白瓜の雷干し

f0043911_1162929.jpg
一度やってみたかったんですよね~。
白瓜の雷干し
この雷干しと言う名前の由来は、螺旋状に長く干した形が稲妻に似ているからとも、噛んだときにバリバリと雷のような音がするからとも、雷の多い季節に作るからとも言われているんだそうです。
何でも池波正太郎さんもこの雷干しが大好きだったとか。
私が雷干しを知ったのは池波正太郎さんの本ではなく、毎度お世話になっているmekabuさんのブログですが、やっと瓜をゲットしたのでチャレンジできました♪

f0043911_1164961.jpg
使った瓜はこちら。
産直で買ったので名前がついてなくて種類がイマイチよくわからないのだけれど、白瓜の中でもこれはメープルままさんの所でもみたかりもり」ではないかしら。
愛知県産ではなかったけど、何となく縞模様が似ているような。

雷干しと言うのはこの瓜の種の部分をくり貫いてかららせん状に切っていくんですが、種をくり貫くのは瓜を1/3くらいに切って、スプーンなどで掻き出していくみたい。
うふふ、ところが私にはすごーく便利な、雷干しにはもってこいのお道具があるんですよね~。(*^_^*)

f0043911_1175671.jpgそれがこちら。
本来はズッキーニの真ん中をくり貫くための道具。
ギリシャのsalahiさんから頂きました♪
さすがズッキーニを沢山召し上がる地域だけにこういうお道具も売っているんだなぁと思ってましたが、ザ・ニッポン!と言った風情の瓜にも利用できます!


f0043911_11850100.jpgねっ♪
こんなにキレイにくり貫くことが出来ました~♪


f0043911_119995.jpgそして種の部分をくり貫けたら、今度はこの瓜を螺旋状に切っていくのです。
瓜を手に持って瓜を回しながら切っていく方や、まな板にのせて中に菜箸を入れて回しながら切る方もいるみたいですが、私はまな板の上に瓜をのせて瓜を回しながら切っていくやり方がやりやすかった!
きゅうりだと菜箸が役に立つかもしれないけど、瓜だと穴が大きすぎて全く菜箸を入れる意味がありませんでした~。(笑)


f0043911_1193117.jpgうむむ、どのくらいの厚さに切ったら良いのかいまいちよくわからず、ちょっと厚さにムラがあります…。(汗)
でも長々と途中で切れちゃうことなく剥けたときにはなんだか嬉しい♡
途中で切れてもすごく短くなければ別に問題はありませんけどね。


f0043911_1194514.jpgこの螺旋状に切った瓜をカップ3の水に大さじ1の割合の塩と昆布を入れたボールに漬けて、瓜がしんなりするまで置きます。
1時間程度でしんなりしてきましたよ~。


そしてそのしんなりとした瓜の水気を少々切り、棒などに吊るすようにして干せば、それが雷干し!
冒頭の写真が私の初めての雷干しの風景です~♪
干してみてわかったのだけれど、螺旋状に切る暑さは5㎜くらいはあったほうがいいみたい!
薄めに切ったところは干したそばから軒並みちぎれて下に落ちました!(爆)

干す時間は天気などにもよると思うのですが、大体3時間から半日程度で、そんなにカリッカリになる前のちょっと端っこのほうが皺っとした位で引き上げるみたい。
実はこの日、干し始めたときは写真のように曇りの天気だったのだけれど、1時間くらいしたら雨が降ってきてしまったんですよ~。(泣)
なんだかあんまり乾きそうにもないので中に入れてキッチンのところに干しておいたのだけれど、なんとその後突然ゴロゴロゴローーーーン!!と言う凄い音と共に雷と稲妻がやってきたのです~!
昼寝してた夫も何事かとびっくりして起きました。(笑)
やっぱり雷干しだけに雷を呼んじゃったのかしらね~。
ほんとにびっくり!!

