f0043911_14451969.jpg
今年もFujikaさんから送っていただきました。
箱いっぱいのヤマドリタケモドキ♪♪

イタリアではポルチーニ、フランスではセップと呼ばれ珍重されているキノコの近縁種。
これがね~、我が家は2人とも大好きなんですよ~。
野生のキノコなんて山の中にでも入らないと採れないしね~なんて思うけれど、このヤマドリタケモドキはその辺の公園や街路樹の下など、わりと都会に近い辺りの身近なところにも生えているらしいのだけれど、何しろキノコを見つける目も違いが分かる目も、そして見つけられるまで探す根性も持ち合わせていない私としては、こうして送ってくださるFujikaさんサマサマなのです~。(*^_^*)
duckbillさんもなにやら今年はとんでもなくたくさんのヤマドリタケモドキを採っていらしているようで、今年はヤマドリタケモドキの当たり年なのでしょうかね~。
あ~我が家の周りにもこんなポイントないかしら。

f0043911_14453923.jpg
うふふ、こんなに大きいのも!!
一本だけでもズシッと重みがあり、食べ応えもありそうでしょ~。
さっと洗ってきれいにして下さっているのでそのまま使えます♪
採ってきてそのままのものの洗うなどの処理はこちらの記事にも載せていますが、塩水で洗ってから新聞紙の上で乾かします。

f0043911_14455961.jpg
早速まずはフリットにて♪

フリットと言ってはいますが、そんなに油は使わずに揚げるというよりは揚げ焼きの方が正しいかも。
ヤマドリタケモドキの大きなものはカサを半分に切り、軸の部分も縦半分または四分の一に切り(軸の中には虫がいる可能性があるので、小さなものも縦半分に切って確認します)、強力粉を塗します。
ボールに卵(全卵)を割りほぐし削ったパルミジャーノレッジャーノを加えて混ぜ合わせ、そこに粉をふったヤマドリタケモドキをザッと加えて混ぜ合わせ衣を付け、オリーブオイルたっぷりに少々バターを加えて温めたフライパンで表面がパリッとするように揚げ焼きにして出来上がり。
とっても簡単♪♪
揚げ物苦手な私にでも出来ます。(*^_^*)

これがですね~、とんでもなく美味しく、またカサと軸の食感の違いがなんとも素晴らしいのですよ~。
大きくて厚みのあるカサのフリットを齧るとチーズ入りの衣はカリッとし、そしてそのカリッとを破った先のヤマドリタケモドキはなんとも言えないトロトロ具合。
心もとろけそうなくらい!!
そして軸を食べて見ると、今度はシャキッとコリッとしたこれまた感動的な食感。
同じキノコなのに部位でこんなに違ってくるんですね~。
一粒で二度美味しいとは正にこのこと!
このカサと軸の食感の違いは、炒めたり焼いたりしたときよりも、こうして衣を付けて揚げた時に顕著になるのよね~。
自分で作っておいてなんだけど、ホントに絶品!!
このパルミジャーノ・レッジャーノ入りの衣と言うのもすんばらしいと思うのだけれど、このフリットを教えてくださったのは何を隠そう愛媛でイタリア料理店を営むかずさんですから。
卵の衣なのでもっともったりとしてしまうのかなと思いきや、全く重たくなく、そしてチーズの効果でカリッとして自分がものすごく揚げ物上手になったかのようなそんな夢のような衣。
やっぱり確かなプロの技と言うのはすごいなぁ。
シロウトが作っても失敗なしと言うのがプロの中のプロの技なんじゃないかとつくづく思います。

f0043911_1448513.jpg
こちらはヤマドリタケモドキの軸の刺身風。
今回頂いたヤマドリタケモドキはとっても立派なサイズのものが多かったので刺身風にはぴったり!
大きなヤマドリタケモドキの軸を薄くスライスし、さっと茹でて冷水に冷やしてすぐに水分を拭き、お皿に並べてわさびと醤油少々をつけていただきます。

