人気ブログランキング |

タグ:オフ会 ( 40 ) タグの人気記事

ぶら~っと下諏訪の町を歩いた後に向かったのは、白樺湖。
6月の山菜の頃にもお呼ばれして、大変楽しく美味しいひとときを過ごさせていただいた、あのわらびさんのわらび山荘にて、今回はきのこの会が開催されるのです。
きのこ狩りをしてたくさんきのこ採って、そしてお料理して、食べる!!!
今年はきのこ狩りに関しては「毒さえ採れない」らしいけど、まぁそんなことはどーでもよい…。(くもないか…(^^ゞ)

下諏訪から白樺湖へは霧が峰(と言うと、欽ちゃんと某社のエアコンを思い出す古~い人間、それが私…汗)、車山高原を通っていくのですが、ここが絶好のドライブスポット、そしてドライブ日和♪♪

山の途中途中には車を止めて景色を見られるポイントがいくつもあり、あまりに綺麗だったので私たちもその都度何度も何度も車を止めては秋の山の景色を楽しみました。

f0043911_1852346.jpg
こちらはまだ草も枯れていない緑の山と青い空。

f0043911_1854882.jpg
白樺の後には少しずつ色づきつつある秋の山。
深い色のグラデーションが素敵。

f0043911_186171.jpg
真っ青な秋の空をバックに風に揺れるすすき。

f0043911_1862082.jpg
少しずつ日が落ちていく、そんな時間の光のカーテン。
なんとも神々しい…。

f0043911_1863731.jpg
そして…。
山の上から見下ろす白樺湖。
白樺湖のきのこの会に参加のみなさま、そして白樺湖に行ったことあるよ~って言うみなさま、白樺湖ってこんな形してるって知ってましたか?
あの湖の上の道を渡って、そしてたどり着くわらび山荘。
あぁ…、きのこが私たちを呼んでいる~~~!!!

と言うわけで、下諏訪、霧が峰連山(?)の寄り道後、一路白樺湖へ。
寄り道した割にはわらびさんの山荘にトップ到着!
鍵を開けさせていただき、中に入り、「あぁストーブ付けておいて欲しいって言われていたよなぁ」なんて思っていると、なにやらもう一台車が到着。
わらびさんたちが早く着いたのかな?なんて思って外に出てみると、車から降りてこられたのはすらっとした女性の方。
もうかれこれブログを通じてお世話になって(リアルにいろいろ美味しいものも数え切れないほど頂いているし!)それこそ何年も経つけれど初めて会うFujikaさんなのでした。
Fujikaさんの車にはいーっぱい荷物が乗っていたので(食べ物です・笑)、一緒に降ろしたりして、山荘のストーブもつけてもらいました。

荷物を入れて一段落しても、我が夫婦とFujikaさん以外、まだ到着せず…。
それではと交代で温泉に行くことにして、温泉から帰ってきたら山荘の持ち主わらびさんご夫妻や川越さんご夫妻は既に到着されており、カイエさんご家族もちょうど到着されたばかりでした。
一気にワイワイ、賑やかになる山荘。

この後夜になり、コンサートを聞いてから電車で駆けつけたぴかまま、パン教室を無事終えた後駆けつけたポメマルさんご夫婦も無事到着。

きのこの会は明日の朝きのこをみんなで採って、産直などで買い物をして、そして大お料理大会の後始まるのですが、その前夜祭としてこの日の晩も盛り上がる!!

f0043911_18111998.jpg
こちらはふみえさん作の浸し豆と春雨とズッキーニ(かな?)の和え物。
味付けの具合も優しくておいしいんですが、特に我が家にとって特筆すべきはこの春雨が奈良産の春雨だということ!
奈良の桜井(三輪そうめんで有名なところです)で作られたと言う春雨は、少し太めで食感がほんの少し葛きりにも似ていてとても美味しいスペシャルな春雨でした!

f0043911_18194738.jpg
これはパプリカのマリネ?(すみません…あまりの多さに覚えておらず…汗)
のっかってるディルは多分Fujikaさんが持ってきてくれたものなので、Fujikaさん作又はわらびさん作の秘蔵の瓶詰めか?!

f0043911_1820253.jpg
Fujikaさん作の蓮根のきんぴら。
蓮根の産地にお住まいのFujikaさんらしい一品。
胡椒風味の味付けがいい!!!

f0043911_18201696.jpg
わらびさん、ふみえさん作のすごーく大きな花豆の煮たの。
ふっくら大きな花豆が食べ応えあり!

f0043911_18203419.jpg
わらびさん作なた豆、きゅうりなどのお漬物。
なた豆は福神漬けに入っているのを見るくらいで、そのものが売っていることを見かけることはほとんどないので単独で食べるのは初めて!
コリッとしていて美味しい!

f0043911_1821136.jpg
新潟の栃尾で農園をされている方の、かぐら南蛮の煮たの
わらびさんと親交のある農園主さんの採れ立てかぐら南蛮を甘辛く煮たものなんですが、これがすごーーーーく美味しかった!
辛いんですが辛さの後に甘さと言うか旨みと言うか、押し寄せてくるんです。
味付け聞きたいくらい…。

f0043911_18211435.jpg
こちらはわらびさん作唐辛子(かぐら南蛮?)の煮たの。
「こっちはすっごく辛いよ~。少しずつ食べなきゃ駄目だよ~。」と言われましたが、このくらいの辛さはなんのそのの辛党のワタクシでしたので、沢山頂いてしまいました…。(^^ゞ

f0043911_1821254.jpg
こちらも同じく栃尾の農園主さんの唐辛子の酒粕漬け。
酒粕が得意ではないので少しだけ頂きました。

f0043911_18213679.jpg
わらびさんご提供のチーズ。

f0043911_18215096.jpg
Fujikaさん作茹で落花生。
おNewのわらびさんの圧力鍋でシューシュー言っていたのはこれです。

f0043911_1822628.jpg
この落花生、もうぎっちぎち、これ以上この部屋にはひとりも入れないよ~ってほどに実がぎっしりと詰まってまして、面白かった!!
フツー落花生と言うと一粒二粒、三粒入っていたらものすごくラッキー♪って感じですが、これは3粒は当たり前、上手くいけば4粒、一粒のなんてまったくないので当ったらそれはそれでラッキーって感じの落花生でした。
多分バレンシアと言う品種では?
年甲斐もなく、「わ~い♪4粒も入ってた~♪♪」と言って喜んでいた私を見て、ふみえさんが「まぁまるで少女のようね」と…。
これから先の人生でもきっともうそんなこと言われることはないと思うので、ありがたく嬉しくお言葉頂戴いたしました。(笑)

f0043911_18221994.jpg
焼きじゃがチーズのせ。
我が父作のジャガイモと、Fujikaさん作のジャガイモを一度茹でて、薪ストーブの上にのっけてチーズとともに焼くという、ここでしか出来ないジャガイモ料理。
ホクホク、熱々のジャガイモにチーズがとろけて体も心もとろけるよ~~~。
ラクレット薪ストーブ版と言ったところ。
こういうのいいよね~。

f0043911_18223221.jpg
こちらが薪ストーブ。
素敵すぎ~~~♪
火が赤々と燃えて暖かそうな様子を写真に撮りたいと思い何度かシャッター押していて、ホントはもっと赤々と炎が揺れててもっと素敵なんだけれど、一番よく撮れていたのがこちら。(^^ゞ
「ちゃんと炎も撮れたよ~」なんて夫に話していたら、またまた横からふみえさんが「少女のようね~」と言って下さり、立派なおばさんは大変うれしゅうございました♪

f0043911_18224623.jpg
本日のメイン、いろんなきのこ入り鍋。(取り分け済み)
こちらはわらび家秘蔵のいろんなきのこ、Fujikaさんが産直にて買ってきてくれた白菜や畑で作った里芋などなどがたーーーーーーくさん入った大きな鍋で作った盛りだくさん鍋。
土鍋になんて入りきらず、これはもうこの鍋で合宿みたいにドーンと出して各自取ってもらおう♪と、ホントに合宿で使うみたいな大鍋にてんこ盛りの鍋をリビングに持って行ってみんなで取り分けハフハフして食べました♪
あまりに鍋が重かったので、夫にオーブン用ミトンを両手分渡して「これをつけて鍋を運んで」と言ったら、鍋運ぶ前にミトンをつけてどっぷり腰を落として腕を開き「ゴーーーーール!!!」とゴールキーパーに変身気分でひとりで盛り上がっておりました。(+_+)
こんなことはいつものことなので「ふふ~ん」と横目で見ておりましたら、ふみえさんが大爆笑!
たった一人でもウケてくれて、夫は大層嬉しそうでした。(笑)

その他、カイエさん作の燻製など他にも沢山あったのだけれど、「今回は全部写真撮るぞー」と思って、しかもかなりその目標を達成していたと思っていたが、そーでもなかった…。(汗)

まぁ何はともあれ、楽しい夜は更けていき、「明日の朝のきのこ採り、朝6時50分までにここにいなかった人は置いていく!」のわらびさんの一言を最後に解散♪
ひ~~~っ起きられるのか私!!

そんな楽しい夜のとっても幻想的な白樺湖の写真は川越さんのこちらの記事
早朝のこれまた素敵な白樺湖の写真はポメマルさんのこちらの記事
前夜祭の沢山のお料理の数々の写真はカイエさんのこちらの記事
同じ場所の同じ時間が描かれる方によっていろいろ違って楽しくて、そして「見落としてた~、食べ落としてた~」って言うのがちょっと悔しい。(爆)

さぁ、お次はいよいよ本番、きのこ採りときのこ会だよ~~~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
で、もしかして前夜祭で楽子って食べてるばっかりで何も作らなかったんじゃ?って思った方(汗)、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2011-10-18 18:31 | 小さな旅 | Comments(12)

それは先週末のこと…。
わらびさんからお誘い頂き、白樺湖のわらび山荘にて行なわれる「山菜の会」に行って来ました。
わらび山荘と言うのは、その名の通り、わらびさんが所有する、お庭でいっぱいわらびがとれる山荘。

f0043911_021438.jpg
今までいろいろな方のブログで、山荘で行なわれるお食事会の様子を拝見してきましたが、そこに私たち夫婦も参加できるとは!!
それこそ夢のようなお話です。
早朝からの雨の後、神秘的な霧に包まれていた、わらび山荘。
しっとりと、そしてひっそりと。
私たちを待ち受けてくれたかのごとく。

実は、我が家の車は、当日家を出たときには特に問題もなかったカーナビが途中でウンともスンとも動かず画面が真っ暗のままになり、一瞬焦りましたが何とかたどり着くことが出来ました。
よかったわ~。(*^_^*)

まずは今回のメンバー紹介ですが…。
主催者はわらび山荘の持ち主であるわらびさんとふみえさん、ゲストは、葉山にて陶芸作家をしておられるonoさんとご主人様、いつもお世話になっておりますポメマルさん、同じ愛知県より参加のこちらも毎度お世話になっているカイエさんご夫婦と姫ちゃん、多分みなさんが今回はじめてお会いする秘密めいた(笑)川越さんと奥様、そして我が夫婦。
全部で12人。
Oh!No!
ひとっところにその人数では、人数オーバーじゃあ~りませんか~~~と思うなかれ、このわらび山荘はゲストがもっとたくさん集まっても十分に居心地良く過ごすことが出来、そして泊まれるほど広いのです。

前夜よりお泊りされていた方たちは、佐久の産直へ買出しに行かれていたので、誰もいらっしゃらないわらび山荘に初めてなのに勝手に上がらせていただいていた私たち。
お庭のあまりの広さと、おうちの中のあまりの居心地の良さに、主不在にも関わらずなんだかゆったりまったり寛がせていただいてしまった…。(^^ゞ

そうこうしているうちに、前泊組が山荘に戻られまして、山菜の会のオープニングにふさわしく、わらび山荘のお庭の山菜採りがはじまります。

山荘の表側のお庭だけでも十分な広さで、わらびさんとふみえさんのレクチャーを受けてから蕨をいっぱい採りました。
わらびって手でポキッと折って収穫することが出来るんですね。
山菜採りって初めてなので、何でも全部初体験!!