家の中だと乾きもイマイチだったので、その日のうちに食べる分だけ少々引き上げ、後は夜寝る前まで延々干しておき、干しあがったものはタッパーに入れて冷蔵庫で保存しました。

こんな風に切る、干す工程がとっても楽しかった瓜の雷干しを使った和え物を3種。
新しい食材だといろいろ試したくなる性分です…。^_^;

f0043911_120427.jpg
瓜の雷干しの胡麻和え
おおっパリパリッとした瓜の食感がおいしい~♪
和えてからしばらく冷蔵庫で寝かせておいたんですが、干してあるから水分も出ずべちゃべちゃにならないのも良いです!
胡麻和えは、さっぱりと頂きたかったので、すりゴマとお砂糖と、醤油の代りにポン酢を使って作りました。
瓜の爽やかさに良い具合にマッチングぅ~♪

f0043911_1212244.jpg
お次は瓜の雷干しの梅ジャムネーズ和え
オバQの梅ジャムネーズもとーってもおいしかったので、これは瓜でもおいしかろう♪と試した次第。
うふふ、勿論とってもおいしかったですよ~。
オバQの時にはきゅうりから出た水分で梅ジャムネーズが薄まって瑞々しいメロンのような感じだったけど、雷干しだとそんなに水分が出ないのでより梅ジャムネーズのお味も楽しめます。
来年は絶対にオバQも雷干しにしちゃうんだ~♪

f0043911_123179.jpg
そして瓜の雷干しと茗荷のポン酢和え
瓜のコリコリと茗荷の香りがおいしい~♪
こりゃー酒の肴に最高だよ!!

f0043911_1234064.jpg瓜とあわせたのは生の茗荷を縦半分に切って更に斜め薄切りにしたものですが、上にのせてあるのは茗荷のピクルス。
水:酢を1:1で鍋に入れ、お好きな量の砂糖を入れて、砂糖が溶けるまで温めて、その熱いピクルス液を瓶に入れた生のままの茗荷に注ぐだけ!
あっという間に液も茗荷もピンク色に染まり可愛いのなんのって、おいしいのなんのって~~~。
サラダに混ぜてもさっぱりとしておいしいんですよ~。
夏~秋にかけて既に3瓶作って、大活躍しています。


f0043911_124255.jpg茗荷は夏の野菜のイメージだけど、秋に入っても東北のほうで作られた茗荷が大袋でお安く売ってますよね。
上記のようなピクルスにするのも良いけど、生のまま保存するって時には袋のままよりは、タッパーにキッチンペーパーを敷いてちょっとだけ湿らせて、そこに茗荷を入れておくとかなり長持ちします♪


と話は茗荷に脱線してしまいましたが、瓜の雷干し、作っても楽し♪食べてもおいし♪でお薦めでーす!


こちらのブログ村に参加しています。
雷干し、螺旋状に切るのが楽しそう~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
Commented by vruocculu at 2008-09-28 09:50
おおぉぉ!!!(驚
そのクネクネが雷なのですね。。。。
でも、なんかたのしそー♪
ポチっとな。
Commented by 風見鶏 at 2008-09-28 10:15 x
楽子さんこんにちわー。
冒頭の干されている写真、稲妻のようです。
なるほど、雷ですねぇ。
雷干しって初めて知りました。
切る工程や干す作業が楽しそうですね!
パリパリの食感にとても惹かれます。
来年はぜひぜひオバQも雷に変身させてくださいー♪
その画像も楽しみにしていますよ!
Commented by tuguki3964 at 2008-09-28 12:22
あまりに楽しそうで、見たとたん、冷蔵庫に直行。
キュウリとナスで試してみました。
面白~い!
なんだか、丸くって細長いものを見たら、なんでもやりたくなりそうだ...。
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-28 15:27
vruocculuさん、そうそうこのくクネクネが雷なんですよ~。
面白いでしょ♪
作業の工程もとーっても楽しいので、いつかやってみてくださーい。(*^_^*)
ポチッ、ありがとうございます!!
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-28 15:29
風見鶏さんも雷干しって初めて聞いた?
私もmekabuさんのブログで初めて見て、「わぁ~面白そう♪」といつかやろうと狙ってたんです。(笑)
上手く螺旋状に切れるかしらと思ってたんですが意外と簡単で、干すほうがちぎれちゃったりして大変でした!
沖縄の日差しだったら1時間くらいで良い具合に乾いちゃうかもね。
来年はオバQで絶対にやりますよ~。(*^_^*)

