我が家で夏に欠かさず食べるものの一つに、実家から送られてくるおばけきゅうり、通称オバQがあるんですが…。
今年は違うおばけ野菜が送られて来ました…。

f0043911_12161596.jpg
えーーっと、ダンボールに一緒に入っているのは、小玉スイカ。
そしてその小玉スイカと大きさを張り合っているのはズッキーニ!!
一応ね、小玉とは言いつつこのスイカ、そこそこの大きさがあったんですけどねぇ。(^^ゞ

f0043911_12164697.jpg
一緒に物差しを置いてみましたが…。
36センチ物差し、余裕で負けました…。(爆)
せっかくなので名前をつけてみようと思い、独断と偏見でオバQの兄(大きさで大きいので)、オバZ(おばずーと発音!)とさせていただきます♪♪

それにしてもねぇ、前回送られてきたときには小さいズッキーニがそれこそ山のように出てきて、「もうちょっと大きいほうが食べ頃だよ」と言うと、どうやら人工授粉をしていなかったらしくこれ以上はなかなか大きくならないと。
それは是非人工受粉をしたほうがいいよと言うと素直にやってみたようで、そしたらこんなの送られてきました…。

教えたほうが良かったのか教えないほうが良かったのか、こうなると何とも言えない。(-_-;)
「ちょっとこれは大きくさせすぎだよ」と言うと、育て主の父は「これは知らないうちに大きくなっていたのだから。これが最後のズッキーニだから。」と言うのだけれど、その数日前に母からズッキーニの料理の仕方について電話がきたときには「ズッキーニの大きさ、きゅうり(多分実家のオバQサイズのきゅうりのこと)の太さの4倍くらいあるんだけど…(困惑)。」とのこと。
絶対にこれだけが大きく育ってしまったのではなく、実家のキッチンにはこの手のサイズのズッキーニが転がっていることに違いない。(笑)

ここまで大きくなってしまったズッキーニではオイル漬けにするのもその他のフツーのズッキーニ料理にしてもイマイチ美味しくないよな~。(^^ゞ

と言うわけで、とりあえずしっかり煮てみるかーと、その日の予定していたメニューのカレーに加えてみることにしました。
加えてみるというよりはがっつり、ズッキーニがメインのカレーですっ!!

f0043911_12205166.jpg
ズッキーニたっぷりのネパールカレー♪♪

f0043911_1221842.jpg
使用したのはこちらのスパイス
頂き物ですが、こちらのカレーの素、各種スパイス(コリアンダー、クミン、ガーリック、ジンジャー、ターメリック、ガラムマサラ、チリ、パンチフルナ)が個別に袋に入っていて大変使いやすいのです。
ホントは野菜カレー用のスパイスですが、この日は肉類が他になかったので手羽元もくわえてがっつりと!

使用した野菜は、上記のオバZ1/3本を皮を剥いて縦1/4に切って真ん中の種とフカフカになってしまっている部分をスプーンでくりぬいた後、適当な大きさに乱切り。
オクラはヘタの部分をくるんと剥いて丸ごと、そして茹でた枝豆いっぱい。
この日のテーマはグリーングリーンなので、野菜は全て緑色。

箱の中に一緒に入っていたレシピの通り、油で肉と野菜をさっと焼いてから各種スパイスと水などを加えて煮るだけ。
水はそんなにたくさん入れないのだけれど、野菜からたくさん水分が出てくるので出来上がると結構な量になります。

ご飯はこれまた頂き物のカルローズ米使用。
別の器にカレーをよそうのが面倒だったので(汗)一つのプレートにご飯とカレーを日本式にのっけて、仕上げにベランダのバジルをトッピング。(バジルはトッピングしたのとは別に最後の仕上げ時に大量に加えてあります♪)
暑いときにはやっぱりカレーだよね~!とカレー好きの夫も大満足♪♪(多分こんなにたくさんのオバZが入っていたことを彼は知らない…(^^ゞ)
オバZはなんだか冬瓜みたいな感じになっており、エスニックテイストなカレーにぴったりでした♪
日本のカレールーのこってり感も嫌いではないのだけれど、夏はこういうさっぱりサラサラのカレーも美味しいですよね~。

f0043911_122393.jpg
で、この日のテーブルのテーマはグリーングリーン。
なのでスープも緑色。

f0043911_12232587.jpg
じゃがいもと小松菜のさっぱりポタージュ。
何がさっぱりかと言うと、乳製品を加えていないところ。

以前の家の近くにあった山岡ピザで小松菜とブロッコリーのグリーンスープを飲んで以来、バターを使わない、オリーブオイルで野菜を炒めてニンニクもたっぷり入れた香り高いさっぱりポタージュが気に入って良く作っています。
今回は我が家にダンボール一箱分ある(!)じゃがいもを消費すべく、じゃがいもたっぷりとタマネギと小松菜のポタージュ。
野菜をたっぷりのオリーブオイルで炒めてから、お水とコンソメキューブとニンニク微塵切り(たっぷり)と月桂樹の葉を加えて煮混み、月桂樹の葉っぱをとりのぞいてから最後にスティックミキサーでガーッとやって塩胡椒で味を整えて出来上がり。
これまたベランダのタイムを少々香り付けにトッピング。
じゃがいもたっぷりなのでぽてっとしてますが、乳製品なしなので結構さっぱり感もあり夏向けです。

こちらに更に小松菜の塩麹ナムルも加わり、グリーングリーンな夜の食卓。
飲み物だけがシュワシュワの黄金色でしたけどね…。(^^ゞ

大満足のカレーでしたが、まだまだオバZは残っている…。(汗)

残りを使いまして、お次はズッキーニのレンジ蒸し。
我が家の夏の定番、茄子のレンジ蒸しをアレンジしてmeloさんがズッキーニも蒸していたので、私もまねっ子♪

f0043911_122710100.jpg
蒸しオバZの梅ジャムマリネ。

皮を剥いた(今回は1/4に切って種と柔らかい部分も取り除く)ズッキーニをラップでぴちっと包んでから電子レンジでチン♪
水を入れたボールにとってあら熱を冷まし、適当な大きさに切ります。
マリネ液は、自家製の梅ジャムたっぷりと白ワインビネガーと塩胡椒とオリーブオイルを混ぜ合わせたもの。
マリネ液に蒸しズッキーニを漬けて冷蔵庫で冷やし、ひえひえ~を器に盛って出来上がり。

これね、オバQのおいしい食べ方の応用なんですが、この手の水っぽいボケた瓜(笑)には甘酸っぱいお味が合うのですよ~。
「こんなに大きいの送ってきてちょっと迷惑…」なんて思う瓜も甘酸っぱマジックで美味しくいただけます♪
そして蒸したズッキーニがコリッとしてとてもよい食感!
何しろたっぷりできちゃったので、3日くらいに分けて何度もこれが登場したんですが(汗)、「随分いっぱい作ったんだね…」とは言ったものの、さっぱり食べられるので夫もまんざらではなかった様子。(*^_^*)

さて、3日くらいに分けて食べるほどの梅ジャムマリネがあったのに、まだあるんですよ、オバZ…。(^^ゞ

f0043911_12282368.jpg
蒸しオバZがなかなかいけたので(簡単だし~~~笑)、今度は蒸しオバZの東南アジア風。

レンジで蒸したズッキーニを今度はサイコロ状に切りました。
マリネ液はレモン汁とナンプラーとお砂糖を1:1:1の割合で混ぜ合わせたもの。
そこにしばらく漬けて冷蔵庫で冷やし、食べる時にベランダのミントを加えて混ぜ合わせてみました。

これまた甘酸っぱいお味にナンプラーの臭さとミントのスースーが加わってこれまた夏らしい一皿。
サイコロ状のズッキーニもコリコリです。

これで食べ切り、オバZ終了!!

こういうのが畑にごろんごろんしている方(笑)、是非お試しあれ!


