f0043911_00190289.jpg
振り返ると今年の桜。
開花宣言から満開まで、ずいぶんと時間がありましたよね~。
まだかまだかとずいぶん待たされた感じ。

今年も我が家のお花見は、平日夜の夜桜見物。

夫とは九段下の駅で待ち合わせをしていたのですが、時間があるのでゆっくりと会社から歩いて向かうこととしました。

f0043911_00195718.jpg
職場のある外濠通りは、歩道沿いが桜並木となっていてとてもきれい。
桜と中央線の電車が川面に映り、今年もこの季節がやってきたのね~と思います。
しかし、満開宣言が出されて数日経ったこの日も、この辺りはまだ満開には届かず、8分咲きにも遠いかな~と言った感じ。
f0043911_00204229.jpg
市ヶ谷の辺りまで来ると、歩道が桜のアーチとなっていて、そぞろ歩きのお花見の人はもちろん、本格的に場所取りをして、これからしっかり飲むわよーと言う人たちもいて、かなりにぎやか。

f0043911_00210390.jpg
ゆっくりと歩いていると桜の向こう側から夕日がさして来て、空気が輝きはじめました。

f0043911_00205815.jpg
桜の花も夕日を浴びて、また昼間とは違う優しい色になっています。
な~んかホントに幸せな気分になるなー。

f0043911_00215299.jpg
外濠通りを離れ、靖国通りに入ると、道の両側に桜並木があり、世界がピンク色に染まっているような気分になる!
桜の季節ってホントに素敵♪

f0043911_00221423.jpg
よーく見ると、幹から直接花咲いてる桜もあり、なんだか面白い。
なかなかにキュート♪♪

f0043911_00230094.jpg
そんな桜を眺めながら歩いていると、靖国神社に着き、南門がまだ開いていたので中に入ってみることにしました。
門の外から眺めると、まるでそれが額縁のようになって、絵の部分がピンク色♪

f0043911_00231768.jpg
さすが靖国神社、本殿は結構な人であふれています。
まずはお参りをしてから桜見物といきましょう♪

f0043911_00233955.jpg
開花宣言などに使われる東京の標本木は、ここ靖国神社の桜の木。
しかし、会社の周りよりは少しは咲いているような気がしましたが、それでも木によっては6,7分咲きのものもあり、なんとなくまだ満開じゃないんじゃないって感じ。
どうやら能楽堂の近くにある桜の木が標本木らしいですが、確かに能楽堂付近の桜は結構きれいに咲いていたかも。

f0043911_00240195.jpg
お花見の季節だというのに、この日は「閉門、閉門」とやたらと早く出るように言われ、外に出てみると門の前にすごい人の列がありました。
奉納相撲が行われるとのことで、一旦閉門して人を出し、奉納相撲を見る人をその後入れるということらしい。
相撲の他にもお能も行われるらしく、そちらもすごい列でした。
桜の下でお能を見るなんて、風情があっていいなぁ。

f0043911_00242900.jpg
そんなことを思いつつ、参道をゆっくり歩いていると、夜の帳が徐々に降りてきて、なんとも言えない素敵な空となってきました。
ライトアップされた桜を見るのもいいけれど、こんな景色も素敵です。

f0043911_00244655.jpg
そして大鳥居のところで空を見上げると、ぽっかりと浮かぶお月さま。

さぁ、駅へ急ぎましょう。

f0043911_00251126.jpg
靖国神社を出て、歩道橋から千鳥ヶ淵あたりを眺めると、そりゃーもうすごい人!
この日はそこそこ暖かかったしね、みんな夜桜見物にはもってこいだもの。

九段下駅で、夫と友人Nさんと合流。
いざ、千鳥ヶ淵!!

千鳥ヶ淵は沿道の桜がライトアップされており、そこから見るのが定番ですが、ライトを当てている反対側から眺めるのもこれがなかなか良いのですよ~。
人も少ないそちら側からまずはお花見といきましょう。

f0043911_00254113.jpg
下から照らされて桜が輝いているー!
こちら側、去年は本当にひっそりとしていたのだけれど、今年はそこそこ人がいました。
それでもゆったりと立ち止まって眺めたり、ベンチも空き空きなのでゆっくり座って休んだりできるので、こちら側結構好き♪

f0043911_00255620.jpg
去年は桜のライトアップの期間、かなりの確立で強風により中止となっていたボートが今年は出ています。
この日も結構風があったけどね。
ひっそりときこきこ言わせながらボートを漕いでのお花見もいいなぁ。

f0043911_00261417.jpg
桜の間からは東京タワーも見える!
ここ、都心のど真ん中なんだよね~。
そんなことを忘れてしまうくらいにひそやかな夜。

f0043911_00264748.jpg
ひときわ輝いているピンク色の部分が、沿道のはじまり部分。
沿道を歩くのもきれいで楽しいけど、こうして遠くから眺めるのもまた別の美しさがあります。

f0043911_00270721.jpg
東京国立近代美術館工芸館の辺りで道を折れ、更にちょっと暗い道を進みます。

f0043911_00272968.jpg
沿道のちょうど真横の辺りから眺めるライトアップ。
去年はライトの色が時間で変わっていましたが、今年はこのピンク一色。

f0043911_00275929.jpg
やっと沿道に到着。
やっぱりすごい人!!
先ほどの静けさが嘘のよう。

f0043911_00282298.jpg
ライトの色はかなり派手ですが、ここのはそれでもまったく毒々しくなく、なんと言うか艶かしく妖しげな桜です。

f0043911_00283905.jpg
人ごみにめげず、前まで行って千鳥ヶ淵を遠くまで眺められる人気のポイントまで行ってみました。
あ~素敵~~~♪
きこきこと聞こえるボートの音がこれまた良いです。

f0043911_00285331.jpg
去年は夢のようだと思ったこの景色。
今年は沿道側はまだしも、対岸の桜が多分5,6分咲きで、そこがなんとも残念です。
対岸も満開になっていると本当に夢のように美しいのに。

f0043911_00292492.jpg
でもね、いっぱい歩いていろんな景色を見て堪能したよね~と三人とも満足。
良いお花見だったね~とまた空を見上げると、ぽっかりと月が。
月に見守られながらの夜桜見物。
日本人でよかったわ~と思う、そんな夜でした。



こちらのブログ村に参加しています。
昼間のお花見もいいけど夜桜見物もいいよね♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by rakurakurakuko | 2017-05-01 00:31 | こんなところに行って来ました | Comments(2)

f0043911_17590887.jpg
なんだかここのところずっと、冬のように寒くて、ほころんできた桜の花が可愛そうなほどでしたが…。
今を遡ること2ヶ月ほど前、いろいろ兼ねて伊豆は伊東の温泉に行ってきました!

一日目は特に決めた予定も入れていなかったのですが、途中、河津桜がかなり咲きそろってきているのを見かけたので、では小室山にでも登ってみようと、小室山公園へ。

f0043911_18000420.jpg
河津桜はもちろんのこと、まさに満開を迎えていたのが伊東小室桜。
系統的には河津桜と同じような感じのキュートな桜ですが、いろがもう少しソメイヨシノに近いかな~。
青空に映えて本当にきれい♪

f0043911_18002916.jpg
そのお隣では梅も満開になっており、河津桜が早く咲いた分だけ、満開の時期が重なりました。
お花見メインで計画したわけではなかったので、こんなにきれいなお花を見ることが出来て嬉しい誤算!

f0043911_18005142.jpg
ふと前を見るとロープウェイがあったので、乗ってみる事に!

f0043911_18010735.jpg
本当にきれいに晴れた日だったのですが、青空の真ん中にはなぜかぽっかりと三日月が♪
不思議な景色になんだかうっとり。

f0043911_18014940.jpg
頂上に上ると、広大な海が一面、目の前に広がります。
いや~ホントに天気が良くてよかった~!

f0043911_18022445.jpg
富士山もくっきり。
やっぱり伊豆っていいですよー。

f0043911_18021910.jpg
しばらく山頂でのんびり景色を楽しんで、またロープウェイに乗り下に降り、今度は梅園の中を歩いてみました。
何度も伊豆には来てますが、ここ、小室山公園に来たのは初めて。
無料で入れるんですが、敷地も広大で、きれいに整えられており、な~んかとっても和む空間。
来てよかった~♪

小室山公園を楽しんだ後は、お宿へ。
今回のお宿は「花の雲」。

f0043911_18025008.jpg
入り口を入ると、そこからなんだか気分がゆったりとするような、そんな雰囲気があります。

f0043911_18031377.jpg
そしてお部屋に案内していただくと…。
これが楽しみの一つだったのですが、お部屋に露天風呂~♪
こういうシチュエーション、ずいぶん久しぶり!
露天風呂の目の前は森のようになっていて、その先が海。
夕食までの間、ゆっくりと温泉につかり、お部屋でビールを飲んでのんびりと過ごしました。