Commented by rakurakurakuko at 2008-09-28 15:31
tuguさん、早いっ、早すぎる~~~!(爆)
もうやっちゃってしかも記事にもしてTBまで!!!!
尊敬~!
実は雷干ししながら「これ、絶対にtuguさん好きだよなぁ」って思っていたの♡
当たっていたのでダブルで嬉しい♪
早速記事に伺いまーす!
Commented by えーちゃん at 2008-09-28 16:09 x
瓜を干している様子がかんぴょうみたい・・・あれも夕顔を薄く剥いて作るんですものね。

新潟ではまた「かきのもと」の箱売り(!)が始まりましたよ!
普通のスーパーでパック売りでは無く「箱売り」の方がメジャーなのはいかに消費量が多いかがわかるでしょ?
Commented by mekabusan at 2008-09-28 17:25 x
枝豆に引き続き、ご紹介ありがとー☆
雷干し作るのって、なんだか楽しいんですよねー。
しかも干すと歯ざわりが全然違って、おいしくなるから大好きです。
わたしもズッキーニの芯抜きグッズ欲しいなぁ!
見事に真ん丸くくりぬけてるのね。
こちらでも売ってるかしら???


実家で早く干したくって、扇風機の風を当てたら
見事に千切れました(爆)
まだまだ修行が必要のようです。

梅ジャムマヨもいいね♪
いつもありがとう!!

Commented by love-t_k at 2008-09-28 19:55
またもや凄い事してますね。
参考にしたいけど瓜はもう見かけないから。
来年にでも!
Commented by meefo870 at 2008-09-28 20:42
こんばんはー。
雷干しってもの、ここで初めて知りましたー。作るのがとてもおもしろそう。でも、干すのは難しそう。またまた、いつかはやってみたいことがひとつ増えました。
ところで、空芯菜。こちらではエンサイという名前で売ってて、それが空芯菜だとは気づきませんでした。ざくざく切って炒めて、おお、これは以前にRakurakurakukoさんが記事にされていたやつでは?と改めて見てきたのでした。間違いなかったです。エンサイ=空芯菜。
で、Rakurakurakukoさんお薦めの切り方でやってみると、あら、ほんと、茎もちゃんと食べられましたー。今度は、タイ風の味付けに挑戦してみますねー。と、これまたやりたいことがひとつ増えてます。ふふふ。
Commented by poronliha at 2008-09-28 22:49
冬瓜のつけものをいっぱい食べたことを思い出しました。実家のおとなりさんからいただいたもので、冬瓜はいつも母が浅漬けにしてました。他に作ったものがあんまりうちの家族好みじゃなかったんですよ。
多分、干したらコリコリ感がUPしておいしいかも。そういえばうちの浅漬けにも茗荷が入ってることがありました。
茗荷ってすばらしいー!乾燥とかいい保存法があればいいのにな。
Commented by alteasakurahanabi at 2008-09-28 23:34
こんばんは~。
うわぁ~農家の軒先みたいでいいですね~。
こんな風に干すのは初めて知りました。ホスト(何でこの変換)
干すと、風味も増して美味しいでしょうね。いつかためしてみたい。

