2016GW 沖縄伊是名島2

f0043911_20401272.jpg
伊是名の海の中。
可愛い魚も良いけれど、動かない生物(という括りで良いのだろうか…)もなかなかに芸術的で、陸上とはまた違う不思議な世界を作り出しています。

f0043911_20403237.jpg
岩の上にびっしりとついているソフトコーラル。
海の水の流れに任せてゆらゆら、ゆらゆらと動くさまは、まるで生きているかのよう。

f0043911_20405206.jpg
近づいて見ると、こんな感じの可愛いお花の形。
なんともキュート♪

f0043911_20410745.jpg
こちらはまた違う種類のお花畑。
これまたびっしりと整列して咲いているようで、素敵でしょ。

f0043911_20412079.jpg
そして桜色のこんなお花も!

青一色かと思われる水中は、意外と色鮮やかで華やかな世界。

f0043911_20414295.jpg
沖縄ならずとも世界各地でサンゴの死活が騒がれていますが、ここ沖縄でも真夏の水温の上昇や、オニヒトデの異常発生などでサンゴがどんどん死んでいった時期もあり…。
それでも地元の人の努力やら、サンゴ自体の復活力などにより、少しずつサンゴ礁が蘇ってきたポイントも多くなってきたのは嬉しい限り。

f0043911_20422000.jpg
波打っているかのようなサンゴの表面。
この中には褐虫藻(かっちゅうそう)がいて、その褐虫藻が光合成をしてサンゴに栄養を与えているのですけど、その褐虫藻がサンゴから出て行ってしまうとサンゴは死んでしまうのですよー。
大きくなるには何年も何年もかかるのに、それに比べて死んでしまうのはあっという間…。
とてもデリケートな生物。

f0043911_20423666.jpg
こちらは枝サンゴの先っちょ。
ちょっぴり発光しているかのような色合いがとてもきれい。

f0043911_20431068.jpg
こちらは、少しポリープを開いているようなサンゴ。

f0043911_20432560.jpg
元気いっぱいどんどん成長していくサンゴ。
フィンで少し触ってしまっても簡単に折れてしまうようなサンゴですから、むやみやたら触ったり蹴飛ばしたりしないよう気をつけなくてはね。

f0043911_20434588.jpg
テーブルサンゴに描かれた、まるでナスカの地上絵のような文様。
なんとも芸術的で美しい♪

f0043911_20435743.jpg
こちらの文様など、どんな意味が隠されているのかと、思わず考えてしまいます。
海の不思議は美しい♪♪

f0043911_20441746.jpg
固いサンゴとは対象的な、こちらは柔らかなイソギンチャク。
水の流れに身をまかせ、自由気ままに生きているかのような、そんな風貌。

f0043911_20443022.jpg
思わず触りたくなるようなプクプク感とこれまた複雑で不思議な文様。

f0043911_20445669.jpg
そしてこちらもまた、先っちょが発光しているかのように、ぼーっと明るくなっている!
神秘的ですよね。

f0043911_20451192.jpg
こちらもサンゴやイソギンチャクの仲間、ウミエラ。
砂場からにょきっと出ている様がちょっと不思議。
自力で動くことが出来るらしいけど、どんな風に移動するのか見てみたいですよね。

f0043911_20452675.jpg
こちらはソフトコーラルの一種、ウミトサカ。
鮮やかな赤色が美しく、比較的流れの早いところにいます。

f0043911_20454282.jpg
赤色の美しさも然ることながら、軸(?)の部分の文様も透かし模様みたいでとてもきれい♪

華やかな海の中。
今年は異常な海水温の上昇などもなく、海の中が平和でありますように♪♪


<こちらのブログ村に参加しています。
なんだか二冊ともほんわか心に入ってきそうな素敵な本ねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by rakurakurakuko | 2016-06-26 20:46 | 南の島 | Comments(6)

沖縄のクーガ芋

f0043911_14155283.jpg
ゴールデンウィークの沖縄にて、こんなものをみかけました。
ラグビーボールみたいな楕円形に、なにやらトゲトゲみたいに根っこが生えているもの。

f0043911_14165656.jpg
クーガ芋と言うそうです。山芋と書いてあるので、沖縄に自生する自然薯みたいなものなのかな~。初めての食材はとりあえずなんでも食べてみたい性分なので、後で調理法などは調べよう♪と思い、迷わず購入。

家に帰り調べてみると、このクーガ芋はハリイモ、トゲドコロなどとも呼ばれる、ヤムイモの一種。寒さに弱く、手間がかかることから、沖縄でも生産する農家は少なく、希少品種で幻の芋と呼ばれているのだとか。
貴重なものだったのですね~。
そして、このクーガ芋にはジオスゲニンと言う成分が普通の山芋の200倍も含まれているとかで、気分の安定やエネルギー、幸福感、そしてストレス下でもよく働けるようになったり、夜の眠りを深くする作用があるとされているのですって。
なんだかやたらと体に良さそうですよね~。

さて、どのようにして食べようか♪♪

f0043911_14181236.jpg
まずはクーガ芋を売っていたところに貼ってあった調理法、バター炒めにしてみました。

クーガ芋の皮を剥いて一口大に切り、少し茹でて竹串が通るくらいになったものをバターでこんがり狐色に焦げ目がつくくらいまで炒め塩胡椒で味を整え、ディル(乾燥)をまぶして出来上がり。
一緒に沖縄で買ったビーツの茎も炒めて添えてみました。

おおっなかなか食べ応えのあるお芋です。
山芋を想像していたのですが、山芋と里芋の中間のような感じで、粘り具合も山芋ほどではなく、剥いていても手がかゆくなるようなことはありません。
わりとずっしり目のお芋なので、ハーブをまぶしたのは正解だったよう。

ちょうどこのクーガ芋のことをPCで調べているときに、覗き見した夫。
そこに書かれてあった「畑のうなぎ」(多分栄養価の面からそういうのだと思います)と言う言葉にやたらと反応していた夫は、「おおっこれが畑のうなぎ?」と興味津々で食べていた!
むっちりとした感じがおいしいけれど、厚く切るとなかなかに重たいから(私たちが中年だからかも…汗)、今度は薄切りにしたほうがおいしいんじゃないと言う!

f0043911_14191529.jpg
では、と、薄切りにして、クーガ芋のお焼き。

クーガ芋は皮を剥いて輪切りにし、生のまま魚焼きグリルに並べて、両面がこんがり焦げ目がつくくらいまで焼き、塩少々とフランス七味をふりかけました。

おおっこれは良い♪
厚切りだとちょっぴりむっちりしていて食べ応えありすぎた食感が、こうして薄く切ってあると食べやすいです。
山芋をこうして焼いて塩胡椒で食べるのも好きですが、山芋を焼いたときのサクサク感がこのクーガ芋にもあり、おつまみにぴったり!