いよいよ、一番のお楽しみの夕食です。

夕食は個室のお食事処で。
落ち着いていいなぁ。

f0043911_18040070.jpg
まずは山桃酒から。
自家製だそうで、ほんのり甘いお味と可愛い色に気分もほっこり。

f0043911_18042451.jpg
河豚白子豆腐。
ねっとりとそしてまったりと。
ああ至福のときだね~。

f0043911_18045574.jpg
もちろんお供は日本酒。

f0043911_18051358.jpg
膳菜は、河豚馬関造り、金目鯛バッテラ寿司、牡蠣時雨煮、菜の花の蕗味噌和え。
こういうちょこちょこと盛られてくるのがたまらないのですよね。
少しずつつまんではきゅーっと喉を潤し、器がきれいだね~とか香りがいいね~とか言いながらおいしいものを頂く時間ってホントに贅沢。

f0043911_18060248.jpg
蓮根饅頭白味噌仕立て。
蓮根饅頭がもちもちっとしてて、白味噌の汁にボツボツと浮いている小さな色とりどりの麩がまた可愛い♪
昼間に見てきた梅のお花が蘇り、そして柚子の香りもふんわりして、あぁ、こういうのって旅館のご飯の良さですよね。
f0043911_18065459.jpg
お造り。
何種類も少しずつ、きれいに竹籠に盛られて出てきたお刺身は、さすが伊豆だけありどれもとっても新鮮でおいしい♪
大好きな金目は炙りとそのままの二種類出てきましたが、炙り、いいですよねー。
あと確かアマダイもイトヨリもあったんだよなー。
好きなお魚ばっかり♪

f0043911_18071971.jpg
お造りにはお醤油もいいけれど、良かったらこちらの塩でも食べてみてくださいと。
この塩、実は一番今回印使用深かったのよー。
もちろんお料理もおいしかったんだけどね、この塩、今まで食べたことのある塩の中で一番おいしかった!
小笠原のムーンソルトですって。
満月の夜は海のミネラル分が月の引力で上昇するそうで、そんなミネラル分の多くなった海水を天日干しして作られたムーンソルト。
粗塩程度に粒が大きいのだけれど、全然がりっとしてなくて、下の上でほろっととろける感じなの。
あー今度お取り寄せ、絶対にしよう!

f0043911_18080636.jpg
鰆の照り焼き蟹餡掛け。
鰆は好きなお魚のひとつ。
淡白で柔らかい鰆に蟹の餡が絡んで、これまたふっくらとおいしいです。

f0043911_18091159.jpg
和牛の利休鍋。
利休鍋とは、豊臣秀吉がお花見をするときに千利休が考案したというお鍋。
ここのは豆乳仕立てで優しいお味。
写真の時点では入りきれてないお野菜もいっぱいで、優しいお味の豆乳に通して、たくさん頂きました。

f0043911_18090763.jpg
そしてお食事は高菜ご飯と赤出汁と香の物。
高菜ご飯がこれがまたとってもおいしくて、素敵なかなり深めのお茶碗にたっぷりとよそられており、かなりお腹がいっぱいに~。
でもホントにおいしくて完食しましたよー。

f0043911_18095376.jpg
デザートは抹茶ケーキ。
このしつらえがまた美しくて良いですよね。

あーお料理もとても良かったです♪♪

この後お部屋でまったりとテレビなんぞ見ながら時々お布団に包まったりして、私はそのまま寝てしまったのですけれど、夫は酔いが覚めたところでまた露天風呂に入ったりしていた様子。

f0043911_18094877.jpg
そして朝!
目の前の森から差し込んでくる朝日。
森の向こう側には海がきらきら光っているのがちらちらと見えます。

f0043911_18101511.jpg
えぇ、本当に気持ちがいいので、やっぱりまずは朝風呂でしょう♪
朝日を受けての朝風呂、しかも貸切と言うか部屋付き露天風呂。
たまにはこういう贅沢、いいよね。

f0043911_18111019.jpg
そして朝ごはんを食べに、お食事処へ。
昨晩とは反対側の個室に通され、まずはこの岡持ちの箱が登場。
いったい何が入っているのやらとドキドキ、ワクワクしますよね。

f0043911_18112065.jpg
箱の中身はこんなにたくさん♪
形もそれぞれに違う器にきれいに盛り付けられたご飯のお供。
旅館の朝食バンザイです!!

f0043911_18115332.jpg
そして箱に入らない分もいっぱい!
この写真にも入りきらなかった、魚の干物もあります!
あー朝からこんなにゆっくりとした気分でおいしいものをたくさんいただけるなんて、本当に幸せ♪

f0043911_18122106.jpg
そして最後はデザートも♪
ヨーグルトがさっぱりとしてソースも程よい甘さ、そしてほろにがコーヒーが嬉しいです。

なかなかに良かった花雲。
ちょっと贅沢に泊まりたいよねーと予約した宿だったので、まぁそんなに頻繁には泊まれませんが、たまにはこういうゆったりとした気分を味わうのも良いものです。

f0043911_18141778.jpg
今週末、実はまたちょろっと用があり、伊豆のこの辺りに出かけたのですが、このときの青空と暖かさはどこへやら。
まるで季節が少し逆戻りしてしまったような、とっても寒い土曜日。
伊東の少し先の天城高原では、4月だと言うのに、なんと20センチほどの雪が積もったとか。
もしかしたらお花見ができるかも~と出向いた、大室山のさくらの里の桜もまだ2部咲きくらいでちらほら。
何より冷たい雨に濡れて、なんだかお花も寒そうなのでした。

今日あたりからやっと少し暖かくなり、東京近辺では今週はどこでもお花見ラッシュですね。
みなさまも素敵な桜が見られますように!



こちらのブログ村に参加しています。
そうよね~旅館のご馳走って素敵よね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ

[PR]
by rakurakurakuko | 2017-04-02 18:18 | 小さな旅 | Comments(0)

f0043911_20510338.jpg
千鳥ヶ淵の夜桜にうっとりした今年のお花見。
そのお花見をした二三日後の週末が桜は満開でしたが、いかんせん天気がいまひとつで肌寒く、お花見に行く気分ではなくなってしまいました。
そこで、その次の週末、天気も良かったので、八重桜のお花見に行ってきました♪

f0043911_20512809.jpg
行った先は、二重橋前の広場。
ここは広々としていて人も比較的少なく、良いのですよね。
うちから電車一本で行けるのも好都合!

f0043911_20515806.jpg
この日はポカポカと暖かく、早速芝生にシートを敷き、持ってきたお花見弁当を広げました。
お花見弁当とは名ばかりで、冷蔵庫の中をあさっておつまみ系を詰めてきただけなんですが…。(汗)
朝起きた気分で「さぁ、お花見行こう♪」と言うときには、なかなかあれこれ準備するのも大変ですから、まっこんなものでよいのではないかと!

琺瑯の容器に入ったおつまみ(せめてお重あたりが欲しい!)は、左奥から生ハム、デーツにクリームチーズを詰めたの、大根のピクルス、紫キャベツのピクルス、干し柿ログ、かぼちゃのテリーヌとそのソース、チェダーチーズ。

f0043911_20521973.jpg
そして、近所のパン屋さんで買って来たパン。
ちょうどスモークされたいわしのパテがあったので、それも持参。

f0043911_20523806.jpg
朝にあわてて冷やして持ってきたワインはココファームのロゼ。
ちょうど桜のエチケットのワインを見つけたので、買い置きしておいたのでした。
うふふ、お花見気分が盛り上がるー!

f0043911_20530888.jpg
つまみをちびちびつまみつつ、ワインを飲み、パンを食べ、幸せ気分でこんな景色を見てました。
あ~な~んかのんびり出来ていいな~。
ここ、好き♪

f0043911_20532998.jpg
そうそう、あれも出さなくちゃと取り出しましたるアルミホイルで蓋をされたお鍋。

f0043911_20534634.jpg
煮込みハンバーグ~♪

多めに作って冷凍しておいた一口ハンバーグがあったので、朝ご飯を食べている間にトマト缶とワイン少々で煮て、熱々の鍋をタオルで包んで持ってきました。
まだ暖かいよー。
やはりお花見の時には一品くらい温かいものが欲しいからね。
あー満足だ~~~。

f0043911_20541858.jpg
ちびちびと飲んで食べて良い気分になっていたら、なにやら目の前を動くものが…。
なんと蟻が生ハムのかけらを運んでる!!
いやー君はなんと言うグルメなんだ!
この生ハム、ポメマルさんの手作り絶品生ハムだよ。
これだけたくさんの食べ物がある中から、あえてそれを選ぶとは!!
恐れ入りました…。
仕方ない、かけらを分けてあげましょう。

f0043911_20560945.jpg
八重桜と言うのは咲いている期間が長いのかしらね。
おととしにここに来たときには、この手前の芝生側の桜も向こう側の桜も満開でしたが、今年は向こう側の桜はほぼ満開にも関わらず、芝生側の桜は3分咲きにも届かないくらい。
この翌週だったら両方が咲きそろったのかもしれません。
でもまぁいいわ、楽しいしきれいだしおいしいから。

f0043911_20570368.jpg
ゆったり飲んで食べて、ついでにお昼寝までしちゃいました。
お外で過ごす休日満喫。
家で同じもの食べて飲んでても、同じように良い気分にはならないはず。

