富山へ ~白えびを食べ尽くす旅~ 3

富山二日目は、立山アルペンルートを通り、立山から黒部ダムへ向かいます。
泊まっていた魚津市の北山鉱泉のお宿から立山まではそこそこの距離があり、レンタカーでの移動となるわけですが、事前に調べ予約した夫によると、黒部ダムへの道のりは大層遠く、宿を早く出発することが必要。
だからね、早起きして朝風呂に入り、おいしい朝食を頂き、そして私たちにとってはとても早く出てきたはずなんですよ。

f0043911_17040829.jpg
が、しかし…。
立山駅に着いたときには駐車場がいっぱい!!
一番近い駐車場は明らかに外から見ても車が満杯で、駐車場に立っていた警備員さんに聞いてみるに、駅の反対側に第二駐車場があるからそこに行くようにとのこと。
そして第二駐車場に行くとそこも満車で、第三も…。
やっと第四駐車場に止められることになり、ほっと一息。

この後乗るケーブルカーの予約はしてあるので、その時間より早く着くように早めに出てきて良かったね~と言いつつ、これからの立山アルペンルートに備えて着るもの等の荷物をリュックに詰めて、駐車場出発!
しかし、どうも歩いていると、同じく立山駅に向かうらしき人たちの格好が、私たちとは明らかに違う!
私たちだって一応アウトドアな感じ(?)の服装で歩きやすいシューズをはいていたのですけれど、周りの人を見ると本格的登山の格好。
そもそも、この時間で危うく駐車場に停められなくなるところだったことからも、事前の心構えからして違うのではないかと少々不安になる…。
きっと朝風呂に入って豪華朝食をのんびり食べてきた人なんていないのでは…。(爆)

でもまあ、気を取り直して、立山駅までてくてく歩いてみました。(笑)
すると、あわてた割にはまだまだケーブルカーの時間までは余裕があり、もしや早い時間のケーブルカーに変えてもらえるかもと聞くと、予約があるからその時間のには乗ることが出来るけれど、今ここに並んでいる人はそもそももっと遅い時間のケーブルカーの券しか買えないのだと。
確かにすごい人。
人気があるんですね~。
知らなんだーーーー!

f0043911_17053192.jpg
では少しゆっくり出来るのならばコーヒーでも飲もうと立ち寄ったお店屋さんで、今回の旅のテーマの白えび発見!
アレだけ朝食食べてきたけど、白えびコロッケ頂きます♪
これがねー、すごーくおいしかったの♪♪
駅前の小さな店だしりーずなぼーだったのであまり期待はしてなかったんですが、白えびたっぷり、香ばしくてたまらなくおいしい!!

f0043911_17055263.jpg
そんな白えびコロッケを買ったのはこちら。
あら、よく見たらおにぎり屋さんなのねと言うことで、本日はかなりの強行軍で、夫がネットで作ったタイムスケジュールによると一体昼食はどこで取ったらいいのやら…な感じだってので、念のためこちらでおにぎり購入。
水も買って準備万端となったところで、良い時間に。

f0043911_17062437.jpg
私たちの乗るケーブルカーのアナウンスがされ、並ぶ人たち。
ケーブルカーの駅の中にはお土産屋さんや、簡単な登山グッズみたいなを売っている店があり、そこでも時間を潰せます。
f0043911_17065687.jpg
階段を上るとそこがケーブルカー乗り場。
生駒に住んでたときを思い出し(ケーブルカーが通るすぐ脇の急勾配に立つマンションに住んでいた!)懐かしくなる~。

ケーブルカーはもちろん満員で、ちょうど私たちは座れたのだけど、立っている人も多数。
そして多分日本人より外国人のほうが割合高い!
最近の日本の観光地はどこに行ってもそんな感じですね。

f0043911_17073008.jpg
標高差500メートルを7分かけて美女平駅へ到着。

f0043911_17081600.jpg
そしてそこから今度は立山高原バスに乗ります。
そう、この立山アルペンルートはいろんな乗り物の乗り継ぎで、マイカーは環境保護のため立ち入りを規制されています。
美女平駅からのバスは、少々は待ったものの、タイムスケジュールよりは早めのバスに乗ることが出来、幸先良し!
何しろタイムスケジュール通りだと目的地の黒部ダムにて昼食を取る時間も含め1時間半しかないので、出来れば予定より早く先に進みたい!

