前の記事からちょっと間が空いてしまいましたが…。(汗)
富山旅行最終日です。
そう、この日にこの旅のメインイベント、富山に行こう♪と決めたきっかけになる場所へ行きます!

f0043911_02454416.jpg
富山市内のホテルからレンタカーで高岡市まで行き、高岡市内のレンタカーオフィスにてレンタカーを返却し、そのまま高岡駅まで送ってもらい、そこから万葉線に乗ります。
てっきり普通の鉄道なのかと思っていたので、改札付近で見つけても乗り場がよくわからず、人に聞いたりして向かった先に待っていたのは路面電車です~!
富山市内にも路面電車が走っており、それも同様でしたが、ちゃんとJRなどの駅の構内に乗り場があるんですね。
路面電車と言えば、子供の頃住んでいた仙台で走っており、それはどちらかと言えばバスと同じような位置づけで、駅の外の普通の道路に全部の停留所があったので、まぁ電車と言う名前が付いているのですから駅から出ているのが正当のような気もしますが、この駅の中に乗り場があるということにちょっとびっくり!

f0043911_02463488.jpg
早速乗ってみると、まぁなんとドラえもんだらけではないですか!!
後から知ることとなるのですが、このドラえもんトラムは特別の電車だそうで、一日数本しか走っていないらしい!
ラッキー♪♪
藤子・F・不二雄さんは、実は今の我が家のある街に住んでいらして、市内には結構人気のある藤子・F・不二雄ミュージーアムがあるんですけど、その藤子・F・不二雄さんは高岡の方だったのですね。

f0043911_02475298.jpg
高岡駅から高岡市内を抜けて走ること約一時間と少し。
降り立ったのは「東新港」駅。

f0043911_02470498.jpg
そして、この日のイベントのため、この万葉線に乗ってここまで来た人には、帰りの無料券がもらえた!!
まぁなんと太っ腹!
自動車ではなく公共の交通機関を使って移動してもらうためにも、こういうサービスはいいですね。

f0043911_02483018.jpg
駅からてくてく歩いていくと、見えてきましたよ~。
心なしかおいしそうな匂いまで見えてくる!!

f0043911_02484695.jpg
たどり着いたのは「新湊きっときと市場」。
「きときと」と言うのは、富山の言葉で「新鮮」と言うこと。
「きっときと」だもの、とんでもなく新鮮ってことよねー。

f0043911_02491082.jpg
そしてどうしてこの日、ここ新港きっときと市場に来たかと言うと、目的はこれ。
新湊カニかに海鮮白えびまつり
なんてったって白えびを食べ尽くす旅てすからね、これは外せないでしょう!!
ってか、このために富山に来たんだもの~。

新鮮な魚介類があっちにもこっちにも。
万葉線に乗っていた地元の方らしき方も、大きなクーラーボックス持っていたものなぁ。

f0043911_02493968.jpg
何はともあれ、カニ!!

f0043911_02502202.jpg
貝もエビもざるにたっぷり、安いわ~。
今見ると、このトヤマエビって書いてあるの、何で買わなかったのかと思う…。

f0043911_02503797.jpg
タイだってこんなにぴかぴか!
これ、このトロ箱いっぱいでこの値段ですよ。
どうです?奥様!

f0043911_02510539.jpg
グジ、東京辺りで言うところのアマダイ。
これはやっぱりそこそこ良いお値段しますね。
上品なお味で大好き!!
でもなかなかに、特に東京では高級品!

太刀魚の一夜干し。
後ほどこちらをお買い上げしたんですが、これね、すごく立派な太刀魚で、トロ箱いっぱいで値札の通り1600円なんですよー。
f0043911_02512655.jpg
太刀魚も東京辺りではとってもお高い魚。
そして大好きな魚。
思わず「あの~これ、何尾でこの値段なんですか?」と聞いたら、「えっ、もちろんこの箱全部でだよ!」と笑われてしまった!!

f0043911_02514741.jpg
鼻息荒くしながらあっちこっちの魚やら海産物やらを見て、人だかりを見つけたので行ってみると、そこは大鍋で作るかに汁の会場。
これは食べるしかないでしょう!!

f0043911_02520737.jpg
どどーんと、足なんてめちゃくちゃ何本もはみ出してる、山盛りのカニ汁。
いや~旨いのなんのって!!
めちゃくちゃ出汁が効いてて本当に良いお味。

f0043911_02522833.jpg
カニを堪能した後は、またまた鼻息荒く、白えびのブースへ。
白えびはから揚げとすり身揚げがあり、こちらもなかなかの行列なので、夫と二手に分かれてそれぞれを購入。

f0043911_02525078.jpg
じゃーん!
ついでにキリンビールのブースを見つけ、富山づくりも買ってきました!!
食べるよー、白えび。

f0043911_02530826.jpg
二つのうち、特にから揚げが激ウマ。
香ばしくてビールが進むのなんのって…!!
すり身揚げもおいしいにはおいしいんだけど、他のすり身と混ざっちゃっているので、イマイチ白えびをふんだんには感じられず。

実はカニかに海鮮白えびまつりと言うので、白えびがもっといっぱい売っているものと思っていましたが、白えびを食べられたのはここだけ。
これだけ小さいえびだし、刺身などで出すにはこのイベントの規模から言って手間がかかりすぎて間に合わないし、漁獲量もカニに比べるとまだまだ少ないのでしょうね。
だから富山以外にはなかなか出ない!!
やっぱり貴重な富山の宝石なんだわ~~~。
心して食べねば!!

f0043911_02533337.jpg
白えびも堪能したところで、まだいけるよね~と、今度はまたカニに戻って押し寿司をば!!
カニの身ぎっしり!!
そりゃーおいしいに決まってますよ!!

f0043911_02535380.jpg
会場内をぐる~っと見て周り、買いたいものも買って、まだ時間があったので、ちょっと近くを散策…と思って出てみると、こんなに素敵な公園、海王丸パークにたどり着きました。
歩くと暑いくらいの本当に良い天気で、そんな青空に映える真っ白な帆の海王丸。
商船学校の練習船だったものをここに移してきたそうです。

f0043911_02540865.jpg
中に入ることが出来るというので早速乗船。

f0043911_02542946.jpg
大迫力です~!!
すごく気持ちがいい!!

