先日、みなさんのブログをあちこち見ていましたら、とってもステキなブログ企画を見つけました。
その名も、シンクロナイズドクッキング
同じ素材のお料理をみんなで出し合ってブログに載せるんです。
なんてワクワクする企画なんでしょう~~~。
早速私も参加させていただくことにしました。(●^o^●)

f0043911_02454.jpg
キャベツを使ったお料理ということなので、私が作ったのはコールスロー
手作りジャムを入れているのでフルーティーかつほんのり甘みがあるサラダ。
今回はリンゴのジャムを使いました。
マヨネーズの量を抑えてあるので、カロリーが気になる方にもお薦めです♪

★準備する材料(2~3人分)★

 キャベツ         小~中1/4個
 タマネギ         1/4個
 胡桃(くるみ)       大さじ大盛りで1くらい
 ○レモン汁        大さじ1
 ○牛乳          大さじ3
 ○リンゴジャム     大さじ1~2
 ○酢           大さじ1 
 ○マヨネーズ      大さじ2
 ○塩            少々
 ○胡椒          少々 


★作り方★

1.タマネギを粗めのみじん切りにし、水にさらしておく。

2.胡桃を少しトースターでローストしてから、麺棒でたたくなどして細かくする。

3.キャベツを粗めの千切りにし、更に長さを少し短くするように数回包丁を入れる。芯もそのまま気にせず使ってOK! 切ったキャベツをボールに入れ、上から塩(分量外)を少し振り、手で少し揉んでそのまま置く。

4.○印のドレッシングの材料のうち、まず牛乳にレモン汁を入れて混ぜ、かき混ぜてとろり~んとさせる。そこに他の○印の材料を入れて混ぜ、ドレッシングを作る。

5.4のドレッシングが出来たら、塩を入れたキャベツがしんなりしているはずなので、ざっと水で洗ってから良く絞りボールに入れ、1のタマネギも良く絞って同じボールに入れ、4のドレッシングをかけてよく混ぜる。

6.出来れば30分程度冷蔵庫で冷やして寝かせてできあがり~♪


f0043911_042815.jpg今回のキャベツ、よく行く畑の真ん中にあるカフェの前で、おじさんが採れたて野菜を売っていたので買いました。
見て、見て~~~、新鮮で葉っぱがとっても柔らかいのがわかるでしょうか~。
おじさんが「柔らかいからサラダにして食べな~」と言ってたの。
なので塩をふってしんなりさせる時間はほんの少しでOKでした。

f0043911_051024.jpgそしてジャムは、果肉ゴロゴロのタイプ。
なめらかタイプよりも手作り~って感じがして好きなのです。
このコールスローに入れるジャムは、こちらのリンゴジャムの他、パイナップルのジャムやマンゴーのジャム、マーマレードなども合うと思います。
そのフルーツをサラダに入れたら合うだろうな~と思われるものなら何でもOK!

f0043911_012248.jpgこちらのコールスローは、以前某料理サイトに載せていたのですが、夏だったのでマンゴージャムを使ってマンゴーの果肉も載せたバージョンです。
タマネギの代りにきゅうりを、胡桃の代りにコリアンダーシードが入っています。












ホントにこのシンクロナイズドクッキングって楽しいですね~。
ブログの新しい楽しみ方、可能性にワクワクしてきます。
第二弾もあるそうで、ただいまお題を募集中みたい。
私もまた参加しちゃうんだ~~~。
言いだしっぺはたまさんzazamaruさんだそうです。
ホントに素晴らしい~~~♪
こんなに楽しいこと考えてくれてありがとうございます。
みなさまも是非参加しちゃいませんか~~~。(●^o^●)



こちらのブログ村に参加しています。
こんなサラダもいいな~、シンクロ楽しそうだな~と思われた方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