こちらのブログ村に参加しています。
ギャーッこんなに大きなズッキーニ、面白すぎ~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2011-08-19 12:31 | 野菜のお料理アイディア | Comments(14)

f0043911_1555860.jpg
大好きな野菜、ズッキーニのオイル漬けを作りました♪

夏が旬のズッキーニ。
最近店頭で売られるその値段も随分とお安くなり、また知名度もかなり上がってきた野菜の一つですよね~。
オイル漬けを作ったと言うことは、また格安ズッキーニを見つけたのか?と、以前の記事を思い出してくださった方もいるかもしれませんが、今回のズッキーニはタダなんですっ!!

f0043911_1556481.jpg
ある日、突然届いた実家からの家庭菜園野菜宅急便の中にズッキーニがいっぱい入っていたんですよ~。
ところどころなんだか皮がズル剥けになっちゃっているのはですね、どうやら花も一緒に付けたまま送ったらしく、この暑さで花がでれ~んと萎れてくにゃくにゃになり、それが実に張り付いてその部分が悪くなりかけていたものがあったのです。
それにしても今まではズッキーニなんて送ってきたことなかったので作っていなかったと思うんですけどね。
買って食べて見ておいしかったから作ったのかな。

f0043911_15572216.jpg
なんて思ったら、こんなメモが入ってました…。
「レシピFAXしてください」。(笑)
しかも「ズッキーニ」が「ズキニー」ってなってて、ちっちゃい「ッ」もないし、伸ばす位置もビミョーに違うし。
想像するに、作ったはいいけどどうやって食べたらいいかわからないに違いない!(爆)
まぁね、私も変わったものを見るとついつい買いたくなってしまう性分ですからあまりエラソーなことは言えませんが(汗)、知らずに作るっていうのもねぇ。
このチャレンジャー精神は、我が家の遺伝的なものだったのか…。(^^ゞ
しかも、実家は一応ネットも繋がっているというのに、そして父親はパソコン教室にも通いいろいろ出来るようになったと威張っていたのに、FAXですか。

早速電話してみたところ、やはり作ったけれど食べ方が良くわからず、しかも毎日ジャンジャン取れてしまうものだから随分捨ててしまったと!!
やはりここでも自分でネットで検索なんてことは思いつかなかったらしい、と言うか、多分やる気ない。(爆)
これはとりあえず私のところに送ってレシピをもらおうと思ったんだそうな。
まぁね、こういう物々交換だったら大歓迎ですが、できれば捨てる前に送って欲しかったよ。(苦笑)

と言う訳で、早速年配者に受けそうなお味の簡単に出来る料理をいくつかFAXで送った、役立つ娘。
えらいぞ~、私♪♪

そして、我が家にやってきたちょっとヨレヨレズッキーにも何とか美味しく頂かなくては!!
もちろん我が家の定番料理にも随分使いましたが、早く使い切らなくてはいけないので、保存食にもしとかなきゃ~。
他の野菜も沢山送られてきており、ピクルスやだしや醤油漬けなどは他の野菜で作っちゃったので、ズッキーニはオイル漬けにすることにしました。

f0043911_15593218.jpg
まずはズッキーニを丸い薄切りにして、それを笊に並べてからからに干します。
干し始めたときはこんな感じ。
後に見えるのは、一緒に送られてきたじゃがいも2種。

途中、一度ひっくり返したりして干したんですが、一日目は晴れてはいたもののイマイチ乾きが悪かったので、翌日も干しました。

f0043911_15595678.jpg
二日目は気持ちがいいほどにカラッとした晴れの日で、風も大変強かったので一日目とは比べ物にならないほどのスピードでぐんぐんズッキーニが乾き、夕方になるとこんな感じに。
ここまで乾けばもういいわ~。

f0043911_1601447.jpg
知らないなりに、ズッキーニはあまり大きくしては美味しくないと聞いていたので早めに収穫したと言う実家の父でしたが、ちょっとそれは早く採りすぎじゃないの~~~って言うミニズッキーニが多かったのだけれど(笑)、そんなズッキーニ7,8本が小さめのボールの中に納まるほどコンパクトになりました♪

この干しズッキーニを調味液で少々煮てからオイルに漬けて作るズッキーニのオイル漬け。

調味液は白ワインビネガーと白ワイン3/4カップずつと塩大さじ1.5~2、そしてドライオレガノたっぷりを鍋にかけて沸騰させて、そこに干したズッキーニを入れて2,3分煮て、そのまま粗熱が取れるまで置いておき、粗熱が取れたら笊にあげて少々置き水分を切ります。(余った調味液はこの後別の野菜のピクルス作るのに使いまわしました)
その間に煮沸消毒した瓶を準備し、キッチンペーパーで包んで更に水分を切ったズッキーニを入れ、ズッキーニが隠れる量までオリーブオイルを入れて楊枝で気泡などを抜けば出来上がり。

f0043911_1605267.jpg
小さ目とは言え、アレだけカサのあったズッキーニが瓶一本に納まってしまうのですから、じゃんじゃん出来てしまう畑のズッキーニをもてあましている人にはなかなか便利な保存食なのではないかなぁ。
冷蔵庫保存でズッキーニがオイルから飛び出さないように気をつけていれば、随分長持ちしそうな気がします。

そんなズッキーニのオイル漬けは…。

f0043911_1611082.jpg
まずはおつまみとしてそのままいただきます。
干したズッキーニのコリッとした食感と、かみ締めると爽やかな酸味が出てくるのがいいですよ~。
オレガノの風味もふんわり、ふんわり♪♪

f0043911_1612194.jpg
この日のズッキーニのオイル漬けを含むおつまみプレートはこんな感じ。
真ん中がつるむらさきのマヨと麺つゆ和え、一番上がズッキーニのオイル漬けで、時計回りに、自家製カラスミ、うるいの焼酎漬け、チェダーチーズ。

f0043911_1613984.jpg
こちらはズッキーニ入りポテトサラダ。

じゃがいもは皮ごと電子レンジでチンしてから皮を剥き、熱いうちに皮を剥きごろっとした感じが残る程度に潰して、そのまま熱いうちに自家製アンチョビを刻んだものを混ぜ合わせ、ちょうど作ってあったラディッシュのピクルスのピクルス液に塩胡椒を足したものをかけて混ぜ合わせ味を馴染ませ、薄切りにした赤タマネギとズッキーニのオイル漬けと塩漬けケイパー、マヨネーズ少々を加えて混ぜ合わせてから冷蔵庫でしばらく寝かせたもの。
火も使わず(この夏はこんなの多し!!)、最小限の手間であっという間に出来るのが嬉しい♪
こういうときに保存食は威力を発揮しますよね~。

アンチョビやケイパー、オレガノの風味、ズッキーニのちょっと酸っぱくてコリッとしたお味が、マヨネーズたっぷりのおかずポテサラとはちょっと違う、大人のおつまみポテサラと言った感じに仕上がっているかなと思います。

f0043911_1633761.jpg
こちらはズッキーニとしめじと赤タマネギのマリネ。

赤タマネギは薄切り、しめじは子房に分けてサッと茹で、ボールに入れてズッキーニのオイル漬けと白ワインビネガーと白ワイン少々、ドライオレガノも少し増量して混ぜ合わせ、冷蔵庫で寝かせたもの。

しめじはシャキシャキ、ズッキーニはコリコリ、赤タマネギはパリパリ♪
さっぱりといただけて夏の暑い日にはぴったりのおつまみでした。
翌日になると更に味が沁みて美味しかったので、いっぱい作っておくと便利。

f0043911_1635879.jpg
こちらはおひとりさまランチの米粒型パスタ、リゾーニ使用のズッキーニリゾット。
お鍋にリゾーニとオリーブオイルとズッキーニのオイル漬け、そして白ワイン少々とお水を入れて煮込んだだけの簡単リゾットなんですが、ズッキーニのオイル漬けの酸味が効いてて結構おいしかったです♪

と言うわけでいっぱい作ったズッキーニのオイル漬けも残りわずかとなり、今日冷奴にかけて完食と相成りそうです。
なかなか便利な一瓶でしたので、またズッキーニを送ってくれればいいな~と思ってるんですけどね~。

明日からしばらく旅行で留守にする我が家。
出来るだけ無駄を増やさぬよう買い物していたここ数日ですが、そんな中実家の野菜で作ったオイル漬けを含む保存食が、随分と少ない食材でまわしていた中役立ちました♪
暑いときにはこれで楽して一品出来上がるし、こういう保存食は便利で作るのも楽しい♪♪

それにしても昨日、今日と随分涼しいんですが、まさかこれで夏が終わってしまうと言うことはないですよね…。
我が家はまだ梅も干していないというのに…。(汗)
果たして帰ってきてからまたあの夏らしい暑い日照りはやってくるのでしょうか…。
少し不安だーーーーー!