これぞジャパニーズ!!
セップやポルチーニを山ほど食べてるヨーロッパ人だってこの食べ方は知らないだろうな~。
うふふ、教えてあげたいような、教えるのがもったいないような…。(笑)
軸のシャキッとした食感が活きてて、ふんわり香る香りとほんの少しの醤油の風味とわさびの辛味と香りがたまりませんですの。

f0043911_14494197.jpg
こちらは旬の秋鮭とヤマドリタケモドキのホイル焼き。
少々塩胡椒した鮭とヤマドリタケモドキをアルミホイルに並べ、バターを一切れのっけてからアルミホイルで包み、そのままオーブントースターに入れて鮭に火が入るまで蒸し焼きにして出来上がり。

アルミホイルを開いた瞬間が香り的にはクライマックス!!
ブワッと押し寄せるキノコの香りがね~~~濃いのよ、濃いの♪♪
鮭との相性もバッチリで、加えたバターの風味が鮭にもヤマドリタケモドキにも沁みてて、口に運べば二度目のクライマックス。(マックスなのになぜ二度も…(^^ゞ)
やっぱり覆って調理する、閉じ込め力っていうか凝縮力って凄いですよね~。

f0043911_14501157.jpg
こちらはチキンとヤマドリタケモドキのオーブン焼き。

塩胡椒した鶏もも肉をオーブンに入れて焼き、途中で大きめに切ったヤマドリタケモドキをチキンの隙間にみっちりと入れて、チキンの中まで火が通り表面がパリッとなるまで焼き上げて出来上がり。

チキンの旨みを吸ったヤマドリタケモドキも美味しいし、ヤマドリタケモドキの香りが付いたパリパリチキンもすっごく美味しい♪
少々時間はかかるけど、パリパリチキンにするにはフライパン焼きよりもオーブン焼きがいいよね!

f0043911_14503928.jpg
そしてそして。
なんと言ってもヤマドリタケモドキを頂いたら欠かせないのがこれ。
ヤマドリタケモドキのオイル漬け。

これだけはどんなに忙しくても帰りが遅くても疲れていても、作る気力が沸いてきます!
Fujikaさん直伝のこのオイル漬けの作り方はFujikaさんのブログのこちらの記事に詳しくありますが、たっぷりのオイルとニンニク、お好きなハーブを加えてヤマドリタケモドキを炒めてから少々温めたオリーブオイルと共に瓶に詰め、キッチリとキノコがオイルで覆われるようにしてから蓋を軽く締め、お湯を張った鍋で煮て脱気したものを冷蔵庫保存。
炒めてそのまま瓶に入れずジップロックなどで小分けにして冷凍保存も出来ますが、やっぱりこうしてオイルに漬けたものの方が香り高くなるように思います。

ああ、あぁ、これがいっぱい冷蔵庫の中にあると幸せなのよ~~~。

実はこのヤマドリタケモドキは秋のほか夏前くらいにも収穫期があり、その時にもFujikaさんから送っていただき瓶詰めを作ったのですが、その時のものがなくなってしまっていたのですごく嬉しい♪♪

f0043911_14541064.jpg
このオイル漬けを使った定番、ポルチーニパスタ。
パスタは夫が担当なのでよくわかりませんが、オイル漬け自体に少々塩味付けてあるので他にはそんなにあれこれ加えていないのではないかな~。
大き目のポルチーニたっぷりなこんなパスタ、お店で食べたらとんでもないことになりそう!
あぁ、それがおうちでこんなに好きなだけ食べられるなんてホントに幸せ♪♪

このオイル漬けはパスタの他、焼いたお肉に添えたり、じゃがいもと一緒にソテーしてもとっても美味しいし、フープロやスティックミキサーでピュレ状にしてオリーブなども少々加えてペーストにしても絶品です!

そして今回は、オイル漬けのほか新たな瓶詰めも作成♪

f0043911_145437100.jpg
ヤマドリタケモドキの塩水漬け。

ヤマドリタケモドキを使いやすい大きさに切り、薄めに塩を加えたお湯でさっと茹でて、そのお湯ごと瓶に詰めて冷めたら冷凍保存。
使うときにはこの茹で汁ごと使います。

こちらは以前、Fujikaさんから頂いて、汁物などに加えてとても便利だったので私も作ってみました。
汁物などに加えると、茹で汁ごと使うのでヤマドリタケモドキの旨みと香りがたっぷりの贅沢な一品になります。
豚汁だってこれが入ればすごーく贅沢な一品になるよ~。
もちろんお吸い物にもいいし~~~。
これから来る寒さにだって、こんな美味しい香りの汁物があれば、フーフーしながら味わえたら、立ち向かえそうな気がする!!