じゃあ裏に回りましょうと、山荘の裏手に行くと、そこにも蕨がいっぱい生えていて、蕨(わらび)以外にも蕗(ふき)やら山独活(うど)やら蓬(よもぎ)やら、あー後はなんだか名前が覚えられなかったけど、たくさんの山菜が芽吹いています。

f0043911_023448.jpg
こちらはそんなお庭にひょっこり現れる薪小屋。
素敵過ぎる…。
このお庭なんですが、山菜をはじめいろんな草も木も花もたくさんあり、それらが芽を出している地面といったら、もうこれ以上ないってほどふかふかなんです。
良く手入れされているのだなぁと思い聞いてみると、自然に木から葉っぱが落ち、それが堆積してこのようなふかふかの土になっているのだと。
蕨も特に植えずにこんなに増えていったのだそうです。
ほーんと魔法みたい。

f0043911_0234493.jpg
ふかふかの上を歩いているうちに、あっと言う間に二つの大きなかごが山菜でいっぱいになりました♪
(山菜が生えている様子など写真に採りたかったのですが、採るのに夢中で両手がいっぱいで撮れませんでした…(^^ゞ)

f0043911_0241392.jpg
山菜も十分採ったところで、ランチタイム。
重厚な一枚板のテーブルの上にはこんな素敵なしつらえが。
食用ほおずきとミニ薔薇です。

f0043911_0243056.jpg
ランチはこんな感じで美味しいパンいっぱい♪♪

f0043911_0244767.jpg
onoさんが捏ねて朝焼いてくれたパンもあれば、ポメさんが作ってきた生ハムのパテも。
生ハムのパテは、オフ会でも大評判だったおらこちゃんの生ハムパテ。(おらこちゃんは元気かなって思っているみなさま、おらこちゃんは元気ですよ~♪♪)

夜があるからね、いっぱい食べるからね、今あんまり食べちゃいけないんだよとそれぞれが肝に命じつつ、やっぱりいっぱい食べちゃった!!

f0043911_0315876.jpg
そんなこんなでいっぱい食べているうちに、いつの間にやらそしてどこから??って感じで、わらびさんが採ってきた山の藤の花。

f0043911_0321688.jpg
そしてニセアカシアの花。
なんとまた自然で素敵なデコレーションと思いきや、食べるために採ってきてくれたそうです。
あ~花を食すのが大好きな私としては大変楽しみ♪♪

そして、山菜採りの後ですからね、採ってきた蕨のアク抜きのレクチャーです。

f0043911_033765.jpg
まずはこんな風に大きな容器に灰(この灰は山荘の暖炉の薪の灰を取っておいたものだそうです)を入れ、

f0043911_0333144.jpg
その上に採ってきた蕨を並べ、

f0043911_0334852.jpg
大きな鍋で沸かしたお湯をジャーッと回しかけてから蕨が浮かび上がらないように重石をして一晩ほど。

f0043911_034751.jpg
前日に採ってアク抜きしておいて下さった蕨はこんな風に良い具合になっています。
アク抜き済みで売っている蕨はもっと黒い色をしているなぁと思ったら、蕨と言うのは空気に触れると黒くなっていってしまうので、こうして水に漬けて保存しておくのがきれいな緑を保つ秘訣だとか。
何はともあれ採れたて蕨をその場ですぐにアク抜きするのですから、一番ベストな蕨を食べることが出来ると言うことです。

そうこうしているうちに、みなさん、それぞれにお料理の下準備など。
あぁ…、私も持ってきたものはあるものの、作るのたったの一品だけだし、それも揚げる手前までは家でやってきちゃったしなぁ。
なんだかみなさんに申し訳ないような、手持ちぶたさ加減。(^^ゞ
みなさんのアシスタントとして動きますわ~。

そして、なかなか到着しないので心配されていたカイエさん一家が到着~♪
無事到着してよかった、よかった♪♪

そして、なんとなんと、茅野駅から標高差400メートルもなんのその、自転車で白樺湖まで来られたという川越さんご夫婦も到着~♪
茅野駅までの列車が倒木により突然止まってしまうと言うアクシデントあり~の、そんなのがなくてもこの山道のかなりの距離を自転車でってすごすぎる…。

続々とゲストは集まってきて、「僕たちはお料理食べる係~♪」と言う男性人は、わらび山荘のすぐ前にある温泉に浸かりに行っているんですが…。
いつまで経っても一番最初に行ったonoさんのご主人と我が夫が戻ってこない…。
実は我が夫は大変な長湯で、私と一緒に温泉に行ってもどちらかと言えば私が先に出て待っていたりするくらいなので、初対面のonoさんのご主人をそんな長湯につき合わせているのであれば悪いわぁとonoさんにさり気なく聞いてみたところ、onoさんのご主人も長湯だと言うことがわかり一安心。
この後、我が夫は後から行ったカイエさんのご主人と姫ちゃまと3人で手をつないで帰ってきたのですが、それからもonoさんのご主人はなかなか戻って来ず、なんと3時間も温泉に浸かられていました~~~。(゜o゜)
いつものことだそうですが、よほど気持ちがよかったのですねぇ。
食べて飲んじゃう前に、是非温泉に行って来てと言っていただき、料理人の女性たちもキリがいいところで(えぇ、私はずっとキリが良かったのだけど…汗)それぞれ温泉に浸かってきてリフレッシュし、もう食べる気満々!!

いよいよ、宴の開始です!!

主催者のわらびさんのご挨拶と乾杯とそして今回のメンバーの簡単な自己紹介。
今回は妻がブロガーであるけれど、ブログにはまるそんな妻がイマイチわからない…と思っている夫と言う組み合わせのペアが複数いまして(笑)、自己紹介の時には「いちおう、夫の○○です」と言うのが流行りました。(爆)

f0043911_0374540.jpg
そして料理ーーーーーーっ!!
バイキング形式と言うことでみんなのテーブルの後ろにお料理のテーブルが並んでいるのですけれど、もうそこにも乗り切らないほどお料理がいっぱい♪♪

f0043911_038038.jpg
違う角度からもご堪能下さい。
ご堪能頂いたからと言っても分けてはあげられませんけどね。(笑)

実はあれだけ食べておいて、個々のお料理の写真がない私…。
そう言えば、埼玉にいたときによくKIKちゃんちにみんなで集まっておいしいものを食べるオフ会していた頃、「楽ちゃんってさ~、最初だけは勢いよく写真撮ってるけど、途中から食べと飲みに集中して写真放棄するよね…。いつも最初の写真しかないよね~~。」と言われてたっけ…。(^^ゞ
やっぱりこういうくせは何年経っても変わらないらしい…。(汗)

と言うわけで、ほんの一部だけど辛うじてカメラに残ってたお料理たち。

f0043911_039335.jpg
カイエさん作の、ナンプラー豚の燻製。
ナンプラーの風味は穏やかで、燻製の風味は力強く、何ともワインにぴったりな一品。
最近燻製はトンとしていない私は、夫からその辺りを突っ込まれそうでドキドキしながらおいしく頂きました。

f0043911_0394536.jpg
onoさん作の、名前を忘れてしまいましたがエジプトの肉団子揚げ。
これはですね~、たっぷりのスパイスや松の実などと一緒に炒めて味をつけたお肉を、ハーブを加えた生のお肉(ともに挽肉)で包んでパン粉をつけて揚げたもの。
実はこの他、わらびさん作のラムのハンバーグや、私作の豚挽き肉を手羽先に詰めたものなども登場し、「今回はやたらミンチが多いね~」と言うことで、山菜の会はひそかに「ミンチの会」とも名付けられていたのです。
ご参加のみなさま、お気づきでしたか。(笑)

f0043911_0471279.jpg
ポメさん作の、パスティチオ。
salahiさんのレシピの、ギリシャ風パスタのオープン焼きです。
こちらに使用する太い穴あきのマカロニみたいなパスタは、ギリシャ直輸入!(salahiさんのお土産だよ~)
すみません、私パスタを茹で具合見ておくね~って言いながら、誰かに呼ばれてちょっと鍋の前を離れたら、頭が鶏さんな私は忘れてしまい気がつくと柔らかくなりすぎていてきれいに並べるのを難しくしてしまいました…。
でもおいしいからいいよねー。(そういう問題か???)

f0043911_0482637.jpg
こちらもonoさん作、手作りの月餅。
月餅を手作りしちゃうって人に初めて会いましたが、この月餅の餡が素晴らしいのですよ。
餡の中にはドライフルーツやナッツがザクザク入っていたのだけれど、このフルーツとナッツ入りと言うのが新鮮な驚きで、大変気に入ってしまいました。(特にドライフィグのぷちぷち♪)
このフルーツとナッツ入りの餡子でアンパン作ったら、そのパン屋さんすごく人気になるんじゃないかな~と思ったり、名古屋の喫茶店ならではの餡子つきトーストの餡子がこんなフルーツ入り餡子だったら、それはもう気軽に喫茶店だなんて呼べずにこだわりカフェになるのではないかな~と思ったり、とにかく妄想がぐわんぐわん膨らむほど美味しかった!!

f0043911_0493711.jpg
そして、私がただ一品だけ作った(汗)、ピッ ガイ ヤット サイ。
タイ風鶏の詰め物揚げです。(このときのタイ料理教室で習ったレシピ)
私ね、実のところ、これぞ自分の料理!って言うのがとても少なくて、これって美味しいけど万人においしいと思ってもらえるのかとか、今回は美味しく出来たけどいつでも美味しくできるのかとか(ハイ、ちゃんと分量量れば良いのですよね)思ってしまい、自信がないのよ~。
だけど、橋本先生のお料理だったら間違いないからね。
それに手羽先は名古屋の名物だからね。(爆)
名古屋に来てからこれをずっと作りたかったのだけれど、探しても探してもレシピが見つからず、とうとうだらしなくて申し訳ないのだけれどもう一度レシピ下さい…と橋本先生に頼んでレシピを頂いたのでした。
橋本先生、美味しく作れたよ~~~♪♪
ありがとうございました。

と、いっぱい食べていっぱい飲んで夜中までしゃべって暮れた一日。

翌朝、お寝坊気味の私が階下に行くと、朝もはよから既にそこはキッチンスタジアム!!
またまた少々だけアシスタントにいそしむ私…。(^^ゞ

f0043911_051569.jpg
またまたお料理を並べるテーブルいっぱいの料理が出てきました!!

f0043911_0512263.jpg
昨晩みんなあれだけ食べてたくせに、あっちからもこっちからも手が伸びる!!
やっぱ食いしん坊は胃袋も大きくて丈夫だよね~♪♪

f0043911_0514248.jpg
そんなあっちこっちから伸びる手をくぐりぬけ、ゲットしました私の朝食。
うふふ、朝からこんなに豪華でいいんでしょうか。

f0043911_051552.jpg
そんな豪華プレートのほかにも、蕎麦粉のすいとんもあるんだよ。
幸せすぎて怖いくらい…。

朝からいっぱい食べたので、腹ごなしに白樺湖畔を散策。

f0043911_0521988.jpg
どこを歩いても何ともきれいな景色。
湖畔で湧き水を汲んだり、白樺湖が白樺湖である所以たる白樺の林をのんびり歩いたり。
今度はもっとゆっくり湖畔を一周したいなぁ。
そのためには早起きが必須か…。
うーん、自信ない…。(^^ゞ

朝食後はそれぞれに都合の良い時間に名残惜しいけれどもわらび山荘を離れていきました。
我が家とカイエ家は最後までのんびりさせていただいて、そろそろ小腹も空いてきたでしょうと言うことで、わらびさんお薦めのお蕎麦やさんへ。
f0043911_0525772.jpg
蓼科湖畔のそば処やまなみ

f0043911_0531854.jpg
左は私が頼んだ蕎麦で、右のは確か一日10食限定の最後の1食を頂いた夫の蕎麦。
あぁ、一口食べたんですよ、お蕎麦。
しかし、実は山荘からここに来る間のくねくね道で車酔いしてしまった私は、不覚にも一口でギブアップ。
おいしかったのになぁ、全部夫の口に入ってしまいました。
ただ乗っていると酔っちゃうので、次回は是非自分で運転して来よう!!