と言うわけで、しばらくブログもお休みします。
みなさまも、良い夏休みをお過ごしくださいね~。
我が家もちょっとここのところいろいろあり疲れ気味でしたが、ゆっくりのんびり夏休みを過ごしてこようと思っています。


こちらのブログ村に参加しています。
ズッキーニのオイル漬け、便利そう♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2011-07-22 16:10 | 保存食作り | Comments(26)

ズッキーニ七変化♪

ズッキーニは好きな野菜の一つ♪
何しろ、以前はベランダのプランターで丸型ズッキーニを育てて花まで無駄なく食べてた(と言うよりプランターズッキーニは栄養が足りなく、花は咲いてもなかなか立派な実が生らず…笑)ほど。
キュルッとした食感も、調理のしやすさも、そして何よりあのぴかぴか元気な感じのする見かけも好き♪♪

f0043911_16591010.jpg
名古屋へ越して来てすぐ、カイエさんに連れて行ってもらったお薦めスーパーで箱買いしたズッキーニ。
ええ、引越してきてまだ荷物も片付いていないと言うのに、勢いあまって箱買いしました!!(^^ゞ

f0043911_1713634.jpg
だってね、これ、なんと、なんと、15本入りにて380円!!!!!!!!!
これまでの長~~い人生の中でのズッキーニ最安値だよ。(笑)

と言うわけで、春のズッキーニ料理三昧♡

f0043911_172751.jpg
まずは、ズッキーニと豚のエスニック炒め。

ズッキーニは半分の長さに切ってから、縦に薄切り。
豚バラ肉の薄切りを一口大の大きさに切り塩胡椒、ニンニクはみじん切り、紫蘇の葉を千切りに。
フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて弱火で温め、ニンニクの香りがたってきたところで火を強くしてズッキーニの薄切りを並べ、ちょっとしんなりするくらいまで両面焼いたらフライパンの端に寄せ、豚バラ肉を投入してしっかりと炒め、豚バラがこんがり炒められたところで端に寄せてたズッキーニと炒め合わせ、シーズニングソースとナンプラーで味付けし、胡椒をガリガリとたっぷり引いて紫蘇の葉を加え混ぜ合わせれば出来上がり♪

ズッキーニに豚の脂が沁みて、食欲をそそるニンニクとアジア~ンな香りがたまりませーーーん!!
ズッキーニは淡白なお味ですからね、どんなお味にも合うんですよね~~。
思わずビールもご飯もすすむ一品。

f0043911_1724255.jpg
こちらは只今プー生活中の私のおひとりさまランチ、ズッキーニのフィデウア。

ツジメシさんのブログで知った手抜きフィデウアは、パスタをはじめ材料を鍋一つに入れるだけで、時間もかからず洗い物も少なく、なんてったっておひとりさまでとにかく簡単に食べたいのって時にはもってこいなんですよ~。
面倒くさがりの私にはぴったりの料理で、ひとりランチに登場回数多し!!
フィデウアと言うのは炊き込みご飯パエリアのパスタ版。
ツジメシさんのこちらこちらの記事にいっぱいおいしそうなのが載ってます♪

鍋にオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れて弱火で香りがたつまで温め、火を少し強くして半月切りにしたズッキーニを加えて炒めて塩胡椒、ショートパスタのフィジッリとパルミジャーノ・レッジャーノの刻んだのを入れて混ぜ合わせ、パスタがギリギリ浸るくらいの水を入れて蓋をし、パスタの標準茹で時間プラス1~2分、茹でるというか蒸し煮のようにしてパチパチと音がしてきたら出来上がり。
鍋の中でざっくりと混ぜ合わせ、器に盛って召し上がれ♪

ズッキーニとパスタは合いますからね~。
ニンニクもほんのり効いてて、チーズで少々もったりとした濃厚な感じがたまりません!!
美味しくて、簡単♪♪
これが何より大切。(爆)

f0043911_173955.jpg
こちらはうちのズッキーニ料理の定番でもある、kapacyanズッキーニのマヨ焼き

ズッキーニを適当な厚さに切り、アルミホイルを一度クシャクシャッとしてから伸ばしたものをオーブントースターに敷いて、そこにズッキーニを並べ、マヨネーズとかつお節と麺つゆを混ぜ合わせたものをのっけて焼けば出来上がり!
今見たら、kapacyanはマヨネーズと醤油を混ぜていたことに気づいたけど(汗)、私は麺つゆ混ぜてます♪

ズッキーニはすぐに火が通るし、トッピングはとにかく混ぜ合わせて塗るだけだし、これもまた時間いらずの手間なし料理♪
なのに美味しい!!!
つまみやすいのでお酒のお供にいいですよ~。

f0043911_1734275.jpg
こちらはズッキーニのマリネサラダ。
ズッキーニは一口大の乱切り、プチトマトは半分に切り、新タマネギは薄切り、しめじは子房に分けておきます。
ズッキーニとしめじを少々塩を入れたお湯でさっと茹でて水を切り、その他の野菜と合わせてボールに入れて、白ワインビネガーとオリーブオイルと塩胡椒とドライのオレガノを混ぜ合わせたドレッシングを回し入れ、野菜にドレッシングが絡むように混ぜ合わせたら、しばらく冷蔵庫で冷やして出来上がり。

サッと茹でたズッキーニにいろんな旨みが沁みてて美味しいよ~。
冷蔵庫の中の中途半端に余ってる野菜を使う、お片づけ&エコレシピ。
少々ズッキーニの色は悪くなるけれど、翌日になるとお味がもっと沁みてヒエヒエ~でこれまた美味しい!!

f0043911_174797.jpg
最後は定番、ラタトゥイーユ。

ズッキーニの他、トマト、タマネギ、茄子、セロリなど、野菜をたっぷりのオリーブオイルで炒めてから白ワインを加えて煮ます。
勿論ニンニクも忘れずに♪♪
トマトペーストも少々入れて、コクを加えるのが我が家流。

大鍋にいっぱい作って、作った日には暖かいのを食べて、翌日は冷蔵庫で冷やしたのを食べるのもまたおいしい♪
パスタソースとしても使えるので、それこそ鍋いっぱい作っても食べ切れないわ~なんてことはないのです♪♪

と言うわけで、箱買いした15本のズッキーニのうち10本(残りの5本はカイエさんにおすそ分け)はあっと言う間に我が夫婦の胃袋に収まってしまいましたとさ。
これもズッキーニがどんな料理にも合うお味だからこそですね~。
七変化なんて言っておきながら、五変化でズッキーニの在庫が尽きちゃいました…。(^^ゞ
まだまだいっぱい作りたいものはあるんですけどね。
これから夏にかけて旬を迎えるズッキーニですから、料理の機会はそれこそこれからいっぱいある!!
今年もたくさん頂くと致しましょう♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
ちょっとぉ~~~、ズッキーニのそのお値段って一体何~?? 安すぎ~~~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2011-05-10 17:08 | 野菜のお料理アイディア | Comments(8)

f0043911_037093.jpg
おととしから育て始めて今年が3年目。
初夏の梅雨前から梅雨明け前までの間が、ベランダのプランターで育てている丸い形のズッキーニの収穫時。
この時期は毎朝ベランダに出てズッキーニチェックが欠かせない!