まだまだのんびりしていたい気分でしたが、午後になり少々風も出てきましたし、おつまみもなくなっちゃったことだし、桜を再度じっくりと眺めつつ、そろそろ退散。

f0043911_20573254.jpg
芝生の反対側の満開の桜とパレスホテル。

f0043911_20583082.jpg
こちらの側には歩道に沿ってベンチが置かれているので、そちらでお花見をしている方、お散歩途中に休んでいる方、ビジネスマンらしき方、旅行中の外国人などなど、いろんな人がお花見一休み中。

f0043911_20584988.jpg
思わず足を止めちゃいますよね。

f0043911_21001156.jpg
もう少し日が高いうちに撮ればよかった!
八重桜は満開になると毬みたいに丸くてホントに可愛い♪

f0043911_20593917.jpg
色もソメイヨシノよりは濃くかわいらしいピンクで、見ごたえがあります。

f0043911_21003468.jpg
一本だけ、こんなに濃い色のものも。
これも桜なのかしらん。

f0043911_21005466.jpg
そしてそんな桜の横でひっそりと佇むもみじ。
私も花咲かせてるんですよー。
ほんとだ!
赤くて小さな花が鮮やかな緑色の下、いっぱい咲いています。

あぁ春っていいですね~。
これで花粉さえ飛ばなければもっと好きになるのですが、これがなかなかねぇ。
それでもまぁあと一週間ほどたてばヒノキの花粉もおさまるでしょう。

心躍る春。
そんな春に熊本ではあんなにすごい地震が続いており大変なことになっており心が痛みますが、一日でも早く少しでも心休まる日々が訪れますように。


こちらのブログ村に参加しています。
八重桜も可愛くていいわね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-04-21 21:02 | こんなところに行って来ました | Comments(0)

2016 千鳥ヶ淵の夜桜

f0043911_16362399.jpg
今年の桜。
一気に暖かくなり、例年よりもかなり早く開花したものの、その後ぐっと寒くなり、満開予報にもずいぶん振り回された感も…。
しかし、世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからましと昔から詠われているのですから、ここはいっそ、振り回されるのも風流かと。

先週末、近所の緑地にでもお花見に行こうかと思っていた我が家ですが、その週の我が家付近の桜はまだ3分咲きにも届かないくらいで、お花見はあきらめ。
それではと、毎朝テレビのニュースで桜の具合と天気をチェックしつつ、年度末の3月31日、仕事帰りに夜桜見物することと相成りました。

f0043911_16375909.jpg
ほぼ定時に仕事を終え、夫との待ち合わせまではまだまだ時間があるので、てくてくと歩いて九段坂方面まで行くことに。
職場から外濠沿いに歩く道の桜は満開で、黄色い総武線と薄ピンク色の桜の組み合わせが良い感じ。

f0043911_16384085.jpg
ひとりお花見を満喫していると、今の職場に一緒に入り今は別の職場に移った元同僚より「前にさ、一緒にお花見したのってもっと早い時期だったよね~。懐かしい。」とメールがあり、「まさに今、そのお花見をなぞるように歩いているのよー」と返信。
せっかくなので懐かしかろうとそのお花見の時にも撮ったアングルで写真を一枚、メールで送信。
『「何年か経って見返したときに、あーこの辺りに勤めていたんだよね~って思い出したり出来るね。」と言って撮った、桜の季節、2013年春に勤めていた職場近くの風景。』ってそのときの記事に書いてあるけど、何年か経ちましたが、私はまだそこにいます…。
派遣社員としてそこで働き始めたのでずっといるわけもないと思っていましたが、ひょんなことから直採用になり、よほど転勤で引越しすることにでもならなければ、まだまだそこにいそうです…。(汗)

f0043911_16391559.jpg
市ヶ谷からの道のりは、歩道に沿って頭上に降りかかるような桜のアーチになっていて、そのアーチの下を歩くのもまた多楽し♪
しっかりとブルーシートを敷き、職場の花見の場所取り要因と思われる若手社員あり、備え付けのベンチでもうすでにお花見真っ最中の人あり。
週末を待てずして花見をする人はやはり結構いるのねー。

f0043911_16394531.jpg
飯田橋方面に向かう手前で道を折れ、靖国通りに入ると、歩く人の数が俄然増えてきた!!
ここも風情があって良いわ~。
行き当たりばったりのひとりお花見、なかなか良いものです。

f0043911_16400943.jpg
靖国神社の南門。
もう閉門されていましたが、この日はこの神社も含めさくらまつりの最中ですから、中はとってもにぎわっているはず!

f0043911_16403328.jpg
靖国神社の正面の入り口の大鳥居。
やっぱり~~~!!
中は屋台もたくさん出ていて大変な人!!!
この神社の中の桜の木が、開花宣言に使用される標本木ですからね。
ここが基準なのだよね。

もうこのあたりから本当にすごい人で、この先の九段下の駅で夫と待ち合わせしているのだけれど、道を挟んだその後に行こうとしている千鳥ヶ淵付近は、遠目から見てもものすごい人ごみで、警備の人なんかもたくさん繰り出してきていてなにやら本当に大混雑。
人ごみ嫌いの夫にはつらいお花見になるかしらんと少々の不安を抱きつつ、無事夫と合流。
大阪から一緒に転勤してきたSちゃんも誘ったのだけれど年度末にて忙しく(年度末でも来られる夫は一体…笑)、残念ながら(!)夫婦二人水入らずのお花見となりました。

千鳥ヶ淵縁道に入りたく道を渡ったのだけれど、6時半過ぎ、すでに入場規制がかかり、北の丸公園に入るのに近くの入り口は出口オンリーとなり、遠くの入り口から入るようにとの指示。
人なりに進んで行ったのですが、なにやら途中で間違ってしまったようで、ものすごーく遠い入り口から公園内に入り、変な意味で今が旬の「ゲス乙女」のコンサート中の武道館横を通り、千鳥ヶ淵縁道の対岸となっている小高い場所に到着。

f0043911_16412384.jpg
こちら側も下からライトアップされているので、桜が浮き上がるように見えます。
多分このライトアップは、対岸の縁道から眺める人用と思われるため、上から桜と水面を見下ろすようになる私たちにとってはちょいと明るすぎ…。

でもね、ここの良いのは人がとっても少ないこと。
入場規制なんてなんのその、静かに過ごす花見客が数人、または数十人。
下からのライトが明るいので、周囲も手元足元がわかる程度に明るく、その場所自体に電灯などはないものの、シートを広げたり、またはベンチに座ったりしてお花見する人も何組か。
外で飲み食いするお花見ならば、この場所なかなか穴場かもしれません。
近くでおいしいお惣菜やパンやチーズ、ワイン一本でも買って、静かに大人のお花見するにはもってこい!

f0043911_16420643.jpg
のんびりと歩いていると、桜の間から東京タワーが見えてきました。

f0043911_16424788.jpg
あー何か飲み物とつまみちょこっとでも持ってくればよかったねと言いながら、ベンチに座りしばしのんびりと桜見物。

f0043911_16431217.jpg
見上げれば、夜空一面に桜。
はぁ~幸せ。
都会のど真ん中にいるとは思えないほどの静かな美しさ。

f0043911_16433097.jpg
またてくてくと歩いていくと、ボート乗り場の上辺りに来た模様。
実は、このボート、できれば乗りたいって思っていたんだけれど(さくらまつりでライトアップしている期間は夜間も営業しているの)、千鳥ヶ淵の人ごみを見た時点であきらめ、そして人がいっぱいであるとかないとかを別にしてもまたしてもこの日も強風とかで(たいした風はなかったけど風に弱いらしい)この時間にはボート営業終了。
今はまだ散る花びらもないけれど、桜の花びらが舞う中、ボートに静かに乗っているなんて素敵だよなぁ。

f0043911_16440278.jpg
そしてまた先まで歩いていくと、対岸のライトアップがくっきりと見えてきました。
かなり濃いピンク色の光を当てているのだなぁ。

f0043911_16443419.jpg
しばし対岸から楽しみつつ、やはり混雑しているにしても縁道まで行ってみようということになり、ぐる~っと大回りのお散歩。
千鳥ヶ淵をわたる道から眺める千鳥ヶ淵縁道。

f0043911_16444933.jpg
このライトアップは色が変わるのね~。
青ピンクと言うか薄紫色と言うか、この青みがかった光の妖しさもなかなか。

f0043911_16450746.jpg
ぐる~っと周り、たどり着いたライトアップの場所入り口。
九段下の駅を利用して来る人が多いので、私たちは反対側から入ることとなり、人の流れがこの反対側からは少なくてラッキーです。