そしてこのクーガ芋は山芋の一種ですからもちろん生でも食べられます。
山芋と言えばやはりとろろにしたいわ~と、すりおろしてみました。

f0043911_14224359.jpg
すりおろしていても、山芋みたいに手はかゆかゆにはならない!
そして、粘り具合は、ねばねばと言うよりはもっちりな感じで、普通に売っている山芋ではなく、産直などにある自然薯みたいな粘り具合。

f0043911_14232200.jpg
すりおろしたクーガ芋に生卵と麺つゆと青海苔を入れて混ぜ合わせ、ほかほかご飯にかけました。(ご飯山盛りすぎですね…汗)

あれだけもっちりとしていたので卵などなどと混ざりにくいのではと思っていたけど、意外とさらっと混ざったので、自然薯よりは使いやすい♪
で、お味はちょっと不思議。
山芋よりはとろっと濃厚っぽいんだけれど、自然薯のような濃厚さではなく、なんと言うか少々粉っぽいのよ。
水分量の問題なのかなぁ。
山芋みたいに手がかゆくならないし、山芋みたいに長くないので使い切るにはぴったりで良いわ~と思いましたが、生で食べるお味としたらちょっと私はクーガ芋じゃない山芋のほうがいいなぁ。

f0043911_14242189.jpg
そして最後のクーガ芋はすりおろしてから熱を加えてみることに。
こなこな感なくなるかな~と思って。
すりおろしクーガ芋の揚げ焼き。

クーガ芋をすりおろし、青海苔をたっぷり加えて混ぜ合わせ、1~2cmくらい油をひいたフライパンにスプーンでぽとぽとと団子みたいにすりおろしクーガ芋を落として、揚げ焼きにしました。

もっちりとしているのでもっと団子の形を保ったまま揚げあがるかなと思っていたのですけれど、意外や意外、揚げているうちに水分がどんどん油のほうに出ていったみたいで、揚げあがるにつれてぺたんこな形になりました。
不思議だわ~。
もしかして里芋をすりおろして揚げたら同じような現象になるかしらん。

食感は外はパリパリ、中はしょりっとした感じ。
イタリアンで海苔が入っているフリットみたいなのありますよね、アレをイメージしてたんだけど、お味は同じでも食感と形がずいぶん違います。
塩をつけて食べると、これはこれでビールに合うお味でおいしいけどね。

なかなか面白いクーガ芋。
栄養価が高く、コロコロと丸っぽい手の平サイズの芋なので使い切りにちょうど良く、山芋みたいに切り口から悪くなっていくこともなく日持ちするのが良いところ。
1ヶ月冷蔵庫保存しても何のそのでしたからね。
後は粉っぽくなったり、ずっしりとしすぎないような調理法がわかったら、これ、なかなか良い野菜です。

もう何度も何度も沖縄には行っていますが、やはり本土とは違う面白いもの、知らないものがまだまだあるのですね~。

こちらのクーガ芋を買ったのは、名護のファーマーズマーケット
未知の食材が好きな方、沖縄ならではの野菜や果物のおいしいのをお土産にしたい方などにとってはワンダーランドのような楽しい市場です。


こちらのブログ村に参加しています。
クーガ芋なんて初めて聞いた~~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ





[PR]
by rakurakurakuko | 2016-06-13 14:29 | 野菜のお料理アイディア | Comments(5)

あっという間にもう6月で、ゴールデンウイークなんて、もうはるか彼方の出来事のようになってしまいましたが、毎年恒例で今年も沖縄に行って来た我が家。
今年の沖縄は梅雨に入るのも遅く、連休中はとっても天気が良くて、快適にダイビングをして毎日楽しく過ごしました。
今回は那覇泊はしなかったものの、名護バスターミナル近くのファーマーズマーケットにはしっかりと寄って、あれこれと新鮮野菜等を仕入れて(商売人かっ!)きました。

f0043911_16421866.jpg
そんな中のひとつ、島らっきょう。

島らっきょうの旬は結構長く、月から9月に植え付けを行い12月から6月頃まで収穫が出来るそうですが、この時期の沖縄に行くと、どこのお店でも島らっきょうがいっぱい売っているので、一番出回るときなんじゃないかなー。
今が盛りの本土のらっきょうよりも小振りで辛味も強く、またにおいも強いです。
今回は宅急便で送りましたのでそんなことはありませんでしたが、以前持ち帰っていたときには、飛行機の座席の都合上一緒の荷物入れに入れることになることになる方に、「ごめんなさい、らっきょうがあるのでちょっと臭いです…」と一言断ったりするほど。
我が家はこれが大好物で、ファーマーズマーケットに寄ることができたときには必ず買ってきます。

買うのは必ず土付き。
沖縄の市場などは大変親切で、もやしもヒゲ根を取ってくれたもの(手作業!)が売っているくらいで、この島らっきょうも土を落として皮を剥いてくれてあるものも売っていたりするんですが、やはり送ることなどを考えると土付きのほうが鮮度が保たれますので、面倒でもこちらを購入。
買うときには出来るだけ膨らんでいる部分が大きいものを選んでいます。

f0043911_16440184.jpg
最初のころはね、一体どこまで剥いたらいいものやら…と、剥きすぎてなんだか食べる部分が少なくなってきてしまったりしていました。
剥いてるうちに中が2分割になっていて、また更に剥いてしまったり。(笑)
まぁそういう意味でもふくらみが大きめのもののほうが何かと効率的です。
最初に土を洗い流してから剥いていたこともあったけど、このまま洗いもせずにちょっと乾いている状態の皮を剥き、そして茎の部分を切り離し、それから洗って仕上げるのが一番きれいに、そして短い時間で処理できるような気がします。
とは言え、2袋分でも30分以上かかったんじゃないかなーと思いますので、面倒くさいことには変わりない!
好きなものだからできるけどね~。

