人気ブログランキング |

ワクワクしちゃう♡春の山菜、春の野菜

ぐっと暖かくなって桜が咲いたかと思うと、ここのところまた冬のような気温になってしまっている東京地方ですが、店頭に並んでいる野菜はもう春一色♪
春夏秋冬それぞれに並ぶ野菜は変わるけど、これだけいっせいにガラッと変わるのはこの時期だけじゃないかな~。
「私を見て見て~♪」と並ぶ野菜を前にすると、特にこの短い時期限定のものが多かったりするので、ついつい買いすぎてしまう私です…。(^^ゞ

f0043911_2483283.jpg
こちらは山菜の「うるい」。
何が好きって見た目が好き~~~♡(笑)
すくっと気持ちがいいくらいにまっすぐ伸びてる真っ白い茎と、うっすらストライプが入っている柔らかそうなうす緑の葉っぱ。
私が知ってる山菜の中ではダントツにキレイだと思っているので、買ってくるとまずはしばらく眺めてから料理します。(爆)
山菜と言うとあくが強いイメージだけど、このうるいはあく抜きなんて必要ないしさっとお湯をかけるだけで食べられちゃうんです。

f0043911_2485564.jpg
そんなうるいで作った「うるいと金柑のサラダ」
ザク切りにしたうるいをざるにのせ、上からざっと熱湯をかけてから冷水にとり、水気を軽く絞ってから輪切りの金柑と合わせて器に盛り、塩コショウとオリーブオイル、そしてレモン汁を好きなだけかけて混ぜ合わせるだけのシンプルサラダ。
ほんのり感じるぬめりもこれまた好み♡
春には必ず食べたい野菜のひとつです。

f0043911_2491226.jpg
こちらは「菜の花」。
花を食べるって最高に春らしい気分になりますよね~。(*^_^*)
これもやっぱり見た目が好き♡
この写真のものだと食べる菜の花としてはちょっと開きすぎくらいだと思うけど、ちょっと黄色く色づいている花を感じるのが好きだから、私的にはベストなのです!
菜の花って窮屈そうに紙に巻かれて売ってるでしょ。
買ってきたら茎の下の部分を少し切り落としてから水にさしておくと、あっという間にいきいきシャキーーーンとしてくるので、それからお料理に使うと良いですよ。

f0043911_2492954.jpg
そんな菜の花を使った「あさりとベーコンと菜の花の白ワイン蒸し」
ただのあさりの酒蒸しだとそのあさりのおいしさいっぱいの蒸し汁が最後にいっぱい残っちゃってもったいないのと、イマイチお腹にたまらない感があるけど(笑)、これだと菜の花があさりの旨味をいっぱい吸ってくれるし食べた~!って言う満足度もアップしますよ♪

フライパンにみじん切りにしたニンニクとタマネギ、たっぷりのオリーブオイルを入れて炒め、香りが出てきたら食べやすい大きさに切ったベーコンと湯通ししておいた菜の花を入れてさっと炒めて取り出しておきます。
フライパンに残っているオイルで砂抜きしたあさりをさっと炒めてから白ワインを入れて蓋をして蒸し煮し、あさりの口が開いたら取り出しておいた菜の花などをフライパンに戻し、粒マスタードを少し入れて混ぜ合わせ、塩を加えて味を整えたら出来上がり~♪
ちょっとほろ苦い菜の花とあさりの旨味、そして燻製のベーコンやニンニクの香りでお酒が進んでしまうこと間違いなし!(爆)

f0043911_2494913.jpg
そして、先月、タイ料理教室ではじめて調理してはまってしまった「うど」。
これまた食べず嫌いで、もっとアクの強い蕗みたいな山菜なのかと思っていたのだけれど、クセがほとんどなくシャキシャキしてておいしいんですよね~。
結構大きなうどだったので、一体どこから写真を撮っていいのやらわからなくなっちゃって、なんだか先っちょのひょろひょろ~っとした芽の部分だけ撮っちゃいました…。(^^ゞ

f0043911_2501294.jpg
生のうどのおいしさが忘れられず、「うどとラディッシュのサラダ」にしてみました。
うどは食べやすい長さに切ってから少し厚めに包丁で皮を剥いてから千切りにし、千切りにしたそばから酢水に放ってアク抜き(色止め)をします。
これをしないと色が汚くなっちゃうのよ~。
酢水につけたうどを一度水で洗って水を切り、薄切りにしたラディッシュと合わせ、マヨネーズとレモン汁、塩、胡椒、粒マスタードを混ぜ合わせて作ったドレッシングで和えれば出来上がり。
あ~生うどのシャキシャキ感がなんとも言えないわ~。