f0043911_16452404.jpg
あぁ…。
もう何も言いますまい。

日本人でよかった。
…とは言え、ここ、外国人度がすごく高い!!
歩いている人の半分近くが外国人だったかも。

f0043911_16454443.jpg
ライトアップされた中をくぐると…。
下からぼわっと照らされた桜のあでやかなことこの上ない。

f0043911_16455987.jpg
色が変わりました。
本当に夢のようです。
なんと言うか別世界に来たよう。

f0043911_16462094.jpg
もちろん上を見上げれば夜空に浮かぶピンクの桜。
昼間見る桜も良いけれど、こうして演出されるとまた別物となり、そして心に沁みる感覚も別物です。
美しいものがまた違う美しさに作り変えられているなんて、なんて贅沢。

f0043911_16464090.jpg
淵にせり出している景色を見るのに良いポイントはかなりの人。
めげずに最前列まで行ってみて、見た景色。
正面に見える桜が幻想の世界のもののように見えるくらいに美しい。
さっきはこの正面に見えるあたりの上にいて、ライトが明るすぎると思っていたりしたけれど、この明るさが良いのだな。
夜の帳に浮き出すように咲き乱れる桜。
写真だと上手く表わせていないのだけれど、本当にため息が出るくらいにうっとりする、そんな景色。

f0043911_16465723.jpg
それが延々続いているのです。
こんな場所、それも都会の真ん中に。
やっぱり東京って素敵。

f0043911_16471770.jpg
あぁいつまでもいつまでも眺めていたい。
そんな夜。

f0043911_16474384.jpg
何度も何度も振り返り、この景色を目に焼き付けておかなければ。
都会の墨色に浮かぶ薄ピンク色の桜。
やはり昔の人は良い場所に良い桜の見所を作っているのだわ。
どこから見ても切り取っても、人の心を揺さぶります。

f0043911_16482774.jpg
さようなら、今年の夜桜。

f0043911_16484341.jpg
そして、満たされた気持ちで、お腹を満たす。
これ以上の至福の時はなし。

大満足の今年の夜桜見物でした。


こちらのブログ村に参加しています。
美しすぎるお花見ねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by rakurakurakuko | 2016-04-02 16:56 | こんなところに行って来ました | Comments(10)

2014年お花見第二弾

f0043911_17331346.jpg
4月の第一週目は、近所の緑地へお花見に行きましたが、その翌週、またしても、そしてどうしても行きたいお花見スポットに行ってきました。

f0043911_17333576.jpg
広々~♪
ここ、都会のど真ん中なんですけどね、なんともいえない開放感!

f0043911_17341340.jpg
この日は、まさに絶好のお花見日和。
風もなく、日差しが大変暖かで、思わず外に出ずにはいられないような、そんな日。
これが一週前の、東京でソメイヨシノが満開の週末だったらどんなにか良かっただろうと思った人も少なからずいたのではないでしょうか。

お花見第二段のお花見先の桜は八重桜。
行った先は、二重橋前の皇居前広場です。

昨年のちょうどこの頃、実家の父が「新しくなった東京駅を見たい」と言うので一緒に行ったんですが、そのときに二重橋で降りて東京駅まで歩く途中ここに立ち寄り、たまたまこんな風にたくさんの八重桜が咲いているのを見たのです。
都会とは言え、ここはまったくごみごみしていなくて気持ちがいいし、来年はぜひお花見に来ようと夫は決めていたらしい。
何しろ出不精の夫が、前夜、会社帰りに下見までして「ほぼ満開だったから行くしかないっ!」とやたらと張り切っていたんですよ~。

f0043911_1735782.jpg
桜並木を歩いて一通りお花を満喫した後に、芝生に陣取り、お花見ランチの用意。
ここの八重桜は何種類もあるようで、色もさまざま、種類によるのでしょうか咲き具合もさまざまです。
な~んかいろいろ見られてお得な気分。

f0043911_17352445.jpg
で、お花見ランチ。
またまた起きたのも遅く準備も出来なかったので、おにぎりとか、おいなりさんとかは却下。
「コンビニで何か買って行ってもいいよ~」と夫には言われたのですが、なんとなくそれでは味気ないしあんまりおいしくもないしと、冷蔵庫を漁り、あれこれおつまみになりそうなものを詰め込んで作ったおつまみセット。
冷凍庫を見たら少し前に作って冷凍しておいたチキンのトマト煮もあったので、これを温めてタオルで包んで持参。
駅前で電車に乗る前にワインとパン(ここのパン、おいしいんですよ~)を調達して、これで簡単、お花見準備終了。

簡単な割にはこれがなかなか良い感じだったのですよね~。
量こそはそんなに多くないけど、ちょこちょことあれこれ詰めたので、ゆっくりまったりワインとパンを楽しめる!もちろん桜もね♪

f0043911_1739232.jpg
本当にこの日は暖かくて、ほろ酔い気分と相まって、横では昼寝する人、1名…。(笑)
私はその後も桜をながめながら食べて飲み続け(爆)、なんとなく隣の人に引きずられるようにうとうと。
平和なひととき。

f0043911_1740094.jpg
午睡からも覚め、もう一度じっくり眺めてから帰るか~と、桜鑑賞。

f0043911_17401495.jpg
ソメイヨシノも良いけれど、この八重の可憐な姿も捨てがたい!
なんともいえず可愛いです。

f0043911_17404086.jpg
こちら側にはこんな風に並木になるように桜の木が並んでいて、芝生側はもう少しランダムにいろんな桜が植わっています。
今年は、皇居・乾通りが桜の時期に合わせて初めて一般公開され、それはそれはものすごい人だったとか。
皇居内ということでどんなに立派な桜並木なんだろうと思っていましたが、それは、千鳥ヶ淵の桜のように迫り来るように咲き誇り圧倒されると言うよりは、とてものどかな感じなのだそうです。
植樹のために全国から集められた桜のうち余ったものを種類を問わず通りに植えたそうで、きっかりとしていない具合が、のどかな感じをかもし出しているのかな~とあれこれ想像したりしている私なんですが、乾通りのは見ていないけど、ここと似たような感じなのかなぁと。
ここも、なんとなくみんながのんびりと桜を見ながら歩いたり、立ち止まってカメラを構えたり、木の下のベンチに座ってのんびりとしたり語り合ったり、そんな具合なのでした。
お花見宴会している人もそこそこはいるけど、お花見の有名スポットのように大勢ではないし、そもそも大人数の団体で来ている人も少なくて、ちょっと何かのついでに寄ってみましたみたいな人が多かったです。

f0043911_17411342.jpg
お花見を十分楽しんだ後、お堀端をぶらぶら。
平日の朝とか夜なんかだと、多分ここはランナーでにぎわっているのではないかと思うのだけれど、週末の遅い午後のこのときには人通りも少ない。

f0043911_1741321.jpg
午後の長い日差しを受けて輝く水面。

f0043911_17414827.jpg
つくしもあっちこっちから顔を出してましたよ~。

少し視線を上げると高層ビルがいっぱい見えるので、あぁここは都会なのねと思うけど、下だけ見てたら、ちょっとのんびりしたくて日帰りで少しだけ田舎に来ましたって感じでしょ。

f0043911_1742713.jpg
そこからちょっと道を曲がった先は、東京駅。
一気にタイムスリップしてきたかのような気分。

f0043911_17423847.jpg
せっかく東京駅まで来たので、虎屋のカフェで一休み。
夕方近い午後の浅く差し込む日差しの色とレンガがとても素敵でした。

f0043911_17453115.jpg
私は定番の羊羹で。

f0043911_17454318.jpg
夫はプリン。

やっぱりなんだかんだ言って、最後には花より団子になってしまう我が夫婦です。

来年も行けたらいいなぁ。



こちらのブログ村に参加しています。
のんびりとした気分が伝わってきたよ~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2014-04-29 17:49 | こんなところに行って来ました | Comments(2)

2014年お花見第一弾

f0043911_145994.jpg
今年は冬が長く感じられ、雪もいっぱい降って寒かったし、なんだかずいぶんと春が来るのが遅いような気がしました。
昨年がとっても早い開花でしたので、それから比べると、ずいぶん遅かったな~と思う今年の桜。
なかなか咲かなかった桜も咲き始めたら結構あっという間の出来事で、今はもうほぼ葉桜になってしまいましたよね。

我が家のお花見は、4月の第一週目の週末。
ホントはその週の中ごろが一番の見ごろだったので、夜桜見物でもと思わないでもなかったのですが、意外とこの週は夜になると強風が吹いたり、雨が降ったり雹が降ったりとイマイチのコンディション。
盛りは少し越えてしまったかしらんと思いつつ出かけた昼間のお花見。

f0043911_152632.jpg
桜の前に、まずはうちのすぐ前の川沿いで、桃のお花見。

f0043911_155265.jpg
この桃の花がぽんぽんとしたフォルムといい、鮮やかな色といい、とっても可愛いのですよ~。
近所の人や通りがかりの人が目を留め足を止め、写真を撮ったりしている人多し!

