2016年夏 モルディブ エンブドゥ2

f0043911_13372155.jpg
我が家のモルディブでの一番の楽しみはダイビング。
大抵午前と午後に一日2本、誰に頼まれたわけでもないのにきっかりと潜っています。

今回もいつもと同様、夜にエンブドゥに着き、翌午前中、チェックダイブを受け、午後からはボートダイビング。
すると、インストラクターのRiseyが「相談なんだけど、明日、マンタポイントへのツアーがあって、実はもう定員いっぱいなんだけど、行く?」と。
いつも私たちの滞在期間が短いのを知っているので、滞在中にはもうマンタポイントツアーないかもしれないからと声をかけてくれたのです。
そりゃー、行けるなら行く!と答えると、定員25名いっぱいの申し込み表に、定規でちゃちゃっと線を引いて枠を作り、そこに名前を入れてくれました。

そんなわけで、ダイビング二日目は、マンタポイントへのディトリップ。
果たして今年のマンタポイントはどうでしょう。

f0043911_13384704.jpg
出たー!
マンタが4枚近づいてきます。

f0043911_13390139.jpg
二人揃って並んで飛ぶように泳ぐマンタ。

f0043911_13393045.jpg
こちらは単独で、そしてまさに私のほうめがけて近づいてくる予感のマンタ。
それにしてもみんな鼻息荒いので、ダイバーの吐く泡がぶくぶくと、とんでもないことになってますが…。(笑)

f0043911_13402617.jpg
来たー!!
大接近!
ちょっと避けなきゃいけないかしらと思うほど。

f0043911_13404049.jpg
こっちからもまたマンタ。

f0043911_13405491.jpg
今度は頭上通り過ぎ攻撃だわー。
ホントに、首をちょっと引っ込めないと触ってしまいそうな感じ。

f0043911_13411683.jpg
実はね、マンタポイントには2本潜ったのだけど、1本目はまったくマンタが出てこず、これは2本目。
もしかしたら駄目かもね~なんて思っていましたが、まぁよく出てきてくれましたし、また、このクリーニングポイントに留まっている時間もとても長くて、十分に楽しめたわ~。
なぜかわかりませんけれど、何度見てもマンタって結構興奮しますね。

f0043911_13413836.jpg
みんなこんな感じで写真撮りまくり。
今回、ドイツ人ダイバーのカメラは、この方みたいにとっても小型のものが多く、また、スマホにつける自撮り棒みたいのをつけている人が多く(邪魔ではないのか気になりましたが)、どうやら動画を撮っているみたいでした。
こうしたマンタがどんどん沸いてくるように来るポイントは、そういう動画も見て楽しいかも。

f0043911_13420251.jpg
マンタポイントでは、マンタの他にはサメにも遭遇!
でも結構深いのでこれ以上は近づけず。

f0043911_13421695.jpg
目の前が縞々でいっぱいになってしまった、グルクンの大群。
ものすごいスピードで前を駆け抜けて行き、そしてこの先にはナポレオンがいたのだけれど、もう縞々でまったく見えなくなってます。(笑)

f0043911_13422992.jpg
こちらは、モルディブではおなじみのコショウダイ。
縞模様も良いけど、ぼってりとしたくちびると、なんともいえないおとぼけ顔が好き♪
しかし、なんだか縞々もないのに仲間然として一緒に泳いでいるのがいますよね。
まぁそういうお調子モンもまた良し♪

f0043911_13425117.jpg
マンタポイントへのディトリップでは、お昼休憩も兼ねて、ローカルアイランドに立ち寄ります。
多分「WELCOME」とか何とか書いてあるのだと思うけど、モルディブのまるで記号みたいなディベヒ語で書いてあるのでよくわからず。
ދިވެހި ރާއްޖޭގެ ޖުމްހޫރިއްޔާ
↑これ、ディベヒ語の文字。

f0043911_13431378.jpg
とても天気が良くて暑かったので、ボートの上でお弁当を食べてから島に上陸。
ご機嫌の夫。

f0043911_13434273.jpg
島のメインストリート。
初めてここに来たときは、結構にぎわっていたのだけれど、その後とんでもなく寂れてしまったときもあり、今回は少しだけ盛り返してきたような、明るさを感じた!

f0043911_13435692.jpg
ここをぶらぶらしていると、いつもお土産屋さんから声をかけられ、一番手前のお土産屋さんに去年と同様連れられていくわが夫婦。
「これはサメの歯ね~」と壁に飾ってあるのを指差して説明してくれるのも去年と一緒。(笑)
Tシャツとネックレスを買ったら、かなりまけてくれて、「フレンド価格ね~。特別ね~。」なんて言って、更におまけまでつけてくれました。
なんだかフレンド、フレンド連発の楽しいおじさん。
きっとまた来年も行ったら、サメの歯の説明からしてくれることでしょう。(爆)

f0043911_13441554.jpg
こちらはサンゴの石で作られている家。
沖縄などでも塀をサンゴの石で作ったりしていますが、モルディブのはとてもきれいに並べられていますよね。
大抵の家の前には、鉄のポールみたいなのと紐で編まれたネットが組み合わさった椅子が並んでいて、そのネットの部分に洗濯物を無造作に置くのが、ここモルディブでの洗濯干しスタイルみたい!

朝食を食べるとすぐに島を出発して、帰りは夕方の、マンタポイントツアー。
一日がとても短く感じられる、そんなモルディブでの二日目でした。



こちらのブログ村に参加しています。
まぁ、マンタがこんな近くで見られるなんて素敵ねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
Commented by eblo at 2016-09-03 15:15
良かったですね、マンタに会えて。
以前リセイと行った時は全然現れなくて、待ちくたびれたのか日本人の女性グループが順番にポワーンと浮いてしまって。その都度追っかけるリセイがかわいそうでした。
マンタ好きな人はマンタの方も分かるのかな。
Commented by rakurakurakuko at 2016-09-04 14:37
ebloさん、今回のマンタポイントはなかなか当たりで、楽しかったです。
ガイドにとってはマンタが現れないとそれだけで「どう時間を持たせよう…」とか思っちゃうと思うのに、更にあの深度で何度も浮上とはホントにつらい!
後でまた記事にしますが、ここは楽しかったのだけど、モルディブの海、かなりひどいことになってて、ちょっと哀しくなりました。
by rakurakurakuko | 2016-09-03 13:47 | 南の島 | Comments(2)