あーヤマドリタケモドキ、ホントにホントに大好きです♪

実は今回たくさん送っていただいて、「もし少し悪くなっているようなものがあったら、ひそかに近所の街路樹の根元にでも捨ててきたら、もしかしたら菌が根付いて次のシーズンにキノコが出るかもよ~」と教わり、そーっと夕方、裏の公園の木の根元に捨ててきたのです。
うふふ。
次のシーズンには是非チェックに行かねばのぅ。
マイきのこスポットが持てる日も近いか!
こうご期待♪♪

ちなみに今年のFujikaさんのマイきのこスポットはこんな感じらしい~~~。
duckbillさんのスポットもこんならしい~~~。
あーうらやましい~~~。


こちらのブログ村に参加しています。
なんなの~~~このヤマドリタケモドキってめちゃくちゃ香りが良さそうなんだけど~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2013-10-12 15:06 | 野菜のお料理アイディア | Comments(12)

特に忙しくしているわけではないんですが…。
GW明けの今週一週間はなんだか体もお疲れ気味で、家に帰ってちょっとソファーでゆったりしてしまうと、まるで根っこが生えたかのように動くことが出来ず。(^^ゞ
なかなかPCまでたどり着けなかった毎日。
やはり時間が短いとは言え、外に出ると言うことは、一日のうちの自分のために使える時間の分母が減るわけですから、やりたいことと出来ることの折り合いを上手くつけていけるようになりたいな~と思ったり。

f0043911_0422486.jpg
連休前になりますが、そんな毎日の中で結構便利だった一品がこのしめじのソース。
このときに作って以来、時々きのこ類が安いときに多めに買って何度か作ったりしておりまして、今回もしめじの結構大きめなパックが4パックで150円でしたので、そのうちの3パック使用で作りました。
ちょうど準備した瓶にぴったり入った!
こういう偶然って結構嬉しかったりしますよね~♪

作り方は以前のこちらの記事を見ていただくと分かりますが、たっぷり目のオリーブオイルでニンニクとしめじと松の実をじっくりと炒め、塩胡椒と最後に香り付けの醤油をひと垂らしして仕上げます。
今回のハーブはディル。
今回はしめじを洗わずに作ったので、水分少な目のしっかりとしたソースになりました。
これを煮沸消毒した瓶に詰めて冷蔵保存。
もっといっぱい作る時にはこれを煮沸脱気しておけば何ヶ月でも持つかと思いますが、今回は一瓶でしたので1週間程度の使いきり。

f0043911_0433270.jpg
まずはこれを使用してイタリアンひじき煮。
使用するのは乾燥ひじきとドライトマトと大豆、そしてしめじのソース。

ひじきとドライトマトを戻し、ひじきは長いようでしたら食べやすい長さに切り、ドライトマトは細切りに。

f0043911_04352100.jpg
大豆は水煮大豆でもいいけれど、私は例のごとくこちらの方法で手間なしで煮た大豆を熱いうちに煎酒に漬けた浸し豆使用。
この浸し豆もそれこそそのまま食べてもいいし煮物に加えてもいいし、冷蔵庫に常備しておくととっても便利♪

で、これらのものが揃ったら、フライパンにオリーブオイルをひいてひじきとドライトマトと大豆を入れて炒め合わせ、全体にさっくり火が通ったところでしめじのソースとドライトマトの戻し汁を加えて炒め煮のような感じにし、水分が少なくなってきたところで醤油少々とバルサミコ酢を加えてざっくり混ぜ合わせて出来上がり。

これね、和食にも合うし洋食にも合うし、結構便利で美味しいんですよ~。
いろんなだしが出ているし、最後に加える醤油とバルサミコ酢の濃い目の風味がついているので、お弁当のおかずにしても美味しいです。