この海王丸、船の中を見学できるようになっているんですよー。
かなり楽しかった!

f0043911_02545245.jpg
そんな海王丸を後にして、再びきっときと市場へ。
最後にもうひと買い物して(まだ買うんかいっ!!)、ふと見るとこんな看板見つけました。
ソフトクリームに白えび?って感じがしないでもないですが、何しろ今回は目に付いた白えびは全部食べようと思っていたし、これ、普通のバニラソフトと同じ値段ですよ。
これはお値打ちでは!!

f0043911_02552233.jpg
と言うわけで食べてみました、白えびソフト♪
青空に神々しく輝く富山の宝石~♪
お味のほどは、上にのってる白えびは白えびのお味でとってもおいしく(当たり前です…笑)、クリームにも入ってますというふれこみのクリームは、なんとなしには香りがするものの、でもどちらかと言えば普通のバニラ味。(爆)
でもいいんです♪♪
あらゆる白えびが食べられて満足、満足。

きっときと市場に別れを告げ、東新湊駅に戻り、ここからまた万葉線に乗って高岡駅に行きます。
帰りは普通の万葉線の車両だったのですが、車内放送が立川志の輔さんなんですよー。
志の輔さんは新湊のご出身だそうで、停留所の案内だけでなく、途中の見所などを面白おかしく案内してくれます。
黒部峡谷のトロッコ電車の室井滋さんと言い、富山は地元愛あふれるお話上手な方がたくさんいらっしゃいますね。
新湊への往復だけとなった高岡ですが、古い土蔵作りの街並みなど、ゆっくり見てみたかったなー。

そんなこんなで楽しく乗っていた帰りの万葉線車内で、実は大変なことが発覚。
帰りの新幹線に合わせて乗ったつもりの万葉線でしたが、実は夫が一時間(!)時間を間違えていたのですよ。
えぇ、もちろん後ろに一時間…。(大汗)
「多分ギリギリ間に合うよ」と言うのだけれど、私は富山駅でお買い物もしたくて、そのために一時間半時間を取ってあるからゆっくり見られるよと言う言葉に安心していたのだよ。
なのになのに、なんとギリギリですと!!

もう高岡駅に到着前からそわそわし、荷物を預けていたコインロッカーから荷物を取って帰ってくる夫を思わずそのまま置き去りにしようかと思ってしまったくらいに、新幹線に間に合うために富山駅まで行く電車に乗るのもギリギリでした…。
そして、富山駅で、今回の旅でどうしても買いたいものを買うべく店に向かい、そしてなんとなんと最後の一個をゲットしました!!!
焦った…。
でも良かった…。

f0043911_02564117.jpg
そんなこんなでほっとして新幹線に乗り、駅で買い込んだ地元のクラフトビールとつまみでプシュー、ぷわーっと一杯やる我が夫婦。
ギリギリだって買うときゃ買うわよ!!(笑)

今回の富山の旅、ホントにね、私はこの日の「カニかに海鮮白えびまつり」に行けさえすれば満足だったのだけれど、黒部峡谷やら立山アルペンルートやら、黒部ダムやら、富山市内観光やら、思っていたより何倍も楽しい旅でした。
富山いいです、また行きたい♪

そして白えびを食べ尽くし、どの白えびがよかったかというのは次の記事で!(まだ続くのか!!)
富山ラブーーーーー!!


こちらのブログ村に参加しています。
きっときとのカニに白えび、魚たち、食べたい!!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]
# by rakurakurakuko | 2017-01-22 03:00 | 小さな旅 | Comments(6)

2016年12月に読んだ本

2016年分最後の読書記録。

f0043911_17085803.jpg
「台所のラジオ」 吉田篤弘


よかった!
読みやすいタイプの吉田篤弘さんでした。

ちょっとずつ登場人物がかぶるような、短編集。
なんとなくみんな、台所にラジオがあり、それが主役ではないのだけれど、何かって言うときにそのラジオから流れるDJの一言、二言に背中を押されたり、考えさせられたり。
登場人物たちは、吉田さんの描かれる人らしく、少しだけ現実離れしているような人たち。
抜き打ち検査員だったり、依頼により元女優洗浄機を作る人、人のセーターばかりを編む人だったり。
ありえないような設定だけど、なんとなくのほほんとその辺りに居ても一瞬気が付かないのではないかなと思ってしまうような人たち。

中でも、美々と直人が故郷の町のビフテキ屋に行く「明日、世界が終わるとしたら」が良かったかな。
それから紙カツの話も後からまたなんとなく出てくるのも良かった。

夢と現実の狭間をさまようような、そんな吉田篤弘さんの世界に浸りたい人にはぴったりの一冊です。
あーなんだか私も台所にトランジスタラジオ、欲しくなるなー。


集計してみたら、2016年に読んだ本は全部で23冊!
少ないね~。
ここに載せてないものも、気楽な読み物等は何冊か読んでいるし、金継ぎ関係の本なども読んだのだけれど、それを入れてもかなり少ない。
今年はもう少し読めるといいな。