この後、産直へ寄って少々野菜を買い求め、白樺湖の週末は終わったのでした。
いっぱい食べていっぱい飲んで、いっぱいおいしいものの話して、いっぱい笑って。
素敵な会にお誘い頂きわらびさん、ふみえさんありがとうございました。
そしてゲストのみなさま、楽しい時間をありがとうございました。
またお会いできたらいいなぁと願っております。
うふふ、みなさんのお料理や食材、そしてわらび山荘のお庭で採った蕨などもお土産にいっぱい頂き、我が家はまだまだ白樺湖の名残で暮らしております。(笑)
帰ってきてからも白樺湖が思い出されとても得した気分です。(*^_^*)
ではではおうちに帰ってきてからのお土産を使ったお料理などは次の記事でね♪


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ、なんておいしそうで素敵な会なの~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2011-06-17 01:04 | 小さな旅 | Comments(8)

ずいぶん前になるんですが…。(私のブログ記事はこのフレーズではじまるものが多い…(^^ゞ)
名古屋コーチンを食べまくって参りました♪
名古屋に引越してきてから、きちんとした(?)名古屋めし食べてこなかったので、これがちゃんとしたの食べるお初です!

f0043911_11182248.jpg
行ってきたのは金山駅近くにある「一鳳(いちおう)」。
名古屋コーチン、かしわ一筋50年の老舗だそーです。

さて、この日なぜ初名古屋めしを食べることになったかと言うと、ちょうどイギリスから帰国中のmeloさんが、旦那様も先に帰ったことだし(笑)名古屋に来るわ~と言うことになったのです。
元々、名古屋近辺在住のブログを通して知り合ったお友達は多く、以前はお味噌交換会と称して名古屋まで遠征させていただいたほどなんです。
しかしまさかその名古屋グループに自分が入るとは思ってもいなかったわけですが、今回そのお仲間に入れていただいたと言う訳。

待ち合わせした金山駅も初めて訪れましたが、わざわざ「金山総合駅」と表記している辺り、なんだかやたらと大げさな駅ですね~。(笑)
市営地下鉄2路線と、JRが同じく2路線、そして名鉄が乗り入れており、それらの乗り継ぎを良くし駅中や駅周辺のビルや広場を含めて開発し「総合駅」となったらしいですが、この仰々しさが名古屋らしい!!
駅前にはなぜか名古屋なのに「ボストン美術館」があるし…。(爆)
無駄に大げさでグローバルなところ、いかにも!って感じでなかなか好きです!!
名古屋の南玄関となる金山駅周辺は、東京で言えば上野みたいなところらしいです。

さて、そんなでら名古屋っぽい(この使い方は合っているのか…)金山駅改札前にて無事、みんな集合!!
集まったのは、前述のmeloさんはじめ、ぴかままカイエさん、そしてmargoさん
margoさんはお初にお目にかかりましたが、なんとお住まいが我が家ととても近くて嬉しい♪♪

f0043911_11254197.jpg
で、みんなでボチボチ歩いて一鳳へ。
こんな素敵な数奇屋造りの一軒屋。
実はこの正面の入り口がよくわからず、裏口から入らせていただいた私たちなんですが…。(汗)

f0043911_11255963.jpg
大部屋もあるようですが、私たちが入れていただいたのはこちらの個室。
いいですね~、個室は!
思う存分しゃべっても回りのお客様の迷惑にならないし、何より私たちは一応ブロガー。
心置きなく写真が撮れる!!(爆)

f0043911_1126399.jpg
で、私たちが頂いたものは、様々な名古屋コーチンの料理を堪能できると言う、「コーチン彩膳」。
心置きなく写真撮った割にはずいぶんとピンボケですが…。(汗)
唐揚げ、炙りたたき、玉子焼き、すき焼き、笹身の胡麻サラダ、そしてご飯と赤味噌のお味噌汁とデザート。
デザートは名古屋コーチンのプリンとあり、私たちは思わず「名古屋コーチンのコラーゲンか何かを使って作ったプリンか?!」などと盛り上がってしまったのだけれど、聞いてみたら名古屋コーチンの卵を使ったプリンで(当然ですっ!!)、「おいしそう~♪」と気持ちが高ぶったのに品切れになっていて桜のアイスになってしまったのが残念でした…。

f0043911_11265849.jpg
こちらはコーチンのすき焼き。
名古屋のすき焼きはやっぱり甘い~~~!!

そして実はここで名古屋すき焼きの謎が解明されたのだけれど(ハイ、名古屋流に何ごとも大げさです(^^ゞ)、関東ですき焼き食べる時ってあらかじめ割り下を作っておいて、それで鍋の味付けて食べますよね。
名古屋でおうちですき焼きやる場合、割り下は作らず、すき焼き鍋に直接テキトーにお砂糖とか醤油とかお酒とかみりんを入れて味付けるんですって。
ずいぶんと昔に私、沖縄の阿嘉島と言うところにある、当時は民宿とダイビングサービスをしていた「ウエストコースト」にまったく使えないスタッフとしてお世話になっていたことがあるんですが、そこの庭で七輪並べて時々食べたすき焼きは、確かにそれぞれのグループがそれぞれの鍋に直接お醤油とか入れて味付けていたんですよ。
当時、料理をまったくしなかった(出来なかったとも言う…)私は、どうしたらちょうど良い味になるかがまったく想像できないオンナで、それでもスタッフなのでなんとな~く先導しなくてはいけない雰囲気の中恐る恐るお味を決めてみたんですが、やはり恐る恐るのお味は美味しくなかったみたいで、私の七輪に集まってくる人は極端に少なかったのよ~~~。(悲)
ここのオーナーである裕子さんは、そう、名古屋の方なんですよね。
名古屋流のすき焼きが各人がその場で味をつけるこういうものとはつゆ知らず、私は「あ~あ、裕子さん、それぞれにやってもらったほうが楽だからこうしているのね~。でも私にはツライわ…。」なんて思っていました。
あはは~、ごめんね、裕子さん。

と思い出話に話がそれましたが、このコーチン入りのすき焼きをコーチンの卵で食べると言う贅沢な一品。
名古屋コーチンの卵のTKG(卵かけご飯)を食べるのが夢と言う我が夫、見たかーーーーー!!!

そうこうしているうちに、なにやら外から怪しげな音が聞こえてくるんですが…。
「これってもしかして雷????」
この日、私が金山駅に着いたときには天気はピーカン、その後続々とみんなが集まり、meloさんが改札口から出てきたときにはなにやら雲が厚くなり、そして店まで歩いている間には「これっていつ雨が降ってもおかしくない空模様だよね」になり、そして雷…。
えぇ、meloさんは世界各国どこに行っても雨を降らす、自他共に認める雨オンナ。
この後、おしゃべりの声さえもさえぎるほどのすごい土砂降りになったことは言うまでもありません。(笑)
すごいパワーだっ!!!

全体的に味が濃いのが関東人の私にしてみればちょっくら残念でしたが、初コーチン楽しめました♪♪
ここだけじゃなく、他の店でもやっぱり名古屋はちょっと味が濃いんだよね。
ほら、味が濃いとまだまだおなかに余裕はあってもなんだか口がおなかいっぱいになってしまうでしょ。
それが大食いとしては残念なのです…。^_^;

この後、矢場町、栄方面に移動して、時々思い出したように雨が降る中、からくり人形時計など観光。
あいにく人形が出てくる時間までずいぶんと間があったので見られなかったけど。
悪天候だと中止だって~~~。
meloさん、何回名古屋へ来れば見られるかな。(笑)

そんなこんなで歩いたりしゃべったり写真撮ったりして、お茶しようと言うことになり和カフェへ。
雀おどり總本店」。
ぴよ好きぴかままは、「わ~い、ここもぴよだ~~~♪」と大喜び♪♪

f0043911_11301175.jpg
お茶とお菓子のセットを頼むと、こんなにたくさんの中から選ぶことが出来ます。
そー言えば、誰だったか食べる気満々で「え~~~っこれ全部いいんですか~~~」って聞いてなかった???(笑)

f0043911_11302813.jpg
こちらは私が頼んだ抹茶白玉あんみつ。
の、抹茶蜜かける前。(かけた後撮り忘れました…汗)

和菓子のセットもこのあんみつにも、もれなくういろうがついてくる!!
名古屋と言えばやっぱりういろう!!
「悔しかったら言ってみな!!白黒抹茶、あずき、コーヒー、柚子、桜♪青柳ういろう~~~♪」
今でもソラで歌えるCMソング。(笑)
でも今にして思うに、一地方のお土産品を全国ネットのテレビでCM流していたってすごくない??
だから私にとってはういろうと言えば青柳。(笑)
青柳ういろう以外のういろうは初めて食べました♪
なんとなくここのういろうのほうが手作りっぽい感じがした!!

この後、それぞれ用事があったり帰る方面が違ったりしたので、ここでお別れ。
みなさま、楽しい時間をありがと~♪♪
名古屋グループのみなさま、今回は場所選定から何から何までありがとうございました~。
私も今度は「ここ、どう?」って言えるくらい名古屋通になっていたいわ~。(*^_^*)

そしてオフ会と言えば、お楽しみは帰った後も♪♪
えへへ、恒例のわらしべお土産。

f0043911_11314242.jpg
meloさんから~♪
赤い缶は我が家でヘビロテの「スモークド・パプリカ」。
「このクッキーめちゃくちゃ美味しい!!」と気に入ってたオーガニッククッキーなど。

f0043911_1132121.jpg
ぴかままから~♪
オリーブグラッセはなんと私が大好きな小豆島の塩漬けオリーブ屋さんのものではないですか~!!
噛むとしっかりオリーブのジューシーさが味わえて美味しい♪

f0043911_11321284.jpg
カイエさんから~♪
手作り豆味噌はもちろん、「つけてみそ、かけてみそ」の高級版っぽいつけ味噌など名古屋の香りぷんぷん♪♪
このつけみそ、実は先日良い使い方思いついたのよ~~~。(記事は気長に待ってください・笑)

f0043911_11323112.jpg
margoさんから~♪
手作りバックや小物などたくさん♪♪
バッグの生地はみんなそれぞれに違うものだったのだけれど、それぞれに合ったものをちゃんと選んでくれていて、私が頂いたバッグの生地、ホントに好み♪♪(今度手芸屋さん教えて欲しい~♪ってか、ご近所デートしましょうね)

お陰さまで、今でもチビチビ楽しませていただいています♪♪
名古屋生活のはじまりの、楽しい楽しいオフ会とお土産でした。


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ~名古屋コーチン尽くしだなんて名古屋ならではで贅沢だわ~~~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
by rakurakurakuko | 2011-05-20 11:37 | こんなところに行って来ました | Comments(14)

奈良の街歩きと「雷来」

えーっと…。
またまた少々前の話で恐縮ですが、8月も終わりのある日。
ブログを通して仲良くさせていただいているMeKABUさんと奈良の街を散策してきました。
学生時代のお友達との京都旅行の合間を縫って、奈良まで来てくださったというわけです。
お聞きしてみるとすごーく久しぶりにお友達とお会いしたそうで、その宮崎からいらっしゃったお友達にもずうずうしく奈良までご足労いただきました。(笑)
MeKABUさんとお友達はお昼頃から奈良にいらしたのですが、私は夕方近くから合流。
来ていただいたら是非行きたいな~と思っていた「ならまち」の散策からスタート♪

f0043911_15303275.jpg
ならまちと言うのは、猿沢池の南に広がる、町屋やお寺などが立ち並ぶ古い町。
行政区分上の住所で「ならまち」と言うのはないのだけれど、この辺りは昔のままの美しい街並みが残り、そんな街並みの町屋を再生したカフェや雑貨屋さんなどが近年増えてきた地域。
特に女性だったらこのあたりを歩いて退屈しちゃうって方はいないんじゃないかなぁ。

f0043911_15305595.jpg
吉野を歩いたときの記事でも紹介した漢方薬「陀羅尼助」などを売る、風情のあるこんな薬屋さんがあったり、

f0043911_15311120.jpg
民家やお店の間には、よくよく注意しなければ通り過ぎてしまいそうなほど街並みに溶け込んでいる、お寺や神社もいくつもあります。
こちらは「御霊(ごりょう)神社」。
その名からも分かるとおり、元々は「非常の死を遂げた人」を祀る神社ですが、今は縁結びの神様として有名です。

f0043911_1531267.jpg
元は学生寮だったという長屋風の建物を改造した「ならまち工房」。
この正面から見た通路がとても素敵で、その通路沿いにいくつもの小さな雑貨や手作りアクセサリーの店が入っています。

f0043911_15314477.jpg
そしてならまちでは、普通の家さえもまるで普通じゃない!(笑)
一体何時頃の建物なんでしょうねぇ…。
一度でいいからこんな家に住んでみたいものです。

f0043911_153214.jpg
楽しくならまち散策♪と言いたい所なんてすが、なんとこの日は夕立に見舞われてしまい…。
近鉄奈良駅を出てすぐの東向き商店街から餅飯殿(もちいどの)通りに続くアーケードを歩いているところで既に雨にパラパラと降られ、その後ところどころで雨宿りなどをしながら散策していたんですが、とうとう「奈良町資料館」のところで大雨に見舞われ一歩も進めない状況になってしまいました…。(+_+)
すごーく狭い軒先で雨宿り。(爆)

f0043911_1532235.jpg
この奈良町資料館では、一番最初の写真の店や漢方薬屋さんの軒先に吊るしてある手作りの「身代わり申」が売っているのですが、せっかく来たのになんとこの日は閉まっていました。
土日祝日のみの開館で(この日は金曜日)、その開館時間も10時から4時ととっても短い!
土日祝日のみと言うのはあまりないけれど、ここならまちは店は5時くらいで閉まってしまう店が多いので早めの散策がお薦め。
狭い軒先で雨宿りをしつつ眺めた資料館の裏手の壁には、「身代わり申」の「申」にかけてあるのか「見ざる聞きざる言わざる」の三猿ごとき置物がいっぱい並んでいたり、古い看板が立ててあったりして面白かったです。

f0043911_15325011.jpg
そんな三猿などを眺めつつ、結構長いことおしゃべりしながら雨宿りしていると、何とか歩けるくらいに雨がやんできたのでまた移動。
たどり着いたのは「吉田蚊帳」。
昔懐かしい大きな蚊帳も店内にはありますが、今は蚊帳布を使った「ならまちふきん」やコースーター、ランチョンマット、のれんなどを扱っています。
蚊帳布を使ったふきんでは有名な「白雪ふきん」がありますが、ここのふきんは白いもののほか、見ているだけでも楽しくなるほど沢山の素敵な色に染め上げられたものもあります。
お値段もお手頃なので自分へのお土産は勿論、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれるのではないかと思います。
そんなふきんを見ていると雨もすっかり上がり、夕方の暖かい色の日差しが戻ってきました♪

