久しぶりにトリッパの煮込みを作りました

f0043911_13274564.jpg
以前の記事を遡ると、もう何年も前、未処理の真っ黒なトリッパを買ってきて、果敢にも戦った私がそこにいるんですが…。
先日、そんなトリッパの煮込みを久しぶりに作りました。

f0043911_13273629.jpg
そんな…と言っても、今回は綺麗にお掃除して漂白してある冷凍のトリッパ使用です。
もうあれ以来、あの未処理トリッパには戻れません…105.png

会社帰りに買ってきて、その日は夫は飲み会でいないと言うし、私は昨日の残りでいっぱいやればいいかーと、早速トリッパの仕込みに取り掛かりました。

本当は解凍してから茹でこぼすのが良いのでしょうけれど、時間もないので凍ったままのトリッパを大鍋に突っ込んでぐらぐら煮て茹でこぼし。
一回目は何も入れず10分ほど。
取り出して水で洗って、二度目はニンニクを加えてまた10分ほど煮て湯でこぼし。

f0043911_13284103.jpg
更に水で洗うと、匂いも取れて、こんなに綺麗なトリッパになりました。
ピカピカ♪♪

f0043911_13272786.jpg
ニンニクとオリーブオイルを温めて香りを出したところに、このトリッパ、そして大量のタマネギ、人参、セロリ、そしてちょうど買い置きのあったカーボロネロがあったのでそれも加えて炒めました。
トリッパ煮込みにはあんまり葉物は加えないだろうけど、まっいいやー104.png
炒めたところで赤ワインをどぼどぼと入れて、しばらく煮詰まるくらいまで温めます。
以前イタリアンのシェフから聞いた方法。
アルコールを飛ばすくらいではなく、ここでじっくりワインで煮ておくと臭みも無く美味しく出来るよと。

その後、トマト缶と白いんげん豆(すでに茹で済みでパックに入ったもの←豆から煮る余力は無かった)を加えて、圧力強で30分ほど煮込めばトリッパもとろとろ。
翌日、温めなおして塩胡椒、スパイスでお味を決めて出来上がり。
煮込みは鍋任せなので意外と気が楽。

さて、この出来上がったトリッパの煮込みを持って、タイ料理教室のクリスマス会に行ってきました。

f0043911_13275376.jpg
橋本先生宅においしいもの好きのメンバーが総勢12名。
テーブルの上がお料理でいっぱい!!

f0043911_13280953.jpg
そんな中に、トリッパ煮込みも参戦させていただきました。
えーーーい!
鍋ドン!!(せめて取っ手は取ればよかった…103.png)

f0043911_13281600.jpg
定番の巻き柿とゴルゴンゾーラも持って行きました。

f0043911_13280103.jpg
もうパンやら料理やらワインやら。
美味しいのなんのって!
楽しいのなんのって!

久しぶりに作ったのでちょいと自信が無かったトリッパ煮込みも美味しいと言っていただき、一安心。

f0043911_13282700.jpg
楽しいひと時だったなー。
他の方、特にお料理やおいしいものが好きな方の作ったものをいただくって言うのは、楽しいし、また料理熱が上がるなー。
ホントにどれもこれも美味しかったです。
でもだからって、ちょっと長居しすぎて橋本先生には申し訳なかった…。

来年は気をつけたいと思います。


こちらのブログ村に参加しています。
トリッパの煮込み食べたーい!って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ




Commented by tuguki1964 at 2018-12-27 15:05
先日、我が愛しのアラビックスーパーにてハチの巣状の牛さんの胃袋を発見!
これって...トリッパ! ですよね!
とりあえず、見た目は白くきれいになってるんで、下処理は住んでるってことなのかな?
近々買ってきて、クンクンしつつ、料理してみようと思ってます。
Commented by rakurakurakuko at 2018-12-28 14:07
tuguさん、それです、トリッパ!
見た目が白いということであれば、もう処理済(食品用漂白剤と言うのがあるそうです)。
2回ほど茹でこぼしすれば十分なので、そんなに手間でもなく美味しくできます♪♪
by rakurakurakuko | 2018-12-26 20:00 | お肉のお料理アイディア | Comments(2)