そもそもしめじのソースや大豆の浸し豆自体がちょっとした作り置きおかずだけれど、それらをあわせるとまた違ったお味になり、作り置きおかずとして同じものを連続して食べるよりは変化があって飽きないでしょ♪
すぐに出来るものなんだけど、ちょっと手間をかけた風に見えるのも(ホントか~?笑)嬉しいです。

f0043911_0472452.jpg
こちらは朝食のパンに添えたしめじのソース入りオムレツ。

特に作り方を紹介するまでもないけれど、卵にしめじのソースを加えてオムレツ作っただけ。(^^ゞ
プレーンオムレツよりもこれまたちょっくら一手間かけた風がいいんです。(笑)
きのこと卵の相性はバッチリですしね♪

f0043911_0474283.jpg
こちらはポークソテーに添えたジャガとしめじのソースの炒め蒸し。

ジャガイモを小さめのサイコロ状に切り、オリーブオイルをひいた鍋にしめじのソースと共に入れて、混ぜ合わせ、蓋をして弱火でじっくりとジャガイモに火が通るまで炒め蒸すようにして最後に塩胡椒、そしてディルも少々足して味を整えて出来上がり。
オイルで普通に炒めるよりもじっくりと蒸すようにするとお味も沁みて美味しいんですよ~。
白ワインにとっても合います。

f0043911_048568.jpg
そしてこちらはしめじのソースのパスタ。
休日のランチなので夫作!

フライパンでしめじのソースに鷹の爪を加えたものを温めて、茹で上がったスパゲツティーニをそこに加えて混ぜ合わせて、塩を少し加えて味を整えて出来上がり。
私が作ったわけではないですが、多分すごーく簡単!
ソースにニンニクもオイルも入っているので、大して足すものもなくお味が決まるのが良いかと♪
こういうのがあると、夫も面倒くさがらずにランチを作ってくれるので良いのです。
まぁ面倒くさがったとしても、休日ランチは夫が作るのが我が家の暗黙の了解事項なので、作ってもらいますけどね。(^^ゞ

こんな感じで約1週間、あれやこれやと変身して結構便利に使えたしめじのソース。
こういうのが冷蔵庫に一瓶あると、日々のお料理が簡単に、そして楽しく美味しく作れるのがいいんですよね。
勤めているいないに関わらず、やりたいことはたくさんあるし、使える時間は限られているからね~。
いろいろ工夫しつつ、毎日美味しいものを最小限の手間で楽しく作って食べられたらいいな~と、楽チン出来るものを探す日々です。(笑)


こちらのブログ村に参加しています。
簡単にできていろいろ使いまわせるのがいいね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2012-05-13 00:52 | 野菜のお料理アイディア | Comments(17)

きのこのソースの瓶詰め

f0043911_18532583.jpg
数日前に作ったしめじのソース。
これが簡単でおいしくてとっても便利なんですよ~♪

f0043911_18534186.jpg
きっかけはこれ。
しめじが袋いっぱいに500g入ってセールで380円。
あまりの安さに買ってきたんですが、その後実家から大量野菜が届くと電話があり、少しでも野菜室に隙間を作っておきたかったので早速瓶詰めにしてみました。

材料は、しめじ400g、しいたけ3個、フェンネルの葉3茎分、松の実大さじ1.5、ニンニク3片、オリーブオイル大さじ5、塩小さじ2、胡椒少々、醤油少々。
しいたけ3個は冷蔵庫に眠っていたのを無理やり仲間入りさせました。^_^;

f0043911_1854111.jpg
しめじとしいたけは適当に細かく刻み、フェンネルの葉も茎を含めて粗みじん切り、ニンニクもみじん切りにします。

f0043911_18545420.jpg
フライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、弱火でニンニクの香りが立つまで温めて、香りがしてきたらしめじを加えてじっくりと炒め、きのこから水分が出てくるのでそれをちょっと飛ばし気味にしながら更に炒めて塩胡椒をして味を濃い目に整えます。
火を止めて最後に松の実とフェンネルのみじん切り、香り付けの醤油少々を加えてざっと混ぜ合わせれば出来上がり。
栽培もののきのこは洗わなくても良いと思うのだけれど私はどうしてもさっと洗いたくなってしまい、かなり水分多めに出ていますが、気にならない人だったら洗わずに作ったほうが良いと思います。