f0043911_161018.jpg
木は三本ほど並んでいるだけなんですけど、それぞれに色が違っていて、濃いピンクから薄いピンク、そしてまだら模様のものもあるんです。
ほんとに可愛いプチお花見スポットで、心が和みます。

f0043911_191564.jpg
そんな桃の花を見てから、電車で一駅行ったところにある緑地へ。
入り口の立派な桜の木。

f0043911_1104314.jpg
蔵作りの建物が建っていて、それをバックに桜を見ると、何の変哲もないこのあたりではなく、ちょっと小旅行にでも行ったような気分になります。

f0043911_1142716.jpg
こんな連子と桜のこの組み合わせなんて、なんとなく古都にでも来ているような気分。
やっぱり桜にはこうした和の建物が似合うわ~。

この緑地は丘陵地にあり、桜などを愛でながらずんずん坂を上っていくと…。

f0043911_1195423.jpg
あらまぁ、古都からちょっと歩いただけなのに、突然白川郷にたどり着いたかのような。(笑)
緑地内に古民家を集めたところがあり、その中にはこんな合掌造りの建物もあるんですよね~。

f0043911_1201873.jpg
実はこれ、お蕎麦屋さん。
まだ大して歩いていないというのに小腹が空いてきた我が夫婦は、お花よりもまずは団子。(笑)
これがなかなかおいしいお蕎麦。
この日はちょっと風が強かったので、お外でお弁当を広げるのもどうかな~と思い、何も持たずに来たお花見でしたが、こんなに素敵なお蕎麦屋さんがあるのだもの、持ってこなくて正解だったかも~。

f0043911_1251111.jpg
お腹も満たされ、さぁ歩け、歩け~♪
自然豊かな遊歩道。
駅からそう歩かない場所なんですけど、ちょっとした山に入り込んだかのように静かで緑がいっぱい。

f0043911_1253359.jpg
これは何だろう。
小さな葡萄の房みたいな実をつけた、緑が美しい植物。

f0043911_1263542.jpg
そんな遊歩道を歩いていくと、なにやら人が大勢いるにぎやかな気配の場所にたどり着きました。

f0043911_132466.jpg
丘陵地なので何しろ坂が多いこの緑地で、ここは広く平らな部分が広がる広場となっており、桜はちょうど満開で、その桜の花のごとくたくさんの人がお花見に来ていたここ。
シートを広げ飲み食いしている、典型的なお花見の風景が広がっていました。

あぁやっぱりこれよね~。
f0043911_1321990.jpg
はかなげな色合いも美しいソメイヨシノ。

f0043911_1323145.jpg
低く枝が広がる木も多く、上を見上げずとも目線の先にそっと咲いている桜。

この広場にある展望台に上ってみました。

f0043911_1425949.jpg
わぁ~眼下に広がる桜、桜。
一目千本の本場、奈良の吉野の桜だって見たけれど、ここの一目千本(もないかもしれないけど…汗)だってなかなかのものだよ~。
ほんと、思わず「わぁ~」って声が出ちゃうような眺め。

f0043911_1432157.jpg
桜の後方に見えているのがただいま住んでいるわが町。

f0043911_1434925.jpg
かなり上ったところにあるこの場所の、更に展望台の上は結構な高度らしく、驚いたことには遥か遠くにではありますが、東京スカイツリーまで見えちゃいました!!
都心をはさんで東京スカイツリーとこのあたりは間逆にあるような、そんな位置関係なんですけどね。
そのうち、そのうちと思いつつ、まだ行ったことのない東京スカイツリー。
でもこうしてここから眺められるのなら行かなくてもいいかな~と思ったり。(笑)

f0043911_243699.jpg
展望台からの眺めも堪能し、桜の木がアーチみたいに頭上にかかっている道をてくてくと歩いていると、ウグイスの声が聞こえてきました。(写真の真ん中よりちょっと左あたりの影がウグイス)
うぐいすの声、懐かしいわ~。
奈良の生駒では生駒山のふもとに住んでいたので、春から夏だったか、はたまた秋の頃までだったか、毎日ウグイスの声を聞いて過ごしていたのですよ~。
早春のウグイスはまだ慣れていなくて、「ホーホケキョ」とちゃんと鳴けずに「ホーケキョ」とか「ケキョケキョ」みたいに鳴くのよね。
ここのウグイスはもう慣れてきていたようで、ちゃんときれいにホーホケキョと、桜の木に止まって気持ちが良さそうに鳴いていました。

f0043911_25891.jpg
こちらは桜とほぼ同時期に咲くレンギョウ。
桜とセットで見ると、薄ピンクと黄色のコントラストがきれいなんですよね~。

f0043911_253432.jpg
こちらは山道に咲いていた真っ赤な椿。
花が落ちて真っ赤な絨毯のようになっているのも美しい。
結構な坂を上っている途中だったので、写真を撮りつつ一休み。

f0043911_265443.jpg
山登りみたいな道を上り、たどり着いたりっぱな枝垂桜。
とても大きな木で見ごたえもあるんですけど、結構上ったところにあるので、なんと人も二組しかおらず、さっきの展望台のある広場とは対照的。

f0043911_272679.jpg
せまってくるかのような、枝と桜。
はかなげなソメイヨシノとはまた違い、古風でありながら迫力もあるそんな桜。

f0043911_274268.jpg
お花は小ぶりの八重。
色は川津桜みたいに濃いピンクなのだけれど、小ぶりだからかなんとなく奥ゆかしさがありますね。
独り占めみたいに静かなのも良い感じ。
来年、もしお花見の日に風もなく晴れていたら、ここでのんびり花を見上げたりしながらお弁当食べたり本を読んだりして一日過ごすのも良いかも♪

f0043911_2205581.jpg
枝垂桜も堪能し、またてくてくと歩き、たどり着いた先は岡本太郎美術館。

f0043911_2212880.jpg
目的はここのカフェ。
なんだかいっぱい歩いたのでまた小腹が空いてきて、二度目のランチ。(爆)
夫はウニのペンネ、私はサンドウィッチ。
歩いてほてった体に冷たい飲み物が嬉しい♪

f0043911_2215768.jpg
岡本太郎美術館を降りたあたりの水辺に人だかりがするので見てみると、なんとなんとカワセミの姿が。(写真真ん中の石の上に小さく見えるのがカワセミ)
こんなところにもいるんですね~。
遠目にも色鮮やかで、きれいだったー。

f0043911_2221590.jpg
そろそろお花見も終わりと下っていく途中のもみじ。
桜のお花見に来ている人たちばかりの中、忘れられさられたかのようにひっそりとたたずんでいるその緑が美しく、近づいてよく見ると、もみじにもちょうど花がついていたのですよ~。
意外と可愛い真っ赤な花。
秋の頃にまた紅葉を楽しみにお散歩に来ようかしらね。

出足が遅く(休みの日の起床時間が遅い我が家ゆえ~)、何の準備もせずに向かったお花見。
それでも十分楽しめました。

f0043911_2225771.jpg
帰り途中で和菓子屋さんで買った道明寺。

f0043911_2231255.jpg
夫は関東の、わたしたちにとっては小さいときから馴染みのある桜餅で。

おうちに帰ってからも二度目のお花見で、更に目もお腹も満たされた我が夫婦なのでした。


こちらのブログ村に参加しています。
近所の緑地、結構素敵ね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2014-04-13 02:30 | こんなところに行って来ました | Comments(6)

2013年の桜のお花見

f0043911_191656.jpg
今年の桜。
まさかの3月半ば過ぎの開花、そして東京では3月中に満開!
早かったですよね~。
そしてなんと言っても今年の桜の特徴は、咲いている期間が長かったということ。
満開になったと思ったら一気に寒くなったので、ずーっと長持ちしていたんですよね~。
我が家付近では、3月23、24日あたりの週末が満開で、その後ずっと散ることもなく、一昨日からの風雨でがんばった桜もいよいよ終わりになっちゃったね~と言った感じ。
結局、満開後1週間以上もがんばっていた今年の桜。
惜しむらくは、ちょうど満開の週末に、「これぞお花見日和!」と言ったぽかぽか陽気で太陽サンサンと言う日が一日もなかったこと。
なので、今年はおべんと持ってゴザ敷いて、ビールもくいっと飲んじゃうよ~なんて言う本格的お花見は出来なかったのですが、ちょこちょこと近場で桜を堪能しました。

f0043911_194210.jpg
まずは、満開予報の週末前の金曜日、職場付近の桜がとってもきれいだったので、就業後、同僚とてくてくお花見散歩。
職場の前から線路と道路に沿って続いている桜並木。
夕方なのでイマイチ色が出てませんが、薄いピンク色の桜と電車の黄色いラインがなかなか良いのです。