この島らっきょうで作るのは、塩漬け。
きれいに剥けた島らっきょうの重さを量り、その重量の3%の量の塩とともにビニール袋に入れ、ビニールの上から少々揉み揉みしてからできるだけ空気を抜くようにしてぎゅっと口を縛り、そのまま冷蔵庫に入れておけば翌日から食べることが出来ます。

f0043911_16442558.jpg
いただくときにはたっぷりのかつおぶしをのせて。
これがね~、もうなんとも言えず旨いんですよ。
漬け始めの頃は特に辛味もかなり感じるんですが、その辛味をかつおぶしが中和してくれるの!
ビールだって日本酒だってぐびぐびいけちゃう!!(ワインにはイマイチ合いません…)
塩漬けは2週間程度は持ちますので、ちびちびとずいぶん長く楽しめます。
私は、フツーのらっきょうはあんまり好きじゃないんだけどね、これは本当に大好き♪

f0043911_16450489.jpg
そして、島らっきょうの塩漬けはぷっくりとした根の部分で作りますが、買ったときには茎の部分も結構長くついていますよね。
その茎もカサカサと乾いた部分を剥いてからきれいに洗い、炒め物や汁物に使うことが出来るのです。
ニラに似た香りがあり、この風味がまたおいしいのよ。

f0043911_16452345.jpg
今回は卵と一緒にお味噌汁に入れてみました。
汁物に入れると余計に香りが引き立って、ご飯もどんどん進みます。

いつももう少しいっぱい買えばよかったーと思うのだけれど、あーまだ食べたいな~と思うくらいで止めておくのが、また来年が楽しみになってよいのかもしれません。

f0043911_16455163.jpg
そしてもう一つ、この時期の沖縄らしい野菜。
青パパイヤ。

パパイヤって果物じゃない~って思うでしょうが、沖縄ではこの熟す前の青いパパイヤを野菜パパイヤなどとも呼び、普通に料理に使います。
青パパイヤと言えば「青いパパイヤの香り」と言うベトナムの映画があったり、タイでも青パパイヤはソムタム等たくさん食べられていますので、こうしてみると沖縄は東南アジアなのだな~と。

f0043911_16462423.jpg
今回はまずは何はともあれ、ソムタムを♪
レシピはタイ料理を習っている橋本先生のレシピで、千切りピーラーで細切りにしたパパイヤの他、干し海老、ピーナッツ、プチトマト、パクチー、そしてもちろん辛~い、プリッキーヌー(タイの小さな唐辛子)もたっぷり入ります。
今回は近くのお店にパクチーがなく、カルディの乾燥パクチーになってしまったのがちょっと残念!
あ~でもとっても辛くて海老の風味もあっておいしいです。
日本人用にアレンジしたタイ料理屋さんなんかに行くと、あまり辛くないソムタムに出会ったりもしますが、やっぱりソムタムは辛くなくちゃね。
と言うわけで、我が家では特にアレンジもせずしっかり辛くしたけれど、ちゃんと夫はついてきた!!
えらいぞー、夫♪♪

f0043911_16465833.jpg
こちらは翌日に食べた、青パパイヤと豚の煮物。
未熟のパパイヤには酵素がいっぱいなので、一緒に料理するとお肉が柔らかくなるのです。
味付けはかつおだしに沖縄そばだし少々、塩少々、最後にナムプラーひとたらし。

ソムタムがキリリとしたお味だとしたら、こちらはとってもやさしいお味。
本来は豚の固まり肉でだしを取り、その塊肉を細く切ってパパイヤと一緒に煮るものだと思われますが、私は時間と手間省略のため、かつおだしの中に小さめに切った豚バラ肉を入れて煮立たせてあくを取り、そこに千切りのパパイヤと調味料を加えて少々煮て作ります。
あまり煮すぎるとパパイヤも柔らかすぎてぐずぐずになってしまうし、肉もなんだか柔らかすぎてほろほろになってしまうほどで、だから割と短時間でささっと作るほうがおいしく出来る!

ほっこりとおいしくいただけます。

青パパイヤはこのほか、漬物にしたりしても良いですが、今回はこの二つの料理で食べきってしまいました。
この若いパパイヤ、種に独特の香りがあり、このおもしろい香りを活かして食べられないものかと、以前ピクルス風のものを作ったりしましたが、なんとなくイマイチでした…。
でもなんかおいしくなりそうな予感がするのよねー。
いつかこの種でおおっこれは!!と言うおいしいものを作るのが夢!

f0043911_16482230.jpg
この島らっきょうと青パパイヤを買った名護ファーマーズマーケットはこんなところ。
今回は入り口の一番良い場所は、スナックパインで占められていました!!
パイン専用の送る箱も常備されていたくらいですから、たくさんの人が来て買って、そして本土の知り合いなどに送ったりしているのでしょう。
夏になるとここはマンゴー一色に!!
ものすごーくおいしいちびマンゴーなども並んで、それはそれは魅力的なのだー。

f0043911_16485692.jpg
これだけアピールされちゃいましたからね、我が家も買って来たスナックパイン。
これはその中でもピーチパインと言うもの。
ポップには「ピーチの香りがするパイン」とあり、皮の色も少々ピンクがかっていてとてもきれい。
が…、今まで何度か買っていますがピーチの香りがしたことはありません…。
もしやいままでのははずれだったのかと今回も試しに買ってみたわけなんですけど、やっぱり普通のおいしいパイン。(笑)
第一、ピーチが食べたいのだったら、ピーチの香りがするパインを食べるのではなくて、ピーチを食べればいいのでは?と思い、その話を昨日タイ料理教室でしていたら、「沖縄にはピーチがないからピーチの香りのものを食べたいんじゃない?」と言う結論に!
そういうことであったか…。
となれば、もう少しちゃんとピーチの香りがするように改良の余地あり!!(爆)

f0043911_16495572.jpg
そしてここでお買い上げの野菜一式!
相変わらずこういうところに来ると、何でも買いたいモードが全開になり、留まるところを知りませぬ…。
宅急便で送ることができるのをいいことに、二人家族だというのにこんなに買ってしまいました!!

連休明け、ひどい風邪を引いてご飯を作れなくなってしまった日もあるなど、ちゃんと全部消費できるのかーとピンチに見舞われたりしましたが、うふふ…、ほぼ食べきりましたよ。
ほぼと言うのは、まだパッションフルーツなどは食べられる状態で冷蔵庫の中にあるからなんですが、我が家一体どれだけ大食いなんでしょう…。

そんな沖縄の野菜の記事、これからしばらく続くかもー。
乞うご期待!!