ズッキーニは一つの株に雌花と雄花の両方が咲き、雌花の雌しべに雄花の雄しべの花粉を人口受粉してあげると見事にズッキーニの実が大きく実るのです。

f0043911_039212.jpg
今年は4月の終わりごろに二つ種を蒔き、6月8日に初めての雌花が咲きました。
雌花の根元には小さな小さなズッキーニの実がついています。
これがなんとも可愛いのよね~。
しかし、これを大きくするには雄花の力が必要なのよ~。
雄花が咲いてその花粉で受粉させないと大きくならない!
あぁそれなのに、それなのに、雄花が咲く気配が全くなし!!
困った~。

雌花が咲いた翌々日、願いがかなってやっと雄花が咲いたのだけれど、ひゃーっもう雌花はしぼんでしまっているのだよ…。

f0043911_040099.jpgもしかしたら…の淡い期待を込めて無理やりしぼんでる雌花を開いてこんな風に少々茶色がかってきている雌しべに雄しべの花粉をちょんちょんとつけて、またまた無理やり雌花を閉じてお居たのだけれど、翌日ならまだしも翌々日と言うのはちょっと無理があったらしく、この小さなズッキーニは大きく育つことができませんでした。


しかし、その後雌花と雄花が同時に開花!
雌花の根元のズッキーニは日に日に大きく成長!
(成長の様子は去年のこちらの記事を見てね)

f0043911_0411348.jpg
4日目に収穫した今年初の丸ズッキーニは手の平にずっしりと重かった~♪

f0043911_0433554.jpg見て見て~。
採れたてのズッキーニの切り口のこのみずみずしさ!
実の表面もちょっとトゲトゲとしているんです。
う~ん、これがホントに新鮮なズッキーニなのだなぁ。
自分で育てるとお店で選ぶときの目安がよーくわかります。
ズッキーニは触って表面がトゲトゲしていて、切り口が乾いていたり茶色くなったりしていないみずみずしいものを選ばなきゃ♪


早速収穫したその夜にはこのズッキーニを使ってお料理しました。

f0043911_0444067.jpg
やっぱり丸い形の野菜を見ると作りたくなるファルシ。
ズッキーニ一つでは淋しいのでトマトも並べて作ってみました。

f0043911_0452842.jpg中に詰めたのはあらかじめ作って冷凍してあったハーブバター(タイムとローズマリー)とパルミジャーノのすり卸しを加えて戻したクスクス。
もっと凝ったものを詰めたかったのだけれど時間がなかったんです…。(汗)


ズッキーニはほんの少しだけ電子レンジでチンしてから、トマトはそのまま中身をくり貫いてクスクスを入れ、オーブンでこんがりするまで焼き上げれば出来上がり。
あ~やっぱり丸い野菜ってとっても愛嬌がありますよね~。
ズッキーニもトマトもひとり一つずつないのがヒジョーに残念ですが、仲良く半分こにしていただきました♪

実は今年のズッキーニ、やたらと雌花のつぼみが確認できたので4個くらいは収穫できるかも!と皮算用してたんですが、大きくなって収穫できた実は後にも先にもこれ一つだけだったのです。
あと少しで咲きそうというところまではくるのですが、どーにもこーにも雌花が咲かない!
そしてそのままつぼみが茶色くなって落ちてしまうんです…。
やはりプランターと言う限られた土の中ではこれだけ大きな実が出来てしまうと、もうその株自体に力がなくなってしまうようで、雌花を咲かせられるだけの力がなくなってしまうんですね…。
やっぱりプランターでズッキーニと言うのはちょっとかわいそうなのかなぁ。

しかし、雄花はジャンジャン咲きます♪
毎年のことですが、こうなったら実はあきらめて花ズッキーニを楽しむに限る!!!
ズッキーニは売ってるけど花ズッキーニはなかなか売ってないし、売っていたとしてもなかなか大量には買うことができないお値段ですからね~。
育てたものの特権として花をいっぱい楽しんじゃおう♡

花ズッキーニと言えば、まずはこれを作らなきゃ♪
と言うか、これを作りたいがためにズッキーニ栽培を始めたと言ってもいいくらいなんです。

f0043911_0465813.jpg
salahiさんのレシピで花ズッキーニのハーブライス詰め
これを食べるとこれから夏が来るのだなぁと実感!(本日関東地方も梅雨明け宣言されたことですしね~)

f0043911_049489.jpgsalahiさんのレシピのハーブライスはちゃんと丁寧に作られているのだけれど、またまた時間がなかった私はお米とみじん切りのタマネギとオリーブオイルを耐熱容器に入れてレンジでチン!
その後タイムとローズマリーのみじん切り、作り置きしてあったプチトマトのオイル煮、パルミジャーノのすり卸しを加えて混ぜ合わせたものをお花に詰めてみました。


f0043911_0501032.jpg詰め物をしたお花を鍋に並べてオリーブオイルとレモン汁をかけてコトコトと煮ます。
いつもティファールの直径16センチの小さな鍋で作ります。
今回のお花の数は7個。
一番最初の年の記事を見てみると、同じ鍋に11個の花を並べていっぱいになっているので、一番最初の年の花よりは今年の花のほうが大きかったのだなぁ。


出来上がりの花ズッキーニのハーブライス詰めは、オリーブオイルとレモン汁でとろんとしたお花に酸味があって、ハーブの香りもふんわりととても爽やか!
あ~これで無事夏を迎える準備が出来た♪

f0043911_0521613.jpg
そして同じ詰め物でも、今度はハーブとチーズ詰めの花ズッキーニのフリット。
あはは…、ちょっと揚げすぎて色黒さんになってますね…。^_^;

詰め物はパルミジャーノを細かく削ったものとベランダのタイムとローズマリー。(この二つは大活躍♪)
そして衣はうちでの揚げ物ではお馴染みの自家製酵母液と小麦粉、そして塩少々。
酵母は今回はりんご酵母使用で、シュワシュワの酵母液と小麦粉を大体同量で混ぜてあります。
ビールを衣に使うのと同じようにカリッとした揚げ物になるんですよ~。
花ズッキーニだけだとちょっと物足りない量だったので、ズッキーニの実も薄切りにして衣をつけて一緒に揚げました!
かなりボリューム満点♪

花がジャンジャン咲くので、この簡単にできる花ズッキーニのフリットは今年は何度も何度も作りました!

f0043911_0543095.jpg
花ズッキーニだけのフリットの時にはパルミジャーノと生ハムを添えて頂くと味と食感に変化が出て更においしい!

f0043911_055382.jpg
生ハムがないときにはパルミジャーノだけでも十分おいしい!!

f0043911_0552640.jpg
そして同じようなパリパリの食感になる大葉のフリットと、そしてFujikaさんから頂いたヤングコーンも縦に半割りにして揚げてみました。
大葉の天ぷらは食べたことがあるので誰でもそのおいしさがわかると思うけど、揚げたヤングコーンと言うのが甘みが濃くなってとってもおいしいんですよ~。

そして花ズッキーニが少ししかないときは、彩りとして楽しみました!

f0043911_0564822.jpg
こちらはこちらの記事でも紹介した絹さやとうるいとアスパラのさっと茹でるだけのサラダにトッピング!
緑のグラデーションに花ズッキーニのオレンジ色が加わるだけでとっても華やかになるでしょ~。

f0043911_0581359.jpg
パスタにもトッピング!
このパスタは筍三昧の時に保存食として作っておいた筍のオイル漬けとしらすのパスタ。
筍としらすの組み合わせはそれはもう絶品なのだけれど、イマイチ彩が淋しいのでそんなときにも重宝です。

と言うわけで今年もたった二つの種からずいぶん楽しませていただきました♪
去年は二つ実を収穫できたところ今年はたったの一つだったのが残念でしたが、花ズッキーニはまたまた40個以上は食べたはず!
プランター栽培にしてはまあまあなのかなと無理やり思うこととしましょう♪

フランスのポプラさんズッキーニの花のピザを焼いてました
とってもおいしそう!
ちなみに私はヨーロッパではズッキーニの花ってポピュラーな食材なのかなぁと思っていたのだけれど、地中海周辺の地域では比較的食べられていても、そうでない地域では珍味的な高級品なのだそうです。
こんなにジャンジャン花が咲くんだから、もっといろいろなところで食べられたらいいのにね。

多分ね、また来年も育てるよ~。
だって花ズッキーニは私の中での初夏の風物詩なんだもの♡
みなさまも来年はご一緒にいかがですか~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
丸いズッキーニも花ズッキーニも是非食べてみたいわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ

花は食べるだけではなく…
[PR]
by rakurakurakuko | 2008-07-20 01:15 | 野菜のお料理アイディア | Comments(22)

前回の記事で引っ張ってしまってましたが(汗)、待望の自家製丸ズッキーニとズッキーニの花を使って、いろいろお料理をしてみました♪
自分で作った野菜やハーブを料理に使えるってとってもいい気分♪
それがあんまり売ってない丸いズッキーニだったり花だったりとなると、これはもういろいろ試してみなくちゃ~~~と妙に燃えてきてしまう私です…。^_^;

f0043911_17112317.jpg
まずはこちらの丸ズッキーニを使ったお料理。
トマトと並んでいるところを見てピーンときちゃった人も多いかと思いますが…。

f0043911_17114840.jpg
作ったのは「ズッキーニとトマトのファルシ」。
なんと言ってもこの丸い形を見たら何か詰めたくなっちゃいますよね~。
去年から作る気満々でレシピをチェックしていた(去年は実がならずに作れませんでしたが…泣)恵美さんこちらのレシピを参考に、あるものでちょっとアレンジして作ってみました。

f0043911_171218100.jpg平日のお料理なのであまり時間をかけられず、恵美さんと同じようにまずはズッキーニをレンジでチン♪
その日の朝に採った新鮮なズッキーニだったからか、たったの1分しかチンしなかったのにこんなに柔らかく、そしてあまりにみずみずしくてびっくり!

