2017年12月に読んだ本

さて、昨年12月に読んだ本の記録です。
最近、ほんとに本を読む時間が取れず、2017年は何と全部で14冊しか読んでなかったー!
こんなことはじめてかも!
今年はもう少し読みたいです!!


f0043911_16250308.jpg
「さきちゃんたちの夜」 よしもとばなな


これ、よかったなぁ。
どうしてこんなに温かい物語を描けるんだろう、ばななさん。

「さきちゃんたちの」と言うのは、この5つの短編に出てくる主人公がみんな「さき」と言う名前なのです。
早紀、紗季、咲、沙季、崎、さき。(最後の「さきちゃんたちの夜」にはさきが二人出てくる!)
いろんなさきちゃんがいるけどさ~、みんなちょっとずついろんなことに悩んでいたりするけどさ~、めんどくさい状況もあったりするけどさ~、なんとかちゃんと生きてるんだよね。
それもがんばり過ぎない感じで、流れに身をまかせつつも、これって言うものは動かさない感じで。

よしもとばななさんはデビューの頃は新刊が出ると必ず買って読んでいて、割と同世代の私は「すごい人だなぁ」なんて思っていたりしてたけど、その後ずっと読まず、ここ数年また時々読んでいます。
また昔とは違った良い味出していて、やっぱりすごい人だなぁと思います。


こちらのブログ村に参加しています。
よしもとばななさんって懐かしい!って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ


*********************************************

さて、毎年12月、1月に世田谷ボロ市というのが行われているのをご存知でしょうか。
毎年ってもう何百年も続いている、すごいボロ市なんですけどねー。
ずっと行きたいなぁと思っていたのですけどなかなか行けず、先月やっと行ってみました!

今週行われていた世田谷ボロ市もTVなどで取り上げられたこともあり、平日にも関わらずものすごい人だったようですが、12月もすごい人でした~!
私は金曜日に午後休を取って行ったのだけれど、上町の駅降りたところから人でいっぱい!
のんびりとした世田谷線も本数を増やしていたみたいでした。

もう、写真を撮るのも忘れ、と言うかいろいろと撮れない事情もあったのですけれど、あっちこっち見て周り楽しいこと、楽しいこと!

f0043911_16260488.jpg
ジャーン!
これが一番の戦利品!
蓋二枚付き、5段の重箱、外箱付き!
これ、電車に乗って持って帰ってきたんですよー。
蒔絵もしていないシンプルな漆塗りのお重がここのところずっと欲しかったので、これを見た瞬間から目は釘付け!
でも持って帰れないよなぁなんて思っていたら、お店のお兄さんが、「大丈夫!ちゃんと持って帰れるように袋に入れて持ち手も付けるから!」と言ってくれ、大掃除のゴミ袋みたいな袋に入れてくれました。

f0043911_16261642.jpg
外箱の記録によると、こちらは昭和4年のもの。
昭和だから骨董と呼ぶには新しいけれど、それでもかれこれ90年近く経っているんですよねー。
90年の時を経て、飛塚新八さんとは縁も所縁もない私が使うことになるなんて、このとき誰が思ったことでしょう!
浪漫だなぁ。

f0043911_16265094.jpg
うふふ、これ、なんとなんと3000円!
これなら無理してでも持って帰るでしょう?
この大物を早々に買ってしまったため、写真なんて撮れなくなっちゃったのです。(爆)

f0043911_16273549.jpg
状態はそんなに悪くないのですが、蓋の内側のところがちょっと漆が剥げていて木地が見えていたりします。

f0043911_16274687.jpg
でも箱の方はほとんど剥がれもなくなかなか良い状態。
シンプルなので、普通の食卓やちょっと人が来るときの大皿代わりにあれこれ使ってみたいな~などと思い、クリスマスのときにも早速使ったし、お正月にも使ったし、これからもちょいちょい使いたいなと思ってます。
蓋は自分で漆塗りなおしてみるつもりです。

あーそれにしてもものすごく満足なお買い物だったなぁ。
またあれこれ骨董市などに行きたいモードになってます!!

◆12月に作った保存食◆

砂肝コンフィ
黒豆煮(瓶に小分け、冷凍保存)
牡蠣のオイル漬け
柚子大根
白菜漬け



[PR]
Commented by etigoya13-3 at 2018-01-18 22:43
これは持ち帰るのわかりますねー。
私はその昔5組の2の膳セットを買いました。
さすがに外箱が大きすぎて送ってもらったけれど、あれも安かった。
お正月になると使ったりするけれど、今年はロシアにいたので日の目を浴びていません。
状態はもっと悪いので直すとなると…かなりかかりそうでなかなか直しにも出せません。苦笑
それに比べると楽子さんの買い物はいい買い物ですよね。
ず〜っと状態いい!!
Commented by hamasumi-life at 2018-01-21 19:14
私も昔、よしもとばななさんにはまって、小説は全部読んでいました♪
特に「キッチン」が好きで、たぶん30回以上読み返してます(笑)
でもいつからか離れてしまって。。。
もう何年も読んでないです。
久しぶりに読みたくなりました^^
Commented by rakurakurakuko at 2018-01-21 23:47
越後屋さん、やはり越後屋さんも骨董市で重箱買われたの?
近くに郵便局あったから私も送ればよかったなー。
そしたらもっといろいろ買えたのに。(笑)
これね、見れば見るほど状態がよかったのですよー。
買ったときには直そうって思っていたけど、蓋だけだったらこのままでもいいかって思ったり。
もしかしたらまた金継ぎと今度は漆芸も含めて習えるところに通おうかな~と思っているので、そしたら越後屋さんの塗りなおせるかも~。
Commented by rakurakurakuko at 2018-01-21 23:48
hamasumiさん、やはりよしもとばなな、いろいろ読まれていましたかー。
私ももちろん「キッチン」から始まり、初期のものはほぼ読んでいます。
最近のよしもとさんもすごくいいですよー。
是非是非読んでみてください♪
Commented by 本が好き!運営担当 at 2018-01-31 21:26 x
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、問合せフォームよりご報告ください。

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
by rakurakurakuko | 2018-01-18 20:00 | 楽子の本棚 | Comments(5)