f0043911_2503685.jpg
そして、同じ生うどを今度はこれまた今の時期のお楽しみめかぶと和えてみました。
めかぶのネバネバがね~、私は大好きなんですよ。
生のめかぶの処理の仕方は去年のこちらの記事を見てください♪
おダシとみりん、少々の塩と醤油を混ぜて作ったタレでめかぶとうどを和えて、最後に花かつおをのせて食べれば、あ~日本人でよかった~~~と必ずや思うはず!(笑)
ネバネバとシャキシャキの対比もこれまた絶妙~♪
しみじみおいしい、これまたお酒が進むおつまみです。

f0043911_2505157.jpg
そして、副産物好きの私としては、うどの皮とめかぶの茎を捨てるわけにはいかないわ~(爆)と言うわけで、「うどの皮とめかぶの茎の金平」。
うどの皮もすぐに使わないときは酢水につけてアク抜きしておくと良いですよ~。
その皮を千切りにして、めかぶの茎は一度茹でて少し柔らかくしてから同じく千切りにし、胡麻油で鷹のつめと一緒に炒めてダシをちょっと入れて、お砂糖、お酒、塩、醤油で味つけて、器に盛り付けてから胡麻をたっぷり振っていただきます。
私は辛いもの好きなので、胡麻油と自家製ハバネロオイルを半々で炒めました~♪

f0043911_251564.jpg
こちらは「うどといんげんとパンチェッタのオリーブオイル炒め」
うどは今回は薄切りに。(もちろんアク抜きもしますよ~)
インゲンも食べやすい長さに切って、パンチェッタは自家製のものを少し厚めにスライスし、細切りにします。
フライパンにオリーブオイルとみじん切りのニンニクを入れて香りが出るまで弱火で炒め、火を強めそこにパンチェッタを入れて炒め、火が通ったところでインゲン、うどを入れて更に炒めて胡椒をガリガリ。
パンチェッタに塩分が多いので塩はほとんど必要なし!
お皿に盛りつけたらピーラで薄切りにしたパルミジャーノ・レッジャーノなどのハード系チーズをトッピングしていただきます♪
今回のチーズは先日アヤナーさんから頂いたNYからはるばる海を越えてやってきたチーズです。(アヤナーさん、ごちそう様です~)
このシャキシャキ感は、和風だけじゃなくイタリアンにも合いますね。

f0043911_2512464.jpg
こちらは「タラの芽」。
何とFujikaさんが「採集生活」というブログのタイトル通り、採集してきたものを送ってくださったのです。
さすがにタラの芽はここいらのフツーのスーパーじゃ売ってない!
ホントに嬉しい贈り物です。
ちくちく棘があるから採るの大変だったんじゃないかな~。
ありがとうございます!!!
(他にもいっぱい送ってくださったのですが、それは後ほどゆっくりと♪)

f0043911_2514386.jpg
柔らかくなるまで湯がいて水にさらしアク抜きしてから絞り、細かく切ってお醤油たらしてご飯にのっけて食べるといいですよ~と教えていただいたので、やってみました!
柔らかくなるまで湯がくというのがどのくらいまでやればいいんだろう…と思いつつ、棘があるから結構長めに茹でてしまったのですが、もしかしたらちょっと茹ですぎだったかも…。(汗)
柔らかくてほろ苦い香りがして(ふきのとうに似てました~♪)とてもおいしかったのだけれど、茹ですぎちゃったので葉っぱがバラバラになっちゃってちょっとロスが出てしまったような気がします。
もちろんできるだけかき集めて刻んだものと一緒に混ぜたけど、もう少し茹で時間少なめでも意外と棘は気にならないのかもしれません!
ほかほかの炊きたてご飯にのせると正に春の香り~♪
何杯でも食べられそうで危険な食べ物だわ~~~。(^^ゞ