f0043911_17090324.jpg
立山高原バスは、室堂までの50分間、標高差1500メートルの大自然の中を走るバス。
途中、景色の良いポイントや有名な場所では止まってくれて、運転手さんがガイドさながら説明をしてくださるので、飽きることなく楽しく乗っていました。
途中二つほどバス停があり、降りることが出来ますが、その途中のバス停から乗る場合には、近くの山荘などから連絡してもらい予約が必要だとのこと。
登山が好きな方は、このあたりを歩いて回るのですね~。
素敵なホテルもあったりして、むむむ、来年の夏はこのあたりに泊まりたいかもなどと思ったり。

f0043911_17094944.jpg
そしてたどり着いた室堂。
ここで標高2450メートル。
かなり高い!!
そして景色が素敵すぎ~~~!!

前述の通り、とにかく私たちには時間がなく、こんなところで時間を潰す予定はなかったのですけど、運よく予定より早めに進んできていることですし、それにこの景色を見ないなんてあまりにもったいないんじゃないかと言うことになり、屋上展望台に行ったというわけです。

あ~ホントに素敵な景色!

f0043911_17104693.jpg
こちらはみくりが池。
この色、別に写真を加工しているわけではないんですよ~。
ホントになんともいえない深く澄み切った青!
池を囲む尾根も美しく、ため息でまくりです。

登山にはまったく興味はないけれど、あまりにきれいなので、そしてそんなに急勾配のところばかりではないようなので、一度このあたりの素敵なホテルに泊まり、このあたりを散策してみたい!!
(この後、タイ料理教室で一緒の山ガールIさんに聞いたところによると、7月でも雪が残っていて、緑と白のコントラストもすばらしいらしい。が、それはそれで結構過酷なのかも…汗)

f0043911_17111916.jpg
あまりの素敵さに、写真スポットで写真を撮り、カメラマンさんに撮って貰った写真も買っちゃいました。(これは私のカメラで撮って貰った一枚)

ここでなんとなくわかってきたのですけれど、私たちが黒部ダムに行くものだからみんながそんな感じかと思っていましたが、みんな目的はさまざまで、と言うか、この室堂あたりを起点にして、登山をする人たちがかなり多いです。
隣にいた中国人らしき若いカップルのスマホを覗き見させてもらうと、ちゃーんとこのあたりを歩くアプリ入れてたし!
日本人の私のほうが何にも知らずに来てしまったらしい…。(汗)

f0043911_17120727.jpg
そんな室堂から、今度は立山トローリーバスに乗ります。
立山トンネル(地下)を電気で走るトローリーバス。
日本ではアルペンルートを走る2路線(残る1路線は黒部ダムから長野側に行く路線のため今回私たちは乗りません)しか運行していないそうです。

f0043911_17123781.jpg
トローリーバスが到着したのは大観峰。
一番標高の高い部分は地下で越してしまって、ここは標高2316メートル。
右手には黒部湖が見えてきました!

f0043911_17125345.jpg
大観峰の駅の屋上はテラス風になっていて、この日は本当に暖かかったので、ケーブルカーに乗るまでの時間のんびり日光浴♪
とっても気持ちがいいですよー。

f0043911_17130749.jpg
そしてこのケーブルカーに乗って、今度は黒部平まで。

f0043911_17132288.jpg
途中、谷のようになっている地形のため、駆け下りるような迫力満点!!