こちらのブログ村に参加しています。
台所にラジオっていいよねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************
f0043911_17093399.jpg
お正月の記録にも書きましたが、今年の黒豆煮作成にあたり、この「ザ・鉄玉子」を購入しました♪

南部鉄で出来ている手の平サイズのこの玉子ちゃん、結構な重み。
なんと言っても「ザ」がついてますからね、スペシャルな感じ。(笑)

どのくらい効果があるものかと思っていましたところ、本当に真っ黒つやつやに仕上がりまして、かなり満足♪

パッケージにも「鉄分補給」とあるし、「鉄玉子」で検索するといろんな記事があり、結構これ、貧血の人向けにお医者さんも推奨しているそうなんですよ。
何を隠そうこの私、貧血持ち。
これはせっかく購入したのだし、一年に一度だけではなく、毎日のお茶を沸かすときに使ったらよいのではと思い、今年から早速使っています。

毎朝、会社に持っていくべくサーモスの水筒にほうじ茶を作っていくのですけれど、その際にこの鉄玉子ちゃんを使ってみました。
すると…。
なんとなんと、格段にお味が違う!
よく南部鉄器の薬缶でお湯を沸かすと、お湯がマイルドと言うでしょ。
まさにそうなんです!!!
お茶が喉をくぐるときにとろりんとする感じで、一口飲んだだけで本当にいつものお味と違いびっくりしました。
こんな手の平サイズの玉子ちゃんでこんなに効果があるなんて、南部鉄器の薬缶で沸かしたらどんなかしらと思い、思わず購入したくなりましたが、まぁしばらくはこの玉子ちゃんを可愛がりたいと思います。
貧血予防にどうかと言うのは今のところ格段に成果は上がっていませんが、でもこれだけおいしいお茶を飲めるのだったらそれだけでも十分満足♪

f0043911_17110855.jpg
ホントにえらいわ~、大切にするわ~と、玉子ちゃん専用の寝床も準備しました。
いろいろ見てみると、錆防止には水分をよーく拭き取った玉子ちゃんをキッチンペーパーで包み、その上からラップで覆うと良いなどと書かれているものがあり、そのようにしていましたが、最初の黒豆のときについたのではないかと思われる錆が結構ひどくなってきました。
錆錆ではかわいそうだし、なんとくな錆の匂いのお茶になるのも嫌だしと思い、いろいろ考えて激落ちくんで磨いてみたところ、すっかり錆も落ち、またピカピカ肌の玉子ちゃんになりましたよー。

そして、なんとなんと、カンボジアでも同じようなものが普及しているらしい!!
その名もlucky-iron-fish
カンボジアの人には貧血の人がとても多く、幸福のシンボルとされている魚の形の鉄の塊を作ったら、結構な人に広まって、貧血改善に大変効果が上がっているらしい。
私もがんばろー!!

f0043911_17120495.jpg
そんな我が家の玉子ちゃんを使ってお湯を沸かし、紅茶を入れて、のんびりティータイム。
フルーツケーキは、Fujikaさんのお手製。
ざくざくとドライフルーツとナッツが入っていて、洋酒が利いてておいしいです♪
ごちそうさまです♪♪


◆12月に作った保存食◆
赤カブの梅酢漬け
カリフラワーとズッキーニのピクルス
黒豆煮(小分け冷凍保存)
蓮根の甘酢漬け
牡蠣のオイル漬け
白菜漬け

[PR]
# by rakurakurakuko | 2017-01-17 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(2)

f0043911_16075211.jpg
せっかく年始までブログ記事が進んでいたのですが(笑)、少々後退、クリスマスの話題!

今年のクリスマスは三連休。
私はそこにもう一日有休をつけたので4連休でした。
その4連休、年賀状書きと大掃除に明け暮れていたことは、ひとつ前の年末年始記録に書いたとおりですが、そのうちの1日、25日だけは楽しいクリスマスパーティーのためにあけておいたのです♪
パーティーのメンバーは、わが夫婦とご近所に住むAっち。

Aっちが来る前にとりあえず料理の下準備。
f0043911_16095592.jpg
こちらは秋に作っておいた巻き柿。
作ってしばらく冷蔵庫で寝かせてからそのまま冷凍してあったので、ドキドキしながら開封。
果たしてきれいに巻けているか~~~。

f0043911_16100969.jpg
ほっ!
なんとなく良いではないですか!!
今年のバージョンは柚子ピールかなりたっぷり。
実は毎年お正月に島根から送ってくる干し柿を実家からもらい、それで巻き柿作るのですが、今年は送ってきた量が少ないからともらえなかったの…。(涙)
なので貴重となってしまった巻き柿。

f0043911_16105548.jpg
そして生ハム。
実はこれ、自家製。
…と言っても私が作ったわけではなく、duckbillさんが作られたのですが、スライサーを買ったからときれいにスライスして、もうまるで売っているものかと見粉うような、いえ、売っているものより数段ゴージャスなパッケージに入って送られてきたのです。
いや~とっても嬉しい♪

f0043911_16140102.jpg
で裏も!!
すばらしい!!
この凝り様、いかにもduckbillさんです。
これをきれいに取り出してお皿にセッティング。

f0043911_16142709.jpg
今回のメインは骨付きラム肉。
こんなに固まりになったのを調理するのは人生初。
オーブンで焼こうかとも思ったのですが、落合務さんの本を見るとフライパンでおいしく焼く方法が載っており、そちらのレシピで作ることにしました。
まずは骨と骨の間に切れ目を入れておきます。

f0043911_16145502.jpg
裏側の皮の部分にも格子状の切れ目を入れて、焼き縮みを防ぎます。
しかし…、ちょっとこれは深く切れ目を入れすぎたような…。(汗)
まぁその辺りはあまり気にせず、強めに塩胡椒。