こちらのブログ村に参加しています。
島らっきょう、あの臭さが私も好きーー!!って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ



[PR]
by rakurakurakuko | 2016-06-05 16:52 | 沖縄食材でお料理 | Comments(6)

今年のGWは長く休みが取れましたので、那覇に一泊することとし、そうとなればお決まりのてだこ亭へ~♪
公設市場近くのてだこ亭は、要予約。
飯塚みどりさんがひとりで切り盛りされていますし、何よりおいしくて人気があるので、行き当たりばったりだと席がないことが多いかも。

f0043911_1314034.jpg
東京近辺から行くと、やはりむしむしと暑く感じるGWの沖縄。
ですので、まずはくぃ~~~っとビールで乾杯。

f0043911_131551.jpg
テーブルに用意してくれてある、このプレースマットがよいのですよ~。
裏表にびっしりと旬の沖縄情報が満載で、今の沖縄を感じることが出来ます。
いつも熟読!

f0043911_132936.jpg
そうこうしているうちに、一皿目。
前菜の盛り合わせ。
パテやら野菜やらチーズやらが盛りだくさん!
大勢で行くときにはたくさんのお料理を頼むことが出来るけど、今回は夫と二人なので、こうして一皿でいろんなものが食べられるこれはとっても嬉しい!!

f0043911_1322475.jpg
もちろん、ビールなんてぐびーっとあっと言う間になくなっちゃったので、お次は白ワイン。
暑かったので白を頼んでしまったのだけど、この前菜には赤の方がよかったかも~。(汗)

f0043911_1324298.jpg
これ、絶品でした、ビーフジャーキー。
手作りのは色合いからして市販のものと違います。
う~ん、ホントにおいしい!!

f0043911_1325925.jpg
チーズも数種ありおいしくて、そしてちょっとびっくり!
何にびっくりかと言うとこのチーズ(のうちの確か2種)、なんと沖縄で作られているものなんですよ~。
沖縄のチーズと言えばピンザブランだけかと思っていましたが、なんと最近北海道から沖縄へ移住されてきた方がいらして、その方がチーズを作られているのですって。
しかもその方、イギリス人。
イギリスから北海道に渡り、そこから沖縄へ。
なんだかドラマチックですごいですね~。
沖縄ではおいしいチーズを取り扱っているところも少なく、みどりさんもチーズに関しては東京から取り寄せていらっしゃるようですが、沖縄でチーズを作られる方がいらっしゃるようになり、ホントに喜んでいるのよ~と。
しかもね、チーズに長命草(サクナ)が練りこんであって(うろ覚えなんですけど確か長命草だったと思います)、沖縄でしか作れないチーズとなっているのがいいのよね~。
ますます沖縄へ行くのが楽しみに、そしててだこ亭でのお食事も楽しみになります♪

f0043911_1331672.jpg
お次は、お魚のホイル焼き。
確かお魚はヨスジフエダイだったような…。
結構大型。
アクアパッツァとホイル焼きが選べたのですが、アクアパッツァは何度も頂いたこともあり、また自分でも良く作るので、ホイル焼きを選択。
沖縄の野菜もたっぷり~♪
大好きなヤングコーンも入ってます!!
ヨスジフエダイは海の中でいつも見ていますが、食べてもおいしいのね~。(笑)

f0043911_1332936.jpg
自家製フォカッチャも注文。
大好きなのでいつも頼みます!!
小麦粉も沖縄産。
沖縄のもので作る沖縄のイタリアン。

f0043911_1334580.jpg
この頃には白ワイン(カラフェで注文)もなくなり、赤ワインへ移行。
で、夫ミッキーはおいしいものの食べすぎ飲みすぎで、しっかりと出来上がっている様子。(爆)
あーやっぱり先に赤を頼んで白に移ったほうが、今回は良かったな~。
暑さのあまり赤になかなか手が伸びなかったのが残念。

f0043911_1335641.jpg
島野菜のパスタ。
パスタがほとんど見えませんが、野菜の下に隠れてます。
この島野菜がね~どれもこれも魅力的。
あーこの豆、なんだったかな~。
おおっと思ったのだけど、寄せくる年端のせいか、どーにもこーにも思い出せない…。
とかにくとってもおいしかったの~~~。

あーホントはもっといろいろ食べたかったのですが、二人だと限られますね~。
まぁこうしてもうちょっと…と思うあたりが、また次回来て食べようと楽しみに思うことが出来るので、それはそれで良いのでしょう。

いつもおいしいお料理をありがとうございます♪


こちらのブログ村に参加しています。
とっても気になるお料理ばかりね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2015-07-10 01:35 | 南の島 | Comments(4)

f0043911_311653.jpg
この間の記事に書いた通り、今年のGWの沖縄は梅雨前とは思えないほど天気が良く、ダイビングだってここ10年くらいでは最高のコンディション。

水温も高かったのかしらん。
魚の数もとても多かった!!

f0043911_3113077.jpg
何よりも感動的に多かったのは、スカシテンジクダイ!
こんなに湧き出ていて、まるで夏みたい!!

f0043911_312737.jpg
近くに寄ってカメラを構えていると、まるでカメラの中に入ってきそうなくらいに突進してくる!
見ていて楽しい♪
小さくたっていっぱいでかかればかなりの迫力。

見ているとどんどん群れの形が変ってきて、ホントに飽きない。

f0043911_3122020.jpg
それにしても、こんなに骨の髄まで見えちゃって、それはそれで恥ずかしかったり、不都合があったりしないのでしょーか。
たとえば、腹黒さがわかっちゃったりとか。(笑)

f0043911_3123597.jpg
体を通して向こう側まで見えちゃうんだよ。
光が射すと宝石みたいにキラキラして、ほんとうにいつまでも見つめていたいくらい。

f0043911_3132152.jpg
こちらはキンギョハナダイ。
春はこちらもそんなに出てきてないんだけどね、今年はいっぱい泳いでいました。

f0043911_3133633.jpg
イソバナをバックにひらひら、ひらひら。
楽しげに泳ぐキンギョハナダイは絵になりますね~。

f0043911_3135417.jpg
「私のこと、呼んだかしら?」とカメラ目線の子が一匹。
こちらはキンギョハナダイの赤ちゃん。
親もそうですが、青いアイシャドウがキュート♪
赤ちゃんって顔(魚の場合は体と言うべきか…笑)の大きさに比べて目の割合が大きいのは、どんな生き物でも一緒ですね。

f0043911_314177.jpg
こちらはクマノミの赤ちゃん。
やはり目が大きい♪♪

f0043911_3142678.jpg
別のクマノミの赤ちゃんも♪
目だけじゃなくて、ヒレも大きい♪
な~んかがんばって泳いでいる感があって応援したくなる~!

