人気ブログランキング |

簡単便利な塩豚活用法♪

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0251653.jpg
前回のローストチキンに続き、今回もまた肉の話題です♪
今回の主役のお肉はちゃん♡
とっても簡単にできておいしくて、保存も出来ておまけまでついてくるという、これまたコスパが大変よろしい塩豚です。
冷蔵庫で勝手にお寝んねしていただくだけで旨味のあるおいしい肉に早変わりし、あれこれと使いまわすことが出来るんですよ~。(*^_^*)

まずは豚のバラ肉か肩ロース辺りの塊肉を買ってきます。
うちは脂が気になるお年頃なのでいつも肩ロース。
500g~700gくらいの間のお肉が2人家族で食べるにはちょうどよいかなぁ。

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0255078.jpgお肉を買ってきたらキッチンペーパーでさっと表面の脂などを吸い取って、フォークでブスブスと刺して穴を開け、そこに500g当たり小さじ1の割合で塩を表面に塗りたくります。
こんなに少ない塩の量でいいの?と思っちゃうかもしれませんが、これでいいんです!!
塩ってこんなに少ない量でもしっかりと良い仕事してくれるんですよ~。
このフォークでブスブスと塩をまぶすのは大きく広げたラップの上でやると、その後そのまま包めるので便利だし洗い物も出ずにバッチグー(古いです…汗)です!


簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0264196.jpgしっかりと塩をまぶしたら下に敷いたラップで出来るだけ空気が入らないようにピッチリと包みます。


簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_027521.jpgラップで包んだ肉を念のためジップロックに入れてそのまま冷蔵庫へ。
最低3日、長くて5日程度入れておくだけで普通の生肉が塩豚に変身♪
冒頭の写真は冷蔵庫でお眠りいただいた後の肉なんですが、肉が赤っぽく熟成しているのがわかるでしょうか。
うふふ、これがおいしいんですよ~。


さてこんな具合に準備に5分もあれば出来てしまった塩豚。
これを使っていろいろお料理しちゃいましょう♪
今回は3日目に食べたい分量だけスライスして、残りはそのままラップに包み再び冷蔵庫へ。

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0274046.jpg
そのスライスした塩豚を使った「焼き塩豚のネギソース」
薄くスライスした塩豚を薄くオイルをひいたフライパンにのせて、弱火~中火でじっくりと火を通し表面が少しカリカリとするくらいまで焼きます。
その焼いた肉をお皿にとって、肉を焼いたフライパンに細切りのネギをたっぷりと入れて炒め、塩胡椒を少々してからお皿にのせた塩豚の上にかければ出来上がり♪
焼いた塩豚がとっても甘くておいしいんですよ~。
ネギを炒めるときに入れるお塩も味を見ながらほんの少しで大丈夫!
とってもシンプルなのになかなか深いお味です。

そして残りの塩豚。
これは茹でることにしましょう♪
鍋に塩豚とネギの青い部分、そしてお好みで生姜やニンニクを入れて、肉がかぶるくらいの水を入れ、途中でアクを取りながら蓋をして肉が柔らかくなるまで(普通の鍋で大体45分くらい)茹でます。
圧力鍋を使った場合は10~15分程度で出来てしまうので、時間のないときにはそれでもOK。
お肉はそのまま茹で汁の中に入れて冷まします。

でもその日のうちに塩豚をちょっぴり楽しみたい私♪
一度茹で汁から肉を取り出し少量だけ切り分けて、残りの肉は保存容器に茹で汁と共に入れて粗熱を取ってから冷蔵庫へしまいます。
その少量切り分けた肉と、鍋に残っている茹で汁を使ってまずはスープを楽しみます。

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_029039.jpg
こちらが塩豚の根菜スープ
これまたとってもシンプルな作り方。
鍋に残った茹で汁に一口大に切った茹で塩豚と大根、人参、タマネギなどの根菜を入れて根菜が柔らかくなるまで煮て、最後に味をみて足りなければ塩少々で味を整えれば出来上がり。
スープは塩豚から出る旨味と塩気のみなのにまったりとしておいしいのよ~~~。
豚の脂って甘いんだな~ってこれを作ると実感します。
今回のこのスープはかなり薄味に味を整えて、器に盛ってから伊予柑酵母を大さじ1くらいずつ入れていますが(酵母って何?って方はこちらのブログをどうぞ♪)、この伊予柑の香りとスープとの取り合わせに感動!
自家製酵母を育てている方、伊予柑酵母お薦めです!!

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_032737.jpgそして茹で汁と共に冷蔵庫で保存した茹で塩豚。
翌日出して見るとこの通り表面は真っ白!
ラードが一面に張っています。
肩ロースでさえこんなに脂が出るんだ~と一瞬ひるみますが、そして「憎き脂め!」と思ってしまうかもしれませんが、このときばかりは素敵なラードちゃん♪と思う私。(笑)


簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0324539.jpg箸で持ち上げてみると結構な厚みで、すーっとラードだけキレイに取り除けるのです。
そしてこの真っ白なラードをラップに包んで冷凍庫へ。
そう、捨てないんですよ~。(ケチですね~・笑)
だってね、ラードって買うほど使いはしないけど、ちょっとだけ使いたいときってあるでしょ。
豚汁を作るときに最後にちょこっと加えたり、コクのある煮物を作りたい時にちょっぴり加えたりしたら、お味がぐんと違ってきます。
そして脂を取り除いた茹で汁もジップロックに入れて冷凍。
コレでいつでもおいしいスープが簡単に作れちゃうもんね♪

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0414265.jpg
で、茹で汁の中で冷たくなった塩豚を薄くスライスしてお皿に盛りつけた「塩豚の冷製」
コレがですね~、チャーシューのさっぱり版のような感じでこれまた旨い!
粒マスタードをつけながら食べると、ついついお酒が進んでしまう良いおつまみ。
お手軽なので粒マスタードにしちゃいましたが、味噌ベースやチリソースなどを使ったエスニック風のソースを作ってつけてもおいしいです!

ねっここまでで塩豚ひとつで3日楽しめるでしょ♪
大きなお肉で仕込んだのでまだ茹で塩豚が余ってるわ~って時には、茹でた状態で2,3日は冷蔵庫で保存可ですが、スライスしたものを冷凍することもできますよ~。

簡単便利な塩豚活用法♪_f0043911_0345296.jpg
その冷凍塩豚で「塩豚炒飯」。(うちの夫が作りました~♪)
うちでは炒飯は休みの日のランチの定番!
塩豚の旨味でいつもの炒飯がランクアップ!

冷蔵庫で数日寝かせるという時間はかかるけど、ただ放っておくだけでこんなにおいしくなるなんて、豚肉と塩は偉いなぁ。
ホントに手間もかからずおいしいので、よろしければお試しを~♪
そして塩豚ファンのみなさまのアレンジ、教えてください!!


こちらのブログ村に参加しています。
塩小さじ1でそんなにおいしくなっちゃうなんてこれはいいかも♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-03-12 00:43 | お肉のお料理アイディア