~~~!!!
家中にアルコールがあるのよ。
棚にもお酒、キッチンの真ん中にカウンターがあるんだけど、その上にもお酒、しかもそのカウンターに収まっているグラス類と言ったら、まるでお店みたいにいろいろな用途のグラスがあるのよ。
そしてお酒専用の冷蔵庫もあるし~、和室にもお酒があるし~~~。
う~ん、ホントにすごいよ、KIKりん!!

そうこうしているうちに、近くに住むぴんうささん登場♪
とっても華奢な感じの可愛らしい方♡
とてもママさんには見えませんわ。(*^_^*)

で、いざ宴会のはじまり、はじまり~~となる前に、もうわけわかんないくらい大変な量となっているお土産交換が始まりました。
もう書き始めたらキリがないくらいの量なので個々の説明は割愛しますが(爆)、一度かばんからお土産類と持ってきた食料を出して軽~くなったはずなのに、気づいたらまたいっぱいになってました!!!
こんなにいただいちゃっていいのかしら。
なんだかわらしべ長者の気分です♪

ひとしきり、お土産交換だけにも関わらずやいのやいのと騒いだ後(しかもビール片手♪)、そろそろ行きますか~とテーブルに移動し、乾杯~。\(^o^)/
すごいよ~、エンドレスだよ~、きっと今までの私のブログで一番写真多いよ~~~。(笑)

f0043911_132077.jpg
f0043911_1322491.jpg
ポメさん特製、「ミートローフのマッシュポテト包み焼き」。
あ~あのシンクロで見たミートローフが今ここに~~~♪
めぐみくん特製、ひよこ豆のチリコンカン。
我が愛しのひよこ豆がピリカラでおいしーーーい♪
f0043911_1353658.jpg
f0043911_1355461.jpg
KIKりん特製、オリーブのマリネ。
おおっこれは某料理サイトの時からおっしゃれ~と思っていたアレだわ~。
ぴんうささん特製、ハムのディップ。
写真にはないんだけど、手作りパンと一緒に持ってきてくれたの。
ハムがこんなにきれいに細かく切ってあるなんてすごーーーい♪
f0043911_1383190.jpg
f0043911_1385423.jpg
朝から握ったレンズ豆団子、「メルジメッキ・キョフテシ」。
これがブログに載ってたアレね~(あくまでも名前ではなくアレで通す!笑)とブログを見ていただいていたようでとても嬉しい♡
またまたポメさん特製、手作り清見オレンジのマーマレード使用のケーキ。
これまたブログに載ってて食べたかったアレ。
前日にKIK家に宅急便で到着済みのもの。すごい!!!
f0043911_14466.jpg
f0043911_1443560.jpg
そしてポメさんが持ってきた生もずくで何か作って~と言うことになり、僭越ながら私が作らせていただいた(というほどの手順もないけど)、生もずくのサラダ
そして、KIKりんのブログに登場するおなじみ大将のお店のお刺身。
こんなにキレイでおいしいお刺身は久しぶりに食べました~♪
f0043911_1485927.jpg
f0043911_1491984.jpg
大将の大根巻き。
薄くスライスされて巻かれた大根のシャキシャキ感が言葉では言い表せません!
このお魚、めひかりと言うそうです。
これも大将のお店から届いた唐揚げで、程好く衣に味がついていて、めひかりはほろほろと柔らかくおいしーーーーい♪
f0043911_1522558.jpg
こんな卓上の炭火焼きがあるうちってすごい!!!
ポメさんが持ってきた筍を焼いて食べたんですが、いやいやめちゃくちゃ好みです。

他にもまだまだ沢山あったのよ。
ただなんだか写真がないの…。(-_-;)
もう食べても食べても出てくるし、飲んでも飲んでも出てくるし、おまけにお包みでお土産までいただいちゃって(これがうちに帰って夫の夕食となる!!!)、とんでもない量のおいしい食べ物を目にしてしまったという感じです。

そして、まだまだ忘れちゃいけないお土産たち。
CROからはひよこ豆甘納豆(これは私にとみんなが譲ってくれた!)やら、ブログにも載っていたおいしいお麩、mocataroさんからは九州名物マルタイのラーメンやえごまの醤油漬け、はあこさんからは黒胡椒せんべい(私これを一度どこかでいただいたことがあって好きなのよ)や便利なお料理素材のお豆さんなど、もうホントに嬉しいお土産分配作戦でした~~~♪
そして、tamakappaさんからKIKりんがいただいていた筍、私おすそ分けしていただきました。
ありがとうございます!!!!!

ねっすごいでしょ。
お昼の1時30分に駅で待ち合わせをしてKIK家に行き、そこから始まった大宴会は延々夜の9時まで続いたのよ~。
もうその時間に仕事を終えて帰ってきたKIKりんの旦那様、おとーちゃんもびっくりよね。
ぴかままさん、ぴんうささん、ポメマルさん、めぐみくん、CRO、mocataroさん、はあこさん、そして今回こんなにいろいろ準備してくれて場所も提供してくれたKIKりん、ホントに楽しかったしおいしかったです。
ありがと~~~♪

f0043911_232625.jpg
これが持ち帰ったお土産の一部。
既に食べちゃったものや、冷蔵庫に直行したものもあるので全部ではありません。
明らかに私が持って行ったものより多いわ~~~。
わらしべ、わらしべ…。(笑)

f0043911_2185535.jpg
f0043911_2191141.jpg
そして、今日はそのうちの一部がうちの食卓に上がりました~♪
こちらはめぐみくんからいただいたはじめて野菜、ビタミン菜。
すっごくキレイな春らしい野菜。
アスパラ菜のような、紅菜花のような、あ~ん私好みです♡
サッと茹でて、からし醤油でいただきました。
f0043911_2193876.jpg
こちらはtamakappaさんの筍。
あの炭火焼の筍が忘れられず、炭火じゃないけど、魚焼きグリルめぐみくん方式で焼き上げてみました。
一度マルのまま皮ごと茹でて、その後に焼いて、お皿に盛り付けてから軽~く塩を振り、黒胡椒を目いっぱいガリガリして、オリーブオイルをたらり~んとかけた、ちょっぴりイタリアンな筍。
今まで私、実家でも煮た筍しか食べたことがなかったけど、焼き筍のあのシャキシャキ感が好き♡
あまりそんなことを言わない夫まで、春らしいね~とご満悦してました。

あ~おいしいものを楽しい仲間と食べるっていいね~。
ネットから始まるお付き合いでも、こんなに素敵な関係を持てるなんて。
多分最初はあの料理サイトのボードに、どちらかからの「こんにちは♪」「はじめまして♪」から始まったのよね。
それがこんなお付き合いになるなんて、最初のその瞬間には考えてもいなかったことです。
おいしいものをいただいたことにも、同じ楽しい時間を共有できたことにもありがとうですが、何よりあの時、あの最初の瞬間から今まで、こんなに素敵な関係を少しずつ作れたことにありがと~と言いたい、そんな一日でした。


こちらのブログ村に参加しています。
私もこんな楽しくておいしいオフ会に行ってみたいわって方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-05-01 02:28 | こんなところに行って来ました | Comments(38)