そんなことをしていたところで、Aっち登場!

f0043911_16151602.jpg
すごい!!
こんなにたくさんのお土産を持ってきてくれました。
こんなにいっぱいディーン&デルーカが並ぶのも人生初!!
ゴージャス~♪(実はこのほかにケーキも頂いた!!)

f0043911_16162821.jpg
まずはココファームワイナリーののぼっこを開ける!!
今年ののぼっこの発泡具合はすごいのよねー。
しゅわしゅわとした細かい泡がかなりの時間立ち上ります。
もちろんもったいないのでボウルで受けて、それも頂きますよー。

しかし、わーい♪と飲んでばかりいるわけにはいかないのですよ。
まずはラムを焼かねば!!
無理やりAっちも巻き込んで、レシピを見ながら焼き加減のチェック。
ええ、お客様だろうとなんだろうと、人使い荒い我が家です。(爆)
切れ目を入れたラム肉の塊を、オリーブオイルを多めにひいたフライパンで両面こんがりと焼いていく。
大体の時間と焼き色などが写真入りで載っていたのですけど、何しろ中にどのくらい火が通っているかよくわからず…。
金串をちょいと刺してみてそれを手に当てて熱さを測ってみるも、あまり良くわからず。(笑)
焼き色と時間もそろそろ本と同じかもう少し着いているくらいなので、そろそろ良かろうと肉を引き上げて切り、肉を焼いたフライパンにバターをたっぷり加えてソースを作り、切り分けたラム肉にかけて完成!

f0043911_16171365.jpg
わー♪♪できたーーー♪♪♪
かな~りレアな仕上がりで、なんとなくそれが少々心配であったのだけれど、本の写真の色はもっとレアな感じだったしこれでいいのよね~と食べてみました。

すると…、レアなラム、おいしい!!
レストランで出てくる骨付きラムってもう少しちゃんと焼いてあるものばかりだけど、レア、おいしいですね♪
とっても簡単に出来てこれだけおいしいのだったら、これからも時々塊肉買ってきて作ろう!!

f0043911_16174203.jpg
こちらはディーン&デルーカの(この後Dと表記)焼き野菜プレート。
タルタルソース付き!!
カラフル野菜がた~っぷり。
さすがにどれもとってもおいしいお野菜、そして焼き加減。

f0043911_16180291.jpg
おつまみプレート。
上からduckbillさんの生ハム、巻き柿、チェダーチーズ、ゴルゴンゾーラ、真ん中が小豆島のオリーブ。
生ハム、とっても優しいお味でとろんとしておいしい!
あーとても良いときに送っていただけたことに感謝だわー。

f0043911_16181841.jpg
柿と蕪のサラダ 柘榴のせ 。
中東風の香りのこのサラダ、Aっちがとっても気に入ってばくばく食べてくれました。

ドレッシングには今はまっているデュカ入れてます。
ホントはオリーブオイルに混ぜてパンにのせて食べるものらしいのだけれど、これをドレッシングに使ったり、炒めに入れたりするのにはまっているのです。(こちらはまた別記事予定)
あーこんなに簡単なもので喜んでくれてよかった!!

f0043911_16201798.jpg
サツマイモのレモン煮。
クリスマスっぽくてよいかな~と思って作ったのですが、お土産がとてもいっぱいでおいしくて、こちらはあまり手付かずに…。
かなりいっぱい作ってしまった…。(汗)
でも日持ちするものですし、半分はAっちに無理やり押し付け持って帰ってもらい、残りは後で食べたりお弁当にも重宝しました。(笑)

f0043911_16204798.jpg
パエリア(D)。
特に夫が大喜び!
クリスマスのメニューの話をしているときに、「パエリア」食べたいと言っていたのですよ。
そのときに気持ちはラムだった私にあっという間に却下され、あきらめていたところ、天使のようにAっちが持ってきてくれました♪

f0043911_16210976.jpg
とってもボリューミーなキッシュ三種(D)。
実はココファームの収穫祭に行ったとき(これもまだ記事に出来ていない…汗)にもAっちはキッシュを持ってきてくれたのだけれど、それはパン屋さんのキッシュで、お味はおいしいけれどボリュームに満足していなかったそうで、「やっぱりキッシュはこれくらいドーンと厚さがないと駄目だよねー」と。
ほんと、頂くと確かに厚みがあるほうがおいしく感じる!!