↓タイ料理教室、素敵です~。
私は、独身の頃、習ってみたいと思って色々探したんですが
当時はなかなか教室が無くって、でももし見つけた中のどこかに
習いに行ったら楽子さんとも遭遇してたかも?と思ったり、
楽しく拝見させていただきました。多忙そうな楽子さん、どうやって
時間を捻出してらっしゃるのか、興味津々です^^
Commented by maplemama71 at 2008-09-28 23:42
>雷干し
いいこと教えていただきました!
私もやってみたいです。
笊に並べて干すとくっついたりするけど、この方法なら完璧ですね~!
干している場面を想像するだけでニンマリデス(笑
和え物も、いろいろなお味で、とっても美味しそう。
TBありがとうございました。

Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 00:39
えーちゃんさん、かんぴょうも確かに干しますよね~。
あれって夕顔なんですね。
うちの実家のある辺りがかんぴょうで有名なところで、引っ越してから初めてかんぴょうの素を見て、南瓜みたいだけどなんだろう…と不思議でした。(笑)
会社の友人にその話をしたら、「えーっ知らなかったの~」と笑われちゃったわ。

先日、別の新潟在住の方から「こっちはもう寒いのでかきのもとがいっぱい売ってます」って聞いて、もうそんな時期なのね~と思ったところでした。
こちらにも出回っているけれど、まだまだ最盛期と言う感じではありません。
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 00:44
mekabuさん、雷干し、思っていた通り楽しかったわ~。
螺旋に切るのは意外と簡単だったけど、薄く切りすぎちゃったので干すのが大変でした。(笑)
次回は厚め、厚めを心がけないと!

ズッキーニの芯抜き器、これいいでしょ~。
先がとがっているのでホントに力いらずでキレイに丸くくり貫けるのです。
こっちだと私も見かけたことないなぁ。
ハワイだとパイナップルの芯抜き器があるように、やはり地元でいっぱい食べるものじゃないと芯抜き器の需要がないのかしら…。
まだ使ったことないけど、これだったらりんごの芯抜きにも使えそうだし売ってたら便利だと思うんだけど。

TBありがとうございます♪
またおいしくて楽しい料理をいろいろ教えてくださーい!
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 00:46
ケイコさん、さすがに瓜はもう見かけないかしら…。(汗)
うちの近所だと夏の間も瓜と言うもの自体をほとんど見かけず、これはキャンプ先の産直で今月の中頃にやっとゲットしたものなんです。
覚えていたら、是非来年やってみてください♪
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 00:50
meefoさん、雷干しってちょっとそそられちゃうでしょ♪
私もこれを知ってから、なんだかその名前と螺旋に干された形が頭の片隅から離れず、瓜が売っていたので「これは試さねば!」とやってみました。(*^_^*)

そうそう、空芯菜はエンサイとも言いますよね。(中国語?良くわからず…笑)
スーパーなどの表示もエンサイになっていることも多い!
あの切り方、ザクザクよりはほんの少しだけ面倒だけど、食べるとおいしいでしょ。
タイ風、おいしいですよ~。
やりたいことのリストの最後に付け加えちゃってくださいな♪

Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 00:55
poronlihaさんも日本では瓜をいっぱい食べてましたか~。
お隣さんのと言うことは、自家製の瓜だったのでしょーか。
うちの近所だけかもしれないけど、この手の瓜はあんまり売ってなくて、必然的にあまり食べたことがなかったんですが、干すとコリッとしてとてもおいしかったです。
そのまま漬けるとちょっぴりグニョっとした感じになってしまうのかもしれませんね。

茗荷って確かに保存法があんまりないですよね…。
このピクルスも普通のピクルスより日持ちしないって言うか、あんまり長く置いておくと食感がぐにょっとしておいしくなくなります。
真空パックのピクルスとかが売り出されたら海外に持ち出せるのにね~。
Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 01:01
alteaさん、やっぱりこれ、やってみたいでしょ~。
うちはマンションの2階なので、干してる風景撮ると向かいの家が移り(しかも向かいの家はとーってもクラシカル~笑)、なかなか農家っぽくて良いでしょ。
おまけに今、物干しにタマネギもぶら下がっておりまする~。(爆)