このズッキーニとトマトの中身を小さなナイフ(この小さなナイフというのがsalahiさんから頂いたこちらのドイツ製のナイフなんですがこれがくり貫き以外にもピーマンの内側の白い部分などをちょこまかと切り取ったりするのにとっても便利なんです♪salahiさん、ありがと~♪)とスプーンを使ってくり貫きます。
そして、そのくり貫いた部分に、くり貫いたズッキーニとトマト、タマネギ、自家製パンチェッタをみじん切りにして炒め、そこにパルミジャーノ・レッジャーノとパセリを混ぜ合わせたものを詰めていきます。
今回はトマト2個にズッキーニ1個。
大体このくらいかな~と中身を作ったらなんとぴったりズッキーニとトマトの中に納まったんです。
こういう時ってなんだか嬉しくないですか~。(笑)

そしてそれをオーブンで表面にちょっぴり焦げ目が出来るくらい焼けば出来上がり~♪
ファルシの周りにちょんちょんと恵美さんの真似をしてミントソースを添えてみました。
ベランダから採ってきたミントのみじん切りとレモン汁、リンゴ酢、お砂糖、そして少々の塩をすり鉢ですり合わせたもの。
ちょっと水分大目になっちゃって分離してますが(汗)、あのミントの爽やか~な香りと甘酸っぱさがおいしいです。

食べるときに夫に言わないと気がつかないだろうな~と思い「これはベランダで採れたズッキーニだよ。だから1個しかないんだよ~。」と言うと、案の定気づいておらず「えーっいつの間にどこでこんなのが育っていたの~~~」と言ってました。
あんまり私がやってることには感心ないみたいです。(爆)
でも私のブログのめちゃくちゃ熱心な読者なので(笑)、しょうがないな~と1個しかないズッキーニは半分こして食べました。(*^_^*)
自分で作ったズッキーニなので多分おいしさ百倍くらいになってると思いますが、ほんとにとってもおいしかったです!

f0043911_17133679.jpg
そしてズッキーニがえらいのは実だけじゃなくて、このキレイで大きな花も食べられるってこと!
なんてったって去年は実ができなかったから、じゃんじゃん咲くこの雄花だけ42個も食べた私。^_^;

f0043911_17141568.jpg
ズッキーニの花と言えばまずはこれを作らなくては始まらない!
初めて見たときにあまりにキレイさに衝撃を受けた「花ズッキーニのハーブライス詰め」です。
但し、今回はあまり時間がなかったことと、ズッキーニの花を二日貯めても7個と少なかったので、詰め物は短い時間で簡単に煮えるものにしました。

f0043911_17145395.jpg今回お花に詰めたものは、トマトのみじん切りとベランダのミントとタイム、パルミジャーノ・レッジャーノ、そしてあらかじめ茹でたものを冷凍してあったワイルドライスです。


f0043911_17152561.jpgワイルドライスとは稲の原種であるイネ科マコモ属の草の実。
「ナッツみたいでおいしいので是非食べてみて♪」とアヤナーさんに頂いたものなんです。(アヤナーさん、ありがと~♪)
確かにナッツみたいな食感で、そしてなんと言っても私が気に入ってしまったのはその香り。
すーっとする玄米茶みたいな香りなんですよ。


水で洗っておしべも取ったズッキーニの花の中にこのフィリングをどんどん詰めていきます。
去年初めて作ったときは恐る恐るやっていたにも関わらず、洗っている最中から花びらが破れてしまったり(汗)、詰め物をするときに更にその破れを広げてしまったり(大汗)と結構悪戦苦闘したのですけど、今年は何となくそれよりは手早く出来たような気がします。
ただ、丸ズッキーニという品種とプランター栽培という理由もあってか、うちの花はとっても小さいので中身もあまり詰められないし、まっどちらにせよあまり器用でもないのでなんとな~く包まれているかな~程度の出来上がり。^_^;

f0043911_17155883.jpg直径16cmという小さな鍋なのに、こんなに隙間が開いてます…。
さびしいので真ん中にポイントとして(!)受粉できなくて大きくなれなかったチビズッキーニを置いてみました!

出来上がりは透けてるワイルドライスの色がちょっと目立ちすぎだけど、ハーブとワイルドライスの香りがほんとに爽やかで、オリーブオイルとレモン汁が混ざってまったりとした感じと合わさってとてもおいしかったです。
なんと言ってもこれが一品テーブルに載るだけで華やかになるもの♪
わがままを言えば、もう少し大きな鍋いっぱいに作ってバクバク食べてみたいかな。

そしてズッキーニの実、実はこの後もう一つの株にも出来たのです。

f0043911_17164418.jpg
その二つ目のズッキーニで作ったのはお花とのコラボ。
ズッキーニとズッキーニの花のフリット」です。

f0043911_1717952.jpg新鮮なズッキーニは断面も美しい!
実はこのまま生でちょっぴりかじってみたのですが、あらびっくり!甘いんです~♪


この薄切りズッキーニとズッキーニの花を開いたものに衣をつけてあげていきます。
衣は薄力粉とビール、そして少々の塩と乾燥のディルとレモンで味と香りをつけてあります。
この衣をズッキーニは両面に、お花は片面だけつけてさっと揚げるだけ。
ビールを使っているので軽くてパリパリ!
ホントはもっと食べたいのですが、この日はお花が3個しかなかったんですよね~。
おつまみにサイコーの一品♪

f0043911_17173886.jpg
そして花だけしかない日は「ズッキーニの花だけのフリット」。(笑)
こちらは衣に塩だけを少し入れ、盛り付けるときにパルミジャーノをトッピングしてあります。
あ~ホントにこれだけじゃ足りないわよね~。
もっと咲いてよ~~~。

去年は3株育てていたズッキーニ。
今年は2株にしたので一度に咲く花の数がやはり少ない!
せめて2日分貯めて4個以上になればフリットもよいのだけど、それ以下だと揚げ物するにはちょっとね…。

なので今年はこんなトッピングの仕方も試してみました。

f0043911_17181352.jpg
おかひじきとタマネギピクルス(梅酢風味)のサラダ ズッキーニの花添え」。
ズッキーニの花は熱を加えると更に色鮮やかになるので、さっと茹でた花を手で裂いてサラダにトッピングしてみたんです。
おかひじきのグリーンとズッキーニの花のオレンジ、そしてちょっとだけピンクに染まったタマネギがちょっとお花畑の雰囲気でしょ♪
市場やお店でどどどーーーーんとズッキーニの花が買えたり、大きな畑でいっぱい育てていて花がいっぱい収穫できれば別なんですが、私のようにプランターでチマチマと育てているものにとっては、結構便利な使い方だと思いませんか?

f0043911_17184110.jpg
そしてこちらは「キャベツとバジルの塩もみサラダ ズッキーニの花添え」。
キャベツの塩もみと言うとなんだか和風メニューな感じですが、バジルの風味が加わるとちょっと洋風なおかずと一緒に出しても浮きません。
器に盛り付けて最後に胡椒をガリガリして、おいしいオリーブオイルをたらり~んとすると尚おいしい!!