ココののぼっこの後、Aっちが持ってきてくれた泡を開け、その後また赤を開け、かなり飲んだくれ楽しく過ごしました。
途中で酔いつぶれた夫はソファーに沈んでた…。(笑)

Aっちありがとね~。
またまったり家呑みにお付き合いください♪


こちらのブログ村に参加しています。
わ~おいしそうなものをいっぱい食べて呑んだくれたい~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by rakurakurakuko | 2017-01-14 16:25 | いろいろなお料理アイディア | Comments(0)

2016年末から2017年始記録

自分の備忘録として、年末年始記録をば!
一度にたくさんのことをする体力・気力がなくなってきているので、とにかく少しずつやろう♪と心がけた今回の年末年始。
年末から行ったことを日付順にリストアップすると…。
11月24日  カーテンの洗濯その1
12月11日  食品棚の整理
       カーテンの洗濯その2
       ベランダの掃除
12月18日  冷蔵庫の中の整理
12月23日  年賀状書き
12月24日  黒豆煮作成(12月26日に瓶詰めに)
       大掃除
12月26日  蓮根の甘酢漬け作成
       牡蠣のオイル漬け作成
12月27日  白菜漬け作成
       松前漬け作成
12月30日  仕事収め
       煮豚作成
       数の子塩抜き(12月31日に調味液に漬ける)
       焼きかぼちゃのテリーヌ作成
12月31日  刺身購入
       実家へ移動

こんな感じでございます。

◆お料理関連トピックス◆

○黒豆煮
f0043911_15541185.jpg
今年もタイ料理教室の橋本先生経由にて、黒豆の本場丹波でも特においしいといわれている波部黒地区の単一畑で採れた大粒の黒豆を購入。
12月のタイ料理教室の際に、「黒豆の連絡がまだないのよー。」とおっしゃっていたので少々心配していたんですが、クリスマスを挟む三連休前に「24日に黒豆が届きます」との連絡を頂き、大掃除の合間にS駅にて橋本先生と落ち合い、頂いてきました。
今年もふっくら大粒!

そして今年は、ぜひとも黒々とした黒豆にしようと思い、事前にこちらを購入。
f0043911_15543686.jpg
南部鉄の「ザ・鉄玉子」!
大き目のスーパーや百貨店のキッチングッズを置いてあるようなところに売っているだろうと思っていたのですけど、見つけられず、東急ハンズでやっと見つけました。
手の平サイズなれど、意外とずっしり。
果たしてこの鉄玉子ちゃんの成果はいかに!

◆材料◆
丹波の黒豆(大粒) 600g
グラニュー糖  300g
水 1.5リットル
醤油 大さじ1.5
塩 小さ1.5
◆作り方◆
①鍋に水、砂糖、醤油、塩を火にかけて溶かし、砂糖が完全に溶けたら火を止め、やさしく洗って水きりをした黒豆と鉄玉子
を鍋に入れ一晩浸水させる。(熱い調味液に黒豆を入れるということ)
②一晩置いた①を強火にかけ、煮立ったらアクをすくい、オーブンペーパーを押し蓋にしてまめが踊らないように静かに20~30分ほど煮る。
③②の鍋に鍋帽子を着せて保温した状態で一晩おく。
④一晩置いた③の鍋を火にかけ、煮立ってから10分ほどしたら火を止めて、また鍋セーターを着せて半日。
⑤半日後、また④と同じく煮、指でつぶれるくらいになっていたら出来上がり。
⑥煮沸消毒した瓶に黒豆煮を瓶の8分目くらいまで入れて、冷めたら蓋をして冷凍庫でお正月まで冷凍保存。

ここのところ毎年同じ配合で、鍋帽子をかぶせて保温調理で作っていますが、今年は砂糖を変えてみました。
今までは黒砂糖ときび砂糖半々でコクのある味にしていましたが、今年はグラニュー糖ですっきり系を目指しました。
黒砂糖を使っていた理由の一つには少しは黒っぽく出来るかなと言うことがあったのですけど、今年からは鉄玉子も入れることですし、白い砂糖でどのくらい真っ黒つやつやになるものかと、そういった実験の意味もこめて。
黒豆は12月24日の午前中に頂いたので、家に戻ってお昼前に熱い調味液に漬け、24日の夜、25日の朝、25日の夜、26日の朝と、都合4回、煮汁が熱くなり豆が上に浮かんでくるまで火をかけて、豆が上に浮かんできたところで火を止め保温を繰り返しています。
途中煮汁が少なくなってきたので、結構水を足しまして、結構足したので砂糖も少し足しています。

f0043911_15535355.jpg
結果はね、大成功!
やっぱり鉄玉子ちゃん、すごいです。
今まではちょっと小豆色がかった黒だったのだけれど、今年はホントに真っ黒け。
グラニュー糖味もすっきりとしておいしいかった。
来年もこれで行こうかな~と思っています。

全部で大瓶2瓶、ジャム瓶10瓶できた黒豆煮。
瓶に詰めて粗熱が取れたところで冷凍保存しています。
黒豆煮は冷凍しても味に遜色ないし、何より暮れがいよいよ押し迫ってから煮るのは、31日に移動する我が家にとってはかなり大変なので、この冷凍方式が便利。
大瓶1瓶は31日にそのまま実家に持ってお正月に食べ、大瓶のもう一瓶は25日のクリスマスに我が家に遊びに来てクリスマスパーティーをしたAっちにお持ちいただきました。
去年は職場のメンバーに一瓶ずつ無理やり押し付けたのですが、今年はメンバー増えちゃったのでちょっと声をかけるのも難しく、ジャム瓶10瓶はそのまま我が家の冷凍庫で眠っています。
今年一年、ちびちびと消費していきたいと思います。

○松前漬け
f0043911_15554354.jpg
大元は富沢商店の無料レシピです。
◆材料◆
にんじん  1本
するめ 50グラム
松前漬け用昆布 25グラム
みりん 35ミリリットル
日本酒 125ミリリットル
醤油 35ミリリットル