 
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-14 00:15 | Comments(24)

f0043911_1545943.jpg
先月、シンガポール料理を食べに行って、そこで食べたロティ・パラタ。
今までエスニックなカレーにあわせるものと言ったら、 ナンチャパティくらいしか知らなかった私は、もうこのロティ・パラタにぞっこん!!!
チャパティよりは柔らかくて、ナンまではもっちりボリュームがなく、パイみたいに層になっているの。

どうやらインドのパンらしいので、早速Pumpkinさんに聞いてみたところ、作り方がわかるのでブログに載せると言ってくださり、先日早々にアップして下さいました

これはもう作るしかない!!!
材料もシンプルで、全粒粉と塩とギーと水のみ!!
f0043911_23515.jpgf0043911_24311.jpg昨年ギーなるものを知った私は、珍しいものを見ると買わずにはいられない性分なのでもちろんGET♪
しかし、その後イマイチ使い方がよくわからず、たま~に炒め物に使ったりするくらいで、ギーをもてあましていたのですから、尚嬉しい。(*^_^*)
でもね、ギーって常温保存で良いので、チビ冷蔵庫の我が家でも場所をとることもなく、なんとな~く夏はゆるゆるになりながら、なんとな~く冬は固まりかけながら、ひっそりと引き出しの中に納まってくれていたんだから、ギーってなかなかやるのよ~。

そんな私が作ったパラタが一番上の写真です。
うふふっ、とっても簡単よ~。
とにかく材料を混ぜるだけなんだから~。
コネコネしたものをちょっと寝かせて、それを麺棒でうすーーーく丸く伸ばしていくの。
そしてそこにギーを塗り折りたたみ、そしてまたギーを塗り折りたたむ。
たった2回、それだけの折りたたみ作業であのステキな層が生まれるんだから嬉しいじゃない♪
それをまた薄く丸く伸ばして後は焼くだけ。

f0043911_25282.jpg焼くのはフライパンでと書いてあったのだけど、今回私が使ったのは、何と日本の家庭ならどの家にもあると思われる、あのガス台についている魚焼きグリル!
以前、某料理サイトのめぐみくんがこの魚焼きグリルでおいしいふかふかナンを焼くレシピを教えてくれたの。
これがね~、おいしく焼けるだけじゃなく、後片付けもグリルに敷いたアルミホイルを丸めて捨てるだけと言うブラボーな方法なのです。
しかもグリルの中はかなりの高温なので、あっという間に焼けちゃうんだから言うことなし!!!

f0043911_273550.jpgそんなこんなで焼いたパラタ。
ちょっと丸がいびつです。(^^ゞ
でも断面はこんな風にちゃーーーんと層になってまーーす!!!







今回、水に代えて、ちょうどひよこ豆を煮た煮汁があったのでそれを使用♪
なのでほんのり甘い仕上がりです。
あわせたカレーはインドカレーではなく、夫のリクエストがあったのでタイカレーのレッドカレー。
タイカレーにもとっても合います。
お店で食べたみたいに、ちょっとソースが多めの炒め物なんかにあわせて食べれば、おいしいソースもこれで拭き拭きして無駄なく食べられます♪

Pumpkinさんが教えてくれなかったら、おうちで作ることなんて無理と思っていたパラタ。
こうやってインターネットを通じて知り合えて、そしてすぐにわからないことも教えてもらえて、こういうつながりってすごいな~、大切にしたいな~と切に思う私でした。
Pumpkinさん、ありがと~~~♪
そろそろタイのバカンスから戻られる頃かしら~~~。

実はこのパラタ、作ったのは先週の週末なの。
そして今週末、今日土曜日に作ったのは、今度は同じ粉モノでもイタリア~ン♪

夫がピザを食べたいと言うので、「じゃーーー自分で作ってみようじゃないの!!!」と思い立ち、「じゃーーーどーせだったら フォカッチャも一緒に作ってみようじゃないの~~~」と二本立てにしてみました。(*^_^*)
参考にしたのは、落合務さんの「ちゃんと作れるイタリアン」
この本、裏ワザというか、ちょっとしたコツみたいなものが載っていたり、割と身近な材料を多く使っていたりするので、作ってみようという気分を盛り上げてくれてお薦めです。

f0043911_2163861.jpg
で、まずはフォカッチャ~~~♪
トッピングはベランダ栽培のローズマリーとハワイアンソルト。

f0043911_2165411.jpg
そして、ピザ~~~♪
トッピングはタマネギの薄切りと、自家製 パンチェッタ、そしてあ~悲しいかな、これで最後になってしまった自家製アンチョビ、そして焼けてからあわててのせたバジル。
それにしても、ちょっとチーズが多すぎでしょうか。(^^ゞ