かなりの量が出来たので、煮沸消毒した瓶を2つ準備してこのきのこのソースを詰め軽く蓋をしてお湯を張った鍋に入れて、ジャムの時と同じように脱気しました。

f0043911_18555739.jpg
とりあえずすぐに食べるに瓶に入れずに取り分けたきのこのソースを使って、その日のランチは早速パスタに♪
ペンネのきのこソースです。
フライパンに入れて温めたきのこソースに茹でたペンネを加えて和え、器にもってパルミジャーノ・レッジャーノをゴリゴリと削ってかけて出来上がり。
このきのこのソースさえあればあっという間に出来て、すごーくおいしい!!

f0043911_18561566.jpg
そしてこちらは焼き塩豚のきのこソースがけ。
塩豚の作り方はこちらの記事にも載せてますが、とりあえず豚の肩ロースの固まり肉を買ってきたらうちでは塩豚にして冷蔵庫に入れておくんですよ~。
保存も効くしおいしくなるし、何より使い道が決まってなくてもその時々で便利に使うことが出来るので♪
その塩豚を1~2cmくらいの厚さに切り、少しのオリーブオイルをひいたフライパンで弱火でじっくりと焼き、塩豚を焼く前に同じフライパンでさっと炒めてお皿に載せておいた小松菜の上にのせて、その上から温めたきのこソースをかけるだけ。
一つのフライパンでまずは小松菜→塩豚→きのこソースと炒めたり温めたりすればいいので、手間もなければ洗ものも少なくて済む!!(笑)
↑のパスタは私がひとりランチで食べたもので、夫はこの塩豚できのこソースと初対面!
「なんだかうまーい!!もっと食べたい~!!」といつもならこのくらいの量で満足しているのに塩豚おかわりしたい宣言しておりました。^_^;

f0043911_18581618.jpg
こちらはきのこソース入りオムレツ。
溶き卵にきのこソースを加えて混ぜ合わせ、オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンで普通のオムレツ作る要領で焼いただけ。
これだったら混ぜるだけなので、朝の時間のないときでもすぐに出来て、きのこの香りでちょっぴり贅沢な気分になれます♪

とりあえず分をこの3つの料理に使ったのですが、これがホントにおいしくて、多分1週間程度だったらタッパーに入れて保存できると思います。(私は4日で使いきってしまったのでそれ以上は推測ですが)
時間が経てば経つほどきのこの香りがしっかりとソースに移るような気がしてどんどんおいしくなるし~♪
きのこは今回はたまたま安かったしめじを使いましたが、しいたけで作っても良いし、数種混ぜ合わせれば尚おいしく出来るのではないでしょうか。
ハーブも今回はまたまた近所の近鉄デパートで買った198円の大株のフェンネルがあったのでフェンネルを使ってますが、バジルでもローズマリーでもパセリでもいいですよね!(フェンネルってこうしてみると、多少温まっても日にちが経っても色も変わらずきれいなままで、こうした瓶詰めには向いているな~と思いました。)
ちょっとお買い得きのこがあったときには是非まとめ買いして作っておくと、ホントに重宝かと思います。
瓶詰めして脱気しておけば、かなり持ちますからね~。
根菜と合わせて煮てスープにしても、生クリームと合わせてきのこのクリームソースにしてもおいしそう!!
冷蔵庫に一瓶、きのこの瓶詰めいかがですか~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
これはお手軽な材料で作れて便利そうだから作ってみた~いって方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by rakurakurakuko | 2009-12-05 19:03 | 保存食作り | Comments(20)

f0043911_14103084.jpg
こーんなウロコ雲がもこもこと秋らしい空の日、今年度初のキャンプに行ってまいりました~♪
11月の最初の週末のことです。
ちょうどその前の週は、関東地方にも台風がやってきた日で、このキャンプを挟んだ良く週末もあいにく二日連続で雨模様だったので、正にグッドタイミングだったこのキャンプ。
春も少し涼しくなってきた初秋にも行きたいと思いつつなぜか機会を逸してしまっていたキャンプだったので、特に夫などは小躍りせんばかりに喜んでいます。(*^_^*)