◆作り方◆
①にんじんを細切りにする。
②醤油、みりん、日本酒を各分量混ぜあわせ漬け液を作り、火を通し冷ましておく。
③ビニール袋に漬け込む材料を入れ、漬け液を流し入れ、材料とよく混ぜ合わせ、空気を抜くようにしてから袋の口を結び、冷蔵庫で1週間ほど寝かせて出来上がり。

私はこの日本酒だけで漬けるのが好きなんですが、イマイチ夫には「日本酒の匂いがきつすぎる」と不評。
今年は水を入れるなりもありかな~と思っていましたが、やはり自分が作るので自分が好きな味にしようと変えずに挑みました。
日本酒を煮切る時間を長くし、お酒臭さを少々飛ばして作ったところ、例年よりおいしくできたんじゃないかなーと思っています。
f0043911_15562049.jpg
前述の通り夫の評判がイマイチなので、今年は去年の半量にて作りましたが、お正月は他にも食べなきゃいけないものが結構あるし、この量でちょうど良かったみたいだわ。

○数の子
f0043911_15565477.jpg
塩数の子、確か450グラム入りを購入。
我が家は数の子好きなので、人数にしては割と多目かも。
12月に入ってすぐ位に購入し冷蔵庫に入れていたのを目ざとく見つけた夫。
開けるたびに「数の子~♪」とか言ってニヤニヤしてました。
どんだけ好きなんだー、数の子。

◆材料◆
塩数の子 450グラム
漬け汁
 だし カップ3
 日本酒 カップ1/2
 醤油 大さじ2
 塩少々
削り節 大きく一掴み

◆作り方◆
①塩数の子を8時間くらい薄い塩水につけて塩抜きする。
②塩抜きした数の子の薄皮を剥く。
③漬け汁の材料を入れて混ぜ合わせ、蓋つきのバットに塩抜きした数の子を並べて漬け汁をひたひたに注ぎ、丈夫なタイプのキッチンペーパーを広げてのせ、その上に削り鰹を載せて追い鰹し、冷蔵庫で1日以上寝せて味を含ませ出来上がり。

塩抜きは時々水を変えてやればもう少し時間短縮でよいのだと思うけど、我が家は30日の夜に漬けるので夜中に水を変えるのは論外だから、水は変えずにもう少し長めに塩抜きしてますが、それでもまったく問題なし。
食べてみてこのままだと少し塩味がきついかなーと思うくらいが、この後漬け汁に漬けるのでちょうど良いです。

f0043911_15572087.jpg
おいしく漬ける秘訣はこの追い鰹。
ペーパーを絡ませてあるので数の子自体にはかつおぶしが絡まずきれいですし、でも香りはしっかりと付いてとっても美味。
数の子、一年中売っていたらいいのにね。

○煮豚
f0043911_15582245.jpg
レシピはこちら
ただし、焼き鳥屋さんの門外不出のタレのごとく、煮汁は継ぎ足し継ぎ足し、10数年ものなので、調味料の配合は少し変わってきているかも。
でもおいしい♪
今年は600グラムくらいの豚肩ロース塊肉2本にて作成。
一本は自宅用、もう一本は2日にYちゃん宅にもって行きました。
近所のお肉屋さんで(きれいに紐でくくってあるのでそのまま仕込めます)30日に購入して作りました。
毎年、ローストビーフと迷うのだけどね、しっかり火を通してあるという点で日持ちも考え「豚」に落ち着いています。
○牡蠣のオイル漬け
f0043911_15584219.jpg
レシピはこちら
これは日持ちすると言うか、仕込んで少ししてからがおいしいので、こういう忙しい時期には早めに作っておけ(12月26日に作成)、またお酒も選ばないしなかなか優秀。
今年はなんだか実家ではあまり食べなかったのだけれど、2日に持っていったYちゃん宅ではすぐに完食でした。
なのでやっぱり来年もまた持っていこう!
余った自宅用ははきっと、父がちびちび食べているものと思われる!

○白菜漬け
f0043911_15592051.jpg
レシピはこちら
これは今回も大変役に立ちました。
なーんか、お正月っておせち料理だけだととっても野菜不足を感じるでしょ。
浅漬け気味だからサクサクサラダ代わりに食べられていいのです。

○蓮根の甘酢漬け
こちらも野菜不足解消のための一品。
レシピは2007年12月の「きょうの料理」のお正月特集に載っていた塩田ノアさんのレシピからニンニクだけ抜いています。
◆材料◆
f0043911_15595677.jpg
蓮根 大一節
ピクルス液
酢 カップ1
白ワイン・水 各カップ1/4
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
ローリエ 1枚
黒粒胡椒 5粒
昆布 5センチ角1枚

◆作り方◆
①蓮根は皮を剥き、1cmの厚さに切輪切りにして更に4等分に。
②蓮根を酢水にさらし、塩少々を加えた湯で固めに茹で、ざるにあげて湯を切り、ジップロックに入れる。
③鍋にピクルス液の材料を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたらジップロックに入れて空気を抜くようにして口を閉じ出来上がり。

サクサクとしたレンコンがさっぱりとしていておいしいです。
そんなにツンツンしてないから夫も食べるしね。
ホントはお節に入っているような花切りみたいにしたらきれいだと思うけど、こうしてころんころんと切ったのも食べやすいしサクサク感が良いですよ。

そして今回初めて持って行ったのが、
○焼きかぼちゃのテリーヌ
f0043911_16002820.jpg
◆材料◆
かぼちゃ 1/2個
塩 ひとつまみ
バター 20グラム
醤油、みりん 各大さじ1
黒胡椒少々