フォカッチャもピザも、自分で作って言うのもナンですが、外側がパリパリでとってもおいしい♡
宅配ピザを頼むときは必ずクリスピー・タイプを選ぶ私と夫なので、このパリパリ感がたまりません!!
ピザはしいて言えば、次回はもう少し薄く伸ばしてよりクリスピーにしたいです。
そして、フォカッチャもそれが良いのかどうかは別として、今まで食べたフォカッチャよりも上の部分の皮がパリパリ~~~♪
私的にはそれがとってもおいしかった~~~。(*^_^*)

実はこれ、粉の配合が強力粉2:薄力粉1となっていて、これは落合さんのオリジナルなんだそうです。
ところが~~~!!!
なんと材料を計量し始めたら、なんと薄力粉が足りないではないですか!!!
それもかなり…。(-_-;)
えーーい、だったら薄力粉が足りないところをフランスパン用粉に代えて、それでちょっと強力粉も多めに加えて作っちゃおーーーーーと、はじめてのクセにかなり大胆な行動をとってしまったんです…。(爆)
だからパリパリになったのか、それともレシピ通りに作ってもそうなったのか、そのあたりがかなり疑問。
今度はちゃんと作ってみて、フランスパン用粉の効果なのかどうかを確かめてみなくちゃ♪

とにもかくにも、お粉はエライ!!!
お粉は旨い!!!
お粉は楽し~~~い。(*^_^*)
最近パンを焼いていない私には、久々のお粉で遊ぼう週間でした。


にほんブログ村に参加してます。
ちょっとおいしそうで楽しそうじゃないと思ってくださった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-12 02:22 | いろいろなお料理アイディア | Comments(30)

2006年2月に読んだ本

2月に読んだ本も2冊。
通勤途上だけだとなかなか読める冊数も限られますな~。
しかも私、あの電車の揺れに弱くて、いつもすぐに寝ちゃうしね…。(^^ゞ


f0043911_017578.jpg


「宿命」 東野圭吾


先月読んだ「白夜行」がとてもおもしろかったので、続けて読んだ東野圭吾。
だって帯に「のちの名作『秘密』『白夜行』そして『幻夜』へとつながる重要なテーマを秘めた原点ともいえる小説」って書いてあったんだもーん。
これは読むしかないでしょう♪

「白夜行」は最後に進むに従ってラストが予測できたけど、この「宿命」はすごいです。
大きな事件が解決して、一応平穏になったところでの終章。
その終章であ~びっくり。
これは本当に予想だにしなかった展開です。
そしてタイトル通り、これが主役の二人の男の宿命なんですね~。
う~ん素晴らしい!!
殺人事件が解決していく過程よりも、この二人の幼馴染の男の宿命の謎が、この小説の面白さでした。

東野圭吾、なかなかやりますね。
これは、続けて「秘密」、「幻夜」も読まなきゃいけないわ。


f0043911_0253033.jpg


「旅路のはてまで男と女」 林真理子


ご存知、週刊文春に連載の「思い出し笑い」シリーズの第十七弾。
これは文庫では新刊だけど、週刊文春に連載されていたのは4年以上前のものなので、内容はちょっと古い。

林真理子のエッセイ、久しぶりに読んだら、林さんを取り巻く環境がずいぶん変わっていたわ~。(って私は林さんの友達かい!!!)
結婚したときはずいぶんとおのろけていた夫君に対する態度も、夫君の林さんに対する態度もあらまぁ~ずいぶん変わっちゃったのね~。
まぁ、脚色はいっぱいあるんだろうけど、これだけ私生活さらせるってことは、林さんってとっても勇気がある方です。