車に荷物を積んで、マックに寄って朝食を摂ってから(このあたりがなんだかキャンプに行くというのにまったく自然派ではないですが…汗)、さぁ出発~♪

し、しかし…。
車がのろのろとしか動かない…。
そう、この週末は土曜日が文化の日で連休。
もしやこれは紅葉渋滞では!!!
仕方がないので、一緒に行くYちゃんに「車が渋滞で動かないので遅れます」とメールして、のんびり向かうことにします。
その後もところどころ解消されたところもあったけど基本的にはのろのろ。
Yちゃんがニュースをチェックしたらやはりこれは紅葉狩りの渋滞だったそうです。
天気も良いし、確かに行楽日和だものね~。

1時間弱遅れて何とかキャンプ場近くまで着き、そこでYちゃんと合流してキャンプ場へ。
キャンプ場は私たちにはおなじみの栃木県の鹿沼市にある「出会いの森オートキャンプ場」。
鹿沼インターからも近いのでアクセスもよく、しかも施設がとーっても整っていてきれいなのでお気に入りなのです。

f0043911_14145881.jpg
まずは今回のキャンプのほとんどを過ごす居住空間のタープを張り、イスやテーブルを組み立ててランチの準備♪
今回はYちゃんちのスクリーンテントタイプのタープ使用です。

f0043911_14151918.jpg
そしてランチの焼きそば。
最近Yちゃんちのそばに出来た人気のお店のものだそうで、麺も太くてものすごーくおいしい♡
焼きそばに目玉焼きが乗ってるっていうのがポイントですよね。
ちょっぴり半熟気味の卵がとろり~んと焼きそばに絡らんだところを食べるのがサイコー♪
もちろんビールも欠かせません!!!
ふぅ~幸せ~♡

f0043911_14155788.jpg
あんまりそのまままったりしてると準備するのがイヤになっちゃうので、とりあえずテント張ったり、シェラフを干したり、テーブル出したり、グリルを出したり…。
それにしてもさすがちょこちょこキャンプに行ってるだけあって、Yちゃんちはいつの間にかキャンプ用品が増えてます!
ちょっとそこの男子!!!
日光の猿じゃないんだから、そんな聞かざるのポーズとってないでちゃんと手伝ってくれ~~~。(爆)

今回のキャンプのテーマは「秋の味覚のきのこ」
「夜のメニューはどうする~?」と事前にメールで相談したときに「きのこ汁にしよう」ってことになり、材料はYちゃんが調達してくれることとなったのですが、そのきのこがこちら。
f0043911_1417723.jpg

ひぃ~~~、すごーーーーーい!!!!
Yちゃんの会社の山歩きが大好きなおじさん、Nさんが、なんと仕事中に(!)森林組合に行って掛け合って安く買ってきてくれた野性のきのこ。
こーんなに沢山~♪
興奮して鼻息荒い我が夫婦。(笑)
「わぁ~なんていう茸なの~」と聞くも、やはりNさんからもらった時に興奮してたYちゃん妻は全部その名前を忘れてしまったそうです…。^_^;

f0043911_14174067.jpgNさんに教えてもらった通りにまずは茸の処理。
土のついた下の部分をとってから、ササッと水で茸を洗い土と汚れを落とし、それを塩水にしばらく漬けておくのだそうです。
それを更に油でちょちょいと炒めて、それから汁に入れてきのこ汁を作るんですって。
こちらは塩水に漬けてる状態。


そして、更に今回は、Yちゃん妻の弟さんから頂いた沢山の焼き物たちがあるんですよ~。
Yちゃんの弟は宇都宮市内でおいし~い串焼き屋さんを営んでいるプロなんです!!
これがね~、やはりプロの仕事というのは一味も二味も違うんですね~。
見た目もとーってもきれいで惚れ惚れするものばかり!!!!

f0043911_14183955.jpg
銀杏の串刺し~♪
見て見て、このツヤツヤ加減♡
それにしてもこんなに銀杏を沢山キレイに剥くってとても大変なことではないのかしら~。

f0043911_14185371.jpg
エリンギに豚バラをきれいに巻いたもの。
この豚バラがまたポイントでして、見たことないほど薄く薄~くスライスされたものなんです。
特注でお肉屋さんにスライスしてもらっているらしい!!!