f0043911_3143656.jpg
こちらはハナゴイ。
キンギョハナダイとよく一緒にいたりします。
海の色と溶け合うようなブルーが素敵な、これまたフォトジェニックなお魚さん。

f0043911_3194156.jpg
こちらのスポットなどは、サンゴがずいぶん元気に育ってきていて、古き良き沖縄の海を思い出す~!
私がダイビングをはじめた30年くらい前は、沖縄はどこで潜ってもサンゴが元気で魚もたくさん根付いていたのだけれど、地球温暖化とか環境汚染などで、一時期は壊滅的になったからね…。
地元の方の努力などもあり、今はあちこちで少しずつサンゴが育ってきているのだと思います。

f0043911_315862.jpg
魚いっぱいの海を泳ぐのも楽しいけれど、こうしてなんにもない白と青の世界でぼんやりするのも好き♪

f0043911_3152699.jpg
深いブルーの世界で、何かを見つけようとしている男二人。
下で精力的に探し物をしているのは夫。
探し物は何ですか~見つけにくいものですか~♪

f0043911_316311.jpg
タコと格闘!
これ、とても大きなタコだったんですよ。
穴の中から引きずり出してきたら、こんな風に絡んできて、ちょっと恐ろしいくらい!
タコだって必死です!!
フツーはこんな風に取ったりしてはいけないのだけれど、この彼は本業は漁師さんだからね。
漁師さんはお仕事ですから取ってもいいのです。

f0043911_3165052.jpg
こんな風にあれこれ見て楽しんでいると、浮上のサイン。
楽しい時間はあっという間に過ぎるのです~。


こちらのブログ村に参加しています。
水面下にはこんな世界が広がっているのね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2015-06-07 03:20 | 南の島 | Comments(2)

f0043911_1565320.jpg
GWの沖縄で、野菜これだけ買ってきました!
沖縄限定だったゴーヤだって、いまや全国どこでも手に入るし、わざわざ沖縄に行って野菜買って帰る人も珍しかろうと思うけど、やっぱり本土にはないものがまだあったりして、そして季節先取りで夏野菜が安かったりしてお勧めなのです。

購入先は、名護のファーマーズマーケット
名護周辺ややんばる、伊江島あたりの新鮮野菜がいっぱい並んでいるパラダイス。
時間が取れるときには必ず立ち寄り、大量に野菜を買い、そしてそこから宅急便で送ってしまいます。
今回はその日は那覇泊で、翌日の飛行機で帰ったのだけれど、私たちが我が家に着くのとほぼ同時に野菜も届き、あーなんて便利♪と思うのです。

そしてタイトルのピンクの野菜。

f0043911_1592559.jpg
うずら豆。
うずら豆って乾燥の豆は見たことあるけど、こうして生のものって本土では見かけることないでしょ。
沖縄ではこの時期こうして鞘に入って生のものが売られており、お味もそうですが、とにかく私はこの見かけにギュッとハートをわしづかみにされてしまうのです。

f0043911_1594214.jpg
鞘を開くと、中のお豆さんはこんな感じ。
可愛い、可愛すぎる…。

以前、一度このうずら豆のことを記事にしたことがありまして、そのときにも書いたのですが、なぜこの生の状態のうずら豆は本土では売られないのか。
この色、この模様、絶対に乾燥のものより可愛いし、これが店頭に並んでいたら絶対目を引くと思うのにー。
海外ではそこそこ見かけるようで、それらの名前は大層かわいらしく、日本のうずら豆ももう少しこのピンク色と可愛い模様にちなんだような名前にすればいいのにと思うのです。

沖縄の方たちはこのうずら豆と言えば大抵、ご飯と一緒に炊き込んでうずら豆ご飯にすると言います。
市場のおばちゃん全員がそう言っていたので、多分他の食べ方はしないはず。(笑)
なんともちょっともったいない。

f0043911_1511535.jpg
そんなうずら豆を鞘から出して茹で、同じく沖縄で買ってきたズッキーニとチビにんじんとプチトマトと一緒にサラダにしました。
そう、多分皆さんも予想されたとおり、あのピンクの模様は茹でるとなくなってしまいます。
少々酢を入れて茹でれば少し残るかも…と試したこともありますが、ほとんど効果なし…。
それでも乾燥のうずら豆よりはベージュがかっている中にうっすらとピンク色が加わっているような色で、すぐに茹るしほくほくと柔らかくとてもおいしいです。

今回うずら豆を見てて思ったのだけど、きれいな模様の入っている紫花豆なども、もしかしたら生の状態だともっともっと美しいのでは!
鞘だってきっともっと鮮やかな紫色なんじゃないかなー。
日本で生の豆と言えば緑系の空豆やら枝豆やらえんどう豆ばかりだけれど、乾燥の豆にしかしないものももっと生で売り出してくれないかなーと思う、豆ラーの私。
豆農家の方、何とかなりませんか。

f0043911_15123436.jpg
そしてこちらはビーツ。
ピンクと言うよりは紫に近いけどね。

ビーツは特に沖縄野菜ではないけれど、多分土壌に合うんでしょうね、こうした産直に行くと結構な割合で見かけます。
しかも嬉しいのは、こうして茎と葉がついたままで売っていること。
東京あたりで売ってるのは、根っこの部分だけのことが多いでしょ。
実はこれ、茎もおいしいのです。

f0043911_1512556.jpg
さっと洗って食べやすい長さに切り、オリーブオイルで炒めて塩胡椒、最後に香りづけにちょっぴりお醤油をたらして出来上がり。
今回はマリネ豚肉のソテーに添えてみました。

f0043911_15131248.jpg
さすがビーツ。
茎だって色素が濃くて、じんわりと濃いピンク色した汁が出てきます。
ほんのり甘くてしゃきしゃきしていて、とてもおいしいですよー。

そして根っこ。
ビーツの根っこは皮を剥かず丸のまま柔らかくなるまで茹でて(一時間とか結構時間がかかります)そのまま冷まします。

f0043911_15133961.jpg
そんな風に茹でたビーツで、ビーツと塩麹豆腐のカプレーゼ風。
薄くスライスしたビーツに同じく薄くスライスした塩麹に漬けておいた豆腐をのせ、胡椒をガリガリ、オリーブオイルをたらりんと垂らしました。
ビーツが甘くて、塩麹豆腐のまったりと絡んでこれまた美味。
作りたてはこんな色ですが、だんだん塩麹豆腐にビーツのピンク色が沁みてきます。