作家なのに芸能人みたいにあちこち出まくっていると、一時期ずいぶんたたかれていたことがあったけど、私は言いたいこと言って、やりたいことを全部やってる林真理子が結構好きだわ~。
執筆業界の松田聖子と呼ばせていただきたいくらい!!
これくらい自由に生きていけたらいいな~。
う~ん、でもそのためにはやっぱりかなりの才能が必要ですね…。
凡人にはなかなか難しいことです…。トホホ…。


にほんブログ村に参加してます。
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-11 00:33 | 楽子の本棚 | Comments(10)

f0043911_0335990.jpg
はじめてのお味噌作りから早1ヶ月半ほどたちまして…。
そのときから構想を練っていた変わり味噌作りを決行いたしました~♪
あっ、ブログ更新が遅れておりますが、実際に仕込んだのは3/5の日曜日です。

f0043911_0343237.jpg仕込んだのは、愛すべきひよこ豆を使ったひよこ味噌~~~。(●^o^●)
果たして上手くお味噌になってくれるのでしょうか…。

仕込み方は前回の大豆のときと全く同じ。
ただ、ひよこ豆味噌というのがどのようなものになるのやらちょっとわかりかねるので(笑)、ひよこ豆300グラムという可愛いサイズで仕込みます。

今回は圧力鍋使用でひよこ豆を煮ます。
前日夕方から水につけておいたひよこ豆を全部圧力鍋に入れ、付属の落し蓋をして、圧力弱で30分。
そのまま火を止め1時間ほど蒸らします。
蓋を開けてひよこの柔らかさを確かめてみると~~~。
うーーん、いい感じ♡
親指と小指で優しく挟んだだけで力を入れなくても潰れます。(*^_^*)

そしてその柔らか~いひよこ豆の水を切り、前回同様、大きくて厚手の漬物用ビニール袋に入れて足で踏み踏み~~~♪
300グラムなのでもうあっという間にしっかり潰れてなめらかなペースト状になっちゃいました。
あ~なんて楽々♪

そこに塩切りをした生米麹を入れ、もう一度踏み踏みしてビニールの中でざっくり混ぜ合わせます。
塩は沖縄のヨネマース。
今回は前回の計算間違えを踏まえて、量も間違いないと思います。"^_^"
麹は麦でもよかったんだけど、生の麦麹が手に入らなかったので無難に米で…。

このビニールの中で踏み踏みして混ぜたそれをボールに移し変え、更に手でよく混ぜ合わせ、ギュギュッと握って味噌玉作り。
味噌玉を作るったって、何しろ量が少ないのいくつでもありません。
そうして出来上がった味噌玉が一番上の写真です。
ぱっと見、大豆の味噌玉と全く同じように見えますね~。
でもね~、お豆を炊いているときから、この潰して混ぜて握っての工程の間中漂う香りがやっぱりひよこなんですよ~。
ホクホクしたあの大好きな香り♡

f0043911_0353674.jpg今回仕込む容器は100円ショップで買ったとても小さな漬物容器。
味噌玉を入れて上からギュッと手のひらで押さえたいのだけど、手のひら全部が入らない!!!!
仕方がないので手をグーにしながら適当に押さえて行って、最後に少し残してあった塩をパラパラっとまぶして、更に焼酎のスプレーをしてラップをかぶせます。

f0043911_036879.jpgそして今回も重石は本。
文庫本なら入るだろうと全部で1キロになるようにそろえました。

f0043911_0363441.jpgしかーーーし、あ~なんということでしょう!!
文庫本の縦のサイズより容器の方が小さいので、そのままでは入れられない!!!
そして考えてみたら内蓋もない…。(-_-;)
やはりここでも計画性のない私…。
えーーーい、こうなったらとりあえず文庫本を立てて無理やり容器に入れちゃえ~~~。
もちろん内蓋だって省略です!!