この後、奈良公園一体のお寺や主要な建築物がライトアップされるのでそれを見て回ろうと思っていましたが、その前に奈良へ来たならとりあえずここは回ったほうが良いだろうと思われる東大寺(でも南大門まで…笑)を見て、その後ちょっとカフェで休憩してから、今度は夜の奈良へ繰り出します。

f0043911_15332488.jpg
猿沢池から興福寺五重塔を見上げたところ。
夜の猿沢池にはこちらの記事にある「なら燈花会」の時にも来ており、その時は奈良とは思えないほどの人口密度にびっくりしましたが、今回は何でもない金曜日だったので普通の奈良の人口密度に戻っていました。(笑)
と言うのはちょっと良く言いすぎで、実際には缶ビール片手にベンチに座る近所のおっちゃん数人がこの夜景を眺めているだけで、観光客らしき人は私たちくらいしかいませんでした。(爆)
えーい!夜景3人占めだぜ~ぃ!!^_^;

f0043911_15345679.jpg
その後、五十二段の階段を上り、五重塔前にて記念撮影。
そう言えばぴかぴさんのブログのこちらの記事にて知りましたが、ここ興福寺の阿修羅像は只今全国行脚中のようで、九州の会場ではこの阿修羅さまを見るのに4時間待ちだったそうです…。(+_+)
ひぇ~~~い!!4時間!!
きっと阿修羅さまも奈良にずっといたのでは一生感じることがないかもしれない人口密度に驚かれていることでしょう。^_^;

f0043911_15352588.jpg
そんな興福寺を後にして、浮見堂へ。
ここはもしかすると観光スポットとは言わないのかもしれないけれど、私はこの奈良公園一体で一番と言ってもよいほど好きな場所。
この日は、浮見堂周辺には百日紅(さるすべり)の花が咲いており、薄暗がりの中ではありますがとても素敵でした。

f0043911_15355612.jpg
この浮見堂は、中に入ることもできるんですよ~。
雨上がりの橋を渡ってお堂の中へ入ると、内壁に沿ってベンチのようなものが作られており、腰掛けることも出来ます。
昼間はここでお弁当などを広げてくつろいでいる方もいらっしゃるとのこと。
なんだか奈良っぽい…。(笑)
この日、このお堂の中にいたのは私たちだけで、ここで件の春日大社荷茶屋にて行なわれていたジャズコンサートの遠くに聞こえる音を楽しんでいたのでした。

f0043911_15372161.jpg
そんな風に少々ではありますが夜の奈良公園周辺を楽しんだ後の更なるお楽しみはやっぱりこれでしょう~!
ビールで乾杯♪
近鉄奈良駅前の小西通りから少々脇道に入ったところにあるダイニングバー雷来(らいらい)に行きました。(Fちゃん、教えてくれてありがとね~)
近鉄奈良駅からもとても近く、また遅くまで開いており(奈良においてはここが重要ポイント!)、何より奈良っぽくないとさえ思ってしまうくらいおしゃれなお店です。(笑)
お通しさえも居酒屋さんにしてはおしゃれですよね~。
ちなみにここは、確か桜井市にある老舗蔵元の直営店だそうです。

とにかく歩いてお腹が空いているので、食べる、食べる…。

f0043911_15375381.jpg
ビールにはやっぱりこれだよね~のチョリソーとフライドポテト。

f0043911_1538993.jpg
豆腐カツ。

f0043911_15382448.jpg
大根と香味野菜のサラダ。

f0043911_15383655.jpg
タコブツとピリ辛きゅうり。

f0043911_15384713.jpg
フォアグラ大根。

f0043911_153926.jpg
海老とアボカドの明太マヨ。

f0043911_15391388.jpg
煮豚と煮卵のネギまみれ。

f0043911_1539241.jpg
う~ん、これはなんだっただろう…。(笑)

とにかく食べました!(爆)

どれも盛り付けもきれいで、お値段にしっかりと見合った量もあったと思います。
ピリ辛系のお料理がお得意みたいでそれはとってもおいしかったけど、煮豚と煮卵のネギまみれはとってもお味が濃くて、これだけでビール何杯も飲んじゃいそうなのが怖かった~。^_^;
しゃべっては飲み、しゃべっては飲み…。
何年かぶりの友人との再会で盛り上がっているところに、ずうずうしくお邪魔してずうずうしく私も負けじと十分盛り上がってしまいました♪
ははは~、牡蠣にあたってもあたっても懲りない話なんてやたらと笑ったよね~。

これだけ食べて飲んでそしてしゃべって、確かひとり3000円くらいだったと思うのでとってもリーズナブルでした。
私はビールで通してしまったけれど、ここは日本酒もおいしいのをそろえているそうなので日本酒好きの方も楽しめるのではないかと思います。

そして、このお店を出てそこでMeKABUさんとお友達とはお別れ。
その日、奈良のホテルに一泊してから翌日京都へ行かれもうひとりのお友達と合流して楽しく過ごされたようです。
大切な友人との京都旅行の間に奈良も入れてくれて、そして会ってくれてありがとね~。

f0043911_1540814.jpg
お土産まで頂いてしまってありがとう!!
頂いたお土産はこちらの写真の、京都の本田味噌のいちじく味噌と味噌ラスクの他、ふたばの豆餅もいただきました。(豆餅は写真に収まる前にお腹に収まっちゃいました・笑)
頂いたいちじく味噌、厚切りにしてフライパンでじっくり焼いた茄子にのっけて食べてみたよー。
実はこの薄い緑の皮の茄子がイマイチ思ったような味と食感ではなかったのが残念だったのだけれど、茄子といちじく味噌との相性はバッチリでした!
甘くてドライフィグのプチプチ感がおいしくてとても使いやすいお味噌でした♪

f0043911_15404280.jpg
ついでですが、この後もならまち周辺にはちょくちょくと出かけており、そんなならまちで買ったお月見セット。
これ、全部布で出来ているんですよ~。
小さなサイズなのでうちのようなマンションに飾るのにはぴったりです!
こういうの大好き~♪
明日は中秋の名月。
今日は雨が降ってますが明日は晴れるかな?


こちらのブログ村に参加しています。
ならまちも奈良の夜もブログでの出会いも素敵~♪って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)


ブログランキング・にほんブログ村へ
by rakurakurakuko | 2009-10-02 15:41 | こんなところに行って来ました | Comments(11)

かなーり記事アップが遅くてトホホ…なんですが、今年も自家製お味噌の交換会に参加させていただきました!
私がお味噌を作り始めたのは2006年の冬から
ちょうどこのブログをはじめた頃のことです。
ちょっとだけ面倒だな気分もあったのだけれど(汗)、その頃ちょうど味噌作りをはじめる方が沢山いらして、おいしいのが出来たら交換したいね~などと言う声に後を押され、自家製味噌作りの輪に加わったというわけ。
今年が味噌作り4年目となりましたが、今回の交換会は3年目となるお味噌の交換会です。

f0043911_12124039.jpg
こちらがお味噌同好会の方々から届いたお味噌。
豆と麹と塩を混ぜて発酵熟成させる、ただそれだけのことなんですが、作る方によって環境によって、そして勿論材料によってこれだけ違うお味噌ができるんですよ~。

メープルままさんからは米味噌と2007年仕込みの赤味噌
米味噌は麹をいつもより多めの分量にしたものと、いつもの分量のものの2種類作られたそうです。
色の薄いほうが米味噌で濃いほうが赤味噌。
二年物の赤味噌、食べるのが楽しみ~♪

カイエさんからは黒豆入りの豆味噌と麦味噌
昨年は姫ちゃん誕生の前にドキドキしながら(仕込む前に生まれちゃったらどーしよ~ってこと♪)仕込んだ思い出の味噌だそうです。
豆味噌は豆麹がなかなか手に入らず仕込むことができないので嬉しいです。

shinohahaさんからは黒豆入りの米味噌となんと黒豆100%の米味噌、そしてこれがなんとも豪快でアクティブなshinohahaさんらしいな~と思うのですけど2007年に仕込んだけれど仕込んだことを忘れてて今年発掘された味噌。
市民講座にてみなさんで大量に仕込む(なんと120kg!)プロ級味噌です。

花連さんからは、これまた毎年みなさんと大量に作られている米味噌(でいいんですよね)。
大量に炊いてその大豆と麹を混ぜたものをミンチ機でつぶし、味噌玉にしたところで各家庭に持って帰ってそれぞれ樽に仕込むと前にお聞きしました。
昨年のお味噌には沢山の思い出が含まれているでしょうから、食べるたびに良いことを思い出せたらいいですよね。

いらさんからは豆・麦・米の三種類の麹を混ぜた赤味噌と米麹の白味噌
麹が三種類だなんてデラックス味噌だなぁ。
前年にお味噌をおすそ分けしたお隣さんも今年はお味噌仲間になりいらさん指導の下一緒に作られたそうです。
いらさん、少し前まで「お味噌がカビてしまい畑に埋める夢をみた」方とは思えません!!(笑)

ながじんさんからは米味噌と麦味噌
バンダナをきりりと巻いたつまみ隊くん達が参加して踏み踏み、混ぜ混ぜしてくれるお味噌。(裸足のまま味噌踏みしようとするうちの夫に爪のあかを煎じて飲ませたい…)
いつも味噌作りの記事を拝見するたびにこういいうのっていいなぁと思い、ニヤニヤと見つめてしまいます。

ポメマルさんからは米味噌
ポメさんらしいこだわりを感じるなんとコシヒカリの生麹を使用した豪華味噌♪
酵母を入れるとカビない情報(はい、私です…^_^;)を聞きポメさんもりんご酵母入りで仕込まれたのに、カビちゃってごめんなさい…。m(__)m

ホントは記事にするに当たり、味噌の香りと味比べをしたいなぁなんて思って引き伸ばしていたのですけど、どーにもこーにも花粉症でそれどころではなくなっちゃったので、地道に(?)お味噌汁に使わせていただきそれぞれのお味を堪能させていただきたいと思います。

f0043911_12131345.jpg
そしてお味噌交換会で頂いたのはお味噌だけではなく…。
こんなにいっぱいの副産物(って言うのだろうか…爆)が~~~!!
実はずうずうしくも毎年これもとっても楽しみにしているんですけど。(笑)
こちらには今回ドイツから帰国して東海地区お味噌同好会に見事加入を果たされたぴかままさんからの、なごやんには欠かせない(?)「つけてみそかけてみそ柚子味」が入っています。
…と思って写真をよーく見たら、なんと入ってない!!!(汗)
昨年末にお会いしたときに先取りで頂いちゃったので、実はその後すぐに使い始めちゃって仲間に入れるの忘れました。
この冬我が家にごろんごろんとあった大根で風呂吹き大根を作ったときや、こんにゃく田楽にかけたりして楽しんだのですが、もしやこれって名古屋名物(?)味噌トーストにしてもおいしいかしらん。

みなさま、本当にありがとうございました♪
また来年も期待しております。(爆)

そして、今年のお味噌作りの記事でもチラッと述べた大豆を煮たときの煮汁
いつもお味噌作りの時にはちょっとバタバタとしているのでもったいないなぁと思いつつ捨ててしまったりすることも多かったのですが、副産物好きの私としてはどーもそれが気になってしまい…。
今年は煮汁を取っておき、いろいろ利用してみました♪(ビンボー臭いなんて言わないでね~~~)

実は一回目の仕込みの時にとっておき、その後数日お味噌汁を作るときに水と半々くらいにして利用したのですよ~。
お味のほどは、特に夫にはすごーく不評だったのだけど(とにかく甘い!甘すぎる!!)、なんとこれを飲み続けているとお肌しっとり~になったのです。(ちなみに私は極度の感想肌)
そういえば化粧品なんかにも大豆イソフラボン入りとかって書いてあるよなぁと思い、俄然、モード・大豆煮汁に!!

