お魚天国♪

食べるものは何でも好きですが、特にお魚は新鮮なものに出会うと心ときめく度合いが高い!
お肉と比べて「旬」ってものがあるし、一期一会的な出会いも多いし。

最近、そんなお魚との良い出会いがあったので、今回はそんな記事。

f0043911_13540575.jpg
こちら、東京湾のキンメダイ。
指との比較でもわかるとおり、かなり小振りではありますが、なんとこれで1尾800円!!
びっくりするほど格安です。
キンメダイはお味も良いし、何より色がきれいなお魚なので大好きなのですが、いかんせん高いことが多く、大抵我が家では良い頭やアラが手に入った場合に買っていたのですが、今回はちゃーんと丸々一尾お頭つき。

f0043911_13543480.jpg
やっぱりねー、キンメとくれば煮付けでしょう♪
予めお店で下処理をしてもらっていたので、作るのは本当に簡単♪
煮魚の時にはいつもそうですが、水はまったく使わず、日本酒のみで炊き込みます。
最初に醤油とみりんの半量くらいも入れて8割方火が通るくらいまで炊いて、途中で残りの醤油を加えてしっかり火が通るまで炊くこの方法だと、お魚はふっくら、お好みでしょうがを入れても入れなくても、臭みもまったくなくおいしく炊き上がります。
お魚の煮付けは意外と時間もかからず、しかも簡単、しかも割りと料理上手に見られるので(笑)かなりお勧め。

f0043911_13545693.jpg
この日はやっぱり日本酒でしょうと秋田の「夏田冬蔵」。
これ、とっても飲みやすくておいしいです!!
秋田つながりで、いぶりがっこも出してきて、クリームチーズとあわせてみました。
あとは十全茄子の浅漬けに谷中生姜と味噌。
うふふ、もう日本酒がすすまないわけないじゃないって言うメニュー。

主役のキンメはふっくら濃い目の味付けでおいしく、ホントにくいくいと酒がすすむ…。(笑)

いやー良いお買い物でした。

そしてこのとき、実はもう一つ良いお買い物がありました。

f0043911_13552273.jpg
ちこ鯛 3尾。
こちらは兵庫県から運ばれてきた模様!
ちこ鯛となっているものの、ちこ鯛の中では大きい部類に入るのではないかな。
ものすごくお徳♪♪

f0043911_13554931.jpg
こちらの2尾を使って鯛飯に。

我が家の鯛飯は、まずは鯛に軽く塩してグリルでこんがり焼いてから、土鍋に入れたお米、昆布の上にのせて炊きます。
味付けはテキトウに、日本酒と塩と醤油を少々。
色合いがほしかったので、炊き上がってから細く切ったモロッコインゲンを加えて蒸しました。

ここまでは私のお仕事ですけれど、ここから先は夫のお仕事。

f0043911_13561132.jpg
炊き上がった鯛飯の鯛をほぐして、混ぜ混ぜ。
もうね、土鍋のふたを開けた瞬間から、いえ、炊いているときから良い香りなんですが、こうしてほぐしてもらっている間なんて、思わずお預け状態のお犬様のように、お茶碗抱えて待ってます。

f0043911_13563404.jpg
そして「よし」の声と共に鯛飯ほおばる、この幸せ。
やっぱり鯛だよ、魚の王様。(なんとなくそんな気がしませんか)
身はふっくら、ご飯にも良い香りとお味がうつり、そしてまたおこげがたまらないのよねー。
もう少し、もう少しと、結局おかわりすること三膳!!
はっきり言って食べすぎですが、おいしいんだから仕方がない!!
翌日のお弁当も鯛飯。
あーほんと、なんておいしいのだろう~~~。