f0043911_1101524.jpg
線路沿いにずっと堀と言うか川が続いています。
水面と桜の組み合わせ。
この水がある風景と言うのも桜を美しく見せる効果がありますよね~。
この日は金曜日だったと言う事もあると思いますが、線路に沿ったこの道路を歩く人も多く、カメラのシャッター押してる人も多数いました。
それでもまぁ桜の名所と言われているところと比べたら格段に人が少ないので、「桜を撮っているんだか、人を撮っているんだかわからない~~~」なんてなることもなく、桜のお花見としてはなかなか良い選択だったと思います。

f0043911_110415.jpg
桜とビル。
超高層ビルが林立している地区と言うわけではありませんが、やはりこうして桜とビルを一緒に見ることとなる都会のお花見。
これもまたよろし。

f0043911_1105668.jpg
同僚が指差す先を見ると…。

f0043911_111851.jpg
ぽっかり三日月。
まだ薄暗いと言うにも明るすぎる時間帯でしたが、それでもこんなに早く月って出ているんですね~。
普段は家路に急ぐ時間帯なので、こんな風にのんびり空を眺めることもなかったのだなぁ。
桜と三日月もこれまたよろし。

f0043911_1112717.jpg
この辺りは特別にお花見スポットではないので、桜並木はとってもきれいなのにライトアップはされておらず。
だからこその夕暮れの、とっても静かな空気と、そしてそんな空気を全部まったりと取り込んでしまいそうなくらいにとろりんとしている水面。
雪の結晶のマークが乗っているビルの数件先が、今の職場。
「何年か経って見返したときに、あーこの辺りに勤めていたんだよね~って思い出したり出来るね。」と言って撮った、桜の季節、2013年春に勤めていた職場近くの風景。

f0043911_112919.jpg
隣の駅まで付いた頃には、夜のとばりが少々降りてきて、街灯にも火が灯る。
隣の駅は、職場最寄駅よりも随分とお花見の人が多く、またちょっとしたお店も多く、桜の枝の下をくぐるように続く歩道などもあり、より盛り上がるお花見気分♪

f0043911_1123299.jpg
しかし、街灯はいつもの街灯で、決して桜をライトアップするためのものではないので、何となくただただ青白いだけなのがちょっぴり残念。

そのままあっちこっちで記念撮影等しながら、途中でこのままもうひとつ先の駅まで行くか、はたまた靖国神社方面に行くか検討しましたが、結局飯田橋駅付近でお花見終了。
なぜかと言えば、お腹が空いて、またあわあわ~なものを飲みたくなってきたから。
そう、この日はあの頃続いていた暖かい日の最後の日だったので、お花見してても寒くなかったのよ。
ほんとにちょうど良い日にお花見散歩したものです。

f0043911_113486.jpg
で、早速お腹を満たす女子2名。

f0043911_1131688.jpg
で、当然喉だってうるおしちゃう、女子2名。

やっぱりね~、お花見と食べ物、飲み物はセットでしょう♪
短いながらも充実した夕方から夜にかけてのメジャーではないお花見スポットでの、楽しいひととき。

f0043911_1133314.jpg
この日、夫は歯医者に行っているはずなので、「お花見して帰る~!適当に何か食べて~」とメールをした私。
しかし、やさしい妻はおみやを忘れてはいなかったのだよ!!
神楽坂五十番にて購入。
その日、夫は抜歯するはずだったのでお花見に誘うなんてことは全く考えもしなかったのだけれど、少し前に抜いた親知らずのその後の関係もあり抜歯はしなかったらしく、「お土産よりもお花見に誘ってほしかった~~~」と言ってたけど。(^^ゞ

f0043911_1141084.jpg
おみやの豚まんとちまきは翌日のお昼に♪
人気店だけあり、おいしい♪♪
しかしやはり東京価格。
あぁ、551の豚まんがなつかしい…。

f0043911_1152611.jpg
ところ変わりまして、こちらは我が家のマンション前の川沿いの桜。
とっても鮮やかな色合いが遠くからでも目立つんですよ~。
割と低木で3本だけ植わっているんですが、ずっと八重の桜だと思っていたけど、ポメさんのこの記事みたらもしやこれは花桃と言うものではないかと思われます…。(^^ゞ
昨日今日の風雨で、他の桜はもう随分と散ってしまったけど、これはまだ咲き誇っています。

f0043911_115426.jpg
とにかく色鮮やかで、八重なのでぽんぽんとまあるく咲いていてとっても可愛い♪
都会でのお花見翌日昼間、買い物に出たついでに写真撮りましたが、近くの人やらバス待ちの人やら、結構沢山の人がこの木の周りに集まりシャッター押してました。

f0043911_1155928.jpg
こんな風にツートンカラーになっている花も多く、見れば見るほど美しいのよ~。

f0043911_1163541.jpg
同じ木の同じ枝の花なのに、濃いピンクのものあり、薄いピンクのものあり、更にほとんど白のものもあるのが不思議~!
我が家からは歩いて1分、いえ、もしかしたら30秒くらいかもしれないお近くに、こんなに可愛い木があったなんて~~~。

f0043911_117246.jpg
たった3本しかないけれど、だからこそ川沿いにぽっかりピンク色のかたまりが突然沸いてきたようにも思える、とっても可愛いお花見スポット。
きっと近所の人しか知らないと思うけどね~。(笑)

f0043911_1171893.jpg
こちらは我が家のマンションのすぐ裏の公園の桜。
この桜は部屋の窓からも見ることが出来るので、桜開花宣言後は、毎朝窓からチェックしてました。
桜満開のこの日曜日は、結構寒い一日。
それでも、こんな小さな公園にも結構な人がシート敷いたりテント張ったりしてお花見してました。
来年もまだここに居られたら(実はこの春、恐ろしいことに転勤の可能性がなかったわけではなく、今回マジで転勤になったら暴れてやろうと思ってました・笑)、ここでのお花見はほーんとに手頃でいいかも~!

f0043911_1174770.jpg
そんな公園のすぐ前のおうちの紅梅も満開!!
冬の間めちゃくちゃ寒かったかと思えば、3月に入り夏のように暑い日があったりと異常気象だった今年。
何だかもうここぞとばかりにいっせいにいろんな花が咲き乱れた、今年の桜のお花見でした。


こちらのブログ村に参加しています。
有名スポットではない近所のちょこちょこお花見もいいわね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2013-04-04 01:23 | こんなところに行って来ました | Comments(8)

今日の雨で、満開を過ぎてしまっている桜、随分散ってしまったみたいですね…。
今年は春になっても随分寒くて、桜が咲くのはまだかまだかと髄分待たされたような気がしますが、ちゃんと咲いてちゃんと散っていく、これは毎年同じ。
あの桜色はやっぱり春にふさわしい、優しくてちょっとウキウキしてくるような、新しいことの始まりの色。

f0043911_1625391.jpg
我が家は今年は住いを移すこともなく(笑)、まぁ落ち着いて春を迎えることが出来ましたので、先週末の日曜日、いそいそと近所の公園にお花見に行って来ました♪

f0043911_1626191.jpg
我が家の周りには随分と桜が咲いている公園が多いのですが、こちらは歩いて15分ほどで行くことが出来るもっとも近い公園。
周りは住宅地なので、この日は近所の人と思われる人が随分来ていて、とっても賑やか♪

f0043911_16261464.jpg
真ん中に大きな池があり、その回りに遊歩道が設けられているので、のんびりとお散歩するにもぴったりなんです。
夫のウォーキングコースでもあります。(私は面倒なのであまり歩かないのだけれど…汗)
この辺りは実は江戸時代頃までは海だったそうで、こうした大きな池を持つ公園がそれこそたくさんあり、海にまつわる地名もたくさんあります。
確かに車を20分程度走らせれば海に出るので海に近いと言えば近いんですが、この辺りからは全く海は見えないしもちろん磯の香りもしないので、昔海だったと聞くとなんだか不思議な気がします。

f0043911_1627061.jpg
そんな池でのんびり釣りを楽しむ人も♪
一体何が釣れるのでしょうね~。
こうして本格的に釣り糸をたらしている人の他、網を持ってきている子供なども多く、前に見たときには網にザリガニがかかったりしていました。
私が小さかった頃はザリガニなんてその辺にいくらでもいたけど、今はあまり見かけることもないだろうし、こうした自然が人工的にせよ残っていると言うのは貴重なことなのかも。

f0043911_16271759.jpg
池の周りをぐるっと取り囲むように桜の木が植えられているので、遊歩道をぐるりとお散歩しながら間近にのんびりと桜を見ることが出来ます。

f0043911_16273058.jpg
桜は満開のちょっと手前、七から八分咲きってところでしょうか。
前日の土曜日が風のとても強い一日だったのですが、満開手前でしたので散ることもなく、この日曜日はぽかぽか陽気だったので一気に花もほころんだように思います。