f0043911_1419636.jpg
こちらは同じ豚バラをプチトマトに巻いたもの!!!
これはYちゃん夫妻も大のお薦め!!!
見た目も可愛いし、食べると更に熱いトマトが甘くて濃厚で美味いのだ~♪

f0043911_14192729.jpg
ぴかぴか光ってる鶏モモ。
わぁ~ん、このまま食べてしまいたい衝動に駆られてしまうほどのおいしい見た目♡

f0043911_1420586.jpg
オクラの豚バラ巻き。
あ~これがおいしくないはずはない!!!
ネバネバ好きの私にはたまらない一品。

f0043911_14202388.jpg
そしてこちらは私が持って行ったカナダ産(ここがミソ…^_^;)巨大松茸!
炭火と言えばやはり焼き松茸を食べるしかないでしょう!!!!
一緒に並べてあるすだちと比べてもその大きさがわかると思いますが、こんなにカサが開いていていいのかしら…。
もっとつぼまった方を買おうとしてたら、店のおじさんが「絶対こっちのほうが旨いから、こっち買いな」と薦められたのです。
我が家では今年初の松茸だよ~。
焼いてジュワーっとした所にすだちをちょろっと絞り、豪快にバクッと頬張るのだ~~~!!!

f0043911_1421179.jpg
火の番のオジサマ、そろそろ炭の加減はよろしいかしら~~~。(笑)

f0043911_14213726.jpg
テーブルにセットした炭焼きにこれらを並べて大宴会~♪
焼き物はほんの少しの塩を振ったのみ!
あ~、ひとくち食べるたびにほーーーーんとに幸せ♡
これだけのものをこんなにキレイに作るとしたらそれはそれは時間がかかって大変だと思うのに、何もせずにこんなにおいしい思いをできるなんて~~~。
Yちゃん弟サマサマです!!!

焼き物のお供のお酒は、おいしい冷酒にすだちをキュッ、ビール、ワイン、グリューワイン、焼酎とまたまた盛りだくさんで、もうみんな好きなものを飲み放題!!!
Yちゃん妻は特にお酒好きの世話好きだからね~。
一緒に行くと黙っててもあれやこれやと出てきて、ものぐさな私はいっつも「おいしーい!」「旨ーい!」「幸せ~!」と言ってるだけです♪

f0043911_1422254.jpg
そしてきのこ汁!!!
あぁ…、駄目だ~~~。
この写真ではおいしさが伝えられない~~~!!!!!!!!
暗くなってしまったので写真も暗くてなんだかこれを見てもさっぱりわからないよね…。

このきのこ汁、ホントは100回言っても言い足りないほどおいしかったのです!
味付けはほんの少しの顆粒だし(Nさん指定の本だし)とほんの少しのだし醤油だけなのですが、きのこのダシでこれが言葉では言い表せないほどの旨味。
さすが栽培ではない野生のきのこ。
この滋味旨味は決して栽培ものには出せません!
4人で">「生まれてからこれまでにこんなに旨いきのこ汁は食べたことない!」と盛り上がり、「N汁サイコー♪」(サイコーと言う割にはN汁って名前に敬称もつけずに呼んでるけど…)とNさんにもお礼のメールして、ひたすら長く幸せな夜に盛り上がりました!!!!
あ~ほんとに旨かった~~~♪

そして朝~♪
このきのこ汁は朝食にも大活躍!!!
うどんを入れてきのこ汁うどんにしたらこれがまた絶品!(の割には寝ぼけてて写真なし…)
うちのとっても大きな土鍋いっぱいに作ったのだけど、これで完食しました!!!!!

お腹がいっぱいになったので、私とYちゃん妻は今度は隣にある温泉へレッツゴー。
このキャンプ場を利用している人は割安で使うことが出来、確か300円くらいだったような。
キャンプといえば昔はあまりキレイなイメージがなかったけど、今のキャンプ場はこういった温泉が併設されているところも多いので、ホントに快適に過ごせます。
特に秋~冬のキャンプには、この湯船に浸かって体の芯から温まる温泉はたまらなく嬉しいわ~。