◆作り方◆
①かぼちゃは皮付きのまま種を取って1cmの厚さに切り、沸騰した湯に塩を入れ、かぼちゃを入れて一煮たちするまでさっと塩茹でにする。
②フライパンにバターを熱し、かぼちゃの両面に焦げ目がつくまで焼き、醤油、みりんを加えて煮絡め、黒胡椒を振る。
③パウンド型にラップを敷き、②を隙間なく並べ、上からぎゅっと押して、冷ましてから冷蔵庫で冷やし固め、固まったらラップごと型から出して切り分ける。

これ、笠原将弘さんのレシピで、2016年、気に入って何度も作っていたもの。
バターと醤油で和風こってり、ホクホクでもないむっちりとしたかぼちゃがおいしいです。
なんとなく塩っ辛い醤油醤油した料理の多いお正月に、こうした料理はいいんじゃないかなー。
来年もまだはまっていたら持っていくつもり。
結構日持ちもします。

こんな感じの年末年始。
今回特筆すべきことは、ちょっとした片づけ等(ベランダとか食品関係の整理とか)を早めに少しずつやっていたこと。
これで本当の年末がずいぶん楽になりました。
それから23日~25日の三連休にもう一日有給休暇をくっつけて4連休にしたこと。
これが大きかったー!
この四日間で時間のかかることはやると決めて、年賀状と大掃除はそれぞれ1日ずつ使って行いました。
こうして無理のないスケジュールにすると気分的にもずいぶん楽です。
で、三連休の間に一日はクリスマスパーティーをして、片付けとかそういうのから離れたのも良かった!
やっぱり楽しみがないとねー。
それから夫よ!!
勤続30年休暇で21日からずーーーーっと休んでいたので、あれやこれやとやってくれてありがとう♪
おかげでたいしたやり残しもなく、すっきりとした気持ちでお正月に突入できたー!

こうして見ると、なかなか良い年末年始だったかも。
みなさんはいかがでしたか?


こちらのブログ村に参加しています。

大掃除の合間にクリスマスパーティーまで出来てよかったね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by rakurakurakuko | 2017-01-10 20:00 | 年末年始 | Comments(2)

まだギリギリ松の内でしょうか。(そう信じよう!)
2017年、あけましておめでとうございます。
なかなか更新もままならないブログとなっていますが、どうぞ温かい目で見ていただくとして、今年もよろしくお願いいたします。

さて、毎年あまり代わり映えのない年末年始。
多分去年とさほど変らない写真から始まり、同じような写真で終わりそうな、新年第一発目の記事。

f0043911_00012873.jpg
まずは元旦の朝の風景より。
31日夕方に実家に着き、鶏ガラ出汁を父が取ってくれていたのでそこから引き継いで作ったお雑煮です。
うちのお雑煮は、もうごった煮と言った風情でして、鶏肉、牛蒡、里芋、大根、人参と具沢山。
大きな鍋一杯に作ったので、お正月の間中、毎朝お雑煮。
うちの夫は餅星人なので、以前は「お餅何個入れる?」と聞くと、平気で「5個」なんて答えていたりしたんですが、年とともにやはりそこまでは食べられなくなったのか、今年は3個。
お雑煮のお供は、黒豆煮と数の子。
どちらも今年もなかなか好みのお味に出来ました。

f0043911_00015107.jpg
こちらは31日、大晦日の食卓。
とにかく私が30日まで仕事だったため、作れるものは限られるのですよね~。
なのでここのところ毎年、大晦日のメインはお刺身。
うふふ、だって買ってくれば良いだけですから。

そこに、島根から送ってきたあごの野焼き、卵のかまぼこ、焼きかぼちゃのテリーヌ、白菜漬け、蓮根の甘酢漬け、牡蠣のオイル漬けと言うラインナップ。
あまりハレな感じはないですが、まぁ乾杯ビールからちびちび日本酒まで、なんとかこれでつまみになりました。

お酒を飲みつつちらっとだけ紅白を見たら、ちょうどピコ太郎がPen-Pineapple-Apple-Pen歌ってるところで、「あ~久しぶりの紅白~♪」なんて見る気満々でいたら、あっという間にチャンネル変えられちゃいまして、例年のごとく、笑ってはいけないになり、そしていつの間にやら年が明けてました。(笑)

そして元旦の夜は…。

f0043911_00022443.jpg
あー写真にしてみると、まったくメインがないわー。(汗)
もう少し大皿にドーンと盛るなりの華が欲しい…。

一応、元旦ですからね、お正月三点セットは外せないと思い作ったお節。
f0043911_00025711.jpg
こちらは黒豆煮。
後ほど別記事にしますが、今年はやっと「鉄玉子」を買いまして、黒々つやつやの黒豆煮が出来上がりました。
お砂糖もいつものきび砂糖と黒砂糖半々からグラニュー糖に変えてみました。
おいしかった!!

f0043911_00031697.jpg
そして松前漬け。(ぎゃっよく見たら器が欠けてる…金継ぎしなきゃ)
いつものお酒とみりんと醤油のみで漬けたやつ。
なんとなくいつも夫には不評の水を使わずお酒だけで漬ける松前漬けなんですが、今年は煮切り時間を少々長めにしたので日本酒くささがとれたような気がします。

f0043911_00041281.jpg
何はなくともの数の子。
これはみんな大好き♪
今年は特にかつお節の香り高くできたわ~。

私がお節料理といわれるものの中で作ったのはこの3品。
好きなものだけにしました。
お重にぎっしりの色とりどりのお節料理にも心惹かれないわけでもないけど、なかなかそこまでは作れず。
まっなんとなくお正月気分が味わえればいいでしょう!!