独身の頃にタイ料理教室を探したことがあるんですか~。
今でこそずいぶん定着してきたタイ料理だけど、ちょっと前まではマイナーだったしあんまりなかったのかも。
私はこの教室に通っている友人に紹介してもらって、3年くらい前から習っているんですよ~。
月に一度って言う頻度が私にはちょうどよく、集まる人たちもみんな良い方でおまけに食いしん坊なのでおいしい情報も満載♪
今度季節の教室などで空きがあったらご連絡しましょうか~?


Commented by rakurakurakuko at 2008-09-29 01:05
メープルままさん、初めて雷干しにチャレンジしてみましたが、予想以上に作る工程が楽しかったです♪
ちょっと薄く切りすぎて干してたら千切れて落ちたのがあったというのが想定外でしたが、見ているよりはやっちゃったほうが何倍も簡単でしたよ~。
螺旋になってるのでくっつかないし乾きやすいのかもしれませんね。
この瓜はちょっと縞と溝がはっきりしているので、もしかしたらかりもりではないのかもしれませんね!
こちらだと瓜自体があまり売られておらず、きゅうりの次は冬瓜になっちゃうって感じです。
いくらなんでも冬瓜では大きすぎて、雷さまもびっくりですよねぇ~。(爆)
Commented by salahi at 2008-09-30 04:21 x
くり貫き器がお役に立てたようで嬉しいです^^
これ、すごく楽しそうですね~。
私も是非やってみたいです♪
Commented by ira1027 at 2008-09-30 16:01
これは・・・楽しそう!私もやりたい~。
伝染するの、わかります。
それに、ちょっと干すと味が馴染みやすくなっていいですよね~。
胡瓜も茄子も終了~なので、なんか他にクルクルできるものないかしら・・・
Commented by emilia2005 at 2008-10-01 00:24
捻じれの入った白瓜の雷干しが
まるで前衛アートのようにおもしろく美しいですね。
野菜って少し干すだけでどうしてあんな旨味がでるのでしょう?
冬になると私は大根を切って切って切りまくって、干しまくって
切り干し大根をベランダで作ります。ああ、そろそろその季節だ~♪

ずっと前に紹介された塩豚、やってみました~!!!!!
私はローズマリーの枝を岩塩と一緒に包み込んでみました。
驚くほどおいしかったです。肉が締まって、旨味が凝縮されて
大好評でした。ありがとうございました。
Commented by hiromin-happy at 2008-10-01 08:23
楽子さん、おはようございます^^♪ご無沙汰しました!
すっかり元気になりましたよ~^^
いや~久々に伺ったら、さすが楽子さん、またまたびっくりすることにチャレンジされてますね~!
本当にお料理大好きなんですね!
あと保存食作りや変わったものを作られるのが、本当にお上手です!
白瓜の雷干しなんて、初めて聞きましたし、初めて見ました~^^
いつも楽子さんのチャレンジを見ると、私もやってみたくなるんですけど、これってすごい手間と根気が必要ですよね~
私みたいな無精者にはなかなか・・・^^;見習います!
茗荷も早速漬けてらっしゃいますね^^!
うちは主人が苦手なので、漬けてないんですが、楽子さんが漬けてらっしゃるのを見ると、またまたやってみたくなります^^
本当にいつも勉強になりますし、とっても読んでて楽しいです~^^
↓のタイ料理教室も美味しそうです~^^!
Commented by anyha at 2008-10-01 13:05 x
こんにちはっ!