f0043911_17191291.jpgバジルは買ったバジルがちょっと余っちゃったときとか、バジルを収穫したんだけどジェノバソースを作るほどの量でもないわ…って時にこんな風に塩漬けにして保存しておくんです。
葉っぱの水分を良くふき取って瓶に塩と交互に入れておくだけ。
これで一年くらい保存でき、しかも香りは乾燥のものよりずっと良いです。
使う時には葉っぱを洗って塩を落とし絞ってから使います。
一緒に漬けておいた塩にもバジルの香りがうつっているのでバジル塩として使うことができ、今回の塩もみの塩もこのバジル塩を使っているんです。
中途半端にバジルがあるときに是非お試しを~♪

f0043911_17193155.jpg
そして昨日はFujikaさんから頂いた立派なズッキーニがあったので(Fujikaさん、ありがと~♪)を使ったパスタにしました!
moさんのところでみてめちゃくちゃおいしそーと思った「ズッキーネクリームのリングイネ」。
薄いグリーンのソースにズッキーニの花のオレンジがこれまたいいでしょ~。(*^_^*)

f0043911_172003.jpg但しパスタはこちらのポメマルさんから頂いたオレキエッテを使いました!(ポメさん、ありがと~♪こうやって記事を書いているとホントに私って頂き物で生活してます!みなさまありがとうございます&ずうずうしくてすみません…^_^;)
小さな耳たぶって言う意味の可愛いパスタ♪


このパスタソースはサワークリームを使っているのでクリーム系なのに本当にさっぱりしてて夏にもぴったり!
特にうちの夫婦のようにそこそこの年になるとクリーム系パスタというのは最初はおいしいのだけれど食べてるうちにずしーんと重くなってきちゃうんですが、これはいける!!!
これはいいね~とかなりの大盛りをばくばく食べてしまいました!
このソース、ニョッキとあわせても絶対においしそう!!!
と~っても簡単にできるし、この夏何度も作りそうな予感です♪


こちらのブログ村に参加しています。
うわぁ~どれもカラフルで元気な夏のテーブルに合いそうねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ

そして只今のズッキーニ…
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-06-27 17:28 | 野菜のお料理アイディア | Comments(27)

先日、うちのベランダで育てている丸ズッキーニに雌花が咲くも雄花が咲かないために受粉できず…って話をしましたが、なんとあの後いっぱい出ていた雌花のつぼみが花開き、見事受粉も出来たんですよ~!
うふふ、もちろん実もなりましたよ♪
嬉しい~!!!

f0043911_9511337.jpg
待望の雌花開花二つ目。
この写真のようにお花の下に丸い実(長細いズッキーニの場合は長細い実)がついているのが雌花。
ここに同じく咲いたお花の下にはただの茎の雄花の中のおしべの花粉を持ってきて受粉するんです。

f0043911_9515631.jpg
最初は切り取った雄花ごと手に持って無理やりおしべとめしべをくっつけようとしましたが、花びらが邪魔してくっつかないわ~。^_^;
あはは~これじゃ駄目だ!とおしべをはさみで切り取って、手に持ってめしべにちょんちょんとくっつけようとすると、今度はおしべが短いからちゃんと持ってるつもりでも何度も花の中に落ちちゃって(汗)、お次はその辺にあった虫つまみ用の割り箸でおしべを挟んでちょんちょんと言うか、ベタベタとこれでもか~と擦り付けてしまいました!
何回も落としちゃったので花びらの周りにも花粉がついてます…。(汗)
多分これで受粉完了~♪
ほんとにこんなことで上手くいくんだろうか…とちょっと不安。

f0043911_9521914.jpg二日目。
おおーーーっ確かに昨日より大きくなってるよ~。
真上を向いて咲いてた花も実が重くなってきたからか斜め向きになってるし。
前回の受粉できなかったのは全然大きくならなかったもんね。
やっぱり花粉の力ってすごいんだ!


f0043911_9523488.jpg三日目。
プランターの場所をちょっと移してしまったので角度も変わりわかりにくいですが、更に大きくなってます。
お花もほとんど横向きに。


f0043911_953372.jpg四日目。
かなり大きいです。
ホントはこの日に収穫してしまおうかとかなり迷ったんですよね~。
でも後一日置くことを決めてもう少しだけ大きくなってもらうことにしました。


f0043911_9532325.jpg五日目。
実の重さに耐えられず、とうとう土にくっついてます…。(笑)
さあ、待ちに待った収穫の時~♪
はさみでチョキンと切り取ったその実は、あ~ずっしりと重いです!!!


f0043911_9534480.jpg
見て見て~♪
こんなに立派な丸ズッキーニ!
今までハーブや葉っぱものなどは育てたことがあったけど、実モノって去年はズッキーニ生らなかったし初めてなんですよね。
なんだか子供みたいな感想で自分でも笑っちゃうけど、どうしてちょんちょんって花粉をつけただけでこんなことになるのかものすごーく不思議で不思議で、大げさだけど生命の神秘を感じてしまった!
いや~ホントに楽しい!!!
思わずまだ寝てる夫をたたき起こそうかと思ってしまったほどです。(爆)

f0043911_9551872.jpgそんな写真撮影してる間に(大体朝だし会社行かなきゃいけないし、そんなにのんびりしてる暇ないんだよ~~~大汗)、切り口からは透明な水分が出てきてました。
ホントに新鮮そのもの!!!
今すぐどうにかして食べたいくらいだけどとりあえず我慢して、ラップして冷蔵庫に入れました。


そして夜…!
いよいよ調理の時!!!
f0043911_9554769.jpg
じゃーん、トマトと並んでも遜色ない大きさのうちの丸ズッキーニ。
威風堂々!!!
トマトは大玉ではありませんが、ミニトマトでもミディトマトでもない普通のトマトの中玉です。

お料理の様子はズッキーニの花のお料理といっしょにまた次回♪(ひっぱるね~~~笑)

f0043911_9563733.jpg
そして…。
前回、イマイチあまり成長しなくなってしまったと言っていたひよこ豆。
鉢植えだからか茎がひょろひょろしてて頼りなかったので、朝顔用の支柱を立てて安定させてみました。
「ひよこ豆への愛」なんて言ってた私ですが、この支柱を立てる前は倒れそうになってるひよこ豆を無理やり荷物用の紐でくくって安定させ、茎が全部斜め向きになってたりしたんです…。(汗)

f0043911_95722.jpg
そしてまた「ひよこ豆への愛」なんて言ってた私なのに、「さっぱり成長の後が見られないな~」なんて思い大してよーく見もせずに過ごしていたらしく、ある日こんなお花がいーーーーーっぱい咲いているのに気づきました~♪
ええーーっいつの間に花なんて咲かせちゃったの~~~。
あぁ…、駄目かも…なんて思って紐で縛ったりしててごめんよ~~~。

f0043911_9575181.jpg
そして2,3日前、なんと待望のさやを発見!!
あ~ん、可愛すぎ~~~♡
今朝見たらもう少しぷっくりと膨らんでいるんですが、中身が入っているのかどうかちょっと微妙。
このひよこ豆栽培のきっかけを作ってくださったトルコのyokocanさんのところではさやが出来た後に枯れてしまった(涙)と言うのでまだまだ油断は出来ないです。
どこかでチラッと「ひよこ豆は最初に空っぽのさやが出来て、それから実が出来てくる」って見たような気がするので、一応応援しながら見守ろうと思います♪

f0043911_959098.jpg
花からさやに変化している途上のものも発見!!
外側の花びらの内側にさやが出来てくるんですね~。
うふふ、おもしろい♪
こんな状態のものがよくよく見たらいっぱいありました!