二回目の仕込みの煮汁は一回目の不評利用を踏まえ、味噌汁以外に利用しました。(笑)

f0043911_12174478.jpg
こちらは水の代りに大豆の煮汁を利用して捏ねた、みかん酵母のパン
元々私が作るパンはハード系が多いのでそんなに砂糖は入れないのだけれど、今回は煮汁が甘いので糖分は全く入れず、全粒紛少々とはるゆたかブレンドと大豆煮汁、みかん酵母液を入れて捏ねたストレート法で作るパン。
多分みかん酵母の発酵力がイマイチだからだと思うのですけど(みかん酵母は最初の発酵力は強いけどなんだか持続性がないのです…)、期待していたようには膨らまず、大きなパンはちょっと無理かなと思ったので小さく丸めて焼いてみました。
中にはずっと前にポメマルさんから頂いたオレンジのコンフィを小さく切って入れました。
ちょっとコンフィのシロップが噴出してますが、つまり気味の生地もこれならあまり気にならずにおいしく頂くことが出来ました♪

f0043911_12182368.jpg
こちらはコーンと卵の中華スープ
だいたい4人分くらいの量で、大豆の煮汁4カップに少々の鶏がらスープの素を加えて溶かし、そこにクリーム状のコーンの缶詰1缶を入れて煮立て、塩胡椒で調味。
片栗粉大さじ1を大さじ3の水で溶かして水溶き片栗粉をつくり、それを加えてかき混ぜてとろみをつけたところに卵2個分の溶き卵を入れて手早く混ぜて半熟状で火を止めて出来上がり。
いつもは普通の水から鶏がらスープを作り、調味するときにお砂糖を少々加えるのですけど、大豆の煮汁利用だったらそれで十分甘いので砂糖いらず♪
かなり久しぶりに作った中華スープですが、味噌汁には良い顔しなかった夫もこれにはニコニコ♡

f0043911_12184426.jpg
しかし基本毎日夕食には白いご飯を食べる我が家では、毎日味噌汁以外のスープを作ってばかりな訳にもいかず、残りの煮汁はこんな風にジップロックに入れて冷凍!(はい、そこまでします…苦笑)

f0043911_1219223.jpg
そのフローズン大豆煮汁で、クリームシチュー
なんだか3月に入ってものすごく寒くなったお雛祭りの夜に、とにかく体を暖かくしたーいと冷蔵庫にあった野菜の整理も兼ねて市販のシチューの素を利用して作りました。
大豆の煮汁が甘いのと水に比べればちょっともったりとしているので、最後に加える牛乳はシチューの素のレシピよりも少なめ。
お雛祭りには全く関係ないメニューでしたが、かなりおいしかったです。^_^;

f0043911_12193563.jpg
そして調理時間のあまりなかった平日の夜に作ったレンズ豆とソーセージの煮込み
タマネギ1個を粗みじん切りにして、鍋にみじん切りにしたニンニク大きいの1片とオリーブオイルたっぷりを入れて炒めて香りが出たところでタマネギ投入。
タマネギがしんなりしてきたら、レンズ豆(確か1カップ強)を洗って水きりしたものを入れてざっくりと混ぜ、大豆の煮汁を加えて沸騰したら弱火にし、少々の塩と月桂樹の葉とそろそろ使い切りたかった柿の実だけで作った柿酵母(甘み出汁と煮崩れ防止のため)を入れ、片側に斜めに細く切れ目を入れたソーセージを入れて混ぜ合わせ、そのままお風呂タイム♪
煮汁がなくなってきたら今一度味見をして少なければ塩、胡椒を加えて出来上がり!
色は悪いですが(ホントはパセリを散らしたかったけど寒くてベランダに出る気が起こらず…)とってもおいしいです。
そのまま残った半分はジップロックに入れて冷凍し、昨晩またおいしく頂きました♪

f0043911_1220301.jpg
それから味噌を仕込んでいる途中で、煮汁を使ってこんなものを仕込みました。
去年も仕込んですごーくびっくりさせられた大豆酵母です。

f0043911_1223741.jpg
今年はとても合理的に(超手抜きとも言う)、ちょうどほとんどなくなりかけてたりんご酵母の瓶に入れて仕込みます。
そうすると瓶を洗って煮沸消毒をする手間もないし、底には液だけじゃなく酵母の澱もいっぱい沈んでいるので発酵をする大きな手助けとなります。

f0043911_12232321.jpg
大豆はビニール袋に入れて踏み踏みしたつぶした大豆をカレースプーンに山盛りいっぱい加え、そこに人肌程度に冷ました大豆の煮汁を入れるだけ。
煮汁がすごく甘いので糖分も全く加えず仕込み、このまま冷蔵庫にて3日寝かせました。

f0043911_12234875.jpg
常温に出した翌日、なにやら既に発酵している模様。
蓋をちょっとだけ緩めるとプシュッと言う音と共に何にもしてないのに勝手に瓶の中で大豆コボちゃん対流中♪
蜂蜜もお砂糖も全く入れてないのにすごいエネルギー!
発酵の具合は申し分ないのですが舐めて見たら去年のようにビールのキリリ具合がなかったので、少しだけきび砂糖を入れて発酵を強化(?)してから利用してみました。
大豆酵母も普通のフルーツ酵母と同じように肉や魚の匂い消しや柔らかくするために使うこともできます。

f0043911_12242873.jpg
こちらは大豆酵母のライ麦パン
300gの粉のうち、50gがライ麦。
50gのライ麦と50gの大豆酵母液で前種を作り、その後250gのはるゆたかブレンドと塩と50ccの大豆酵母液と水、白ゴマを入れて捏ねた生地。
寒い日だったので少々発酵に時間がかかりましたが、何とか膨らみました!
ライ麦とゴマの風味がなかなか良いのですよ~。

f0043911_12245012.jpg
こちらは大豆の煮汁入り酒粕クラッカー。(焼く前)
これ、発酵時間が全く要らないので簡単にできるんです。
しかも酒粕が焼くとチーズみたいな風味になってとってもおいしいのなんのって…!
作り方はこちらの酒粕クラッカーを参照に、水を大豆酵母に置き換えて作りました。
酒粕の料理をいろいろ試して見たくて買った酒粕なんですが、私も夫もどーも酒粕が前面に出ちゃってる料理はどんな調理法でも苦手なことがわかり、もてあましていた酒粕。
このクラッカーだったらお腹がすいたときにもちょっとした酒のつまみにもいいので、只今余っている酒粕をこの分量ずつに小分けして冷凍しちゃおうかと思ってます。
焼いた後の写真を撮り忘れてしまったのだけれど、ポメマルさんがブログの記事に載せてくれたのでご覧になりたい方はこちらの記事にてみてください。

以上、大豆の煮汁を利用したお料理アレコレでした♪

f0043911_12273240.jpg
なんだか記事が長くなって申し訳ないですが、もう一つおまけで、お味噌仕込みの時に便利だったもの。
柔らかく煮た大豆を一食分くらいだけ取り置いて、それを好みに薄めた麺つゆに浸して冷やしておいたひたしまめ
ホントのひたし豆はもう少し固く仕上げるのだと思うけど、ホクホクの柔らか大豆に麺つゆダシが沁みたこれもとてもおいしかった~!
お味噌を仕込んだ夜の一品になるので、手間要らずなのが嬉しかったです。


こちらのブログ村に参加しています。
お肌プルプルの大豆煮汁って気になる~って方(ビンボー臭いと思わない方限定!爆)、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2009-03-14 12:35 | お味噌作り記録 | Comments(31)

先日の日曜日、前日にロンドンより帰国したmeloさんと、名古屋から帰京していたぴかままと、そしていつもお世話になってますポメマルさんとオフ会しました♪
この日の東京はとにかく暑かった!
12月も半ばを過ぎ、クリスマスまで数日だと言うのに、なんと最高気温が20℃くらいあったんですからね~。
ちょっと異常…。
喋りまくり、飲みまくり、しゃべり捲る前に、既に4人とも熱~くなっていました…。^_^;

f0043911_125498.jpg
行った先は、中目黒のイタリアン、イル・ルポーネです。
中目黒駅から歩いても5分くらいの、山手通りからちょっと小さな路地を入ったところにあるこじんまりとしたお店で、入り口も看板がなかったらちょっと普通の家みたいな感じ!
看板のVera Pizza Napoletanaからもわかるように、ここは「真のナポリピッツァ協会」認定のお店。
以前、恵比寿のパルテノペを記事にしたときにも触れましたが、ナポリピッツァと認定されるにはいろいろと条件があるようで、生地には小麦、酵母、水、塩以外は入れないとか、見た目の一番の特徴としてふっくらとした額縁があることなどがあります。
詳しくはこちらをどうぞ。

f0043911_1271595.jpg
お店の中に入るとフロアからはこんな風にピザ釜を含むキッチン内が見えるようになっていて、とても明るくてカジュアルな雰囲気。
私たちが通された席は、このピザ釜のちょうど真ん前の特等席!
その手前でピザ生地を捏ねたり計ったり丸めたりしている姿もよーく見ることが出来ました。
…が、如何せん釜の前で、しかもキッチンとフロアを分けているガラスの上の部分は開いているので、ちょっと熱いね…。^_^;
まぁ臨場感が大いにあふれている席と言えましょう!

メニューは少々迷いましたが、ランチコースを選びました。
ランチコースにはピッツァがメインのコースとパスタがメインのコースがあったので、二つずつ注文。
4人で取り分けられるようにしてもらいます。

f0043911_1281154.jpg
さて、じゃあ飲み物どうする~?、とにかく冷たいのがいいな~ってことで白ワインに。
この後、当初の予定ではお稽古が入っていたぴかままですが、出番がなくなったからと言うことで中止になっててよかったね。
ワインはそんなぴかままセレクション♪
ワインリストの最初から3つ目までを見ていたところ(そうです~お値段お手ごろから並んでます♪)、フロア担当の方が「一番上のは軽くて水のように飲めます」と言うので、そうじゃなくてもくいくい飲んじゃいそうなので水のようじゃまずいよねと、三番目にあったワインがこちらです。
こちらもさっぱりして飲みやすかった~!

f0043911_1293599.jpg
こちらは前菜盛り合わせ。
上から時計回りに、生ハム、フリタッタ、きのこのマリネ、アンチョビ。
どれもさっぱりとした感じ。
特にアンチョビは酢でマリネしてあったと思うのだけれど、ツンとした感じも生臭い感じも全くせず拍子抜けしちゃうくらいクセがなかった~!
きのこのマリネはニンニク風味が効いてたらもっと好みだったなぁ。

f0043911_130647.jpg
そしてパン。
時々口の中に刺さりそうなパンがあるけど、これは固さもちょうど良い感じ。

f0043911_1302279.jpg
待望のピッツァ・マルゲリータ。
そうそう、この縁ですよ~~~。
この部分がおいしいんだよね!
ピザ釜で短時間で焼き上げるからだと思うけど、フレッシュトマトの香りもよくジューシーで、バジルもきれいな色の仕上がり。
4人用に4切れに切ってくれてありましたが、一切れなんてあっという間に食べちゃうよ~。
ピッツァコースは1人ピッツァ一枚なので、もう一枚同じピッツァが出てくるのだけれど、もうここまででワインを1本空けちゃった!!
「う~ん、一番目ではなかったけれど水のように飲めちゃった~」なんて言ってたらフロア係の女性の方が笑ってました。^_^;

f0043911_131429.jpg
そしてワイン2本目はこちら。
ラベルがとってもキュートで、特にぴかままはこの「鳥」に激しく反応!(爆)
(なぜって思う方はぴかままのブログに行ってみて~!同じような鳥がぴよぴよ三匹走ってます♪)
イタリアワインってラベルが可愛いものが多いですよね。
見てても楽しい♪
お味は1本目がドライなさっぱり系としたらこちらのほうがコクがある感じ。

f0043911_1333124.jpg
もう一枚マルゲリータを食べた後はこちらのパスタ。
ボンゴレとウイキョウ(フェンネル)のパスタ♪
このアサリがとても大粒でふっくらしてておいしかった~!
あっと言う間にペロッと食べちゃいました!
ピッツァの1人一枚に対して、パスタはちょっと量的に物足りないような…。
お腹がすいているときに行かれる方はピッツァコースがお薦めです。(笑)
まだまだいけそうだしパスタのソースがもったいないので、おかわりのパンをもらってソースをしっかりぬぐってきれいに食べました♪

f0043911_1335830.jpg
そしてデザートはティラミス。
私はとっても久しぶりにティラミス食べた気がします!