オバQを、美しい螺旋に
変身させてあげようとやってみたのですが。
不器用なもので、
「穴あきブツ切り胡瓜」になってしまいました(涙)。
そのまま笊に干してます。へへ。
リンゴの芯貫でやったら綺麗に抜けて面白かったです♪
なにより、種が簡単に採種できたのでラッキー!
素敵な晩酌のお菜を、御馳走様です!!
Commented by rakurakurakuko at 2008-10-03 06:16
salahiさん、お返事遅くなりすみませーん!
くり抜き器、意外なところでも役立ちました。(笑)
切れ味も抜群で大活躍♪
もしかしてこれってりんごの芯を抜くのにもものすごく便利かも~と思ったので、今度是非試してみたいです。
ありがとうございました。(*^_^*)
雷干し、かなりおもしろかったので、是非ギリシャでも稲妻走らせちゃってくださーい♪
Commented by rakurakurakuko at 2008-10-03 06:21
いらさん、これは楽しいです!(きっぱり♪)
見てるとやりたくなりますよね~。
私もずっと頭の隅にこの稲妻が走ってましたから。(笑)
はぁ~瓜を見つけたのも記事をアップするのも遅かったのでもう畑のきゅうりもなくなっちゃったんですね…。(-_-;)
くるくる出来るもの、私も他にもないかなぁなんて考えていて、ゴーヤに行き着きました!
が、これも夏の野菜ですよね…。(汗)
ゴーヤを干してそのまま和え物で食べると言うのはちょっときつそうですが、このように干して適当に切ってピクルスにして漬けたら、水分も出にくいしくクニャッとした食感がコリッとした食感に変わるのでは…なんて妄想を抱いたりしています♪(炒めるときにも水が出にくくて良さそう!)
来年夏には私も試してみたいなぁ。
Commented by rakurakurakuko at 2008-10-03 06:27
emiliaさん、雷干しの干した様子、ちょっと良いでしょう♪
晴れた日だともっとアートになったんだけどなぁ。
こちらでもここ数年、干し野菜の旨みが結構見直されたりしてますが、完璧に干さない半乾き状態でもおいしいって言うのが私にとってちょっとした発見だったりしています♪
イタリアで切干大根、それって凄いですよ~。
日本風に食べるのかしら、それとも何か別のイタリア風?

わぁ~塩豚試してみてくださったのですか?
嬉しい♪
そして好評だったなんて更に嬉しい♪
ローズマリーの香りの塩豚、焼いたらとてもよい香りでしょうね~。
私も今度ローズマリーを挟んでみましょう♪
Commented by rakurakurakuko at 2008-10-03 06:31
hirominさん、元気になってよかった~。(*^_^*)
あはは~この雷干し、干してる風景がちょっと良いでしょう♪
なんかこういうの見るとやりたくなっちゃうんですよ~。
薄く切りすぎた部分がちぎれたのがちょっと大変でしたが、厚めに切ればこれはとっても簡単です♪
ほんの少しの工夫でこんなに味と食感がよくなるってちょっとびっくりしますよ~。
旦那様、茗荷嫌いですか…。
うちは逆で茗荷が大好き♡
実は私が少し前まで茗荷嫌いだったんですが、あまりに夫が茗荷、茗荷とうるさいので食べてみたらおいしかった…。
そう、タダの食べず嫌いだったの。(笑)
漬けるとピンク色になるのが好みなんですよね~。
Commented by rakurakurakuko at 2008-10-03 06:36
anyhaちゃん、「穴あきぶつ切りきゅうり」見てみたいんですけどぉ~~~。(笑)
まぁ結局は切って使うから問題ないけど、ちょっと干すのが大変だわね。
ぶつ切りになったきゅうりを目の前にしたanyhaちゃんの姿を想像するとおかしい…。^_^;
おおっオバQ、自家製のものから種も採集かぁ。
すごいな~。
実はある野菜の種を採集してこれからちょっくら干してみます。
もしカビずに蒔く種用として保存できそうになったら進呈したいなぁ。
by rakurakurakuko | 2008-09-28 01:28 | 野菜のお料理アイディア | Comments(30)