2016年8月に読んだ本

8月だなんて言うと、ずいぶん前のことのような気がしますが…。
経ってみると意外とあっという間。
毎日毎日雨ばかりのうちにあっという間に10月が来た感じです。


f0043911_01113445.jpg
「東京奇譚集」 村上春樹


そもそも、「奇譚」とはどんな意味なのだろうと思った、このタイトル。
まぁ想像通りの「珍しいもの、こと」と言う意味なのだけれど、そのタイトル通り、不思議な物語、短編5編が集録されている。

そのひとつひとつが不思議で、でも村上春樹の描くものにしては大変わかりやすく、とっても読みやすい本。
おもしろいな~と思ったのは、『僕=村上はこの文章の筆者である』と冒頭で語られているように、『過去に僕の身に起こったいくつかの「不思議な出来事」についてじかに語っておいた方が良いだろうと思った』からこれを描いているということ。
なんだかね、そんなことはないだろうと思いつつも、村上さんだったらそんなことあるのかも…とさえ思って読み進んでしまうのよね。
全くもって、もしそういうことを意図されていたのだとしたら、村上さんの作戦にまんまとのせられてしまった感じ。

短編の中では、一番最後の「品川猿」が一番よかったなー。
もっともありえそうにないけど、でもなんとなくすんなりと心に入ってきて、最後も良い感じ。
なんだかタイトルだけだと売れないお笑い芸人みたいだけど、いいんですよ。

ちょっとした空き時間にさらっと読むのに良い一冊でした。

f0043911_01115594.jpg
「冷めない紅茶」 小川洋子


むむむ、やはり小川洋子さん、やりますね。
小川洋子さんらしい二つの短編。

タイトルの「冷めない紅茶」は、小川さんの小説によくあるような、死と生のはざまと言うか、死と生の世界を行ったり来たりと言うか、そんなような設定。
もうなんともいえない独特の世界。
同級生のK君と一緒に住んでいる母校の図書館司書だった美しい女性。
そして冷めない紅茶。
なんとなく最終的にはそういうところに落ち着くのかなと思いながら後半読みましたが、場面が目の前に現れてくるような美しさ。

二つ目の「ダイヴィング・プール」は、これまた小川さんならではの残酷さが盛り込まれたお話。
舞台が古い孤児院であると言うのもなんとも良い。
残酷なんだけど、ちゃんとやさしいんだよね。
残酷なんだけど悲惨な終わり方ではないの。
まぁ世の中の出来事が全部そんな風だったらそれでも良いのかと言われるとそうじゃないんだけどね。

小川さん好きには絶対に楽しめると思われる一冊。
短いのですぐ読めるのもいいです。


こちらのブログ村に参加しています。
村上春樹、今年はノーベル文学賞どうかしら~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

今年の秋は、雨、雨、雨ですね…。
本当だったら、空が澄んで高く感じられる気持ちのよい季節なはずなのに…。
どうなっちゃってるんだろう。
晴れの日が二日続くことさえ、まだ一日もないように思います。

そんな中、少し前の三連休に行ったキャンプ。
天気予報は、一日目晴れ、二日目が少し雨、そしてその後曇り。

ですが…。

f0043911_01275470.jpg
ハイ、ものすごい雨です!!
一日目は天気予報通りの晴れで、サクサクとテントやらタープやらを張り、ご機嫌に過ごしていたのですが、その夜、突然大雨に見舞われ(私はすでに酔っ払って寝ていた!)、その後、少し小降りになることはあれ、ずーーーーーーっと雨。
もうね、雨の勢いがすごすぎて、果たしてタープとテントはこの雨に耐えられるのかと心配になったほど。
なんとか持ちましたけどね、撤収時も雨なので、なにもかもがビショビショ…。(泣)

それでも回りに美術館あり、温泉あり、おいしいもの屋さんありで、結構楽しめたので良かったですけどね。

f0043911_01281674.jpg
鮎屋さんで鮎を購入し、炭火で焼いたり~~~。

f0043911_01282735.jpg
夜も更け、それでも雨は相変わらず降っていたけれど、そんなことにも負けず、まったりのんびりと楽しく過ごす時間。

初めてのキャンプ場なれど、結構良いところだったので、この過酷な雨だらけのキャンプのリベンジをと、今度の連休にまた行く予定にしているのだけれど、なんと天気予報にはまた傘マークが…。(悲)
あぁ、どうなることやら。

本当に困ってしまう秋です~~~。


◆8月に作った保存食◆
梅干し土用干し
ゆかり作り
ゴーヤのピクルス
青唐辛子の酢漬け
水茄子漬け

[PR]
by rakurakurakuko | 2016-10-06 01:29 | 楽子の本棚 | Comments(0)