f0043911_16274878.jpg
あ~やっぱりこの儚げな色とキュートな形がいいですよね~。
花のひとつひとつが「見て♪見て~♪」と訴えているかのよう♪

f0043911_16275979.jpg
桜だけでなくもう何でもかんでも花真っ盛りと言った感じで、こちらはユキヤナギ。

f0043911_1628852.jpg
ユキヤナギの白と桜のピンク、そして空の水色。
春ですねぇ。

f0043911_1628188.jpg
黄色が加わるとさらに賑やか♪
もう公園内は、春、春、春の色のオンパレード♪♪

f0043911_16283461.jpg
しばし池の周りをお散歩してお花を堪能し、やっぱり花もいいけど目的はこれだよね!ってことで、芝生の上にお弁当を広げました。
行き着くところやっぱり食い気…。(^^ゞ

f0043911_16284899.jpg
ご飯の部は、お稲荷さんとめはり寿司。

f0043911_1629154.jpg
実はね、名古屋のお揚げってちょっと普通のお揚げと違うんですよ。
まずは形が違うでしょ。
普通見かけるお揚げと言うのはこの倍の大きさの長方形をしていると思いますが、名古屋のはこうした正方形か、もっと小さいのになるとこの半分のサイズの小さな長方形なんです。
そして食感がまた違うのよねぇ。
一般的なのはもう少し豆腐っぽいと言うか、全体的にしっとりとしていると思うのだけれど、名古屋のお揚げはパフパフしているんです!
お稲荷さんを作る時って、麺棒転がしたりしてから、中にご飯を詰められるようにお揚げの中でくっついている豆腐っぽい部分を手で裂くようにするでしょ。
中の部分は結構しっかりくっついているので破らないように気をつけなきゃいけないのだけれど、名古屋のお揚げはパフパフなので全然気を使わなくても割れるんですよね~。
それはそれで便利なのだけれど、私的にはもう少ししっとりとして豆腐っぽいお揚げの味が好きだけどね。
でもまぁ郷に入れば郷に従え!
名古屋風お揚げでお稲荷さん♪

f0043911_1630658.jpg
甘辛く煮た名古屋風お揚げさんは、前夜のうちに煮ておき一晩置いたので味も沁み沁み~♪
寿司飯はちりめんじゃこと胡麻入りだよ。
いっぱい炊いていっぱい作りました♪
だからこの日の夜も、翌日のお弁当もお稲荷さん。(^^ゞ
ちょうど買い置きのあった刻んでいない高菜漬けで巻いためはり寿司の中身も同じ寿司飯です。

f0043911_16303110.jpg
こちらはおかずの部。
あぁ…こういうときにお重とかがあると雰囲気でるのですけどねぇ~。
普通のタッパーに急いで詰めた、玉子焼きと、揉み揉みキャベツと金柑のサラダ、昆布の当座煮。
玉子焼きの形は悪いですが、沖縄そばだしと知多半島の鰯の魚醤(ナンプラーとして使うには全く臭くなさ過ぎてNGなのだけどだし風に使うには便利)で味を整えたので、お味はなかなか良かったんですよ~。(笑)

f0043911_1633256.jpg
〆のデザートもあるんです♪
公園に行く途中のショッピングセンターで買った、桜餅と草餅。
名古屋の桜餅は関西と同じ道明寺なんですね~。
私はずっと関東だったので、粒々している桜餅があるということを知ったときにはおはぎみたいだな~とびっくりしましたが、これはこれで美味しいものです。

f0043911_16355092.jpg
お腹も満腹になったところで、まったりごろんと寝転んだり本を読んだり…。
そして時々桜。

しばしのんびりと過ごし、てくてくとうちまで歩いて帰りました。
ご近所花見はこういう手軽さがいいのです♪
この公園は広くて気持ちがいいので、確か去年引越して来てすぐの頃にも「週末にお弁当とイスでも持ってたまにのんびりしに来よう♪」と言っていたのに、なんだかそのまま叶わず…。(^^ゞ
今年はちょくちょくのんびり過ごしに来たいわ~なんて思っております。
すぐ前はショッピングセンターなので何も持たずに来ても食べ物買えるし、その隣には石釜ピザ屋さんがあるのでそこで食べるも良し、持ち帰りも出来るし~~~。
ただひとつ、名古屋はいつでも風が強いので、あまり風の強い日じゃないのが週末に当るといいのですけどね。(^^ゞ

この時点では、来週もお花見できるかも~なんて思ってましたが、もう名古屋市内のソメイヨシノは葉桜になっちゃったかな。
でもね、通勤途上にも桜の木がいっぱいあり、種類の違う桜はこれから見頃っぽいのもあったりして、そういうのを狙えば明日あたりもお花見できるかも♪
名古屋中心部に出る予定があるので、ついでに2回目のお花見したいなぁ~なんて目論んでます♪

みなさまのお花見はいかがでしたか?


こちらのブログ村に参加しています。
桜ってやっぱりいいよね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2012-04-14 16:42 | こんなところに行って来ました | Comments(16)

今更ながらに桜の話題…。(^^ゞ

f0043911_18461261.jpg
こちらへ引越してきたすぐ後の週末が、今年はちょうど桜の見頃だった名古屋。
まだそんなに歩き回っていない名古屋ですが、他の都市と比べて桜並木や桜の木で桜色に染まっている公園がとても多いように感じました。
あの時期、どこを歩いても、どこを車で走っても桜の花を目にしないことはないと思えたほど、それほどにあちらこちらに桜がありましたから♪
ちなみに我が家の最寄の地下鉄駅の路線名にも「桜」の文字がついており、そんなことも関係あるのか我が家のまわりの公園という公園中に桜があり、我が家のベランダから見える桜の木からは散り際にハラハラと桜の花びらが風に乗ってベランダまでやってきて、洗濯物にほろっと着いていたり、窓を開けたときに入ったのか木がつくと花びらが部屋の床にはらりと落ちていたりしていたのでした。

さて、今回のお花見シーズンは引越してきた直後だったということもあり、一日だけぶらっと見て終わってしまったのですが、ちょっと場所を変えたりして結構いろんな桜を楽しみました。

まず我が家が向かったところは、一番行ってみたかったところ。

f0043911_18465311.jpg
たどり着いてみると、カメラ片手に撮影している方がいっぱいいますね~。

そんなレンズの先に見えるのは…。
名古屋城♪♪

f0043911_18562114.jpg
色と言い形といい、なんだかとっても大阪城と似ていますね~。
まぁ時代的にも同じ頃に建てられていますから、当時はこのようなスタイルが流行っていたのでしょーか。
名古屋城にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、サトザクラなどの桜の木が約1600本あるそうですが、ただただ一面に咲き誇る桜の花と言うのも良いですけれど、私的にはこうした重厚な建物と一緒に眺める桜がすごく好き!!
桜の花も建物も一緒になると何倍も素敵に見えますよね~。

f0043911_1847279.jpg
この日、桜が満開だったと言うこともあり、この辺りはかなりの人出で、結構な人が並んでいたので名古屋城内に入るのは諦めたため、お城が見える場所をちょこちょこと移動してお城と桜の饗宴を楽しみました。
名古屋城の周りのお堀沿いにもたくさんの桜を始めとしたお花が植えられており、遊歩道をのんびり歩くのも楽しいものです。

f0043911_1847539.jpg
枝垂桜と名古屋城の組み合わせもなかなか良いでしょ。

あぁ、実は、名古屋で部屋探しをしたときに、一番気に入ったマンションのベランダからはこの名古屋城がバッチリ見えたのですよ~。
思わずわぁ~と声が出てしまうほどに眺めが良く、「ここに決めた!」と思ったのもつかのま、タッチの差で仮押さえされた人に決められてしまい諦めた次第…。^_^;

f0043911_18483854.jpg
こちらはその名古屋城に隣接している名城公園。
公園内には大きな池があり、その池を取り囲むようにある桜。
ポカポカと暖かく、池の噴水の音も爽やかで、とても寛げる空間。

f0043911_18485831.jpg
城と桜の組み合わせもいいけれど、水辺と桜の組み合わせも好き♪

f0043911_18491337.jpg
公園内中心部になるのでしょうか。
どーんと大きなオランダの風車があります。
この風車の回りには、小川のようなものが作られており、この日は本当に暖かかったのでそこに入って水遊びなどをしている小さな子供の姿がたくさんありました。

f0043911_18492956.jpg
そしてもちろんオランダと言えばチューリップ♪
桜色の中心で色とりどりのチューリップがこれまた目立つ!!

f0043911_1849431.jpg
桜だけでなく、チューリップだけでなく、いろんな色のいろんなお花がいっぱいの名城公園。
歩いているだけでもとっても楽しくウキウキしてくる~♪

f0043911_1850552.jpg
でもやっぱり花見と言えばニッポン人なら桜だね!
で、花見と言えばやっぱり飲み食い、宴会はセットだよね~!!
今年のお花見は各地で自粛ムードのようでしたが、名古屋市は原則自粛なし!の市長方針らしいので、楽しそうにお花見している人がたくさんいました。
実は、名古屋在住の先輩となるぴかままに「お花見してくる~♪」と言ったら、「名古屋の人ってさ、東京みたいにお花見であんまり宴会しないんだよ。川沿いの道歩いたりして正に花見て楽しむのよ~。」と聞いて出かけたんですが、ハイ、ここではしっかりみんな宴会してました!(爆)
名古屋人もお花見宴会するらしい!(激爆)
やっぱりね~、ドンチャン騒ぎはどーかと思うけど、やっぱり花見と言えばこれだよねぇ~~~。