f0043911_252177.jpg
そしてこちらは春限定ってわけではないけど、最近あまり見かけない、驚くほど根元のピンクが濃くてきれいだったほうれん草。
丸くして並べると、まるでお花が咲いてるみたいでしょ♡
この根元の部分って土の香りがして味も濃くておいしいんだよね~。
夫が言うには鉄分も豊富なんだとか。
ほうれん草の根っこと言えば、去年salahiさんのレシピでほうれん草の根っこサラダを作ったな~と思い出し、今回は単独ではないけれど根っこ部分を活かした温サラダにすることにしました。

f0043911_252217.jpg
ほうれん草は大き目のざく切りにして、一度さっと下茹でして水にさらしてから絞っておきます。
鍋に少なめにお湯を沸かし塩と胡椒、オリーブオイル少々を入れ、適当な大きさに切ったスナップエンドウとほうれん草の根っこ部分を入れ、茹だったところで残りのほうれん草も入れて一煮たちしたところでざるにあげます。
ざっと水を切ったらお皿にあけ、再度塩胡椒をしてオリーブオイル、レモン汁をたっぷりかけて混ぜ合わせれば出来上がり~♪
ねっ♪根っこの部分が緑の中の花って感じで春らしいと思いませんか~?
ものすごーくたっぷり作ってしまったのですが、サッパリしているのでモリモリ食べられます。

あ~やっぱり春はいいわね~。
ちょっと寒い毎日が続いてますが、まずは野菜で春を感じてみませんか~~~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
あ~私も春野菜を買いに行きたくなってきた~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
Commented by salahi at 2007-04-06 03:39 x
こちらもまだ天気が不安定なんだけど、市場はすっかり春です。
春の野菜や山菜って、あの香りがたまりませんよね。やっぱり日本のが食べたいな~。タラの芽は天ぷらぐらいしか食べたことないような気がします。茹でてお醤油で食べるの、すごく美味しそうですね!
Commented by Laurus-nobilis at 2007-04-06 09:18
タラの芽って、こんな葉っぱになるの~?へぇ~♪
うどは美味しいですよね♪こんな風に色々料理できちゃうとは知らなかったわ。今度店で見かけたらGETしようっと。
山菜って旬が早く終わっちゃうから、追いつけ追い越せで片端から食べないと間にあわなくなっちゃいますね~。
Commented by ポプラ at 2007-04-07 00:09 x
春の野菜や山菜・・・どれも美味しそう!
でも実はタラの芽もうるいもたべたことないんですけど^^;
うどはすご~~く好きです(恨みがましいでしょ?)。こちらでは見かけませんが。
菜の花は畑に咲いているけど、オイル用らしく、店には出ていません。畑のはとったら泥棒になっちゃうし(爆)
こちらもずいぶんと春らしくなりました。嬉しくなって、私もこちらの春野菜、がんがん食べています(笑)
Commented by ポメマル at 2007-04-07 01:47 x
今日うるいを買ってきたんですよ。ずっと前のうるいの出始めの頃に珍しいものと思って買って以来です。たしかに姿がきれいですね。

タラの芽私もたくさん頂いてしまいました。
あんなに棘がたくさんあるものを採ってきてくださるんですからしっかり味わっていただかないと。茹でると棘が気にならなくなるのも面白いですね。若い葉っぱもちゃんと食べられるんですね。
ウドはいかにも春の味ですね。私すきなんですが、誰も喜ばないの。
長い東京うどを買いたいんだけど食べきれないわ。
Commented by アヤナー at 2007-04-07 03:57 x
いつもこちらでうるいを拝見して,いつも食べたいなーと思っているのですが、いまだにその思いがかないません。
お野菜にパルメージャーノレジャーの美味しいですよね。私も大好きです。ウドとインゲンにかけちゃうなんて、斬新です。残念ながらこちらでウドは手に入りません。私もウド大好きです。うううう食べたい。
又きまーす。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:24
salahiさん、そちらも天候イマイチですか~?
そうそう、春の野菜はなんと言っても「香り」が勝負って感じですよね。
ちょっと青臭いようなほろ苦いような香りがなんとも言えず、これぞ大人の味?と思いながら食べてます。(笑)
近くに市場やマーケットがあったらもう大変なことになりそうです…。
スーパーでさえ買いすぎてますから…。(^^ゞ