f0043911_00045117.jpg
こちらは紅白かまぼこのイクラのせ。
イクラは秋に筋子をほぐしてイクラの醤油漬けを作り、一瓶冷凍しておきました。
お正月用の高級かまぼこはそれだけでおいしいので、特にイクラをのせる必要は無いんですが、華として加えてみた!
なんとなくかまぼこの口からあふれてるみたいなのが愛嬌あるし。

f0043911_00052283.jpg
こちらは大晦日のお刺身と共に買ったタコ。
切っただけ。(笑)

f0043911_00054472.jpg
毎年登場の煮豚。
今年も2本仕込んで、一本は友人宅へ手土産に。
いつも煮豚なので、今年はローストビーフにしようかな~とここ数年思ったりもするのだけれど、ローストビーフにするならちょっと生っぽい方がおいしいし、そうすると日持ちが不安でやっぱり豚になってしまいます。
煮豚の煮汁は、もうかれこれ10年物になろうかと言う、仕込むたびに日本酒と調味料を足している使いまわしのたれ。

f0043911_00055950.jpg
こちらは今年初登場の、焼きかぼちゃのテリーヌ。
まったくお正月には関係ないのだけれど、ちょっと見栄えも良いし、日持ちもするし、野菜不足を感じるお正月に野菜の料理を増やしたくて加えてみました。
ちょっと甘めのバターとみりんと醤油味なので、醤油醤油してちょっと塩っからめのものが多い正月には意外と良かった。

f0043911_00061805.jpg
そして白菜漬け。
浅漬けなのでサラダ感覚で食べられて便利。
昆布、柚子皮、もってのほか入り。

f0043911_00070576.jpg
お酒は醸し人九平次。
すっきりとしていて好き!

f0043911_00074500.jpg
この元旦の日は、のんびりとどこにも出かけず、家で駅伝見ながらこたつで編み物なんぞして過ごした!
あとは眠くなったら寝て~~~。
幸せだーーー!!

2日は、毎年恒例、Yちゃん宅へ。

f0043911_00081583.jpg
昼過ぎにお邪魔して、まずは新年の乾杯。
手土産に、煮豚、牡蠣のオイル漬け、スモークサーモンのマリネ、巻き柿、チーズを持参。
しゅわしゅわワインを2本開け、その後日本酒も開け、これからまた飲みに行くというのに、ここで早くも良い気分♪

f0043911_00092953.jpg
良い気分のまま、夜の部に突入!
中華料理屋に舞台を移し、Kちゃん夫婦も加わり新年会。
メインはYちゃんお勧めの火鍋。
香辛料たっぷりで香りがよく、体がとっても温まるーーー!!

ビール、紹興酒、チュウハイ等で盛り上がる中、昼の部でかなり酔っ払った夫は酔いつぶれて寝てました…。(笑)
〆の麺がまたおいしいんだよーと、火鍋に麺を入れ始めたころ、やっと夫も起きだし参戦!
遅すぎ…。(爆)
まっお正月ですから、みんなやりたいようにやるのが良し!

この日はそのままYちゃん宅にお泊りだったのですが、Yちゃん宅に居た時間の大部分、「下町ロケット」見てました。(爆)
2日~3日にかけて再放送があり、2日の日にたまたま見てはまってしまったYちゃん夫婦につられ、3日の分は我が家も全部一緒に見ましたよ~。
阿部ちゃんが濃くてなかなか面白かった!
「半沢直樹」も見てなかったというYちゃん夫婦に是非見るようにと勧めてきました。

毎年、毎年、楽しい時間をありがとう、Yちゃん夫婦。

f0043911_00102614.jpg
そして、3日は家に戻り、また家飲み。
お正月食材を食べつくそうメニュー。

写真を見てもわかるとおり、なんだかやっつけ仕事です。(汗)
冷蔵庫の在庫を見て、食べ切ってしまったほうが良いものから並べた、そんな食卓。(大汗)
でもこれで日持ちするお節等を除いては食べきることが出来たので、一人残される老人(父)が困ることも無いでしょう。
いい加減毎日飲みすぎだったので、この日は私はビールのみで。

翌日、母のお墓参りをして、実家でのお正月は終わり。
家路に夕方着きました。

あーこうして記事にしても、なんだかハレ感があまりないんですけどね。
でもまぁ、おいしくお酒を飲み、お節もどきを食べ、そしてのんびり出来たのだからよしとしましょう。

で、今年の抱負。
作る!!
作るというのとはちょっと違うのかもしれないけど、去年はじめた金継ぎがじょうずに出来るようにいっぱい練習していろんな器を直したい。
そしてものすごーく細々と続けている編み物ももう少しいっぱい形にしたい。
なんか、こう、自分で何かを作り出すことに時間をかけたいです。
そしてもちろん、おいしいものをいっぱい食べたい!!

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

来年のための覚書
<今年持って行ったもの>
数の子
松前漬け
煮豚×2
黒豆煮
いくらの醤油漬け
白菜漬け
蓮根の甘酢漬け
牡蠣のオイル漬け×2
巻き柿
チーズ
スモークサーモンのマリネ
刺身盛り合わせ
タコの刺身
紅白かまぼこ
日本酒3本
ワイン1本<>br>

量的にはちょうど良かったけれど、来年は元旦の華が欲しい!
要検討♪


こちらのブログ村に参加しています。
お正月を楽しく過ごせてよかったねって思って下さった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
# by rakurakurakuko | 2017-01-08 00:13 | 年末年始 | Comments(12)