こちらのお店に入ったのが1時半で、予約したときに3時半まではいられると確認したその時間ギリギリまで、あーだこーだと飲んで食べてしゃべって盛り上がっておりました♪
続々と周りの方々がいなくなり、とうとう私たちしかいなくなってしまったので、そろそろ出なきゃね…と話はつきなかったのですがお開きに。
このメンバーで会うのは二回目なのですが、なんだかまるでもう何十年かの付き合いのように思えるのが不思議です♪

そして…。
恒例のお・土・産♡
今回もお店の方が運んできたお料理を置くのをためらっていたほどテーブルの上にならんじゃってました…。(汗)

f0043911_1343037.jpg
meloさんのお土産。
オリーブとアンチョビ(ラベルの絵が素朴で可愛い!)はお正月になーんにもせずに昼間っからぼけーっと飲んでるときのおつまみにさせていただきます。(爆)
何かといえばピクルス仕込んでいる私にとってはピクリング・スパイスも嬉しい~!

f0043911_1344513.jpg
ぴかままのお土産。
会ったときにも言ったんだけど、名古屋に住み始めて(と言うか日本に帰国してからも!)まだ数ヶ月だというのにまるで何十年も住んでるように馴染んでいるぴかままらしい、名古屋名物の数々!
「つけてみそ、かけてみそ」ってネーミングもなんだか名古屋らしくて面白い!
八丁味噌の赤ダシも食してみるのがとっても楽しみー!

f0043911_13574.jpg
ポメさんのお土産。
毎度毎度の、出てくる、出てくるうちでの小槌状態でした~。(笑)
手作り品も満載で、右側のふわっとしたのは手編みのミニマフラー。
決してポメさんちのハンナちゃんではありません!"^_^"
その横はお手製のマルメロのパートドフリュイと干し柿。
パートドフリュイは昨日早速ワインと共に食事の後に頂きました♪
実はこの小豆島の塩漬けオリーブは私もお土産に持って行ったものなんですが、これすごーくおいしくてチビチビ食べていたのだけれど、ポメさんからも頂いたので安心してどどーんと食べられます♪

meloさん、ぴかまま、ポメさん、年末のお忙しいところ、そして帰京、帰国中の貴重な時間をありがとうございます♪
今年ももう残りわずかなので、多分これが2008年最後のオフ会。
来年も楽しい出会い、おいしいお料理とお酒、楽しいオフ会が出来ますように♪
ブログ万歳~!


こちらのブログ村に参加しています。
こんな可愛い釜で焼かれるナポリピッツァ食べてみたーいって方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-12-25 01:43 | こんなところに行って来ました | Comments(20)

先週末の三連休を使って旅行に行ってきたのですが、帰ってきてからもなぜかバタバタと過ごしており、ブログも滞りがち…。
あぁ…、記事にするものがどんどんと溜まってしまっており、嬉しい悲鳴!^_^;

と言うわけでずいぶん時間が経ってしまいましたが、まずは今月の初旬にあった楽しい出会いについてのお話から~♪

お会いしたのは「サクラハナビハウス」のalteaさん
alteaさんとは自家製酵母のパンの話題を通してお知り合いになったのですが、実はその後お互いの家が近いことが分かり、しかも私が通っていた高校とalteaさんのご実家が同じ駅にあることもわかり、なんだか一気に親しみを感じてしまって~。
そんな時、私が「かもめ食堂」を読んで良かったという話をブログに載せたところ、「かもめ食堂」のDVDをコピーしてくださると言ってくださり、それではお言葉に甘えていただきたいのでお会いしましょうと、トントントンと話が進んだのですよ~。

ブログをはじめてそろそろ3年、お陰さまでいろいろな方とお会いして一気に交友関係も広がり楽しく過ごしていましたが、初めての方とオフ会するのは実はかなり久しぶり。
しかも1対1だったので当日はこう見えてちょっぴり緊張したりしてました。(笑)
お互い仕事を終えて、待ち合わせをしたのは池袋。
おほほ、埼玉県民にとって池袋は多分一番身近なトウキョウですから!
思いのほか遅くなってしまい待ち合わせの場所に焦って行くと、とってもキュートなalteaさんが立っていました~!
携帯メールであらかじめ服装や髪型を聞いていたのですぐにわかりましたよ~♪
自己紹介して早速オフ会場所へ移動。

向かった先は、池袋西口にある「マレーチャン」。
その名の通り、マレーシア料理のお店です。
昔、alteaさんはマレーシアにハマっていたことがあって、その頃にこのお店を知りずいぶん通っていたそうなんですよ~。
私はマレーシアは一度しか行ったことのない国だし、マレーシア料理のお店ははじめてだったので興味津々!

f0043911_2475345.jpg
まずはビールで乾杯~!

f0043911_248947.jpg
いかにもエスニックって感じのこちらは、「オタオタ」。
なんとマレー語で脳みそと言う意味らしい…。
なぜ脳みそ?!

f0043911_2482085.jpg
包んである葉っぱを開けて見ると…。
中身はこんな風な魚のすり身。
スパイスの風味で全く魚臭くなく食べやすく、ココナッツのあの独特の繊維感がこれまた良いアクセントになってます。

f0043911_2483551.jpg
こちらは「ムルタバ」。
皮はむっちりとした感じで中にはとりひき肉が入ってます。
スイートチリソースともとってもあってておいしい~!
マレーシア料理ってそんなに辛くないしなんだか懐かしさを感じるようなお味だなぁ~。

f0043911_2485126.jpg
写真ボケてますが(汗)「マレーシア豆のマレーチャンソース炒め」。
マレーシア豆だなんて一体どんな豆なんだろう~と豆ラーとして興味津々で頼んだ一皿。
見た目もそうですがなんとなく空豆っぽいお豆さん。
色は生の空豆っぽいですが、食べた感じは乾燥の空豆に近いかも。
マレーチャンソースもとてもおいしくて海老もプリプリで最高~!

f0043911_2491032.jpg
そして是非食べてみたかった「ロティ・チャナイ」。
シンガポール料理の「海南鶏飯食堂」で一体何枚食べたんだよ~ってくらいにハマッた「ロティ・パラタ」に似てるのよね~。
ちょっと甘めの生地がとてもおいしい!!!
一緒にプレートに載ってきたカレーみたいなものとかチリと一緒に食べるのだけれど、これだけをそのまま食べてもおいしいよ。
ナンをちょっぴり薄くサクサクにした感じ。

ここで食べたのはこれだけ。
私の大食いをご存知の方は、「あら今回はずいぶん少ないんじゃないの~~~」って思われるかもしれませんが、実際にずいぶん少なかったんですよ~。
なぜかと言うとしゃべりすぎていたから!(爆)

alteaさんがマレーシアにハマって、お金が溜まると行っていたという、クアラルンプールからバスや船などを乗り継いで行く島の話。
alteaさんはパッと見た感じ料理家の飛田和緒さんみたいな方なんだけれど、そんなキュートなalteaさんがそんなにワイルドな旅をしていたって言うのが凄い~~~!!!
そしてジモピーにしかわからない地元ネタも、「ほら、あそこの○○さ~」とチョロッと言っただけで説明なくてもサクサク進む~~~。
もちろん、お話をさせていただくきっかけとなったコボちゃんやらパンやら、いろんな料理の話。
はたまた、お互いの仕事の話。
この仕事の話と言うのが、これまた偶然なことに同じ悩みを持ってまして(イマドキ同じ境遇の方がいるのは珍しい!!)、「いいんだよ!!このまま突っ走ろう~~~!!」とお互いを元気付けました。(爆)
ホントに楽しいひとときでした~♪

f0043911_2513797.jpg
もちろん帰ってきてからのお楽しみも!
恒例のオフ会土産♪
野菜が練りこまれたパスタは長崎のお土産。
そして嬉しいDVD!
「かもめ食堂」のほかに「めがね」も頂いてしまいました。
このオフ会の後、なぜかずずずぃ~~~っとバタバタ日和が続いてまして、なかなか見る時間がとれずなんとまだ懐で温めているだけの状態!(>_<)
今週末こそ是非見たいものです。

また一つ、新しい出会いが増えて幸せでした~♪
alteaさん、また是非おいしいお店をいろいろと食べ歩きましょう~。
うふふ、そしてこのマレーチャン、とても気に入ってしまい、まだまだ食べ切れなかった料理が沢山あるので、実は来月に早速再訪する予定です。
今度はラクサ麺も食べてみるわ~~~。


こちらのブログ村に参加しています。
エスニック料理の中でもマレーシア料理の店って結構珍しくていいわねって思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-11-29 02:58 | こんなところに行って来ました | Comments(18)

f0043911_0553847.jpg
もうかれこれ半月ほど前になるのですが、カイエさんが栃木県の益子まで来られると聞き、実家が栃木県の私は「では会いましょう♪」と話が進み、オフ会してきました~♪
カイエさんご夫婦と娘ちゃんの姫ちゃんは、益子の陶器市を見るために来栃したのですが、その前には神奈川の夫の実家がある地域も訪れており、なんだかうちの夫婦の実家リレーみたいで私的にウケました!(*^_^*)

益子の陶器市はとっても道が混むので、根性なしの私はその後宇都宮に移動すると聞きそちらでお会いすることにしました。
宇都宮を離れて早7年。
うむむ、さてどんな店に行ったらよいものか…と悩んだのですが、昔よく行っていた飲み屋さんが駅からも近く、またお料理も何でもとてもおいしいので、今は授乳中で禁酒中のカイエさんにも満足してもらえるのではないかなぁと思い、そちらに決めました!

待ち合わせは宇都宮駅東口だったのですが、きゃーーーーっびっくり!!!
なんとなんと私の知っている駅ではなくなっていたのですよ~~~。
待ち合わせ場所に指定した連絡通路の一番端っこの、元餃子の像があったところは既になく、連絡通路及び東口ロータリーが再開発でぴかぴかになっていました~!
あわててカイエさんの携帯にメールし、場所変更の連絡。^_^;
「な~んて変わっちゃったの~」と思いキョロキョロしながら待っていたら、程なくカイエさん夫婦と姫ちゃんがやってきました!
旦那様は去年のぴかままのコンサートの時にお会いしていますが、姫ちゃんははじめて♪
長距離ドライブにも負けずニコニコしていて可愛くてエライわ~~~。

向かった先は、「パイプレスト」。
看板からもわかるように(こちらのカイエさんの記事に入り口の写真があります!)、通称「おとうさん」が作る男の料理を出すお店。
燻製もカレーも、その他のお料理の調味料やそして飲めない人のためのジンジャエールまで、ほとんどおとうさんの手作り。
これがまたほーーーーんとにどれもおいしいのですよ~~~。

ちなみに店名の「パイプレスト」はパイプを置いておく台のようなもののことらしいですが、おとうさんも冒頭の写真の箸の紙袋の絵の通りパイプを加えて煙をくゆらせながら料理を作っているときもあります。
そして飲みながら半分良い気持ちで作っていることもあります~。(笑)

お店に入りおとうさんとの久々の再会を喜び、カイエさんたちを紹介。
遠くから来たのよ~と言うとなんだかとっても嬉しそうでした。
そして何を食べようかな~なんて思ったのつかの間、「お腹空いてるか~?」といきなり聞くおとうさん。
そしてすかさず「空いてますっ!!!」と言うカイエさん。(爆)
すると「今日は秋刀魚があるかなら~、是非それを食べてもらって後は適当に出すから」と言い、カウンター内に消えていきました…。

まずはカイエさんの旦那様と私はビール(ビールは白と黒があり、いずれかを選ぶ他、白と黒を好みの割合でブレンドしてもらうことも出来ます♪)、カイエさんはジンジャエールを。(いや、確か最初はウーロン茶を頼もうとしていたら、無理やりおとうさんにジンジャエールがおいしいからと言われ変更していたような…笑)
かんぱーい♪

f0043911_104039.jpg
最初に出てきたのはこちらのかぼちゃのスープ。
良い具合にスパイスがきいてて、なめらかでおいしい♡
「旨いね~スパイスがきいてるのがいいね~」と言うと、「うちは昼はカレー屋だからな。スパイスはたんまりあるんだよ~。」と言ってました。
そう、ここの昼のカレーも絶品なの!!

f0043911_105597.jpg
煮卵と煮こんにゃく。
これも何日煮込んだの~ってほど味が沁みてておいしーい!
聞くの忘れちゃったけどこんにゃくはお隣の市、鹿沼のこんにゃくかもしれませんね~。

f0043911_111227.jpg
野菜のピクルス。
色とりどりなのが良いわ~。
パプリカ、ゴーヤ、蕪、ニンジン、南瓜、しめじ、きゅうり、ハヤトウリなど、一体何種類あったことでしょう!