ビーツは3つあったので全部まとめて丸ごと茹でて、残りふたつは冷凍しました。
これから夏に向け、ダイス状に切って野菜と合わせてサラダにしたり、冷製のスープにしたり、楽しんでみたいと思っています。

f0043911_15175917.jpg
おまけの話。
こちらのファーマーズマーケットで買ってきた、パイナップル。
「ピーチパイン」と言う名前で、皮もほんのりピンク色がかっているスナックパイン。
もしや中もピンク色?
パイナップルなのにピーチ味?
とか思いましたが、切ってみたら表面に近い部分がほんのりピンクがかっているだけで、お味も含めフツーのおいしいスナックパイン。
ちょっと残念。
でもまっおいしかったからいっかー。


こちらのブログ村に参加しています。
生のうずら豆、沖縄以外でなんで売ってないかな~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2015-05-31 15:19 | 野菜のお料理アイディア | Comments(8)

2015年GW 沖縄伊是名島1

f0043911_17211232.jpg
今年の5月の連休も、恒例の沖縄伊是名島に行ってきました。
中2日休みが取れて9連休となったので、のんびりとした旅。

とは言え、例年、ゴールデンウイーク前後に梅雨入りとなる沖縄。
天気も不安定で雨になったり、海が荒れたりと、ダイビングを目的に訪れる我が夫婦にとっては、あまり好ましくない天候なのですけれど、今年はすごい!!
行っている間で、雨が降ったのは一日だけ。
それもほんの少しの時間だけです。
こんなの何年もずーっと行っているけど初めて!

f0043911_17213979.jpg
だから、着いていきなり、空港でぐびぐびーっと。(笑)
だって暑いんだもん!!
那覇空港の一階のはじっこにある「空港食堂」は、以前は空港内で働いている人たちが主に利用しているような食堂でしたが、今は観光客もいっぱいで混んでいます。
お昼少し前に入れたので、まずは腹ごしらえとビールと、こーれーぐーすーをたっぷり効かせた、沖縄そばのランチ。

f0043911_17224470.jpg
そこからバスとタクシーを乗り継いで、沖縄本島北部の運天港まで移動し、そこからフェリー「ニューいぜな」にて伊是名島へ。
まだまだ新しいんじゃないかと思うけど、近いうちにこのフェリーもリニューアルされるとか。

f0043911_1723267.jpg
あーこの空ですよ。
雨の気配なんてまったくない、どこまでも澄んでいる南の島の空。
…と、私たちは思っているのですけれど、実際沖縄に住んでいる人に言わせると、中国からのPM2.5の影響で、スカッと晴れる日がずいぶん少なくなってしまったのだとか。
沖縄は中国に近いからね。
もう少し環境のことも考えてほしいよね、いまや大国である中国よ。

f0043911_17231750.jpg
そんな青空で気持ち良さそうに泳ぐこいのぼり。
毎年、このこいのぼりをダイビングサービス「ライトスタッフ」の玄関に取り付けるのは夫の役目。
まっ子供の日を祝うということもありますが、それより何よりこのこいのぼりの泳ぎ方で風を見るのよー。
どの方向の風がどのくらいの強さで吹いているかによって、潜れるポイントも変わってくるから。

f0043911_17233453.jpg
ダイビングボートから見る海。
まったく波もなくおだやかで、鏡のよう。
いつもだったら波を乗り越えて進むボートに乗っていると、波を乗り越えるたびにガンガンとお尻が飛び跳ねそうになるんだけど、今年はそれも皆無。
風に吹かれてもまったく寒くないし、快適なダイビング。

f0043911_17234779.jpg
だから、お昼には、さっぱりと冷たいトマトの麺。
島の「太陽食堂」で。
島のお米で、少し小さくて売り物にはならないものを使用して米粉を作り、その米粉で作ったお米の麺の食堂。

f0043911_1726026.jpg
別な日は、やはり冷たいとろろの麺。
いつもだったらダイビングで冷えた体にあたたかいものが嬉しかったりするんだけどね。
ほーんと夏みたい!

f0043911_17261517.jpg
夕方が近くなり少し日差しも弱くなってきた頃には、のんびりとお散歩へ。
遅い午後の日差しが気持ちいい!

f0043911_1726283.jpg
道端にはゆりの花。
ゆりは沖縄一帯ではずいぶん栽培されており、球根なんかも出荷されているようです。
あんまり南の方の花のイメージはないから意外な感じがします。

f0043911_17265072.jpg
こちらは塀ぞいにひっそりと咲いていて可愛い♪

f0043911_1727155.jpg
そんな花を見たりしつつさとうきび畑の横をのんびり歩く我が夫。
しかし、ここなどはかなりの上り坂なので、背中にお疲れ感が。(笑)
あと少し!
島の野菜を取り扱う「ねーがり」で、島のニンニクを買って帰るのだー!

f0043911_1729664.jpg
これで大体夕方の6時半くらい。
さすが西!!
日が暮れるのが遅いですよね~。
東京あたりだともう暗くなっていたもの。

f0043911_17292370.jpg
明日の晴れを約束しているかのような夕暮れ。
屋根の段々とうろこ雲の段々のシンクロ。

f0043911_17293912.jpg
滞在の間中、夜はライトスタッフで夕飯を頂き、もちろん飲ませていただき、そして近所の民宿までぶらぶら歩いて帰る毎日。
月がぽっかりとのどかに浮かび、海を照らし、「いつもだったらさー、今頃まだご飯も食べてないよね。」とか言いながら、「あー自分で作らなくても毎日おいしいものが食べられるって幸せ!」と思う妻と、「あー食べた後に洗物しなくてもいいって幸せ!」と思う夫なのでありました。

そんなこんなの沖縄。
しばらくは食べ物の話題などを取り混ぜながら、沖縄のお話が続くかと思います♪

みなさまのゴールデンウィークはいかがでしたか?
(ってそんなことを聞くにはずいぶんと遅すぎですが…汗)


こちらのブログ村に参加しています。
お天気も良くてのんびりできて良い沖縄の旅だったわね~て思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2015-05-30 17:31 | 南の島 | Comments(4)