タラの芽、もう香りがぶわぁ~~~っときて、熱々ご飯との相性ぴったりです。
昨日スーパーで天ぷらに良さそうなタラの芽を見かけました!
この春は天ぷらも試してみたいです!!!
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:28
カイエさん、そうなのよ、タラの芽ってこんな葉っぱなんですよ~。
売っているものだともっとゴロゴロっとした茎(?)の部分にちょこっと若芽のような葉っぱのようなものが付いているだけなのでよくわからないですよね。

うどは恥ずかしながら今年初めて食べたけど、これ好きだわ~。
初めてなので「こうやって食べるのが定番!」というのをほとんど知らず、なのでいろいろ試していますが、不思議とはずれがなくどんな風にでもおいしく食べられる便利な食材だわ~。
終わりの頃になったら瓶詰めにして保存食にしようかななどとも思っています。
食べたいものがいっぱいで困るわ~。(^^ゞ
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:31
ポプラさん、私もうるいもつい数年前に知ったものだし(その頃から自然食ブームだとかで再注目されてきた食材らしいです)、タラの芽にいたっては今年初料理ですよ~。
何しろ私料理しなかったし、山菜なんて処理が面倒くさそうでもってのほか!って思ってたから…。(汗)
でもホントに春の香りでおいしいんですよね~。
うどはどこかのサイトに栽培が簡単って書いてあったので、そちらでも出回るといいのにね~。
あっでもこういう日本の山菜っぽい香りってヨーロッパの方には好まれないものなのかな。

私はポプラさんのブログで見る可愛い新鮮なお野菜に釘付けです~!
がんがん食べてどうぞがんがん紹介してくださいませ♡(爆)

Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:35
ポメさんもうるいを買ってこられたのですか?
私も数年前に始めて見たときは、「何これ?」と思いました。
でもあまりに姿がきれいなので素通りできず、食べたらクセもなくヌメリがほんのりあるあたりも気に入ってしまったのです。

タラの芽、ホントにあんなに棘棘しいのに採ってきてくださったなんて感激しちゃいますよね。
私なんてあれを洗ったりするだけでもちょっと痛かったりしたのに!
ポメさんの手にかかるとまたものすごーくおいしいものに変身しそうで、私もとても楽しみにしています。

うどは、厚めに皮を剥いちゃうと意外と残り少なくなりますよね。
オリーブオイルで炒めたやつは結構大きな東京うど1本まるまる使っちゃいました!
昨日はその皮の金平でしたが、これまた香りがよくて~。
私は喜んで食べているけど、そういえばうちの夫は意外と感激してないような気がします…。(笑)
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-07 12:41
アヤナーさん、うるいって最近注目されてきた食材らしいので(昔からあったものではあるようですが山菜なんて一時期注目されてなかった感がありますものね)、まだ珍しいものなのかもしれません。
でも何でも手に入るNYですから、意外と手に入るのかもしれませんよね。
スイスに住むOmikanさんはスイスのホームセンターの苗売り場でうるいの苗を見つけて庭に植えたらボーボー育ってると前におっしゃってました。

なんとなく私はあまり料理の基本を知らないので、あまりやらない組み合わせとも知らずいろいろ作ってみたりしてしまいます…。(汗)
でもうるいをイタリアン風に炒めてチーズと言うのはヒットでしたよ。(*^_^*)
おいしいチーズがあってこそです。
本当にありがとうございます。
後でブログにお伺いしますが、頂いたチーズが包んであった真空にするラップみたいなものが気になっています。
あれは売っているものなんですか。
それともお店で包んでくれたのかな~。
食材長持ちしそうでいいですよね!
Commented by さんまるいち(けいこ) at 2007-04-07 16:50 x
ウーン春づくし美味しそう!
私も春の野菜で何か作ろうかな?
Commented by ぴかまま at 2007-04-07 17:29 x
マヌケな私は、昨日ここにコメントを書いている最中に画面を閉じてしまって脱力、書き直しをする気力を失いました(>_<)
「く」では、楽子さんっていうと「パンチェッタ」と「うるい」がトレードマークでしたよね!またうるいの季節が巡ってきたんですね。スイスにあるんだからドイツにもあってもおかしくないだろうと思うんですが・・・学名調べてみなくっちゃ。といっても自分では育てる場所もつもりもないんだけど(^_^;)。
Commented by さぁな at 2007-04-07 20:27 x
すご~い!山菜祭りですね!
うるいって食べたことないんですが、見た目すごくいいですね!飾れそうですもん。
そして菜の花、シャキーンとするんですね!いいこと聞きました~♪うちのバイと先でも、ボンゴレビアンコに最近は菜の花入れています。
いまからでもさぁなも山菜料理してみようかなって思いました~。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-08 17:16
けいこさん、春野菜心引かれますよね~。
まだまだ高いからどうしようかな~と思っていたのですが、昨日は筍買って来ちゃいました!
今だけしか食べられないからって言うのに弱いんですよ、私…。(^^ゞ
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-08 17:21
ぴかままさん、脱力、わかるわ~~~。
私なんて記事アップしようとしてて、なぜか間違って閉じちゃうことが多々あり、もうホントにそのまま寝るしかないって感じ!(笑)
そうそう、「苦」の時にはじめてうるいってものを知ったのです。
それで感動しちゃって日記に載せたんだったわ~。
確かその同じときにぴかままは生絞り法の豆腐について書いてたんだよね。