f0043911_112732.jpg
そして本日のおとうさんイチオシの秋刀魚の丸ごと燻製!
秋刀魚の燻製って言うから3人で1本をつまむのかな~って思っていたら何と1人1本ずつ出てきました!
「頭からガブッといってね」と言うので頭からいかせていただくと、なんとまぁこのパリパリ感はなんなのでしょう!!
全然固くなくてパリッといけて香ばしくておいしすぎ!!
冷燻で仕込んで(熱が加わらないようにして燻製すること)から出す前に焼いているのだそうで、なんと今シーズンおとうさんは320尾も秋刀魚を燻したんですって~~~。
「もういい加減飽きたから今シーズンはこれで終わりだ~」って言ってましたが、そりゃーそうでしょう!!(爆)
実は少々前に私も燻製にはまったときがあったのですが、燻製やってみようかな~と思った理由の一つにはここで食べたおいしい燻製の味が忘れられないっていうこともあったのです。

f0043911_122031.jpg
「そして中骨は残せ~」と言うので残したら、その後引き上げられてそしてこんな風に骨せんべいになって出てきました!
カリカリだよ~~~、旨いよ~~~。
幸せすぎのおいしすぎ!

f0043911_123693.jpg
カクテキ♪
こちらは多分お客さん(?)である韓国人の方が作ってくれたものだそうです。
辛いんだけどあっさりとしていてとても食べやすかった~~~。
本場のお味!

f0043911_12507.jpg
そして赤カブの甘酢漬け。
赤カブは酢に漬けると可愛い色になるんだよね~。
この色が好きなのでちょうど私も冷蔵庫に赤カブ漬けた瓶が入っておりまする~~~。

f0043911_132395.jpg
白菜のおしんこ。
これもとてもよい漬かり具合♪

f0043911_13407.jpg
で、こちらは絶品塩辛!
これもおとうさんが作ったものではなく、おとうさんの実家から送って来たという北海道の新鮮なイカで作った塩辛。
「この味はな~うちでは出来ないんだよ、実家のじゃないと駄目なんだ」と言ってました。

f0043911_1415.jpg
鶏肉の燻製とニンジンサラダ。
この味付け、文句なくおいしい!!
鶏胸肉があっさりとしているので燻製の風味が活きるんだな~。
奥に見えるのがニンジンサラダ。
私は小さいときからずっとニンジン嫌いだったのだけど、ここのニンジンサラダで少しずつニンジンっておいしいんだって思えるようになったのです。
今ではうちでもよく作るし、昔ここに通っていた頃は料理嫌いオンナだったにも関わらず、このニンジンサラダと今回は出なかったけど白いんげんのサラダは家でも自分で作ってみたことからも、どれだけ気に入っていたかと言うことがわかるでしょ。

f0043911_145237.jpg
そしてひらめのソテー。
「さっき届いたひらめなんだよ」って言ってましたが、今って夜更けですけど、一体誰が???
身が厚くてとってもおいしかった~。
どなたか存じませんが夜更けにも関わらずお届けいただいた方、ありがとうございます。

f0043911_151518.jpg
干し肉。
まだ干し始めたばかりだそうで、柔らかくて色もきれいで、透かしてみるとルビーかガーネットみたいだよ~~~。
なんておいしいビーフジャーキー。
私は干し始めのほうが好き~♡

f0043911_152872.jpg
こちらはロースハム。
添加物使ってないのに色がピンク色になるのは(でも市販のものよりは淡くて優しいピンク色♪)、下味に蜂蜜を使っているそうです。
おとうさんの息子さんは買ったハムは食べられないそう。
なんて贅沢~♡
「ハムステーキって言うメニューもあってそれがまたおいしいのよ~」とカイエさんに話していたら、「今はな~年とっちゃったからあんなに厚いステーキ出すほど作れないの!!!」と言ってました…。^_^;
そうだよね~、あれだけのステーキ出してた頃は一体どれだけ仕込んでいたんだか…。

f0043911_155630.jpg
そして夜のカレー。
昼のカレーもあるから夜出すカレーは夜のカレー。
一つはハバネロも入っているので結構辛いよ~。
あ~夜のカレー食べるとここに来た!って感じがするなぁ。

この後、そろそろ帰ると言う私たちにデザートだと言ってホールで作った時の皿ごとかぼちゃのプリンを出してくれました。
うわぁ~これも懐かしい~~~!!(その割には写真撮り忘れ…)
このかぼちゃプリンはカラメルもとてもおいしくて、そのカラメル食べたさに最後のワンピースを頼むと皿ごと出してもらい、スプーンですくいながら最後まで食べつくしたんだよね。
変わらぬ味がホントにおいしい…。

f0043911_17146.jpgこんなにおいしいお料理を作るおとうさんはこんな方。
多分私、一番最初のバイトくんの大学生から知っているから店をはじめてまだそんなに時間が経っていない頃から行っていたのだと思うけど、回転の速い外食業界にあってあの頃から15年以上経ってもまだお客さんがいっぱいで、しかも雰囲気も味も変わっていないってすごいことだと思います。
確かに頭は白くなったけど、その他はなーんにも変わっていない…。
なかなか出来ることではないよね。


こんなにおいしいものをいっぱい食べて大満足♪
…でしたが、なんだか夜遅くまで振り回してしまってカイエさん夫婦と姫ちゃんには申し訳なかったです…。m(__)m
特に姫ちゃん、眠かっただろうし退屈だっただろうし、ドライブの後だもの疲れていたよね…。
ホントにホントにごめんね~~~。
多分夫にこのことが知れたら、「翌日長距離運転して帰る方とそんなに小さな子供がいるのにけしからん!気を使えっ!」と言われそう…。

f0043911_182090.jpg
それなのにおまけにお土産まで頂いてしまいました。(汗)
写真撮り忘れてますが、自家製のゆかりと益子の自然食カフェの天然酵母のスティックパンも!
ゆかりは早速先日高校の友人と行った旅行でランチ担当になったので、ゆかりおにぎりにして持って行きました♪

はぁ~重ね重ねカイエさん、ありがとう♪
餃子の像が見られなかったのが残念ですが(今度はちゃんとリサーチしときます)、又是非会いましょう♪

みなさまも、青春時代のお気に入りのあの店、行ってみたくなりませんか~。(*^_^*)


こちらのブログ村に参加しています。
そうそう、私にも良く通っていた店があったな~って方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-11-17 01:18 | こんなところに行って来ました | Comments(28)

f0043911_1232986.jpg
ちょっと久しぶりですがオフ会しました~!
ロンドンからmeloさんが一時帰国すると聞き、時間を作ってくれることになったのでポメマルさんと共にお会いしようということになり、それでは先日より15年のドイツ生活を終えて日本に戻ってきたぴかままも誘って会いましょう♪となったのです。
ロンドンから、そしてベルリンからとこれだけでもとってもグローバルなんですが、実は後数日早ければここにニューヨークのアヤナーさんも加わるところだったんですよ~。
meloさんとは空の上ですれ違っていたんじゃないかってほどの入れ違い!
日本滞在を終えてちょうどニューヨークに帰ってしまったところだったのが惜しかった~~~!!

さて、こんなわけで4人のオフ会となったわけですが、待ち合わせは夕方の中目黒駅。
私は仕事帰りに駆けつけましたが、中目黒はちょっと職場からも遠いのでギリギリの到着。
改札を出たら既にポメマルさんとmeloさんが和やかにお話をされて待っていました♪
ポメさんには毎度お世話になっているんですが、meloさんは昨年の春に帰国されたときに初めてお会いして以来の再会。
近況報告など話しているうちに、途中で乗り換えに少々時間がかかってしまったと言うぴかままが可愛い帽子を被って登場♪
「わーmeloさん、はじめまして~」と言うぴかまま。
えーっそうなんだっけ~、お2人は初対面だったのね~。
なんか意外~~~。
オフ会と言うのはなんとも言えない魔力を持っていて、初めて会うのになぜか昔からずっと知っているような気分になってしまうのだけれど、この2人の場合それにしても慣れるの早すぎだから~~~ってほどにあっと言う間に昔からの知り合いモードになっていました♪

さぁ、そこから向かった先は、食いしん坊にはたまらないフレンチのお店、「ビストロ・ツチヤ」です。
中目黒駅から10分程度歩きますが、何しろおしゃべりがノンストップなのであっという間に着きます。(爆)

日本にずっと住んでいるポメさんと私ももちろんのこと、ロンドン、ベルリンからやってきたお二人にとっては9月とは言えまだまだ暑い日本。
この日も日中は30℃くらいまで気温が上がり、ちょっと喉を潤したい気分だったのでキリッと冷えた白ワインを注文。
ぴかままにシャルドネを選んでもらって、
「meloさんの修士課程卒業とぴかままの日本帰国に乾杯~♪」。

f0043911_1272494.jpg
こちらがアミューズのオリーブ。
あまりにしゃべるのに夢中で、みんなそこそこ年期の入ったブロガーなのに写真を撮ることさえ忘れ、ちょっと食べてから思い出したように撮りました…。(汗)
しかも相変わらず写真ボケてます…。(滝汗)

お料理は単品でも頼めるけれど、いつものごとくコースにしました。
前菜とメインをそれぞれ一品ずつ選ぶことが出来ます。

f0043911_1282140.jpg
ぴかまま以外の三人が頼んだ前菜の五種盛り。
うふ~ん♡
このボリュームが嬉しいのよね~。
多分小食の人だったら、これだけでかなりお腹がいっぱいになっちゃうはず!
もちろんボリュームだけじゃなく、お味もイチオシ!

ここで早々と1本目のワインを飲みつくし、2本目に突入ー!
みんなメインはお肉を頼んだので、赤といきますか~。

そしてお楽しみのメイン~っ♪

f0043911_1285085.jpg
私が頼んだ坂東もち豚のロティが一番早く運ばれてきたのだけれど、テーブルにのぼったただそれだけで大歓声~♪(いちいち歓声上げる私たちって一体…^_^;)
あ~この写真でボリュームが伝わるかしら。
裏側にも野菜がいっぱい隠れてて、ジャガイモなどは結構大きめのが半割りになって二つものっていましたから~~~。
ちょっと甘めのソースがかかったお肉は柔らかく、「きゃーっこんなに食べられるかな~」なんて言っておきながらペロッといっちゃいました。
ぴかままとポメさんはホロホロ鳥のロティ、meloさんは子牛の赤ワイン煮を頼んで、それぞれ堪能していましたよ~。(*^_^*)

そしてデザート。

f0043911_1293044.jpg
私はアイスの3種盛り。
○種盛りと言うお得感のある言葉にどーも弱い私です…。^_^;

f0043911_1294690.jpg
ぴかままとmeloさんの桃のコンポート。
ここで日本とヨーロッパの果物の違いについて多いに盛り上がる!!

f0043911_1301456.jpg
ポメさんが頼んだマンゴーとマスカルポーネ。
私もこれもいいかなぁとちょっと迷ったんだよね~!

デザートになっても勢いが衰えることを知らない私たち。
気づけば何と10時を過ぎてました…。
お店に入ったのが6時半だから、延々3時間半もしゃべっていたのね~~~。
そうじゃなくてもコースのお値段お安いのに、こんなに粘っちゃってごめんなさい(しかもうるさい・爆)って感じです…。

そこからまたのんびりしゃべりながら駅まで歩いて、とっても名残惜しかったのですがそこでお別れ!
ホントに楽しい時は時間の経つのが早いです!!

f0043911_131873.jpg
そしてオフ会と言えばのお土産!
みなさま、ほんとにありがと~。
とっても楽しかったでーーーーーす!!

最後に今回使った「ビストロ・ツチヤ」のインフォメーション♪
ビストロ・ツチヤ
住所:東京都目黒区中目黒3-22-11
TEL:03-5722-6026
営業時間:ランチ11:30~14:00
営業時間:ディナー18:00~21:30
定休日:火曜日

予約なしでも入れることが多いけど、お休みのこともあるし一応予約していったほうが良いかと思います。
ちなみに今回私たちが食べたコースは3000円台!
ワインを2本開けて、デザートを頼んでもお会計は確か6000円ちょっとだったかな。
お味もどれもとってもおいしいです♡
やっぱり気軽に食べられるビストロっていいよね~。


こちらのブログ村に参加しています。
わ~相変わらず楽しそうでおいしそうなオフ会ね~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-09-20 01:35 | こんなところに行って来ました | Comments(27)

少し前になりますが、いつもお世話になりますのKIKちゃんちでオフ会してきました~♪
NYからアヤナーさんが帰国されていたので、名付けて「アヤナーさんお帰りなさいオフ会」!