f0043911_14090189.jpg
ちこ鯛は3尾あり、残りの1尾はきれいに処理して冷凍しておいたので、先日はその鯛を使ってアクアパッツァ。
朝のうちに冷蔵庫に移して解凍しておいた鯛に軽く塩胡椒して、ニンニクで香りをつけた油をひいたフライパンで両面を軽く焼き、アサリを入れて白ワインをじゃっとかけ、その後茄子とエリンギ、ドライトマトを加えて水をまたじゃっと入れて、鯛に火が通るまで煮て出来上がり。
これまた時間もかからず簡単です。
イタリアンのお店で食べるアクアパッツァにはこんなに野菜が入っていないかもしれないけど、おうちで作るアクアパッツァには野菜も加えるとおいしいです。

f0043911_14094067.jpg
あとは買って来たパンと冷蔵庫のチーズを切って出せば、はい、出来上がり。
鯛も野菜ももちろん文句なしのおいしさなんですが、パンをこのアクアパッツァの汁に浸して食べるとまたおいしいのよねー。
またまた食べすぎ注意報。(笑)
実はこの日は私の誕生日だったのですが、定期的に通っている婦人科に会社帰りに寄ったので、帰る時間が遅くなってしまったのですけれど、これならすぐに出来るのでゆっくり食べて飲んで…が出来ました。

なんだかとっても魚好きのように記事を書いてる私ですが、実は小さいころは魚が苦手で、親に「そんなに魚が嫌いなくせになぜダイビングだとか言って海に潜るのか」とまで言われていました。
でもねー、やっぱり年を重ねてくるとなんだか魚がすごーくおいしいと思う!!
日本人のDNAですかね。

またおいしい魚に出会うため、あの品揃えの良い店に行かなければ!!
うふふ、冬もおいしい魚いっばい出てくるよね。
楽しみです♪♪


こちらのブログ村に参加しています。
魚、やっぱりおいしいよねーって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへbr>


[PR]
Commented by melocoton1 at 2016-10-29 16:18
いいなー、お魚天国。
こちらはあまり丸ごとお魚食べる文化じゃないので、こういうお魚見かけないです。

金目鯛、仲間だわー(お目目がw)
煮付けは苦手なのだけれど、塩焼きでも美味しいでしょうね。
Commented by Abi at 2016-10-30 10:32 x
いつ見ても楽子さんの食卓おしゃれだわ~。
箸置きまで雰囲気に合わせて、きっとそれが
似合うご夫婦なんでしょうね、、、
保土ヶ谷に居た時は近くの魚屋さんが御用聞きに
来てくれて新鮮なキンメダイ食べていました。
今は切り身で買うのがやっと、、、好きなのに。
パナソニックのCMで夫婦二人暮らしなのにキンメダイ
大きなの買ってお刺身に、そして盛り付けられたキンメの
横にイカ、おお!リッチと違和感大いに有りでした。
Commented by rakurakurakuko at 2016-10-31 20:51
meloさん、うふふ、お目目がおそろい。(笑)
私はこの目の部分はどうしても食べられないのだけれど、とろんとして好きな人にはおいしいのよね。
キンメを塩焼きって思いもしなかったけど、でもキンメの開きの干物を炭火で焼いたりすると、これがめちゃくちゃおいしいのよね。
と言うことは、塩焼きでもいけるということかも~。
Commented by rakurakurakuko at 2016-10-31 20:56
Abiさん、いえいえ、おしゃれとは程遠いわが夫婦。
箸置きもマットもそんなに数もってないのです。
保土ヶ谷にいたって、横浜にも住んでいらしたことがあるの?
御用聞きがくるって、なんだかいいですねー。
我が家ではキンメは切り身さえもホントに時々しか買えず…。
昔よりキンメ、値が張るようになりましたよね。
伊豆あたりに行っても結構高いです。
パナソニックのCM、西島秀俊のヤツですよね。
トロ箱にでーんとキンメが鎮座しているやつ!!
あのシリーズを見るたびに、こんな旦那はいないってとつぶやいてしまいます。(笑)
by rakurakurakuko | 2016-10-29 14:12 | お魚のお料理アイディア | Comments(4)