未だゴールデンウィークの話題と言うのは何ですが…。(汗)

f0043911_13202174.jpg
今年のGWは長く休みが取れたので、伊是名島にてダイビングの後、那覇にて一泊しました。
日程に余裕があるときには那覇泊を最後につけることが多いのですけれど、その目的のうちのひとつは、てだこ亭に行きたいから♪
公設市場近くのイタリアンのお店です。
人気のお店なので予約必須。
みどりさんと言う女性がひとりで切り盛りしているお店で、沖縄産のこだわりの食材を使った大変おいしいお料理をいただくことが出来ます。

f0043911_13203453.jpg
まずはビールで乾杯♪
いつも楽しい話題が満載の手書きのテーブルマットで「沖縄の今」を感じながら、ほっと一息の一杯。

f0043911_13203988.jpg
二人でいろいろ食べたかったので、まずはちょこちょこつまめるいろんなおつまみの盛り合わせプレートを。
すごーく盛りだくさんでどれもおいしいのよ~。
もちろんあっという間にビールは飲み終わり、ワインに移りましたよん。

f0043911_13211852.jpg
プレート中央部には、定番の島豆腐とミニトマトのサラダ、カポナータ、きのこのパテなどなど。
島豆腐は薄く塩味が効いているので、軽めのチーズの代わりにサラダに使うことも出来ますね~。

f0043911_13214357.jpg
こちらはおいしいハムなど。
確か兵庫の播州ハムからお取り寄せしていると以前お聞きしていたと思います。
添えられている食用ほおずきが可愛い♪
この時期名護のファーマーズマーケットに行くと食用ほおずきが結構並んでいるので、沖縄でもたくさん栽培されているのだと思います。
関東近辺では夏から秋に出回りますが、やはり南国沖縄!
旬が早いのですね~。

f0043911_13222049.jpg
チーズもたっぷり♪
はちみつのかかったブルーが大変美味でした~!
これだけ食べてワインがすすまないわけがない、危ないプレート。(笑)

f0043911_132158100.jpg
そんなあれこれをちびちびつまみながら、自家製のふわふわフォカッチャもいただきました。
多分お粉も地元沖縄、伊江島産の小麦粉を使って焼かれたもの。
中はもっちり、表面がカリッとしていてほんとにおいしい♪

f0043911_13221257.jpg
で、今回のメイン。
アグーのローストです。
まさかまたアグーが食べられるとは思ってもおらず。

と言うのは、以前も記事にしたことがあるかもしれませんが、アグーと言うのは沖縄の在来種の黒豚。
本物です!!!
と言うのも、アグー豚は一時は絶滅寸前になるほど減ってしまった豚ちゃんで、そんなにやたらめったらお肉が出回るわけではないのだけれど、商業ベースにのせたい沖縄のJAが他の種と掛け合わせた豚を「あぐー」として商標登録し、その基準に合わないものはアグーと認めないという措置をとったのです。
これがアグーだとJAが言うアグーは混ざり物で、それはアグーじゃないというアグーが100%本物のアグー。
おかしなことですよね…。
私が知っている限り、アグーと言うのは山本大五郎さんと言う方が唯一育てていたのだけれど、まぁそんなJAの陰謀があったからか、はたまたやはり採算が取れないとか、いろいろ理由はあったのでしょうけれど、牧場をやめてしまったと聞いており、「もう食べられないんだな~」と思っていたのです。
が、他の場所で牧場再開されたそうです。
嬉しい♪♪

f0043911_1322324.jpg
骨付きアグー。
もうホントニね、豚ちゃんの匂いがないの。
で、甘いの。
特に脂。
脂、おいしい…。
最後にこの残っている骨までしゃぶりましたから~~~。(笑)
来てよかった!!

f0043911_13224819.jpg
で、最後にパスタ。
シンプルにトマトソースのパスタ。
お魚の器が南の島っぽくてよいですよね。

f0043911_13224745.jpg
そして最後はデザート。

あぁ…やっぱりどれもこれもおいしい、おいしすぎます!!

これらを、食材からひとりで選択、調達され、そして調理、サービス、すべておひとりでこなす、みどりさん。
同世代なのに、私はこんなに疲れているのに(汗)、どうしてこんなに出来るのだろうと思ってしまいます。
今回予約の際に「(予約の日は)もうピークを越えているので席は大丈夫だけど、その前がとんでもないことになっているので廃人のようになっているかも~」なんておっしゃっていましたが、すごく元気で、こんなにおいしいものをいっぱい作られていて、いつもながら尊敬のまなざしです。

沖縄に行くというお友達においしいお店を聞かれると必ずこちらを紹介するんですが、みんなすごく喜んでくれるんですよね~。
9月にもタイ料理教室でご一緒のAさんが行かれるはず。
沖縄にもおうちを持っている方と少し前にやはりタイ料理教室でご一緒し、思わずてだこ亭の話で盛り上がりました!
「食材の目利きだよね~」とか「大五郎さんのアグー!(みんなに誰、その大五郎さん?と不思議がられた・笑)」とか。
少し前に15周年を迎えられたと、記念グッズなどをいただきましたが、これからもずっとずっとおいしいものと、あの暖かさあふれる空間を提供し続けて欲しいです。
沖縄の小さなイタリアン。
沖縄に行かれた際にはぜひ一度訪れてみてください♪


こちらのブログ村に参加しています。
沖縄に行ったら行ってみたいなぁって方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2014-08-31 13:24 | 南の島 | Comments(8)

ブログ記事のアップも出来ずにいるうちに、梅雨も明けましたね~。
先週は、身の危険を感じるほどの暑さにかなり疲れておりましたが、昨日からぐっと涼しくなって、また元気が少し戻ってきました♪