アップできるかも~なんて言っちゃって昨日さっそく見に来てくれちゃったTenn-nennさん、ごめんなさい!(>_<)
やっと本日アップしました。
そして同じくひよこ豆育ててるaiwhasさん、ひよこちゃんの収穫できるといいね~。
ちなみに私もいつ、どの状態で収穫したらいいのかよくわかりません…。(笑)
うちのひよこちゃんもTenn-nennさんちのひよこちゃんaiwhasさんちのひよこちゃんも、そしてひよこ豆栽培してるみんなのひよこちゃんが大きく育って、あの緑の可愛い生ひよこちゃんをみんなが食べられますように♪


こちらのブログ村に参加しています。
花粉神秘、私も不思議~って方、ひよこ豆もがんばれ~って思って応援くださる方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-06-23 10:12 | ハーブ・植物 | Comments(35)

ブログを初めて約1年5ヶ月、この記事が200記事目となりました。(*^_^*)
ここのところ思うように記事がアップできずにいますが、計算上大体2.5日で1記事アップしていることになります。
自分で言うのもなんですが、「結構私もやるじゃん♪」って感じ。(笑)
まぁマメに出来るときもあり、なかなか出来ないときもあり、そりゃ~これからもいろいろだと思いますが、やっぱりブログを見てくださる方がいて、そこで会話が出来るというのはとても楽しいことなので、できるだけ続けて行きたいな~と思っています。

f0043911_120257.jpg
さて、そんな200記事目にふさわしく、この間の日曜日にベランダで栽培しているズッキーニに花が咲きました~♪
ズッキーニと言うのは結構成長が早い野菜で、4月末に種を蒔き5月に入ってすぐに双葉が出てこんな状態だったのですが、それから1ヶ月で開花です。

実はこのズッキーニには笑ってしまうしかないという思い出があり…。
ズッキーニと言うのは一つの株に雄花と雌花が咲き、受粉することにより雌花の根元にあのズッキーニの実が生るのです。
そしてご存知の方も多いと思いますが、ズッキーニというのはそのお花も食べることができるのです。
それを知ったのはギリシャのsalahiさんのブログのこちらの記事で。
日本でも紀伊国屋などの高級スーパーなどに行けばズッキーニの花が買えないことはないようですが、多分花ズッキーニとして売っているのは実がついている雌花のほう。
このズッキーニの花の詰め物に使う雄花なんてこの辺りでは売っていません。
それで、ズッキーニを育て始めた私は花♪花♪花~♪と大騒ぎしていましたところ、私に育てられたズッキーニも根性を見せたのか(笑)見事に雄花が咲き捲りまして、去年はズッキーニの花三昧の日々を過ごしたのです。
でもですね~、咲いたのは雄花ばっかりだったんですよ…。
実がなる雌花は一つも咲かない!!!(爆)
もうこうなったら笑うしかないですからね~、日本で一番ズッキーニの花を食べたオンナになってやる~~~!と、咲いたその数42個全部残さず食べちゃいました。(*^_^*)

そして今年…。
f0043911_1251456.jpgズッキーニ栽培2年目にしてなんと雌花のつぼみを発見!!!
つぼみの下に小さな丸い実が生っているのがわかりますか~?
そう、このズッキーニ、去年aiwhasさんから種を頂いた丸いズッキーニなんです。
あ~ん見ているだけで可愛いでしょ。


f0043911_1261263.jpgそしてつぼみが大きくなるのと一緒に下についてる実も少しずつ大きくなっていくんですよね~。
つぼみが大きくなってこんな感じの黄色になるといよいよ翌朝開花です!!!!
(このあたりの「翌朝咲くぞーーーー」って言う予測は去年42個も見てますから100発100中です!)


f0043911_1264270.jpg
立派でしょ~~~。
見事でしょ~~~。
そして、実もちょっと大きくなってズッキーニらしくなってきてるでしょ~~~。
なのになのに…。
なんと去年はあんなに咲いてた雄花が今年はまだ咲かないのです…。
せっかく雌花が咲いたのに雄花がなくちゃ受粉させられないじゃない~~~。(ToT)
先にズッキーニの花が咲き、ズッキーニの花の詰め物を食べていたCROCCOさんにお聞きしたところ、同日に咲かなくても翌日などに咲けばそこで受粉しても大丈夫みたいよとのことですが、月曜になっても火曜になっても雄花は咲きません…。(+_+)

あぁ…。

そして今朝、水曜日の朝です。
f0043911_128348.jpg
待望の雄花が、それも4個もいっぺんに開花しました!
やったーーーーーー!!!
しかし、先に咲いてた雌花はもうしわしわで、とても受粉などできる状況ではなく、また明日あさって中に咲きそうな雌花もありません…。
なんということなんでしょう。
この一歩ずれてるようなズッキーニを見てるとなんだかね…。
肝心なことを忘れていたり、どーでも良いところで力を発揮しちゃったり、いざって言うときにあわててたりと、まるで私の普段の生活そのもののような気がしてきました…。(爆)
そうなるとなんだかよりいとおしくてね~。^_^;
プランター栽培のズッキーニは畑で伸び伸び育つものと違い、どうしても縦に縦に伸びていってしまい安定が悪くなってくるというので、今年は支柱を立ててあげました!

f0043911_1295011.jpg
これが今朝の収穫。
雄花4個と未熟なままの丸ズッキーニ。
丸ズッキーニはピンポン球より小さいです…。(汗)

f0043911_1301254.jpg
こちらは雄花の中のおしべ。
これを雌花の中のめしべに受粉させられればね~~~。
せめてゴルフボールくらいには成長できただろうにな。
冒頭の写真が雌花の中のめしべなんですが、こうやって見ると違いがよくわかりますよね。

今日の夕方に確認したところ、明日また雄花が3個咲きそうなので、それとあわせて明日の夜詰め物にして食べたいと思います♪
ズッキーニの花は茎の先っちょに濡れティッシュをまきつけてふんわりラップに包んで冷蔵庫に入れてあります。
明日が楽しみ~~~♪
この時期限定の花を食べる楽しみ、しばらく続きそうです!!!

f0043911_1304062.jpg
そして、同じく4月末から育て始めたひよこ豆
翌日には根っこが出てきてその後も成長めざましかったのですが、背丈30㎝くらいになってからここのところイマイチあまり成長していないような…。
いやな予感…。
何しろ去年育てた四角豆はまるで窓の日よけのようにつるだけ伸びまくって、花もつけず実もつけず、そのまま最後にはシャクトリムシの餌食になっちゃった暗い過去があるんです…。
もしやうちって豆が育たないベランダでは????
あ~こんなにひよこ豆愛してるのに、何とか花だけでも咲いて欲しいよ~。(+_+)

f0043911_134093.jpg
こちらはちょっと時期が遅れてしまいましたが、日曜日に苗を買ってきたバジル。
3ポット買ってきてプランターに植えました。
早く大きくなって欲しいわ~。
今年もバジルのペーストいっぱい作るんだ~♪
先日ポプラさんのところでバジルのペースト見ちゃったので作る気満々!!

f0043911_1354169.jpg
これは枯れ草じゃないですよ~。(笑)
只今、種を完熟させているコリアンダー。
いっぱい葉っぱを収穫しちゃうと種があんまり出来ないと聞いていましたが、なんのなんの山ほど出来てます!!!
これを茶色くなるまでこのまま置いておき、それを刈り取ったらしばらく吊るして更に乾かすらしいです。

種が出来始めたときに緑の未熟な種を食べてみたら葉っぱと同じあの香りがしたんですよ~。
そう、嫌いな人にはカメムシの匂いと言われてしまうあの香り♡
それで紫蘇の実を醤油漬けにするように、このコリアンダーの種をナンプラー漬けにしたらおいしいかも♡と思って緑のものだけ少し収穫してみました。

f0043911_1363276.jpgこれだけ採っても全く問題ないほどまだまだ山ほどあるんです…。
で、漬ける前に洗って食べてみたら、日を置きすぎてしまったのか緑色なのに熟し気味になってしまったようで、あの葉っぱの香りではなく、スパイスとして使うコリアンダーシードと同じ香りになっちゃってました!!!
あぁ…、それはそれで爽やかでいいんだけど、だったら普通のコリアンダーシードでいいもの…。
あっという間にコリアンダーのあの香りを閉じ込めたナンプラー漬け作成計画は撃沈…。(>_<)

f0043911_1365917.jpgとりあえず何かに使えるかもと思い直し、塩漬けにしてみました。
スパイスとして使いたいときに、あの茶色より緑色のほうが映える場合もあるかもしれないし。
ピクルス液に入れたりしても良いかもしれないし~~~。
うむむ、何か使えそうなアイディアあったら教えてください。^_^;



去年のズッキーニ栽培とお料理についてはこちらもどうぞご覧下さい♪
ズッキーニの開花♪とベランダ菜園の収穫
ズッキーニの花を食す♪~そしてギリシャの香り~
ズッキーニよ、ありがと~♪~2006ひと夏の思い出~



こちらのブログ村に参加しています。
ズッキーニ、私も育てたくなってきた~って方(もちろんまだ間に合いますよ~)、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-06-07 01:51 | ハーブ・植物 | Comments(38)

最近気づいたのですが、どうやら私って詰め物してある野菜料理が好きみたい♡
だってさ~作るの楽しいでしょ~。
そして見た目が可愛いでしょ~~。

少し前になりますが、ちょっと珍しいお野菜を頂いたので、詰め物好きな私はいろいろと詰め詰めして楽しんでみました~♪

f0043911_114925.jpg
まずはカイエさんから頂いたUFOズッキーニに魚のすり身を詰め詰めしてみました!

