2015夏 モルディブ エンブドゥ 1

今年の夏休みは、7月末に早めに取得。
モルディブのエンブドゥ・ヴィレッジ(音が出ます!)に行ってきました。

f0043911_13411994.jpg
雨、雨、雨だった昨年と打って変わり、今年はもう毎日毎日、快晴!
日差しが強くて、あっという間に日焼けしそうでお年頃的にはかなりつらいものがありますが(笑)、でもやっぱりこの日差しがないとね。
海もキラキラ、ブルーに澄んで、とってもきれい♪
写真は、このエンブドゥ・ヴィレッジに来るゲストがまず降り立つ、メイン・ジェティ。
日本からの便は夜便なので、真っ暗な中の到着となりますが、風にざわざわと鳴るやしの葉や、波の音、バーあたりから静かに聞こえてくる音楽などに包まれて降り立つ闇も良いものです。

f0043911_13423240.jpg
この空!!
広くて高い!!!
夏休みの時期のモルディブは雨季にあたり、去年のように長く降り続くのは別としてもスコールがザーッと降るなんてことはよくあるのですけれど、今年は本当にただの一滴も雨粒を見ませんでした。
最高の夏休み。

f0043911_13432517.jpg
エンブドゥは、一般的にイメージされるモルディブの「豪華リゾート」のイメージとは違い、昔の古きよき時代のモルディブと言った感じ。
「何もない」のがウリの島。
ですから自然がいっぱい。
こんな自然に出来ている小道のようなところを抜けると…。

f0043911_13434193.jpg
そこは静かなビーチ。
朝のお散歩のときなどは人っ子ひとりいない。
独り占めのビーチで、今日は何をして過ごそうかと妄想。(とは言え、我が家は毎日毎日ダイビングですが…)

f0043911_1343573.jpg
誰もいないビーチに何やら誰かの訪れた気配が。
細かい引っかき傷のような足跡が、砂浜に模様を描いています。

f0043911_13441433.jpg
多分、引っかき傷を作ったのは、この方。
写真真ん中にいる鳥。
かなり大型のこの鳥はエンブドゥの主のように、毎年毎年ビーチでのんびりしているのを見かけます。

f0043911_13444539.jpg
エンブドゥはラグーンに囲まれた小さな島で、島の中心部あたりにレストランや客室などの施設があり、その外側にはリゾートを作るに当たりあまり手を加えなかったであろう様子でやしの木をはじめとする樹が植わっており、その外側がビーチ。
緑が多いので、日差しは暑いですけれど、木陰に入ると結構涼しく、その木陰にビーチチェアーを置いて一日中過ごしている人が多いのです。
滞在日数の少ない哀しい日本人ゆえ、なかなかそこまでのんびり出来ない私たちは、ダイビングの合間にハンモックに揺られてウトウトしたりするのがせいぜいなんですけどね。
とにかくそれぞれ自分のペースでのんびりゆったり。

f0043911_134569.jpg
今回、今までにはなかった島の周りの海の様子(潮の流れとかスノーケリングスポットなど)や、海で遊ぶに当たり注意するとこなどをまとめた案内が何箇所かに設置されていました。
今まではダイビングサービスに行って聞くしかなかったので、初めて来る人には親切でいいように思います。
ここはゲストの大半がドイツ人なので、ドイツ語と英語と日本語と韓国語の表示があります。

f0043911_134522100.jpg
自然がいっぱいの島のあちらこちらでお会いする、ヤモリ。
夫はなぜかこれが大好きで、見かけるたびにお近づきになろうとフレンドリーに近寄っていくのですが、いつもフラれてしまいます。
結構動きがすばやいのよねー。

f0043911_13454789.jpg
こちらはメイン・ジェティのちょうど裏側に当たる、コーラルガーデン側のジェティ。
この先はきれいなサンゴ礁で、いわゆる熱帯魚系の魚も多く、ダイバーはもちろんスノーケラーにも人気。
私もここが大好きで、いくら潜っても飽きません。
もちろんビーチから眺める景色もね。

f0043911_1346573.jpg
こちらが泊まった部屋。(Room#81)
こうしたコテージが100近くあり、豪華ではありませんが必要なものが使いやすく揃っています。
このほか、二階建てのノー・エアコンルームがほんの少し(多分日本の旅行代理店を通して申し込むとすべてエアコン付のスーペリアルームになると思います)、部屋から直接海へ行けるタイプではありませんが、水上コテージも少々。
今回の我が家の部屋は、一番最初にここに来たときと近い部屋で、このロケーションがやっぱり何かと便利で過ごしやすくていいなーと。
来年はリクエストできたらこのあたりの部屋をリクエストしたい。

f0043911_1349591.jpg
普段は何かと忙しく、だらだらすることはあっても思いっきりのんびりとはいかないことの多い我が夫婦。
ここではとにかくのんびりと過ごすのが楽しみ。
いつもより距離が近くなるような、仲良くなれるような、そんな気持ちになるのも、島の良いところ。

7泊8日ののんびり時間。
行ってしまうとあっという間だったけど、こうしてまた写真を見ているとあの日差し、さわさわとした風、波の音が蘇ってきて、ふたたびあのまったりとした時が蘇ってきます。

今までのエンブドゥでの旅の様子は、#モルディブのタグをクリックしていただけると見ることが出来ます。


こちらのブログ村に参加しています。
自然に囲まれたのんびりとした時間っていいよねーって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by tukimi-kai at 2015-08-25 10:42
楽子さん、お久しぶりです!今年は酷暑でしたが、大丈夫でしたか??
私はあのマンションで過ごすことも多く、暑さで何度も熱中症を発症しそうでした…。

モルディブはダイバーにとっては憧れの場所なので、
ブログを見た途端…海や砂浜の情景に…ため息交じりに感動…(@_@!)
本当に羨ましいですが、
ここ3年程海外旅行離れしている我が家には、
こうして楽子さんのブログで、行った気分にもなり堪能できた気がします♪
ありがとうございます!!
遊び欲も読書欲も食欲も満足できる楽子さんのブログ…またお邪魔しま~す。
Commented by rakurakurakuko at 2015-08-27 23:43
kimiさん、そうそうこちらも酷暑でした…。
このモルディブから帰って来てから、35度越え連続記録が更新され、その一週間はホントにきつかった…。
同じ気温でも関西の暑さはまた別格なので(関西の湿度は体にきついですから~)、部屋でも熱中症、わかるような気がします。
少しは涼しくなりましたか?
モルディブは以前は私にとってもあこがれの地でしたが、ずいぶんと便も増え、月木しか飛んでいなかった頃から考えたら、とっても行きやすくなりました。
なんでも短いのだと5日くらいのツアーもあるらしいです。
今年は天気もよく写真も比較的たくさん撮ったので、これからしばらくモルディブの記事が続きそうです♪
Commented by petapeta_adeliae at 2015-08-30 22:23
1枚目の桟橋の最初のカーブでどのぐらいの深さなんですか?
どこまでも澄み切っていて気持ちいいですね。
浮き輪でぷかぷかと彷徨ってみたい。
Commented by rakurakurakuko at 2015-09-01 00:09
ソーニャさん、桟橋の最初のカーブのあたりだと、まだ全然、腰の高さくらいかも!
島の周りは砂地になっていて、ある程度のところ(一枚目の写真だとブルーが急に濃くなっているところ)まで行くと、そこからリーフになるので急に深くなる感じです。
浮いてると気持ちいいけど、焼けるよー。(笑)
by rakurakurakuko | 2015-08-23 13:54 | 南の島 | Comments(4)