f0043911_037122.jpg保存場所は大豆で仕込んだ味噌と同じく、うち中で一番寒い部屋。
大豆味噌の隣にちょこんと並べてみました。(*^_^*)
ちなみに大豆味噌のほうもチェックすると、たまりもさらにまた少し出ていたので、本の重石を1つ減らしました。
本棚に戻っていただいたのは「五番目のサリー」。
お役目お疲れ様でした。

ひよこ豆味噌、果たしてどうなることやら~~~。
あのホクホクの香りそのままに、おいしく熟成していってくれますように~。(*^_^*)


*********************************************

今回の配合
ひよこ豆  300グラム
生米麹   300グラム
塩      150グラム(塩蓋分含む)
 



にほんブログ村に参加してます。
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-08 00:44 | お味噌作り記録 | Comments(28)

f0043911_0405179.jpg
あ~、昨晩やっと持ち物バトンなるものをアップして、化石の携帯まで披露しちゃった私ですが、おーーーっ、そのコメントを読ませていただいていたら~~~!!!
今度はロンドンのミリアムさんから「私生活バトン」ってのがくるくる回ってきました~~~。(゜o゜)
私生活ってなんだか怪しげ~~~な響きですが、さて元バトン部、華麗に回せるかしら~。(^^ゞ

えーーーい、今夜もひとついってみよーーーーーー!!!!

1.家に帰ってまず何をする?

何はともあれ、まずはコンタクトをはずします。
やっぱりね~、何年たってもゴロゴロとした異物感はあるのよね。(-_-;)
その後はあんまり見えないけど、裸眼で料理作ったりしてます。
感が命!!!!

2.普段家での格好は?

平日はひどいです…。
朝起きてパジャマ(と言っても綿のイージーパンツに長袖Tシャツ)のまま食事をし、出かける直前までそのまま。
そして帰ってくるとすぐにまたそのパジャマに着替えます…。
すなわち~~~、家にいるときはずーーーっとパジャマです。"^_^"
宅急便屋さんや新聞屋さんが来ても部屋着です♪って振りして、堂々と出る!!!
気の持ちようですから~~~。(爆)

3.部屋はどんなかんじ?

マンション特有のあの白い壁に囲まれてます…。(-_-;)
一番長く過ごすリビングは、できるだけくつろげる空間にしたいので、あまりモノを置かないようにして、壁には旅行先で購入した絵などがかけて、いつでも南の島気分を味わえるようにしてます。
最近は、アボカドやアイビー、バンブーなどグリーンも増えてきています。

4.その部屋はあなたの理想にかなってる?

モノはあまり置かないなんて言ってますが、やっぱりあふれてますね~。
特にキッチンはもう収まりようがないという感じで、もう少し収納スペースがあればな~って思います。
理想にはほど遠いですが、まぁ賃貸なので致し方ないかしら…。

5.朝型人間?夜型人間?

夜型です。
朝はどんなに寝ても眠い!!!!
携帯止めて寝てることもしばしば…。
普段はボーーーッとしてるくせに、寝坊した後の対応は慣れてるだけにめちゃくちゃ早いです。"^_^"

6.好きな音楽は?

ゆったりとくつろげる音楽が好き。
ハワイアンなどを良く聞きます。
IZや、ケアリィ・レイチェルが好き。
特にIZのあの声には泣けてきます…。
日本人ではBEGINが好きです。

7.好きな本は?