我が家は今回は特に何も準備せずに行ったので、名古屋流(?)に公園内の桜見てブラブラの花見でしたが、来年はおいしいもの食べて飲んだくれたい…。(笑)
名古屋在住者の方、来年はご一緒しませんか~~~。(*^_^*)

さて、名古屋城と名城公園も十分楽しんだので、場所を移すことに。
何しろ、引越のバタバタで花見できるのはこの週末しかなかったからね、いっぱい楽しみたいのよ~~~。

f0043911_18523554.jpg
地下鉄に乗って次に訪れたのは山崎川。
瑞穂運動場西にて下車。
山崎川の桜はこの辺りでは有名で、川の両岸に2.8キロにも渡りソメイヨシノが植えられているのです。
名古屋城の桜と共に、日本桜100選に選ばれているそうですよ~。
こちらでも暖かい日差しに誘われて水遊びをする人多数!!

f0043911_1853262.jpg
川沿いの遊歩道を歩いてみることに。
さすが桜の名所、すごくたくさんの人が上を見上げながらお花見散歩を楽しんでいます。
はぁ~これが名古屋流花見の王道なのか?!
ここは夜もライトアップされていて、それはそれは美しいのだそうだけれど、やっぱり夜になってもここでは宴会しないみたい!
公園では宴会、川沿いではそぞろ歩きと決めているのか…。(笑)

f0043911_18532778.jpg
それにしても桜の花って何て可憐で美しいのでしょう♪♪
この色、形♪♪
被災地の人も桜に和まされたりしたのであればいいなぁ。

f0043911_18534666.jpg
こちらは新瑞橋駅付近から山崎川を見下ろすの図。
黄色い菜の花と桜とのコントラストもいかにも春と言った感じ。
来年はちょっくら夜桜見物、夜のお散歩もしてみたいのぅ。

と言うわけで、短いながらも楽しんだ今年の我が家のお花見。
来年は近所の公園も含め、もっといっぱいいろんなところに行ってみたいなぁと思った、まだまだ新米名古屋市民なのでした。


こちらのブログ村に参加しています。
名古屋人ってお花見宴会しないってなぜ??って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2011-05-06 19:00 | こんなところに行って来ました | Comments(14)

2008年3月に読んだ本

3月は花粉と共に始まり、花粉とともにあっという間に終わってしまった感じです。(花粉症はまだまだ続いてますが…(-_-;))
何しろ鼻がジュルジュルで下向けないときが多くて、通勤電車の中での読書タイムもままならず、結局2冊しか本が読めなかったです。

f0043911_0562531.jpg
「しゃぼん玉」 乃南アサ


しゃぼん玉だなんて、なんだか長渕剛の歌じゃあるまいしみたいなタイトルだし、なんとな~く地味な話なんだけど、これ結構良いですよ~。
乃南アサというと音道刑事などが主役のサスペンスなどのイメージがあるけれど、こういうじわじわと心に迫ってくる物語も良いです。

主人公の伊豆見は、お金がなくなると引ったくりなどをして、そんな生活ばかりをしてるといつか捕まるのではないかという不安を少々胸にしつつ生きている青年。
背中越しに聞く女の悲鳴は良いものだ。ほんのわずかでもキャッとか、イヤッとか、そういう声を聞いただけで、頭の中がすうっとする。
というのだから、かなりすさんでいる。
犯罪を繰り返しながらひょんなことから、九州の椎葉村というところにたどり着いてしまい、そこでこれまたひょんなことから人助けをしたことになってしまった老婆のうちにずるずると居候することになる。
この老婆というのが事情を何も聞かずに優しく接してくれるのですよね。
そして少しずつ伊豆見の気持ちも穏やかになってきて、ここを離れなければと思いつつも居心地がよくなり村の人たちとの交流も生まれ…。
というとなんだか出来すぎの絵に描いたような美談のように聞こえるけれど、知らぬ間にしんみりと心に入ってくるのは乃南さんの凄さかな。

それでもいつかここを離れなければならない瞬間に、果たしてこの伊豆見はどのようになるのだろうかとちょっとドキドキしながら読み進んだのだけれど、これがまた今の時代にこういうことがホントにあって欲しいよな~と思うようなじーんと来る展開。
もちろんそういう人ばかりではないのはわかっているけれど、自暴自棄の生活を送り散々人に迷惑をかけている人でも、みんなそうなるには理由というものがあり、何かのきっかけで全面的に信じてくれる人、愛してくれる人が現れれば人って変わるのかも、変わって欲しいと特にこんな時代だからこそ思いました。
涙なくしては読めないとまでは言わないけど、とても読後感の良い小説です。


f0043911_0564534.jpg
「古道具中野商店」 川上弘美


川上ワールド全開の作品。
「センセイの鞄」が好きな人だったらきっとこれも好きだと思う。
中野さんという人が店主の古道具屋に勤めるヒトミという女の子が主人公の物語。
同じバイトのタケオと言うのがつかず離れずと言った感じでヒトミに微妙に関わってくるのだけれど、この2人がいかにも今時の若い人風でもあり逆にまるで昭和の時代の若者みたいだったりもするその雰囲気がなんとも言えず良いのです。
ふらふらとしているんだけど、なぜかヘンなところで地に足をしっかりと踏ん張っているというか。
この主人公のヒトミって女の子、私は好きだな。

淡々としている日常を描いていても、こんなことホントは絶対にないよな~とか、こんな人いないよな~と言う川上弘美の小説が多いけど、これは意外とこういう店がホントに存在してたりしてとか、こんな人っているかもな~なんて思える話。
なんでしょうね、川上弘美さんって淡々と書いていて淡々と読ませるのだけれど、その行間になんとも言えない空気感があってそれがとても心地よいです。

それまでの日々から2年後が描かれている最後の章がとても素敵。
みんなすごく変わったのに実は全然変わってなくて、でも前と全く同じようにはなれないし、変わった事が悲しくもあり誇らしくもあるような。
こういう日々の繰り返しが幸せっていうのかな~とちょっと思った。


こちらのブログ村に参加しています。
なんだか二冊ともほんわか心に入ってきそうな素敵な本ねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


********************************************

前の前の記事で作った桜ご飯のおにぎり持ってお花見行こうかな~なんて言っておりましたが、先週末にちゃんと実行してきましたよ~。(*^_^*)
いつも突然思い立って行ったりするし、普段お弁当などというものを作らない(作れない)人なので、そんな私にしてはがんばってみました♪

f0043911_1142942.jpg
東京は週末の少し前に満開宣言が出されたので、この週末に行かずしていつ行くのさ~と盛り上がって夫と2人で近所の公園に行ったのですが、やはりそこは埼玉!
東京とは違うようで(朝晩の気温なども少々低かったりします)、いざ行ってみたら桜は5~7分咲きといったところでした。
どうりでいつも満杯の駐車場にすんなり入れたはずですよ~。

f0043911_1145118.jpg
これがうちのお花見弁当。
桜ご飯のおにぎりと、アーサ入り玉子焼き、蕪の葉のおしんこ、ピンクの蕪のピクルスとキャベツのピクルス、そしてデザートの日向夏。
車なので最初にビールをぐびぐびっといって、後はあったかいコーヒーやお茶などでちびちびやってました。
なにやらこの日は私は当たり日だったらしく、桜の木の下でおべんと食べてゴロゴロ寝転んでたら、そんなに長いこといたわけでもないその間に2回も鳥のフンにやられたのです~。(笑)
そういう日もありますね…。(-_-;)

f0043911_1151813.jpg
この公園は県の施設なのだけれど、広くて敷地内には温水プールあり、ジムもあり、子供達が遊べる広場ももちろんあり、ローラースケート用のコースもあり、そしておがくずみたいなのを敷き詰めて足に負担がかからないようになっているマラソン用のコースありとかなりの充実度。
ハーブだとか、○○に効く草花とか、テーマ別にいろんな花や木があちらこちらに植えられていて、お散歩するだけでもとても楽しいです。
菜の花もこんなに満開~♪

f0043911_1153880.jpg
お花見をしたのは、この池の周り。
池の周り一面に桜が植えられており、ちょっと途中から曇ってきてしまったのが残念でしたがとても見事な景色なんですよ~。
今ちょうど満開くらいだと思うので、もしかしたら今度の週末もちょこっと夜桜見物にでも行っちゃうかもしれません♪
[PR]
by rakurakurakuko | 2008-04-04 01:21 | 楽子の本棚 | Comments(10)