f0043911_17150651.jpg
そして着いた黒部平は標高1828メートル。
黒部湖もより近くなってきました。

f0043911_17153196.jpg
そして最後、黒部ケーブルカー乗って、たどり着いた黒部湖。
なんとここまでで5種類もの乗り物に乗っています。

f0043911_17154819.jpg
黒部湖駅から橋を渡るとそこが黒部ダム。

f0043911_17161086.jpg
おおーーっ!!
大迫力の放水!!
毎秒10トン以上の水量を拭きだすこの放水は、観光のための放水。
いや~~~間近で見るとホントにおおーーーっと声が出ます。

f0043911_17162814.jpg
片や、その放水の反対側は、こんなに穏やかな湖。
まったく波立つこともなく輝いている湖面が静かで、放水とのコントラストがすばらしい!!

f0043911_17165212.jpg
どういうことになっているかと言うと、こうなんです。
ほんとにさー、これでもかってほどせき止めているんだよね。
これだけ作るのってどれだけ大変だったんだろうねー。
これで映画が出来ちゃったくらいだから(見たことないけど「黒部の太陽」)、本当に本当に犠牲になってしまった人もいるのだろうなぁ。
便利と犠牲。
永遠のテーマ。

f0043911_17171718.jpg
そんな黒部ダムの全貌を見たのはこの上。
もう要塞のようでしょー。
今見ても、いまさらながら、すぐにへこたれる私がよく登ったものだと思う!!

f0043911_17175248.jpg
はあはあしながら、時々休みながら要塞に沿った階段を登り、本当は一番上の展望スペースで食べようと思っていたおにぎりを階段の途中(半分くらい)の踊り場のような広くて空いてたスペースで食べる!!
これがまたとってもおいしい!!
もう足腰にかなりきていて(笑)、そんな疲れで余計に感じたのだと思うけど、夫など、今まで食べたおにぎりで1,2を争う味だと言っていたほど。
やっぱりおにぎり屋さんのおにぎりは旨いのね!

実はね、昼は黒部ダムのどこかで「ダムカレー」を食べる予定だったのだけど(だったらおにぎりを買ったのはなぜ?)、黒部ダムのレストハウス二箇所はどちらも大変な人で、待ち時間も相当なものだったので、ダムカレーは食べられず…。
職場の同僚で黒部ダムに行った人に黒部ダムだったらどこの店でもあるから~と言われたのだけど、長野側から回るルートだと途中にいっぱいそんな店があるのかな。

余りの分刻みスケジュールに、ホントに黒部ダムまで行けるのか!!と心配された二日目ですが、途中室堂であれだけ時間を割いても予定より早く黒部ダムに到着し、思う存分楽しめてよかった!
このまま長野側に抜けると、それはそれで楽しいのでしょうけれど、私たちにはまだまだ白えびミッションがありますので、来たルートを逆にたどって、立山まで戻りました。
最後の美女平から立山までのケーブルカーがかなり混んでいて一時間以上待ったけど、後は割りとスムーズだったよ。

こちらへ来る前は、なんだかそんなにたくさんの乗り物を乗り継がなくては行けないなんて不便だなと思わなくもなかったのですが(それにかかる費用もかなりのものだったので…汗)、実際に行ってみるとこのシステムはいいですね。
マイカーを入れないことによって、あれだけの美しい自然が守られるのだし、何よりマイカーで行ってしまうと、なかなかみんな地元にお金を落としませんよね。
このシステムだと自然と地元に還元されますし、全国のいろんな観光地も取り入れることが出来るならばこうしたことを検討するのも良いのではないかなーと思います。
まぁそれでも集客できるだけの「特別な何か」があるかどうか、「素敵なことのアピール」が出来るかどうかと言うことが難しいのだとは思いますが。

f0043911_17191070.jpg
長い長い一日。
駐車場近くの川から見た、夕方の里山の風景。
なーんかね、しみじみ日本っていいわーって思う。

さーて、でもそんなにしみじみもしていられないの。
これから富山市内に戻って、更なる白えびミッションの始まりです!!


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ、どこもかしこもなんて素敵な景色なの~!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by rakurakurakuko | 2016-12-11 17:25 | 小さな旅 | Comments(0)