KIK家でのオフ会記事を載せると「いいな、いいなぁ~~~」と言っていたアヤナーさん
今回はその持ち寄りオフに初参加で、しかもオフ会前にKIKちゃん御用達の魚屋さん「角上」(KIKちゃん曰く「うちのジョー」だそうです・笑)に連れて行ってもらって、なにやら山ほど買ったそうなんですよ~。
一体何を?と見せてもらうと、すっすごい…!!
こんなに大きな袋って見たことない!って大きさの買い物袋が二つも!!
さすが太っ腹のアヤナーさんです。
私はその後合流したのだけれど、会った瞬間から満足感が顔に出てました!(笑)

今回のメンバーはアヤナーさん、KIKちゃん、おらこちゃんポメマルさん、そして私。
ポメさんと私はおとーちゃん(KIKちゃんの旦那様)に駅まで迎えにきてもらい、KIK家に到着♪
まずは忘れる前にお土産交換♪と荷物をがさごそして配っていると、「ええーっ何々、もうやるの~~~?」とアヤナーさんびっくり!
いきなりお土産交換はオフ会の基本ですから~~~。(爆)
そんなこんなでバタバタしてから、いざ食い気を満たすことといたしましょう♪

今回私が持って行ったのは、豚と生姜の生春巻き、島根のあごの野焼き(市販品)、自家製シードルの3品。

f0043911_1359376.jpg
こちらが豚と生姜の生春巻き
こちらはタイ料理教室で習ったもので読売新聞のお料理コーナーでも紹介されたのでこちらにレシピがあります。
濃い目に味付けをしてあるからタレ要らずで持ち寄りにはぴったりでしょ♪
ちょうどこのオフ会の前にKIKちゃんと生春巻きのことで盛り上がっていたので、半分は巻かずにKIK家に着いてから実演(?)ってことで一緒に巻くことにしました。
あぁ…多分こんながさつな春巻きの皮の戻し方をしてたら橋本先生には「ちょっと乱暴なやりかたねぇ~」と言われてしまうに違いないけど(橋本先生の名誉のためにレッスンで習ったのはもっとちゃんとした戻し方だということを付け足しておきます!!)、私はいつも春巻きの皮を一枚手に取ったら水道の蛇口の下に持ってきて弱めの水量ジャーーーーッとそのまま水をかけ、最後に手水で万遍なく水を皮に擦り付けるようにしてそのまままな板の上に置き、まだちょっと固いうちにレタスや具などをのせてしまうんです。
具材をのせているうちに何と素晴らしいことか皮が柔らかくなってきますので、そのままくるりんと巻けば出来上がり!
すごーく柔らかくなってからよりも巻きやすいし、何しろ手間なしですし…。(笑)
食感に好みはあるかもしれないけど、初心者はタピオカ粉が入っているぷりぷりっとした皮のほうが破れにくくて使いやすいと思います。
具の味もおいしいね~ってみんなに言ってもらえてよかった~!

f0043911_1424075.jpg
こちらはあごの野焼き
あごと言うのはトビウオのことで、このトビウオをすり身にしたかまぼこです。
うちは実家の父が島根の出身なのでこのあごの野焼きは小さいときから島根から届く荷物やお土産の中に入っていた懐かしいお味。
普通のかまぼこよりもちょっと灰色がかっていて固くて、これはですね~酒飲みは絶対に好きだと自信を持ってお薦めします!
今回は日本橋三越前にある島根の物産館にて購入しました。
あごはKIKちゃんの故郷の長崎でもダシをはじめとして良く食べられるものだそうで、懐かしいなぁ~って言ってました。
関東だとトビウオってたまに魚屋で見かける程度で加工品って全く見ないけど、山陰以南ではポピュラーなものなのかしら。

f0043911_144328.jpg
そしてフィクションの世界の定番(笑)、自家製シードル
今回はりんごジュースと酵母もりんごコボちゃんにて作成!
しっしかし…。
実は今回仕込み始めてからオフ会までちょっと時間が足りず、それでも最近暑いから大丈夫だろうと通常10日ほど一次発酵させるところを1週間に、ペットボトルの中で二次発酵させる(シャンパン製法)のを常温で2日のところを1日にしちゃったのですが…。
一次発酵の1週間はOKでしたが、二次発酵の1日はやはりちょっと時間不足でした。
シュワシュワがシードルの大きな魅力のひとつだというのに、これがすごーく弱くてシードルのおいしさが味わえなかった~!(>_<)
確かにペットボトルの張りがイマイチのような気はしたのよね。
残念でした&オフ会参加のみなさま、ごめんなさい!!

そしてやっぱりオフ会の魅力と言えば、特に私たちの場合、食べるの大好き、料理大好きが集まるので、それぞれの方々が持ってこられるおいしいものを食べられるということ!
特にだらりんこながらも一応主婦やってると、自分が食べるものは自分で作らなければならないのが当たり前の生活してるので、人が作ってくれるものって、しかもそれがとんでもなくおいしいものだとしたら、これは諸手を上げてしまいそうなほど嬉しいのです♪

f0043911_146414.jpg
ちまき~♪(ポメさん作)
お豆は枝豆の他何とひよこ豆まで入ってて、しかも干し椎茸はポメさん自家製!
自家製って言っても買ってきた椎茸干しただけじゃないんですよ~。
椎茸から自家栽培と言うなんとも贅沢なちまきです。
これはお土産にも少々頂いて帰りましたが、夫が大変気に入ってしまい私の分まで分捕って食べてました…。^_^;

f0043911_1483883.jpg
中華風くらげのサラダ♪(ポメさん作)
中華街で買ってきたぷりっぷりのくらげがたっぷり♪
あらかじめ味をつけたものを持ってきて、きゅうりだけは別に持ってきてKIK家で切って食べる直前に加えるというのがまたニクイではないですか~。
とってもこしのあるくらげがおいすぃ~!
くらげの戻し方はこちらです。

f0043911_14101728.jpg
なまこ♪(KIKちゃん、アヤナーさんの合作)
角上で見てどーしてもアヤナーさんが買いたいとリクエストしてKIK家にやってきたなまこ。
処理の仕方は2人ともよくわからず(笑)、KIKちゃんがお友達のお母さんに電話して聞いてくれたそうです!
さばいた直後はとっても良い感じだったそうなんですが、何と酢漬けにしたらプリプリが妙に噛み切れないほどぷりんぷりんになっちゃって、今回のウケ大将は君に決定!のなまこ。
この後残り(2個買ってきたのだそうです)焼いたらおいしくなるかもとチャレンジャーアヤナーさんがやってみましたが、やっぱり固かったです。(爆)
ちなみになまこの海鼠腸あえと言うのはとんでもなく作るのは大変だそうですのであしからず。

f0043911_1410599.jpg
チリコンカン♪(ポメさん作)
口に入れた直後にはそんなに感じないんだけど、あとからじわ~っと来る辛さの具合が絶品!
KIKちゃんがいっぱい買ってきてくれたアコベルのパンと一緒に食べると止まらないおいしさ!
こちらもお持ち帰りさせていただき、かなりの量が夫の胃袋へと消えました!

f0043911_14113254.jpg
寿司いっぱい!!(角上にて)
やっぱり角上の魚は新鮮で旨いね~。
実はうちから車で行けるところにも角上があり、最近隋分お世話になっているんです!
さっぱり更新が追いつかず記事にしてませんが、実はココであるものをゲットし、既に仕込み済み♪

f0043911_14121018.jpg
生ハム~♪(アヤナーさん持込)
NYのイタリア人街のおいしいお店よりアヤナーさんのスーツケースに入ってはるばる海を越えてやってきた、これまたフィクションだけど生ハム。
あぁ…この写真ではこの生ハムの大きさがお伝えできないかもしれないけど、一切れがすごーく大きくて、ぱらり~んとめくってそのままパクッといっちゃうとそれはもう幸せが止まらない!
日本で普通の値段で売ってる生ハムはなんだかもっとべちゃっとしてるし塩加減もきついんだけど、これはちょうどよくて黙っていたらドンドン食べすすんじゃうほどのおいしさ。
大体こんな大きな一切れ丸ごとパクッとなんてやったことないよ~~~~!!!

f0043911_14162715.jpg
で、生ハム食べてとっても嬉しそうな生ハム男さん♪
KIKちゃんの旦那様、おとーちゃんです。
この笑顔を見てもらえばおいしさも伝わるというものでしょう!

f0043911_14171061.jpg
そして生ハムつながりの生ハムのパテ♪(おらこちゃん作)
これはもうオフ会の定番、これなくしてはお酒が飲めないかも~とまで思わせる絶品!
さすがプロの味!
今回の生ハムはカルディの切り落とし生ハム使用だそうで、とっても滑らかなお味。
みんなであのカルディの生ハムの切り落としはお値段も安くておいしいよね~と盛り上がる!
こちらもお持ち帰り用に頂きまして、自家製パンにのせて堪能させていただきました!

f0043911_14182479.jpg
ホタテの雲丹バターソース♪(おらこちゃん作)
KIK家に着いてすぐにコンロの上の小さなお鍋の黄色いものが実はずっと気になっていた私。(笑)
その正体はこのウニソースだったのですね~。
不思議なことに、このウニソース、全く入れてないのにチーズの味がするんです!!
でもってもちろんすっごくおいしい!!
ホタテには表面だけに少しだけ熱が通っているのですが、こういう調理法をポシェするというのだそうです。
これはとても一般家庭でフツーに出てくるものとは思えないんですけど~~~。
もちろんこのソースを「まるで私達はお犬様?」ってくらいにパンでぬぐってきれいに頂きました!

f0043911_14192330.jpg
太刀魚の刺身♪(角上にて購入、おらこちゃんのさばき)
この美しさ、たまりませんね~。
三枚にさばいてもらって買ってきたものを、モノノ見事におらこちゃんが裁いて刺身にしてくれました。
文句なしのおいしさ、文句なしの美しさ!!
一瞬にてなくなったことは、言うまでもありません…。(爆)

f0043911_14195681.jpg
ベビーホタテのワイン蒸し。(KIKちゃん作)
ホントはこれを炭火焼しようと思っていたようなのだけれど、卓上炭火用のコンロが見つからないってことで(これは後ほど探してくれてたおとーちゃんと頼んでたKIKちゃんが求めていたものとがすれ違っていたことが判明!)、ワイン蒸しに♪
うちではこのベビーホタテはいつも酒蒸しかワイン蒸しだから、これ好きなんだよね~。
エストラゴンの風味入りでこれまた絶品!

f0043911_14202748.jpg
甘エビの刺身♪(角上にて)
KIKちゃんが買ってきてくれた甘海老は子持ち!
ブルーの卵がこれでもかってほどたっぷりと見えます♪
これをチューチューとしゃぶって身も食べて、あぁ大満足この上ない!
頭もチューチューとやるとそれはそれはおいしいのだけれど、この頭は後のお楽しみにとっておくのです。
後のお楽しみとは、すれ違っていたKIK家夫婦の捜し求める炭火用コンロが見つかったので、炭火焼ですよ~~~~♪


しかし…。
そうなんです…。
KIKちゃん曰く私ってオフ会前半はやたらと勢いよく写真撮ってるようなんですが、後半になるともうどうでもよくなって食べるのに夢中でカメラは置き去りになってるらしい…。
今回も全くその通りで、この後炭火焼であれこれとおいしいものがめいっぱい焼かれたにもかかわらず写真1枚もなし…。(笑)
しかも帰りに「あれっなんだかここにカメラあるけど誰の?」なんて言われて初めて気づくマイ・デジカメの存在…!(爆)
でもね、仕方がないのよ。
だってこんなにおいしいものが目の前に並んだら、誰でも食べる以外のことはどーでもよくなってしまうでしょ♪
えっ違う?
そんな~きっとこのブログを見てくださる方は食い意地張ってるはず!!

f0043911_14211447.jpg
そしてお土産♪
またまたおいしいものをたくさん頂き、感謝です♪
オフ会参加者のみなさま、そして特におうちを提供してくれたKIKちゃんありがと~♪
お土産にもらった松坂牛の牛すじ煮込み、ミッキーが「KIKちゃんすげーーーーっ!」って感動してバクバク食べてた~~~~!!
ほんと、ごちそうさまでした♪


こちらのブログ村に参加しています。
まぁ~またまた何ておいしいものばっかり食べてるの~って思った方、
↓クリックしていただけると嬉しいです。(●^o^●)

にほんブログ村 料理ブログへ
by rakurakurakuko | 2008-06-28 14:22 | こんなところに行って来ました | Comments(14)