温泉から出るとまた次なるお楽しみがあるんです!!
実はその時間に合わせて温泉に入った私たち。
温泉の隣に産直があり、そこがオープンするのが11:20なんです!
小さな小屋のような建物のこの産直、時間とともに野菜が届き、わーーーーっと人が集まりあっという間に売れていく、結構人気の産直なんです。
なので今回は野菜をゲットするのに夢中でこちらの写真はなし。(笑)

f0043911_14233531.jpg
大満足のお買い物はこちら。
大きなトマト4個で200円。
隣の緑のはモロッコインゲン
そのお隣は、あ~嬉しいむかご。(このむかごで作ったむかごご飯はこちらにも載ってます♪)
むかごは近所で売ってることは皆無なので、嬉しくて3袋買ったほか、欲しいとも言ってないのに「絶対に買ったほうがいいから!」とYちゃん妻にも無理やり買わせてしまい、私たちでほぼ買占め状態…。^_^;
手前は旬の柚子
そしてこれまた嬉しい銀杏♪
あ~一年ぶりの再会です(去年「柚子の里」キャンプ場に行った時にやはり帰りに買いました!)のハヤトウリ
これらは確か全部一袋100円だったのですから、びっくりでしょ。

f0043911_1458591.jpg
そしてこれまた買占め状態のいちじく
熟れておしりが割れはじめてますが、これらもなんと1袋100円!!!
嬉しすぎて、こちらも勝手にYちゃん妻の腕の中に入れてしまいました~♪
もちろんお預けするだけでは申し訳ないので、お酒のつまみにぴったりないちじくのごまだれのレシビを伝授いたしました~♪

これらの産直品、お値段ももちろん魅力的なのですが、なかなか買えない珍しいものがあるって言うのがなんと言っても嬉しいんですよね~。
今回はこの後実家に寄ったので、半分おすそ分けして帰ってきましたが、田舎育ちのうちの父などは、むかごやいちじく、銀杏をとっても喜んでいました。
お返しにとんでもない量の家庭菜園野菜をもらって帰り、この後とんでもなく大変な野菜消費週間が始まったのですが、これはまた後ほどご紹介できればと思います。

まだまだこちらのキャンプ場にいる私たち。
通常キャンプ場のチェックアウトは午前中なので、デイキャンプ扱いで時間延長して、夕方まで居座るの。^_^;
前日に来て、朝わさわさと帰り準備をするのはのんびりできずにつまらないから。

さて、ではそろそろお昼にしましょうかね。(って食べてばっかり~~~笑)

f0043911_14352233.jpg
ランチはこれまた準備の良いYちゃんが持ってきていたカレールーを使って朝からカレーを煮込んでいたんですよ~。
そして前日食べ切れなかった鶏ミンチがあるので、それをハンバーグにして焼いたものを添えた豪華版だよ~。
その他産直でゲットした果物と、きのこだけでなく畑までやってるNさんがくれた水菜などのサラダ。
豪華、豪華、豪華な青空ランチ~♡

f0043911_14353889.jpg
じゃじゃーーーーん!!!!
これがボリュームいっぱいの鶏ハンバーグカレー。
お味はどうかって?
そりゃーもちろんおいしいに決まってるじゃない♪

そんなこんなの楽しい二日間。
帰ってからも、夫と2人でしみじみ「キャンプは楽しいね~」とお酒を飲みつつ余韻に浸りました…。
この魅力ってなんでしょうね。
特に変わったことをしているわけでもないのだけれど、普段勤めていると余裕のないバタバタとした時間の過ごし方しかしていないので、このゆったりと過ぎていく時がとても贅沢に感じるのかもしれません。

もうかなり寒くなってきてしまいましたが、実は去年と同じくクリスマスは物好きキャンプをすることに決定しました~!
今回キャンプ場の事務所で受付したときに、「今年のクリスマスはもう既に一組予約が入りましたよ~」と言われたのです。
もしや、去年私たちが一組だけで貸切キャンプをしてるときに覗きにきたカップルだったりして~。
私たち夫婦は「何食べる~?」と食べることばかりに興味がいってるんですが、Yちゃん夫婦は「今年は飾りつけも気合入れるから~~~」と去年にも増して力が入るようなので、ますます楽しみです。
後はあまり寒くならないことを願うことばかりだわ…。


こちらのブログ村に参加しています。
秋の味覚が盛りだくさんのおいしいキャンプね~と思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by rakurakurakuko | 2007-11-23 14:45 | 小さな旅 | Comments(16)