本を読むのは好きなので沢山あるけど~~。
今パッと思いつくのを書き出します。

「君について行こうー女房は宇宙をめざす」(向井万起男)
 万起男ちゃん、私の理想の夫です。(*^_^*)
 こんなにキュートな人っていないと思うし、もうここまで女房を応援できるっていうのが懐深い  ヤツだな~とほとんど尊敬してます。

「デザートはあなた」(森瑤子)
 最近コレを読み返しているのですが、ここに載ってる料理を全部作ってみたい!!
 料理本ではないけれど、想像しながら作るっていうのが楽しそうで、いつかここに出てくる料理 シリーズってことでブログにも載せたいわ。

「りっぱな犬になる方法」(きたやまようこ)
 子供向けの本なんだけど、書いてあることが良く読むと深くていいのよね~。
 なるほど~と思わされることが多いです。
 イラストもとっても可愛い♡

「沖縄美味のナ・ン・ダ!? 」(沖縄ナンデモ調査隊)
 この本に出会わなかったら、多分私はこんなに料理が好きになってなかったと思う。
 この本を読んで、沖縄の海以外にも食材に興味を持ち、市場であれこれ買って帰るようにな  り、そこから料理が好きになっていった、そんな私のバイブルです。

「Night Rainbow」(高砂淳二)
 写真集です。
 水中写真家の高砂さんがハワイの夜の虹を撮ったもの。
 高砂さんの写真はとっても優しくて(偶然一緒に潜ったこともあるのですがご本人もとても優し い)、見ていて癒されます。

8.好きなマンガは?

マンガはほとんど読みませんね~。

9.好きなゲームは?

頭を使わずに単純に出来るのが好き♡
携帯でだけど『テトリス』大好き。(^^;
以前これで腱鞘炎になりかけたことがあります…。(夫には内緒です)

10.好きな服装は?

断然カジュアルなパンツ。
今はスカートも履くようになりましたが、一時期パンツばっかりのときがあって、いざスカートを履こうと思ったら一体足元はどうしたらよいのかわからなくなり、困ったことがあります。
そのパンツもダボッとしたのは苦手で、細身のものが好きです。
あ~でもそろそろ入らなくなってきてる…。(-_-;)

11.好きな食べ物は?

辛いもの、臭いもの、ネバネバしてるもの。

12.好きな飲み物は?

断然ビール♪
夏の暑~いときでも、冬のぽかぽかの部屋でもまずはぐびぐびっとビールです!!!
あ~、でも今うちで毎日飲むのはなぜか発泡酒…。(>_<)

13.好きな動物は?

f0043911_2291742.jpgおうちで飼えるペットとしては犬が好き。
猫よりは断然犬派。
それから飼えないけどイルカが好き~~~。
一度でいいから背中に乗って海をビューーーンと走りたい!!    

14.好きな場所は?

f0043911_229424.jpg家かな~。
意外と出かけなくても大丈夫なタイプ。
家でのんびりゴロゴロして、好きなときに寝て、好きなときに起きるのが好き~♡
あっそれから忘れちゃいけない南の島~。
南の島で波の音でも聞きながらのんびりいた~い♡
結局私の好きなキーワードはボーーーーッとすることです!!!!

15.好きな言葉は?

なんくるないさ~。
沖縄の言葉で、そんなことどーにでもなるよ、なんてことないよって言う意味。
私の人生、ほとんどそれだけで乗り切ってきてます…。(爆)

16.苦手なものは何?

カエル。
世の中の生き物で一番嫌い…。
今まで生きてきて一度も触ったことがない!!!

17.コレだけは人に負けないものはある?

あんまり物事を気にしない。
あ~どうしよう!!!って困ったことも悩んだこともすぐ忘れる!(それでまた困ることが多々ある…(-_-;))

18.親友に一言!

こんなズボラな私だけどいつまでもよろしく♪

19.ブログ仲間に一言!

いつも元気をもらってます。
ホントにいつもどうもありがとう!!!!

20.最後にこのバトンを回したい人を5人まで

いつも生活をとっても楽しんでいるな~と思ってるaiwhasさんにお願いします!!!

あっ、一番上に猫の写真を載せてあるのは、こんな風にボーーーッとのんびり過ごすのが私生活の夢だから~~~。
まったり、のんびり、ボーーーッとするの大好き♡


にほんブログ村に参加してます。
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2006-03-07 02:04 | Comments(14)