ああ…、よみがえる悲しい過去…。
そう、うちのベランダで花だけは人一倍咲かせてくれたものの、実がただの一つも生らなかった丸ズッキーニ…。(ToT)
f0043911_1185137.jpgそんな傷心の私に、カイエさんが畑で育てたUFOズッキーニがあるからと送ってくれたんです!
丸系のズッキーニですが、私が育てていたエイトボールと言う品種とは違い、こちらは下から見るとなんとな~くお花の形のような、そして円盤みたいなUFOズッキーニ。
とても大きなズッキーニだったので、ここにお肉系の詰め物では、もうそんなにカロリーいらないお年頃の私たち夫婦には重過ぎる…。
って訳で、魚のすり身を詰めて何となくかまぼこ風にしてみよう♪

f0043911_1191526.jpgすり身は鰯入りの市販のもの…。(^^ゞ
そこに彩りよく、そして食感にも変化をもたせようかな~と思い、小さく切った剥きエビと万能ねぎの小口切りを入れて混ぜてみました!
かまぼこ風にするんだから、これはやはり焼くよりは蒸しものがいいですよね~。
中身をくり貫いたズッキーニの内側に小麦粉をちょっとはたいて、そこにすり身の中身を入れ、蒸し器にセットしてシュワシュワと蒸すこと焼く45分!
大きなズッキーニだったので蒸し時間は長めです。




じゃーーーん、かまぼこ in UFOを切り分けてみると…。
f0043911_1194486.jpgこんな感じです♪
ズッキーニも程好く柔らかく、中身はプリプリ~~~♪
あまりのズッキーニの大きさに最初は「これを2人じゃ食べきれないんじゃない?」って言ってた夫も、「中身が魚だから意外といけるね~♡」とご満悦!
もうキャピキャピ夫婦ではない我が家では(大体今時キャピキャピなんて言わないわ…汗)、かまぼこ風で大正解!

f0043911_1203786.jpg
そして夫が飲み会で夕食いらないって言う日にひとりご飯用に作ったのは、頂いたズッキーニの一番小さなやつを使って、マツケン in UFO~♪
えっマツケンって何かって???
それはこちらをご覧頂くとわかるんですが、アメリカでよくあるマカロニ&チーズのことです。
こちらもマツケン名づけ親のKIKりんから頂きました~♪(よくよくもらいもので成り立っている我が食卓!爆)

f0043911_1223930.jpgかまぼこのときと同様にこんな風にズッキーニの中身をくり貫いて、マツケン入れてオーブンで焼くのですが、ズッキーニにしっかり火が通るまで焼いてると今度はマツケンがカピカピになっちゃうので、先にレンジでUFOをチンして柔らかくしてからマツケン入れて、更にUFOの外側に薄くオイルを塗って焼いてみました。
マツケン、柔らかめに作ったつもりなんですが、焼いたらちょっと水分少なめになっちゃった!
でも淡白なズッキーニに濃厚なマツケンが合ってましたよ~。
これ一つでかなりおなかがいっぱいになりました!

詰め物は可愛いけどさ~ズッキーニをくり貫いた中身がもったいない~~~って懸命な主婦のみなさんは思いますよね~。
でも大丈夫!
中身はsalahiさんのところで見たこんなおしゃれでおいしいサラダに変身させました!
一粒で二度おいしいとは正にこのこと?!

f0043911_1264984.jpg
そして今度は、産直クイーンのaiwhasさんから頂いたトマピーに詰め詰め~♡

このトマピー、トマトみたいな形のピーマンだからトマピー。
決してトマトとピーマンの掛け合わせではありません!
実はこのトマピー、去年初めて手にして、形と色とネーミングの可愛さにノックアウトされてしまった私。(*^_^*)
でもパプリカなどと比べ、そんなにどこにでも売っているものでもなく、今年は見かけないな~って思っていたところ思わぬプレゼントを頂いたというわけです。(aiwhasさんは私がいいな~って思っているものをどーして知ってるんだろう…(゜o゜))

トマピーのヘタのほうを少し切ってから、中の種を掻き出して種の周りの白っぽいふわふわしている部分(食感があまり良くないからね~)を切り取ります。
そこに詰め物するわけなんですが、今回の中身は秋らしく茸風味のホワイトソース。
f0043911_1292973.jpg薄切りタマネギと薄切り椎茸とエリンギを炒め、そこに小麦粉を振り入れてしんなりまとめたところに牛乳を入れてのばし、とろり~んとなるまでかき混ぜながら煮詰めます。
ボリュームアップとプチプチした食感を楽しむため、ホワイトソースにお湯で戻したブルガー麦も入れてみました♪
ブルガー麦はレバノン料理のタブレに使ったり、トルコ料理のメルジメッキ・キョフテシに使ったりするクスクス大くらいの麦です。
風味も豊かでプチプチしてておいしいの。(*^_^*)

中身を詰めたらオーブンに入れて、トマピーがしわしわ~っとなってホワイトソースがジュワジュワ~っとなるまで焼きます。
盛り付けは、冷凍してあった枝豆を回りに散らして、ホワイトソースにも少し加えたバジルをトッピングすればまぁ可愛い♡
ジュワッ、プチプチ、とろり~んとおいしくて思わず笑顔になっちゃいます!

お次はコレ。
f0043911_1332110.jpg
こちらもaiwhasさんから送っていただいたのですが、さて一体なんだと思いますか~。

f0043911_133408.jpg最初はこんな風になってたの。
そう、これはアケビなんです。
実はですね~、アケビって私初めて目にし、初めて食べました!
見た瞬間に「うわぁ~お菓子のアケビとそっくり~~~」と思った無知な私…。(^^ゞ
この皮を使って詰め物をしてみたわけなんです。

アケビの皮は捨ててしまったりする方も多いそうですが、独特な苦味がおいしくてハマる方も多いとか…。
なんて言ってますが、実は私、この詰め物をする前にaiwhasさんから千切りにして味噌味の炒め物にするとおいしいよ~と聞きチャレンジした際、アク抜きに失敗し渋みがかなり残ってしまい…。(汗)
失敗アク抜きは、ただ水につけておいただけだったので(それでもアクで水の色がかなり茶色く
なりました!)、この詰め物の時は水に漬けてからサッとお湯で湯がき、更に水にさらしてアクを抜くと徹底してみました!

そんなアケビの皮に詰めたのは、味噌味に炒めたエリンギと椎茸とニンジン。
ホントはこれを揚げるとおいしいみたいなんだけど、揚げもの苦手な私は多めの油で低温でじっくり焼く作戦にしました。
う~ん、今度はちゃんと渋みが抜けてる~~~♪
ほんのり苦くて甘味噌味と良く合います。
あ~日本の秋を感じるわ~~~。

そしてそして、このアケビの中身はと言うと~~~。
f0043911_1412359.jpgギャーーーーッ!!!
芋虫じゃないんですよ~~~。
プチプチと甘い、これがアケビの実なんです。
夫が言うには、昔は子供が木から皮ごと実をもぎ取って、この実を口に入れて黒い種をペッペと捨てながら食べたらしい!
ほんのり甘くて確かにおやつ代わりにいいわね。
そういえば、この芋虫クンを確かaiwhasさんはサワードリンクを仕込むために酢に漬けてたはずなんだけど、行方が気になるわ~。(*^_^*)

愛情を持って育てたUFOを送ってくれたカイエさん、いつもいつも私の心をくすぐる珍しいものを送ってくれるaiwhasさん、そしてマツケンくれたKIKりん、楽しくお料理できておいしく頂くことが出来ました!
どうもありがとうございます~。\(^o^)/

これからの季節、次の詰め物のターゲットは蕪あたりかしらね~。
みなさんも楽しく詰め詰め、いかがですか~~~。


こちらのブログ村に参加しています。
ふむふむ、私も詰め物が似合う野菜を探してみたくなったわ~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2006-11-23 01:45 | 野菜のお料理アイディア | Comments(8)