やっぱりこういう山菜を自分で育てるとしたら広い庭が必要だよね…。
ベビーリーフに花が咲いていい気になってたら、見る見る間にアブラムシの餌食になってもう見るのも触るのもいやーーーーってなってたのよ。
そのままにしてても誰もどーにもしてくれないので(当然?)、今日重い腰をあげて処分しました…。
やっぱりベランダのプランター栽培というのは風通し良くないからか、アブラムシのものすごい被害には閉口してしまいます…。(-_-;)
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-08 17:24
さぁなさん、うるいって飾れるよね~。
葉っぱ版カラーみたいな感じで「すくっ」としているところがなんとも言えず好きだわ~♡
ボンゴレビアンコに菜の花っていいね~。
ほんと、今の時期だけの贅沢パスタ♪
まだまだしばらくは山菜にはまっていたい私です。(*^_^*)

Commented by Fujika at 2007-04-09 09:48 x
あーん。コメント出遅れてしまいました~。TB、ありがとうございました!
タラの芽、赤っぽい葉っぱがゆでると鮮やかな緑になるのが面白いですよね。
うるいって確か綺麗な花が咲くギボウシの若芽のことですよね。どこかの花壇で見たような・・・。これは摘むわけにはいかないわ・・・。
山ウドの葉っぱは強いかおりで天ぷらにぴったりですよね。おみそ汁にもあうみたいです。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-10 01:18
Fujikaさん、タラの芽はじめ、珍しいものをいろいろ送ってくださりありがとうございました!!
タラの芽も、こんな風におひたしにして食べられるものは絶対に売ってないでしょ。
頂かなかったらこの香りを楽しむことはできませんでした。
ありがとうございました。"^_^"

そうです、うるいはギボウシのことです。
ギボウシは観賞用のものもあるそうですが、それも食べても大丈夫みたいですよ。
山うど、お味噌汁に入れても良いとは気がつきませんでした!
うどはまだもうしばらく出回っていそうなので、是非お味噌汁にうど、試してみたいと思います♪
Commented by ポメマル at 2007-04-16 15:16 x
うるいってギボウシだったのですね。昨日どなたかのブログにおじゃましてギボウシだということを知りました。うちにもあるので早速ギボウシ食べてみたのよ。少しヌメリが無いかな。
うるいとタラの芽にTBしていきます。
Commented by rakurakurakuko at 2007-04-17 01:22
ポメさん、知ってたのかと思った~~~。
そうなのよ、うるいってギボウシなんです。
ってエラソーに言ってる私だけれど、私はギボウシって植物を知らず、うるいを食べてからギボウシっていう植物があることを知ったの。
観賞用のものでも食べられるようですものね。
私もブログにうかがいまーす!
TBありがとうございます♪
Commented by ぴかまま at 2009-02-11 01:20 x
古い記事にごめんね、うるいを見つけたんで、キンカン和えならぬ柑橘和え、作ってみました♪
トラバ貼りました〜。
Commented by rakurakurakuko at 2009-02-11 14:06
おおっぴかまま、こんなに古い記事をたどってくれただけでも感謝だよ~。(笑)
もううるい見つけたの?
早いね~。
あのすくっとした姿を見かけると私も買わずにはいられなくなるのだけれど、今年はまだ見てないなぁ。
早速ブログに伺います!!
tbありがとね~。
by rakurakurakuko | 2007-04-06 02:58 | 野菜のお料理アイディア | Comments(22)