人気ブログランキング |

白樺湖にてきのこの会♪その2

f0043911_17373876.jpg
さて、前夜わらびさんの「明日の朝のきのこ採り、6時55分にここに来ていなかったら置いていく!」の一言に、必死で起きましたよ。
と言っても、やっぱりリビングに下りたのは私が一番ビリだったみたいで(汗)、ずーっと前からここにいたんですよ~と言った風情を醸しだそうとこっそりと端っこの方にいた私なんですが、「あーっ今頃起きてきた人がいる~!」とわらびさんに見つかってしまいました…。(^^ゞ

すると…。
なにやら前夜にはお見かけしなかった方が!!
今回早朝INの予定だったduckbillさんご夫妻では!!
duckbillさんにはカラスミ作成に関しいろいろと懇切丁寧に教えていただいたのがお付き合いの始まりで、それから何年も経ちますがやはりお会いするのは初めてです!!
早速はじめましてのご挨拶。(*^_^*)
これで今回のきのこの会の参加者全員集合です♪♪

ではでは早速外に出まして、きのこ採りの始まりです。

f0043911_17215256.jpg
まずは山荘から後に回りまして、裏山の捜索。
なんとな~くみんながそれぞれに広がっているなぁと思っていましたら、横に並んでローラー作戦で行くとのわらびさんからの指令があったとか。
全然知らなかったけど、なんとな~く私も広がっていたと思うわ。(汗)

f0043911_17222797.jpg
こんな道なき道をぐんぐん進む!

f0043911_17225510.jpg
どこかから声は聞こえるけれど、少しずつみんなの姿が見えなくなったり…。(笑)
でも景色きれい~♪♪

f0043911_1723737.jpg
あったーーーーー!!
食べられるきのこ♪♪
これはクリタケ。
今回一番と言うか、採れたきのこのほとんどがこのクリタケ。

f0043911_17233324.jpg
クリタケは立ち枯れた木の根元に出ていることが多いとのことで、そういう木をまず探すのがクリタケ見つける早道なのだとか。
手前で下向いてきのこ探しているのが我が夫。(笑)
奥で上を見上げて立ち枯れた木を探しているのがきのこ採りのエキスパート、Fujikaさん

f0043911_17243320.jpg
ここにもクリタケ♪
立ち枯れた木、立ち枯れた木…と呪文のように唱えながら探したんですが、今回私がこのきのこ採りで見つけられたのはたった一株のクリタケのみ。(爆)
クリタケととっても似たのもあったのだけれど、クリタケの特徴は表面がビロードみたいに毛羽立っていることと。
つるんとしたのは違うきのこなんだってー。

f0043911_17245779.jpg
こちらは食べられないきのこ。
まぁ色や形により明らかに「これは食べたくないよなぁ」なんて言うのもありますから、そういうものはわかりますが、でも食べられるきのこに似ていて毒キノコって言うのもあるしねぇ。
やっぱりファーストきのこ採りは経験者の方と一緒に行って教えてもらうのが一番ですね。

f0043911_17251518.jpg
おーい!もっと上に上がってこーいと言う声がするので、枯れた笹を気をつけながら少し道っぽくなっているところまで出てみる。

f0043911_1726460.jpg
すると…。
ここはみんなが通っているでしょうって言う、きのこなんてあまり生えていそうもない、そして出ていたとしてもきっと既に採られ済みだろうって場所に、こんなに大きなクリタケの株が~~~♪♪(発見者はduckbillさん)
大騒ぎしてたらみんなが集まってきて、「ここもよーく見て通ったのだけどなぁ」と不思議そうなわらびさん♪
やっぱりこういうときは人数多め、たくさんの目で見ると言うのが効いて来ますよね~。

f0043911_17262647.jpg
手の上にのせてみる!
こんなに大きい!…と言っても多分写真にしちゃうとわかりずらいのでは?!

f0043911_17264045.jpg
と言うことで、カイエさんちの姫ちゃま登場~♪
すごいよ、顔と同じくらいの大きさだね。

f0043911_1727935.jpg
この後同じくみんなが通っている道沿いで、とんでもなく大きなクリタケの株をまたまた発見。
↑みたいにぷっくりしている若い食べ頃のきのこもあれば、もう傘が開きに開いちゃってるクリタケも発見。
でも食べられると言うので採ってみるとすごく重い!!
そういう年取ってるきのこのことを「ババ」と言うらしい…。
「ジジ」とは言わないところが、きのこ採りの主流は爺だと言うことなのではないだろーか。(勝手な推測…(^^ゞ)