と言うわけで、GWの伊是名の水中の続き~♪
南の海の魚などは結構今はいろいろなところ、媒体で見ることも多いと思いますが、今回の記事ではあんまり動かない生物(静物?)を集めてみました。

f0043911_0114432.jpg
こちらはイソギンチャク。
大きく言えばサンゴの仲間です。
この先っちょがね、ぷくっとしているのが水の流れでゆらゆら揺れている、そんな姿がなんとなく癒し系。

f0043911_012169.jpg
こちらは蛍光色のように輝いているのが素敵でしょ~♪
海のブルーの中で更に輝くブルー。
誰かを何かを誘っているような、そんな思わず引き込まれてしまいそうな素敵な色。

f0043911_0121840.jpg
こちらはサンゴ。
一般的な固いサンゴで、脳サンゴの仲間と思われます。
複雑に折り重なるひだひだにこれまた引き込まれそうになりませんか~。

f0043911_01231100.jpg
こちらはキクメイシサンゴ。
菊の花のようでしょ。
その模様も美しいのだけれど、割と大型のきれいな球形なので、遠くからも見ごたえがあり、かなりフォトジェニック。

f0043911_0124912.jpg
サンゴに描かれたナスカの地上絵。
う~ん、水中なんだから水中絵と言うのか…。(笑)
不思議ですよね~。

f0043911_01332.jpg
こちらはまた柔らかいバージョンに戻りまして、まるで風にたなびく草のような、ソフトコーラル。
水中であることを忘れてしまいそうなほど。

f0043911_0131472.jpg
こちらは海の中のレース細工。
海綿の一種かと思われます。

どれもこれも、何かの意図を持って、必要があって、こんな風な形態、色をしているのだと思いますが、そんな必要性以上に美しいってことがすばらしいと思う!

海の魅力は可愛いお魚だけではないのですよ~。
まぁ今回は天気もイマイチで、水中もあまり明るくなかったので、こうした生物をマクロ目でじっくり見てみたりしたんですけどね。
次回はもう少し明るくて太陽キラキラの海も楽しんでみたいです♪


こちらのブログ村に参加しています。
動かない生物もどれもとっても魅力的♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2014-07-29 00:15 | 南の島 | Comments(0)

今日、近畿あたりまでは梅雨明けしたそーですが、関東ではまだ梅雨も明けず、蒸し暑かったり、突如襲ってくる雷雨に悩まされたりしております。
と言うわけで(どんなわけ?)、少し涼をとっていただくのも良いかな~と、ゴールデンウィークに行った沖縄の伊是名島の水中の様子でも♪

f0043911_12552291.jpg
GWの沖縄の天候が梅雨前で良くないのは例年通りだったのですが、今年はそれに加えてなんだかとっても寒かった!
となると、当然水温も低いわけなんですが、その割にはたくさんいたキンメモドキやスカシテンジクダイ。
水温が低い年はまだなかなか出てこないんですけどね~。
今年はあっちこっちで湧き出るように群れになってたくさんいました♪

f0043911_1255475.jpg
こちらはマダラエイ。
ぬぉ~っと現れ、結構人懐っこく私たちにくっついてきたんですよ~。

f0043911_1256633.jpg
かなりの大きさなので、魚の群れに突っ込むと、わ~っと群れが割れて、迫力です。

f0043911_1256237.jpg
どのくらいの大きさかと言うと、こんな感じ。
ダイバーは後ろにいるので写真だと多少は小さく見え、比較してエイが巨大ですが、でもホントに大きいのよ~。
ダイバーはダイビングサービス「RIGHT STUFF」の納戸さん。(納戸さん、いい加減HP更新したほうがいいよ~笑)
ただいまエイとお見合い中~♪♪

f0043911_12572870.jpg
アップで寄ってみますと、体の割りに結構小さくて円らな瞳。
なんとなくぬぼーっとしていて愛嬌のある顔立ちですよね。

f0043911_12574967.jpg
こちらはトビエイ。
小型ですが、名前の通り飛ぶように泳ぐその姿はとってもきれい♪

f0043911_125836.jpg
これは何エイかな?
よくわかりませんが(汗)、なんかね~とぼけた顔で我関せずといった風貌で砂地を泳ぐ姿に魅かれました~♪

こんな風にあれこれ見ながらダイビングをした後に行ったのは…。

f0043911_12582147.jpg
太陽食堂

えーっと、ちょっくら宣伝させてもらうと、ここはダイビングサービスもやっている納戸さんがやっている、島のお米を使った麺のお料理を出す「麺カフェ」。

f0043911_1315164.jpg
トマトと紫蘇がたっぷりのった、冷たい麺。
オリーブオイルもたっぷりで、さっぱりとしつつコクのあるおいしさ。
暑い日にぴったり!

f0043911_1322238.jpg
こちらはペペロンチーノ。
アンチョビではなく塩辛入りのペペロンチーノなんですが、塩辛は山形の飛島の絶品塩辛使用。
夫はえらくこれを気に入っております。

f0043911_1323592.jpg
ここで出るお料理の麺は生麺使用ですが、お土産用に乾麺も売ってます。
開発当初は生麺しか作れなかったのですが、最近乾麺も出来るようになったんだってー。
米粉麺と言うと、東南アジアあたりの輸入ものの乾麺がほとんどなので(と言うか、東南アジアあたりでしか最近までは米粉の麺なんて食べてなかったですよねぇ)、生の、しかも国産のお米の麺ってことが珍しいと思うので、地元で食べるならぜひ生麺ですが、お土産にするにはやっぱり乾麺の方が便利ですからね~。
島のフェリー乗り場のおみやげ物屋さんでも売ってます♪

で、この国産のお米の生麺。
ただお米を使っているわけではなく、収穫は出来たものの、割れてしまったり、小粒すぎて出荷が出来ないという、そんなお米を使っているんです。
最初は伊是名島の中で出るそういうお米を捨てるのは忍びなく、何かに利用できないかと言うことで開発された麺ですが、最近は好評過ぎて島の割れたお米だけでは足りず、対岸の沖縄本島のやんばるあたりの村のお米も分けてもらって麺にしているとか。
今まで使い道がなかったものをこうしておいしいものに作り変えるって言うのは、よいことですね♪

f0043911_1325688.jpg
そんな米粉は麺だけではなく、シフォンケーキにも♪
ふわふわでとってもおいしい♪♪
見かけもとてもこんな田舎の島のお店で食べているとは思えないほどおしゃれでしょ~。

f0043911_1331839.jpg
もちろんビールもあります♪
こだわりのビールが数種!
オリオンじゃないところがこだわりだそーです。

最初は、島のおじい、おばあは、麺の食堂と言うことでやってきて、「沖縄そばはないのか~」と言っていたりしたそうなんですが、まぁこういった店が一軒くらいあっても良いでしょう。
夏休みに沖縄に行く方(伊是名島に行く方は少ないかと思いますが…汗)、ぜひこんなカフェいかがでしょう♪

と、なんだか最後は宣伝みたいになっちゃいましたが、伊是名の水中もう一本続きます♪


こちらのブログ村に参加しています。
水中、涼しそうでいいな~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2014-07-21 13:04 | 南の島 | Comments(2)