そんなこんなの楽しいきのこ採り。
一株しか見つけられなかった私も綺麗な景色を堪能♪

f0043911_17273875.jpg
こちらはどなたかの山荘の前の真っ赤に色づいている木。

f0043911_17275059.jpg
こちらもオレンジのグラデーションで紅葉真っ盛り!

f0043911_1728550.jpg
柏の葉?
言い感じの色づきですね~。

f0043911_17282075.jpg
青空に黄色。
山の秋は真っ盛り♪♪

f0043911_17283490.jpg
さて、何しろ毒さえ採れないと言うので期待はしていなかったのだけれど、やっぱり人数がものを言ったのでしょうね~。
なんだかんだで結構な収穫♪
新聞紙の上に広げて、食べられるきのこ、ビミョーなきのこ、食べられないきのこに分けているところですが、なんだかいろんなところから手が出てきていますね~。
音声も一緒に保存できていたらきっと、「これは?」「これは食べられる?」とそんな声が録音されていたはず!(笑)
すごく楽しい♪♪

f0043911_1729230.jpg
で、お楽しみの後の更なるお楽しみ~♪
そう、私たち、まだ朝食を頂いていなかったんですよ~。
大人14名、子供1名、犬1匹、猫1匹、の合計17名のメンバーも勢ぞろいいたことですし、賑やかな朝食のテーブル。

f0043911_17291791.jpg
こちらはduckbillさん作、リゾット。
duckbillさんご夫妻はさっき到着されたばかりだというのに、もうずーっとここに居ますよ~って感じで気がついたらキッチンに立ってリゾット作られていました。(笑)
このリゾット、お米はまったく入っておらず、パスタや雑穀などいろんな粒々が入っていて、ものすごーーく美味しかった!!(プロの味!)
そうそう、京都の筍まで入っていて、その京都の筍は今は幻、フィノさんちの京都の筍を瓶詰め保存していたもので、それはそれはとても大きな瓶にいっぱい詰まっていて、「あーあれ、ブログで見て(アレだけ詰まっていたら一度開けたら食べ応えあるよなぁ)と思ったアレだわ」などと、人んちの保存食材事情までしっかり知ってる私って一体…と自分で自分に突っ込み入れた…。(^^ゞ

f0043911_17305131.jpg
こちらはふみえさん作、シモフリシメジご飯。
シモフリシメジは産直のもの。
はぁ~これがまたとーーっても美味しかったのよ~。

f0043911_17305984.jpg
シモフリシメジはこんなキノコ。
霜が降りる頃に採れるキノコと言うことで、これがたくさん採れるようになってくるとその年のキノコシーズンも終わりに近いと言うことなのですって。
私、今回このシモフリシメジにイチコロでして、ちょっとこの写真だとよくわからないのですが、お味はもちろんのこと、この姿形が大変高貴な感じなのですよ~。
鈍いブロンズ色の輝きに惚れました…。
いつか自分で見つけられたらいいなぁ。

f0043911_17312615.jpg
こちらはハナイグチ。
私は今までイグチ系のキノコと言うと、Fujikaさんが採集されたものを頂いたことしかなく、それはヤマドリタケモドキにとても似ているシャキシャキとした食感のもの。
イグチと言うのはそういうキノコだと思っていたら、わらびさんがおっしゃるには一般的にイグチと言うのはこのキノコのようにヌメリがあるものなのだそうです。
これをさっと茹でたものを細切りにして和風のお浸し風にして頂きました。
切るのを担当していたのですがヌメヌメがすごくて少々難儀しました!
でもがんばった甲斐あって(って言っても切っただけだけど…^_^;)、とても美味しくいただけました。

その他にもこの日の朝食にはたくさんのものが並んでいて、それぞれ好きなだけお皿に取り分けていっぱい食べたんですが、またまたなぜか写真なし…。
全部撮ったつもりだったのにおかしすぎる…。(+_+)

f0043911_17334017.jpg
で、忘れるほどいっぱい食べたというのに、朝っぱらからポメさん作のアップルケーキが食べたいと言う輩。
えぇ、作ったご本人は「えーっお腹いっぱいでもう私駄目~~~」と言っている中、私ももちろん旗手しましてペロッと頂きましたけれどもね…。
紅玉がたっぷり使われているこのケーキ、しっとりしていて程好い甘さと酸味が効いてておいしいです♪

少々お茶など飲んでのんびりした後、いよいよきのこの会の準備に向け、産直巡りに行って来ます。
この辺りは産直も多く、JAスーパーも入れると三箇所を巡ります。
「行くよ~」と声をかけると、「僕は火の番(暖炉の火)してなきゃならないからお留守番」と言う夫。
じゃぁ私一人で行ってきまーす!とわらびさんの車に乗り込むと、「誰も火の番なんて頼んじゃいないよ~」と言うわらびさん。
キャンプに行っても一晩中焚き火の番してるほど火が好きな夫のこと、頼まれてもいないのに、そしてきっと必要もないのに(笑)自主的に火の番に名乗り出たみたいです。

すごく面白い産直ツアーだったんだけどねぇ。
あはは~なぜかまた写真なかった…。(汗)

産直から帰ってきて、いろんな食材がまた増えて、そうしていよいよきのこの会のはじまり、はじまり~♪♪

その2で全てを仕上げようと思ったんですが、只でさえ長いと言われあちこちでブーイングを受けている私のブログ記事(汗)が更に更に長くなりそうなので、きのこ会の模様は次の記事!
その3に続く~~~♪
ってか、終わるのか、きのこ会…。(爆)



こちらのブログ村に参加しています。
野生のきのこなんて贅沢だよね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)



にほんブログ村 料理ブログへ
Commented by etigoya13-2 at 2011-10-20 23:43
そうそうやっぱり多い目数の方が見つかりますよね。
日本で茸狩り未体験なので戻ったら何処かの茸狩りに行ってみたいと思っているんです。その日が来るの楽しみ。
イグチ系こちらではヌメリイグチという和名の物なんて普通のイグチとかいうつれない名前が付けられています。
沢山有るんですよねーイグチ。大好きな茸です。
次期待してますね。
Commented by bourreesam at 2011-10-21 07:28 x
これぞ、私が求めていた集いだわ!(^o^)
美味しいものが好きな人達と山荘で集い、
薪ストーブでお料理して、朝はキノコ採り!
私も、近かったら、絶対に参加したい!
この、ご馳走の数々、素晴らしいですね。
楽子さん、お幸せ!!!

「少女のように見える!」
ってことは、少女じゃない!ってことですよね。

「若いのに、エライ!」

って、勝手に思い込んでいました。(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2011-10-21 17:45
越後屋さん、ホントにこの大きい株は見落としてしまうような場所でも大きさでもないんですが、でもやっぱり一人、二人では見落としも多いということなんでしょうね~。
今回は人数も多いのであのあたりのキノコは根こそぎいただいたかも!(笑)
日本のきのこ採り、是非ご一緒できたらいいなぁ。
普通のイグチとは確かにつれないお名前・・・。(爆)
でもそう呼ばれているとなると、やっぱりイグチにはぬめりがつきものということなのですね。
次、期待してください!
どれだけ記事が長くなっちゃうんだろうって程写真があるのよ~~~。\(^o^)/
Commented by rakurakurakuko at 2011-10-21 17:50
bourreesamさん、うふふ、求めちゃうでしょ、こんな集い♪
なんだか私は食べることに専念してしまい、大したことは出来なかったのですが、採る、作る、食べる、飲む、しゃべると、もう何でもありの盛りだくさんの週末でした。
ほーんと幸せ~♪
近くだったらお誘いしたいくらいです。
あはは~、そうそう、ワタクシまったく少女ではありません!(笑)
少女の子供がいてもいいくらいと言うより、友人には成人している子供がいる人もいますから~~~。
知らぬ間にブログの中では若作りしちゃっているのかしらん、私・・・。(^^ゞ
Commented by duckbill at 2011-10-25 00:56 x
冒頭の山荘室内からの写真もいいですねぇ!
キノコ狩りの裏山の写真もしっかり撮ってるし。
それにひきかえ私の方は撮り忘れてばかり。
林の中も撮ってないし、この新聞に広げた収穫全体写真も撮ってないのだもの、記事にするのに四苦八苦です(笑)(^^;
そうそう、人んちの保存食材事情までしっかり知っているのは、きっとお互い様だと思う(爆)。
キノコ美味しかったですよね~!
あれ以来、スーパーのキノコ(外見は)に全く食欲が湧かなくて、困ったものです。(^^;
Commented by rakurakurakuko at 2011-10-25 16:48
duckbillさん、うふふ、冒頭の写真は夫が撮影してたものなんですが、私も結構これ気に入ってしまって勝手に掲載してしまいました~。(^^ゞ
うふふ、duckbillさんも撮り忘れいっぱいありましたか!
私なんて自分なりにはいっぱい撮ったぞー!と自信満々だっただけに(笑)、帰ってみたら撮り忘れだらけだったことに驚きました。
そうなんですよね~、ブログをよく拝見しているので、今回お会いさせていただいた方などの保存食材情報がわかってしまうのがおかしくて…。(爆)
お互いさまでよかったです。^_^;
きのこ、あんなのを食べてしまうと、スーパーのはホントに何物って感じですよね。
贅沢になるって怖いわぁ。
by rakurakurakuko | 2011-10-20 17:40 | 小さな旅 | Comments(6)